DUKE Train

台湾・京都関連中心に日々のニュースを取り上げています。

知られざる台湾漫画の歴史、展覧会で紹介=京都で開催

2017年10月20日 | 中華民國




(台北 20日 中央社)戦後から最近までの台湾漫画の歴史と脈絡を紹介する展覧会「台湾原創漫画の能量展」が11日から、京都精華大(京都市)で開催されている。台湾の漫画界に大きな影響を与えた雑誌や代表的な漫画家を分類して展示し、変遷をたどることで、台湾オリジナル漫画の近代史の全貌を浮かび上がらせる。

同展は文化部(文化省)が海外における台湾文化の認知度向上を目指して実施する「台湾文化光点計画」の一環として開催された。京都精華大主催、文化部共催。

中央社の取材に応じた同展のキュレーターで漫画編集者の呉塵カン氏によれば、台湾漫画界は戦後、数度にわたって途切れが生じ、「多くの秀でた作品や環境が伝承されなかった」という。呉氏は、幼少期に愛読していた「歓楽漫画」や「星期漫画」などの漫画雑誌も、成長につれていつの間にか消えていたと振り返った。(カン=あみがしらに正)

呉氏は、過去の作品と当時の時代を文化の角度から結び付けることで、産業が途切れたとしても作品は伝承されていくと語る。今後は当時の大漫画家や現在の代表的な作家を日本に招き、作品展や作家展の形式で展覧会を開ければと意欲を見せた。

同展は28日まで。

コメント

韓国籍の大学教員を起訴 女子大生へのセクハラ容疑で/台湾

2017年10月20日 | 中華民國

今回のセクハラ事件を巡り、与党・民進党の女性議員(右)が6月5日、
記者会見し、問題の教員の責任追及を求めた



(台北 20日 中央社)台北地方法院検察署(地検)は19日、女子学生にセクハラ行為をしたとして、政治大学(台北市)韓国語学科の韓国人教員をセクシャルハラスメント防止法違反で起訴した。

この男性教員は、3月から5月にかけて、言語交換を理由に複数の女子大生を研究室に招き入れた。これら女子大生のうち2人は、太ももや臀部などを触られたとして男を告訴した。

被告は容疑を否定しているものの、台北地検は大学が提出した調査報告に基づき、被告に不適切な行為があったと認定。報告書によると、多くの学生が、抱きつかれたり体を触られたと証言しているという。

コメント

沖縄の団体、台中で「エイサー」披露 文化を伝える/台湾

2017年10月20日 | 中華民國



(台中 20日 中央社)沖縄国際大(沖縄県)の学生を中心とする団体「琉球風車」は19日、中部・台中市にある東海大で伝統芸能エイサーを披露し、沖縄文化の魅力を台湾の学生に紹介した。軽快で生き生きとした歌とパワフルな踊りによって、会場は熱気に包まれた。

沖縄国際大と東海大は交流協定を結んでおり、同団体が東海大で公演を行うのは2013年以来4年ぶり。今回はメンバー約50人が訪台した。

同団体は20日夜にも東海大でエイサーを上演する。

コメント

日本統治時代の木造駅舎が老朽化 市議が修繕呼び掛け/台湾・台中

2017年10月20日 | 中華民國



(台中 20日 中央社)日本統治時代の1922(大正11 )年に開業した台湾鉄路管理局(台鉄)日南駅(台中市)の老朽化が著しいとして、呉敏済市議会議員が修繕を呼び掛けている。

日南駅は、当時の面影を残す木造駅舎が同市の古跡に指定されている。同市議は、築95年の駅舎には、支柱をはじめとする各所で腐食や虫食いの形跡がみられ、万一地震などが発生した場合、倒壊の恐れがあると指摘している。

指摘を受けた台中市政府文化資産処の李智富処長が古跡の管理責任者である台鉄に問い合わせたところ、赤字経営が続いている上、古跡に指定されている建築物が多数あり、管理が行き届かなかったことが判明した。

李処長によると、昨年改正された文化資産保存法に基づくと、台鉄は修繕費用の3割を補助金として文化部に申請できる。今後、市政府が台鉄の申請手続きを手伝う方向で話を進めるという。

コメント

「台湾の標準時変更を」 市民が発議 中国大陸の従属からの脱却ねらう

2017年10月20日 | 中華民國



(台北 20日 中央社)国家発展委員会の意見公募サイトにこのほど、台湾の標準時を現行のグリニッジ標準時から8時間進めた時刻(GMT+8)から、日本や韓国と同様に9時間進めた時刻(GMT+9)に変更する提案が寄せられた。同提案に対する意見の総数は19日、立案に必要となる5000件を突破。2カ月以内に所管機関から回答が出される。

提案は今月16日、公共政策について一般市民から意見を募るサイト「公共政策網路参与平台」で発議された。発議者は、台湾ではかつてGMT+9が採用されていたと指摘。中国大陸はGMT+8であることから、標準時の変更によって中国大陸への従属から象徴的に脱却可能であり、台湾を訪れる中国大陸客や外国人の潜在意識に台湾と中国大陸は従属関係ではないと訴えかけられると主張した。標準時を1時間進めるメリットについては、冬は現在ほど暗くない時間に退勤でき、夏は十分に日光を活用できると説明している。

市民から寄せられた意見では、賛同するコメントが多数を占めている。

コメント

台湾大で不明の液体かけられる 容疑者自殺、3人重軽傷

2017年10月20日 | 中華民國



(台北 20日 中央社)20日早朝、台北市にある台湾大学の学生寮付近で、学生らが男に成分不明の液体をかけられ、1人が重傷、2人が軽傷を負った。警察によれば、容疑者の男(25)は犯行後に所持していた刀で自殺を図り、通報を受けて駆け付けた警察官らによってその場で死亡が確認された。

台北市警察局大安分局によると、容疑者の男は早朝、台湾大に在籍する男子学生(23)と会うために同大を訪れ、2人は話し合いをしている際に口論となった。その場には男子学生の友人も付き添っていた。女性警備員が異変に気付き駆け付けると、容疑者の男は持っていた液体を突然撒き散らしたという。警察の調べによると、液体は強い腐食性を持つものだった可能性がある。

警察は、恋愛感情のもつれが動機になった可能性もあるとみて、捜査を進めている。

容疑者の男は台湾科技大学(台北市)修士課程の卒業生。同大が明らかにした。

コメント

平安末期のガラス製水滴発見 京都、国内2例目

2017年10月20日 | 京都のニュース




JR京都駅南側の京都市南区東九条上殿田町の発掘調査で、国内2例目となる平安時代末期のガラス製水滴の一部が見つかったと元興寺文化財研究所(奈良市)が19日、発表した。周囲では多様な産地の土器や、仏堂とみられる建物跡も確認された。調査地北側には当時、鳥羽天皇の皇女八条院(暲子(しょうし)内親王)の御所があったとみられ、八条院や周辺貴族に関連する寺院や物流拠点があった可能性があるという。

 同研究所が4月から調査している。ガラス製水滴は、注ぎ口部分(長さ2センチ、幅1・5センチ)が12世紀後半の層から見つかり、青みがかった色彩を残していた。水滴は、写経などする際、硯(すずり)に水を注ぐための文具(水差し)。

 奈良国立博物館の吉澤悟列品室長(考古学)によると、材料は鉛を含んだガラスで、複雑な加工が難しく、中国・宋で作られたとみられるという。同様の品は、12世紀に比叡山の経塚の副納品に1例あるのみ。吉澤室長は「当時は大変希少な輸入品で、かなり高い地位の人物しか使えなかった」と推測する。

 調査地では、中国産とみられる緑秞(りょくゆう)陶器のつぼや、東海地方の土器などの破片も多数出土した。7メートル四方の仏堂とみられる柱跡や池の跡のほか、仏堂の南側で無数の小さな柱穴が見つかった。

 調査地北側の京都駅周辺は平安末期、八条院の御所があったとされる。同研究所の佐藤亜聖主任研究員は「八条院や周辺の貴族に関連する寺院で、献上品の一時保管場所か地方出身者の宿所などが併設されていたと考えられる」と話す。

 龍谷大の國下多美樹教授(考古学)は「院政期は、平安京の朱雀大路から南の鳥羽院に延びる鳥羽作道(つくりみち)を人や物が行き来したが、玄関口から離れた場所にも物流拠点があった可能性がある。不明な点が多い平安京南部の土地利用を考える上で貴重な発見だ」と注目する。

 現地説明会は21日午後1時半~3時。荒天中止。
元興寺文化財研究所0742(23)1376。

コメント

ママとなった福原愛、“初めて”の育児を報告

2017年10月20日 | 中華民國



ツイッターで心境「赤ちゃんのペースがつかめてきました」…“育児ノート”は…
 卓球女子の福原愛がツイッターを更新。13日に第1子となる女児を出産したことを自身のブログで発表したが、寄せられた多くの祝福のメッセージに「たくさんのお祝いメッセージありがとうございます」と感謝の言葉をつづるとともに、「ママがんばります!!」と育児の様子を報告した。

 福原は13日、「今朝、2995gの女の子を出産しました」と報告。リオ五輪台湾代表の夫・江宏傑との卓球界のビッグカップルの吉報に、リオ五輪男子団体銀メダルの吉村真晴や卓球国際連盟(ITTF)といった卓球界のみならず、女子レスリングで3連覇の吉田沙保里、リオ五輪の男子体操代表で、10月の世界選手権で金2つを含む3つのメダルを獲得した白井健三ら五輪で一緒に戦った日の丸戦士からも続々と祝福のメッセージが届いていた。

 出産報告から6日が経過した19日、自身のツイッターを更新。「皆さまたくさんのお祝いメッセージありがとうございます」と感謝するとともに、「6日目にしてようやく赤ちゃんのペースがつかめてきました!! 毎日あわあわしっぱなしですが、少しずつ色んな知識が身に付いてとてもおもしろいです」と初めての育児の心境を報告した。
「ノートも卓球ノートより細かく書いています。ママがんばります!!」
 本職の卓球“以上”に、「育児ノート」を詳細に記しているという。
吉田もすかさず返信「だいぶ落ちついたかな 愛ママがんばれー」

 これを受け、女子レスリングの吉田はすかさず返信。最近はツイッター上で「メダル入れ」の製作をお祝いしたSNS上のやりとりが「異次元すぎる」と話題になるなど、福原とは公私で仲が良く、「だいぶ落ち着いたかな 愛ママがんばれー メダルケースの事は後回しで大丈夫だからねー」とつづった。

 また、福原は出産報告に祝福のメッセージを寄せていた卓球男子の吉村に、「まはるくんありがとうっ 先輩パパいろいろ教えてね」と投稿。今年4月に第1子の女児が生まれたばかりの“育児の先輩”に指導を申し込んだ。

コメント

ドミニカ共和国に中国大陸と接近の動き 台湾から断交懸念の声

2017年10月20日 | 中華民國

李大維外相



(台北 19日 中央社)中華民国と国交を結ぶドミニカ共和国に中国大陸と接近する動きが見られ、断交を懸念する声が出ている。李大維外交部長(外相)は18 日、すでに長期にわたりドミニカ共和国の動向に注意を払っていると明かした。同部の劉徳立常務次長は同日までにドミニカ共和国に向けて台湾を出発したという。

李部長は同日、立法院(国会)外交および国防委員会に出席。野党・国民党の江啓臣立法委員(国会議員)は、ドミニカ共和国のミゲル・バルガス・マルドナド外相が中国大陸の王毅外相と先日開かれた国連総会の期間中に握手を交わし、共に記念撮影した写真を公開した一方で、台湾を支持する発言をしなかったことに言及。今年6月に国交を断絶したパナマの二の舞にならないよう注意を払うべきだと指摘した。これを受け、李部長は劉次長のドミニカ共和国訪問について明らかにした。

李部長は今年7月にドミニカ共和国を訪問。だが、その際李部長はバルガス外相と面会できなかった。外交部は、バルガス外相は公務で海外滞在中だったため、外相代理が李部長に付き添ったと説明した。

同部職員によれば、劉次長のドミニカ共和国訪問は、交流促進のためで国交に問題が生じたからではないという。

この職員は、ドミニカ共和国がバルガス外相と王外相の記念写真を公開した理由について、来年、国連安全保障理事会の非常任理事国入りを目指す同国が中国大陸の支持を得ようとしたためだと分析している。

コメント

アニメ「ユーリ!!! on ICE」の展覧会、台湾で開幕 海外初開催

2017年10月20日 | 中華民國



(台北 19日 中央社)フィギュアスケートを題材にした日本のアニメ「ユーリ!!! on ICE」を紹介する展覧会「ユーリ!!! on MUSEUM」が18日、台北で始まった。海外開催は初。初日には登場キャラクターのコスプレをしたファンが多く詰めかけた。

「ユーリ!!! on ICE」は、漫画家の久保ミツロウ氏と山本沙代氏が原案を手掛け、男子フィギュアスケートの世界を描いた作品。展覧会では、描き下ろしの新規画をはじめ、設定資料や原画、完全再現したスケーターの衣装やスケート靴が展示されるほか、声優陣によるオリジナル脚本の音声ガイド、スケーターたちと写真が撮れる等身大フォトスポットも用意されている。同展の開催は東京、名古屋に続き3カ所目。

台湾での開催は吉本興業や同社グループ会社のMCIPホールディングス、テレビ朝日が主催。テレビ朝日総合ビジネス局イベント事業センターの小倉啓輔氏は中央社の取材に応じ、初の海外開催地として台北を選んだ理由について、世界各地で同作のファンが増えていると紹介した上で「特に台湾での人気がすごいと聞いた」と説明。良い縁に恵まれたことで台北開催につながったと語った。

登場人物の一人、ヴィクトルのコスプレで来場した女性は、「フィギュアスケートには難しい技がたくさんあるが、この作品の作画のクオリティーはとても高い。完成度の高さに本当に驚いた」と作品の質を称賛。主人公の勝生勇利に扮した女性は、「台湾にも『ユーリ!!! on ICE』のファンはたくさんいる。自分もこのアニメが好きで、フィギュアスケートの葉啓煌コーチに師事した」と作品に影響を受けたことを明かした。

「ユーリ!!! on MUSEUM」(勇利!!!on Museum 冰上的勇利展)は12月10日まで、台北市の華山1914文化創意産業園区で開催される。

コメント

ミシュランガイド「台北」2018版発行へ 来月6日に詳細発表

2017年10月20日 | 中華民國



(台北 19日 中央社)仏タイヤ大手のミシュランは18日、飲食店を格付けする「ミシュランガイド」の台北2018版を発行すると発表した。ミシュランの代表は来月6日、交通部(交通省)の代表とともに記者会見に出席し、関連の内容を発表する。

ミシュランガイド台北版を巡っては、台湾の飲食業界では昨年から発行の噂が流れていた。

これまでにミシュランガイドが発行されたアジアの国・地域は、日本、韓国、香港、マカオ、シンガポール、中国大陸・上海。今年4月にはタイ・バンコク版の創刊も発表された。
s
コメント