アリの一言 

オキナワ、天皇制、朝鮮半島の現実と歴史などから、
  人権・平和・民主主義・生き方を考える。
   

ハンセン病と沖縄と天皇制

2018年05月22日 | 天皇制と人権・民主主義

     

 19、20の両日、「ハンセン病市民学会総会・交流会」が沖縄で行われました。今回、「人権問題として共通する沖縄の基地問題」が初めてテーマに盛り込まれました(写真左は20日付沖縄タイムス)。

  ハンセン病の家族らは2016年2月に「ハンセン病家族訴訟」を熊本地裁に提訴し、元患者だけでなく家族をも差別・偏見で苦しめた国に謝罪と損害賠償を求めています。原告は508人で、そのうち約半数が沖縄県出身者です(21日付琉球新報。写真中は沖縄・宮古島の療養所「南静園」)。

  交流会では、「基地問題もハンセン病問題も国家や権力による構造的差別だ」「国は私たちを社会から排除し、人間扱いしなかった。基地問題では、県民が日本国民として扱われていないと感じる」(「沖縄ハンセン病回復者の会」平良仁雄共同代表)などの声が相次ぎました(20日付琉球新聞)。

  琉球新報、沖縄タイムスを読むだけでも、この問題の重要性が改めて伝わってきます。
 ただ、両紙の報道をみる限り、ハンセン病患者・家族に対する差別の根源ともいえる重要な問題が交流会では取り上げられなかったようです。それは、ハンセン病と天皇制(皇室)の関係です。

  6月25日から1週間は「ハンセン病週間」とされています。なぜか。この日が裕仁天皇(昭和天皇)の母、貞明皇后(節子=さだこ)の誕生日だからです。
 「ハンセン病の予防と救済」は貞明皇后の「三大事業」の1つといわれていました(他の2つは「養蚕(絹織物)業の奨励」と「灯台職員への激励」。高橋紘著『平成の天皇と皇室』文春新書)

  皇室とハンセン病(癩病)の関係は、奈良時代の「光明皇后施湯伝説」に遡りますが、それが1930年代に復活したのはなぜか。

 「皇室を慈善の府となし皇恩の広大さを目に見えるかたちで国民に知らしめるもっとも有効な事業はなにか。的は『救癩』事業にしぼられた。問題は国家の体面にかかっている。『癩』の問題を放置する国家を、西洋社会は文明国家と認めないからである」(片野真佐子著『皇后の近代』講談社。藤野豊氏『ハンセン病・反省なき国家』かもがわ出版より)

  国は患者を強制隔離する「癩予防法」を1931年(「満州事変」の年)に成立させ、それを推進するために「癩予防協会」を設立しました。その基金は貞明皇后が「下賜」したものとしました。また貞明皇后が御所の歌会(1932年11月10日)で歌った「つれづれの友となりても慰めよ  行くことかたきわれにかはりて」が、「癩患者を慰める」「御仁慈」の象徴とされました。

  「絶対隔離政策は、戦前は警察官を、戦後は保健所職員、都道府県の専門職員を動員して患者を強制的に隔離することによって達成された。しかし、それだけではなく、皇室を動員して患者に『御仁慈』を垂れ、人権意識を摩滅させることによっても絶対隔離政策は推進されたのである。強制隔離と皇室の『御仁慈』とは表裏一体のものとして、ハンセン病患者とその家族の人権を奪い続けたのである」(藤野豊氏、前掲書)

  「予防法」「予防協会」によって強制隔離と断種・堕胎が大々的に遂行されました。

  「その目的はハンセン病者のいない皇国建設のための『民族浄化』であった。らい予防法の制定も、患者ではなく、むしろ国民を『癩禍』から護るためのものであったのだ。戦争は隔離政策に拍車をかけ…ハンセン病者は皇軍の将兵になれない非国民であり、改めて、植民地をもつ一等国大日本帝国にとっての国辱とみなされた。…国辱の血の拡散を防ぐ終生隔離によって病根を絶つための断種と堕胎を法制化した国家があり、その法律が許すがまま、彼らの人権を故意に、あるいは無知により蹂躙したわたしたち日本国民がいたのである」(浜口稔氏「ハンセン病回復者の語る戦世」、明治大学公開文化講座『沖縄と「戦世」の記憶』2011年風間書房所収)

 「天皇の軍隊」である日本軍によって、直接的に強制隔離が行われたのは、戦場となった沖縄でした。

 「1944年3月、沖縄に第32軍が創設され地上戦闘部隊が続々と沖縄入りすると、軍は在宅患者を警戒しはじめる。…軍の駐屯により、住民と将兵が生活空間を共有するようになったことで、将兵がハンセン病に罹り兵力が低下するのを怖れ、警戒したのだ」(吉川由紀氏「ハンセン病患者の沖縄戦」。『友軍とガマ-沖縄戦の記憶』社会評論社所収)

  明仁天皇・美智子皇后は「ハンセン病療養所訪問」を続け、宮城県の療養所訪問(2014年7月22日)で国内すべての療養所(沖縄「愛楽園」「南静園」含め)を回ったことになりました。美化されるその「療養所訪問」は、貞明皇后の「御仁慈」以来の歴史を引き継ぐものであることを銘記する必要があります(ちなみに、美智子皇后が雅子さんに引き継ぐ「養蚕」も、貞明皇后の「三大事業」を継承するものです)。

  全国の療養所を回った明仁天皇・美智子皇后ですが、祖母(貞明皇后)以来皇室(天皇制)が政府の強制隔離政策と一体となって、「ハンセン病患者とその家族の人権を奪い続けた」ことに対する謝罪の言葉を口にすることは、ただの一度もありませんでした。


この記事をはてなブックマークに追加

「日馬富士暴行事件」をこじらせる「国技」という足かせ

2017年11月30日 | 天皇制と人権・民主主義

     

 日馬富士は貴ノ岩に対する「暴力事件」の真相が明らかになる前に引退を表明しました(29日)。なんとも不明朗な経過です。
 そもそも今回のことは、1つの傷害事件です。琉球大学法科大学院の矢野恵美教授はこう指摘しています。

 「落ち着いて考えてほしい。今回の相撲協会の騒動の発端は、自分の身内がこのような犯罪の被害にあったから警察に通報した。それだけのことだ。…むしろ犯罪があっても警察より先に組織に知らせねばならず、それを破れば処分だと言い出すことこそが問題だ」(24日付琉球新報)

 問題がこれほどこじれているのは日本相撲協会の存在・介入があるからです。そしてその背景には、メディアがけっして問題にしようとしない1つのキーワードがあります。それは「国技」です。

 日馬富士は引退会見(29日)で、何度も「横綱の責任」を口にしました。(写真左)
 横綱審議委員会は「規則」で、「社会に対する責任」など5項目の「横綱の品格」なるものを決めています。相撲協会や横審がこれほど「品格」にこだわるのはなぜか。相撲が「国技」とされているからです。 

 相撲協会の八角理事長は、十両以上の力士を対象とした「講話」(28日)でこう述べました。

 「日本の国技といわれる相撲日本の文化そして誇りを背負っているんです日本の国技を背負う力士であるという認識を新たにし、改めて暴力の根絶を胸に刻み込んでください」(28日、テレビニュースより)

 「国技」とは何でしょうか? 手元の国語辞典(清水書院)には、「その国特有のスポーツや武術。日本ではすもう」とあります。日本で「国技」といえば相撲のことです。ではなぜ相撲が「国技」なのでしょうか。

  その理由は相撲協会の「協会の使命」に明記されています。

 「太古より五穀豊穣を祈り執り行われた神事(祭事)を起源とし、我が国固有の国技である相撲道の伝統と秩序を維持し継承発展させる」(日本相撲協会のHPより)

 相撲が「国技」なのは、その起源が「神事(祭事)」、すなわち神道の宗教行事だからです。重要なのは、その神事(神道)との関係が「起源」にとどまらず、いまでも連綿と続いており、その点で大相撲は天皇制と深い関係にあるということです。

 例えば、相撲協会のHPの「協会のあゆみ」には、わずか7項目の記述しかありませんが、この中に「東京、大阪両相撲協会合併」(1927年)があります。この合併は、その前年に当時の裕仁皇太子(のちの昭和天皇)が協会に「御下賜金」を渡し、それで「天皇賜杯」がつくられたのがきっかけです。

 また、「土俵の改革」(1931年)も記されていますが、その内容は、土俵の屋根をそれまでの入母屋造りから伊勢神宮と同じ神明造りに変えたことです(協会のHPにはいずれも書いてありません)。

 天皇・皇后の大相撲観戦は今でも恒例になっています(写真右)。宮内庁はこれを「純粋な私的行為」と位置付けています。音楽や絵画の鑑賞は「公務」としているにもかかわらず、です。なぜでしょうか。大相撲およびその観戦が神道による宗教活動の一環と考えているからです。

 相撲が「国技」とされるのは、神道という宗教活動、そしてその点で天皇制と深く結びついているからにほかなりません。このことが相撲協会や横審、そして横綱はじめ力士の重い足かせとなっていると言わざるをえません。

 それだけではありません。

 今回の「事件」や日馬富士の「引退」に対し、出身地のモンゴル・ウランバートルの市民からは、「モンゴル出身の力士は日本の相撲界にふさわしくないと考えて、朝青龍に続いて日馬富士を辞めさせようとしている」「(日本からモンゴルの力士が)追い出されている気がします」(いずれもテレビニュースの街頭インタビュー)という声が出ています。

 その真偽は不明ですが、モンゴルの市民からそういう声が出ているのは確かです。
 そして、力士は「日本国籍」を持たなければ相撲協会には残れず、親方にもなれない、というのは歴然とした事実です。
 大相撲を神道・天皇制との関係から「国技」としていることが、閉鎖的な「ナショナリズム」「国籍主義」につながっていると言えるのではないでしょうか。


この記事をはてなブックマークに追加

竹下氏「同性パートナー・事実婚」発言の核心は何か

2017年11月27日 | 天皇制と人権・民主主義

     

 自民党・竹下亘総務会長の「同性パートナー・事実婚」差別発言(11月23日)は、個人的暴言として聞き流すことはできません。なぜなら、政権党の三役という要職にある者の公的な場における発言であるとともに、その背景には日本の政治・社会の重要問題があるからです。

 竹下氏は23日、岐阜市内で行われた自民党会合での講演で、天皇・皇后が国賓を迎えて行う宮中晩さん会に関して、こう述べました。

 「(国賓の)パートナーが同性だった場合、どう対応するのか。私は(出席に)反対だ。日本国の伝統には合わないと思う」(24日付共同配信)
 
 竹下氏はまた、フランスのオランド前大統領が2013年6月に当時の事実婚の女性を伴って来日したことに言及しました。

 「女性は奥さまではない。天皇、皇后両陛下と並んで座るのでどう対応しようかと、宮内庁は悩んだ」(同)

 この発言に対し、批判的反響が大きかったことから、竹下氏は翌24日、「言わなきゃよかった」としながら、改めて同性パートナーに対する考えを聞かれ、こう答えました。

 「私の周辺にも持つ人はいるし、付き合いもある。ただ、皇室を考えた場合、日本人のメンタリティーとしてどうかなという思いがあり、言葉になって出た」(25日付共同配信)

 竹下氏が「同性パートナー」「事実婚」に対して差別意識を持っていることは明確です。重要なのは、その差別意識が、「天皇、皇后」「皇室」との関係で語られていることです。
 竹下氏は、世界中で認められ、権利が保障されている「同性パートナー」や「事実婚」は、日本の「天皇制」と相入れないものと考えているのです。

 竹下氏がなぜそう考えるのかは明らかにされていません(報道されていません)。しかし、それはけっして竹下氏の特異な考えとは言えないでしょう。なぜなら、「天皇制」自体がそういう性格を持っているからです。

 日本国憲法は第2条で、「皇位は、世襲のものであって、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する」としています。その皇室典範は第1条で、「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する」と明記しています。

