Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

マチ工場のオンナ 第3話  *感想*

2017-12-31 | 秋ドラマ(2017)感想
* 「昨日の友は今日の敵」 *  番組HP

ん?

勝俣(竹中直人)って、あんなんだったっけ?

前回までは、こんなに頑固で分からず屋だとは思わなかったんだけどなぁ。
ソコに好感を持ってたんだけどなぁ。

打って変わって、今回は、
キャラ変?と思いたくなるほどの頑固っぷり。
ああ、、嫌だ、嫌だ、、あの感じ。
竹中直人さんが演じる分からず屋って、
可愛げが感じられなくって苦手なのよ。
迫力がありすぎるっていうか、、さ、、、。


何なんだろうねぇ、、あの子供じみた拗ねっぷり。
気に入らないコトや、不満なことが積み重なったのは分かるケド、
いい年をした男の、あの感じ、、嫌いなんだよなぁ。
光(内山理名)がキレてしまった気持ちが分かるわ。
光に同情しかないわ。


最後には、
純三(柳沢慎吾)は光に歩み寄る姿勢を見せた様子だけど、
勝俣のわだかまりは強そうだねぇ。
どうなるか。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

マチ工場のオンナ 第1話  *感想*
マチ工場のオンナ 第2話  *感想*
コメント

ドラマ 「精霊の守り人 最終章」 第3話  *感想*

2017-12-30 | 秋ドラマ(2017)感想
* 「ルイシャ贈り」 *

「山の神」のコトが分かってきた~っ。
いや、正確には、
ルイシャ贈りの儀式のコトが分かってきたと言うべきか。
「山の神」については、相変わらず、よく分かんないもん。


山の王にも守り人がいて、ヒョウル・闇の守り人と呼ばれていること、、
「王の槍」はヒョウルと戦わなければならないこと、、
戦いは「槍舞」で行われること、、
ジグロは16歳の時に槍舞でヒョウルに勝ち、王の槍の中で最も強い者であったこと、、
ルイシャ贈りの儀式はそれ以降、一度も行われていないこと、、
などなど、、
分かってきたコトが結構あって、
新たな情報を得られた満足感があったわ。

このドラマって、
こういうトコロが面白いんだよねぇ。
未知の文化や風俗に触れる面白さがあると思うわ。


そうそう、、
バルサ(綾瀬はるか)が見た、ジグロ(吉川晃司)とカグロ(渡辺いっけい)の戦いが、
まるで舞をまっているようだったというのは、
ジグロがカグロに儀式で必要な槍舞を伝授していたってコトだったのね。

実は、私、あの二人の舞のシーン、あんまり魅力的に思えてなくて、、
なんかカッコ悪いなぁ、、アレ、、、
などと思ってたんだけど、、
そうか、、そんなに大事なもんだったのか、、、、、。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 精霊の守り人 第4話(最終回)  *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第1話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第2話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第3話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第4話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第5話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第6話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第7話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第8話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第9話(最終回) *感想*

ドラマ 「精霊の守り人 最終章」 第1話  *感想*
ドラマ 「精霊の守り人 最終章」 第2話  *感想*
コメント

プレミアムドラマ 男の操  第2話  *感想*

2017-12-29 | 秋ドラマ(2017)感想
初回と比べると面白味は減った気がする。
ストーリーに動きがあまり見られなかったからかなぁ。

でも、
初回はボヤ~っとしていた万田(川栄李奈)の背景がハッキリしてきたり、
万田と五木みさお(浜野謙太)が親しくなっていく過程を見守る楽しみはあったよ。


健康センターでのみさおのステージで、
あわれ(粟野咲莉)と万田がみさおを応援する姿が印象的。
応援する人が一人から二人へ、、
なんか、一気に心強くなった気がしたわ。


そうそう、、
ふらつきながら、重そうな買い物袋を提げてあるくあわれが健気だったわ。
あれは、ズルいぞ。(褒めてる)


 チラリと共感していただけましたならい、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

プレミアムドラマ 男の操  第1話  *感想*
コメント

プレミアムドラマ 男の操  第1話  *感想*

2017-12-28 | 秋ドラマ(2017)感想
初っ端からドラマの世界にすんなり入り込めたよ。

「精霊の守り人(最終章)」、「マチ工場のオンナ」、そしてこのドラマと、
録画していたものを消化中。

「精霊・・」と「マチ工場・・」の1話で感じられた、
プロローグ的印象や、
引きが弱い印象と比べると、
「男の操」は初回から掴みが上手いなあ、、などと思ったよ。

初回からキャラクターそれぞれに個性や存在感が見られることと、
初回からテンポ良くストーリーが展開されていくから、、かなぁ。
そこに好感を持ったよ。
ドラマの世界にさっと連れて行ってもらった快感を味わった初回だったわ。


いやぁ、、
それにしても、あざといぞ。

売れない演歌歌手と幼い娘という組み合わせに、
娘の母親が亡くなってしまっているという設定、、
しっかり者の娘が父を応援し、亡き妻もビデオ映像で支えているという状況、、
く~っっ、、あざとい。



 チラリと共感していただけましたならい、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村
コメント

マチ工場のオンナ 第2話  *感想*

2017-12-27 | 秋ドラマ(2017)感想
* 「もみくちゃ主婦社長」 *  番組HP


ん?

「会社は私がやるから!」って言ってたじゃ~んっ。

何だったんだ、、、前回の最後の光(内山理名)の言葉は、、、。


などと、
光の場当たり的な発言に戸惑ったものの、

いざ、社長になると覚悟を決めた途端、
光がスゴイ実行力を見せていて驚いたわ。

いやあ、、
リストラ、やるんだねぇ。
わたし、コレ、やらない方向で行くのかと思っていたよ。

都合よく、打開策が見つかるのかな、、だとか、、
運転手の三枝(苅谷俊介)が自ら退社を申し出る流れはあるかもな、、などと、、
てっきり、もっとお気楽展開になるのかと思っていたんだよねぇ。

社長になって最初の決断がリストラというのは、何ともシビアな展開だわ。
それが良かったよ。
光の覚悟が感じられるし、
ドラマ制作陣の意気込みにも触れた気がしたし、
好感度、上がったわ。

光が従業員にリストラを切り出すシーンでは、不覚にも涙。
三枝を前に光が号泣するクダリでは、さらに涙。
いいねぇ、、内山理名さん。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

マチ工場のオンナ 第1話  *感想*

コメント

マチ工場のオンナ 第1話  *感想*

2017-12-26 | 秋ドラマ(2017)感想
番組HP

録り溜めていたものにやっと着手。


プロローグだねぇ。
正直、さして書いておきたい感想はない。


「会社は私がやるから!」

こう宣言した光(内山理名)が、
これからどんな困難と立ち向かうことになっていくのか、、
次回以降を視聴しないと何とも言えない状態だわ。


泰造(舘ひろし)と光の回想シーンが効いていたねぇ。
駆け足ではあるけれど、
父娘の間どんな想いがあったのか、
どのような気持ちの行き違いがあったのかが、
分かり易く描かれていたようには思ったよ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村


コメント

ドラマ 「精霊の守り人 最終章」 第2話  *感想*

2017-12-25 | 秋ドラマ(2017)感想
* 「カンバルの闇」 *

面白かったわぁ。
初回とは打って変わっての面白さに高まる。

しかし、、
ここにきて、がっつりジグロ(吉川晃司)の過去を描いてくるのか。

コレがさ、、
なんか、とても、新鮮に感じられたんだよなぁ。

ジグロと、バルサ(綾瀬はるか)の父・カルナ(上地雄輔)と、ログサム(中村獅童)の因縁や、
ジグロや兄・カグロ(渡辺いっけい)ら、ムサ氏族の不遇、、
ジグロが幼いバルサを引き取り、カンバル王国を後にした経緯、、
などなど、、
盛りだくさんで、良かったわ。
じっくりと、物語を見せてもらえた満足感があったわ。

それにしても、、
山の神って何なんだ~っ。



共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 精霊の守り人 第4話(最終回)  *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第1話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第2話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第3話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第4話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第5話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第6話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第7話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第8話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第9話(最終回) *感想*

ドラマ 「精霊の守り人 最終章」 第1話  *感想*
コメント

<ドラマ>コウノドリ 第11話(最終回)  *感想* 

2017-12-23 | 秋ドラマ(2017)感想
番組HP

「オランダにようこそ」
この詩、初めて知ったわ。

いい詩だねぇ。
比喩表現が面白いし、
分かり易いし、
心に訴えかけてくるものがあるし、、
思わず泣いてしまったわ。

詩の素晴らしさに心動かされて泣いて、
詞を朗読する高山透子(初音映莉子)の心情に触れてまた泣く、、
短時間で二度も泣かされちゃったよ。


前回に引き続き、
高山透子と光弘(石田卓也)の想いや感情と、
それを支え、見守るペルソナスタッフの様子がじっくりと描かれていて、
見応えがあったなぁ。
最終回に、こういうものを、しっかりと見せてくれるというのがいいねぇ。



武田(須藤理彩)のエピソードのほうは、
医療ものの最終回っぽい、ドラマチックな盛り上がりを描いていた印象。

高山透子のエピソードをじっくりと扱ってからの、コレ、、
というのが良かったわ。
武田のエピソードだけだったら、
正直、そこまで引き込まれなかったように思うもの。

あの展開は予想していなかったので、
とてもショッキングだったし、、
目を覚ます武田の様子に涙ぐむ小松(吉田羊)にもらい泣きしちゃったし、、
もちろん、
このエピソードも興味深く視聴してはいるんだけどね。


去る者がいれば、
来る者がいる、、
そして、そこに止まる者もいる、、
そんな最終回だったねぇ。
いい最終回だったよ。



「邪魔はするなよ、ジュニアくん。」 by四宮(星野源)
「体当たりで学ばせてもらいます。ジュニア先輩」 by赤西( 宮沢氷魚)

この会話の最後に見せた、四宮の笑顔に見事やられる。

ああ、、、
吾郎よ、、
グッジョブだったぞ~っ。


 チラリと共感していただけましたならい、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「コウノドリ」  第10話(最終回)(2015年放送)  *感想*
<ドラマ>コウノドリ 第1話  *感想* 
<ドラマ>コウノドリ 第2話  *感想* 
<ドラマ>コウノドリ 第3話  *感想* 
<ドラマ>コウノドリ 第4話  *感想* 
<ドラマ>コウノドリ 第5話  *感想* 
<ドラマ>コウノドリ 第6話  *感想* 
<ドラマ>コウノドリ 第7話  *感想* 
<ドラマ>コウノドリ 第8話  *感想* 
<ドラマ>コウノドリ 第9話  *感想* 
<ドラマ>コウノドリ 第10話  *感想* 
コメント (4)

ドラマ 「精霊の守り人 最終章」 第1話  *感想*

2017-12-23 | 秋ドラマ(2017)感想
* 「バルサ、故郷へ」 *

(秋ドラマが落ち着いたので、録画していたものを少しずつ消化中。)


一話まるまるプロローグ、、、そんな印象。

1シーズンの時は、原作の世界がどのように映像化されているのか確かめていく楽しさがあったし、
(1シーズンの原作は読んでいた。)
2シーズンの時は、初回から既に1シーズンを超える面白さがあったように記憶しているのだけど、
この、3シーズンの初回は、そこまで面白味を感じることができなかったよ。


何でだろうなぁ。
バルサ(綾瀬はるか)とチャグム(板垣瑞生)が敵と戦う様子やら、
バルサとカーム(降谷建志)の対決やら、
アクションシーンは沢山盛り込まれてはいたものの、
ストーリー展開は遅く感じられたことが理由かしら。


バルサとジグロ(吉川晃司)の過去や、
ジグロとカグロ(渡辺いっけい)の関係や、
ジグロの一族のことを描くことに時間が多く割かれていたからね、、
そんなトコロがプロローグ的な印象となったのかもしれないわねぇ。


感想を書くの、止めちゃおっかなぁ、、
などと思うほど、高まらない初回だったのだが、
次ももちろん観る。

っつうか、「山の王」って何なんだ~。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 精霊の守り人 第4話(最終回)  *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第1話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第2話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第3話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第4話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第5話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第6話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第7話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第8話 *感想*
大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」 第9話(最終回) *感想*
コメント

<ドラマ>アシガール 第12話(最終回)  *感想*

2017-12-22 | 秋ドラマ(2017)感想
*  「若君といつまでも!」 * 番組HP

終わっちゃったわぁ。
いい雰囲気で終わったなぁ。

かなり緩~いドラマだったとは思うのだけど、
その緩さが心地いいドラマだったわ。

最後まで、
唯(黒島結菜)の魅力を楽しむドラマだったなぁ。
ホント可愛かったわ、、唯。


若君(健太郎)の命を守り抜くこと、、
唯の生きる目的が、終始変わらなかったことが印象的。

最後まで、自分の目指すところが変わることがない、、
その揺るぎのなさが、観ていて気持ちが良かったよ。
単純で、真っ直ぐで、強くて、逞しい、、
唯の若君への想いは気持ちがいいわ。


二度と戦のない世を目指すのみだと誓う若君も頼もしくっていいし、
好感の持てる最終回だったよ。


 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いします♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

<ドラマ>アシガール 第1話  *感想*
<ドラマ>アシガール 第2話  *感想*
<ドラマ>アシガール 第3話  *感想*
<ドラマ>アシガール 第4話  *感想*
<ドラマ>アシガール 第5話  *感想*
<ドラマ>アシガール 第6話  *感想*
<ドラマ>アシガール 第7話  *感想*
<ドラマ>アシガール 第8話  *感想*
<ドラマ>アシガール 第9話  *感想*
<ドラマ>アシガール 第10話  *感想*
<ドラマ>アシガール 第11話  *感想*
コメント (2)