そんなに食うなら走らんと

食道楽(ラーメン中心)とカロリー消費(ランニング中心)の葛藤の日々

「タコさんもダメな3日間」@ドイツ キールの自宅

2007-01-31 05:48:48 | 海外で飲み食い
キリンさんが好きで~す







でも











ゾウさんの方がもっと好きで~す







でも











タコさんの方がもっともっと好きで~す



ドイツのソーセージでも
タコができました


巨大なタコに
妻も苦笑



しかるに




今現在食して良いのは





コチラのゾウさんのみ


しかも
咀嚼に咀嚼を重ねて
なるべく固形で摂取しないようにという
楽しくない制約付き


3日間のファスティングダイエッツ
現在ちょうど二日が経過したところ


酒無しでは眠れない普段の悪習慣と
あまりの空腹にさいなまされて
実に4時間の読書 bis Morgen


フ~ラフラであります


ここで
我が脂肪細胞に更なる鞭を打つべく
有酸素でファットバーン


あまりに不足している血中糖分


頑固なヤツらも
冬場の枯れ木の様に
豪快に燃えてくれることを心より祈って




ダイエッツ期間は
感覚が研ぎ澄まされるのか
食うものだけではなく
見るものまでいつもより美しく見えたりします
Comments (3)

「辣子鶏もどき」@ドイツ キールの自宅

2007-01-30 05:33:29 | 海外で飲み食い
街で一番の中華食材店でゲットした



コイツ


四川・重慶関連の
本格的な中華料理屋では
必ず頼む刺激的な一品


日本では
「麻婆」や「チンジャオ」止まりな
この手のパッケージですが



ここまでとは



いやはや

人によっては
致死量ですね


なになに
粉をふり掛けて
適当なワインでマリネせよ とな?


「適当なワイン」って



これ?



その辺はもう少し
適切に書いてもらわんと

テキトーではなくて



そして
なになに
熱した200mlの油に投入 とな?


え( ̄ロ ̄lll)?

揚げるんじゃなくて
それ全部摂取するの?


まあ
実際揚げていても
それぐらい摂取していそうですけど


実際目の当たりにする200mlの油
コイツがこれから体内に入ってくると思うと
さすがにひよりますな


ということで


油は控えめに~

って やってたら



なんだか水が出てきちゃいましたよ


悲しいかな電熱コンロ
急激に温度が下がって

少量の油でも表面カリカリ

なんてのは
夢のまた夢


鶏の肉汁で鶏を煮るみたいな
あさっての方向へ向かい気味



なんだかスゴイ画ですな

コレだけの唐辛子が入って1ユーロって
なかなかCPの高い一皿じゃないですか





完成と書いていいのかどうか・・・


まあソレっぽくは見えますが
鶏は揚がるというより炒められた按配

人はコレを失敗といいますね


しかるに



カ (;゜Д゜) ラ~~


そして


美味いじゃ (゜д゜lll) ないっスカ!!


辛さよりも麻さ
ビリビリがタマランですな~



これ抜きではいられませんがな


この一皿に相当する一皿は
ドイツにはまず無いでしょな

極めてアジアン
それも著しく局地的アジアン


アジアンの深さ
それも底なしの深さ
ドイツ人にも見せたいところですが


まずまっとうなドイツ人は
これに箸をつけることはないでしょう




ということで


調理法を誤ってまで油控え気味の昨今ですが
そろそろリセットする時期が来たかも


某お方が完遂されたとの
「ファスティングダイエット」


今それやってます


3日間
スープと野菜ジュース
数本のバナナのみでのコンプリートを実行中

もちろん酒抜き


腹が実に減っておるのであります


自分のブログが目に毒


ブログを書くのは
毒の持続時間が長すぎて
これ非常にツライなり


ひと思いにヤッてちょうだい!!  

ってな感じですが

あと二日間も続くようです
Comments (2)

「Hot Spot 味噌スパつけ麺」@ドイツ キールの自宅

2007-01-29 04:42:12 | 海外で飲み食い
毎朝まず確認するのは
外の景色

真っ白 or not



セーフでした~


雪景色も風情がありますが
動けなくなるのはやっぱりヤ


先週はドイツにもようやく寒波が訪れ
南の方では大変だったようで
大雪で高速道路とかスタックしてたみたいですね


一般的に北ドイツは
それほど雪はキツくないようですが


その代わりというか
「風」が恐ろしく強いので
外に出にくくなるのは確か


冬には鬱率急上昇という理由も
非常にうなづけたりして




さて
そんな寒い季節




辛いものが食べたいのであります
胃から温まりたいのであります


韓国的粉唐辛子をゲトして
ラー油を自作して
豚コマを自作して
高額のもやしをゲトして
あわせ味噌を用意して 等々

自作「中本」へは
その道が著しく険しいドイツ生活


仕方がないので



我が家的激辛ユーティリティー
タイ産の容赦ない魚粉パウダー



先日の「角煮」由来ラードに
カプサイシン抽出しつつの
「魚油」製作



「味噌スパつけ麺」の



この辺に
かるーく乗せてみました



一見なんともなさげ なわけですが
実はかなりのサディスティック


粘膜を刺激する
どころか
どこかに唐辛子が刺さりっぱなし?
な このインパクト



こんなに寒いのに窓全開
上下脱ぎ捨て
タオル片手でなくては食せない
極めて胃腸に優しい一品


人によっては
「寒くなる」恐れあり



ということで

サーモグラフィーで上空から見ると
Kielには約一点
明らかなHot Spot が確認できたことかと


なかなか満足なり





これまた
Hot Spotの元を見つけていたりして
Comments (4)

「久しぶりのジャパ的ソウルフード」@ドイツ キールの自宅

2007-01-27 05:55:50 | 海外で飲み食い
さて
IKEAで購入した



このネット


もちろん目的は

カルシウムバッチリの硬水で
優しく魚を洗濯してみる


なわけでなく       (マンボウさん いただきましたよ)





「干物」ですよ





洗濯物を窓辺に干してはいけないドイッチュランド


そんなわけないでしょ~
なんて思っていたのですが
確かに見ませんね


常識的な問題?
罰せられたりするのかしら?



とりあえず
有事のときを想定して

「あ~~ダイジョブです 魚なんで」


コレだけは独訳して覚えておかねばと


アレスクラ~ってね 


通るかどうかは別として



そんな
干された魚の満足な画を眺めつつ




刺身でも行けるニシン



ゴマと醤油でヅケにして
お粥にON!! でステキなひととき


美味いじゃ (゜д゜lll) ないっスカ!!


久しぶりの魚の脂が
実に全身に沁みますな




さて
干物はというと



干し過ぎちゃったかも
カリカリのスナッキー


思った以上に空気が乾燥しているので
あっという間に出来上がっていたりして


ホントは小さい魚には
「みりん干し」とか
保湿できそうな方法が
ベストなんですけどね~


叶う夢ですが
みりんが激高

高いもので美味いものを作るのは
信念に著しく反するので
グッとガマンのドイッチュランド



サバはなかなかいい感じ?

って



うま(;゜Д゜)すぎ!


一口食べた瞬間
意識は涅槃の境地


全身が震えましたな
オピオイドがドバッ


さらには


醤油にちょっと浸して

軽く幽体離脱


戻るのに時間がかかったので
しばらくの間
斜め45度上から見下ろしてました





思わず



有頂天



やっぱ日本人

魚は体に良いとか
DHAやEPAで頭が良くなるとか

そんなことはどーでもよくて

心に良い ことを謳うべきかと



ご近所さんにお分けしたところ
やっぱり感激してもらえました


レシピ聞かれたりして

塩をふって干す
だけですけどね


塩水につけたり
ナンプラーふったり
いろいろ手の込んだのもありますが
メンドイのはカンベン



さて明日は土曜日

マルクトの魚売り場がちらついて
遠い日の遊園地の前夜みたいな気分
Comments (5)

「久しぶりのお魚しゃん」@ドイツ キールの自宅

2007-01-26 05:33:14 | 海外で飲み食い
肉食獣と思われがちですが
実は「魚の方が好き」だったりして



あまりに説得力がないですが




前にも書きましたが
ここドイツ キールでは
生魚を手に入れることが難しいのですね

いくら新鮮でも
ほとんどが「燻製」されちゃってたり


そんなこんなで
必然的に肉中心に


しかるに
たまには日本人のDNAが騒ぎ出し
どうしても!な
魚欲求に襲われたり



唯一?の望みなこのマーケット

水曜と土曜の朝のみというのが難点ですが
雪で遊べない冬のシーズンは
毎土曜日にも行きたいぐらいのワクワクスポット



やっぱ何事も「生」ですよ



「生」!!


ということで



ニシンと



サバを


そして



ムール貝なんかを


ムール貝はキロ¥600
相当量おまけもしてくれるので
お得感もありますが

サバ×3+ニシン×5で
2000円以上しちゃうので
決して安い買い物ではないですな


ニシンなんか
カンヅメにされて食べやすくなっているのが
実に1/3ぐらいで買えますからね


魚はその場で
はさみでチョキチョキ~って
頭とお腹を落としてくれますが
量るなら切ってからヨロシク と


買った頭なら
持って帰ってスープに使いたいわけでして



魚はとりあえずおいといて


ムール貝ですが



「ワイン蒸し」以外に思いつかず

「パエリア」とかもいいんですけど
あれはムール貝を食べるためのものじゃない気がするのですよね


実は
当初「佃煮」を作ろうと画策したものの・・・
みりん500mlで¥1100という設定にひよって断念


みりんと酒
これが封じられては
急激に範囲が狭まる日本食



まあ「ワイン蒸し」って
何より簡単すぎるのが嬉しい

この手間のかからなさと
この味の安定性
手間 対 効果では
他に並ぶものが無いぐらいかと思うわけでして



あまりに大量だったので


色気を出して





「ムールなお粥」作ってみたりして

新鮮なので身もプリプリで出汁タプーリ



美味いじゃ (゜д゜lll) ないっスカ!!


これを数百円で楽しめるなら
定期的にバケツ買いしちゃいますがな


さて
残るお魚をどうしましょうかね~


ヒントは



IKEAで購入した



1ユーロの多目的ネット
Comments (11)