そんなに食うなら走らんと

食道楽(ラーメン中心)とカロリー消費(ランニング中心)の葛藤の日々

カタマリヤング@板橋 「大衆肉的塊魂」

2019-02-20 09:10:30 | 飲み 肉


一度見てしまったら
網膜に焼き付いて剥がれない
でお馴染みの
チーズつくねのやんぐさん




なにやらカタマると聞いて
さっそくアツマリました




へぇー
まだ開いて
10日ぐらいしか経ってないんだ

なのにどうして
既に3回目デスー
なんつてね
ヘヴィーユーザーに囲まれながら




ほう
ウリは左上のカタマリたちね

もちろん肉も違うんだけど
どこぞのカタマリたちよりも
ズイブンと庶民的だったりして




大衆酒場のイキフン残しながら
サレオツも各種で
おねいさんたちもウェルカム
的なね




むう
野菜はイイ!!
カタマリを持ってこい!!




って
イキナリのカタマリ!!
何スカコレ!!
トマホーク!!




うんうん




イイ肉じゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

確かにコレなら
超激混み合う前に
頻回したくなるキモチも分かるかも




カツレツ de コジャレータ
あたりが登場したり




ビーフなシチューとか
もはやカタマリ魂は
そこそこだけど




極太マイケルが
ドカンと反町




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

メリケンなビーフバーグは
ゴロゴロひき肉で
レアインサイド

一人一個ずつ
カタマリたいものでした


いやしかし
「ヤング」と書いて
「サスガ」と読みます

もう既に大人気のヨカンだけど
また大勢でヤることがあったら
是非とも誘って下さいな






塊魂アンコール -Switch
バンダイナムコエンターテインメント


脂肪の塊/ロンドリ姉妹~モーパッサン傑作選~ (光文社古典新訳文庫)
光文社


Comment

大勝軒@浅草橋 「夜飲み初潜入」

2019-02-19 09:30:55 | ラーメン 中央区
浅草橋巡業
ということなら




一度は飲んでみたかった
コチラのお店




雪のチラつくこんな夜に
すでに皆さん目を輝かせて
始めてらっしゃるじゃないっスカ




っつか
そのシブい取り分けっぷり
と思ったら
この盛りっぷりで出てきたとのこと




300円なら
なるほどねー
なんて思っているところに




コレで300円は
逆にスゲェな
なんてのが出てきたりしてね




この辺の
空気感を愛でるのが
飲み込み込みの街中華巡りの乙
ということで




毎度しつこいようだけど
ドライ完備です

とても大切
というより
何よりも大切なポイント
言い切ってしまってもよいかも




左上の一角
どうしてそういうことになるんだろうという
街中華の七不思議も
最近となっては珍しく




不揃いの肉塊たち

ニチレイにはヤレぬ
エントロピー高めのカタチ




ということなら
不揃いの焼き目たちとも
逢瀬のひととき




改めて
街中華ってのは
そこそこの人数で訪れて
まとめて楽しみ尽くすとこだよなと




ってとこに
コレまた
300円とは衝撃的な
しょうが焼きの登場

一人で来てたら
900円ないし
1200円で終わってしまうとこでした


そしてなんだか
雪の影響もあって
開店休業気味ってのは
早じまいの濃厚なヨカン




ってことなら
〆ラーメン




一片のチャーに
一片のかまぼこという
潔くアートな水面は
昼に比べてユマークレス

コレもNMBEに対する
意図的な演出
ということにしておきたく




おしょーゆ!!キョンッ!!
てらいのない
ガン立ち

もはや他では味わえない
レトロスペクティブ




ハリハリ!!ピンッ!!ってな
背筋が真っ直ぐな
おじーちゃんはまだ健在でした




そして
実にイイ
テラり具合のBカップ

かたや水墨画に
かたや油絵という

ココの半ちゃんラーメンってば
ゼツミョーの陰陽画だったりしないか




んー!!
もう一杯!!

ドライなお酒
持ってきちゃって下さい!!

