Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

悪夢ちゃん  第3話   *感想*

2012-10-28 | 秋ドラマ(2012) 感想
* 「クリー夢」 *

今までよりも学園ドラマっぽさを感じる第3話。
生徒の家庭の描写に重点を置いていたストーリーが2話続いたこともあるし
彩未(北川景子)が受け持つクラスの様子がじっくり描かれた今回のストーリーは新鮮っちゃあ新鮮だけど
前の2話ほどには惹かれなかったなぁ。
正直 子供達ひとりひとりにあまり魅力を感じないというか・・
彩未のクラスに対して まだ愛着が沸いていないというか・・ 
子供達やクラスが魅力的に見えるような描写で 今まで見せてもらってないというか・・
そんなこんなで いろんな意味で幼い子供達がワ~キャ~いう様子を延々と見せられても あまり楽しめない。
もちろん ちびっ子視聴者たちには チョッと怖くって でも面白い~と感じるような 内容だったとは思うのだけど。
でも こんな子供向けストーリーだけでは終わらないのが このドラマの面白いトコロよねぇ。
ラストの展開にゃあ ホント驚いちゃったわぁ。 
予測のつかない展開で見せてくるこのドラマ・・ やはり侮れない~っ。
嘘と本当がクリームのように溶け合っているのが人間・・ 面白い表現で訴えてきた~っっ。
上手いコトその場をとりなした彩未を見て てっきり それで一件落着・・すんなり終わるのだと思っていたのに  
その後には 「空気を読んで笑うな!」 と 彩未の一喝が続くんだもの・・驚いちゃったわぁ。
この一喝も かなりインパクトがあって面白かったし 彩未の教師としての資質を感じさせるトコロもいいし
今後 彩未は担任として どのようにクラスの運営にあたっていくことになるのか 楽しみになってきたわぁ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただけるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

悪夢ちゃん  第1話   *感想*
悪夢ちゃん  第2話   *感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大奥 ~誕生~[有功・家光篇... | トップ | 高校入試  第4話  *感想* »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リプル)
2012-10-28 12:41:38
1、2話と同じくクラス内のトラブルから話が始まるのだけれど
前回のような教室から学校外へと続くサブストーリーがほとんど無いために
校内限定の閉鎖的な展開となっているのが少々残念。それが“学園ドラマっぽさ”に繋がっているのかも。
まだまだ古藤結衣子(木村真那月)の話で引っ張れると思うのですが。
古藤万之介(小日向文世)の本心をまだ詳しく明かせないのは分かるけれど普通の学園ものに見せない工夫も欲しい。

>子供達やクラスが魅力的に見えるような描写で 今まで見せてもらってないというか・・
とうめい人間の説明だけに使われたと思われる“鉄棒の女の子グループによるいじめ”の背景も全く見えないし
クラスにまだ潜んでると思われる数々の闇の表現も抑え目(意図的?)なので、そういう点も弱く薄く感じる要因かな。

彩未のキャラは初回から安定しています というか、イイ意味でだんだん地が見えてきました。
最後に顔に手をかざした後の表情の微妙な変化とカミングアウトはちょっと新鮮でした。
シャワー後とベッドから起きた時の北川景子さんは目元メイクが薄くなっていたような。これもちょっと新鮮。
ま、そのスッピン自体もメイクの可能性もある訳ですが。(笑)
リプル さま (Lee)
2012-10-28 17:09:20
コメントありがとうございます♪

「女王の教室」 だとか 「ハガネの女」 といった 小学校が舞台のドラマで描かれていた子供達と比べると
やや物足りなさを感じるというか・・ 魅力に欠けるというか・・ そんなトコロが残念でした。
まあ まだ3回ですからねぇ・・ 今後に期待したいです。  
スッピンメイク・・ 私もじっくりと見ちゃいました。
全くのスッピンではないようにも思いますが アイメイクは全くしてないのかな?
色んな表情を見せてくれる彩未は 見ていて楽しめます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL