Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

BS時代劇 塚原卜伝  第五回  *感想*

2011-10-31 | 秋ドラマ(2011) 感想
* 塚原卜伝 「最強の敵」 *   番組HP

最強の敵・奥津源三郎(榎木孝明)と新右衛門(堺雅人)・・睨み合う二人の一触即発な空気のなかに
山本勘助が割り込んでくるという唐突さに コントなのっ!?と突っ込みたくなった第5話。
いやぁ・・・「勇者ヨシヒコと魔王の城」の山賊シーンを思い出す唐突さ・・・ツボだわぁ。

お前は若い頃の俺そのものだと主張し 「いずれお主にも分かる」のだと嫌らしい予言をする敵と
「俺はお前とは違う。」のだと まっすぐな志を抱く主人公・・という 
少年漫画などでよく見かける設定で見せてきた今回。
私が最も印象に残っているのは 幾度も幾度も若に進言する左門(平岳大)の様子。
「いささか慢心がすぎませぬか?」
「恐らく血に酔ってしまったのでしょうな。もし道を間違えば、若もいずれあの男のように。」 
「人を幾人も殺めているうちに、あやつは己の中の心の闇に飲み込まれてしまったのではないでしょうか。」 などなど
いつも若に振り回され気味な左門の活躍を 存分に見られて満足。
ただ “ 人は誰しも心の中に闇を抱いている ”という左門のお言葉と 物忌(江波杏子)の言葉が 
まるまる被っちゃってるコトが残念。 物忌の占いなんかよりも(人生経験に基づいたありがたいお言葉だとは思うケド) 
新右衛門の傍にずっと仕える左門のお言葉のほうが ずっと説得力があると思うので
そこはやっぱり 物忌様には自重していただきたかったわぁ。


 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪

 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

BS時代劇 塚原卜伝  第一回  *感想*
BS時代劇 塚原卜伝  第二回  *感想*
BS時代劇 塚原卜伝  第三回  *感想*
BS時代劇 塚原卜伝  第四回  *感想*
コメント

南極大陸  第3話  *感想*

2011-10-31 | 秋ドラマ(2011) 感想
* 南極大陸 「奇跡の犬たち」 番組HP *

盛り上がるシーンを作っておいてのテーマ曲のイントロ・・という演出には 第3話になってもどうも慣れないというか
なあんか妙に鼻について仕方がないのだけど (「仁」の時には全くそんなコトは思わなかったのに不思議~。)
前回よりも見応えのある物語を楽しむことができたわぁ。

クマと鮫島(寺島進)の立ち位置が同じだったコトを 山里(ドロンズ石本)によって気付かされた第3話。
さすが同じ立ち位置なだけあって 鮫島もクマもトラブルを起こしまくるのね。
それでも 星野(香川照之)曰く「必要ないものは何一つ無い。」のだという第一次南極観測隊・・
身勝手な行動ばかりとるクマを犬ぞりチームから外すことなく
同じく身勝手で軽はずみな行動をとる鮫島らを叱責することなく さらに団結力を強めていくワケなのねぇ。

そんな 第3話の一番の見どころは クマにこっぴどくやられ 倉持(木村拓哉)からは叱咤激励され
哀愁漂う悲しげで苦しげな表情を見せるリキの 涙ぐましい奮闘っぷりね。
なかなか思い通りに動いてくれない犬たちに対する倉持の焦りや 
犬は使い物にならないという氷室(堺雅人)の考えを盛り込みながら
犬たちも戸惑い葛藤しながら共に頑張る観測隊のメンバーなのだという物語を見せてくれたと思う。 

「今日からは自らの足で歴史を歩いていく。もはや戦後ではない。」という白崎(柴田恭兵)の言葉からは
彼らが胸に抱き続ける思いや希望が伝わってきて 感慨深いものがあったし
越冬隊の面々が日本へ帰る宗谷を見送るシーンでは その人数の少なさを改めて実感し
南極で越冬することを決断した彼らの勇気と情熱に改めて触れたような思いがした。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪

 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

南極大陸  第1話  *感想*
南極大陸  第2話  *感想*
コメント

11人もいる!  第2話  *感想*

2011-10-29 | 秋ドラマ(2011) 感想
* 11人もいる! 「宮藤官九郎×大家族亡き母のバースデー」 *  番組HP

いやあ・・宇野くん・・・・いい男だわぁ♪
それに比べて一男(神木隆之介)ったら(笑)。
それにしても 二子(有村架純)の貞操の危機を感じた一男の行動は 思いがけなくって面白かったなぁ。
そういう思考回路になるのか~と驚きつつも 色んなコトが気になってくるお年頃の男の子らしくって面白い。
あのイメージ映像も かなりツボに入って大笑い。 良かったなぁ・・アレ♪
あのイメージ映像を含め 初回よりもネタを仕込んできているアタリも楽しめた
下ネタガンガン飛ばしてくるポニーと実(田辺誠一)の間に流れるビミョーな空気だとか
ゲイバーで働いていると知り 2度に渡って驚く恵(光浦靖子)だとか
一男の性癖に理解を示そうとする父母の様子も面白い。
「続きはTwitterで・・」と呟く実の顔が可愛くって たまらない~♪
初回では 才悟(加藤清史郎)の可愛らしさに 持っていかれていた感もあったのだけど
第2話では 家族思いな一男の良さを より強く感じられたコトも満足。
笑いドコロたっぷりだったけれど (“ 鈴木ソアラ ” のくだりが特に好き♪)
宇野くんを招いての誕生日会では 真田家の魅力をタップリと見せてもらって心が温かくなったし
その後に用意された展開にはホロリとさせられたし 素敵なストーリーだったと思う。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪

 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ

11人もいる!  第1話  *感想*
コメント (2)

専業主婦探偵~私はシャドウ  第2話  *感想*

2011-10-29 | 秋ドラマ(2011) 感想
* 専業主婦探偵~私はシャドウ 「出張という名の不倫」 *  番組HP

芹菜(深田恭子)が成長を見せるエピソードは 第一話の方が面白かったかなぁ。
まあとりあえずは右折できない弱点の克服おめでとうって感じね。
右折時に感じる緊張感は アタシもよ~く理解できるので 今回の彼女の成長は喜ばしいわぁ。
芹菜と陣内(桐谷健太)の会話や 仕込まれた笑わせドコロは今回の方が面白くなっていて満足。
芹菜&陣内は 第2話にして早くもいいコンビといった感じ。
ただ 残念なのは十島(古田新太)の存在感が いまいち感じられないコト。
初回のほうが まだキャラのアピールの場があったような気が・・。

まあ それでも 「こないだちょっとキスしてたけど、大丈夫だよね。」 だとか
「じゃ、メイクして♪」 だとか 「普段着ですけど何か?」 などなど 
芹菜の可愛らしさと面白さの両方を楽しめるストーリーではあったように思う。
あのピンチを 「普段着ですけど何か?」 で 切り抜けちゃうアタリが素晴らしい♪
“すっごいいいこと” を 思いついた芹菜の今後の働きぶりと 
ミイラ取り・ふみくん(藤木直人)がミイラになっちゃわないか・・ハラハラしながら今後の行方を見守りたい。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪

 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ

専業主婦探偵~私はシャドウ  第1話  *感想*
コメント (2)

