そんなに食うなら走らんと

食道楽(ラーメン中心)とカロリー消費(ランニング中心)の葛藤の日々

いまや@御徒町 「ラーメン+サービス豚飯」

2006-03-31 20:47:35 | ラーメン 台東区


満開の桜
風が憎い・・・
日曜は雨のようですね・・・
土曜日のお花見は欠かせないようで.

高尾山の桜を愛でてくるか,
都内をお花見ジョグするかで迷っています.



さてこれは昨日のお昼.
ずーーっと気になっていたコチラのお店に行くことができました.
この辺はなかなか来ない場所なんですよ~



頼んだのは「ラーメン ¥600」なんですが・・・

「豚飯」がサービスとな!?



てへ
やっぱりセットにしちゃいましたよ.
この後もう一軒予定していたのですが,



サービスの豚飯を断れるほど人間が鈍ってはおりませんよ.
で,この豚飯が



う(◎o◎)ま~~~!
なんです.
具沢山で量も満点.
よく見たらお店の看板にも書かれていましたね.
「ウリ」なんですね~ やっぱり



で,肝心のラーメン.
カツオやスルメ?の香る魚介優位のスープ.
鶏の風味も後から追っかけてきますね~
細麺がステキにスープを持ち上げますな.
何よりこのビジュアルが良いじゃないですか~
食欲をそそります.
なぜ今まで来なかったのか後悔させるお店ですな.



卵はデフォルトで丸々1つ分入っています.
これで特殊ご飯もサービスで¥600とは恐れ入りやした.



チャーシューも柔らかくて美味
半分かじって



ON!!
かじらないで乗せちゃうとご飯が全部隠れてしまう大きさです.
何から何まで気前が良いですな!

ケチなお店ってあるじゃないですか.
あれとは正反対の路線を行っているお店ですな.

超有名店にはなるには,ラーメン的な「ウリ」が弱い気もしますが,
ちょっと年配世代で埋め尽くされた店内.
「ガワ」より「実」を取る,
「わかっている」世代に支持されているのがわかります.
Comment

龍ちゃんラーメン@上野 「とりそば」

2006-03-31 20:36:41 | ラーメン 台東区
いまや」で「ラーメン+豚飯」という
ナイスなマンプクセットを食べた昼下がり.



でも初志貫徹
2軒目にトライですよ.
計画は実行に移さねばならんのです!
それが「漢」!

まあ,たかだかラーメン二杯にご飯一杯なわけで.
どおってことはないですよ.
体脂肪はウッキウキでしょうけどね.

さてこのお店
ズバリ「変」なんです.
「変」さで言うと
知る人ぞ知る「なんちゃって志村軒@東新宿」ぐらい.
相当であることがわかるかと.



狭い店内
店主さん一人でやっておられますが,



「ピーポ君」もこの有様.
「ラットちゃん」に化けてますがね.
しかも登録商標・・・
何かグッズをもらえるらしいですね.
次回是非聞かねば.
聞ける勇気をもっていませんが.



警察キャラもここまでいじられると諦めモード.



「マーライオン」の手書きぶりがステキ.
飽きさせない店内.



「絶倫コルベット」って・・・



これがその「絶倫コルベット」らしいですな.
店主さんはレーサーなのかしら?
バイクの町でお店やっているには意味があるのかもしれません.



さて,あっけにとられていないで頼まんと.



私は「とりそば」



相棒は「さばぶしラーメン」

見た目はクリソツですが,味は相当違います.

でね,これ
悔しいけど



う(◎o◎)ま~~~!
なんですよ~
なんで悔しいのかは分かりませんが.
でも悔しい!

鶏を前面に押し出している感じでもないですが,
コッテリトロリと甘みを感じるステキなスープ.
塩加減も上々.
モチョっとした太麺がこのスープに合っています.
舌触りノドゴシ等文句ありません.
ガサツな雰囲気の店内からは想像できない美味さに衝撃を受けますな.

一口もらった「さばぶしラーメン」にもまた衝撃.
これまた,さばぶしを前面に押し出している感じではないですが,
確かに魚が有意なそのスープ.
どちらも絶品ですよ.


