Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

世にも奇妙な物語 2018秋の特別編 *感想*

2018-11-11 | スペシャルドラマ 感想

「脱出不可」        志倉真司…坂口健太郎  他

ありがちなサバイバルもの、、
といった印象は持ちつつも、それなりに興味を持って視聴。
真司が脱出不可な状況に陥ってしまった理由は面白味を感じたわ。

でも、ラストは面白くなかったなぁ。
もう少し、衝撃を味わってみたかったよ。



「あしたのあたし」     斉木香織…国仲涼子  小野寺修二…忍成修吾  加藤由佳…森田涼花  斉木拓也…渋谷謙人  他 

ドラマの予告、、というのが面白いよね。

思わせぶりに切り取られた予告やら、、
勘違いさせるように仕向けられた予告やら、、
「誰も想像つかない衝撃のラスト」という煽り文句やら、、

予告あるある、、に踊らさせる香織の様子を楽しんだよ。


「誰も想像つかない衝撃のラスト」にはそこまでの驚きはなかったものの、
その後の展開には唖然。

ワケ分からん展開キターと思って見ていれば、
「THE MOVIE」の文字。

コレには思わず吹き出しちゃったわ。
連ドラあるあるにトドメ刺されたわ。



「幽霊社員」     工藤良治…佐野史郎  里山秀平…勝地涼  他 

特にこれといって書いておきたいことはない。
つまらないとは思わなかったけれど、
取り立てて面白いと思うところもない。



「クリスマスの怪物」     小野寺奈央…川栄李奈  緒方良輔…本郷奏多  他 

初っ端に登場する怪しげな存在に目を引く。
奈央の幼馴染の身に起きた壮絶な出来事と、
真実をぼかして、幼馴染のことを緒方に語る奈央の様子にも引き込まれたわ。

後半で奈央が見せた悪態も、衝撃的で高まるものがあったのだけど、
その後の展開とオチには、さして面白味を感じず。

奈央の悪態に気持ちが高まり、
期待感も膨らんでいただけに、
なんだ、この程度か、、的な物足りなさがあったわ。



「マスマティックな夕暮れ」  凛子…玉城ティナ 
                     文哉…ジェシー(SixTONES)  一成…田中樹(SixTONES)  大知…松村北斗(SixTONES)  
                     宗徳…高地優吾(SixTONES)  隆…やべきょうすけ  郁子(隆の母)…山村紅葉  他

きっと駄作だろうな、、
などと思いきや、意外と楽しく視聴できたよ。

生き返った隆と、
生き返らせようと躍起になっていた仲間たちが、
何から何まで交わらなくなってしまっている様子は、
哀愁と滑稽さが混じり合っていてワリと好き。



 チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村



世にも奇妙な物語 秋の特別編(2009)*感想*
世にも奇妙な物語 20周年SP 春の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・秋~人気作家競演編~ *感想*
世にも奇妙な物語 ~21世紀21年目の特別編~ *感想*
世にも奇妙な物語 2011年秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2012年 春の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 '12 秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2013春の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2013秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2014春の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2014秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春 人気マンガ家競演編  *感想* 
世にも奇妙な物語 25周年!秋の2週連続SP~傑作復活編~  *感想*
世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP~映画監督編~  *感想*
世にも奇妙な物語 2016春の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2016秋の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 2017春の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 2017秋の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 2018春の特別編 *感想*

コメント (2)

<ドラマ>あまんじゃく  *感想*

2018-09-26 | スペシャルドラマ 感想
やだ、、
なんか、面白かったわ。


「Aではない君と」「乱反射」と、
重たくって、やり切れないドラマを続けざまに観たからかしら。
普段は観ることのない2時間ドラマを観まくった反動かしら。
ドラマ視聴に疲れてたのかしら。


なんか、、
えっらく楽しく視聴した感じ、あったわ。
コレはコレでアリよねぇ。
こういう娯楽ものもアリだと思うわ。


もうさ、、
序盤でナレーションが入った時点で、
コレは、、、いいっ!
ってなったもん。


それにしても、、
イロイロと盛りだくさんだったねぇ。
どんだけエピソードを入れてくるねんっ!
ってなったわ。

でも、、
モリモリモリっと盛られたトンデモエピソードを楽しんだよ。


ラスボス・タイガーアイのエピソードは、
あまりにもB級感マシマシ過ぎて、
チョイと興醒めしちゃったんだけどねぇ。

でも、、
アレはアレでアリ、、とは思えたよ。


あのスイッチが出てきた時にゃあ、
このドラマのある種のやる気を見た気がしたよ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村