DOCTORS 最強の名医  第1話  *感想*

2011-10-28 | 秋ドラマ(2011) 感想
* DOCTORS 最強の名医 「真夜中のオペは3500万円」 *   番組HP 

思っていた以上に面白かったわぁ♪
病院を経営していくために どうしても保身になりがちな院長 そんな院長に仕える太鼓持な事務長
病院のエース的存在の外科医と お取り巻きの医師連中に 物語を華やかにする美人看護師
そして そんな病院にやってくる新任の医師・・・と 設定自体は かな~りベタなものなのだけど
そんなベタな設定の中で イキイキと動き回る相良浩介(沢村一樹)が魅力的。
某救命救急センターのお医者様に漂う 押し付けがましい正義感がどうも苦手だったので
人当たりのよさそうな笑顔を浮かべ 希望する年俸額も控えめ
おまけに言うべきことはきっちりと けれども説教臭くも暑苦しくもなく相手に主張する相良先生に 
初っ端から かなりの好印象を抱くことができたわぁ。 
後半になってから明らかになっていく彼の別の顔を知った時にゃあ アタシの中の高感度が さらにさらにUP。 
いやあ面白いキャラだわぁ・・相良先生。 
院長(野際陽子)や森山(高嶋政伸)を ギャフンと言わせちゃう展開も面白い。
(“ギャフンと言わせる”という表現が しっくりとくるような痛快さがあったと思うのよねぇ。)
痛快なだけでなく 最後には相良のカッコ良さを強く印象付けるオチも用意されていて
主役キャラを いかに魅力的に見せていくか・・という 第1話の役割をキッチリ果たしているあたりも満足。
(ただ シャワーシーンはいらないと思うケド。)

森山先生からは「冬のサクラ」を 看護師・宮部(比嘉愛未)からは「コードブルー」を どうしても思い出しちゃうけれど
お二人とも やっぱり白衣がよくお似合いだし 特にナイスキャラ森山が いい味出しまくりだし 
お二人と相良との絡みが 今後も楽しみ。
そうそう 佐々井先生(正名僕蔵)の頭頂部のポワポワクルクルしたヤツ(髪の毛)も 個人的には すごく気になる~。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

コメント (6)

蜜の味~A Taste Of Honey~ 第3話   *感想*

2011-10-28 | 秋ドラマ(2011) 感想
* 蜜の味~A Taste Of Honey~ 「俺のどこが世界一好きなんだよ?…あなたの顔よ。」 *  番組HP

「俺のどこが世界一好きなんだよ?」と言う雅人(ARATA)に向かって
「あなたの顔よ。」と 自信満々な彩(菅野美穂)の答えに力が抜けそうになっちゃったのだけど
この会話が そのまんまサブタイトルになってるのね~。(サブタイトルは感想を書く時に初めて知った。)
なんちゅうセンス・・・。そしてなんちゅう会話・・・。
でも 顔が好きだというコトを あんなにも自信たっぷりに言われちゃうと 何にも言えなくなっちゃうわねぇ。

いやあ それにしても ラストシーンは怖かった。
彩から電話がかかってくるなり カーテンを閉め 窓の鍵をかける直子(榮倉奈々)の様子を見て
そこまで怯えんでも・・・・と 心の中で突っ込んでたのだけど
直子の警戒心に間違いは無かったということね。

直子の前での やりすぎだろっ!と思えるほどの 彩のいちゃつきっぷりだとか
ままかりの酢漬けを使っての 彩と直子のバトルだとか
そんな 二人の様子を見てオロオロするだけの雅人だとか 突っ込みドコロたっぷりだった第3話。
なあんか このままB級路線に突き進んでしまいそうな雰囲気たっぷりだけど それなりに楽しめたからいいか。

結婚生活から見えてきた自己中心的な性格と 雅人に対する独占欲 直子への異常な敵対心などなど
彩の内面が いよいよ表立って見え始めてきたことと
そんなふうになって初めて 彩の怖さに気付く雅人の愚かさが 今回の面白かったトコロ。
「奥様怖そうだから。」という看護師の言葉に 「うちの奥さん、怖そう?」と聞き返す雅人の様子がツボ。
だめだ こりゃ・・・。なんにも分かってねぇ~っ!と 視聴者から総ツッコミをくらいそうね。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

蜜の味~A Taste Of Honey~ 第1話   *感想*
蜜の味~A Taste Of Honey~ 第2話   *感想*
コメント (2)

家政婦のミタ   第3話  *感想*

2011-10-27 | 秋ドラマ(2011) 感想
* 家政婦のミタ  「母を殺した父の正体を暴いて」 *  番組HP

いやぁ・・・振り切れてるなぁ・・・。
正直 今期のドラマの中では それほど好きなドラマってワケでもないのだけど
これだけ やりきってくれると 何だかチョッと気持ちがいいかも~。 

だけど 希衣(本田望結)ちゃんが あまりにも可愛そうすぎる~っ!
あんな小さな子に父親を捨てさせるのは あまりにも酷だわぁ。
すがるように希衣が助けを求めたミタ(松嶋菜々子)さんは これまたつれない態度だし。
唯一の救いは ミタさんが希衣の折り紙を 自らの意思で恵一(長谷川博己)に見せているトコロかしら。
でも てっきりこの折り紙を見た恵一は 子供達を呼び戻しに駆け出すのかと思って見ていれば
ラストでトドメの一撃をくらってしまい さらに嫌~な気分にさせられるワケだけど。

それにしても ここまで恵一のキャラを貶めてくるとはねぇ。
秘密を知ってしまった結(忽那汐里)に対する 逃げてばかりの対応だけでも かなりのものなのに
さらにそこに 衝撃の告白が用意されているとは。
あんな想いを抱き続けてきた男が 家族を再生していくことなど 果たして出来るのか・・
一体全体 この混乱をどのように終結させていくつもりなのか・・お手並み拝見♪って感じだわぁ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪

 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

家政婦のミタ   第1話  *感想*
家政婦のミタ   第2話  *感想*
コメント (4)

ラストマネー -愛の値段-  最終回  *感想*

2011-10-26 | 夏ドラマ(2011) 感想
* ラストマネー -愛の値段- 「命の金」 *  番組HP

番組HPに書かれていたとおり 亜希子(高島礼子)の“悲しい過去”を見せてきた最終回。
う~ん やっぱり 陳腐な印象は拭えない・・・・。
一気に 安っぽい2時間サスペンスドラマのように変わってしまった気もするけれど
まあ 亜希子のエピソードで引っ張って 亜希子のエピソードで終結させるとしたら
このようなストーリーになってしまうのも仕方が無いだろうなぁ。

そんなストーリーだけでは終わらせなかったアタリが 最終回で唯一面白かったトコロ。
「あたしやっぱり、違う生き方は出来ないみたい。」と 清和生命に最後の難題を投げつける亜希子。
その問題に対する 向島(伊藤英明)の いかにも彼らしい正義感溢れる取り組み方と
「社会正義と会社の正義は違う」のだという主張を押し通す 会社の上層部が下した決断から見えてくる
嫌らしい“会社の正義”との対比は 見ていて面白かった。
賑やかし要員・大野(中丸雄一)のキャラを生かし
向島のコトが大好きな大野らしい身の振り方を見せてくれたラストにも好感は持てる。
それでも やはり 亜希子のエピソードをメインにした後半のスタイルよりも
前半のスタイルの方が面白かったなぁ・・と 残念な思いが強く残ってしまう最終回だった。  

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ラストマネー -愛の値段-  第1話  *感想*
ラストマネー -愛の値段-  第2話  *感想*
ラストマネー -愛の値段-  第3話  *感想*
ラストマネー -愛の値段-  第4話  *感想*
ラストマネー -愛の値段-  第5話  *感想*
ラストマネー -愛の値段-  第6話  *感想*
コメント (4)

