Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ぼんくら  第9話  *感想*

2014-12-31 | 秋ドラマ(2014)感想
* 「土の中で眠る女」 *

“土の中で眠る女”などというサブタイトルがついているというのに、、
平四郎(岸谷五朗)が確信をもって床下を掘り返したというのに、、
“土の中で眠る女”はついぞ現れなかったわねぇ。
葵さんはどこにいってしまったのかしら。
平四郎の推理というカタチで、コトの真相が明らかとなっていたけれど、
あの平四郎の推理は正しいというコトでいいのかしら。
う~ん、、まだスッキリとはしないわねぇ。

平四郎の推理の中で繰り広げられる、おふじ(遊井亮子)と葵(佐藤江梨子)の対立が面白い。
「女っていうのは、そういうもんに長けている。」
平四郎さんったら、さすがによく分かってらっしゃる。
一方的に葵に同情することのない平四郎の冷静さや視野の広さが素敵ね。
目配せひとつで、自分のほうが優位だと知らしめる葵の怖さも、良かったわぁ。
巫女から語られるおふじの異様さも迫力があって良かったし、
女たちの情念が印象的な話だったなぁ。

 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いします♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ぼんくら  第1話  *感想*
ぼんくら  第2話  *感想*
ぼんくら  第3話  *感想*
ぼんくら  第4話  *感想*
ぼんくら  第5話  *感想*
ぼんくら  第6話  *感想*
ぼんくら  第7話  *感想*
ぼんくら  第8話  *感想*
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

このミステリーがすごい!ベストセラー作家からの挑戦状  *感想*

2014-12-31 | SPドラマ 感想
 「ダイヤモンドダスト」

全体的な雰囲気はこの作品が一番好き。
奥脇巧(AKIRA)と明神和也(山本耕史)の関係性や二人が抱える想い、相手に対する感情は面白かった。
明神に存在感があるトコロも好み。
彼が何を思っているのか、何を考えているのか、、緊張感を持ちながら見守るコトができたよ。
、、、にしても、物凄~い上手いコトいった犯罪だよねぇ。
都合良すぎなんじゃ、、
何もかもが上手いコトいきすぎなんじゃ、、
などと突っ込むのは野暮というものか。


 「残されたセンリツ」

刑事の河原崎雄二が苦手。
どうも受け付けない。
一人だけ異様に目立ってしまうあの過剰さが無理。
事件の真相はそれなりに面白かったけれども、
全体的にそこまで惹きこまれるコトはなかったなぁ。


 「カシオペアのエンドロール」

加納警視に面白味を感じず、、、、。
スイーツ大好き、変わり者、やたらと個性的なキャラとして、
なんとか確立させようとする努力は感じるものの、魅力を感じるコトはできなかったよ。
なんか、二時間ドラマチックな雰囲気だったわねぇ。


  「黒いパンテル」

冒頭のエピソードとタイトルバックに高まる。
こりゃあオモロイもんを見せてくれるのでは、、、
奇怪なストーリーで楽しませてくれるのでは、、、などと、期待が高まる。
、、、、などと、初っ端から高まったんだけどねぇ、、、、。
高まったんだけれども、、急上昇しまくったアタシの期待を満足させてくれるほどではなかったよ。
もっとオモロイ話だと思ってただけに、肩透かし感がかなり強い。
エンディングの雰囲気も良かったんだけどねぇ、、、、、。


 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ぼんくら  第8話  *感想*

2014-12-30 | 秋ドラマ(2014)感想
* 「飛べ!官九郎」 *

おくめの汗疹には嫌な意味合いが込められていたのねぇ。
おくめが汗疹に困っていることを何度も見せてくるなあ、、とは思ったものの、
まさか病気によるものだとは思わなかったよ。
このドラマって、まったり、のんびり、ストーリーが展開されていくため、
あまり注意深く観ていないというか、、
まったりな展開をぼやや~んと楽しむ視聴態勢をとってしまうというか、、
そんなこんなで、お徳の一件に続き、おくめの一件も見抜けなかったのよ。
(見抜けなかったコトに対する単なる言い訳。)

権吉とみすず(山田朝華)が泣き出してしまうクダリだとか、
佐吉(風間俊介)をからかう平四郎(岸谷五朗)だとか、
お徳(松坂慶子)が見た夢の話を聞く平四郎の様子だとか、、
イロイロとユーモラスな雰囲気が漂う回だったなぁ、、といった印象。
事件のカラクリについては、相変わらずボンヤリとしか掴めてないなぁ。

