そんなに食うなら走らんと

食道楽(ラーメン中心)とカロリー消費(ランニング中心)の葛藤の日々

「オレ二郎 ver.2014 当日編」@自宅

2014-12-31 15:05:26 | 自作ラーメン
オレ二郎 ver.2014
始動してから2日経過

骨だけで
そこそこに色めいてきたスープに




肩ロース2kg超級を




ドーン!!




バラんとこも
美味く崩れてくれることを祈りつつ




ドーン!!




むしろ
自作派よりも
ジロリアンの皆さんの方が
熟知しておられると思われる




実は二郎的には
よりナイスな仕事ぶりを発揮する
ロースのとことか
ウデ肉のとことか




力士が大浴場にて欲情中の図




キテマス
キテマス
デテマス
デテマス




ちなみに
年末年始で高騰中との
あえての国産肩ロースは別口で




「エレガントオレ二郎」用に
(果たしてその必要があるのか?)
表面を固めたあと
60度キープで2時間ほど




低温調理の
偽ローストポークに変身中




ウンウン




イイ感じ
イイ感じ

っつか




忘れちゃ (゜д゜lll) イケナかった!!

まさかの背脂ミンチを
どう処理すべきか
迷うところだけれど




実は後々
まぜそば方面や
つけめん方面や
札ラー二郎方面で
スバラシイ仕事をすることになるわけで




ハイ
冷蔵庫に常備している (え?)
ブロック背脂と併せつつ




お疲れ様でした

もう
今年の全てが
無事終了したキブンで
真っ白な灰になったキブンです




もう
なんでも出来る今

エグゾーストも
ここにキワマレリー

ビールの数杯をもって
すぐにでも何にもできなくなりそうな
ヨカンに満ち満ちながら




オレ二郎三昧の
「まぜそば」




ああ
桐生まで三昧しに行って
本当にヨカッタと

美味かった以上に
ネタを貰えてヨカッタと




オレ二郎三昧の
「つけめん」




お蕎麦のように先にちょっとだけ漬けてお召し上がり下さい
オキマリの一言を添えるのも忘れずに




まあココで
ファーラウェイな
ドライビング桐生では叶わなかった




お疲れ (゜д゜lll) ちゃーん!!

シビれるビールに
気絶しそうになりながら




マジで血中アルコール濃度が吊り上がる前に
済ませておかなければイケナイ
とりあえずの三連発目

ラヲタの皆さん用ではなく
宅の家族向けに
優しさに包んでみますれば




2時間では短く
4時間では長すぎて
今の結論としては
とろ火で3時間強ぐらい

カネシを吸わせて
歯ごたえと旨味を残す
ステキなタイミング




ソコソコじゃ (゜д゜lll) ないっスカ!!

カネシを倍量にして
アブラも倍量にすれば
ソコソコがアガるかもしれないし!!

ってとこに




福島の新雪に包まれ
何かが届いたヨカン




いったい (゜д゜lll) どんだけ!!

っつか 左下!!

未だ見ぬ
遠く遠くの
会津二郎麺が混じっていたりして!!

こんなところで
こんなオレ二郎の横で




生まれて初めて
「雪がなんたるか」
を認識したもよう




わーい!!
ということで




この後は
記憶もそぞろな
いつもの飲み会になったもよう




ときを追うごとに
ワイルドに炸裂する画が
チラリホラリと残っているのみで




ちゃんと作れていたのか
記憶が定かで無いのが
何よりもの救いですけど




今年も一年間
お世話になった皆様
楽しいイベントの数々
ありがとうございました




来年もまた
幸せなニュースが
アレコレ飛び込んできそうなヨカン




今年に負けない勢いで




ますます盛り上げてイキましょう!!




来る2015年も
皆様にとって
幸多き一年でありますように!!


Comments (2)

「オレ二郎 ver.2014 仕込み編」@自宅

2014-12-31 12:50:14 | 自作ラーメン
恒例の
歳末
オレ二郎




今年もまた
その季節がやってまいりました

そうです
正味期限より消費期限が大切

そして
消費期限が書いてないことが
なによりも大切なこの世界でありますから


さて
オレ二郎に関しては
毎年物量が肥大していき
自ら首を締めること
NO LIMIT

早く済ませられことは先にやっておけ!!

オマケに
熟成のコシまで付いてくる
ということで




一週間前から始めていたりして




オーションをこの幅に切るとき
だけのために降りてくるインペリア

苦しかった手回しの日々
走馬灯のように黄泉返ります




なんだかんだで
この辺のアンバイに落としたくなるのが
オーションとの上手い付き合い方




イイ感じに
優雅に暴れてくれることを祈りつつ


ちなみにこの度も
らぁ麺やまぐちの皆様のお計らいで




大量の豚骨と
大量の肉を
ラーメン屋さんのプライスで

ホントに毎度
感謝しております




っつか
肉どんだけ

この間の鶏ラーもそうだったけど
やっぱ旨味は肉から

時間をかけて色を出すのは
骨の役割かもしれないけれど

旨味をどんだけ出すのかってのは
肉をどんだけ入れるのかってことで

まあ業者の方も
「なぜにやまぐちが背脂を?」
と思ったはずで

「おそらくラード搾取用だろうな」
と気をキカせたはずで




背脂がまさかのミンチだったりして
落ち込んだりもするけれど
私は元気です




わーい!!とか




はしゃいでいたのも
最初だけ




なんだかんだで
鍛えられるレヴェルの
ハードワーク




しっかりと洗って
今年もまた
ワイルド but エレガント
そちらの方を目指してみます




北海道からお土産もらっていたので
コレまたオーションとゴニョゴニョしながら




ついこの前々日に
多大な影響を受けたであろう
某桐生の三昧リスペクト
脳内に描いていたりして




スープのスタート時点は
こんなアンバイで
ひたすら豚骨をかき混ぜつつ




忘れちゃイケナイ様式美




臭みを抜きつつ
ニン臭をブチ込みつつ




当日
肉をぶち込んで初めて
二郎としての機能が始まるはず!!



はず!!






だった (゜д゜lll) のに!!

ガマンしきれず
超激ライトオレ二郎




肉なし五時間
昭和の昔のオレ二郎




コレから2日間
時間を追うごとに
豹変していってくれることを
祈りながら
Comment

てん to てん@沖縄 那覇市 安里 「木灰すば」

2014-12-30 12:45:34 | ラーメン 沖縄県


ココもまた
首里そばや淡水と並んで
いわゆる王道の
いわゆるスタンダード沖縄そば

基準麺で比較対象麺
ってことらしいけど




ヤヴァい立地に
ヤヴァい集客力




ぶっちゃけ皆さん
スタンダードを食いに来るというより




アッパーをネラって食いに来ている
そんな風情に映りますけど




古民家風かと思いきや
逆にトレンドコジャレ系

Hanakoっての
最近元気ないっぽいけど




まあ
そんなHanakoの沖縄特集に
真っ先に取り上げられそうな

まああの手の
ネラいを定めた空気が
充満してますが




なぁる
ほどね と

ヨカンを1mmもズレない
ドンピシャ的ビジュアルが
勃ちを諌めつつ




すでに
エッジな沖縄そばのモロモロ
そこそこに経験を積んで望むと
そこそこに肩を透かされそうな

首里そばとはまた違った
基本を外した基本のような




とりあえず
この辺を横に外して
ブラインドで啜ってみると

コイツはひとつの
カツオに微豚の
お上品な肉汁うどんという風情

讃岐ってんでもなし
稲庭ってんでもなし
九州のヤワでもなく
大阪のヤワでもなく

武蔵野、、
それも違うな、、

あっ
そうだ
そうだ




沖縄そばに
コレと近いのあったかも!!

なんて
一周してしまいそうな

ちょいと最近
モチョモチョ系沖縄そばに
当たりの強いオレたちには

やっぱりどうしても
お上品な肉汁うどん

いやしかし




コーレーグスをちょいと垂らすと




ああまた
沖縄に戻ってきたかも!!
と行ったり来たり

点と点を結んでみても
線として繋がってこないことが
たまにはあるような気がします

Comment

雨ニモマケズ@十条 「牡蠣×鶏白湯 特製濃厚らーめん」

2014-12-29 10:30:05 | ラーメン 北区
サイコロを振ったあとは
宮沢賢治か
ヌドールメイクしてみるか

どうせ3つ
イクとは分かっていても

そろそろ3回
イケないお年頃でもあるわけで




ぶっちゃけこの系列

テクはあるけど
惹きがなくて
ウリはあるけど
勃ちがない

全てはヤラされているように映るから
なんてのは
オレだけなのか




とりあえず
本日の三杯目に
挟めたら挟んでみようホトトギス
食えぬならそれも幸せホトトギス
ぐらいに通りすぎてみたら




釣られてしまってホトトギス

「牡蠣」の文字に弱い
だけでなく
「80食」の文字にもそこそこに弱い
ダメなオレですし

なによりも
出汁を抽出するという点で
ラーにおいては
とりわけ難しい食材と思われる
「牡蠣」が

しかも濃厚白湯モードにて
果たしてちゃんと
スープに活かせるのか

このグループがいたすのなら
いったいどうなるのかと

後学のため
ってのが何よりで




むう
こういうの来ちゃいましたか




そういうの
添えちゃいますか




そういうことに
なっちゃいますか ねぇ




だから消えると
アレほど言ったのに!! 的な

せめても
タレを塩系には出来んかったのか!! 的な

砂利道を爆走するガキのチャリンコより
その近未来を予想するのが
楽チンなアンバイというか




せっかくの牡蠣が
泣いているというより
散れている

牡蠣をコラボさせるんだったら
濃厚じゃなくて
活あさりの方とヤレば
ヨカッタのに

釧路でアレだけ入れているお店でも
その「牡蠣の質」を知っているからこそ
アレだけケアした一杯を出しているというのに




出したあとのが残ったのだとしたら
残らないぐらい出して欲しかった




出してないのを乗せているのだったら
乗せられないぐらいに出して欲しかった




そこに
さらなる散れを誘発させるべく
青のりとか
辛味噌とか

ババさまに言わせてみれば
大気が落胆に満ちておる!!
ラーメンがテキトーに満ちておる!!


