Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

プレミアムドラマ 嫌な女  第5話  *感想*

2016-04-09 | 冬ドラマ(2016)感想
* 「嘘と打算の婚活」 *
番組HP

徹子(黒木瞳)ったら夏子(鈴木保奈美)のことが好きすぎるだろ~っっ。
このひと言に尽きる今回。

徹子が夏子や純子(石野真子)にぶつけた言葉の数々には、
夏子への好きが溢れちゃってたよねぇ。
夏子を好きな気持ちだとか、
夏子にしっかりしていてほしいと叱咤する気持ちだとか、
夏子を守りたい気持ちだとか、
徹子の夏子への想いがビシビシ伝わってきて、微笑ましく感じられたなぁ。

ゲストエピソードのほうは、今までの回と比べると薄さを感じてチョイと物足りない。
大久保(平泉成)・徹子・荻原(古谷一行)・坂口(勝村政信)らを、
バトンを渡す者と引き継ぐ者で重ねていたり、
男のプライドや意地で重ねていたりしてたけど、
チョッと分かりづらかったし、チョイと無理矢理な気もしちゃったよ。
まあ、徹子と夏子の関係は印象的だったしね、、
夏子が純子に一泡吹かせる最後の展開は楽しめたし、面白かったんだけどさ。

しかし、結婚詐欺のノウハウを生かして、婚活サークルを運営するっちゅうのは、さすがだよねぇ、、夏子ったら。
夏子が弟子の純子に教えていなかったという秘伝、、気になるわぁ。

誰も夏子の全部を受け継げるわけじゃない、、
と徹子が言っていたけれど、まさにその通りだよねぇ。
あ、、バトンの受け渡しの件は、夏子にも重なっていたのか。
今気付いたよ。


チラっと共感していただけましたなら、ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

プレミアムドラマ 嫌な女  第1話  *感想*
プレミアムドラマ 嫌な女  第2話  *感想*

プレミアムドラマ 嫌な女  第3話  *感想*

プレミアムドラマ 嫌な女  第4話  *感想*
コメント

プレミアムドラマ 嫌な女  第4話  *感想*

2016-04-08 | 冬ドラマ(2016)感想
* 「罠に落ちた詐欺師」 *
番組HP

面白かったなぁ。

小谷夏子(鈴木保奈美)の新たな一面が見られるわ、、
石田徹子(黒木瞳)の夏子への想いや感情を知ることができるわ、、
手強い男・俊輔(大東駿介)のキャラクターがスパイスになっているわ、、
長年連れ添う夫婦の関係を垣間見ることができるわ、、
封印された小2の夏が姿を現してくるわ、、
様々な要素がてんこ盛りで、
今までのなかで一番楽しめた気がするよ。

俊輔に逃げられてしょぼくれる夏子や、
好きな男の気持ちを繋ぎとめておくためなら、何だってすると泣きながら語る夏子は新鮮だったなぁ。
夏子は、いつも軽やかに、スマートに、男達と関係を持っていたように思っていたれど、
本気の恋にはあんな風になってしまうのねぇ。
男に対して、色んな意味でダメなのねぇ。

でも、嫌味がないし、可愛らしいし、魅力的なキャラクターだよねぇ、夏子って。
最後の最後に、俊輔に手作りケーキを食らわす逞しさだったり、、、
咄嗟の機転で、嶋正義(でんでん)の妻についた優しい嘘だったり、、
磯崎(塚本高史)のスーツのボタンが取れかかっているのを素早く見つけ、繕う心配りだったり、、
夏子の魅力を楽しんだよ。

二人きりで祖母の家を飛び出したというあの夏、、
赤い靴を無くした夏、、
あの夏に何があったのかしらね、、気になる。


チラっと共感していただけましたなら、ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

プレミアムドラマ 嫌な女  第1話  *感想*
プレミアムドラマ 嫌な女  第2話  *感想*

プレミアムドラマ 嫌な女  第3話  *感想*


コメント

プレミアムドラマ 嫌な女  第3話  *感想*

2016-04-07 | 冬ドラマ(2016)感想
* 「遺産争奪戦!」 *
番組HP

小谷夏子(鈴木保奈美)の案件を石田徹子(黒木瞳)が扱っていくなかで、
夏子に関わった人々の想いを浮き彫りにさせたり、
徹子の成長していく様を見せていく、、という基本の流れは同じなのだけど、
1話、2話とは異なるカタチで見せてきているのがいいわねぇ。

1話、2話、3話と、すべて違う切り口で見せてくれているからさ、
飽きないで観続けることができるし、
夏子の新たな一面を魅せてももらえるし、
コレ、結構面白いドラマねぇ。

余命宣告をされた橋本敬一郎(原田大二郎)と近藤高昭(片岡鶴太郎)がゲストキャラということもあってか、
今までで最も人情味溢れるストーリーだった今回。
チョイと情に溢れすぎな気もするし、
夏子の毒っ気が足りない気もするのだが、
たまにはこんなのもいいよね。
橋本敬一郎と息子の敬介(岡田義徳)のエピソードも、
近藤高昭と別れた妻のエピソードも、とてもいい話だったしね。

夏子発案の「人生で楽しかったランキング」、、いいわねぇ。
アレ、なんの打算もなしで提案していそうだからスゴイよね、夏子って。
天性の人たらしというか、、
人を(主に男性を)明るく幸せな気持ちにさせちゃう才能があるというか、、
1話でスナックのママさんが天才的だと評していたのが分かる気がしたよ。

徹子の物語としては、
家庭を持つことに不安を感じているという、前回描かれた彼女の想いに続いて、
銀行員だった頃の辛い体験が明らかになったり、
弁護士の仕事の方向性が定まってきた様子が描かれていて、
彼女の人となりがまた少し分かってきた印象。
ゲストエピソードも、夏子と徹子の物語も、しっかりと見せてもらえた気がして、満足感があったよ。


チラっと共感していただけましたなら、ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

プレミアムドラマ 嫌な女  第1話  *感想*
プレミアムドラマ 嫌な女  第2話  *感想*

コメント

プレミアムドラマ 嫌な女  第2話  *感想*

2016-04-05 | 冬ドラマ(2016)感想
* 「結婚詐欺師の恋」 *
番組HP

小谷夏子(鈴木保奈美)がやっとご登場。
ひょっとしたら今回も、石田徹子(黒木瞳)は目の前で夏子に逃げられてしまうのか?などとも思ったのだが、
さすがにそんなことはなかったか。
徹子を見て逃げようとしたくせに、逃げられないと分かると笑顔で抱き付く、、
夏子の強かさを見せつけるインパクトのあるシーンだったわねぇ。

熊田嘉昭(梶原善)と夏子の出会いのシーンもインパクトあったなぁ。
初対面でも強烈な押しでグイグイと迫っていくのねぇ、、夏子ったら。

じゃんけんが嫌いだという熊田とじゃんけんをして後出しで負けてみせ、、
写真を撮るときに笑顔になれないという熊田に、自分と一緒ならどうかと提案する夏子。
前回の西岡章男のときといい、今回といい、、
凝り固まって、鬱屈している男達の心をチョッとしたことで和らげるのが上手いんだねぇ、、夏子って。

「せっかくですが、、」という言葉のチョイスをカッコいいと褒められたことが嬉しかった熊田、、
夏子が二度と戻ってくることはないと気付いていながらも、最後まで夏子を信じようとする熊田、、
なんだか切ないよねぇ。

腹が立ったことは、未だに夏子のことが分からないこと、、
おやっと思ったことは、自分と結婚してくれたこと、、
という熊田の言葉も印象的だったよ。
荻原道哉(古谷一行)が心がけている例の問いは、思いがけない想いを垣間見せてくれるのねぇ。


チラっと共感していただけましたなら、ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

プレミアムドラマ 嫌な女  第1話  *感想*
コメント

プレミアムドラマ 嫌な女  第1話  *感想*

2016-04-02 | 冬ドラマ(2016)感想
* 「厄介な依頼人」 *
番組HP

ん?
小谷夏子は一体誰が演じてるんだ??
と思ったら、鈴木保奈美さんだったか~。

黒木瞳さんが主演ということしか知らないで視聴したもんだからさ、、
(録画してあるものを消化中)
最後のクレジットで、鈴木保奈美さんが小谷夏子なのだと知ったのよ。

石田徹子(黒木瞳)の幼少期の回想を観たときには、
小谷夏子っちゅうのは、まあ、なんちゅう嫌なガキなんだと思ったんだけど、
(ありゃあ、夏子を厳しく叱ることのできない周囲の大人たちも悪いよね。)
小谷夏子っちゅう人物は、どうも一部の人達にはかなり魅力的な女性として成長したようねぇ。

西岡章男(山中崇)や、彼の父親だけでなく、
夏子と顔なじみのスナックのママまでもが、
夏子を憎めない女だと称しているんだもんねぇ。

嫌な想いをさせられてもなお憎みきれない女、、
男に夢を見させる天才的な女、、
小谷夏子のことが俄然気になってきたよ。
西岡章男が夏子との思い出を語った際も幸せそうだったよなぁ。


腹が立ったのはどんな時か?
おや?っと思ったのはどんな時か?
案件を扱う際には、関係者にそのように尋ねるという荻原(古谷一行)の言葉が印象的だ。

夏子を通して、、
石田徹子の仕事を通して、、
人々の想いや感情を描き出していってくれそうで、期待の持てる初回だったよ。
みゆき(秋元才加)でも分かる心情が理解できなかった徹子。
徹子が弁護士として成長していく過程も描かれるのかしらね?


チラっと共感していただけましたなら、ポチっとよろしくお願いします♪
<ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村






コメント

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第8話(最終回)  *感想*

2016-04-01 | 冬ドラマ(2016)感想
6話、7話と、なんかストーリーがもたついてんなぁ、、などと思っていたのだが、
最終回はそんなもたつきが感じられなくって、そこが一番嬉しいよ。

すみれ(桐谷美玲)と真白(町田啓太)の関係だけでなく、
すみれの仕事のエピソードや、
小倉さん(高橋ひとみ)や亜梨紗(水沢エレナ)との関係についても、
しっかりと盛り込まれていて、
ストーリーに充実感があるのがいいねぇ。
すみれの成長物語としても、
真白が真に覚悟を決める物語としても、楽しめるのもいい。

真白への愛を目一杯口にする澄(松坂慶子)が幸せそうで良かったなぁ。
真白と澄のツーショットは画的にはさすがにキツイ気もするのだが、
幸せ一杯な澄さんは可愛らしかったよ。

エンディングに向けての甘々な感じもいいね。
澄とのツーショットを見た後なだけに、
余計にすみれと真白の組み合わせを喜ばしく感じることができた気もするわ。
微笑ましいし、観ているこちらも幸せな気持ちになるし、
いい最終回だったわねぇ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押してくださいませ♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第1話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第2話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第3話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第4話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第5話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第6話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第7話  *感想*
コメント (4)

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第7話  *感想*

2016-03-31 | 冬ドラマ(2016)感想
今回も回想シーンの多用が気になるなぁ、、
などと思いながら観てたんだけど、
(あと、毎度毎度のCM明けの重複シーンもね。)
思えば私、このドラマを短期間で視聴しているからね、、
正しく一週間おきに視聴していれば、この回想シーンの多用も気にならないのかもしれないわねぇ。

前回から5年、、
頑張ってお仕事しながら暮らしているすみれ(桐谷美玲)の姿が新鮮で楽しい。
お仕事に、合コン、、
真白(町田啓太)との再会、、どれも楽しめたよ。

真白の教え子・栗原(山田杏奈)の絡ませ方はやや強引な気もするのだが、
栗原ちゃんを絡めることで、すみれの成長を見せてくるというのは、やっぱり楽しめるね。

っていうか、真白くんの髪形が若返っていて笑える。
この髪形のほうがいいなぁ。

あと、黎さんよ、黎さん。
洋装になったせいか、
高層ビルに居座っているせいか、、
胡散臭さが倍増していて、コレも笑える。

黎にも、すみれにも、もう時間がないって、、どういうことだ~!?

 チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押してくださいませ♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第1話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第2話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第3話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第4話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第5話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第6話  *感想*
コメント

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第6話  *感想*

2016-03-30 | 冬ドラマ(2016)感想
真白(町田啓太)の命を救うすみれ(桐谷美玲)、、
すみれから澄(松坂慶子)へ、、
真相を知った真白、、
などなど、切なさモードで描かれているんだけど、
前回や前々回と比べるとテンポが悪く、
回想を多用しすぎていて、
全体的にダラダラとした印象。
チョイとかったるい。
しっとり丁寧に描かれているとも言えるのだろうが、
個人的には、やはり、それよりも、無駄に引き伸ばした感が強いんだよなぁ。

などと思いながら観ていたのだが、最後の最後で驚かされたよ。
そうか~
今回でひと区切りさせて、次は5年後を描いてきちゃうわけなのねぇ。
このドラマ、ラストで見せる引きはいいよねぇ。

かったるいなどと文句を書いてしまったが、
黎に頼っていたスミレが、黎無しで頑張っていくようになる展開は、
スミレの成長物語としては真っ当で面白いわねぇ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押してくださいませ♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第1話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第2話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第3話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第4話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第6話  *感想*
コメント

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第5話  *感想*

2016-03-29 | 冬ドラマ(2016)感想
あら~
なんか急展開きたー。

まさか、真白(町田啓太)に死期が迫っている展開が来るとは思わなかったわ。
っていうかさ、スキー場で真白の心臓がドクンとなるシーンはさ、、
てっきり、化け猫絡みの霊的な作用なのかと思っていたよ。

すみれ(桐谷美玲)の幸せを願う黎(及川光博)が真白を救うために自身の生気を分け与えようとし、
真白と黎の身を案じるすみれが、自身が分け与えられた生気を真白のために与えようとする、、
こりゃあ、、今後は切ない展開になっていきそうねぇ。

っていうか雪白(小西真奈美)が想像と違って、威勢のいいキャラで驚いたわ。
もっと、しとやかさのあるキャラなのかと思っていたよ~。
でも、いいね、、あの感じ。

 チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押してくださいませ♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第1話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第2話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第3話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第4話  *感想*
コメント

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第4話  *感想*

2016-03-28 | 冬ドラマ(2016)感想
なんか出てきた~っっ!

話の流れから、黎(及川光博)の婚約者が封じ込められている屏風が、
真白(町田啓太)の家にあるコトは分かったが、
まさか、いきなり出てきちゃうとは思わなかったよ。
ここで、新たなキャラの登場か~。
白猫は 小西真奈美さんなのねぇ。
雰囲気あっていいわぁ。

今回がストーリー的にも一番面白かったなぁ。
森羅万象のこだわりから外れているという早雲(小日向文世)の言葉や、
風呂場で倒れたときに見た夢などが要因となって、
この暮らしが長くは続かないのではないかと不安に思ったり、
正体がばれてしまったときの怖さを感じたり、、
すみれ(桐谷美玲)の新たな想いが感じられることと、
よっちゃんとの再会によって、さらに強くなったすみれの姿を見られることがいいよねぇ。

携帯初体験やら、アルバイト初経験やら、、
澄(松坂慶子)と真白の対面やら、、
旧友・よっちゃんとの再会やら、、
明かされる黎の婚約者のことやら、、
「にゃ」縛りにかかる早雲やら、、
ストーリーに動きがたくさんあったことも楽しめた理由だろうなぁ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっと押してくださいませ♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第1話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第2話  *感想*
ドラマ スミカスミレ 45歳若返った女  第3話  *感想*
コメント