そんなに食うなら走らんと

食道楽(ラーメン中心)とカロリー消費(ランニング中心)の葛藤の日々

晴華@四ツ谷 「タンタンメン+半チャーハン」

2020-01-29 07:38:40 | ラーメン 千代田区
あの雲呑が懐かしいけど
やっぱりもやしに溺れようかな

雲呑2つぐらいのトッピング
あれば良いのになぁ

なんつて四ツ谷あたりに
久しぶりに降り立った日のこと

そういえば!!
陽の当たらない坂道的なところに
未訪の街中華があったじゃまいか!!と

オレピューターが
またいつもの誤作動を起こし始めまして

グーグル先生に
ピピッとお願いしたのだけど

あれっ
路地裏のこのカレー屋を
曲がったところにあるはずなのに

フツーのマンションに
ぶち当たってしまうがな

もうすでに
お亡くなりになってしまったということか

なんつて
NAVITIMEの方は
しっかり誘導してくれました
サスガ金払っているだけはありますね




ちょ
点いてないけど

ビルとビルの
隙間の奥の方




アレ (゚д゚lll) なのか!!

マジか!!
そりゃグーグル先生も手が回らん!!




いまだ千代田区にも
こんな隙間に街中華が咲いてるとは

思った以上に
衝撃的なロケーションだけど




陽に焼けもしないはずなのに
時間にはしっかり焼けている

もはや置くことに
百害はないかもしれんが
一利があるはずもないショーケース

っつか
客いるじゃん!!

みんなあの路地を通って
ココに至っているというのが
むしろ不思議でさえ!!

おねいさん一人客とか
タンメン啜っちゃったりして
もしかして横の上智の

いやいやいやいや
この店に躊躇わず入ってるだけで
あまりにソフィアスティケイティッドされてないし




なんつてね
いつにもマシて
マンウォッチングを楽しんでいたら




タンタンメンがキマシタヨ

っつか
遠目にチャプチェ
近目で赤いタンメン




担々麺の一般的概念君と
つなぎとめるのは
ザーサイとひき肉か

このところ
フツーの担々麺に出会うことが
逆に少なくなっているような




ゴマっぽさ皆無の
やはり辛タンメンのそれだけど
危惧していた薄さも弱さも感じず




なかなかにハリを残した
よろしい上げっぷり




オイリッシュな半チャーハンも
半チャンずつで都度調理ですか




悪くない
悪くない

パテを塗り込むように
ちょっとした隙間が
しっかり埋まってる気がしている




「やっぱり初志貫徹の雲呑麺にするんだったかな」と
先程の路地においては
喉元まで出そうになっていたところが
見事に押し戻されたカタチ

こりゃ確かに
四ツ谷のコッチ側の
麹町に至らないこの辺りに
貴重な一軒かもしれなくて

長南町やら

果ては
度井仲まで行かずとも

こんな千代田区に
こんな秘境があるじゃないっスカ















Comment

神座@新宿歌舞伎町 「おいしいラーメン」

2020-01-28 08:44:37 | ラーメン 新宿区
「仕方ねぇけど思い出しちゃったから」
代表格がリンガーハット
だったりするのに対して




「おっ!!そういうのもあったな!!」
朝からしっかり丁寧に
心穏やかにキメられるインプレッション

あわよくば
イケてる限定ゲトできたりするのも
とても大切かもしれなくて

いつなんどきも
ムダ麺に感じさせないって
何より大切かもしれなくて




ザンネン
今日のところは
限定ないみたいだけど




白菜とニラでしっかりと
野菜補給という免罪符ってのも
大きな惹きなのは間違いなく




その昔は
「白菜たっぷり」バージョンとか
「野菜たっぷり」バージョン
なんてのもあったよね
またやってくれないものかしら




コレからお仕事なので
この辺は極力控えめに




うん
熱々スープが
甘く上手い

でも
当時のすき焼きチックな
砂糖的な甘さってワケじゃなくて




野菜からの甘味が立つ設定
今の方がずっと商品名通りの
「美味しいラーメン」




朝のこの時間は
いつもオキマリに
店員さん2人に対して
お客もまばらに2-3人




自分としては
続けてくれていることに
感謝のキモチしかないですわ




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

忘れないで
しっかり日常に組み込むので

たまにはイケてる限定
降臨させて下さいよ









Comment (1)

三ん寅@江戸川橋 「味噌らーめん&醤油らーめん」

2020-01-27 09:19:12 | ラーメン 新宿区
たとえ第2世代でなくとも

第3世代のお弟子スジ
新しいポロサツが
都内に生まれたとなれば

気にならないどころか
臨休に当たりまくる星の下に生まれた
己をただ呪いながら




ようやくタイミング合いました

ラッキーなことに
かーちゃんもタイミング合ったので
画策していた店内連食せずに
街中華と連食できちゃうかもしれません




まあ
味噌推し当然

だけどワタクシ
醤油推しなのも当然




あっという間に満席の店内
と同時に行列も出来てたりして
すでに名店の風格バリバリと




まとめて鍋振っての提供
ってことなんでしょね
我々のワンツーがなかなか登場せんとです




さてさて
ようやく
キタキタキマシタヨ




って
着丼したやおら

異変というか
異常事態に気付くの
ワタクシだけでしょうか




味噌に野菜
乗ってなくね?




だってほら
コッチコッチ
ちゃんと乗ってるでしょ

「忘れる」たぐいの
ものでもなかろうに




明らかに乗ってない
コレちょいと異常事態ではなかろうかと




いやぁ
ウワサ通り
ズシンと隙間のない
コンクなお味噌




久しぶりに
キマるお味噌が入ってきたなー!!
と同時に




久しぶりに
野菜の入ってない味噌が入ってきたぞ!!

いやもとい
もやしが3-4本は入った味噌が入ってきたぞ!!
ますます問題の根が深まる
3-4本ということになります




コチラもイイ色
期待通りの漆黒さ




染まっとるねー!!
イイ具合に染まっとる!!




シャッキシャキの野菜が美味いなー!!

大切なことなので
もう一回言っておきますが
シャッキシャキの野菜が

美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!




パーツパーツも
まるでカンペキだけど




なかなかにスパイシーを魅せる
コチラのお醤油より




ああ大盛りにするんだったと
コクと深さの味噌の方は
手繰る箸が止まらないレヴェル

このワタクシが
醤油より味噌を推すという
例外中の例外ポロサツが初めてなら

醤油に野菜が盛られて
味噌から野菜が抜かれるというのも
人生初のことになるかもしれません


まあそういうポリシーなんだろうけど
一応ググってみたりすると

なんということでしょう
乗っていたり
乗っていなかったり
ちょっと乗っていたり
ちょっとも乗っていなかったりが
味噌だけに行われているという衝撃的な事実

まとめて何人分か振っているのを
思いっきり雑に分けている
ということでよろしいか       (よろしくないよ)

逆に
たまにしか出ない
醤油やら塩やらには
しっかり規定量が乗らざるを得ないと
そういうことでよろしいか       (いやよろしくないって)

某ログには
あまり指摘がなかったりして

そういうのを
あまり気にしない向きには
ただ美味しい味噌ラーメンなんだろうけど

そういうのを
思いっきり気にするワタクシには
とんでもなく
疑問しか残らないワケで
















Comment (1)