しかしなんだこの悔しさは.
バカだと思っていた友人が英語ぺらぺらだった.
アホだと思っていた教師が絶品のオネータマを連れていた.
みたいな



ナルトがビジュアルを劣化させているとことがいいですね~



バラロールチャーシューも独特の風味でトロリとした逸品
ご飯に乗せたい美味さです.



海苔でROLL & IN!! しても
美味いじゃ (゜д゜lll) ないっスカ!!


いやいや,かなり好きなお店です.
2杯目なのにペロリンチョ.
このダレた感じがまたタマラン.
近くにあったら常連になっているでしょう.
「みそ」や「つけ麺」も興味をそそりますな~~


帰り道
こんなの発見



公道に犬小屋出しているのもスゴイですが.
屋根に宣伝を貼るセンス.
脱帽です.
ファンキーな店主さんなのでしょう.

何が正常なのかが分からなくなりそうな昼下がり.
Comments (4)

トンタイ@東新宿 「旧友とタイ料理」

2006-03-31 20:25:22 | 飲み タイ料理
久しぶりに昔の友人が山口から上京して来ました.
私のブログを見てくれているそう.
で,その中で行きたいところがあるかと尋ねると.
タイチャラーン」&「プロヴァンサル」だそうです.
なかなかわかってらっしゃる.
黄金のコースと言えましょう.

でもタイチャラーン開いてなかったり.
21時からだそうです.
ググってもなかなか引っかからないので情報不足.
行かれる方はお気をつけ下さいな.

でもいくらでも代替の候補はあったりします.
ということで,向かったのは「トンタイ」
甲乙つけられないお店ですな.



「シンハー」はお約束

積もる話はありますが・・・
落ち着きましたね~
昔はもっとキャピキャピしていたような.
すっかり大人の女性という感じ.
それに対して「全然変わっていないね」と言われる我ら.
ええ,変わらない飲兵衛生活を送っていますもの.



「空芯菜炒め」でスタートです.



早々にワイン
結構珍しいタイワインを置いてあったりします.
風味が不思議



「サテ」や



「プーパッポンカリー」なんかを楽しんだり.
山口にはこういうタイ料理屋が無いので,嬉しいらしいですな.
私なんか「ふぐ」がうらやましかったりしますが,
人間は無いものを欲する習性があるからでしょうかね.



「ヤムヌア」
牛肉のサラダですな.
相当辛いとのことですが,私にはそれほど・・・
鍛えすぎて,舌も麻痺傾向にあるようですな.



「ガイヤーン」はお約束
まず間違いないメニューを並べてみたり.



でもこれ強烈に美味いですからね~



2本目!
これもタイ産.
コチラの方がブドウの甘い風味が強くてウマーですな



「豚ノド軟骨の唐揚げ」



落ち着いたトークをするにはこんなおつまみが良いようで.



で,〆の「鶏肉バジル炒め ご飯乗せ」



卵も忘れずに~


無事〆たかと思いきや



まだ飲んでるし.

積もる話は尽きないようで.
今度は幸せな話を聞かせてもらいたいな~
もてそうなのにもったいない.
Comments (4)

プロヴァンサル@新宿歌舞伎町 「初めてシラフな立ち飲みフレンチ」

2006-03-31 06:11:32 | 飲み フレンチ
トンタイ」の後は大久保散策.
「韓国広場」や「タイ食材店」を巡って,お土産探しに付き合いました.
私にはもはや日常になっているこんなお店も,
山口の彼女にとっては物珍しいようで.

適度に腹ごなしをして向かったのはコチラ.
ご希望通りのコースですな.



初めてシラフです.
こんな黒板メニューがあるのですね~

店長さんと思しき人に「まいど~~」って言われちゃいました.
全然知らない顔・・・
確かに回数は来ておりますな・・・
こうしていろんなお店で記憶に無い知り合いを増やしているのかと.



何度もご対面しているであろうトイレも
初めてそのオサレさに気付きました.



お通しも出るお店だったんですね・・・



タコですな.
もう3-4回も来ているのに,こんな画の断片すらないとは・・・
ある意味衝撃的な夜でしたーよ.



もうお腹もイパーイだったので軽めに「生ハム」を.
ずっとカルパッチョだと思っていた画は生ハムでしたか.
最近,ずっと女性だと思っていた人が実は男性でした.
そんな感じ? 
実話ですけどね.



