日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

いつかブログアップしようと思っていた映画。

 

今年のアカデミー作品賞「スポットライト」は聖職者のスキャンダル追及の物語で迫力があった。

「伝統」との闘いだったわけだが、こちらは「現在進行中」かつ「最高峰のコンテンツ」のスキャンダル。

 

写真は、本日の日経の記事(=社会面 スポーツ面じゃないところがことの深刻さを表している!)

そう「最高峰のコンテンツ」とは、米の「国技」アメリカン・フットボール!

「脳振とう=コンカッション で後遺症 NFL 認める」

後遺症とは、脳振とうを繰り返し受けることに起因する慢性外傷性脳症(CTE)のこと。

引退した有名プレーヤーの数多くがこれに悩まされ、人生・家族が破壊される。

 

 

映画の感想は別途じっくりアップするつもりだが、非常に迫力ある一本だった。

主演は元ラッパー、ウィル・スミス。

いつも流暢な英語の彼が、アフリカ出身の医師を演じ、訥々とした口調で語る。

 

その語り口から、真実があぶり出されるのだ!

死体解剖することで「気づき」が起こり、この仮説を実証すべく、NFL との激しい 軋轢 を戦い抜く。

アカデミー賞は撮り損なったが、ノミニー候補となっていたことに 十二分 胸が張れる演技だった。

 

 

記事の中でもこの映画について後半に触れており、この映画をきっかけにアメフトとCTEの関係が世の中化した、と。

もしかして、映画が世の中を動かす(こともある)かもしれないケース。

 

今こそ、劇場にかけるべき映画。早々の公開を求む!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )



« 映画:シング... さあ、どうな... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
『スポットライト 世紀のスクープ』 地味ながら誠実なアカデミー賞作品賞 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 「カトリック教会の性的虐待事件」という衝撃的な事実をもとにした作品。  アカデミー賞では作品賞と脚本賞を受賞した。  監督は『扉をたたく人』『靴職人と魔法のミシン』の...
 
 
 
映画『スポットライト 世紀のスクープ』★vs教会の記者たちの正義感に引き込まれる! (yutake☆イヴの《映画★一期一会》)
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169119/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 “神父による小児虐待事件”を取材した記者たちの物語です。 と言っても、“そのよ...
 
 


 
編集 編集