 これは言葉でこそ表してはいませんが、実態的には明治憲法の「萬世一系」(第1条)の天皇制を継承するものです。そして、「萬世一系の天皇制」は、日本の封建的・家父長的「家」制度と不可分の関係です。

 「男系男子主義を内実とする「萬世一系の天皇」のイデオロギーは、日本社会一般に通用する「家」制度と無関係ではなかった」(奥平康弘氏『「萬世一系』の研究(上)岩波現代文庫)

 しかし、「敗戦を契機として日本国憲法下構想される家族制度は、「家」を解体し、個人の尊厳にもとづ」(奥平氏、同)くものになりました。憲法第24条には家庭生活における「個人の尊厳と平等」が明記されています。

 戦前の「家」制度と一体の男系男子主義を続ける「天皇制」と、「家」を解体して「個人の尊厳・平等」にもとづくとした現憲法の精神は、明らかに矛盾しています。
 竹下氏が「皇室を考えた場合」というとき、その言葉の裏に憲法と矛盾する「家」を残す「天皇・皇室」制度があることは間違いないでしょう。

 さらに重要なのは、「家」をめぐるこうした現行憲法と「天皇制」の矛盾を、自民党や右翼勢力は、憲法を変えて「天皇制」に近づける方向で”解消”しようとしていることです。
 それがはっきり示されているのが、自民党の「日本国憲法改正草案」(2012年4月27日決定)にほかなりません。

 「草案」は「前文」で、「日本国は、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴く国家であって…和を尊び、家族や社会全体が互いに助け合って国家を形成する」とし、第1条で「天皇は、日本国の元首」とし、第3条で「日章旗」と「君が代」の「尊重」を義務付け、第4条で「元号制定」を明記します。そして第24条に「家族は、社会の自然かつ基礎的な単位」との文言を挿入します。
 「天皇の元首化」と「家」の復活が一体のものとなっているのが自民党の改憲草案の大きな特徴です。

 竹下氏の発言が、「個人の尊厳・平等」の憲法の精神と矛盾する「天皇制」や、自民党の改憲策動と不可分の関係にあることを見逃すことはできません。
 


この記事をはてなブックマークに追加

天皇が結婚を「裁可」する異常、そして「私的行為」の混同

2017年09月04日 | 天皇制と人権・民主主義

     

 「本日、天皇陛下のお許しを頂き、婚約が内定いたしましたことは誠にうれしく思っております」(眞子氏)
 「天皇陛下よりお許しを頂きましたことを大変ありがたく存じます」(小室圭氏)

 3日の「婚約内定会見」は二人のこの言葉から始まりました。秋篠宮の長女眞子氏と小室氏の婚約は天皇の「お許し」があって成立したものです。これを天皇の「裁可」といいます。二人の結婚(婚約)には天皇の「裁可」が必要。これはおかしくないですか。

 日本国憲法は、「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立」(第24条)すると明記しています。第三者の許可など必要ありません。天皇が結婚(婚約)の許可を与える「裁可」が憲法に違反していることは明白です。

 象徴天皇制には憲法に反することが多々あります。例えば「皇位の世襲」(第2条)は「居住・移転・職業選択の自由」(第22条)に明らかに反しています。特別な「天皇条項」を設けることで違法行為を「正当化」しているのです。

 ところが、皇族の結婚(婚約)に「裁可」が必要とは、憲法はもちろん皇室典範のどこにも書かれていません。結婚に対する「天皇の裁可」の違法性は、憲法、皇室典範に照らして言い訳の余地がありません。

 天皇・皇族にももちろん「憲法を尊重し擁護する義務」(憲法第99条)があります。まして小室氏は「民間人」です。結婚(婚約)の「天皇裁可」という憲法違反が許されてるはずがありません。
 この明白な憲法違反を指摘するメディア・学者が皆無なのは異常な事態と言わねばなりません。

 ところで、自民党の改憲草案(2012年4月27日決定)は、「家族、婚姻に関する基本原則」なるものを新設し、第24条第1項の「両性の合意のみに基づいて成立」を「両性の合意に基づいて成立」とあえて「のみ」を削除し、さらに同条第2項の「両性の本質的平等」の中の「配偶者の選択」を削除しています。天皇の「裁可」と通底するものと言わざるをえません。

 憲法違反の「天皇の裁可」が堂々と行われているのはなぜでしょうか。
 それは「裁可」が「皇室の伝統」(3日朝のNHKニュース)だからです。「皇室の伝統」とは皇室神道の伝統に他なりません。事実、皇族の婚約・結婚は「裁可」に始まって、一貫して皇室神道にのっとった儀式て行われます。

 象徴的なのは、「朝見の儀」(天皇・皇后への挨拶)の前に行われる宮中三殿への参拝・「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」です。宮中三殿に祀ってあるのは皇祖神・天照大神です。その参拝は神道儀式以外の何ものでもありません。

 神道儀式である皇族の婚姻は、明白な宗教活動です。したがってそれは「公的行為」であるはずがありません。眞子氏と小室氏の婚約および今後の結婚に関する一連の儀式はすべて天皇家の「私的行為」です。
 問題はその「私的行為」を、政府、メディア、市民が、まるで象徴天皇制による「公的行為」であるかのように扱っていることです。それは象徴天皇制の拡大解釈であり、憲法の政教分離原則に抵触します。

 「神道儀式が天皇家の私的儀式として行われたとしても、それが国民の関心事である限り、事実上、天皇と神道とは一体として国民の目に映ることになろう。そうであるなら、象徴天皇制の存在は、神道を特別視する感情を再生産しつづけることが予想され、それは神道を信じない者に圧力となって働くことになろう」(横田耕一九州大名誉教授、『憲法と天皇制』岩波新書)

 天皇家の私的行為(儀式)を公的行為であるかのように扱い喧伝するメディア。その腐敗ぶりを示す事実をもう1つ。
 3日の眞子氏・小室氏の記者会見で、質疑が終わった直後のことでした。報道陣の代表(幹事社)がこう言いました。「記者一同お幸せをお祈りしております。本日は誠にありがとうございました」。そして総員起立し二人の退室を見送りました(写真右)。
 これが記者としての言葉、態度でしょうか。「私的」な会合ならいざ知らず、れっきとした「公的」な記者会見です。国家権力(象徴天皇制ももちろんその一部)を監視するメディアの自覚、使命感はいったいどこへ吹き飛んでしまったのでしょうか。