 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いします♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ぼんくら  第1話  *感想*
ぼんくら  第2話  *感想*
ぼんくら  第3話  *感想*
ぼんくら  第4話  *感想*
ぼんくら  第5話  *感想*
ぼんくら  第6話  *感想*
ぼんくら  第7話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぼんくら  第7話  *感想*

2014-12-29 | 秋ドラマ(2014)感想
* 「仕組まれた出奔」 *

湊屋の企てに お徳(松坂慶子)まで利用されていたとは思わなかったなぁ。
人の良さそうなお徳の佐吉(風間俊介)への態度には違和感を感じてはいたのだが、
単に、好き嫌いがハッキリしていて、
気に食わない相手にはつれない性格なのかと思っていたよ。
鉄瓶長屋の心であるお得を手玉に取る湊屋の企み、、。
話が大きく動き出して、面白くなってきたわねぇ。
そんなアタシの気持ちとは反対に
「面白くねえなぁ。」と、不満を口にする平四郎(岸谷五朗)。
真相を解き明かすべく、活躍してくれそうねぇ。


 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いします♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ぼんくら  第1話  *感想*
ぼんくら  第2話  *感想*
ぼんくら  第3話  *感想*
ぼんくら  第4話  *感想*
ぼんくら  第5話  *感想*
ぼんくら  第6話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぼんくら  第6話  *感想*

2014-12-28 | 秋ドラマ(2014)感想
* 「過去から迫る闇」 *

録画したまんま、ずっとほったらかしにしていたものを、少しずつ消化中。

雨の鉄瓶長屋も風情があっていいわねぇ。
久しぶりに触れる鉄瓶長屋の風景や、長屋に住む人たちの暮らしぶりを楽しんだよ。

新たに みすず(山田朝華)なる人物が登場。
佐吉(風間俊介)の母親・葵に似ているというみすず、、
葵についての良からぬことを吹き込まれて育ってきた佐吉、、
佐吉の身の上には何やら隠されているコトがありそうねぇ。

 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いします♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ぼんくら  第1話  *感想*
ぼんくら  第2話  *感想*
ぼんくら  第3話  *感想*
ぼんくら  第4話  *感想*
ぼんくら  第5話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4夜連続ドラマスペシャル・恋の合宿免許  *感想*

2014-12-27 | 秋ドラマ(2014)感想
可愛いような、、、ウザいような、、、
ウザいような、、可愛いような、、
そんな玲奈(清水富美加)を、ひたすら楽しむドラマといった印象。

ストーリーのほうは、面白いような、、面白くないような、、
面白くないような、、面白いような、、、
そんな何とも言えない微妙な感じ。

コント赤信号のネタやら、デカメロン伝説やら、ラジオ体操第二やら、スクワットやら、、、
正直サッパリ面白いとは思えないもんを延々と見せられる2話のグダグダ感に萎えそうになったのだが、
(ボイスチェンジャーを使った玲奈は何を喋ってるんだか、よく分からんし)
3話・4話は意外に面白く感じられたし、
なんだか、最後には上手いコトまとまったもんを見せてもらえたし、
まあ、それなりに楽しめたよ。

山崎(八十田勇一)の息子の手紙のクダリ、、
玲奈の妄想、、
山崎と林俊子(氏家恵)の不倫写真、、
照屋弦(中島広稀)と永野ひかる(矢野聖人)が互いに牽制しあう様子、、などなど
4話が一番面白かったわねぇ。

 最後まで読んでくださって、ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーストクラス  第10話(最終回)  *感想*

2014-12-26 | 秋ドラマ(2014)感想
* 「悪女たちのXマス!王子と涙の再会そして熱いキスの爆弾低気圧サヨナラ」 *

最終回だというのに、心の声やら、指でピストル作ってバーンやら、、
さっぶいネタに絡ませられる間宮(青柳翔)が気の毒だ。
ネタが許されるキャラと、ネタをやったらダメなキャラがあると思うんだけどなぁ。

