そんなに食うなら走らんと

食道楽(ラーメン中心)とカロリー消費(ランニング中心)の葛藤の日々

コクミンショクドウ@新宿小田急 北海道物産展 「なま味しょうゆらーめん」

2018-10-06 09:30:22 | ラーメン 千代田区
北海道の催事はアゲる
っての
全人類共通だよね

まあ
もれなく




イイラーメンが来ちゃうので
ラヲタは別次元で
アゲアゲしてますけど




行ったことないのに
なぜか味を知っているシリーズ

ラーメンコンシェルジュに以前
チルドをいろいろ
送ってもらったからなワケだけど

キョン!!と正油の立った
往年のポロサツらしくない
モダンな一杯
なんてイメージだったけど




おう
あのときのイメージ
そのまんまなモダニズム




濃ゆい正油と
お麩が郷愁をさそいながら




トロトロ半熟の黄色と
三つ葉のまばゆい緑で
レトロを打ち消すという

オールドニューなのか
ニューオールドなのか




そして
記憶ままの
キョン!!ってのが

果たしてコレで
札幌民にウケるんだろうか




いやしかし
ウケているからこそ
チルドの商品になってるんだよなぁ

なんて
あのときの感想が
そのまんまにリフレイン




なるほどコレ
味噌をイチオシにして

どの客も
ステレオタイプのポロサツを求めて
当然の味噌を選ぶワケだよなと




いやしかし
だったらこの店が呼ばれる
意味そのものが覆されちゃうしね

まあ
いろんな意味で
フシギな一杯

たとえ
北海道の物産展じゃなくても
どの県の物産展から登場しても




美味いんだけどフシギ

「コクミンショクドウ」
って店名なのも
どのコクミンに対してなのか
相変わらずのフシギ

いつまでも変わらないアナタで
いつまでも変わらないワタシで
ちょっとホッとしていたりしました






ラーメンWalker北海道2018 ラーメンWalker2018 (ウォーカームック)
KADOKAWA / 角川マガジンズ


Comment

五ノ井@神保町 「排骨担々麺」

2018-09-12 09:00:27 | ラーメン 千代田区
「辛味」という名の
ラー油なユマークが
ビッシリと浮いたところに

カーボなヌードルを
ガッツリ泳がせて

まさかその上に
揚げ物をガツンと乗せて

まさかまかさかの
ライスを添えて
炭水化物を重ねるという

ファットとカーボにまみれた
この世の末であり
四十路には狂気にも映る
激烈凶悪ランチ

いつ食うの!!




あすかな!?

なんつて
ラヲタにしか分からないような
しょーもないやーつをつぶやきながら




渋谷のボススジにも
もう長らくイってないワケだけど

っつか
この店のおかげで
何年ぶりかに思い出したぐらいで




うーん
渋谷にも担々麺以外あったかな
なんつて記憶もメローだけど

調べてみたら
「味噌」なんかもあったりして

だったら本家にも久々に!!
なんつてね
増やさなくていい宿題
仕込んでしまうのが
ラヲタの性とでも言いましょうか




ってことで
コレしかないでしょ!!的
排骨担々麺

と思ったら
横のクチャラーは
フツーのノーマルラーメン食ってて

だったら
なんでこの店にあえて!!
なんつて驚いたのは置いといて




チミってば
マストなラヲタの作法を
ジーーッと見るよね

どうしてそう
人のことをじっと見られるのか

おねいさんの胸元とかも
そうやってじっと見られるんだろうね

そうそう
クチャるぐらいに無神経だと

ジーーッと留めて見るぐらい
しっかりと無神経だったりして




いやしかし
チミがあんまりに
クチャるものだから

ほら見て下さい
ラーメンの味のことなんかそっちのけで
再びクチャラー論に
なってしまうじゃないか




いやしかし
チミよりドイヒーなクチャラーには
かつていくらでも出逢って来たけど

ぶっちゃけたところ
最近はズイブンと遭遇しなくなってきた

もしかして
学校教育の「道徳」あたりに
そろそろしっかりと組み込まれたり

SNSなりを通して
そこそこに教育が行き渡ったのか




の・は・ず・な・の・に

隠れキャラなんか
チミは

突然変異か
チミは

それを許す家族
ってことは
チミの家族も
それなんか




知り合いのおねいさんは
もしチミみたいなのが横に座ったら
店員さんに堂々と
「席を変えてくれ」
と言うそうだ

初めて聞いたときは
マジ (゚д゚lll) っスカ!!
なんて驚いたものだけど

「そういう民度の客が集まるお店」
なんて思ったまま帰られるよりも
お店の側としてもイイかも

なんて思えるような
それぐらいの日本人に
オレたち育ってきたと思っていた




ココでチミに遭うまでは!!

いやホント
チミのコレからの人生のためにも
よっぽど注意してやろうかと
どんだけ悩んだものか

いやしかし
スマンことに
ガマンを通してしまったよ オレ

チミがもし激昂したらとか
チミがもしそれを続けたりとか

考えただけで
インポになりそうで
オレは逃げてしまったよ




さてどうしたらイイ

チミみたいなのに
コレから出逢ったとき
オレはどうしたらイイだろう

彼女みたいに
席の変更をお願いするべきなんだろうか

いやしかし
チミぐらいの器だったら

まったく動じずに
遠くからも聞こえるように
クチャり続けてくれるのかもなぁ




ほら見て下さい
結局ラーメンなんて
じっくり味わうことなんか出来ずに

チミのことばっか
じっくり味わうことになってしまった

ラーメンには罪がないとしたら
チミの罪は百万倍だと思って欲しい


とりあえず
今日のところは




終わらないクチャを嘆こう
僕やチミや彼等のため

終わらないクチャを呪おう
明日には笑えるように







クチャラー(落款付き) 書道家が書いた漢字Tシャツ サイズ:M 黒Tシャツ 前面プリント
メーカー情報なし


Comments (3)

光華飯店@神保町 「半チャンセット」

2018-09-06 09:40:39 | ラーメン 千代田区


そこにミニチャーハンはなかとですか!!




某ラーメン番組を見ていて
初めて知ったりして

この辺ググり殺してきたはずなのに
オレってばスッカスカやないかーい




うひょー
イイ感じに焼けてマース
なんつてね

ココに到達するまでは
「五目」一本に絞って
スキあらば半カレー!!
なんてキメてきたのだけど




ちょ
にわかには把握できないけど

卵とじ五目野菜炒め乗せラーメン
という解釈でよろしいか       (あんな感じ?)

んー
乗るか乗らぬか
伊達巻的ピンポイント

いわゆるあんな感じの
レトロスタンダード五目
頭ん中はアレ一色だったので




まあココは
半ちゃんラーメンの聖地
神保町でもあるワケだしね!!

ってことで
180度ではないけれど方向転換

この地における
正攻法でイクことに

っつか
周りを見渡してみれば
ほぼ全員がリーマンアローン

そして
ほぼ8割が半チャンセットという




うん
やっぱ正攻法!!




降りてきた瞬間に
大正解が約束されたの画に
全メタボリズムが超激アクティブ




メンマのコショーが
ニクいねー!!
このこのー!!

カイワレの緑が
眩いねー!!
このこのー!!




そう
ココに
海苔の一片
ナルトの一片が
既に余計に映るであろう
スキのない水面

「人」の字に寄り添うような
メンマ群とカイワレ群が
完全画として
際立たせながら




ちょ
キタコレ!!

ああ
ヤリスギてなくて
満ち足りている

スキも水っぽさもないながら
溢れ出している余剰感もなし

ああ
ちょうどイイって
まさにこのことだ




ちょいと硬めに上げた麺線が
ポクポクから
徐々に吸いながら
しっとりと落ち着きつつ

なんつーかな
熱いかなーなんて
こわばって入った風呂の中で
徐々に筋肉がほぐれていくような安堵感




そこにこの
「半」っぽくない
半チャーハン

コレがまた
ちょうどイイぐらいに
足りていないんだ

何が足りてないって
パラパラ以上
パサパサ未満

モイスチャー的に
上手い具合に足りてない




と・こ・ろ・に
このちょうどイイ
恵みのスープで




ムリなく押し流すような
麺線のストリーム




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

久しぶりに思ったね
この半チャン
カンのペキだ!!

金額的にも
神保町の巨塔たちを
ズバリと切ってくる




600円で猛勉強!!

オマケにコレ
土曜日限定で
500円にディスカウントされるという
フレっぷりも
ココにキワマレリー


半ちゃん文化的には
神的存在だったはずの
さぶちゃん無き
いまの神保町にて

の字はノらなくて

の字はイキフンが

だったら
の字の一択かな
なんて思っていたところ

またアレ行きたいなー!!
なんつてね
書きながらヨダレてしまう一軒

いまさらの神保町に
灯台モトクラシー
宝物に気付いてしまったキブンデス







半ちゃん (JUMP SUPER COMICS JSC057)
集英社


Comment

長尾中華そば 東京神田店@小川町 「ごぐにぼ」

2018-08-10 07:20:12 | ラーメン 千代田区
催事に継ぐ
催事にての逢瀬

まだか
そろそろ
いやいや
ぼちぼち

そして
再び催事を繰り返し

年に一度ぐらいで様子見的
そんなラヲタにとっては
むしろ好都合であったりする長尾さんが




とうとう東京進出
ってことで

にわかにこの界隈
ザワザワしていた気のする
ココ数日のこと




平日とはいえ
シャッター10人超という
既に認知度マンテンってことで




完全にキメてきたけど
ちょっとだけ悩んだフリをするの図

ぶっちゃけた話
濁を一杯で済ますのか
清と濁の二杯にしちゃうのかを
思いっきり悩んでいたの図でしたけど

まあココは
特濃から始めよう
ってことで


もう5年以上前になるのかしら
本場青森に朝イチ
「ごぐにぼ」がまだ
間に合っていなかったあの日以来

渋谷の催事でも
池袋の期間限定でも
ごぐっと重ねてきた記憶

ということで
もはや「裏」という名の
表メニュー




ロンでモチのコレ一本!!

多めのネギに
チャーがフカフカと鎮座しながら




いやはやドロンと
どエロい顔射っぷり

またアレが来た!!ってよりは
今度はこんなの来た!!って感じに

ココのラー相ってば
毎度違った趣なのが
お楽しみとも言えて




うん
確かにごぐってます

しっかり
ごぐってはいますけど

旨味のパンチが
渋谷池袋のときよりも
いくぶん控えめで




ココの麺って
無かん水なんでしたっけ

やはりコレも
ちょいと太めの加水っぷり




池袋の締まってた印象と比べると
スープの中での窮屈さが
ちょいと目立っていたような

ココはひとつ
ビッ!!とアゲアゲに

何かもひとつ
ビッ!!とアゲアゲに




卓上タレ!!
そういうのがあるのか!!




ビビッ!!と
興奮がマシてキマシタヨ




オマケにビビッ!!と
汗腺もフルオープン!!

まあ
今週オープンなので
いろいろと調整もあったのかと


ってことで
DGRも落ち着いた頃合いに
「あっさり」と「こく」

そして
ウワサに聞きます
超濁のMAXに納豆ライス

コレからユックリと
楽しみは尽きないはずで

そうです
ようやくこのお店と
焦らずお付き合いできるようになったのは

東京の全ラヲタにとって
大きな福音になるはずで






青森 長尾中華そば あっさり系醤油ラーメン
マルニ食品 株式会社


青森 長尾中華そば こく煮干し醤油味
マルニ食品 株式会社

お中元にも 長尾中華そば  こく煮干し 2箱セット【送料込】ラーメン 青森
長尾中華そば


Comment (1)

お茶の水 大勝軒 BRANCHING@神保町 「特製もりそば+生卵別皿」

2018-08-05 06:50:25 | ラーメン 千代田区
どーしても東池袋大勝軒!!
みたいなときが
訪れたりして

まあそいうのって
仕事にさらされていない
日曜の夜とかに多いのだけど

明日が待ち遠しくて
ホントに待ち遠しくて
昼までなんて待ち遠しスギ!!


そして
ようやくのお昼

息も荒く

小走りで




定 (゚д゚lll) 休!!

という
なんたる救えなさ

おひおひ
平日のビジネス街の
ど真ん中のこの箱で
賃料の1/7を捨てているとは

まさかまさか
想定してないワケで




そういえば2号店!!
なんつてね
よくぞオレ
思い出しました




ズイブンとカレー推し

そういえば
カレーグランプリかなんかで
優勝とかしちゃいましたっけ




いやしかし
たとえご自慢の
ミニカレーとはいえ

もりそばにご飯物 非推進委員会
としましては

やはりそこは
「そばっ食い」的な粋を
守りたいものでもありまして


「カレーつけめん」
そういうのはないよな

「カレーラーメン」
そういうのもないのか




純粋なカレー目的で
この店に訪れる日が
果たしてラヲタに訪れるのだろうか

なんつて
頚椎をヤリながら




ハイ
なんとか無事に
特性もりそば+生卵




「生卵別皿で」
コールを発しないと

つけ汁の中に入ってきて
散れてしまったりして
存分にその恩恵に預かることが出来ず

それは単純に
「濃厚さ」のみならず
「後半の滑り」でもあるワケだから

その日はずっと
まるで潤滑油を差し忘れたかのように
引きずったりするので要注意




「まずは麺だけで」なんて
スノッブを気取らなくてよいのが
大勝軒の楽さかなと

遠い昔の東池袋の一杯は
ズルンズルンに伸びていたり
デロンデロンにふやけていたりするところと
まだかろうじてシマっていたりするところの
乱雑なグラデーションを愛でる食い物だったけど




まあ
良かれ
悪しかれ
エントロピーは低めに
きっちりかっきりと




正直なところ
アレコレの祖であるところの直系

東池袋大勝軒系には
もっと乱暴に暴れて欲しい
なんてのが本音だったりしてね

丸大ウインナーのCMのように
ワンパクでもイイ

乱暴で
逞しいのに抱かれたい

なんつてね




さて
大切な後半戦

ココに
タレを数滴トランスしちゃう
なんてところから始めるのがマイフェバリット




やっぱこの方が
いくぶんだけど散れにくくて
いくぶんだけ卵の口福
長持ちするからウレシイね


そうそう
再放送やっていたので
「ラーメンより大切なもの」
久しぶりに観たのだけど

マスターがいたときは
常連中心に毎日がDGR

そして
マスターがいなくなると
あれよあれよと行列がなくなって

再び
マスターが戻ってくることになると
どこから嗅ぎつけてきたのか
以前と同様のDGR

分かるよ

ホントに
分かるわー

もう
映像自体も当時のものだから
霞がかかったようにメローなんだけど

やはり大将の作ったラーメンは
明らかにオーラを放っているという

雑で
荒くて
ドカンと
ズルンと
デロンなんだけど

「興奮をしっかり詰め込みました」ってな
整ってないことの美学の結晶
みたいなのが
画面越しにもハッキリと


常々
うすうす
気付いてはいたのだけど




オレは整ってない東池袋を入れたいんだ!!
と改めて

理性がブチ壊されて
溢れた野生が暴走するほどに

雑に荒々しく興奮が盛られた一杯を
今日もまた探している






ラーメンより大切なもの ~東池袋大勝軒 50年の秘密~ [DVD]
ポニーキャニオン


東池袋・大勝軒のオヤジさんが書いたこれが俺の味
あさ出版


Comment (1)