この記事をはてなブックマークに追加

震災後の「外国人犯罪」の流言と「天皇ビデオ」

2017年06月22日 | 天皇制と人権・民主主義

     

 「人権と生活」(在日本朝鮮人人権協会発行)の最新号(44号)に「震災後の『外国人犯罪』の流言と現在」と題した興味深い論考が掲載されています。

 筆者は郭基煥氏(東北学院大教員)。関東大震災(1923年)では「朝鮮人が毒を井戸にもっている」などの流言が広がり、「自警団」(写真中)など「日本人の一般市民」によって少なくとも数千人の朝鮮人が虐殺されました。
 郭氏は「では、東日本大震災においてはどうだったのか。もちろん、流言によって特定集団に対する暴行が行われたという事実はどこからも聞こえてはこない。しかし、だからといって、あの時の状況は、1923年の状況とまったく異なっていたと言えるだろうか」という問題意識で、アンケート調査を実施しました(調査は無作為抽出の郵送で、仙台市=770票と東京新宿区=174票から、計944票の回答を回収。実施は2016年9月)。主な結果は次の通りです。

 ●「被災地で外国人が犯罪をしている」といううわさについて
      たくさん聞いた 1~2回聞いた まったく聞かなかった
  仙台市   32・2%    19・4%     47・8%
  新宿区   17・8%    22・4%     59・8%

 ● うわさを信じたか
      とても信じた やや信じた    あまり信じなかった まったく信じなかった
  仙台市   37・8%   48・4%     12・1%     0・8%
  新宿区   25・7%   60・0%     12・9%     1・4%

 ● 外国人のうちどのような人たちが犯罪をしていると信じたか(仙台市のみ。複数回答)
   中国系の人         63%
   朝鮮・韓国系の人      25%
   特にどの人とは考えなかった 26%

 ● 非常事態におけるイメージ
          信頼できる                 秩序正しい
     とても思う やや思う そうは思わない   とても思う やや思う そうは思わない
 日本人  12・3%  44・8%   13・1%    15・1%   51・7%   9.4%
 外国人  2・1%  19・5%    21・3%    2・1%   14・3%   29・2%

 驚くべき結果です。郭氏はこう結んでいます。

 <東日本大震災という危機にあって、日本人/東北人が美徳(「秩序正しい」などー引用者)をもっていることを強調する美名化の言説ーイデオロギーーは確かに共助の精神や復興への意志を効果的に鼓舞し、結集させたかもしれない。しかし、そのイデオロギーは、外国人犯罪の流言によってそのほころびを覆い隠すことで機能したのではないか
 そして、震災から六年が経過した今、考えなければならないのは、非常事態において噴出した日本(人)の美名化とアジア、特に中国(人)や韓国・朝鮮(人)の汚名化という相補的な言説が、社会が通常状態へと回復していく過程で、衰退するのではなく、むしろ、国政の舞台から日常生活にいたるあらゆる場面で何事かを語る際の定型的な認識枠組みとして定着してしまったのではないか、ということである。それが先鋭化したのが、日本人の「誇り」の元で朝鮮人・韓国人をののしるヘイトスピーチに他ならない。…1923年とは違う姿をまとった、同じ構造の何かが繰り返されたように思われる。

 郭氏は一言も触れていませんが、私はすぐに「天皇のビデオメッセージ」を思い出しました。
 「天皇のビデオメッセージ」といっても、「生前退位」を示唆した昨年8月8日のものではありません。天皇が初めてビデオメッセージをテレビで流したのは、実は東日本大震災から5日後の2011年3月16日でした(写真右)
 この中で天皇明仁は、「自衛隊、警察、消防、海上保安庁(この順番に自衛隊幹部は感激したー引用者)」などの救援活動の「労をねぎらい」、こう言いました。

 「海外においては、この深い悲しみの中で、日本人が、取り乱すことなく助け合い、秩序ある対応を示していることに触れた論調も多いと聞いています。これからも皆が相携え、いたわり合って、この不幸な時間を乗り越えることを衷心より願っています」

 明仁天皇の主観的意図がどうだったかは別にして、天皇のこの言葉こそ、「非常事態」における「日本人の美名化」の最たるものではないでしょうか。それが、無意識の中で、外国人(特に中国、朝鮮、韓国人)の「汚名化」と「相補的」な関係になっていることを銘記する必要があります。
 震災後のこの「天皇ビデオメッセージ」は、「日本国」に「象徴天皇制」があることの1つの意味を示したのではないでしょうか。   


この記事をはてなブックマークに追加

「皇太子夫人雅子氏の人権」と「象徴天皇制」

2017年04月15日 | 天皇制と人権・民主主義

     

 ◇いまは15日の正午。今日にもトランプ大統領による北朝鮮への武力行使が予想され、情勢は緊迫していますが、今のところ(幸いにも)特別の動きはないようなので、別のテーマで書きます。

 皇太子が13日、マレーシア訪問に出発しました。雅子夫人は今回も同行せず、東宮御所で見送りました(写真左、中)。マレーシア側は夫婦での訪問を招請しましたが、皇太子一人の訪問になりました。このことについて皇太子は、出発前の記者会見でこう述べています。

 「雅子も…できれば訪問したい気持ちでおりましたが…今回は私一人で訪問することとなりました。…雅子は、治療を続ける中で、体調に気を付けながら、努力と工夫を重ね、公私にわたってできる限りの務めを果たそうとしております」(11日、宮内庁HPより)

 雅子氏が病気のため皇太子に同行できないことは少なくありません。「皇位継承」が問題になっている中、天皇制の存続を望んでいる人びと、とりわけ明仁天皇と美智子皇后が最も頭を痛めているのは、実はこの問題、雅子氏は皇后としての活動ができるのか、という問題ではないでしょうか。なぜなら、明仁天皇や美智子皇后は「象徴天皇制」において「皇后」はきわめて重要な役割を果たすものと考えており、実際に皇后美智子はそれを実践してきたからです。