ショーのクダリに見られる都合が良くって、安っぽい展開や、
その後の、これまた都合が良くって、安易な流れなどは、
もはや突っ込む気にもなれないのでスルーするとして、
少なくとも、8話のウエディングドレスのお披露目会とは異なり、
ストーリー的に意味のあるファッションショーとなっていたのは良かったよ。

ラストエピソードは思いがけないものだったなぁ。
ちなみ(沢尻エリカ)と共に行動をすることになる人物に驚かされたよ。
ナルホド~、タツコヤノを支えて、タツコヤノブランドの発展に大きく携わってきた人物が、
今度はちなみを支え、共に仕事をしていくコトになるワケなのねぇ。
似たような展開がループしているだけのように感じられるストーリーのなか
このラストの展開だけは、意外性があって面白かったよ。
あそこから、ちなみがどんなふうにのし上がっていくのか、チョッと観てみたい、、
などと、血迷った思いまで浮かんじゃったよ。
そうそう、樹(中丸雄一)とのキスシーンは、このラストシーンのような雰囲気のちなみで見たかったなぁ。
(タツコヤノでお仕事しているちなみの派手さと樹では、相性が良くは見えない気が、、、。)

 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとしていただけると嬉しいです  
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ファーストクラス  第1話  *感想*
ファーストクラス  第2話  *感想*
ファーストクラス  第3話  *感想*
ファーストクラス  第4話  *感想*
ファーストクラス  第5話  *感想*
ファーストクラス  第6話  *感想*
ファーストクラス  第7話  *感想*
ファーストクラス  第8話  *感想*
ファーストクラス  第9話  *感想*
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

女はそれを許さない  第10話(最終回)  *感想*

2014-12-24 | 秋ドラマ(2014)感想
* 「最後の対決!子を失った親達の救いとは」 *

麗(深田恭子)が喧嘩をふっかけて、
その喧嘩に凛香(寺島しのぶ)が乗っかる、、、
というクダリからのラストの流れが好き。
良かったなぁ、、あのまとめ方。
あえて喧嘩をふっかける麗と、あえて喧嘩に乗っかる凛香の様子からは二人の想いが伝わってくるし、 
その後の二人の対決も含めて、二人の間に築かれた関係性が窺えるし、面白かった。
凛香は忠守法律事務所に残るのではないかと思っていたので、あの流れはチョッと意外だったのだが、
凛香の魅力が引き立つのは、やっぱりあの場所なのだろうなぁ、、とは思えるわね。

案件のほうも、面白い内容となっていて、満足感があったよ。
あの事故の裏には何かあるのだろう、、何かが隠されているのだろう、、というコトは分かっちゃいたが、
予想以上にデカいもんが隠されていたなぁ。
人を信じぬこうと決意を新たにする麗や
運転手の平田を信じぬこうとする忠守(上川隆也)の姿勢、、
事故に隠されていた平田と健太のエピソードや、健太の母親への想い、、
“半沢直樹”さながらの痛快劇、、などなど、イロイロと魅力的で、
今までの回の中では、9話・10話のストーリーが一番面白かった気がするよ。

全体的に、そこまで惹かれないというか、、
そこまで面白くはないというか、、
そんな、チョッと残念な想いを抱きたくなるドラマといった印象があったのだが、
このような最終回を見せてもらえると、続編を観たくなってくるわねぇ。
その際は、是非とも、最終回で感じられたくらいのキリリとした雰囲気で麗を描いていただきたい。

 最後まで読んでくださって、ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

女はそれを許さない  第1話  *感想*
女はそれを許さない  第2話  *感想*
女はそれを許さない  第3話  *感想*
女はそれを許さない  第4話  *感想*
女はそれを許さない  第5話  *感想*
女はそれを許さない  第6話  *感想*
女はそれを許さない  第7話  *感想*
女はそれを許さない  第8話  *感想*
女はそれを許さない  第9話  *感想*
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ファーストクラス  第9話  *感想*

2014-12-23 | 秋ドラマ(2014)感想
* 「シンデレラの魔法が解ける夜」 *

前回がかなりつまらなく感じられてしまって、
このドラマには全く期待が持てなくなっていたのだが、、
意外にも、今回は楽しめたよ。

このドラマって、どうしてこうも、内容が安定してないんだろうねぇ。
所詮は深夜枠だったから通用したドラマなんだよね、、
この枠でやっていくには、やはり無理があったよね、、
何で、こうも面白くないんだろうね、、
もはや破綻しちゃってるよね、、
もう観なくってもいいかな、、、などなど、
先週の内容には不満しかなかったのだが、
今回くらい楽しませてくれると、最終回も観てみよっかな~ってな気持ちにもなる。

