九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

まるでひと昔前のエロ映画!         あんころもち

2012年08月06日 | Weblog
 問題の「東電会議映像」、ニュースなどで部分的に紹介されていますが、その全容がNHKの以下のWEBにあります。
 しかし、全部で7本あるそのヴィデオ映像は、すでに伝えられている通り、音声の全面的な消去、部分的な消去、あるいはモザイクなどが徹底して施されていて、事故調などですでに明らかになっている情報以外はとことん隠蔽するという姿勢に貫かれています。
 それのみか、解釈のしようによっては意図的な情報操作にもなるように思います。

 この期に及んでこれはないですね。
 すべての国民が情報を共有し、それによって判断を下すべきだという大原則など、原子力ムラにとってはどこ吹く風なんでしょう。
 これではまるで、ひと昔まえのエロ映画と一緒で、肝心なところでは何をしているのかさっぱりわからない代物です。
 品のない例えで申し訳ないのですが、率直な感想です。

    http://www3.nhk.or.jp/news/0806touden/
コメント (1)

 メキシコ戦!  文科系

2012年08月06日 | スポーツ
 さて、明日はメキシコ戦。何度も触れさせて頂いたように、メキシコのこのチームは強い。
 世界順位でいえば日本20位に対して、メキシコは19位。だが、この順位は主としてA代表などのもの。この五輪・若者の戦いを振り返ってみよう。
 グループリーグのメキシコは2勝1分けで日本と同じ。得点3失点0も、日本の2の0とそっくりだ。なお、リーグ戦16チームで失点0はこの2チームだけである。メキシコの相手は韓国、ガボン、スイスの順で、日本がスペイン、モロッコ、ホンジュラスだ。ガボンはモロッコに勝ったアフリカ予選優勝チーム、スイスはヨーロッパ予選準優勝チームであって、メキシコ自身が北中米予選でホンジュラスに2対1で勝っている。

 何度か見たこの国の印象はこうだ。シュート力など個人技が非常に優れているが、パスで繋ぐ現代組織サッカーの流れに乗り遅れていると。毎年の5大陸チャンピオンズ大会には北中米からはおおむねメキシコが出てくるが、昨年末このゲームを豊田スタジアムで直接に見ていた印象などである。この時メキシコ・モンテレーは、アジア代表柏レイソルに1対1から、PK戦で敗れた。さて、この欠点がこの若者のチームでは完全に正されて、世界に追いついているのである。以下は、この7月21日メキシコとの親善ゲームで2対1で勝った時のGK権田修一の論評である。ヤフーニュースから取った。

【 今日の相手は今までと違いました。これまでの相手は、言ったらうちらが支配できていたし、相手ボールになってもミスしてくれることが多かった。今日も相手のミスに救われた場面がありましたが、クロスにしてもいいボールが入ったり、カウンターの1本の縦パスの精度だったり、レベルは高かったと思います。そういう相手とやって、しっかり結果を残せたのはよかったです。ただ、これで結果残せて良しとするのではなく、修正点はあるし、そこを修正していきたいと思います。
(CKやカウンターから危ない場面もあったと思うが?)あれは今までなかった部分じゃないですか。リスタートも単純に放り込んでくるだけじゃなかったし。ベラルーシやニュージーランドは、「いち、にの、さん」で上げて高さで勝負してくるだけだでしたけど、メキシコは高さがない分、工夫してきました。カウンターにしてもアジアレベルならわりとアバウトな感じの仕掛けが多いけど、メキシコはしっかり意図されていて、正確なパスに3人目の動きもあったし、質が高かった。そういう意味で、こでまでできなかった部分を体感できたのはよかったです。初戦まで、少し時間が空くので、その辺はしっかり集中して臨みたいです 】

 さて、7月27日ここの拙稿にこんな見通しを書いた。
【さて、グループリーグ残り2戦、これを1勝1分けなら首位勝ち抜けが確定して、次は多分エジプトと当たる。これに勝てばベスト4で準決勝の相手は多分、ついこの前に勝った強敵・メキシコ。ここでおそらく負けると思う。今回のこのメキシコチームは、スペイン、ブラジルと並んで優勝候補の一角なのであって、二度目は勝てないと見た。守備が見違えるように良くなった日本だが、メキシコは中距離シュートも含めて恐ろしいほどの得点能力を持っている。】
 この論評以降に準々決勝までを見てきて、かなり観測が変わったところを書いてみる。全くの互角と見た。総体としての力はメキシコの方が上だが、日本に比べて守備組織力に劣り、その分ムラがあると思うからだ。さしずめ、「シュート力のメキシコ・組織的防御の日本」という様相が予測されて、非常に興味深いのだ。
 
 もう一方の韓国・ブラジル戦は案外波乱が起こる気がする。南米の力は喧伝されているよりも落ちており、他方この大会初戦でメキシコと引き分けた韓国は良い監督の元で著しく成長していると思われるからだ。ブラジルは、7月18日にメキシコとやったテストマッチでは1対0で辛うじて勝っているに過ぎない。6月3日にもやっていてメキシコ2対0の雪辱戦だったのだが、それにしては貧弱な差というべきだろう。
コメント (1)