植民地戦争+α

歴史テーマの中量級のボードゲームを制作し、ゲームマーケットに出展しています。
なので歴史とボドゲの話が多いです。

【イベント】2014年7月6日(日) ボードゲーム会

2014年06月29日 07時28分28秒 | ゲームシステム
前回からあまり経っていないのですが、7月のゲーム会の日程です。
代わりに8月は下旬となって結構間が空きます。
また、いろいろなゲームで遊べたらと思います。


日  付: 2014年 7月 6日(日)
時  間: 9:30 ~ 17:00
場  所: 川崎市 多摩市民館 第6会議室
      <地図
会  費: 300円~500円 ※会場費、参加人数で割る都合
参加方法: chiyakazuha@mail.goo.ne.jp
      こちらまでメールをください。
      ※スパムメール対策を行っている都合、件名に「遊び場所」か
       「asobi」(半角)としてください
詳細案内: http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~usa_neko/1800_v2/sheet11.htm

こちらのブログで紹介しているゲームのほとんどは、ゲーム会で遊んだものです。
こう言った作品を、こじんまりと遊んでいる次第です。
遊んでみたいと言う方は是非、ご連絡お待ちしております。

QLOOKアクセス解析
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

<ゲームレビュー>ネコの集会、すしドラ!

2014年06月28日 07時34分35秒 | ゲームシステム
前回につづいて、先週遊んだゲームマーケットゲームの紹介です。

ネコの集会

友人がルールを事前に把握して気に入って買ったと聞いていたので、安パイだと思っていたのですが・・・
ルールを読むと確かに面白そうに思えます。
しかし、やってみると問題があることが発覚します。
このゲームのミソは、ブラフやカンです。伏せられているカードは、例えば0点、0点、120点のいづれかであると言う状況で、120点を願ってそこに置くのか、それとも置かずに見るのか? と言う単純なルールです。置かないと先に他のプレイヤーが置いてしまう場合もあり、その場合は-40点のペナルティーを受けて置くか、それとも別の場所に置くかを選択します。
本当は、カードを見た人の顔色を窺って、0点なのか120点なのかを他の人が判断し、置くか置かないかを決めるのがこのゲームのミソだと思います。しかし、中々顔色で判断するのは難しいのですよね。そうすると単純に計算で置く場所を決めてしまいます。さきの0点、0点、120点なら、平均して40点の置き場だと・・・こうしてすべての場所を平均価値で考えてしまうと、相手が知っていようが、計算だけで自動的に置くのに有利な場所に置いてしまいます。と言う感じでこのゲームが狙ったものになりませんでした。
もしかしたら、ブラフやペテンが好きな人が集まると盛り上がるのかもしれません。。。


すしドラ!

今回の新作ではないのですが、お隣だったので身内が気になって購入。既にネットで定評のあるゲームなので、当然面白かったです。実はこちらのゲーム、相手が何を出すかを読んでバッティングしないようにしないといけないので、ネコの集会と同じような要素があります。しかし、こちらは相手が何を出そうとしたのかがとても気になり、一度置いたカードを止めて別のカードを置きなおすなんてこともありました。


今回、このゲームを2つ紹介したのは似たシステムを使っているのに、面白さが異なった点です。遊ぶ人にも依存するので、他のメンバーで遊んだ場合、違う結果になるのかもしれませんので、今回のメンバーで遊んだ評価と言うことですが、ルールのわずかな差で面白さは変わると言うことを痛感しました。そして恐らく遊ぶ人が違っても面白さが違うのだと言うことも。。。
ゲームを制作する側として考えさせられるものがありました。

QLOOKアクセス解析
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

<ゲームレビュー>チェックメイズ/39芸夢

2014年06月22日 21時42分45秒 | 樹ブロック
本日、ゲーム会で遊んだゲームのレポートです。ちょっといっぺんにではなく幾つかに分けて紹介します。
まずは、「39芸夢」さんの「チェックメイズ」。
見ての通り、木製ゲームです。樹ブロックと重なる部分も多く、ゲームマーケット当日とても気になっていたゲームでした。
今日のゲーム会に持ってきてくださった方が居たので、遊ぶことが出来ました。