コメント (2)

<ドラマ>乱反射 *感想*

2018-09-25 | スペシャルドラマ 感想
* メ~テレ開局55周年記念ドラマ *

ラストに絶望。

聡(妻夫木聡)はあそこで思いとどまるのではないか、、
戻ってきてゴミを回収するのではないか、、
などと、半ば祈るように見守っていたのに、
決してそんなことにはならないのね。

光恵(井上真央)の想像力の射程は悲しくなるほど短いのね。
救い、、ないなぁ。
こんな類の救いの無さを見せられるとは思わなかったわぁ。


息子の死の裏に何があったのか。
息子は誰に殺されたのか。
聡はあのように調べあげ、
身勝手な行いにあれほど激昂し、
無責任な人達をあんなに責め立てたというのに、、
あのような行為を再びするのか。


市役所職員の小林(芹澤興人)が見せる、
分かり易~く嫌~な人物ならいざしらず、、
(あのキャラクターの嫌らしさ、良かったわ)
聡と光恵も実は、、
というのが衝撃的なんだよなぁ。

人の身勝手さって、恐ろしい。
人の無責任さって、怖い。
そんなことを、つくづくと考えてしまったわ。

ラストシーンに見られた、
自分本位さ丸出しの学生の表情もインパクトがあるんだよなぁ。
あの表情が、これまた観ている者を嫌~な感じにさせるのよ。


想像力、、大切ね。
放置された犬のうんちが・・・
などというコトを誰が想像できるというのだ、、
などとも思うケド、
それぞれの小さな心がけ次第で、
事態は変わっていたかもしれないというのが、
やりきれないよなぁ。
思わず自分自身の行いを省みてしまうよなぁ。



 チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>

にほんブログ村

コメント (2)

<ドラマ>Aではない君と  *感想*

2018-09-24 | スペシャルドラマ 感想
* テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル *

少年犯罪の難しい問題を扱ったストーリーだというコトだけ、
ぼんやりと把握しての視聴。

原作小説が話題になった時に興味を持ったものの、
ず~っと読まずじまいで、
そのうち読みたいと思っていたコトさえ忘れちゃってたんだよなぁ。



青葉翼(杉田雷麟)と藤井優斗の間には何があったのか、、
真実が明かされていく過程が興味深かったよ。

重たいストーリーだということは分かってはいたのだけれど、
詳細は全く知らなかったしさ、、
翼は頑として語ろうとしないからさ、、
一体、あの二人の間には何があったのか、
その興味をずっと持ち続けながら視聴した感じがあるわ。



息子は本当に加害者なのか、、
本当は被害者なのではないか、、
吉永圭一(佐藤浩市)がそんな想いに至り、強い憤りを感じた際に、
神崎京子(天海祐希)が圭一を諭す様子が印象的。

完璧な親も子もいないことや、
些細なことで関係に深い溝ができてしまうことを、
圭一は身をもって感じたはずなのに、
あのように憤らずにはいられない状況に陥ってしまうというのが皮肉。

明らかなった事実が、
感情をかき乱されてしまうような酷い事なんだものねぇ、、
あれは、やり切れないよなぁ。
あのように感情的になってしまうのも無理ないと思うわ。

しかし、、
問題はそこではないのだ、、
被害者を責めても翼の助けにはなりはしないのだ、、
と諭す京子の言葉にハッとさせられたし、
納得させられもしたわ。

でもさ、、
その境地に至るまでが大変だよねぇ。
誰かを非難したり、何かのせいにした方が楽だものねぇ。



このときの圭一にしても、、
贖罪の気持ちが芽生える気配のない翼にしても、、
罪と向き合い、
償っていくことの難しさや厳しさを強く感じたわ。
そして、、
あの辛い訪問を果たした翼の変化に、ようやく小さな一歩を感じたよ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村


コメント (2)

過保護のカホコ 2018 ー ラブ&ドリーム ー *感想*

2018-09-23 | スペシャルドラマ 感想
型通りなドラマだったなぁ、、といった印象。
超個性的なドラマに型通りっちゅう表現は変かしらね。


超個性的なトコロも含めて型通りというか、、
連ドラの時の内容とさして変わり映えしないというか、、
展開も、台詞も、奇妙な感じも、パターン化しているというか、、
なんか、そんな印象を受けたよ。

これが「過保護のカホコ」の様式美なのだと捉えたらいいのかしらね。
スペシャルドラマだからね、、
このお馴染み感が大事ってのはあるかもね。



期待が大きかっただけに、
もう少し、新しい魅力を楽しんでみたかったという物足りない思いも強いのだけど、

相変わらずのキテレツなキャラクターたちが繰り広げる、
相変わらずなメンドクサイ問題の数々と、
相変わらず一生懸命に空回るカホコ(高畑充希)の様子を、
懐かしく感じながら見守ることはできたよ。

大切な家族を想い、
亡きばあばを想い、
懸命に奮闘していくカホコは、相変わらず可愛らしかったわ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

過保護のカホコ  第1話  *感想*
過保護のカホコ  第2話  *感想*
過保護のカホコ  第3話  *感想*
過保護のカホコ  第4話  *感想*
過保護のカホコ  第5話  *感想*
過保護のカホコ  第6話  *感想*
過保護のカホコ  第7話  *感想*
過保護のカホコ  第8話  *感想*
過保護のカホコ  第9話  *感想*
過保護のカホコ  第10話(最終回)  *感想*
コメント (2)

<ドラマ>ミステリースペシャル 満願  第3夜 「満願」 *感想*

2018-08-24 | スペシャルドラマ 感想
番組HP

鵜川妙子(市川実日子)がいいね。
登場してきたときには、コレじゃない感もあったんだけどさ、、
(もっと淑やかで、古風な、、所謂ありがちな美しい人を想像していた)
でも、ストーリーが進むにつれて、
ああ、、いいなぁ、、妙子、、
こういう妙子もアリなのだなぁ、、
むしろ、こういう妙子だからいいのだなぁ、、
などと思ったよ。


実は、私、、
短編集である原作の中で、
この話が最も興味を引かれなかったんだよねぇ。
もちろん、、
他の話と比べたら、、というコトなのだけれども。

他の作品に比べると地味な印象を受けたこと、、
表題作であり、巻末の作品であったため、私の期待度が上がり過ぎていたこと、、
私に作品の良さを感じるだけの感性がないこと、、
このアタリが要因かしらねぇ。



妙子の強い意志、、
妙子が大切にしてきた矜持、、
そういったものは、
ドラマのほうが強く感じ取れた気はしたなぁ。
ドラマの妙子さんは、それくらい魅力があったわ。


 チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>

にほんブログ村

<ドラマ>ミステリースペシャル 満願  第1夜 「万灯」 *感想*
<ドラマ>ミステリースペシャル 満願  第2夜 「夜警」 *感想*
コメント

<ドラマ>ミステリースペシャル 満願  第1夜 「万灯」 *感想*

2018-08-22 | スペシャルドラマ 感想
番組HP

原作のなかで最も強く印象に残っているお話。

他のお話とは異なり、異国が舞台であること、、
その異国の村で巻き起こる出来事の異様さにインパクトがあったこと、、
最後に明かされる結末の意外性が面白かったこと、、
そんなトコロが印象に残っている理由かしらねぇ。

好きな話だっただけに、
それが映像化される楽しみはあったなぁ。

東南アジアの熱さだとか、、風景だとか、、現地の人々だとか、、
そういったものは、映像化されると具体的に感じられていいよね。


伊丹修平(西島秀俊)と森下聖司(近藤公園)のキャラクターも好み。
森下はもう少し知的で冷静な人物を思い描いていたので、
(そんな人物が見せた激しい動揺、、といったものも驚きのひとつだった。)
序盤から小者感を出し過ぎな気もしたのだけれど、
事件を起こした際に見られた森下の感情の乱れた感じは好み。



ただ、、
結末まで分かったうえでの視聴だしね、、
細やかに描写されていた原作を読んでいるからさ、、
原作を読んだ際の高まりみたいなものは感じなかったなぁ。

もう少し魅せてほしかった、、などと思ったりもしたのだが、
高望みかしらねぇ。

 チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>

にほんブログ村



コメント

世にも奇妙な物語 2018春の特別編 *感想*

2018-05-13 | スペシャルドラマ 感想

どのストーリーも私の気持ちを高めてはくれず、
そこまで面白いとは感じることができず、、
物足りなさを感じる。


「フォロワー」 藤田小春: 白石麻衣(乃木坂46) 

ありがちだよね。
この企画で何度も観たことがあるような雰囲気。

それでも、意外と興味深く視聴してたんだけど、
ラストシーンがホントありきたりに感じられて、ガックリ。
SNSに依存していた主人公が、SNSの餌食に、、
この流れに面白味は全く感じなかったよ。
もう少し、捻ったオチを見せてもらえるのかと思ってたよ。

小春のどこか作り物めいたビジュアルや、
人間味をあまり感じさせない感じは、
ドラマの雰囲気にハマっていたようには思う。



「不倫警察」 葛木良男: 唐沢寿明 

風変わりなストーリーね。
その風変わりな感じに惹かれて、興味深く視聴したけど、
結局、最後まで面白いとは思えず終わってしまったよ。
面白そうなのに、いつまでたっても面白くならない、、最後までそんな印象。
序盤で期待しただけに満足度は低い。




「明日へのワープ」 小林峰雄: 三浦春馬 


後味悪く終わるのかな?などと思いきや、
意外な展開。
教訓じみたオチすぎるような気もするのだが、
思いがけない前向きさに触れ、
思いがけない爽やかな後味に驚かされた。




「少年」 岡林遥: 倉科カナ  青年: 健太郎  少年: 高村佳偉人 


わりと予想しやすいストーリーとなっていて、
そこに面白さを見出すことはできなかったけど、
愛を感じるストーリーだしね、、
文句は言うまい。



「ショート奇妙 城後波駅」

駅員さんの気味の悪さだけはインパクトがあったわ。



 チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村



世にも奇妙な物語 秋の特別編(2009)*感想*
世にも奇妙な物語 20周年SP 春の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・秋~人気作家競演編~ *感想*
世にも奇妙な物語 ~21世紀21年目の特別編~ *感想*
世にも奇妙な物語 2011年秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2012年 春の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 '12 秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2013春の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2013秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2014春の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2014秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春 人気マンガ家競演編  *感想* 
世にも奇妙な物語 25周年!秋の2週連続SP~傑作復活編~  *感想*
世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP~映画監督編~  *感想*
世にも奇妙な物語 2016年 春の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2016年 秋の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 2017年 春の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 2017 秋の特別編 *感想*
コメント (2)

BORDER 贖罪  *感想*

2017-10-30 | スペシャルドラマ 感想
番組HP

しっかり「BORDER」のお話だったねぇ。

連ドラのラストは、衝動的にボーダーを超えてしまう話だったけど、
今回は、真実と嘘の境界線で立ち止まり、熟慮し、選択した印象。
石川安吾(小栗旬)が決断を下すまでのストーリーを興味深く見守ることができたよ。



いやぁ、、
それにしても、、
ミカ(波瑠)と立花(青木崇高)だけでなく、
赤井(古田新太)、スズキ(滝藤賢一)、サイモン(浜野謙太)、ガーファンクル(野間口徹)ら、
闇の世界で生きている人間たちまでもが、
石川を引き止めようとするとは思わなかったわ。


コレ、面白かったなぁ。
大好きなキャラクターであるスズキとサイモン&ガーファンクルの働きっぷりを堪能できたし、
石川と彼らの信頼関係を感じることができたし、
石川とスズキによる遺体捜索にはエンタメ感があったし、
楽しめたよ。


彼らが石川を引き止めようとした理由が分かり易く表現されていたのも良かった。
つまり、彼らは、石川安吾のコトが好きなんだろうな、、
というコトは感じてはいたけれど、

「僕たちの白馬に乗った騎士」だとか、
「僕たちが初めて信用した警察官」だとか、
「闇の世界に住む私達の希望」といった、

石川安吾に対する彼らの表現は、
石川に対する彼らの想いの強さと複雑さを感じさせるものだったよ。



「あなたが、ただの人殺しだということが分かったら、
 私達が責任をもって、この世界から抹殺して差し上げますよ。
 それまであなたは、正義を実践し続けなくちゃならない。
 闇の世界に住む私達の希望であり続けなくちゃならない。」

この赤井の言葉に、
闇の世界の住人の恐ろしさが感じられるのもいいよねぇ。
石川にとっての免罪符的なトコロも感じられるしね。




最も強く印象に残っているのは、石川が最後に見せた、選択と決意と覚悟。
やはり、コレが、このドラマの最大の見どころだよねぇ。
石川の強烈な正義感にクラクラしたわ。
「通過儀礼」を経たことで解放されたのだという、石川の心境は面白かったよ。
石川の強すぎる正義感は、闇の世界でないと扱いきれないのかもしれないわねぇ。


