そんなに食うなら走らんと

食道楽(ラーメン中心)とカロリー消費(ランニング中心)の葛藤の日々

「焼きめざしでセデーション」@ドイツ キールの自宅

2007-05-31 04:49:04 | 海外で飲み食い
一部ドイツ人に
仕事のことでいろいろ聞かねばならんのですが
メールのレスがとにかく無いのよね・・・


何度書いても
あまりにレスが無いため
もしや届いてないのかも? なんて
直接行ってみると


「届いてるよ~~」って


「でも忙しいからまた今度~~」って


「アポイント取ってからにして~~」って




そりゃ(T◇T)ないべよ



アポイント取ろうにも


メールのレスすら(゜д゜lll)ないじゃん!!



結構こんなのが続いて
凹むことが多い最近


とにかく
お初メールのレスが少ないドイツ人
感覚としては1/5のリターン率


ジャンクメールと間違えて捨てちゃうんじゃないのか?


同じことを経験しがちな日本人の方は
そんな言葉を自分に投げかけて
何とかやっているみたいなのですが


やっぱ相当
プライオリティー低く見られがち
雑に扱われがちな東洋人


ギリシア人でさえ
ポーランド人でさえ
結構差別を感じるとのドイッチュな職場
東洋人は推して知るべし なのか



もう
ほんとに
困ったちゃん な最近ですが




日本の心を食して
セデーションするしかないかも



しかし何だね?


この美味い(゜∀゜)おつまみは!!


このアローン感がなせる
閾値の低さを差し引いても


この手の味が
心に沁み過ぎる海外生活





やるせない気持ちで
やるせない物体を回す夜



日本に戻ったら
今まで以上に
海外からのお客を大切にせねばと
心に誓う最近です
Comments (3)

○atal@ハンガリー ブダペスト 「量を食って大金を払う店」

2007-05-30 04:30:51 | 海外で飲み食い
ブダペストでかなり有名なコチラのお店


何で有名って
その


一皿で
現地の男性2名さえも撃沈との噂アリ


実に楽しみですが




まあお約束は守らんとね



そして
お店のオサーンが強く勧める



コチラ


「薬だから 薬だから」の声に乗せられて
よく分からずも
じゃあ一応 と頼んでみたら
貴腐ワインでした~よ


まあ
これが大きな間違いだったわけですがね


その巨大さにおびえて
スープ一つとメイン一つを頼んでシェア
なんてのが気に食わなかったのか
どうなのか


お店のオサーンに
思いっきり
ボラれてたわけでして



とりあえず




「グヤーシュ」



パプリカを使った
ピリリと辛い牛肉スープ
一番のお約束の皿


辛くて熱々
ほんのり汗ばんでしまうその一皿は
噂どおりかなりの美味


ラーメン丼ぐらいありましたけどね



そして




メイン


もう
どっちゃり ってな感じ

軽く息を呑む迫力


豚の足のロースト
ってな一品は



味はそこそこ かしらね
ハンガリアンと言うよりは
アメリカンな香りがプンプン




しかし減らない・・・
豚は氷山の一角 ってな


ほとんどは
ジャガイモベースの
ニョッキライクなカロリアスマヨパスタ ってな


確かにコレ
男性二人でも容易に撃沈するパワーをはらんでいるかも




味よりはその量に満足   ってか ウンザリ
しながら会計をお願いすると




そこには
目が飛び出るほどの金額
実に予想の2倍ほどが請求されてたりして



あわててメニューを見直すと
オサーンに勧められたワインは2000ftと
メインの1800ftを上回る設定



それを2本も持ってくるなんて・・・



普通のワインが300ftぐらいなところに

ええ 確かに
メニューの端っこの方に小さく

法外なソレはありましたよ


ええ
騙されるというか
乗せられちゃって
確かめなかった方が悪いんですがね・・・



EUに来て
もっともヘビーな
やっちまった感



隣で大騒ぎしていたイギリス人とおぼしき団体も
皆さん一本ずつ飲まれておりましたな
そして当然の様に
会計を見て奇声を発しておりましたな




いかんぜよ
有名な店がこんなのやっちゃ




日本のほとんどのガイドブックにも載っているお店
ググるといくらでも引っかかってくるお店
日本人の被害者がこれからも多発するであろうお店


Take care!!!!

Never go!!! と書いても良いかも
Comment (1)

「新たな相棒ゲッツな市場」@ハンガリー ブダペスト

2007-05-29 05:53:51 | 海外で飲み食い
Wienから
せっかくなので
Budapestまで足を伸ばすことに


無料で配っていた



こんなの飲みながら
快適な電車の旅


ただで物を配るなんて
めったにないEUライフ


ティッシュを買う必要が無い国が
実に遠く感じられますな




アウディ運搬中


ドイツで今
一番イケているのがアウディ
確かにシェア率急上昇
VWは押され気味?



さてブダペスト



エスカレーター

急過ぎ (゜д゜lll) 速過ぎ

軽く恐怖



そして
とりあえず向かうのは



市場かしらね やっぱり


珍しい野菜がイパーイ



刺激的なものもイパーイ



お約束の貴腐ワインもイパーイ



そしてサラミがイパーイ


同系のお店がここまで集中して
いったい商売になるのかと




(゜∀゜)!!!!


そう言えば
キューブ発祥の地ではないですか


ノーケアのオレ様ってば
バカバカ


ええ
もちろん買っちゃいましたよ




イケナイ物を・・・


そして




もっとイケナイ物



なんだか




スゴイ画になってますが
脳内もスゴイことになってます
Comment

「おかゆなマイブーム」@ドイツ キールの自宅

2007-05-25 05:12:54 | 海外で飲み食い
最近「おかゆ」に凝ってます



その満足度に比すると
ペイして余りあるローカロリー


カロセーブしたいときに
実に重宝する食い物ですな



そして何より楽しいのが
そのトッピン具




マティエス=酢油漬けの鰊




大活躍でございます
これぞ和独折衷でございます




さてこれは何でしょう?


実はほぐした
「鮭」の油漬けだったり


日本では焼きジャケほぐすところが
なんとドイツでは油漬け


もうこんなのにも
全然驚かなくなってますけどね




ええ




大活躍でございます




きゃ~
この贅沢さんが


おかゆが低カロリーだったのは
いったい いつのことだったのか



しかしですね


もっと心に響くものがあったりして




コ(゜∀゜)レ!!   フフフ


この間
こっそり日本から持ってきちゃってたりして





沁み(´ヘ`;)ますな


「ごはんですよ」って
何よりそのネーミングが
最高じゃないですか


どんなに美味いバター作っても
「パンですよ」は無理でしょが


色合いから味わいまで
日本人だからこそ歓喜できるこの至福


「日本人ですよ」
ってなネーミングでも売れたかもですね


とりあえず私には
この商品を開発した人間は
「神ですよ」



そして
全部を




混ぜますよ



美味いじゃ (゜д゜lll) ないっスカ!!


世界各地の
海の産物への技巧が
この一杯に集結!!  ってな



定期的に日本心を癒すためにも
脂肪細胞を抑圧するためにも


おかゆ生活は
ある意味マストなマイブーム



マイブームは死語ですか
そうですか
Comment (1)

Cafe Sacher@オーストリア ウィーン 「甘いケーキをショッパく」

2007-05-25 04:12:02 | 海外で飲み食い
ウィーンに来たのなら
やはり




聖地にて
甘味の一つも所望すべきかと


ザッハーといえば




トルテ


「とらや」が呼応する羊羹に匹敵
ってか 
それ以上ですな


鉄板中の鉄板





タダでさえ
強烈なカロリアスっぽい黒塊に
追い討ちをかけるがごとく
コンモリと盛られた白い部分が
見るからにイケナサを醸し出しますが


意外と(゜∀゜)軽いのね コレ


吹き出もののいくつかは
覚悟もしていたわけですが


メインも甘さ控えめでフンワリと
クリームもほとんど甘くなくて
予想外の軽さに驚き


久々のカフェタイムをキメるのに
これ以上のお店がありましょうか





カフェが発泡してますが

何か?







途中までは
気分も上々だったわけですが




ですがね




このお店
チャージが過剰だったりして



メニューと違うじゃん~~
って文句の一つも言ったのですが


ほらここに書いてあるでしょ


って


当然の様に
価格の吊り上げられた別メニューを
どこぞから持ってきたりして



そりゃ(゜д゜lll)ないだろと!!



ここは暴力カフェですか?



それって
形の違いはあれど
詐欺ですよ 
いやマジで



実は頼んだビールも
驚きのアルコールフリーのヤツだったりして


普通にビール頼んで
アルコールフリー出すヤツがありますかいな
かりにもオーストリアのお店でしょうが



そんなこんなで
EUで初めて
ノーチップ精算の抗議


お店のニーチャンは
不服だったのか
無言の会計だったりしてね


不服だったのは (゜д゜lll) オレ様ですよ!!



そんな
名前落とすような
ショッパイ商売せんでも・・・


ケーキが美味いだけに
かなり残念な幕引きと言うことで



行かれる方は気を付けて
Comments (3)