日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

映画が始まり、まず恐ろしい「既視感」に囚われる。

それは、数年前に日本国民が経験したこと。

 

やたら会議があり、予想通り「会議は踊る」

役所間のメンツの調整で、何も決まらないうちに事態がどんどん悪化する。

「想定外」という言葉が連発される。

(海水)注入によって事態収拾を図ろうとする。

ニッポン、という国自体の存在が、脅かされる... 

 

そう、3.11の悪夢がここで再現されているのだ!

 

 

そうしてほとんど手も打てないうちに、ゴジラは都内、神奈川県内を荒らしまくる。

関東在住の人にはたまらない場所が実名で続々登場!

 

羽田沖、大田区、鎌倉、武蔵小杉、丸子橋、新橋、霞が関、丸の内 etc…

 

監督が元々ジブリの短編でも首都を襲う化け物映画を作った 庵野 秀明 氏なので、これらを抜かりなく(笑)ゴジラが破壊しまくる。

このサマに、なぜかカタルシス ?

 

鑑賞後、電車で武蔵小杉のビル郡を通過したが、ついゴジラのサイズとか想像しちゃったりして楽しい(笑)

 

さて3.11の悪夢 = 雁首そろえても何もできない政治家・高級役人がを尻目に、主人公の矢口は「実力派」チームを結成する。

そのフレッシュなメンバーとともに、ゴジラ封じ込め作戦を検討し、具体的作戦にまで昇華させる。

が、多国籍軍の作戦開始までに行わないと、日本の首都は崩壊してしまう…

 

結論:物語のタッチは予想通り基本、「エヴァ」でゴジラもまるで「使徒」

この予想不可能なタッチが、新鮮なゴジラ映画を創造した。

政治・官僚組織をパロりつつ、後半はこれまでのゴジラ映画にはなかったような映像・企画で魅了させられた。

正にタイトル「シンゴジラ」と胸を張って言える出来!




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« リオ・オリン... リオ・オリン... »
 
コメント
 
 
 
ゴジラ と 巨神兵 (iina)
2016-10-24 09:33:10
トラックバックに誘導されて本ブログを開いたら、デカいゴジラに真に驚きました。

>鑑賞後、電車で武蔵小杉のビル郡を通過したが、ついゴジラのサイズとか想像しちゃったりして楽しい(笑)
その気持ちは、わかる気がします。^^

巨神兵エヴァンゲリオンには、特撮博物館で洗礼を受けてました。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/649d3d5b5de62b7bb2cefc29d45d0afd

 
 
 
羨ましい! (onscreen)
2016-10-25 01:14:57

巨神兵の展示、観たかったですう!!!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集