まあ、、なんにせよ、、
状況は全て整った、、、
そんな感じだよねぇ。

新たな境地に立った石川安吾の物語を観たいぞ~っ。


 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

BORDER  第1話  *感想*
BORDER  第2話  *感想*
BORDER  第3話  *感想*
BORDER  第4話  *感想*
BORDER  第5話  *感想*
BORDER  第6話  *感想*
BORDER  第7話  *感想*
BORDER  第8話  *感想*
BORDER  第9話(最終回)  *感想*

BORDER 衝動ー検視官・比嘉ミカー 前篇  *感想*
BORDER 衝動ー検視官・比嘉ミカー 後篇  *感想*
コメント

土曜プレミアム・世にも奇妙な物語2017 秋の特別編 *感想*

2017-10-17 | スペシャルドラマ 感想
「寺島」         〈キャスト〉 寺島ひな:吉岡里帆  山崎:峯田和伸  小林摩子:大後寿々花  江田:福田温子 
   
そこまで惹きつけられなかったし、
そこまで気持ちが高まることはなかったストーリー。

だったのだけど、、

全部観終わってみれば、コレが一番面白かったかもなぁ。
振り返ってみれば、なんかインパクトがあったような気もする。
思い出してみると、楽しかったよ、、うん。

そんな風に、ジワジワと、今作の中では楽しめたストーリーだったことを実感。
ホラー枠に面白味を感じることはあまりないので、珍しい体験。

吉岡里帆さんの怪演が印象的。
キテレツ過ぎて、ドン引いてしまったトコロもあったのだけど、
振り返ってみれば、あのキテレツっぷりは面白味があったようには思う。
もう一度、観直してみたいと思った唯一の作品でもある。



 「フリースタイル母ちゃん」     〈キャスト〉 細川房子:中山美穂  大岩:浅利陽介  細川康太:高木星来 
                                細川正雄:いとうせいこう  露天商・柏木:古舘寛治 
                                店長・春日:松尾諭  チャラ男・田丸:ANI 

雰囲気は好み。
リップクリーム=ラップクリーム、、
こういうアホっぽさは好き。

なのだけど、、
やっぱり、ラップがお寒く感じられてしまう。

中山美穂さんがとても頑張ってたなぁ、、、。
あれだけ沢山のラップを披露するのは大変だったろうなぁ、、、。
などとは思ったものの、
もう少し、ラップに適した声質の女優さんで見てみたかったという思いが強い。
あのリップクリームの効力の物凄さを、もっともっと感じてみたかった。

まあ、、
房子(中山美穂)のラップも意外性はあるっちゃあるし、
あの慣れてない感じに面白味があるとも言えるとは思うのだけれど。
フリースタイルの神髄の域にまで達した房子と康太(高木星来)のラップは感動的ではあったよ。


ラストの展開もアホらしくって好き。

「YO!YO!YO!嫁よー!」
「YO!YO!YO!姑よー!」

ライム、感じたわ。
初めて使ったわ、ライムって言葉。




 「運命探知機」     〈キャスト〉 和泉涼平:岩田剛典  北澤由紀:石橋杏奈  楢島浩太:浅香航大 
                          豊田まどか:玄理  田中隆:丸山智己 

「世にも奇妙な物語」の基本中の基本、、ド定番、、といった印象。
ありがちすぎて、面白味はあまり感じず。

アラブの石油王チックな男性に乗り換えチャレンジする由紀(石橋杏奈)の姿はチョッとツボ。




 「夜の声」       〈キャスト〉 我堀英一:藤原竜也  ユリ:飯豊まりえ  ケンちゃん:小市慢太郎 

ストーリー的にはコレが一番好み。
でも、描き足りない感じがしたなぁ。
もう少しじっくりと観てみたかった作品。

「写真」「交換」「ポニーテール」「女子力」「ががばば新章」といった
超短編に割かれた時間をこの作品で使って描いて魅せてほしかった。



 チラリと共感していただけましたなら、ポチリと押していただけると嬉しいです♪   
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村


世にも奇妙な物語 秋の特別編(2009)*感想*
世にも奇妙な物語 20周年SP 春の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・秋~人気作家競演編~ *感想*
世にも奇妙な物語 ~21世紀21年目の特別編~ *感想*
世にも奇妙な物語 2011年秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2012年 春の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 '12 秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2013春の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2013秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2014春の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2014秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春 人気マンガ家競演編  *感想* 
世にも奇妙な物語 25周年!秋の2週連続SP~傑作復活編~  *感想*
世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP~映画監督編~  *感想*
世にも奇妙な物語 2016年 春の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2016年 秋の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 2017年 春の特別編 *感想*
コメント (2)