 美智子皇后は2002年の誕生日にあたり記者団から「これからの女性皇族の役割」について聞かれ、文書でこう回答しています。

 「皇后の役割の変化ということが折々に言われますが、私はその都度、明治の開国期に、激しい時代の変化の中で、皇后としての役割をお果たしになった昭憲皇太后(明治天皇夫人ー引用者)のお上を思わずにはいられません。…昭憲皇太后の御時代に、近代の皇后のあり方の基本が定まり、その後、貞明皇后(大正天皇夫人)、香淳皇后(昭和天皇夫人)がそれぞれの時代の要請にこたえ、さらに沢山の新しい役割をお果たしになりました。…先の時代を歩まれた皇后様方のお上を思いつつ、私も時の変化に耐えうる力と、変化の中での判断を誤らぬ力が与えられるよう、いつも祈っています」(宮内庁HPより)

 皇后美智子が明治以降の皇后の活動をふまえ、さらに戦後の「象徴天皇制」という「時の変化」の中で「新しい役割」を果たそうとしてきたことは明白です。その結果、「外国訪問」をはじめ常に天皇に寄り添って同行する「皇后像」をつくってきました。
 明仁天皇と美智子皇后がこうした「皇后像」の継承を雅子氏にも求めていることは明らかで、雅子氏も当然それを痛いほど感じているでしょう。それがさらに病気を悪化させていることは想像に難くありません。

 しかし、皇后美智子が実践してきた「皇后像」はけっして評価されるものではありません。というより、評価され正当化されるべきものではありません。なぜなら、こうした「皇后像」は憲法の「象徴天皇制」を逸脱するものだからです。

 憲法は第1章(第1条~第8条)で「天皇」について規定していますが、それらはあくまでも「天皇」についてであり、憲法に「皇后」の文字は一つもありません。
 皇室典範はどうでしょうか。典範でも皇后は第5条で「皇族」の筆頭に挙げられているだけで、特別な規定は何もありません。
 憲法、皇室典範に基づく限り、皇后が行わなければならない任務(仕事)・義務は何もないのです。

 では皇后美智子が行っている「外国訪問」や「被災地訪問」などはどうなるのか。これらはいずれも憲法が規定する「天皇の国事行為」を逸脱したいわゆる「天皇の公的活動」への同行です。
 天皇明仁は「象徴天皇制」のあり方を自分で判断し「公的活動」を拡大してきました。時の政権はそれを政治的に利用してきました。とりわけ「皇室外交」の政治利用は顕著です。「公的活動」の実行・拡大は、天皇と政権(自民党)が結託した憲法逸脱行為と言わねばなりません。皇后美智子氏の活動はその一環なのです。

 したがって「雅子皇后」が「美智子皇后」を踏襲する必要はまったくありません。いいえ、むしろ踏襲すべきではないのです。
 しかし、天皇制の存続を図る人びと(勢力)からは、「外国訪問」を含め「雅子皇后」にさまざまな活動を要求するでしょう。次期天皇である皇太子も先の会見のように「できる限りの務め」を求めています。周囲のこうした要求が雅子氏にとってきわめて大きな圧力となるのは必至です。

 病気の人にこうした圧力をかけて追い込むことは、人権侵害も甚だしいと言わねばなりません。
 長女の愛子さんに対しても同じです。愛子さんが学校へ行った行かないを宮内庁が発表しメディアで取り上げている光景はきわめて異常です。「不登校」に対するこうした登校刺激・圧力も人権侵害にほかなりません。

 雅子氏や愛子さんに対するこうした人権侵害がなぜまかり通っているか。「象徴天皇制」があるからです。もちろん雅子さんら皇族だけではありません。天皇自身の人権も「象徴天皇制」の名の下に数々侵害されています。天皇の世襲制・終身制のもその1つです。

 憲法の中心は「基本的人権は、侵すことのできない永久の権利」(第11条)という人権尊重です。その憲法の中に、基本的人権を侵害する「象徴天皇制」があっていいのでしょうか。
 私たちがいま考えなければならないのは、「生前退位」の問題ではなく、憲法と「天皇制(象徴天皇制)」の関係そのものではないでしょうか。


この記事をはてなブックマークに追加

伊勢サミットに憲法違反・「宗教的行為」の疑惑

2016年05月29日 | 天皇制と人権・民主主義

   

 伊勢志摩サミットが始まる前に、伊勢神宮の性格からみて、各国首脳が訪れることの問題を考えました(5月17日のブログ参照 http://blog.goo.ne.jp/satoru-kihara/d/20160517)。

 ここでは別の視点から、安倍首相がサミットで各国首脳を伊勢神宮に連れて行ったことの問題点を考えます。それは首脳らの伊勢神宮「訪問」は、日本国憲法(第20条)の「政教分離の原則」に反する宗教的行為ではないか、という重大な問題です。

 伊勢神宮が天皇家の皇祖神・天照大神を祀っている国家神道のれっきとした宗教施設であることは天下周知の事実です。したがって政府も今回のことが宗教活動とみなされないように、首脳らは「訪問」したのであって、宗教的行為となる「参拝」ではないと強弁してきました。

 結果はどうだったでしょうか。
 政府は、「首脳らに日本の自然や伝統文化を肌で感じてもらった。神仏を拝むような宗教的行為を強要することはなかった」と言います。ところが政府は、「境内での行動の詳細は明かさないまま」(27日付琉球新報)なのです。

 「首脳らは内宮の最も奥に位置する正宮まで進んだ。天照大神が祭られ、神道の作法である『二拝二拍手一拝』する場所だが、外務省はこの場での安倍首相や首脳なの行動を非公表とした。正宮での取材は禁じられ、中継映像でも様子は放映されなかった」(同)