謎解きはディナーのあとで  第2話  *感想*

2011-10-26 | 秋ドラマ(2011) 感想
* 謎解きはディナーのあとで 「殺しのワインいかがでしょう?」 *  番組HP

タイトルに自信満々に掲げてくるほどの謎解きなど見せてはくれないこと
そんなイマイチな謎解きを誤魔化すかのごとく イロイロな遊びを入れてくること
そんなコトをよ~く覚悟したうえで見た今回の方が 前回よりは楽しめたような気がする。
それにしても影山(櫻井翔)って グイグイ前に出てくるのねぇ。
なんていうか もっと影で麗子(北川景子)の仕事を支えていく人なのかと思ってたのだけど。
まあ ワインのウンチクを披露するトコロが今回の最大の見せ場なのだろうし
そうなると 麗子では無理だったというコトなのだろうけれど 
個人的には いつ何時も 影山には麗子の影であってほしいなぁ。

せっかく 謎解きに感じられるショボさを打ち消すためにお遊びを入れているのに(知らないけど)
恐竜の形に整えられた植木だとか 紅茶におでんだとか いまいち面白くないことも残念。
(前回 面白かった麗子を追跡する影山の様子も 今回はつまらなかったし・・。)
あ、動物病院が舞台ならではの罵詈雑言は チョッとだけツボ。
影山が麗子に指南する際に使われた 「マッチ売りの少女」の映像も結構好き。
謎解きに期待が持てない以上 こういったお遊びで どれだけ面白く見せてくれるか・・そのアタリに期待したい。
(できれば アメコミ演出に頼らないお遊びを見てみたい。)

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪

 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

謎解きはディナーのあとで  第1話  *感想*

コメント (2)

専業主婦探偵~私はシャドウ  第1話  *感想*

2011-10-25 | 秋ドラマ(2011) 感想
* 専業主婦探偵~私はシャドウ 「美しすぎる夫の秘密」 *  番組HP

早々にリタイアした月9の代わりに 日9のラブコメの感想を書くつもりにしていたのだけど
思っていたよりも平凡というか ありきたりな物語で どうもいまいち魅力を感じないので
代わりに (日9のラブコメよりも断然面白く感じた)このドラマの感想でも。
(手一杯になりつつあるので 金曜日のドラマの感想は 「11人もいる!」だけにしようと思ってたのだけど。)

最初から最後まで 良くも悪くも深田恭子さんの怪演が目を引く このドラマ。
あたしゃ 冒頭のエピソードがなけりゃ きっと途中でチャンネルを変えてたと思うわぁ。
あそこで 比較的落ち着いた口調で話す芹菜(深田恭子)を見せてくれていたお陰で
後に描かれる ベチャ~っとして ネチョ~っとした芹菜の口調にも堪えられた気がする。
頭には三角巾 割烹着姿でハンドルを握る芹菜の様子に 初っ端から惹きつけられたし
その後の 思わぬ展開も面白くって 素晴らしい掴みのシーンだったと思うわぁ。

“ふみくん”を連発しまくり 世間知らずで甘えん坊な奥様・芹菜の挙動にひたすら耐え続けた後に訪れる
芹菜がJJ探偵事務所に乗り込んでからの展開も 前半に我慢を強いられただけあって なかなか面白かった。
探偵・陣内を演じる桐谷健太さんは 絶対零度のときよりも魅力的に見える。
芹菜との掛け合いも面白いし 今後が楽しみ♪

武文(藤木直人)との出会いのエピソードが ラストで上手く使われているのも良かったなぁ。
「愛されたいなら自分が変わりなよ。」 という 十島(古田新太)の助言に
「声が小さい!」「見られたら見返せ。相手が目を逸らすまで見返せ。」 という 陣内の喝が
ダメダメ芹菜に影響を与えていく様子は 見ていて嬉しくなってくる。
無事 替玉の注文に成功し 嬉しそうな芹菜は可愛いし 
「お勘定!」と言う芹菜が見せた意思の強そうなカンジは新鮮だったし 
ふみくんの会社でのエピソードを気にしつつ (どうも芹菜に食われ気味な気がするけど) 
今後 芹菜がどのように成長していくのか どんな活躍を見せてくれるのか楽しみにしたい。 
 
 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪

 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ
コメント (2)