「白レバー」と



「子羊」を串で.
果たしてこれがフレンチかどうかは分かりませんが,
まあウマ~ではありました.


ということでワイン数杯でおとなしくバイバイ~
これぞ大人の飲みですな~
「念写」に至る飲みも楽しいは楽しいですが,
記憶がなくなるのは,物をなくすのと同様,
なかなかの喪失感なんで,できるかぎり避けたいところですが・・・

無(T▽T)理
Comments (2)

ひまわり@高田馬場 「特性つけ麺中盛り with 新携帯」

2006-03-30 23:50:23 | ラーメン 新宿区
いつも
IN!! とかやっている私ですが・・・
歳末大惨事」に引き続き,
またもや相棒携帯をトイレにIN!! してしまいました(T▽T)

和式だったのですが,
落とした瞬間,
すぐ救出すればセーフかも!
なんて救助を試みましたが,
その救助の手がさらに携帯を奥へ押し込んでしまいましたよ.

和式のくるりとまわる向こう側へ旅立った私の携帯・・・
もう永遠の別れはこの時点で決まっていたようで.

救助までに要した時間はほぼ10秒間.
もちOUT.
人間で言うと「窒息死」なわけで,
電源は点くものの,写真映像は「火星からのそれ」
みたいに砂漠状態.

その日に機種変しちゃいましたよ.
実に痛い出費ですな・・・
携帯が新しくなったのは嬉しいのですけどね.

ということで,
この記事が新携帯一発目の写真となったわけですが,
やっぱ時代の進歩を感じますな.
非常にブレにくくなってますな.
マイナス面はあるのかないのか・・・
だましだまし使ってみましょかね~


とドーデモイイ前置きが長くなりましたが・・・


なにかと話題のコチラのお店に行ってきました.
商店街の端っこですが,すでに結構な人気店になってましたな~



のぼりが出てないと気付かなかったかもしれません.
なかなか落ち着いたたたずまいですね~

おっと,
麺の量が無料で200,300,400gと増量できるとのこと.
しかも¥680!?
ということは・・・
もしや「やす」が付くお店と関係あります「べえ」



卓上に「たまねぎ」
これはもう間違いないでしょう!



さらには「魚粉」?
これは新しい~
「ガツン汁」なんていうタレを置いたお店はありましたが,
もはや時代は卓上に魚粉ですか.
出汁の濃さもここに極まれり!ですな.



頼んだのは「特性つけ麺中盛り¥930」



ぐは!
そう来ましたか(笑)
「やす」なお店つながりではなかったでしたっけ?
「六」なお店ともつながりがあるのかしら?( ̄∇ ̄)

もうこの「魚粉 on the 海苔」は一つの形ですな.
簡単にインパクトのある画を提供できますからね~
歴史に残るトッピングスタイルと言えましょう.



チャーシューと卵が追加で¥150upですか.
良心的ですな.
何から何まで「やす」なお店と一緒ですな.



「中盛り」は300gとのこと.
平皿に盛られるとそうでもなく見えますが,
まあそれなりのパワーは秘めていますな.



うん!美味いです!
流行の濃厚魚介魚粉トンコツ
最近ではあまりにスタンダードなので,感動はないですが,
とてもよくまとまっていますな.
コナコナし過ぎてないところがいいですね.
「やす」なお店よりケミ抑え気味なのがまたうれし.



チャーシューは脂分多めでトロリとした味わい.
悪くないですね~



卵も当たり障りの無い一品.
チャーシューも卵も冷たいので,
スープがすぐにぬるくなってしまうのが悲しいですが,
これはこの食い物の宿命でしょうかね.
こういう風に手をかけるといいのでしょうが,
値段がつり上がっちゃいますもんね.



海苔とチャーシューで
ROLL & IN!!
う~ん,贅沢~~



最後は大量の唐辛子で「自分仕様」


マンプクマンゾク ごちそーさま!
「六」なお店にはかないませんが,
「やす」なお店より美味いですし,
このボリュームがあれば,近々間違いなく行列を形成することでしょう.
近くの「千代作」とか気が気じゃないのでしょうな.


しかし・・・
どうしたらトイレにIN!!しなくてすむようになるのでしょう?
どなたか良いアイデアをおくんなまし~
Comments (22)   Trackbacks (9)