 各国首脳が伊勢神宮内でどのような行為をしたのか、一切非公表なのです。これでは政府がいくら「神仏を拝むような宗教的行為はなかった」と強弁しても、それを証明することはできません。
 ほんとうにやましい所がないのなら、なぜ取材禁止にしたのでしょうか。堂々と公開すればいいではありませんか。隠すほど現る。首脳らが宗教的行為を行った疑惑は極めて濃厚です。その場合、首脳らは安倍首相の指示に従った(あるいは見様見真似)でしょうから、事実上安倍首相が「参拝」を強要したことになるでしょう。

 もう1つの見逃せないのは、「記念植樹」(写真右)です。
 植樹は「地鎮祭」などと違ってそれ自体が宗教的行為とは言えないでしょう。しかし、植樹によって樹木を伊勢神宮に提供することは、神宮への寄付行為にあたるのではないでしょうか。そうだとすれば、サミット費用から特定の宗教施設に公金を支出したことになり、憲法上重大な問題が発生します。専門家の見解を聴きたいところです。

 ところで、今回のサミットで一番先に日本に来たのは、カナダのトルドー首相夫妻でした。トルドー氏らはタイトなスケジュールの中、伊勢志摩へ向かう前日、東京に滞在しました。真っ先に訪れたのは、明治天皇を祀っている明治神宮でした。そして次に行われたのが、皇居での天皇・皇后との面談でした。
 こうした日程がトルドー氏の希望だったとは考えにくく、日本政府、というより安倍首相がつくった工程表だったとみるのが妥当でしょう。

 首脳らを伊勢神宮に連れていくのは安倍首相の強い意向でした。安倍氏は首脳らに「日本の伝統や精神性に触れてもらいたい」とし「(伊勢神宮は)日本の精神性に触れるには大変良い場所」(琉球新報同前)だと公言していました。

 伊勢神宮は国家神道の中心であり、天皇裕仁はアジア太平洋戦争に突入する前に行って「戦勝祈願」(1940年6月9日)し、敗戦後に再び訪れて「終戦奉告」(1945年11月2日)を行うなど、侵略戦争推進の精神的支柱になった所です。

 日本の首相が、このような宗教的・歴史的意味をもつ宗教施設を「日本の精神性」を代表する所だとして各国首脳を案内し、おそらく「参拝」させたであろうことは、憲法違反の宗教的行為であると同時に、極めて重大な思想上、イデオロギー上の問題だと言わねばなりません。

 そしてこうした安倍首相の「思想」、政治的思惑が、「日本国は、長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴である天皇を戴く国家」(前文)、「天皇は、日本国の元首」(第1条)とする「自民党憲法改正草案」(2012年4月27日決定)と深くつながっていることを見逃すことはできません。

 


この記事をはてなブックマークに追加

「外国籍県民」を排除した翁長知事の責任を問う

2016年02月22日 | 天皇制と人権・民主主義

  

 「外国籍児100人就学不明 県内5市、調査せず」--21日の琉球新報1面トップです。
 「住民票がある外国籍の子どものうち義務教育年齢であるにもかかわらず自治体が就学の有無を把握していない児童生徒が、県内10市のうち5市で100人に上ることが琉球新報などの調べで20日までに分かった」

 さらに琉球新報は社説(22日付)で、調査していない5市の責任を厳しく指摘しています。
 「子どもの学ぶ権利を保障する上でも由々しき状態だ。・・・外国籍の子どもにも『育つ権利』を保障するためには、まず全ての自治体が就学の有無を調査し、把握すべきだ

 調査していない5市とは、那覇市、沖縄市、うるま市、宜野湾市、石垣市

 那覇市の場合、就任1年目の城間現市長よりも、昨年まで4期16年市長を務めた翁長雄志氏に重い責任があることは言うまでもありません。

 しかも、翁長氏が「外国籍県民」の排除で責任が問われなければならないのは、この問題だけではありません。

 2月1日の沖縄タイムス「論壇」欄に、「外国人の参加制限疑問 県民体育大会 国体より厳格」と題した土井智義氏(宜野湾市、大学非常勤講師)の投稿が掲載されました。沖縄県は昨年11月開催の第67回県民体育大会で、これまでの「参加資格」を変更し、日本国籍をもたない県民の参加を排除したのです。

 この問題は昨年12月6日付の同紙同欄の嘉手納良博氏(那覇市、テニス愛好家)の投稿で明るみにでました。
 嘉手納氏は「外国籍の課題は、単なる選手選考ではなく、大会趣旨、本県の目指すべき姿なども視野に入れ捉えるべき」だとして排除に抗議し、沖縄県体育協会に対し、①今回外国籍を認めなかったのはなぜか②その判断はどのような手続きで決定されたのか③今後はどうするのか、の3点を公開質問しました。

 これに対し、12月14日付の同紙投書欄で、安次富均・沖縄県体育協会事務局長がこう「回答」しました。
 「昨年(2014年-引用者)10月に競技団体と市郡体育協会宛て意向調査を行い・・・日本国籍を有し、かつ、本県で住民登録を行っている者を対象とするべきであるとの意見が多くを占めたため、ことし2月にその旨を周知し徹底するようお願いした」

 この経過を踏まえて、土井氏はこう主張します。
 
 「この解釈変更の結果、日本国籍をもたない人や国籍にかかわらず住民登録自体のない人が、県民体育大会の参加資格を失うことになった。これらの条件は、『日本国籍』を基本としつつも、『特別永住者』『永住者』の参加を認める国体の参加資格よりも厳しいものである。

 本件は、『沖縄県民であること』が、ある人びとの外部化によって成立していることを示すとともに、国からの上意下達だけでなく、地方レベルの『意向』でも既得権の制限がなされるという意味において、近年の朝鮮学校への補助金停止問題に通底する事例である

 特定の人々の参加を拒む解釈変更を、当事者に確認もせず、このように関係機関の『意向』で一方的に行ったことには疑問を持たざるを得ない。だが、問題は、手続き上の面にとどまらず、『外国人』と社会との関係そのものにかかわっている。すでにさまざまな権利が制限されている『外国人』が、大会に参加する家族や友人を横目に見ながら、また一つ社会参加を断念せざるを得ないとすれば、その気持ちはどのようなものだろうか。