北京@宮崎台 「餃子&担々麺大辛」

2020-01-26 08:17:29 | ラーメン 神奈川県
しーらなーい まーちーを
あるいーてー みーたーい
みたいヤツです

遠くに行けば当然だけど
近くにある未だ知らない
ご当地的なやーつ

ご当地じゃなくても
ビッとそびえる目立つ小山
なんかでもよいのです

キキのよろしい
エッジーな一杯
どこぞにないものかしら

なんてときに
ふと思い出してみた
「小田原担々麺」

なんだか目黒のやーつ見返していたら
ちょいと気になるコメントが
脳髄に貼り付いて
離れなくなってしまって

剥がそう
剥がそうと
うんうんしていたら




宮崎台に降り立っていました
うんうん




コレコレ
コレですね
うんうん




って
ヨユーのポールかと思ったら
家族連れに越されてましたよ

狙いを定めた後続続々
むっちゃ小山 そびえてますやん
こういうご当地 求めてましてん




端っこの奥
厨房砂かぶり
特等席ゲトってことで

「いままさに包んでいる餃子」
を眺めつつ

脳髄にめぐるのは
いつだって
ハウトゥーオーダー

「ギョビーを先に」みたいな
ズラしオーダーしてまうと

肝心の担々麺
店内30席の最後尾に回されそうな
ヤヴァい悪寒に包まれながら

ココは止むなく
「先に麺到着劇場」をも
受け入れざるを得ないシーン
ってことで




とりあえず
ビールよーし

さあ
ギョーか
タンがくるか
さあどっちが先か!!




ハイ
ギョー来ましたー

他のテーブルには
タンが到着していたから
その辺の配慮万全

もうコレだけで
★が1個違ってきますからね
★なんか付けてませんけど

さて
店長おすすめで
一部ファン大絶賛の餃子は




焼き面だけパリッとしていて
他全体がフニャっとしたタイプ

けっこうニンニキーながら
どこぞ心もとなく

悪くはないけど
ウリにするには
フニャりが強い気がするけど




本命はコレですからね




っつか
ニュータンタンしかり

川崎方面の方たちは
「担々麺」の概念君を
根本から破壊するのがお好きなようで

フルアンカケの
醤油でひき肉で辛いやーつってば
一部で「ターローメン
なんつて呼ばれてたりしませんか




うは!!
ひき肉!!
ザーサイ!!

いや何よりも
大辛それほどでもないにせよ
ジンジョーならざるニンニキー!!

こんなんしれっと出してきて
ココにいる客全員
こんなん受け止めているのかと

っつか
こんなん出してくるからこそ
こんだけ客が集っているという事実




あまりの熱さと
あまりのニンニキーに
ダシだの旨さだの
最初はよう分からないけど




ジワジワと鷲掴みにするのは
胃袋というよりは
脳髄の方ってことでよろしいか




吹き出る滝汗のなか
アディクティブなニン辛が
細胞の中に浸潤しているのに気付かず

風間杜夫ばりに異人たちとの夏
気付いたときには遅スギるほどに
侵蝕完了のまるで重症




ああ
ヤワい餃子も浸してリッチに

こうやって食うべきだ!!
なんつてね
デフォの作法に
いまオレしちゃいましたよ




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

一心不乱で
無我夢中とはこのこと

フリース脱いでも
トレビの滝汗
止まらずタイヘン

ネクタイなんかしてたら
その場で引きちぎる確信さえ




ああ
ザーサイ&ひき肉
底を手繰る手も止まらない

っつか
フルアンカケで
アレコレ宙に浮いてるもんだから

気の済むまで続けていると
結局汁完することになろうもん


ああ
せっかくの未開のエリアとはいえ
連食の夢は当然立ち消えながら

帰りの電車の中
この真冬だというのに

上着脱いでも
30分経っても
汗引く気配さえないという




なんだか分かんないけど  (いやニンニクなんだけど)
とんでもねぇ食いもんだなコレ

久しぶりに
局所的ご当地的なやーつで
卒倒免れん一杯だったかもしれん

いやでも
もうあんなのは

なんて思い出してみたりすると
手の震えが止まらなくなっていたりして

他にも店舗があんのかと
ググりをヤメられなくなっていたりして


















Comment (1)

Japanese Soba Noodles 蔦@代々木上原 「醤油Soba」

2020-01-25 07:33:33 | ラーメン 渋谷区
この世界に
片足突っ込んでおりますと
「世界の大西」
アチコチで目にするものですが

ぶっちゃけ
セブンイレブンでこそ
最も近付けている気さえして

並べば会えるあの日から
雪の日なら会えそうなあの日を経て
超激早朝から整理券をゲトする日を経まして

いまとなっては
果たしてどうやったら
お近付きになれるのか
調べるのも苦になるほどの争奪戦と

ツイやらFBでは
相変わらずお見かけするものの

ああ
ホントに
遠くなってしまったなぁ
なんて思っていましたけど

なんと
巣鴨を巣立って
代々木上原に移転とは

相当にハイグレードに変貌した
とは聞きつつも

半日をかけて
3000円でも売れるかもしれない
あの整理券をゲトした事象に比べれば

ふつーに並べばちゃんと頂けるならば
お安いものじゃないっスカ!!
なんつてね

自分自身に言い聞かせながら
「いつ行くのいまでしょ理論」
まさに発動のときじゃないっスカ




うは
「コレでもまだまし」
なんて結構な行列

って
その3-4割は外国人客という
既にワールドワイドに
拡散浸透し始めていたりして

ハイクオリティラーメンを
スローフーディーにキメる
海外勢の所作も相まって

これ以上伸びたとき
いったいどう処理するんだろうという
近隣ヤヴァしなロケーション

やっぱコレ
ソフトオープンを超えたその先にある
必然の整理券に至るその前に

「いつ行くのいまでしょ理論」
発動させておいて
ホントにヨカッタ




行列の途中から
カウンター&厨房
半地下のお店の風景を眺めて
ヨダレを垂らせしめる設計

いまだソフトオープンで
奥のテーブル席を封印しているとはいえ
思った以上にユクーリなので
行列脱落するお客もチラホラり

CとEの間のアイツ
アレコレ猥談していたので
ヒジョーに紛れましたわ




おっと
痩せましたねー!!なんつて
イケメンご店主お久しぶりデス




麺は上げずに接客担当なんスね
世界の大西にアレコレかまってもらって
ぼかぁシアワセだなぁと




とりあえず
知ってはいたけど

デフォで 1300円
トリュフを乗せると2900円
チャーシュー味玉追加で3550円

いやー
かつてどこぞのゴロが
担々麺を1万で出していたのとは
ワケが違った
ガチなワケで

いやしかし
あとで知ったのだけど
前の組のお知り合いのトリュフSobaには
トリュフが忘れられていたとか
そりゃねーだろの極み
みたいな事件が起きていたとか




とりあえず
ワタクシからの
精一杯のご祝儀のカタチ

700円のビールが
大人の義務教育の633だったりするのとは
コレまた正反対のカタチ




当然というより必然
コレでもワタクシ精一杯の
デフォ醤油Sobaになりました




ああ
アレコレ未知のパーツに溢れていて
コース料理が一杯に込められているのが
啜る前から波動で伝わりながら




CとEの間のアイツは
限定クラブSoba 2000円
金持ってるのう キミは




ああ
高貴なお味がします

お値段を知っているからこそ
なおさらのことノーブル




茹で前から
実にウマソゲだなぁと眺めていた麺線は
スリックにフレキシブル
エッジーでありながらシルキー




二人で来ているので
当然回してお味見したいところ

アレやらソレやらが混ざらないように
ファーストセカンドサードタッチまで
啜る側の繊細さまで問われる一杯




120度ずつ方向を変えながら
全裸の世界の大西を
多角的に視姦堪能のひととき




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

ラーメンを食っていることが
豪華なひとときを過ごすこととイコール

このお値段で世界のコース料理を頂けるのなら
とてもミーニングフルだと納得せざるを得ない
そういう時代になりました

さて
コレまた




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

日々変化を魅せる蔦劇場の一杯は
どれも一期一会と言えるけど
その中でも特段の一期一会

いまの一秒は
どれも再び逢うことのない一秒だと
そういうこと考えながら啜りました

いまのうちなら
まだお近付きになれる蔦劇場

高貴な昼食に逢える日を
雪でも降ればなぁと
再び待ち望んでいたりします













Comment