Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

プレミアムドラマ ボクの妻と結婚してください。 第3話  *感想*

2015-06-30 | 春ドラマ(2015)感想
* 「大逆転?」 *

あら~、、チョッと思わぬ展開だ。
そうか~、新たな夫候補が登場してくるワケなのねぇ。
沖(吉田栄作)を夫候補にストーリーが展開されていくものだと思っていたよ。
沖よりも、立木(筧利夫)との関係のほうが、親しそうだものねぇ。
彩子(木村多江)も陽一郎(伊澤柾樹)も立木のコトを気に入っているようだしね。
様子のおかしい修治(内村光良)の様子も見ているし、
立木なら、よき協力者となってくれるかもしれないわねぇ。

「僕の奥さんと結婚してください。」
バスの中にいる立木に申し出る修治の目が印象的。
子供みたいに真っ直ぐで、純粋な目だったなぁ。
妻子の笑顔を守りたいのは分かるけど、
修治のやっているコトは、間違っちゃっているトコロが切ない。
立木がよきアドバイスをして、修治を軌道修正してくれないかなぁ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら ポチリと押してといただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村 

ボクの妻と結婚してください。 第1話  *感想*
ボクの妻と結婚してください。 第2話  *感想*
コメント

天皇の料理番  第10話  *感想*

2015-06-29 | 春ドラマ(2015)感想
* 「皇居編~関東大震災と家族の決意」 *

いやぁ、、泣いた。
泣いてしまったよ~。

一太郎(藤本飛龍)と篤蔵(佐藤健)が再会できたトコロから最後まで、
ずっと泣きながら観ていたような気がするよ。
一太郎の泣き方が良くってさぁ、、
アレを見たら、もうダメ、、。
もらい泣きしてしまって、
その後の怒涛の感動シーンの連続にも涙、涙。

音楽うるせーよっ。
どんだけしつこく流してくんだよっ。
感動を押しつけすぎだろっっ。
などと、毒づく自分もいたんだけどさぁ、、
一太郎の泣きで涙腺崩壊しちゃった私には、そんな演出も効果的でさ、、
大音量で流れてくる音楽に気持ちよ~く乗せられて、
感動のまま最後まで観てしまったよ。
授業参観で、父親の仕事について書いた作文を子供が読む、、
そして、その姿に母親が涙する、、
そんな、ベタなエピソードでも、しっかり泣いたからね、私。

お父さんになっても、ダメダメなトコロが見え隠れしちゃう篤蔵の様子や、
夫を立てて、子供の気持ちを思いやって、、良妻賢母な俊子(黒木華)の姿、、
篤蔵と俊子の想いと、一太郎の気持ちの変化、、などなど、
家族の物語がしっかりと描かれているところも満足。

皇后さま(和久井映見)と篤蔵のエピソードも面白かったなぁ。
和久井さん、魅力的だ~。
ああ、、篤蔵のお仕事をもっと観てみたい~っっ。
もっともっと、楽しみた~いっっ。
チラチラと見せられて、お預けをくらったような感じだよ。
もっと、もっと、、こんな風に思わせるアタリも魅力なのかもねぇ。


 最後まで読んでくださって、ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

天皇の料理番  第1話  *感想*
天皇の料理番  第2話  *感想*
天皇の料理番  第3話  *感想*
天皇の料理番  第4話  *感想*
天皇の料理番  第5話  *感想*
天皇の料理番  第6話  *感想*
天皇の料理番  第7話  *感想*
天皇の料理番  第8話  *感想*
天皇の料理番  第9話  *感想*
コメント (2)

プレミアムドラマ ボクの妻と結婚してください。 第2話  *感想*

2015-06-28 | 春ドラマ(2015)感想
* 「妻の恋」 *

なるほど~、、
修治(内村光良)の作戦の協力者として、
川口葉子(酒井若菜)と斉藤光信(小泉孝太郎)が絡んでいくのねぇ。
女性ならではの鋭い視点から、修治へアドバイスしていく葉子、、
頼もしいブレーンよねぇ。
斉藤医師への嫌味がチョイチョイ挟み込まれるアタリが笑える。
あの二人の関係も気になるわねぇ。

彩子(木村多江)と沖(吉田栄作)の偶然の出会いを作りだすことに成功したにもかかわらず、
動揺し、狼狽してしまう修治が切ない。
ダメだ、、
全然ダメだ、、
笑え、、笑え、、
そう呟きながら、洗面所で顔を洗う修治の姿が印象的。

素敵でしょ?
最高でしょ?
世界一なんです、僕の妻は。
沖との電話での、誇らしげな修治が印象深かったよ。


 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら ポチリと押してといただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村 

ボクの妻と結婚してください。 第1話  *感想*
コメント

恋愛あるある。  *感想*

2015-06-27 | 春ドラマ(2015)感想
2015年6月24日放送  番組情報

フジテレビっぽいというか、、とっても軽~い印象。
でも、その軽さが良かったかも~。

力を入れて、丁寧に作りました、、
かなりの良作、見応えあります、、
などと、意気込み満々の宣伝をしていたワリには大したコトがなかった、
裏番組のスペシャルドラマを視聴した後に観たからかなぁ、、
コレはコレでアリだよね、、と思えたよ。
画面の右端に、「恋愛あるある。」というタイトルが常に表示されているからさ、
バラエティ番組的な軽~いノリで、こちらも観ることができた気がするよ。
恋愛にまつわる“あるある”を楽しんだよ。

三つのエピソードのなかでは、「社内恋愛あるある」が面白かったなぁ。
ストーリーも演出も、一番好み。
主人公の女性の前向きさが爽やかに感じられたよ。

「シングルマザー恋愛あるある」と「同棲恋愛あるある」は、
クライマックスでの男性から女性への想いの伝え方が似たような感じになってしまっているトコロが不満。
でもまあ、どちらもそれなりに楽しめたよ。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

コメント

スペシャルドラマ 永遠のぼくら sea side blue  *感想*

2015-06-26 | スペシャルドラマ 感想
番組HP

非常にオーソドックスなドラマといった印象。
っていうか、ぶっちゃけると、かなりベタなドラマだと思った、というコトね。
どのエピソードも観たコトあるようなもんばっかりで、
キャストの顔ぶれはフレッシュなのに、
ストーリーには新鮮味が全く感じられないという、
相反する感じが一番印象的だったよ。

コレ、若い方たちは、惹きつけられるのかしらねぇ。
登場人物たちと同世代の方たちや、
この手の青春ドラマをあまり観ていない方が視聴すると、
また違った感想となるのかもしれないわねぇ。

あおい(有村架純)、拓(山崎賢人)、航汰(窪田正孝)のキャラの魅力は感じさせてもらったよ。
あおいと航汰の抱擁とキスに漂う、ぎこちなさや、初々しさも好み。
青春群像劇の雰囲気は、とりあえず楽しめたよ。
(あくまで雰囲気だけ、、ね。)


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

コメント

かもしれない女優たち  *感想*

2015-06-25 | スペシャルドラマ 感想
2015年6月23日放送 番組情報

バカリズムさんの脚本と知り、期待していたドラマ。

真木よう子、水川あさみ、それぞれのエピソードと、
両者が絡んでいく過程は面白く視聴。

竹内結子のターンになると、前の二人とはチョイと雰囲気が変わってしまい、
ユーモラスさや、毒っ気が薄くなった気がして、私の気持ちはややトーンダウン気味。

それでも、竹内結子と真木よう子が繋がり、
竹内結子と水川あさみの関係性が見えてくると、
おや?コレは面白くなってくるか??と、またしても高まる。
コレ、どうやって終わらせるのかしら、、
どんなヒネリが効かせてあるのかしら、、などと 、期待度はMAX。

そんな状態で観ちゃったからかしらねぇ、、
あの結末には、ん?だからどうした??状態だったよ。
結局、三人の女優のPVだったか、、そんな気持ちになっちゃったよ。

ポケットの序列(真木よう子&三浦紗英の会話)だとか、
「あ・・負けた。」(三浦紗英の順調っぷりを知った真木よう子の呟き)だとか、
白石奈緒のコトを盛大に毒づきまくる水川あさみだとか、
白石奈緒によって仕掛けられるキッツイ体験に苦悶する水川あさみだとか、
真木よう子と水川あさみの、執拗なカメラアピールっぷりだとか、
「今からスゴイこと言うよ。」「私、今から、ホントにスゴイこと言うよ。」by水川あさみだとか、 
(水川さんはユーモラスな演技が上手いよねぇ。)
ツボにハマるトコロもイロイロあったんだけどねぇ、、
期待がデカかったぶん、物足りなさも大きかったなぁ。


チラっと共感していただけましたなら ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村
コメント (2)

美女と男子  第11回  *感想*

2015-06-24 | 春ドラマ(2015)感想
* 「あっちもこっちもスキャンダル」 *

朝倉かれん(吉岡里帆)ったら、スゴイ女よねぇ。
なんか、彼女の強かさが一番インパクトがあった気がするよ。
あんな感じで同性から支持されるのかしら、、などと首をひねりたくもなるのだけれど、
あの自由さや奔放さに惹きつけられる人はいるのかもしれないわねぇ。

かれん側と一子(仲間由紀恵)に見られる、スキャンダルへの対応の違いも印象的。
一子さんのあの対応はマズいよねぇ。
事実とは異なる報道が事実として受け止められてしまう様子や、
あっという間にスキャンダルの渦に巻き込まれてしまう遼(町田啓太)の様子、
一子の対応のマズさ、
石野(前川泰之)の対応の卑しさと、それが上手くいってしまう嫌らしさ、、
などなど、楽しめたよ。