 主催者の行政や協会は、スポーツを通じて全ての人が排除されない社会の創出を目指すべきではないか。『誰もが楽しく』という要望に照らし、参加資格の制限が廃止されるべきだと考える

 土井氏の主張に賛成です。さらに言えば、外国籍県民の排除はたんに「気持ち」や「要望」だけの問題ではなく、「スポーツは、世界共通の人類の文化である」(前文)、「国際社会の調和ある発展に寄与することを目的とする」(第1条)という「スポーツ基本法」(2011年施行)に反する行為です。

 同時にそれは、「万国津梁」というウチナーの精神にも反するでしょう。ちなみに、私が住んでいる広島県の体育協会事務局に問い合わせたところ、広島県では「外国籍の方でも問題なく参加できます」とのことでした。

 この問題で最も責任が問われるのは翁長氏です。
 それは翁長氏が県知事だからというだけではありません。当事者である沖縄県体育協会の会長が翁長雄志知事にほかならないからです。
 しかも翁長氏は、同協会が「排除通達」を出した2015年2月には、すでに会長に就任していたのです。

 翁長氏はこの問題についてどう考えているのか。見解と責任を明確にし、ただちに「外国籍県民排除」の「参加資格」を撤廃すべきです。


この記事をはてなブックマークに追加

天皇・皇后訪比③ 「慰霊の旅」は安倍改憲の先取り

2016年02月04日 | 天皇制と人権・民主主義

  

 安倍首相は3日の衆院予算委員会で、憲法9条の改憲を改めて明言しました。その“理屈”は、「7割の憲法学者が自衛隊に憲法違反の疑いを持っている状況をかえる」。つまり、憲法違反の状況(自衛隊)を憲法に従って変えるのではなく、逆に憲法を憲法違反の状況(自衛隊)に合わせようとする、まさに立憲主義の逆転です。

 この逆立ちした改憲手法は、9条だけではありません。「天皇制」や「政教分離」に関しても着々と進行しています。天皇・皇后による「慰霊の旅」は、まさにその1つなのです。

 ① 現行憲法にはない「公的行為」の拡大

 そもそも、天皇・皇后による「皇室外交」は、現行憲法上天皇が許されている「国事行為」には含まれていません。そのため憲法にはない「公的行為」とされています。

 「天皇を外交上元首として扱ったり、さらには制度化されていないいわゆる天皇の『公的行為』の拡大によって天皇の政治性、権威性をさらに高めようとする試みが行われている。その例としては、1947年以来の国会開会式への出席と『お言葉』の朗読、50年以来の植樹祭や国民体育大会への出席、52年以来の全国戦没者追悼式への出席、52年以来の大臣等におよる『内奏』、64年以来の生存者叙勲、戦没者叙勲、そのほかオリンピック等への公式出席や、たび重なる『皇室外交』などをあげることができる。多くの憲法学者が違憲とするこのような『公的行為』の拡大が天皇の権威性を高めるための巧みな政治的演出であることは言うまでもない」(舟越耿一氏、『天皇制と民主主義』)

 そこで、自民党はどうしようとしているのか。「日本国憲法改正草案」(2012年4月27日決定)で「天皇の国事行為」を定めた第6条に新たに次の1項を付け加えます。
 「天皇は、国又は地方自治体その他の公共団体が主催する式典への出席その他の公的な行為を行う
 その趣旨を、自民党の「日本国憲法改正草案Q&A」はこう説明します。
 「天皇の行為には公的な性格を持つものがあります。しかし、こうした公的な性格を持つ行為は、現行憲法上何ら位置づけがなされていません。そこで、こうした公的行為について、憲法上明確な規定を設けるべきであると考えました

 ② 「慰霊」で「国の宗教活動」に道を開く危険

 国立歴史民俗博物館の新谷尚紀教授は、「同じ日本語でも慰霊と追悼とはその意味内容が異なる点に注意しなければならない」として、こう解説しています。
 「追悼は通常死と異常死の両方ともに該当する語であるが、慰霊は事故死や戦闘死など異常死の場合が主である。・・・戦闘死の場合には招魂慰霊による積極的意味づけがなされ社祠(ほこら-引用者)が設営されるなどして戦死者は霊的存在として祭祀の対象となりうる。つまり死者が神として祀り上げられる可能性があるという点が特徴的である」(「民俗学からみる慰霊と追悼」)

 「慰霊」は、きわめて宗教性が高く、神社・神道との関連性が強い、という指摘です。

 ちなみに、8月15日の政府主催「全国戦没者追悼式」で、壇上にある標柱の文字は、開始(1963年)から1974年までは「全国戦没者追悼之標」でしたが、75年から「全国戦没者之霊」に変わりました。75年とは三木首相(当時)が戦後初めて首相として靖国神社を参拝(「私的参拝」)した年です。これには、自民党が狙った靖国神社の国家護持(靖国神社法案)が挫折し、「国家護持をあきらめた右派勢力は・・・靖国神社への『公人の参拝』を制度化しようと方向転換した」(若宮啓文氏『戦後70年・保守のアジア観』)背景があります。こうした右派勢力の策動と、標柱の文字が「霊」に変わったのはけっして無関係ではないでしょう。

 天皇・皇后の「慰霊の旅」は、現行憲法の「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない」(第20条2項)という規定に抵触する可能性があるのです。

 そこで、自民党はどうしようとしているか。「改憲草案」で上記の現行第20条2項に次の一文を加えます。
 「ただし、社会的儀礼又は習俗的行為の範囲を超えないものについては、この限りではない
 「Q&A」はこう解説します。「これにより、地鎮祭に当たって公費から玉串料を支出するなどの問題が現実に解決されます

 天皇・皇后の「慰霊の旅」が、自民「改憲草案」の「社会的儀礼」の例とされる可能性は小さくないでしょう。

 ③ 「天皇元首」化の先取り

 今回の訪比でも天皇・皇后は「国賓」であり、天皇はフィリピン儀仗兵を閲兵さえしました(写真左)。「両陛下が我が国にお越しくださったという事実そのものが、両国間の友好関係の深さを明確に物語っております」(1月27日晩さん会でのアキノ大統領あいさつ)と、天皇はまさに「日本の元首」として扱われたのです。

