Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

リーガルVー元弁護士・小鳥遊翔子ー 第5話  *感想*

2018-11-16 | 秋ドラマ(2018)感想
「行列のできる法律相談所」のオチはワリと好き。

痛快さや、皮肉さをそれなりに感じられたし、
相変わらずの強欲っぷりも感じられたしね。

メインストーリーのほうは、
情報を集めるために動き回る、
小鳥遊(米倉涼子)や青島(林遣都)の様子を楽しみながら観はしたものの、
あんまり面白く感じられなかったのだけれども。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

リーガルVー元弁護士・小鳥遊翔子ー 第1話  *感想*
リーガルVー元弁護士・小鳥遊翔子ー 第2話  *感想*
リーガルVー元弁護士・小鳥遊翔子ー 第3話  *感想*
リーガルVー元弁護士・小鳥遊翔子ー 第4話  *感想*
コメント

獣になれない私たち 第6話  *感想*

2018-11-15 | 秋ドラマ(2018)感想
そうか~
恒星(松田龍平)はそうだったのか~
などと、
私が思っていた以上に恒星の想いが強いことにチョッと驚く。


橘カイジが気になって仕方がなかったり、
呉羽(菊地凛子)のことについて探りをいれたり、
知らなかった呉羽の想いに動揺を見せたり、
そんな、
恒星の挙動が新鮮に感じられたわ。

恒星はさ、、
表情が乏しいしさ、、
シニカルな物言いをするしさ、、
感情をあまり表に出さないからさ、、
こういう内面の動きが外に出ちゃってる感じは新鮮でいいよね。


同じく何を考えているのやらサッパリ分かんなくて、
あのいかにも自由奔放な感じがテンプレすぎて、、
ちょっぴり鼻についていた呉羽の方も、
その想いや、抱えていたものが明かされたことで、
呉羽のことを少し理解できたような気がしたわ。


傍から見てると、
なんだかちょっと寂しくなっちゃうような関係だったなぁ、、
この二人。

もっと上手くいっていたかもしれないのに、、
もっと深い関係が築けていたかもしれないのに、、
そんな風に感じさせる虚しさがあるよなぁ。

まあ、、
傍から見ている分には、どうとでも言えるもんねぇ。
当事者にとってはそんなに簡単ではないことってあるもんねぇ。



朱里(黒木華)のパートは、朱里が動き出したことで新たな面白味があったわ。
相変わらず朱里は卑屈で、
相変わらず晶(新垣結衣)を嫌悪しているようだけれども。


 チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>

にほんブログ村

獣になれない私たち 第1話  *感想*
獣になれない私たち 第2話  *感想*
獣になれない私たち 第3話  *感想*
獣になれない私たち 第4話  *感想*
獣になれない私たち 第5話  *感想*
コメント (4)

<ドラマ>中学聖日記 第6話  *感想*

2018-11-15 | 秋ドラマ(2018)感想
人の失敗を許さない社会と
いま頑張ってる人を応援する社会、
どっちに子供たちを送り出したいか、
考えたら答えはひとつですよね。

という野上(渡辺大)の言葉が印象的。

さすが小学校の教師だけあって、
しっかりとした考えをお持ちなのねぇ。
子供たちを送り出す社会を見据えてるトコロに好感が持てるわ。

どっちに転ぶか分かんないキャラだなぁ、、
などと、野上については思っていたけど、
とりあえず、悪い人ではないということでいいのかね?



えらい真っ当で、
でも、とても難しい問題を提示してくるなぁ、、
などと思って観ていれば、
ラストにかけて、思いがけない低俗さを見せられ、チョッと驚く。

愛子(夏川結衣)に橘美和(村川 絵梨)、、2人もなのか?
ネタ感、もりもりだ。


そして、
勝太郎(町田啓太)と原口(吉田羊)はこれからも描いていくのか?
聖(有村架純)と別れた今となっては、
このパートの意義がよく分からんわ。
今後もこの二人は聖に何かしら絡んでくるのかしらね?



 チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>

にほんブログ村

<ドラマ>中学聖日記 第1話  *感想*
<ドラマ>中学聖日記 第2話  *感想*
<ドラマ>中学聖日記 第3話  *感想*
<ドラマ>中学聖日記 第4話  *感想*
<ドラマ>中学聖日記 第5話  *感想*
コメント (2)

僕らは奇跡でできている 第6話  *感想*

2018-11-14 | 秋ドラマ(2018)感想
一段と面白くなってきたなぁ。

2018秋ドラマ・私的好感度ランキングの上のほうに位置しているドラマなので、
今までも十分面白く視聴してきたのだけど、
この回は、さらに面白く感じられるようになった気がするわ。

分かり易くなったとも言えるのかもねぇ。
浮世離れした感じや、
捉えどころのない感じがあるドラマだからねぇ。
回を重ねるごとに、それは減ってきてはいたけれど、
その漠然とした感じが、
ここにきて一気に減ったように思ったわ。

これは、あれだよね。
一輝(高橋一生)が、「大きく広がった光の中」に、
他の人を入れようと試みるようになったからだよね。

一輝と周囲の人たちの関係性が深まっていくことで、
観ていてより安心感が得られるし、
より分かり易さを感じるし、
それが面白さへと繋がっているということなんだろうなぁ。
初回からずっと一輝を見守っている感、、、あるなぁ。
そこに面白さを感じるんだよなぁ。



一輝と育実(榮倉奈々)に焦点を当てて、
育美の変化の様を分かり易く描いていることも、
面白さの要因だよねぇ。

一輝と育実の掛け合いは楽しかったし、
一輝と育実の考え方の違いは興味深かったし、
育実が自分の想いを素直に語る様子も印象的だったわ。



共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

僕らは奇跡でできている 第1話  *感想*
僕らは奇跡でできている 第2話  *感想*
僕らは奇跡でできている 第3話  *感想*
僕らは奇跡でできている 第4話  *感想*
僕らは奇跡でできている 第5話  *感想*
コメント (2)

<ドラマ>昭和元禄落語心中 第5話  *感想*

2018-11-14 | 秋ドラマ(2018)感想
* 「決別」 *

はあ、、、、、。
面白かったわぁ、、、、、。


ラストシーン、、良かったなぁ。
涙がちょぴっと出ちゃったわ。

ストーリーは知ってるんだけどさ、、

「助六!とっとと起きやがれ!」と叫ぶ菊比古(岡田将生)がさ、、
助六への想いをダダ漏れにしちゃってるしさ、、

菊比古の声を聞いて慌てて飛び出してくる助六(山崎育三郎)がさ、、
もう、ホント、嬉しそうでさ、、

二人が抱き合う様子にさ、、
観ていてとても嬉しくなっちゃってさ、、

なんか、ジーンときちゃったんだよねぇ。
二人の結びつきの強さを強く感じさせたシーンに感動したわ。



チビ小夏(庄野凛)もいいんだよねぇ。
落語家たちの「業の深さ」を見せられてきているもんだからさ、、
どうにもならない感情に苦しむ登場人物たちの姿を見てきたもんだからさ、、
ちょっぴり気が滅入っていたところに、
あのチビ小夏の登場なんだもん。

逞しくって、生命力に満ち溢れていて、
父親のことを尊敬していて、
落語が大好きな小夏の姿に癒されたわ。


菊比古の「死神」は一段と魅力的になっているように思えたし、
七代目八雲(平田満)の「子別れ」も印象深いもんがあったし、
師匠が吐露した「豪の深さ」も、人間味があって良かったし、
見応えを感じた回だったわ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとしてくださると嬉しいです♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

<ドラマ>昭和元禄落語心中 第1話  *感想*
<ドラマ>昭和元禄落語心中 第2話  *感想*
<ドラマ>昭和元禄落語心中 第3話  *感想*
<ドラマ>昭和元禄落語心中 第4話  *感想*
コメント (2)

SUITS/スーツ 第6話  *感想*

2018-11-13 | 秋ドラマ(2018)感想
蟹江はどこまで行っても蟹江なんだねぇ。

蟹江(小手伸也)の利己主義的な感じや、
器がとっても小さい感じは分かっちゃいたけど、
今回、改めてそれを強烈に感じさせられたわ。


甲斐(織田裕二)と蟹江がチームを組んで案件に取り組むというのは楽しめたよ。
蟹江の蟹江感を強烈に感じる羽目になったけれども。

甲斐をライバル視し、
甲斐の上位に立ちたいがために、
自分勝手に動き回る蟹江、、ちっちゃすぎる。

お?少しは反省しているのか??
などと思いきや、ちっとも反省してない蟹江、、ちっちゃすぎる。

あら、なんだかいい感じのチームになってるんじゃないの?
などと思いきや、嫉妬心丸出しな蟹江、ちっちゃすぎるぞ~っ。


でも、蟹江はこうでなくっちゃ、、といった感じで終わったしね、
蟹江はコレでいいよね。



大輔(中島裕翔)がこの二人のチームに加わり、
よりチーム感を感じさせるエピソードも良かったわ。

どうせなら、
この3人のチーム感をもっと見せてくれりゃあいいものを、
砂里(今田美桜)や聖澤(新木優子)と大輔を絡ませるエピで尺を取ってくるこのドラマ、、
ああ、、月9。



