そんなに食うなら走らんと

食道楽(ラーメン中心)とカロリー消費(ランニング中心)の葛藤の日々

とうきびチョコ@自宅

2005-08-31 22:26:35 | 飲み 自宅 他
今日は20kmほどLSDに近い速度でゆっくり走ってきました。
本当は代々木公園の「織田フィールド」で走るかも!?と思っていたのですが、意中の人に会えず断念。
土曜にちょっとしたロングランを企画しているのでその調整ランに変更したのでした。

そんな今、ビールが美味いのなんのって・・・
しはわせ~~

酒には合いませんが、教え子にもらったこんなお菓子もしみるように美味いです。



昔は甘いものを食べるなんて考えられない!なんていきがった酒飲みの時期もありましたが、やっぱ素直に食べてみると美味いもんですな~

まだ味のわからない赤ちゃんにいろんな味のものを食べさせると、しょっぱい・酸っぱい・苦いなどの味には顔をしかめるのに、甘いものには本能的に笑顔を見せるそうです。酒飲みもたまには素直であるべきですな。
Comments (2)

花蔵@上野 「花蔵大会」

2005-08-31 18:59:03 | ラーメン 台東区
本日のお昼こちらへ行ってきました.
今年上旬に開店したお店との事.
「香月」~「涌井」」ラインの味とのことなので,背脂トンコツ醤油でしょうか.

券売機には黒丸・金丸・白丸・赤丸・・・・・とたくさんのメニューがずらりと.
何がなにやら戸惑ってしまいますな.
どれがデフォルトなんだかもよく分かりませんがな.
おそらく「黒丸」という醤油ラーメンがそれなんでしょうが,ふと目に飛び込んできたのは「かつお風味」「えび風味」の文字.
あの「香月」系がかつおやえび風味だったらおもしろいな~なんて思った瞬間,「花蔵大会」=かつお風味ラーメンを押してしまっていました~

11時過ぎの店内はまだガラガラ.
待つこと5分でラーメン登場.



おっ(◎o◎)!? 背脂が無い!
予想に反した面持.
しかし,その代わりと思しきかなりの厚みの油膜が張られ相当コテーリしています.
確かにこれにさらなる背脂を散らすわけにはいきませんな・・・
真ん中のこげ茶の物体は最初風味付けの魚粉かな?とも思ったのですが,こちらはただの揚げネギでした.
大きなバラロールチャーシューの他にかなりの量のチャーシューの細切れが投入されています.

スープは確かに「かつお風味」 
麺は細麺ですのでまったく趣が異なりますが,スープの味的にはこちらにびっくりするほど似ています.
普通にレンゲですくうと脂しか取れないぐらいの油膜なので,ちょっと飲むのをはばかられますが,うまく下のほうをすくって飲むと元のスープからは全ど魚介の味がしないので,この風味は脂の方に付けられている模様.
おそらくえび風味も同様の趣かと思われます.
非常にまとまっていて美味しいのですが,脂が・・・
もう少し控えめだと安心して楽しめるのですが・・・
デフォが¥650なので,¥150upのかつお風味脂ということになるのでしょうか.
ちょい高いですかね.
Comments (2)   Trackbacks (2)

七志@上野 七志ラーメン+味玉

2005-08-31 18:55:05 | ラーメン 台東区
「花蔵」の後,最近出来たこちらに行ってきました.
神奈川の方でこんな名前のお店があったな~
なんて思っていたらいつの間にか多店舗展開.HPまであるんですね~
ものは試しと向かってみたのですが,あからさまなチェーン店風情にはちょっと萎えますな・・・

オーダーを済まし卓上を物色すると
巨大な醤油(◎o◎)!?
水差しポットと同じぐらいの大きさですがな.
しかも汗かいてるし・・・冷たいのかしら?



実はコレ「プーアル茶の原液」だったのです.
好みで自分の水に投入するわけですな.
手前のお茶は投入済みのやつです.
珍しいですね~ この原液が欲しいです( ̄~ ̄) 焼酎とかに入れると良いかも.



本日頼んだのは「七志ラーメン+味玉」
ベースの「ラーメン」にゴマとニンニクの焦がし油が乗ったやつですな.

うーーん,一言で言うと熊本チック.
「なんつっ亭」みたいなガツンとしたタイプじゃなくて「桂花」「ひごもんず」系統に似ているかも.
マー油の香りが結構支配していて,ベースのライトトンコツに力を添えている感じ.
麺はモチッと多加水の太麺.個人的には「桂花」みたいな硬いのが好きなんですが,こっちも合っていると思います.
ジューシーなチャーシューが美味いですな~
後半ちょっと飽きてきますが,卓上のニンニククラッシャーなんかで変化をつけられるのがうれしいです.

帰りに結構厚めのクーポン冊子をくれました.
リピーターは結構活用できそうですよ,これ.

となりの「宮崎ラーメンひょっとこ」とかは気が気じゃないでしょうな.
それにこの辺は「光麺」「山頭火」「一風堂」なんかもあって,いつの間にかラーメン超激戦区.
経営に胃が痛くなりそうですな~
Comment   Trackbacks (2)

バンタイ@新宿歌舞伎町 タイ料理いろいろ

2005-08-30 19:43:44 | 飲み タイ料理
昨日,新宿歌舞伎町のセンター街?に位置するこちらのお店に行ってきました.
以前こちらに来たのはいつのことだったか覚えていません.
まだ食べ歩きに目覚める前で,グリーンカレーなんかを物珍しく頂いたような.
再来しようと思っていたにもかかわらずなかなか実現しなかったのはその立地ですかね~
猥雑極まりないロケーション.このビルに足を踏み入れるのはやはり人目を気にしますな.

そっち方面のお店へ向かう客とエレベーターを共にし,怪しそうな扉を開けると,中には思った以上の喧騒が!
かなりの混雑でビール一つ頼むのにも苦労しそうな感じですが,タイ人の店員さんたちはテーブルの間を縦横無尽にキビキビとオペレーションをこなしています.



まずはビールで乾杯!お決まりの「シンハー」と「チャーン」



「ポピアチーン」 
蒸し春巻きとのこと.初めて食べました.
蒸された米の皮の中に野菜や豆腐?ひき肉なんかが詰まっています.
生春巻きのようにソースに浸して食べるのではなく,甘辛のソースが既にかけられています.
しかしこれ,ガワは包むというよりかぶせるといった感じで,上手く持とうにも崩れてしまって食べるのに苦労します.
まあこんなもんかな~といった感じなんですが,量が結構あり胃袋を圧迫しますな.



「ガパオムウサッブラーカウ」 
豚挽肉のバジル炒め(ライス・目玉焼き添え)です.
お店の比較のため必ず頼む鶏肉のバジル炒めが無かったので,こちらが代理.
バジルだけでなく何か他のハーブの香りが混在しますが断定できず・・・
これはうままま!
ご飯が結構余るので他の単品料理と合わせると調度良いかも.



「パッペッ」
肉と赤カレーペースト炒め.肉は海老も含め各種から選べます.
パッとペッでここまで表現できるのがまず驚きです.
タイ語を学ぶ良いモチベーションになりそうですな.
こちらはお店のマックス辛いメニューでしたが,この辺は日本人向けにコントロールしてるのでしょうか?滝汗になったりはしません.
こちらもハーブ満載.鮮烈です.

この辺で既に結構な満足度.このお店は味もいいですが「盛り」がまたナイス!
大久保近辺のタイ料理屋に比べると1.5倍はあるでしょうか?非常にリーズナブルで感心しました.
2人で3品で十分かな~と話していたところに

ドーーーン!とメインが到来.



「プーパッポンカリー」
カニのカレー粉炒めです.かなり大き目のワタリガニ?でしょうか.丸々一匹投入されています.
これ う (;´Д`) ま~~
いわゆるスカスカの冷凍ものという感じではなく,中身もたっぷりのカニでした.
先日のタイ旅行でこちらのメニューに魅せられ,東京でも再食必須と思っていたのですが,意外とすぐに出会えました.
驚くべきは今日の方が数段美味ということ.見た目もゴージャス.歓迎したい友人を喜ばすのに最適!といったメニューです.
この料理が初めてだった妻は同じく魅せられ,「マジでまだ食べるの?」と私がひるむぐらい見事に平らげていました.

ずっと大久保タイ料理に傾倒していた私ですが,味的にもCP的にもエクセレントなお店に期せずも再会できたわけです.
惜しむらくは営業時間か?11時前にラストオーダーは残念ですな~
Comment   Trackback (1)

Pour cafe@銀座 「山形水ラーメン」

2005-08-30 18:59:53 | ラーメン 中央区
本日のお昼に行ってきました.
もとはハンバーガー屋であったこちらのお店.
造りはそのままのオープンテラス風の席に座って待つことしばし、すぐさまふと落ち着かない雰囲気に気付きます.
そうでした.このお店は先にカウンターで注文するのでした.待っていてもダメなんです.
オーダー方法もハンバーガー屋を踏襲してるのですね.

今日は念願の山形水ラーメン.
冷やし中華ではなく冷たいラーメンだそうです.
こちらみたいに酸味の効いたタイプではなく,酸っぱくないラーメンが提供されるとのことで期待が高まります.
またランチタイムには,+100円で飲み物を選べます.
+100円で食後もマッタリできるなんて一石二鳥~
なんて思っていたら,即座に出てきました「アイスコーヒー」



先に出てきちゃったのね・・・
コーヒー飲みながらラーメン啜るなんて・・・って思っていたのですが,ラーメンが出てくるまでに要すること20分強.
+100円で食前にマッタリするはめになりました.

11:50に入店したのですが,そのときはまだ客席もまばら.
が,12:10にもなると40席強の店内は満席.ほぼ全員が飲み物を飲みながら待っている状態に・・・
まさか麺でも打っているのか?という不安に駆られます.午後の仕事に間に合わないよ~
ハンバーガーショップみたいに「こちらの札を持ってお待ち下さい」なんて言われないので,ホントに順番どおり提供されるのか?エラーは無いのか?と心配になります.
とそこにようやく来ました「山形水ラーメン」!
一気に10杯以上???ここは「土佐っ子」か???
確かに冷たいので伸びにくいでしょうが,注文が規定数に達するまで待たされた感があり損した感じですな.



以前ライスも一緒に頼んだら洋食風の平皿に盛られたものが登場し、ラーメン丼・平皿ライス・アイスコーヒーという「安田大サーカス」状態で恥ずかしい思いをしたので、今日は大盛でしのぐことにしました。アイスコーヒーは依然不釣合いですが.

待たされ過ぎはなんだかな~という感じですが,ラーメンはうわさ通り美味!
シコシコした食感がたまりませんな~
スープは最初ちょっとぬるめですが,上に乗った出汁氷が徐々に溶けていい案配に.
このスープは魚介系のみから取ったものだそうで,獣系は含まれていないとのこと.
ちょっとショッパメですが,魚の風味がガツーンと響きますな.
脂もオリーブオイルとのこと.風味的には問題ないのですが,ちょっとコッテリし過ぎかも.脂少な目はあるのかしら?
最後の方でちっちゃくなった氷をたべてみたのですが,魚介風味の氷を食したのは人生初めて.
こんな感じの出汁氷を作っておけば,なんかナイスな夏メニューのレシピが浮かびそうな予感.

なにはともあれ,この季節に汗かかずにラーメン食べられるのはうれしいです.
Comment