 現行憲法第1条「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」を、自民党改憲案はこう変えます。
 「天皇は、日本国の元首であり、日本国及び日本国民統合の象徴であって、その地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく」

 「Q&A」はこう明言します。
 「元首とは、英語でHead of Stateであり、国の第一人者を意味します。明治憲法には、天皇が元首であるとの規定が存在していました。また、外交儀礼上でも、天皇は元首として扱われています。したがって、我が国において、天皇が元首であることは紛れもない事実です」

 「元首」となった天皇が「象徴」するものを、「日本国民統合」(現行憲法)だけでなく、「日本国及び日本国民統合」に変えようとしていることも見過ごせません。

 こうして、天皇・皇后の「慰霊の旅」は、安倍首相(写真右は天皇を出迎える30日の羽田空港)が目論む改憲の先取り、地ならしとして、政治利用される危険性が高いのです
 現行憲法の「象徴天皇制」に対する賛否のいかんにかかわらず、改憲と連動したこうした「天皇の政治利用」を許すことはできません。

☆「天皇・皇后訪比」についての計4回のブログ(1月23日、2月1日、2日、4日)に、乗松聡子氏(「ピース・フィロソフィー・センター」代表)が質量ともに大幅に肉付けしてくださったものが、共著の形で英文オンラインジャーナル『アジア太平洋ジャーナル:ジャパンフォーカス』に掲載されました。乗松さんに深く感謝し、お知らせいたします
http://apjjf.org/2016/05/Kihara.html

 


この記事をはてなブックマークに追加

キネマ旬報ベストテン映画と天皇制

2016年01月11日 | 天皇制と人権・民主主義

  

 7日発表された2015年公開日本映画のキネマ旬報ベストテンで、第2位に「野火」(大岡昇平原作、塚本晋也監督・主演)が選ばれました。「日本のいちばん長い日」(半藤一利原作、原田真人監督)はベストテンに入りませんでした。

 両作品は、「戦後70年」に公開された「2つの戦争映画」として注目されました(8月25日のブログ参照。http://blog.goo.ne.jp/satoru-kihara/d/20150825)。
 キネマ旬報が「野火」を第2位とし、「長い日」を選外としたのは、同誌(映画関係者)の良識がいまだ健在であることを示したものとして評価されます。

 先のブログで書いたように、「長い日」の最大の特徴は、天皇裕仁を准主役として描き、美化したことです(写真中は天皇裕仁を演じた本木雅弘さん)。この点で、四方田犬彦氏(映画史・比較文学研究家)が興味深い指摘をしています。

 「この作品(「長い日」)が描きだす裕仁像は、『昭和天皇実録』が夥しい資料を巧みにモンタージュして浮かび上がらせてみせた裕仁像、つまり平和の実現のために努力を惜しまなかった誠実な権力者の映像に対応している。両者が同じ年に発表されたことは偶然ではない。原田は天皇裕仁をスクリーンに登場させることによって、彼の本質を逆に隠蔽し、その歴史的役割を批判的に考察する機会を観客から奪ってしまった」(「世界」1月号)

 原田監督はラジオのインタビューで、自ら『昭和天皇実録』を読んで脚本を書き、撮影したと述べています(2015年8月7日NHK)から、四方田氏の指摘は正鵠を得ています。

 ところで、キネマ旬報の第1位は、「恋人たち」(原作・脚本・監督・橋口亮輔)でした。「不器用だがひたむきに日々を生きる3人の“恋人たち”が、もがき苦しみながらも、人と人とのつながりをとおして、ありふれた日常のかけがえのなさに気づいていく姿」(チラシ)を描いた秀作です。

 その「恋人たち」にも、実は「象徴天皇制」が描かれているのです。
 それは、冒頭近くともう1回(記憶が正しければ)出てくる、「皇太子妃」雅子さんの実写映像です。3人の主人公のうちの1人、「退屈な日常に突如現れた男に心が揺れ動く平凡な主婦」(チラシ)が、せんべいをかじりながら、テレビに映った「雅子妃」に喜々として見入る場面と、その主婦がパート仲間と一緒に沿道で雅子さんに「日の丸」を振るシーンです。

 チラシでも橋口監督のブログや座談会などでもこのシーンについては触れられていませんが、私にはとても印象的でした。橋口監督はどういう意図で「雅子映像」を使ったのでしょうか。
 監督自身の口からその意図を聞くことはできていませんが、「雅子妃」が、「退屈な日常」を生きる中で「突如現れた男に心が揺れ」、「人と人とのつながりをとおして、ありふれた日常のかけがえのなさに気づいていく」「平凡な主婦」と対比させられていることは確かです。それで何を言いたかったのでしょうか。

 「日本のいちばん長い日」は、故岡本喜八監督作品(1967年)のリメイクです。岡本監督は乗り気ではなかったけれど会社の方針で撮らざるをえず、悩んだ岡本監督は「長い日」の完成直後、映画「肉弾」を自費制作し、いち特攻兵士の視点から戦争を描き直した、と言われています。
 岡本作品の中の「昭和天皇」は、すだれの向こうでしゃべることもない「殿上人」として描かれています。原田作品とはまったく別世界です。原田監督は岡本作品と比較して、「今は昭和天皇の人間性を描けるようになった」と語っています。

 橋口監督の「雅子映像」も、今日における「皇室・象徴天皇制」を映画に取り込んだものの1つと言えるでしょう。
 時代が昭和から平成へ、そして次の代へ変遷する中で、「皇室・天皇制」を映画・テレビ・小説で描くことが増えてくるかもしれません。その「表現の自由」は尊重されなければなりません。
 同時に、「皇室・天皇制」をどういう視点で描くのか。どういう眼をもって観るのか。作り手と受け手の双方に、(象徴)天皇制の歴史、日本社会の中で果たしている役割、そしてその「将来」についての見識が問われるのではないでしょうか。


この記事をはてなブックマークに追加