そもそも
先にラーメンが出されて
その後に付け足された生もの

いつどこで
どのタイミングに
どの感動をもって食うべきなのかとか




サイドまでがテキトーに満ちていて
つまらんダジャレに満ちておる

いや
むしろ
何もかもがマッチしていないという点で
つまらんダジャレにも満ちていないとか

こんなテキトーのために
一千万円に吊り上げらたのかと
全財布が泣いておる




スミマセン
今日のところは帰りますわ

なんだか
お腹が一杯というより
頭が一杯になってしまって



雨ニモマケズラーメン / 十条駅東十条駅

昼総合点-





Comment

楓林@麻布十番 「五目そば +プチバイキング」

2014-12-28 13:05:20 | ラーメン 港区
覚えてないほどに
遠い昔に来ているはずなので




もれることなく
覚えていない

んー
書いてないぐらいだから
覚えなくてもヨカッタのかな と

思い立ったが
今日もキチ日なのか


まあ
フツーに
ディナーには来るべきでない中華の
フツーの
ランチタイム中華でしょー なんて

システムも分かってないまま
とりあえず入ってみると

超激満員 (゜д゜lll) じゃんか!!

4人席を二つに割られて
ポツンと居心地最凶
和気あいあいなリーマングルーピーに
ガッチリと囲まれるという

羊のカワをかぶった
オレンジジャージの雑種犬が
刺さる視線を一手に引き受けるという構図


っつか
バイキングなのか!?

なんとなーく
単品メニューがあったはずでは!?

あのー 単品もあるんスカね? で

再びブリ刺さる視線を一手に引き受ける
オレンジ雑種犬アゲイン


イキフンとしては
なにやら基本はバイキング

一品オーダーのお客には
前菜エリアのみからのプチバイキング付属
なんてアンバイらしくて

いやいや
プチバイキングだけでも
冷菜的なのが10品ほど
入れ替わり立ち代わり




前菜といえども
二度くらいはイカしちゃろうかという
濃厚な前戯レヴェル




コレにスープで
イイんじゃね?

いや
スキあらば
ビールでイクのも
サイコーかもしんまいなー

なんて折に




スーパースープ登場

あまりの居心地激セマなアンバイに
メニューのフォトグラフを所望する
スキも余裕もなかったけれど

10種類ぐらいの
麺類やご飯物があったのでは
ってのが




気合の入ったアンバイに
都度調理で運ばれてくるわけで




ぶっちゃけ
コッチのが正解なんじゃねの?
なんてのが

左右のリーマングルーピーからの
度重なる熱い視線+ヒソヒソトーク(十二分に聞こえる)にて
確信を深めるところでありますが




ナメてないじゃんか

けっこうな野菜と
けっこうな貝類
キノコの旨味も加わって
優雅な鶏がほぼ無化学

わざわざ
キシリア様にお伝えしなくても




コレはいいものだ!!

全マ・クベが
ギャン!!
とするかもしれない

期せずも飛び込んできた
満漢ランチタイム


いやしかし
コレが逆にもし

ユルリとした空間で
ユルリと際限なく続いていたらと
恐怖を感じさせるほどの




叉焼麺!!
そういうのもあるのか!!ってな
超激満貫ランチタイム


しれっと
聞こえないふりをしながら

横のOLグルーピーの
メンドウに耳を傾けてみると

「夜はサラダにしよう」
「今日はジムに行くから」
「わたしはヨガなの」

なんて言い訳を
ここぞ!!とカブせ合っていたのが
とても印象的

実は
虎視眈々とネタを拾っていたのは
アンタたちじゃなくて
オレなのかもしれないという
超激事実を
いまここに


しかし
いやはや




満漢じゃ (゜д゜lll) ないっスカ!!

オレとスプリットされた
もう一つの二人席に
後から来た一人客の女性

オレを超えるレヴェルで
居づらそうにしていたけれど

居づらいぐらいが
実は正解

これぐらいのハードルがないと
コイツが日常に組み込まれてしまうと
ヤベェ (゜д゜lll) ことになるぞ!!ってな
ウルトラ野口の
アザブジュバーン




なかなかにイケている部類の
ノンケミピュアチャイナ方向の五目そばを

坂内食堂ばりの
チャーシュー五目そばに
変貌させるのも自由なら

それに飽きたらず
蒸鶏トッピングを施すのも

チャーシューご飯を添えてみるのも

〆にデザートを盛ってみるのも

すべてが自由であるという

自由の怖さを最大限に受け止められるお店

ああ
じゆうがこわくて
まんじゅうこわい

居心地の悪さに慣れてしまうことが
何の何より
恐ろしい

Comment (1)