Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

プレミアムよるドラマ プリンセスメゾン 第4話 *感想*

2016-12-31 | 秋ドラマ(2016)感想
* 「憧れのライフスタイル」 * 番組HP

伊達(高橋一生)にチョッピリ焦点が当てられていた回ね。
何を考えているのやら分かりづらかった伊達のコトが、
チョッとだけ分かった気がするよ。

水が超苦手なコトだとか、
漫画家の井川流(木野花)にあのマンションを売ったことが良かったのか、
自分の売り方は間違っていなかったか、
ずっと気にしていたコトだとか、、ね。

水辺で恐怖のあまりヨタヨタしちゃう伊達さんも、
強い武蔵小杉愛を見せる伊達さんも、
井川が幸せに暮らしているか気にする伊達さんも、
「沼越様 物件ビジョン」をしたためる伊達さんも、
今までに見たコトない伊達さんで、興味深かったよ。


このドラマ、意外にキャラが続々と登場してくるのね。
今回は「独り身の希望の星」の勝木(宮本裕子)。

「自分の住んでいる家に負けない生き方、ちゃんと出来てるかな。」
という、勝木の言葉が印象的。
そんな風に考えてたいたら疲れちゃいそうだよなぁ。
でも、なんか、独りで生きる勝木の意識の高さを感じたわ。
弱さや戸惑いも垣間見せていたけれど、
それも含めて、独り身の希望の星っぽいよね。


チラっと共感していただけましたなら、ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

プレミアムよるドラマ プリンセスメゾン 第1話 *感想*
プレミアムよるドラマ プリンセスメゾン 第2話 *感想*
プレミアムよるドラマ プリンセスメゾン 第3話 *感想*
コメント

プレミアムよるドラマ プリンセスメゾン 第3話 *感想*

2016-12-30 | 秋ドラマ(2016)感想
* 「女が1人で生きること」 * 番組HP

今回は阿久津マリエ(舞羽美海)に焦点を当てるのね。

空いたスペースを埋めるように男と同棲しながら生きてきたマリエに、
おひとり様生活も堂に入っている理子(陽月華)に、
夢に向かってマイペースに突き進む幸(森川葵)、、
当然のことだけれど、三者三様ね。あ
そこに漫画家の井川流(木野花)という新キャラまで加わって、
様々な生き方をする女性の暮らしを垣間見た感じだ。


初回に引き続き、今回も幸の強さが印象的。
「大きな夢なんかじゃないです。
 自分次第で手の届く目標です。」
目標のためにコツコツと頑張る幸なのねぇ。

伊達(高橋一生)はイメージを掴めないでいる幸に手厳しいことを言っていたけれど、
住みたい家のイメージなんてさ、、
皆が皆、ハッキリしているワケじゃないよねぇ。

マリエの洗濯ネットの収納の仕方をさっそく真似する幸。
自分の買いたいマンションのイメージも、
様々な経験を重ねながら、
少しずつ、少しずつ膨らましていっているのだろうねぇ。


チラっと共感していただけましたなら、ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

プレミアムよるドラマ プリンセスメゾン 第1話 *感想*
プレミアムよるドラマ プリンセスメゾン 第2話 *感想*
コメント

プレミアムよるドラマ プリンセスメゾン 第2話 *感想*

2016-12-29 | 秋ドラマ(2016)感想
* 「身の丈に合った物件」 * 番組HP


面白かったわぁ。
いいねぇ、、このドラマ。

沼ちゃん(森川葵)がいい。
とてもいい。
しっかりしてるんだねぇ。
しっかりと日々の暮らしを営んでるんだねぇ。

夢のために貯蓄していることや、
物を大切にすること、
物事に強いこだわりを持っていることは初回でも感じていたけれど、
あのボロっちいアパートにも、しっかり愛着を持って暮らしているのねぇ。

「南の日当たりは悪いけど、その代わり夕日を手に入れました。」
「家って、外から流れ込んでくるもの全部でできてるんですね。」

そう語る沼ちゃんの幸せそうな表情が印象的だったよ。


沼ちゃんの部屋で見られた、
沼ちゃんと要(陽月華)の関係の変化も良かった。
かしこまって、正座して、お茶をすすっていた二人が、
画面が切り替わった途端、腹這いになって物件探してるんだもの、、
その落差に吹き出しちゃったよ。
二人の関係が親密になっていく様に心が温かくなったよ。

沼ちゃんもいいんだけど、要もいいんだよねぇ。
私、陽月華さんという名前を初めて認識したわ。
お顔はどこかで見た記憶はあったんだけどねぇ。


チラっと共感していただけましたなら、ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

プレミアムよるドラマ プリンセスメゾン 第1話 *感想*
コメント (2)

プレミアムよるドラマ プリンセスメゾン 第1話 *感想*

2016-12-28 | 秋ドラマ(2016)感想
* 「わたしのいえ」 番組HP


視聴するのを楽しみにしていたドラマ。
秋ドラマが終わって時間が出来たので、やっと観ることが出来たよ。


なんか、妙なドラマだねぇ、コレ。
視聴を楽しみにしていたと書いたけど、
森川葵さんが主演ということしか知らなかったもんだからさ、
1話の最後まで観ても??といった状態だ。

これは、沼越(森川葵)がマンションを購入するまでが描かれるのか?
沼越の成長過程が描かれるのかね??
なんか、よく分かんない初回だっのだが、
雰囲気はかなり好み。
それぞれのキャラクターも個性的かつ魅力的だし、
これは、ちょっと続きを観るのが楽しみだ。


チラっと共感していただけましたなら、ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

コメント

リテイク 時をかける想い  第4話  *感想*

2016-12-27 | 秋ドラマ(2016)感想
番組HP

新谷(筒井道隆)が説教臭いというか、、
正論を語りすぎというか、、
その正論が当たり前すぎるというか、、
新谷がオバケ(石黒英雄)に語るシーンはチョッと興醒めしてしまったのだが、
その後に見せられた、
オバケが美咲(村川絵梨)を抱きしめるシーンでは思わずウルッとしてしまったよ。
オバケの行動が美咲とアキト(五十嵐陽向)の未来を、
より良いものへと変えていってくれると願いたくなったよ。


っていうか、
まさかの薫(成海璃子)の背景にチョイと驚く。
コレは予想外。
まだ仄めかされているだけだけれども、
イロイロと想像を膨らませてしまうわぁ。

っていうか、
このドラマって、年をまたぐんだねぇ。
連ドラファンの私にとっては、コレは良いカタチ。
色んな放送形態があったほうが楽しめる。


チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

リテイク 時をかける想い  第1話  *感想*
リテイク 時をかける想い  第2話  *感想*
リテイク 時をかける想い  第3話  *感想*
コメント (2)

コピーフェイス  第6話(最終回)  *感想*

2016-12-26 | 秋ドラマ(2016)感想
サクサクサックリドラマは
最終回だってサクサクサックリしちゃうのね~。

このドラマのサクサクっぷりはワリと好意的に受け止めていたけれど、
最終回までもがこうもサクサク展開だと、
なんか物足りないんだよなぁ。

「思っていた以上に深かったのかもしれないな、朝倉家の闇がさ。」
などと、編集長がのたまっておったが、
せっかくの朝倉家の闇の深さが、えっらくサラ~っと描かれてしまっていて、
盛り上がりもへってくれもない気が、、、、、。
この闇要素、もう少し盛り上げて魅せてくれるもんだと思っていたわ。
長いこと仄めかしてきたワリには大したことなかったなぁ。
もう少し盛り上げて見せてほしかったなぁ。

この最終回、
全体的にキレイにまとまっていたとは思うのだけど、
全身整形だとか、
入れ替わりだとか、
医療ミスだとか、
隠蔽だとか、
兄弟、父子の確執だとか、
ド派手な設定で見せてきたワリにはこじんまりと終わってしまった印象が強い。

でもまあ、、
気の毒すぎた柊二(佐藤隆太)が再出発できたことは良かったと思えたよ。
なんか、幸せそうだったしね。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

コピーフェイス  第1話  *感想*
コピーフェイス  第2話  *感想*
コピーフェイス  第3話  *感想*
コピーフェイス  第4話  *感想*
コピーフェイス  第5話  *感想*
コメント

