日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

4度目の映画化。

主演女優で並べるとわかりやすい、ので以下(笑)

 

1. ジャネット・ゲイナー(1937)

2. ジュディ・ガーランド(1963)

3. バーブラ・ストライサンド(1976)

4. レディー・ガガ(2018)

 

当ブログは、バーブラ・ストライサンド版だけ鑑賞済。

 

 

 

そして今回の映画化、はっきり言って、レディー・ガガ! に尽きる。

 

“Just Dance”でデビューした瞬間から、ド派手な衣装・メイクでジギー・スターダスト風。

その後も、近未来なメガネ・衣装で毎回イメージを変え「奇抜な人」なイメージが強い。

 

その彼女が、ほぼスッピンの状態で、アリー を演じている(写真)

セリフとはいえ「鼻が高過ぎてスターにはなれない」と宣告されているとまで吐露。

 

彼女の歌が超一級品であることは万人が認めるところで、素の彼女がその能力をおおいに発揮!

駐車場での、BGMなしでのアカベラ、から始まり、最後まで鑑賞者を圧倒し続ける。

これまで実像が見えにくかった彼女だけに、演技なのか自分の伝記映画なのか、だんだんわからなくなってくる(笑)

 

彼女を主役に置いた時点で、今回の映画化は成功だったと言えよう!

 

 

そして先日発表されたグラミーでも、

 

・作品賞(ドラマ)

・主演男優賞(ドラマ:ブラッドリー・クーパー)

・主演女優賞(ドラマ:レディー・ガガ)

・監督賞(ブラッドリー・クーパー)

・脚本賞(エリック・ロス、ブラッドリー・クーパー、ウィル・フェッターズ)

・歌曲賞

 

の6部門でノミネート。

 

 

実は、当ブログがなぜ レディー・ガガ! に尽きる、と言い切るのも、本当は不満もあるから。


上記での、作品賞・主演男優賞・監督賞、には疑問符がつく。

こんなに大根役者だったのか? と正直思った、ブラッドリー・クーパー の演技。

だけでなく強力なガガのVo.、派手なギターサウンドの中で、彼の声質は明らかに浮いていた(と思う)

 

 

 

なので、賞取りレースでいうと、あるとすると、

 

・主演女優賞(ドラマ:レディー・ガガ)

 

という予想。

 


youtubeから火がつき、ヒットが始まる構成にしている点で説得力アップ、などの工夫が効いている点で、脚本賞 もアリ?

かもだが、いかんせんベースのプロットがもともと弱い(笑)


というわけで...

グラミーののみならずオスカーに至るまで、賞を選ぶ人たちの基準が お祭りなのか 芸術なのか 2018年 なのか、をじっくり観察したい。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« METライブビュ... 鹿島アントラ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集