大輔の経歴詐称問題はサクっと解決したねぇ。
この問題に突っ込むと、
あまりにもシリアスになり過ぎてしまうように思うし、
軽~いノリのこのドラマの雰囲気には合わないように思うので、
このサクサク感は好意的に受け止められたわ。


あと、、
華名(佐久間由衣)が、、
というのは、華名の特技から予想できたけれど、
それを大輔と甲斐が知らなかったというのは予想外だったわ。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

SUITS/スーツ 第1話  *感想*
SUITS/スーツ 第2話  *感想*
SUITS/スーツ 第3話  *感想*
SUITS/スーツ 第4話  *感想*
SUITS/スーツ 第5話  *感想*
コメント

<ドラマ>下町ロケット ーゴーストー 第5話  *感想*

2018-11-12 | 秋ドラマ(2018)感想
財前(吉川晃司)を交えて稲刈り体験をしたり、
会社の仲間に愛される殿村(立川談春)や、
ロケット開発チームに熱い想いを語る財前をじっくり見せてきたり、、

今回も人情風味たっぷりな印象。
ゴースト編の完結だもんね、、
この手のエピソードが大好きな制作陣なんだもん、、
そりゃあ、たっぷり、こってり、入れてくるよね。


こういうエピソードや描写が、
キャラクターに厚みを持たせたり、
ストーリーに深みを出したりするもんなのだというコトは、
なんとな~く分かっているつもりではあるのだけれど、

残念なことに、このドラマは、
そんな風に受け止めることができないんだよなぁ。
これは何故なのかしらねぇ。
このドラマに対してそんなに好感を持ってない、、
というコトなんだろうねぇ。




ギアゴーストの大きな変化についてはチョイと驚いたよ。
前回、重田(古舘伊知郎)が動いていたし、
ギアゴーストにも新たな動きがあるのだろうなと思ってはいたものの、
伊丹(尾上菊之助)と島津(イモトアヤコ)の動きは予想を上回るデカさなんだもん、
チョッとびっくりさせられちゃったわ。
どうなっていくのかしらねぇ。


好意的に受け止めていないトコロや、
抵抗を感じるトコロもあるものの、
ストーリーの行方はやっぱり気になる、、
そんなドラマなんだよなぁ、、これ。



 チラっと共感していただけましたなら、ポチっ。お願いします♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

ドラマ 「下町ロケット」  第10話(最終回)   *感想* (2015年放送)
<ドラマ>下町ロケット ーゴーストー 第1話  *感想*
<ドラマ>下町ロケット ーゴーストー 第2話  *感想*
<ドラマ>下町ロケット ーゴーストー 第3話  *感想*
<ドラマ>下町ロケット ーゴーストー 第4話  *感想*
コメント (4)

ドラマBiz「ハラスメントゲーム」 第4話  *感想*

2018-11-12 | 秋ドラマ(2018)感想
* 「女の出世vs男の嫉妬」 *

あっちもクズなら、こっちもクズ。
いや、こっちはクズ中のクズだったっけ。

ストーリーの複雑さは全く見られず、
そこに若干の物足りなさを感じるものの、
秋津(唐沢寿明)の裁断はチョッと新鮮。

貴島(黒谷友香)と岩熊義雄(山中崇)それぞれに叱咤する秋津の対応も良かったし、
その内容も納得できるものだったし、
モラハラ問題も解決したし、
思っていたよりも爽やかな後味。

嫌な人物を嫌な感じに演じる印象の強い山中崇さんがゲストだったこともあり、
もっと嫌な気持ちにさせられるのじゃないかと思っていたのよ。

しかし、、
驚くべき様変わりっぷりだったわねぇ、、あの部署の人たち。
岩熊には部下を掌握する力はあったというコトかしらねぇ。




脇田(高嶋政宏)から語られる裏切りの理由に、
秋津は迷いが消えた模様。

上に取り入るため、、
出世のため、、

それ以外に何の理由があるというのだ、、
などと、傍から見ている私は思ってしまったのだが、

仲間との絆を重んじる秋津にしてみたら、
はっきりと理由を訊くまでは、
そうは思いたくない気持ちが強かったということなのかしらねぇ。

貴島と岩熊の関係が修復したように、
この二人の関係修復も見られたりしないのかしらね。



共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

ドラマBiz「ハラスメントゲーム」 第1話  *感想*
ドラマBiz「ハラスメントゲーム」 第2話  *感想*
ドラマBiz「ハラスメントゲーム」 第3話  *感想*
コメント (4)

世にも奇妙な物語 2018秋の特別編 *感想*

2018-11-11 | スペシャルドラマ 感想

「脱出不可」        志倉真司…坂口健太郎  他

ありがちなサバイバルもの、、
といった印象は持ちつつも、それなりに興味を持って視聴。
真司が脱出不可な状況に陥ってしまった理由は面白味を感じたわ。

でも、ラストは面白くなかったなぁ。
もう少し、衝撃を味わってみたかったよ。



「あしたのあたし」     斉木香織…国仲涼子  小野寺修二…忍成修吾  加藤由佳…森田涼花  斉木拓也…渋谷謙人  他 

ドラマの予告、、というのが面白いよね。

思わせぶりに切り取られた予告やら、、
勘違いさせるように仕向けられた予告やら、、
「誰も想像つかない衝撃のラスト」という煽り文句やら、、

予告あるある、、に踊らさせる香織の様子を楽しんだよ。


「誰も想像つかない衝撃のラスト」にはそこまでの驚きはなかったものの、
その後の展開には唖然。

ワケ分からん展開キターと思って見ていれば、
「THE MOVIE」の文字。

コレには思わず吹き出しちゃったわ。
連ドラあるあるにトドメ刺されたわ。



「幽霊社員」     工藤良治…佐野史郎  里山秀平…勝地涼  他 

特にこれといって書いておきたいことはない。
つまらないとは思わなかったけれど、
取り立てて面白いと思うところもない。



「クリスマスの怪物」     小野寺奈央…川栄李奈  緒方良輔…本郷奏多  他 

初っ端に登場する怪しげな存在に目を引く。
奈央の幼馴染の身に起きた壮絶な出来事と、
真実をぼかして、幼馴染のことを緒方に語る奈央の様子にも引き込まれたわ。

後半で奈央が見せた悪態も、衝撃的で高まるものがあったのだけど、
その後の展開とオチには、さして面白味を感じず。

奈央の悪態に気持ちが高まり、
期待感も膨らんでいただけに、
なんだ、この程度か、、的な物足りなさがあったわ。



「マスマティックな夕暮れ」  凛子…玉城ティナ 
                     文哉…ジェシー(SixTONES)  一成…田中樹(SixTONES)  大知…松村北斗(SixTONES)  
                     宗徳…高地優吾(SixTONES)  隆…やべきょうすけ  郁子(隆の母)…山村紅葉  他

きっと駄作だろうな、、
などと思いきや、意外と楽しく視聴できたよ。

生き返った隆と、
生き返らせようと躍起になっていた仲間たちが、
何から何まで交わらなくなってしまっている様子は、
哀愁と滑稽さが混じり合っていてワリと好き。



 チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村



世にも奇妙な物語 秋の特別編(2009)*感想*
世にも奇妙な物語 20周年SP 春の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・秋~人気作家競演編~ *感想*
世にも奇妙な物語 ~21世紀21年目の特別編~ *感想*
世にも奇妙な物語 2011年秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2012年 春の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 '12 秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2013春の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2013秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2014春の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2014秋の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春 人気マンガ家競演編  *感想* 
世にも奇妙な物語 25周年!秋の2週連続SP~傑作復活編~  *感想*
世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP~映画監督編~  *感想*
世にも奇妙な物語 2016春の特別編  *感想*
世にも奇妙な物語 2016秋の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 2017春の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 2017秋の特別編 *感想*
世にも奇妙な物語 2018春の特別編 *感想*

コメント (2)

大恋愛ー僕を忘れる君と 第5話  *感想*

2018-11-11 | 秋ドラマ(2018)感想
印象的な言葉や、表情や、シーンや、エピソードが盛りだくさんの回だったわ。


木村(富澤たけし)による男心のアドバイス、、

娘を大切に思う薫(草刈民代)が真司(ムロツヨシ)に見せる対照的な表情、、

尚(戸田恵梨香)が自分に向けて撮った動画の衝撃的なメッセージ、、

小説の中で表現された真司の想いや感情、、

紳士的対応を見せる侑市(松岡昌宏)、、

結婚式の記念写真で大笑いする尚、、


などなど、、
尚と真司だけでなく、
様々なキャラクターの行動や言葉や表情が、
心に残るものとなっていて、
満足感がかなり高いわ。


行きつけの居酒屋でのお遊び演出もいいよねぇ。
前に描かれていた尚と真司によるアテレコ、、
それを引き継いでの店長とバイトの実会話、、
という展開はホント楽しかったし、
その後のバイトさん変化も面白かったわ。


 チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>

にほんブログ村

大恋愛ー僕を忘れる君と 第1話  *感想*
大恋愛ー僕を忘れる君と 第2話  *感想*
大恋愛ー僕を忘れる君と 第3話  *感想*
大恋愛ー僕を忘れる君と 第4話  *感想*
コメント (2)