レミ絵(菜々緒)のマシンガントークが素晴らしい。
テンポの良さや切れ味、意地の悪さや気の強さ、、などなど、やっぱり、この人はひと味違う。
“超絶頑張るガール”でも、“私、失敗しませんからレディ”でもない、ちなみ(沢尻エリカ)を叱咤激励するレミ絵や
自分の立ち位置が分からなくなっちゃって、キャラが混乱してしまうレミ絵も良かった。
この期に及んで新キャラ投入、ネタ投入、視聴者のご機嫌をとってきたか、、と、嫌~な気持ちになったものの、
ロミ男(ミッツ・マングローブ)を交えた川島三姉妹の会話は、なんやかんやと楽しんじゃったしね。

前作のキャラクターたちの絡め方も気持ちが高まるものとなっていたし、
一人じゃないのだ、、仲間がいるのだ、、と気付いたちなみが、
最後にどんな奮闘を見せてくれるのか、最終回が少しだけ楽しみになってきた。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとしていただけると嬉しいです  
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ファーストクラス  第1話  *感想*
ファーストクラス  第2話  *感想*
ファーストクラス  第3話  *感想*
ファーストクラス  第4話  *感想*
ファーストクラス  第5話  *感想*
ファーストクラス  第6話  *感想*
ファーストクラス  第7話  *感想*
ファーストクラス  第8話  *感想*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごめんね青春! 第10話(最終回)  *感想*

2014-12-22 | 秋ドラマ(2014)感想
* 「忘れない!青春ほど楽しい授業はなかった!」 *

村井(小関裕太)らによる青春カフェ、、
男子たちによる神輿、、
遠藤(富山えり子)と豪徳寺教頭(緋田康人)による高校生クイズ
フランケン半田(鈴木貴之)、、
相撲ミュージカルとクイズを掛け持ちする遠藤、、
強烈な寒波をもたらす海老沢(重岡大毅)、、などなど
文化祭の賑やかさが伝わってくる最終回。
生徒も先生も、、みんな楽しそうで、高揚感が伝わってきて、良かったわぁ。

文化祭のワチャワチャ感でもって、最後までドタバタと描き切った印象が強く、
私の中で膨らみまくった最終回への期待は満たされなかった思いもあるのだが、
ゴチャゴチャっと慌ただしく駆け抜けていく感じは、このドラマらしいとは言えるか~。
大きな動きのあった9話から最終回へと、休むことなく観てみたかったという思いも強いのだが、
コレばかりは嘆いても仕方のないコトよねぇ。
まあ、今回は今回で、十分楽しんだんだからいいんだけどねぇ。

“神様からレンタルしている貴重な時間”に、いつまでもしがみついている平助(錦戸亮)が、、
“高い延滞料金”を払わされた平助が、、やっと青春を卒業する、、
という展開は、思いがけなくって面白かったなぁ。
なるほど~、こうやってまとめるつもりだったのかぁ、、と、納得させられたよ。

14年もの間、ズルズルと、モヤモヤと、青春を引きずってきた平助の成長物語だったり、
“信じてやることのできなかった父親”と、“疑うことができなかった父親”のエピソードだったり、、
人を許すことや、受け入れることだったり、、
ドタバタとした軽~いストーリーの中に、チョコチョコっと重たいもんを紛れ込ませているアタリも面白かったよ。

思いがけないといえば、平助が新たに進んだ道も予想外。
初代の美声や胡散臭さには敵わないなぁ、、とは思いつつも、
あれだけの魅力的な授業を繰り広げてきた平助だもの、、
初代を上回るナイスなアドバイスでもって、リスナーのハートを癒してくれそうだよねぇ。 

共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ごめんね青春! 第1話  *感想*
ごめんね青春! 第2話  *感想*
ごめんね青春! 第3話  *感想*
ごめんね青春! 第4話  *感想*
ごめんね青春! 第5話  *感想*
ごめんね青春! 第6話  *感想*
ごめんね青春! 第7話  *感想*
ごめんね青春! 第8話  *感想*
ごめんね青春! 第9話  *感想*
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加