ルールは、CubeSieger や ポジット(POSIT) が近いでしょうか、ブロックを置いてコマを動かし、相手のコマの動ける場所を封鎖していくアブストラクトゲームです。もとのルールがしっかりしているので、とても考えながら相手を詰める方法を練りだして行くところが楽しかったです。


そして、このゲーム実は続きがあり、このルールで樹ブロックのパーツで遊べるのでは? と持ってきてくださった方が言うので、樹ブロックでチェックメイズをしてみたら、これがとても楽しいゲームに!
3×3の土台に樹ブロックブロックを積み上げながら、コマを追い詰めていきます。部クロックのコマは段々になっているので、結構上に上に逃げていくことになります。そしてどうにも逃げれなくなっても、ブロックをはみ出しながら、逃げる道を作ることも出来てしまうのです! しかしあまりにも無理なはみ出しをすると、ブロックを崩してしまってゲームEND。アブストラクトゲームの真剣さを残しながらも、バランスゲームのハラハラさを楽しめるゲームになってしまいました。

と言うことで、コラボしませんか? と39芸夢さんに持ちかけてみようかしら。。。と思うこの頃です。
QLOOKアクセス解析
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

かる艦。の艦船画像一覧

2014年06月14日 08時08分32秒 | ゲームシステム
かる艦。についてぼちぼちと動画をつくり始めました。
その際に、艦船16枚の画像一覧が出来たのでUPします。
通常の文字だけの一覧よりはみやすいかな・・・
QLOOKアクセス解析
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

<ゲームレビュー>開拓王

2014年06月13日 22時57分35秒 | ゲームシステム
ゲームマーケット2014春に購入したもののゲーム会は、6/22に行う予定ですが、先に連れと「開拓王」を2人で遊んだので、そのレポートです。
元々「開拓王」は連れと2人でも遊ぶために買ったものでした。
人数は2-4人とあるのですが、いろいろなゲームでは2-4人のゲームって往々にして、3-4人が適正人数で2人では遊べないものが多いのですが、この開拓王は事前に製作者に大丈夫だと太鼓判を推して貰っていただけあって、実際に2人で遊んでみてもかなり面白い作品でした。

まずびっくりしたのは、パッケージの箱。銀色も入っているとてもゴージャスな箱を使用しており、まずこれだけでグッときます。パッケージはお金を掛けるべきだと、同じ製作サイドとして思ってしまいます。
ゲームの内容は、製作者のブログにも書いてあるのですが、カルカソンヌのタイル配置と、プエルトリコやサンファンで使っているヴァリアブル・フェイズに、森・石材・麦などを上手く用意していくリソースマネージメントが組み合わさったものです。
感心するほど、これらの仕組みが上手く合わさっていて、良い出来栄えのゲームに仕上がっています。

さらに凄いのはこれだけのシステムを融合しておいて、ゲーム時間は30分程度とお手軽で、拡大再生産の仕組みではかなりの短時間プレイとなっています。それでいてしっかりと自分の街を建設していく感が味わえるのは脅威の凄さです。
正直言うと、30分で終わってしまうのは私自身の好みとしてあっけなく、もう少しじっくり遊ぶのが好きなんですが、最近よく遊ぶタルギが1時間以上掛かるので、短い時間で終わるのはないので良い作品を得たと思っています。
気になる点は、このゲームに変化を付けているのは16枚の建物タイルなのですが、16枚しかないのがちょっと残念。何回も遊ぶとこの16枚を使い尽くしそうで、そうなると飽きるかなー。。。是非、500円ぐらいで建物タイルの追加を出して欲しいものです。

他のゲームマーケット作品と比較してみました
QLOOKアクセス解析
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【イベント】2014年6月22日(日) ボードゲーム会

2014年06月08日 10時51分33秒 | ゲームシステム
ゲームマーケット後の最初のゲーム会になります。
私と知り合い数名がいろいろとゲームマーケットでゲームを買っていますので、ゲームマーケットのゲームを遊び倒すことになります。
是非、ご興味ある方は連絡ください。

日  付: 2014年 6月 22日(日)
時  間: 9:30 ~ 17:00
場  所: 川崎市 多摩市民館 第6会議室
      <地図
会  費: 300円~500円 ※会場費、参加人数で割る都合
参加方法: chiyakazuha@mail.goo.ne.jp
      こちらまでメールをください。
      ※スパムメール対策を行っている都合、件名に「遊び場所」か
       「asobi」(半角)としてください
詳細案内: http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~usa_neko/1800_v2/sheet11.htm


QLOOKアクセス解析
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゲームマーケット2014春 レポート

2014年06月07日 08時33分36秒 | ゲームシステム
すみません。レポートを書き直しました。

ゲームマーケット2014春のお祭りが終わりました。
ここに向けていろいろと準備をしてきたので、一挙に燃え尽きた感があります。(^_^;)

最初の写真は開場前のブースです。樹ブロックが、追加セットが①②と今回の新作③がありますので、予め本体と一緒のセットを緑の紙袋に入れておきました。開場と同時に大勢の方が来られて樹ブロックのフルセットをお求めになられましたので、予めそれ用のセットを作って置いて正解でした。
また、今回役立ったのが「おしながき」。今回は樹ブロックで4種、新簡戦で3種、それにかる艦と、合計8つの商品を販売しましたので、買われるお客さんも何を売っているのか把握されていない方も大勢おられましたので、その説明に役立ちましたし、オーダーを聞く際にも役立ちました。

あと、列を整理する為のプラカードも役立ちました。
長い列が出来ると、通路を封鎖してしまうので、これを防ぐために通路を空けて列を作って頂かないといけません。
それで、通路を挟んだ先に列の先頭を持ってきて、売り場が空き次第、売り場に誘導することになり、列を示すプラカードが役立ちました。
しかし、列が出来ると本当に大変! 売り場で会計が2人、列整理で2人と4人で掛かりきりになってしまいました。
その為、イベントスペースを開始するのがかなり遅れてしまいました。まあ、今後も会計や列整理は仕方ないので、イベントスペースの運用は11時からスタートさせるしかないかなー。

この最初の列が終わると、今度はイベントスペースを切り盛りしだします。


今まではメトロポール・パラソルで遊んで貰っていたのですが、今回は「回転する樹ブロック」と題してテルック・インタンで遊びました。
こちらメトロポール・パラソルよりも気軽に出来て早く終わる分、早すぎた場合はもう1回チャレンジしてもらうなどの調整を取りながら遊んで貰いました。
手を震わせながらブロックを置いて頂き、見ているこちらもハラハラでした。

あと、写真はとれなかったのですが、売り場で新作のかる艦。を試遊することが難しかったので、急遽 イベントスペースで試遊することに変更しました。少しはこんなケースも想定していたのですが、それでも土壇場でいろいろな計画と異なることになってしまうとつくづく思いました。


あと今回は、他のサークルさんと初挨拶。
ゲームマーケット当日って中々バタバタしてしまって落ち着かなかったのですが、事前で少しメールでやり取りしていた、ひとじゃらしさんのところへ挨拶に伺えたのが良かったです。あと、エヌ氏はショーナンさんのところへ挨拶に。。。
中々、他のサークルさんとの関連は無かったので、こんな風に少しでも話せるところが増えるといいなーって思うこの頃です。

会場全体をゆっくり見て回りだしたのは、夕方になってから。
夕方になると人も結構少なくなってきますので盛況感が薄れて、各サークルさんがどれだけ人気を博していたのかが判りませんね。今回の入場者数が5000人から6000人に増えたのですが、サークル数は200から300になっているので、1サークルあたりに換算するとかえって辛くなっているのかなって思います。
今後も、面白いもの、良いものを作っていかないと埋もれるなーって、ちょっと切迫感を感じてしまうこの頃です。

QLOOKアクセス解析
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

かる艦。、新簡戦の通販について

2014年06月02日 10時44分51秒 | ゲームシステム
昨日はゲームマーケットでした。
今回も大勢の方にご購入頂いたのですが、新簡戦が少し残ったのと、かる艦。も次回分も合わせて作ったので、この2作品の通販を行うことに致しました。
新簡戦については残りわずかとなっており、それが無くなり次第終了になりますので、よろしくお願いいたします。

かる艦。 通販
新簡戦 通販

QLOOKアクセス解析
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする