そんなに食うなら走らんと

食道楽(ラーメン中心)とカロリー消費(ランニング中心)の葛藤の日々

番外地@渋谷 「醤油ラーメン」

2017-08-31 09:30:25 | ラーメン 渋谷区
あんな感じの札幌ラーメンが一番好きなのよ
その人はモウレツに勧めていました


どこどこ
どこですか?

ちょ
都内のポロサツラーメンに関しては
都内で有数の「難民」だと
自覚しているオレですから


なになに
なんですと!?

百軒店の
喜楽の上に
「番外地」って
マジですか!!


「ラーメン」で
「番外地」なんて聞くと

故いラヲタからすれば
真っ先に浮かぶのは
東京駅の地下街

それも
ラーメンストリートのずっと前
ラーメン激戦区のもっと前
くじらに驚いたその前から存在する

ぴあのラーメン本あたりに登場していた
あの旭川ラーメンが
まず浮かぶワケですけど

って




その旭川ラーメンじゃないっスカ!!
ポロサツじゃないじゃないっスカww




宇宙で戦いでもすれば
真っ先に墜とされるはずの

どちらかと言うまでもなく
オールド中のオールドタイプ




ナゼにいまさら
急に展開を始めたのかと
頚椎がブリムケてしまいながら




バターコーンを左上に集めてくる
紛うことなき
超激クラシックセンス

とかイイながら
某ログのトップページには
「こだわり」がうんちゃら
有難くないプロのテクを入れておきながら

開店時間を1時間遅らせておいて
変更を加えないという杜撰さ

ますます以って
旧態依然のオイニーを
クンクンクーン!!
って感じですけど




ということで
お約束の醤油

向こうの表示は「正油」で
コチラの表示は「醤油」と
許したくない部分が
アチコチありながらも




ほう
なるほど

山頭火が鬼のように増殖する以前からの
蜂屋がラ博でブイブイ言わせる以前からの

モチロンそれは
中野とは完全に無関係の
旭川的「青葉」ライクな
オサカナクリア




ラ本片手に
アレコレ周り始めた
20数年前のあの当時

東京駅の地下街で

ちょ
ココか!!

か・ら・の

ちょ
コレか!!と

逆の意味で驚いたのを
今でも鮮明に覚えているけれど




あのときに比べると
オレがムケたのか
コレもムケたのか

ズイブンとコレ
良さが分かってきたというか
オレが丸くなってきたというか




コレならまたがあるな!!
なんつてね
古いおっさんは思った次第ですが




渋谷でコレでダイジョブなんか!?
今さらコレで展開ってダイジョブなんか!?

同時に心配を深めていたのも
事実だったりして





網走番外地
テイチクエンタテインメント


東映任侠映画DVDコレクション 67号 (新網走番外地 さいはての流れ者) [分冊百科] (DVD付) (東映任侠映画傑作DVDコレクション)
デアゴスティーニ・ジャパン


ディスコ歌謡夜の番外地 ~抱いて、火をつけて~
SOLID


Comment

魚力@渋谷 「さば味噌煮(カミ)定食」

2017-08-30 08:40:51 | 飲み 魚
そのBBAは迷っていた



サービスランチもいいわね
やっぱりお刺身の盛り合わせかしら
ハーフ&ハーフっていうのは何?
さばの味噌煮がオススメなの?
カミって頭は付いてないのよね?

そのBBAは本当に迷っていた




後ろにオレが待っているというのに
その後ろにもおっさんが待っているというのに
一緒の娘も気まずそうに早くしなよと促しているのに

そのBBAは
空気をまるで読まずに
果てしなく迷っていたのでした

そうです
アレコレやってきたはずの
パーソナルこどグルツアー

2巻に登場したお店は
別にイイかなと流していたけど




どうにも気になる
コチラのお店

一度はキメねばイカンと
マストな宿題店にしていたのでした




そんなオレも
実のところは
ハゲしく迷っていたりして




やはりココは
コミックに登場した
「ぶり照焼」ってのが無いから
「銀だら照焼」に置き換えてみるか

お店のイチオシとされる
「さば味噌煮」だったら
やはり選択するべきは「カミ」だろうか

いや待て
ハーフ&ハーフの中身を
確認してからでも遅くはない

っつか
「サービス」を謳っているのに
それにしない手もないのでは




迷い殺して三千里
義務とも言える「ぶり照焼」が
幸運にも存在しないいま

やはりココは
お店のイチオシ
スープまでも飲ませてしまうという




さば味噌煮しかないな!!
なんつてね
後ろのおっさんをヤキモキさせるほど
オレの脳髄はトロくは出来ていないのだから




むう
コレがウワサの
当たり番号

どれどれ
今日のオレの運勢は と




キタキタ (゚д゚lll) キマシタヨ!!

オレの引きがキマシタヨ!!
なんつてね

右のおにいさんも
左のおねいさんも
無事に当てていたから

当たることがデフォ
なんてとこだろうけど

このちょっとした駄菓子感
ゴローちゃんじゃなくても
興奮してしまうというもの

やはりココは




じゃあ明太子!!

か・ら・の

ぷっ 高いから少ないや

か・ら・の

ポテトサラダのほうがよかったか

だ・ろ・う・け・ど




彼から学ぶのも
ときには必要ということで




ヒジキの取り放題も
なかなかお目にかかれないサービスだ

コミックそのままなのが
なんだかとてもしっくりきている

いやしかし
最近どこかで読んだ
「ひじきの食べ過ぎは良くない」というやつ

とか言いながら
こぼれるまで盛ってしまうオレって
やっぱり男の子かもしれない




さば味噌というのは
ただ器に入れてくるだけかと思っていたけど
ずいぶん時間がかかるものだな

いちいち温め直すとか
しているのだろうか




やはりコミック通りの
しじみの味噌汁はウレシイけれど

ちょっと啜ってみて
おっ!!って
目を見開いちゃうぐらいだったけど

肝心の米の飯が
よそわれないとはどういうことだ

ああ困ったな
こういうとき
「だからいま出そうとしていたのに」的に
場の空気をしくじらせることも多いオレだから


スミマセン

ご飯お願いできますか?


あらゴメンナサイね

って
やっぱり忘れていたのか!!

定食をやっておきながら
お替わり自由の店をやっておきながら
ご飯を出し忘れるって
撒き餌がスギるというものじゃないか




さてと
ようやくキレイに揃ったぞ

というか
しらすおろしまで付くのか
たくさん揃いスギているかもしれないぞ

さて
いったい何杯
どうやってライスを積み重ねていくか

始める前から
しっかりと練って進めてイカないと
タイヘンなことになるかもしれない


とりあえず
スターターはひじきか
はたまたしらすおろしか




困ったことに
コレだけで一杯
やっつけられてしまうかもしれない!!

なんつて
満面の笑みを浮かべるはずだったのに

汗だくなのはオレだけなのか?

灼熱の中
新宿から歩いてきてしまったという
落ち度は確かにオレにあるワケだけど

このクーラーの入りっぷり
26℃という名の28.5℃
食べ放題のお店ではツラスギる

というか
そもそもの
この違和感
いったい何かと思ったけど

音がしないぞ このお店

右のおにいさんが上品ならば
左のおねいさんも輪をかけて上品
咀嚼音のひとつもしないという

オマケに
バックミュージックに
有線のひとつも流れていないという
この圧倒的静謐感はなんぞねと

ああ
そんなところに
汗が止まらないオレ

どうにも
せわしないオレ

そーっとひと口食っては
そーっとひと口啜っては
とめどなく溢れる滝汗をフキフキって

一挙手一投足が
目立ちスギるにもバドガール!!




むう
確かに美味い

このライス力
尋常ではないぞと

箸で切れたる
鯖骨の愛しさたるや

ギュッ!!とエンミのキイた
鯖汁の麗しさたるや

バクバク!!
もしゃもしゃ!!
ズビズビッ!!っと
全オレを全開にして
欲棒に身を委ねたいところだけど

この静かさ
この隣の近さったら
ライス無制限のお店にあるまじきサイレンス
落ち着かないにもバドガール!!

オマケに
食えば食うほど
拭けば拭くほど
溢れ出ずるオレビの泉

アゲにアゲたる
ハイドレーション

ああ
ラーメン屋の調理音
ラーメン屋の雑なBGM
ラーメン屋のスラーピングな啜り音

ともすれば
如何ともしがたいクチャラーの存在でさえ
この場においては
助けになるとさえ思えて

早く外に




出たいじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

こんなにハラヘリで
こんなに構えてきたのに

見てください!!
ライスが二杯しか喉を通らなかった!!

こと味噌汁に至っては
あまりの滝汗に推されて
お替わり半分にさえ届かなかった!!


ああ
スノッブなパーリナイトに
短パンで紛れ込んで

ハナで嘲笑われながら
シャンパンを浴びせられるような
このフルスイングの敗北感

こんなに夏が憎く
こんなに音が恋しく
思ったことがあっただろうかと




ガンガンに寒い冬に
むしろ一枚薄着にて
前のめりでのシャッターポール

カウンターの
イチバン奥の端の隅にて

件の「ブリ照焼」を
汗 音 気兼ねなく
ライスと味噌汁
思う存分に

そのときは
あえてのサイレンスの中
あえて大きく声に出して言おう

美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

そんな冬の日が
いまから待ち遠しくてたまらない





孤独のグルメ 【新装版】
扶桑社


孤独のグルメ 2 (SPA!コミックス)
扶桑社


孤独のグルメ Season6 Blu-ray BOX
ポニーキャニオン


Comment

幸楽苑@六本木 「塩野菜らーめん」

2017-08-29 14:45:15 | ラーメン 港区
桂花
日高屋

桂花
日高屋

リンガーハットに
桂花
日高屋

ああ
福しんクラスが
しっかり朝から開いているお店だったら

野菜補給に
どんだけ役立っているのかと
無いものねだりに拍車がかかる昨今




そしてまた
思い出したように




むう
ここまで見事に
心の断片をも感じさせないっぷり




今どきの病院食だって
もう少しはアゲそうなものだというのに

そういう戦略

だったら何のためにという

常に疑問が
脳内を巡りながら


あのー
卓上の辛いの
なくなっちゃったんですかね?

