植民地戦争+α

歴史テーマの中量級のボードゲームを制作し、ゲームマーケットに出展しています。
なので歴史とボドゲの話が多いです。

樹ブロック:みんな積んでいます♪

2012年11月24日 22時35分49秒 | 樹ブロック
 なんかとっても大好評で嬉しい限りです。ツィッターはやっていないのですが、ツィッター検索をすると大勢の方が、遊んでくださっています。ゲームマーケットで遊んでくださった時のものや、買われてその後遊ばれたものなど、樹ブロックがいっぱい積みあがっている画像が掲載されています。
 本当に樹ブロックは1つとして同じには積みあがらないので、いろいろな形になってくれ、それがまた楽しかったり美しかったり、脅威だったりします。
 大勢の方に楽しんでいただき、本当にうれしい限りです。

http://instagram.com/p/SKCnMpPJ8x/
http://twitter.com/k_o_road/status/271456219401707521/photo/1
http://twitter.com/Radio_L/status/270030632351064065/photo/1
http://twitter.com/wanonaka/status/270018727800606721/photo/1
http://twitpic.com/bea0d4
http://f.hatena.ne.jp/hayaru01/20120103114432
http://f.hatena.ne.jp/jan/20120520123100
http://twitpic.com/br4v2t
http://twitter.com/k_o_road/status/280577745375858688/photo/1
http://via.me/-8k05myi
https://twitter.com/yuki07080806/status/294808933938364416/photo/1
https://twitter.com/weather_in_twit/status/330543737237286914/photo/1

 ちなみに、実はネットでの申し込みがいくつか来ており、週末はバタバタと樹ブロック制作に追われていました。作るのは大変ですが嬉しい悲鳴とはまさにことことかもしれません。
QLOOKアクセス解析
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゲームマーケット2012秋 当日の様子

2012年11月19日 10時06分10秒 | 樹ブロック
 昨日は、当ブースとイベントスペースにたくさんの人にお越しいただきありがとうございます。お越し頂いたのに、1時間そこそこで樹ブロックは完売となってしまいました。手生産で作っているので少数しか作れないので仕方ないのですが、残念かつ申し訳ない限りです。
 是非次のゲームマーケットや、インターネットでの申し込みも受けておりますので、よろしくお願い致します。

 それではゲームマーケットの当日の様子をつらつらと書きたいと思います。最初、イベントスペースは暇でした。10時から30分程度はどこのイベントスペースも同じ感じで、入場者はお目当てのブースを梯子して、お目当てのものを購入する時間帯ですね。うちもブースの方に人が来られ、次第に商品が売れ出しました。

 周りのサークルのイベントスペースが徐々に遊びだして、ちょっと焦りだしたのですが、ついに試遊されたい方が来られて、開始です!

 そこからイベントスペースはひっきりなし状態に突入です。1つのテーブルで2卓を立てたのですが、常に両方が稼働している状態! ブロックが積みあがって行く状態や、みなさん本当に楽しい表情をしながらワイワイと積み上げていくので、通行されていた方々が立ち止まって見て、そして空いたらその人が遊ばれを繰り返す状態になりました。
 少し驚いたのは、女性の方もたくさん来られて遊んでくださいました。こう言った立体パズルは男性向きかなって思っていたのですが、全然そんなことは無いようで、悩みながらも本当に楽しく遊んでくださいました。

《高く積みあがったグライヴィッツ・タワー》


《ぐらぐらなメトロポール・パラソル》


 特にメトロポール・パラソルは最初は座ってブロックを積んでいくのですが、段々と積む場所がなくなると、探すために立って場所を探すようになります。他の参加者もあれこれとアドバイスするようになり、初対面の方同士が和気藹々と楽しくゲームをされていました。まさにこれぞパーティーゲーム!!って(なんて)


 そして、うまく積みあがって、残りのブロックが1個2個になると、見ているギャラリーも固唾をのんで見守りだします。

 ふと気が付くと、うちのイベントスペースはこんな人だかりの状態です。

 
 そしてついに最後のブロックが無事積まれ、メトロポールパラソルが完成します。そうすると自然と遊んでくださった方々やまわりで見ていた人まで拍手喝采状態に!!

 自分でもこの大好評ぶりにはまったく信じられないぐらい。そして本当に最後の最後の17時ぎりぎりまで、多くの方々が遊んでくれました。さすがに人数は数えていないのですが、50人以上は遊んでくださったのではないでしょうか。
 これだけ大勢の方に遊んで頂き、楽しんで頂いてとても製作者として嬉しい限りです。また、春も出展したいと思っていますので、よろしくお願いいたします。
QLOOKアクセス解析
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

樹ブロック:ガウロンセン

2012年11月18日 07時40分00秒 | 樹ブロック
予告です。
木製バランスゲーム、パズルゲームの『樹ブロック』が新たなジャンルに挑みます!

アブストラクトゲーム「ガウロンセン」!!!!

盤面を使った対戦ゲームで、ブロックをコマのように使います。
用意するのは樹ブロックと9×9の盤面だけです。

2種類の木材を使って(例えば赤樫とホオ)、先手・後手と順々に盤面にブロックを置いていきます。2手目からは、既に置いている自身のブロックと必ず接地している必要がありますので、いきなり離れたところには置けません。
ブロックは2段の高さまでで置いていきますので、置き方によっては上や下に空きが発生し、そこから相手のブロックが侵入してきます!
いかに自身のブロックを上手く配置して、壁を作り相手のブロックの侵入を防ぎ、かつ相手の壁を突破してこちらの陣地を広げれるか!? これが「ガウロンセン」です。
より多くのブロックを置いた方が勝ちとなります。

ルールはたったこれだけですが、ブロックが19種類それぞれ色々な形をしており、1つのブロックをとっても、どのように置くかによって違ってきます。同じパターンになることは無いので、何度でも楽しめます。

是非! お試しください。

ガウロンセンの完成形は、9×9のマス目に2段にビッチリとブロックが置かれます。置けなかったブロックが少ないほど穴が無く、綺麗に埋まっているのが気持ちいよいです。

詳細は、ゲームマーケット2013年春に向けて順次公開して行きますので、お楽しみに。
なお、既に樹ブロックをお持ちの方は、9×9の盤面を用意するだけで遊べます。
一応、ゲームマーケットで専用のコットンの盤面を300円ぐらいで配布する予定です。

ガウロンセン その1
ガウロンセン その2
ガウロンセン ルール公開
QLOOKアクセス解析
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

樹ブロック:一見、普通に積みあがっていますが・・・

2012年11月17日 08時10分12秒 | 樹ブロック
 記事のトップ写真は、最後まで積みあがったパラソルです。一見普通に積みあがっているように見えますが、角度を変えてみるとこんな感じ。

 「ここ」にとんでもない空間が存在し、とてもいびつに積みあがっています。

 真上から見てもこの空間の危うさが判るかと思います。本当によく乗ったものです。(^_^;)

 実は、連れの親が遊びに来まして、、、こう言ったゲームを作っていることは言ってあったのですが、話の流れから樹ブロックを見せて→遊び方を説明して→そして実際に遊ぶ・・・と、とんとんと進んでしまい、そしてやりだしたら、止まらない! 結構、楽しんで積み上げてくれました。
 積み上げには性格が出るもので、連れのお母様は結構大胆に度胸良く載せていきます! その結果こんな芸術的に積みあがった次第です。連れと2人で遊ぶとかなりの可能性で崩すことなく積めてしまうのですが、こうやって他の人が混ざると、けっこうハラハラドキドキします。

 そしてなんとお母様がとても気に入って、お買い上げとなりました。(いや、身内なのでただでと言ったのですが、そこは断られました。)
 ゲームマーケット直前で、他のサークルさんが凄い商品を出してくるので、自身を無くしていたのですが、あれだけ素直に喜んでくださったのを見て、やっぱり樹ブロックは面白いんだと、再発見し勇気づけられました。またイベントスペースの良いリハーサルになりました。本当に助かりましたぁ~。
QLOOKアクセス解析
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ボードゲーム研究室!

2012年11月13日 20時56分05秒 | 樹ブロック
 気が付かなかったです。春のゲームマーケットで、「ボードゲーム研究室!」さんのところで、樹ブロックが紹介されていました。13分のところです。
 樹ブロックの遊び方につけたグライヴィッツ・タワーやマッシヴ・ホルツと言う名前がかっこいいと反応してくれて嬉しいです! ちなみに名前は木造建築物から取りました。グライヴィッツ・タワーは第二次世界大戦の発端となった現ポーランドにある木造のラジオ塔です。普通の電波塔なのに鉄塔では無く木製ってところに惹かれます。
 メトロポール・パラソルは、スペイン・セルビアに出来た世界最大の木造建築物でショッピングモールです。傘を開いたようなその独特のフォルムとその大きさに圧巻です。最後のマッシヴ・ホルツはオーストリアの建築会社の名前で、最先端の技術でイギリスに『木造』でビルを建てています。木造でビルが作れるんだと驚きです。

第28回「ゲームマーケット春!直前SP」 ダウンロード
http://boardgame-kks.up.seesaa.net/image/boardgame-kks28.mp3

ボードゲーム研究室!
http://boardgame-kks.seesaa.net/archives/20120512-1.html
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

樹ブロック:新しいルール

2012年11月11日 07時54分35秒 | 樹ブロック
 息抜きに旅行をしてきました。帰りの電車が遅延しまして、1時間おくれだったのですが、「こんなのときの樹ブロック~!」ってノリで、ミニ版を取り出して連れと車内で遊びました。

 写真は、現時点で公開している樹ブロックの3つの遊び方とは別の遊び方です。2人・3人で対戦できるパラソルと言うべきか、難易度の高いパラソルと言った感じです。パラソルと違って2色だけで積みあがっているのが判るかと思います。

 パラソルは同じメンバーで何度も遊ぶとコツが掴め、無理をしなければそこそこ積み上がってしまい、そのうち普通のパラソルでは物足りなくなってしまいます。そこでこの新しいルール!「さらに難しくなって帰って来たこのニューパラソルを是非チャレンシ!」って感じで、いずれ追加ルールとして公開していこうと思います。

 まずは2012年秋で樹ブロックを広めること、そして春にここで紹介しているルールとは別のルールの公開に向けて準備が進んでおり、先にそちらのルールの公開なんで、さらにその後かな? まあ、先のスケジュールなんで判りませんが…

※ミニ版樹ブロックは以前、端材をたまたま入手して作ったもので、ミニの製品版はありません。
QLOOKアクセス解析
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

樹ブロックストラップ

2012年11月10日 11時42分00秒 | 樹ブロック
 前に、ホームセンターで、1cm角の端材を袋詰できて、それを買ってミニ樹ブロックを作ったのですが、もう一度買いあさって樹ブロックの形のストラップを作ってみました。
 もともと端材なので形がいびつだったり、切り口が荒かったりもするので、お遊びで作ってみたといった感じです。また樹ブロック本体と同じく木材そのままなので、塗装やニス、油によるコーティングがされていないのですが私はカバンにつけています。

 形も、木の材質もいろいろで、ストラップも紐もいろいろにしてみました。


QLOOKアクセス解析
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゲームマーケット2012秋まであと一ヶ月なのでボドゲ放送1【録画】

2012年11月05日 13時05分01秒 | 樹ブロック
前に書きましたニコ動の生放送で紹介されたものが、録画としてアップされました。

ゲームマーケット2012秋まであと一ヶ月なのでボドゲ放送1【録画】
※傾国の後、15分頃からです。


結構、「樹ブロック」がどんな風に紹介されているかドキドキだったのですが、何とか好評な形で紹介されていました。
内容は見てもらうとして、こうやって第三者が見て頂いたのを見るといろいろと判るものがあります。


○中々目について貰うのは大変

 頑張って、HPやゲームマーケットのページ、そしてニコ動といろいろと掲載をしていますが、そのすべてを見てくれるわけではなく、たまたま目についた一部だけを見てくれるんだなってこと。
 紹介では、メトロポール・パラソルを含め3種類のゲームがあることは紹介してくださっていましたが、どうもグライヴィッツ・タワーの動画もあったり、木材の種類が3つあることや、それぞれのブロックの数、そして3000円の金額であることを把握されていない口ぶりでした。
 それでも頑張って動画を作ったかいあって、今回紹介された訳ですから、今後も情報は発信していかないといけない訳です。


○動画は良く出来ているが、途中は盛り上がりが欠ける構成

 自身でも思っていたことを指摘されました。樹ブロックで実際遊ぶと、どこに置こうかを考える楽しみや、置く瞬間のぐらつきや、それによる緊迫感、積みあがっていく達成感など、決して中だるみすることなく、楽しいのですが動画にすると、ただただ積みあがって行くだけなんですよね・・・
 早送りしないで、盛り上がっている会話をそのまま入れたら見る人っているのかなー。中々表現って難しいです。


○製造方法、製造原価、価格

 このコンポーネントだと価格は高いんじゃないかなーと言われていました。そして他でも高いと言われています。しかし、製造コストが掛かっており、ぼったくりでは無い金額であることは感じて頂いているみたいです。
 ご想像の通り、1.5mm角の木材を多量に購入して、ササクレを鑢で取り除いて、ボンドでくっつけてブロックを作っています。1セット作るのに、252個のブロックを使うので、それはそれは大変な作業なんです。そして原価もけっこう掛かっています。
 ご想像の通り、手作成なので量産は出来ません。少量販売となりますので売り切れにはご容赦ください。


○ルールは気にしているみたい

 他の作品の紹介も含めてですが、ゲームはそのデザインとか、情報の発信の仕方(動画を作るとかの所謂、CMですね)で、グッと惹きつけるみたいですが、最終的に購入するには、ゲーム性を結構気にしているんだなーっと。その為にルールの掲載は望まれているんだと。
 最近、デザイン負けしているなーっと思って、デザインアップばかり気を取られていたのですが、初心にかえってゲーム性を大切に心がけていきたいと思います。

そんなところでした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サクサク三国志 《プレイヤーの声》

2012年11月02日 23時22分47秒 | 三国志
中々、感想を頂く機会が少ないのですが、今までに頂いた感想を紹介したいと思います。


●「国取りタイプでお手軽な三国志ゲームが無いから作った」というコンセプト、本当に良く解かります。こういうゲームを待っていました。本当にありがとうございます。僕は多人数戦争ゲームが好きなので、これからも色々なテーマ、期待しています。(J様)

●一時はトップの気配もあったのに気づいたらドべでした。そんな感じでもすごく楽しめました。カードゲーム好きなら満足できるゲームだと思います。(M様)

●人数でマップが変わるのがいいですね。裏のカードの強さを読むのが楽しいです。強いて言うならポイント計算がやや面倒かな。(N様)

●意外なカードが活躍して、結構面白かったです。(K様)

●カードの引きによる影響があるものの、逆に変な組み合わせの部下たちになるところが面白かったです。あと、武将のセリフも。人の足を引っ張るのは楽しいですが、1位になるのは怖いです。(I様)


遊んでくださってありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。m(_ _)m
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする