銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

石春産業は、又も、大きくだまして来たぞ、・・・・・・・現在書きかけ中

2018-04-27 23:25:42 | 政治

 さて、下の文章を書いて、のち、3日目に入って居ます。石春産業が片づけを始めました。やりながら、談笑をしていますので、死者は出なかったという事でしょう。三週間、間をあけたのは、私をひっかける為でした。いつもいつも、だましと罠の世界に居る私です。

 最初に置いた写真の説明をさせてくださいませ。これは、今の永田町における大騒動と、並行して伊藤玄二郎たちが起案し、実行をした、一大証拠隠滅工事の残渣です。赤い矢印で、ポイントづけられているみたいに、残渣が、二つ山になって置いてあります。そのうえ、もう一つこのブログの中で、下の方に写真が置いてありますが、より大量の残渣も、放ったらかしにされています。その期間ですが、三週間を超えております。

  私は以前から、「こんな怖ろしい事を、平気で、やって居たら、石春産業は、衰退に向かうでしょう」と、言ってきています。もしかすると、この2018年4月7日以降のどこかで、死者、もしくは重病人が出ましたか? アスベスト訴訟で、国家予算を使って自分たちの悪事をかばってもらっていく前田清子さんと、安野夫妻、それから、今般の事案で、大活躍をした小野寺夫人は、このケースでも、賠償用金として、官房機密費でも、使って、一億円でも出してもらうのでしょうか? 前田夫人が何日にもわたって、夜遅くまで外出していた現象があるので、その交渉だったと、推察するとぴったりと符丁が合います。

 それとも、個人的に、700万円づつ出して、伊藤玄二郎と、井上ひさしが、一千万円ずつでも出しますか? それでも、4000万円にしかなりませんんね。もし、私の推定通り、死者が出たとすると、4千万円では、とても合わないでしょうが・・・・・ただ、死者が出たと、見せつける工作なのかもしれません。彼は、朝令暮改瞬時に方策を変更しますので、何が何やら、判りませんが・・・・・

副題ぜろ、『この章を書くにあたってのお断り』

 これは、ですね。前報

青山【国連大学】前で、朝日新聞が内包する秘密を知り、【ウィメンズプラザ】で、福島瑞穂さんが、在日の人である事を知った。その二つが、今の永田町騒動を、解明する。  2018-04-26 09:20:11 | 政治

の、副題5以下を発展的に敷衍して行くものです。

 前報は、まだ、副題4までしか完成しておりません。で、副題5から、8までも非常に重要な話です。で、ここでは、それをこちらに移動をさせて、分析して行きたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『石春産業は、急に、工事を中断し、三週間も放ったらかしにしている。もしかすると、重病人、もしくは死者が出たのではないですか?』 

 今般の証拠隠滅工事(表向きは道路改修工事と呼ばれている)もの程悪辣なものはないです。そして、やらなくてもいい事なのです。本当にこの山の連中が起案したかどうかさえ疑わしいほどです。ので、途中で、私は誰か死人が出るのではないかなあ?と、言って居ます。

 

大原光孝に対する私の怒りはすさまじいです。そして石春産業の面々に対しても、です。大原光孝の挑発が行われたのが、6日でした。その、6日には、私に対しては、何も返事をしなかったのに、7日の午前中、大原光孝に対しては、大声で、ご挨拶を交わしていました。

 ところが、8日から、現在まで、「こときれました」と、いう程、何も仕事をやっておりません。コンクリートの残渣が入って居る麻袋を20袋程度、残したままです。で、そういう形で、例の重大極まりない悪である、証拠隠滅工事を、・や・ら・な・か・っ・た・ことにしたいのでしょうか? そして裏側から、こっそりと、工事代金を受け取る?

 それも一つの可能性ですが、私ね、別の可能性も考え始めています。三週間も放ってあるその産業廃棄物ごみの袋の山を、見ているうちに、『あれ、石春産業で、誰か死んだのかな?』と、思い始めました。私に対して、大量のいじめをすると、その人間は、必ず死ぬのですよね。天罰を受けて死ぬのです。特にそれを実行している人間が善人だと死ぬのです。それは、この40年間、何人にもわたって照明をされてきている事ですが、・・・・・まあ、明日とか、連休明けを待ちましょう。連休明けに、そのごみを、片づけ始めたら、私の推測が間違っていたと、成ります。まあ、死が訪れるとしたら、社長の弟だという下の人間でしょう。鼻をかんでいるところです。

 ふざけて言っているわけではないのですが、「事切れました」と言う語彙が、ぴったりな、ほどに、急に静まってしまって、しかも、後始末がしていないので、『ほんとうの人間の方が、事切れてしまったのでは、ないかな?』と思うほどです。石春産業が、もし、私のブログを読んで居たら、・・・・・私に対して、ひどい事をやる人間には、天から死が賜るのだ・・・・・と、知っていた、となり、しかも、自分達の真上に、その天罰が落ちたとなれば、恐れおののいて、すべてを、放ったらかしにして、逃げるのもありでしょう。そうなると、小野寺夫人と、大原光孝が後始末をしないといけませんね。でも、この工事で、一番助かるのは、安野夫妻と、前田清子さんだから、その三人も手伝う、必要はあるでしょう。(後注6を参照してください)

 本当にうるさい、工事音を上げてコンクリートをはがしていたのです。その葉がしたついでに、我が家のアジサイ畑を、土の畑と、いう形で、復活させれば、相当に、悪さは、相殺されるのですが、石春は、言う事を聞かず、小野寺夫人も白井達雄さんも言う事を聞かず、従って、白井達雄・小野寺夫人が、まあ、天罰を招いたとなるのですが、でも、死んではいないと、考えておきましょう。本当になんで、言う事を聞かなかったのでしょうね。将来、それは、質さないといけません。元の状態に戻してはいけないという理由は、何も、無いのですよ。

 死んだと、いう、嘘を、見せつけて、私が死んだというブログを書いた後で、あっかんべーという為に、工事が中断しているのかもしれませんしね。特にこの一行を書いたら、パソコンが大荒れに荒れたので、こちらが正しい予想なのかもしれませんね。彼らは、非常に悪辣だから、何を考え出すか? 知れたものじゃあ、ありません。

 ただ、伊藤玄二郎と仲良しになると、あなたが、善人だったら、災難と衰運が訪れると、それは、申しあげておきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『この証拠隠滅工事が、行われることは、去年の、10月25日に知らされた私だった。実際の作業は、2月26日に始まった。その日、石春のせんむだか常務だか(という男は上の写真で鼻をかんでいる男だが)が、この工事で、最も大きな被害を被っている私が話をしているのにもかかわらず、それをすっぽかして、安野夫人の方へ犬っ頃みたいに駆け寄って、ふタリで、にやりと、笑いあったのだった。その詳細は、以下のブログに詳しく書いてある。 

石春産業の常務と安野智紗夫人は、見つめ合い、ウィンクさえしあったが?・・・・・三菱銀行、鎌倉市、神奈川県・・・・・雪の下黒物語の8   

『おや、おや、この男は、安野夫人は、注文者でもないのに、犬みたいに、かけ寄って、ペコペコしている。という事は、この工事が伊藤玄二郎たちの発案で行われる、ごくごく政治的な案件であり、悪魔の側の工事なのですね。それを、引き受けている男だから、こういう風に犬みたいに・悪・魔・中の・悪・魔・様・のご機嫌を取っています。これを神様が、どう、ご覧になっているか、すぐさまブログに書かないといけませんね』  と。

 すると、その直後だった。私が上の、鼻をかんでいる男を目で追って、安野夫人との関係を見ている時に、目の前に残って居た二人の男のうちの一人で、とても賢そうな若者が、私に対して、こういった。「誹謗中傷の類を書くのですね」と言った。私はしばし彼の顔を見つめたが、何も言わなかった。しかし、・・・・・この「誹謗中傷を書くのですね」という言葉は、重要なので、後で、検討をしないといけない・・・・・とは、何度も言ってきている。で、ここで、検討をしよう。

 その男なのだけれど、非常に顔がいい。それで、もしかしたら、私の目の前に何度も現れた若手刑事が変装をしているとも思われる。しかし、そこを疑うと、きりがないほどの、字数を擁するので、ここでは、単純に石原の若手作業員だと、言う事で、論議を進めよう。

none; color: #000000;" href="https://blog.goo.ne.jp/amesyun-goo/e/afcc7ddff33f60818f18620ed2f6d3f2">石春産業の常務と安野智紗夫人は、見つめ合い、ウィンクさえしあったが?・・・・・三菱銀行、鎌倉市、神奈川県・・・・・雪の下黒物語の8

@@@@@@@ここが第一の書きかけ中の最先端です。

 私が、この一週間、井上ひさしの現状と言う形でブログを書き始めると、急にトランプ大統領と、北朝鮮が、全面に出てきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題α、『今、北朝鮮が、南北会談で、大ニュースになっていることの意味を、ここでは、軽くだけど、ともかく、一応語って置かないといけない』

 もし私が、一週間前からのブログ群を書かなかったら、北朝鮮報道は、それほど、大きくならず、かつ、麻生大臣は、辞任に追い込まれたでしょう。しかし、朝日新聞の女性記者と言うのは、実質的に、美人局(つつもたせ)であり、策謀をもって、財務事務次官に近づいたのだと、私が言い始めてから、急にその問題は、鎮静化して、いて、北朝鮮関連ニュースがNHKニュースの大半を占める様になりました。

 鎌倉エージェントは謀略を組み立てます。で、私は、すぐさま、理解しますよ。だけど、2009年ごろ、大相撲壊滅作戦のころ、瞬時に対応して、その問題が長引いて、自分も消耗をしたし、大相撲も壊滅的な損失を受けたのは、教訓として生かしております。

 その後旭化成建材の、杭うち疑惑マンション騒動、それから、やまゆり園事件、この二つは、瞬時に対応をしたのですが、長引きました。高枝切問題と言う大手メディアには乗らないが、悪質な事限りない問題は、瞬時に対応をして、その日のうちに鎌倉市役所に行き、担当吏員が何もわかって居ないし、主役の冨澤夫妻が、市役所を訪問をしていないという事が判って、伊藤玄二郎の悪意ある策謀だったことが分かってよかったと、思っています。

 しかし、こういう場合に、すべて、北朝鮮が、のさばってくるのです。

 以前は、ミサイルを発射するという脅かしでした。私は、それは、北朝鮮が造っているものではなくて、心臓部は、アメリカが提供している筈で、胴体部分はロシアが、提供しているだろうと、言って居ます。

 で、私が行って居ることが正しいがゆえに、ミサイルは、もう使われなくなりました。日本人を洗脳するために使われていたのです。そっちの方が大きいニュースなのに、あいつは、小さなことに拘泥して居て、つまらないブログだと、読者様が思うだろうと、言う趣旨で北朝鮮は、使われてきたのです。

 IS国も同じ趣旨で、使われている団体です。今しーんとしていますでしょう。いま、IS国を使ったら、さらに、バレバレに裏が私に判ってしまって、さらに、CIAや、その日本での中枢である、鎌倉エージェントについて、深い分析を始めてしまうので、IS国に関するニュースが一切出ないのです。しかし、ここで、こう、書くとパソコンの画面が、あれに荒れたので、更に真実だったと、思います。

 ただ、私が最近、外交問題について触れないのは、トランプ大統領が、いったいどうなっているのかが、まだ、判らないからです。彼は、核燃料を売り込みたい既成勢力(大富豪たち)とは、まだ、融合して居ないと、見ています。そして、既成勢力は時間が経っても、トランプを自陣営には、入れたくないと、思っているでしょう。ビルゲーツがどうかと言うと、ビルゲーツ本人が、独立峰で、居たいと、思っているでしょうね。だから、軽井沢に別荘を持つなどと計画をしているとみています。しかし、子供がいると、その結婚相手と言う形で、規制勢力がビルゲーツに近づいてくる可能性はあります。そして、既成勢力はビルゲーツだと、容認しやすいと思うでしょう。

 ともかく、トランプ大統領の、立ち位置が、いまのところ、わからないので、あまり、外交には、触れないで置いているところです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題β、「美人局(つつもたせ)とは、フェラチオを、暗喩的に表現している言葉だと思うけれど、私は、・・・・・朝日新聞の女性記者が、事務次官ペニスをホテル内で、咥えました・・・・・と、言うつもりはない。

コメント   この記事についてブログを書く
« 青山【国連大学】前で、朝日... | トップ | 金正恩に関する大報道につい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事