ああ
ニンニクですねー




ハイ

って
ホントにアンタら
血の通った人間なのかという




ということで
血の通っていない
塩野菜らーめんが来ました




ヒュールリー
ヒュールリーララー

真夏だというのに
越冬つばめが啼いてます




ヒュールリー
ヒュールリーララー

ついてくるなと 啼いてます
ききわけのない ラヲタです




野菜が寒いと 啼いてます
心が凍える ラヲタです




外税泣けると 啼いてます
来てはいけない ラヲタです






森昌子ベストセレクション~越冬つばめ~
ポニーキャニオン


越冬つばめ
Universal Music LLC


Comment (1)

桂花 ふあんてん@新宿 「朝ラー ホワジャオスペシャル」

2017-08-29 09:30:38 | ラーメン 新宿区


イイスね
太陽と太肉麺の
太つながり

似合わねーなー!!
なんてのは言わないお約束で




むしろコレ

こんな夏の日には
冷え冷えのプーアル茶を
グッ!!と
推してみるのはどうでしょか

っつかオレ
夏にバテているってより

桂花のポイントカードに
派手にバテている最中ですけど




さて
本日のこっそりトライアルは
いったいなんでしょか




まあこの辺
お約束のモーニングベジタブルに併せて




ホワジャオを振ってみるという
昇圧剤で興奮剤

そこそこの
麻辣ブームもあることだし




花椒 de 桂花
デフォであっても
ヨサゲなラインナップではないかと




キシリア様でなくてもお伝えしたい
「コレはイイものだ」感




リフレーッシュ!!

疲れたオレに
リフレーッシュ!!




ポイントカードの
2枚目の中頃

富士山五合目を目前にして
既に酸素切れで
高山病の気配も
否めないとこではあるけれど

一歩一歩
踏みしめるように
噛み締めながら

そこまでして
どうして山に登るんですか!?




そこに丼プレゼントがあるからさ!!

ミスチルもハゲ上がるほどに
孤独なレースは続いてく






TOMORROW NEVER KNOWS
トイズファクトリー


S&B 菜館 花椒(パウダー) 12g×10個
エスビー食品


神戸アールティー 花椒パウダー 100g Sichuan Pepper Powder 四川山椒 粉末 スパイス 香辛料 業務用
神戸アールティー



Comment (1)

ラーメン王 後楽本舗@渋谷 「タンメン」

2017-08-28 09:40:10 | ラーメン 渋谷区
某ログのお店のトップページが
明らかにそのお店によって作られている
にもかかわらず

あの
もうイイですか と
公式開店時間(のはず)の
11時ジャストに伺うと

12時からでーす
と悪びれることもなく

「お店のこだわり」
なんて書いてる場合じゃなくて

開店時間をこだわっておくれよ!!
なんつて棒を熱くしながらね


この
灼熱の渋谷に
ほっぽりだされること一時間

どこぞに
暖を取れる
じゃなくて
冷を取れる
オアシスがないものかと




ハイ
お盆休みですー




ハイ
ココもお盆ですよー




ハイ
もちろん
やってるワケないでしょがー
みたいなね

「尽く」
「悉く」
「盡く」




お盆休みってなんですか?

っつか
一年中
一分一秒たりとも休まない
コレぞオアシスが存在していたのを
思い出していたのでした




まあ
待て待て

そこはゆっくり
考えられるようになるまで
快復してからの話だから




ぐ (゚д゚lll) ひぃ!!

のど仏を小躍りさせながら
ゴキュゴキュいわせたね


さてと
ようやく落ち着いて
周りを見渡すと

やはり難民でありながら
こんなお店を知っているがために
今日も渋谷で暮らせている
おっさんの群れ

それはまるで
ゴキジェットのノズルを
怖れるかのように

隅っこの
端っこの
陰日向に蠢きながら とか

いつの間にやらコッチ側
一緒に安堵している
オレでしたけど




タンメン!!
そういうのもあるのか!!

新橋のお店はまだ幾分
岡山の片鱗を感じさせたものだけど
コチラは完全に街中華の風情にて




おう!!
香ばしいのがきちゃったぞ!!




炒の端々に
コゲの入った
コレは良いタンメンだ!!





日高屋ノ上位互換
ココニ発見セリ!!




平打ち麺のシャキシャキぶりに
ガッツリとパンチのある
香ばしいスープが持ち上げられて




炎の上で踊らされてきた
必要十分量の野菜といい

570円という
絶妙な価格設定は
改めて日高屋の完全上位互換と言えて




もしコレが
新宿に存在したら
日高屋の可能性が激減するのは
火を見るより明らかで




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

オアシスとしても
街中華としても
朝ラースポットとしても
カンのペキ




井上陽水が歌うよりも
探しものは見つけにくいものだけど

一度見つけてみれば
まさに夢の中へ

こんな出会いを
いつだって探しているのでした

災い転じて
超激福と成していたのでした





夢の中へ ― ベストアルバム
ポリドール


Comments (2)