スキャンダルに対応するストーリーで終わってしまうのかと思いきや、
遼と右京(中山麻聖)のライバル意識が高まっていったり、
二人がそれぞれ、自分の欠点と向き合っていったり、
その意外な展開は面白かったよ。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>と
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

美女と男子  第1回  *感想*
美女と男子  第2回  *感想*
美女と男子  第3回  *感想*
美女と男子  第4回  *感想*
美女と男子  第5回  *感想*
美女と男子  第6回  *感想*
美女と男子  第7回  *感想*
美女と男子  第8回  *感想*
美女と男子  第9回  *感想*
美女と男子  第10回  *感想*
コメント

プレミアムドラマ ボクの妻と結婚してください。 第1話  *感想*

2015-06-24 | 春ドラマ(2015)感想
* 「幸せな男」 *  (BSプレミアムにて5月10日放送)

ずっと観るのを楽しみにしていたドラマ。
春ドラマが落ち着いてきて、やっと視聴できたよ。
今から観れば、放送回に追いつけるかしら?などと思っていたのに、
いつの間にやら終わってた、、汗。
ま、コレで急いで視聴しなくってもよくなったし、
のんびり、ゆっくり、録画してあるもんを消化していこうかしらねぇ。

コレ、チョッと変わった演出がされているドラマなのねぇ。
三村修治(内村光良)の生い立ちを描いたクダリの簡素な劇っぽい感じやら、
リビングのシーンで使われる拍手やら、笑い声などなど、
その風変わりっぷりにチョッと戸惑う。
でも、内村さんの雰囲気に、その風変わりな感じが合っている気はするわねぇ。
コントっぽさ、漂っているものねぇ。

修治が妻の彩子(木村多江)をいかに愛しているか、、
彼女が笑顔で幸せに暮らしていくことをいかに望んでいるのか、、
この初回は、とりあえず、そんなものを見せてもらった感じね。
修治が沖秀樹(吉田栄作)にした無茶な申し出はどのようになっていくのか、、気になる。


 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら ポチリと押してといただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村 
コメント

ドS刑事  最終回  *感想*

2015-06-23 | 春ドラマ(2015)感想
このドラマの感想は、1話を書いたっきりでリタイアしてたんだけど、
ドラマはちゃんと最終回まで視聴したよ。
ストーリーが好みじゃなくって、
感想を書きたいとは思わなかったドラマなんだけど、
とにかくマヤ(多部未華子)の表情が魅力的でさ、、
マヤの表情を楽しむためだけに観ていたのよね。
マヤがあまりにも可愛くって、感想を書きたいと思ったコトは何度かあったのよねぇ。

マヤと代官山(大倉忠義)の関係が深まっていくにつれ、
ドSなマヤの表情に微妙な変化が見られていく感じが好き。
回を重ねるごとにツボにハマっていったなぁ。

代官様の可愛らしさも回を重ねるごとにアップしていった感じよね。
マヤと代官様の関係を楽しむドラマでもあったわねぇ。
コレでストーリーがもう少し面白ければ、、、残念だ。

 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いします♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドS刑事  第1話  *感想*
コメント

植物男子ベランダー season2  第6話  *感想*

2015-06-23 | 春ドラマ(2015)感想
* 「その男、茂木梅吉」 *

茂木梅吉(松尾スズキ)がメインのストーリーと知り、
こりゃあ、茂木の背景を知ることができるか?
梅吉の人となりをさらに深く知ることができるのか??
などと楽しみしてりゃあ、
何のことはない、今までとなんら変わりのない茂木梅吉がそこにいたよ。

1話で花への強~い興味を見せていた茂木。
後輩(田口トモロヲ)をいいように利用して、
上手いこと花をゲットしたわねぇ。

アヤメに水をやる行為に隠された官能を味わい、快感を得る、、。
アヤメのもたらす半重力と遊び戯れる、、。
なんか、よく分かんないけどさ、、
あれだけ楽しんでくれたら、あのアヤメも幸せだろうなぁ、、と思ったよ。
盆桜子のリプライで、茂木のアヤメへの情熱が消え去ってしまうのでは、、と危惧したのだが、
どうやらアヤメの妖しい魅力には抗えない様子で安心したよ。

小さな花屋を開いた山咲香澄さん(中村ゆり)。
こういう出会いっていいわねぇ。
植物を愛する者同士の偶然の出会いっていいわねぇ、という点でも、
シリーズを通してずっと楽しんできた視聴者にとって、という点でも、、
魅力のあるエピソードだったよ。


 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

植物男子ベランダー  第13話(最終回)(2014年放送)   *感想*
植物男子ベランダー season2  第1話  *感想*
植物男子ベランダー season2  第2話  *感想*
植物男子ベランダー season2  第3話  *感想*
植物男子ベランダー season2  第4話  *感想*
植物男子ベランダー season2  第5話  *感想*
コメント