クリスマスドラマスペシャル わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた  *感想*

2016-12-25 | スペシャルドラマ 感想
2016年12月20日(火)放送  番組情報

予告映像を見て、結構楽しみにしていたドラマ。
期待していたとおり、楽しめるドラマだったよ。
いや、予想していた以上の充実っぷりだったかも。

ベタな(いや、王道の)恋愛ものだからさ、
ストーリー展開はごくありふれた感じなんだけどね、、
二時間にも満たない単発ドラマだというのに、
恋愛ドラマの様々な要素がたんまり盛り込まれてるんだよねぇ。
連ドラにできるくらいの要素はあったと思うわ。

社長解任の緊急動議などというシリアス展開を突如見せられたときにゃあ、かなり驚いたし、
そのあまりにも唐突で無理矢理な展開には白けてしまったし、
そこまで盛り込まんでもよかろうに、、
などと突っ込みたくはなったんだけどねぇ、、、。
それでも、この手のドラマはコレもアリか、などと楽しめるコトはできたわ。
恋愛ドラマに見られる様々な展開を楽しことはできたわ。

白野莉子(多部未華子)と黒川壮一郎(高橋一生)が魅力的なのも良かった。
恋愛ゲームが扱われていることもあってか、
様々なシチュエーションで二人の魅力を感じることができたわ。


チラっと共感していただけましたなら、ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

コメント

リテイク 時をかける想い  第3話  *感想*

2016-12-24 | 秋ドラマ(2016)感想
アイドルグループのツートップで、
ライバルでもあり、親友でもある、、
などと表現されていただけに、
てっきり互いが互いの人生を変えにやってきたのだと思っていたわ。
チョッと捻って考え過ぎたか。

マリエとミナそれぞれの想いの対比や、
マリエとミナそれぞれが、それぞれの人生を羨ましく思っていたというアタリは、
まあそれなりに楽しめたよ。


チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

リテイク 時をかける想い  第1話  *感想*
リテイク 時をかける想い  第2話  *感想*
コメント

コピーフェイス  第5話  *感想*

2016-12-23 | 秋ドラマ(2016)感想
前回、洋人(玉置玲央)が芙由子の正体に気付いたと思ったら、
今回は、親友のちひろ(前田亜季)が気付いてしまうのねぇ。
皆さま勘が鋭くていらっしゃるわぁ。

そして、最後には和花(栗山千明)が全てを告白するという展開の早さ。
このドラマのサクサクっぷりはいいね。
3話以外はサクサクサックリ進んでいってる印象だわ。

いやあ、、それにしても、、
柊二(佐藤隆太)ったら可哀想になってくるわ。
弟からは陰で散々バカにされ、
妻への愛情が再び芽生え始めたと思ったら裏切られ、
両親との間には何やら問題を抱え、、
なんか、ホント、気の毒になってくるわ。
家族のことを大切に考えていることが窺えるだけにねぇ、、
余計に同情してしまうわねぇ。
柊二さんは最終回で幸せを手にできるのかしら。
気になる。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

コピーフェイス  第1話  *感想*
コピーフェイス  第2話  *感想*
コピーフェイス  第3話  *感想*
コピーフェイス  第4話  *感想*
コメント

コピーフェイス  第4話  *感想*

2016-12-23 | 秋ドラマ(2016)感想
いやぁ、、
まさか気付くとは思わなかったわ。
しかも、あんなコトで気付いてしまうとは、、、。

「芙由ちゃんなんて呼んだことなかった。」
などと、したり顔で洋人(玉置玲央)が呟いてたけどさ、、
あの時の和花(栗山千明)はどうとでも解釈できそうな曖昧な表情をしてたと思うんだけどなぁ。
よくアレで気付いたもんだわ。

まあ、手術したのは洋人自身だしね、、
別人と取り違えてもおかしくない状況であったコトを分かっているからこそ、
あのような考えに至り易かったということなのだろうが。

なんにせよ、状況は面白くなってきたよね。
和花と洋人でどんな駆け引きが繰り広げられるのか、チョッと楽しみ。

柊二(佐藤隆太)と和花の関係のほうは切なさが増してきたわぁ。
柊二ったら、予想以上にいい人だったし、
柊二の和花への愛情は高まりまくりだし、
和花のほうは柊二を思いつつも、真実を暴くために躍起になってるし、
なんか、イロイロとジレンマ。
く~っっ切ない。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

コピーフェイス  第1話  *感想*
コピーフェイス  第2話  *感想*
コピーフェイス  第3話  *感想*
コメント