チャーハンってのは
やっぱツマミでヤルべきだよね!!
なんつてね


ちょいと一軒目から
ヤリスギた感があるけれど

いろいろと懐の深そうな
雪の浅草橋は

ますますイイ感じに
更けていくのでした







絶品!町中華 首都圏版 (ぴあMOOK)
ぴあ


関西の町中華 (ぴあMOOK関西)
ぴあ


東海の町中華 (ぴあMOOK中部)
クリエーター情報なし
ぴあ


Comment

啓ちゃん@荻窪 「広東麺」

2019-02-18 09:00:42 | ラーメン 杉並区


んげ
臨時休業の張り紙も
風に飛ばされて数日というイキフン

ダイジョブだろうかと
マジで心配になってしまいますけど




んで
開かないでやんの

こういう5分10分
もしかして平気で20分とか
こういう重みを
大切にしてもらいたいところで




逆に覇気満点の
コチラを思い出していたのでした

ついこの間
ちょいとテンパり気味の
弟分って感じでしょうか

なんだか見ていて
いたたまれなくなってしまって

気が付いたら
夢は荻窪を駆け巡っていた
ワタクシたちですから




この店の活気というか
安定の火力というか




そしてこの飲ませっぷり




食事をしているときの安心感
ゴローちゃんじゃないけど
とても大切なことなのでした




いやしかし
なぜだかコチラの餃子ってば
お初だったりしないかねと




ライトなスナッキー
弟分ともズイブンとイキフン違うし

臨時の長期休暇で
2連続で振られてもうた
新中野のオヤブン筋にも

そろそろもう一度
確認にイキたいとこだけど




ご飯少なめでこの量なの!!

なんつてね
目を輝かせながら
生姜焼きに猪突猛進




モリモリとヤっているかーちゃんを
ヨダレ垂らしつつ横目に見ていると




お初の広東麺登場

この店のフルアンカケなら
火傷死しても構わない!!
なんて夢に見ていたりしました




ホントはうずら乗せたいんだけど
無いから半分乗せておこう的なね

無骨で粗雑な
ジェントルメンってのが
この店ならでは




当然ライトながら
全くスキのない清湯に
炒なアンカケが溶けゆきながら

キックを増していく
コレこそが広東麺の楽しみとも




毎度のこと
様相が変わって出てくる麺線

男が変わるたびに
動から静に
陰から陽に

自在に髪型を変えていく
あの日のヤンキーなおねいさんを浮かべつつ




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

「抜けていない」
が喜ばれたる
おなじみの街中華
で始めた体が

やっぱり隠せない牙的なね
確実に「抜けまくっている」
コレぞ選ばれたる街中華




この一軒の存在で
うらやましい荻窪
になっているという
ウソ偽りのないこのキモチ

ワタシからアナタへ
この歌を届けよう






地元のごちそう 荻窪・西荻・阿佐ヶ谷 (エイムック 4050)
エイ出版社


吉祥寺・西荻窪・荻窪 ジモト飯 ウォーカームック
KADOKAWA/角川マガジンズ


荻窪・西荻・阿佐ヶ谷本[雑誌] エイ出版社の街ラブ本
エイ出版社


Comment

宇ち多゛@京成立石 「もつ焼き聖地巡礼」

2019-02-17 09:00:00 | 飲み 肉
遭っているのか
行っているのか
と問われれば

そこそこに




宇っている
かもしれなくて

もはやワタクシも
定期的に宇ちたくなるのは
そういう俗世の中毒性と
なんら変わりがないのだけど




さて意を決して
平日の休日にマンキツするべく
宇ち入るとすれば

二時間並んで
口開けの14時に
ホネとシンキとツルをゲトして




カシラや
タンナマあたり
いまとなっては
おちおち出来ぬアイテムを並べて

そして
アブラスクナイトコオタレヨクヤキと
半分オナシャスで
気付いたら5つ半

そして
ハッ!!と
飛び起きてみたら羽田空港

いやいや
まだまだと

再び
ハッ!!と
気付いてみたら金沢八景




もうそういうのが
恐怖でしかなくなるという
スギたるエクスペリエンスを
みごとにすり込まれたワタクシとしては

2つと半分ぐらいが
実に丁度イイアンバイで




なるほど
聖地のルールが
一応3つと半分に
引かれていたりするのは

人の在り方として
なるほどなー!!
なんて思える年頃になりました




「レバナマ」
なんてのが通った
遠い日の夢物語を思い出しながらね

「ウントワカヤキ」
なんて時代を通過して

いまやねっとり
代替案のレバボイルなぞを
お酢に絡めるなんて

ときの移り変わりに
身を委ねてはきたけれど




やっぱ
いつ来ても
イイなと

良スギるなと




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

やっぱ
アブラのタレは
ヨクヤキで欠かせんなと

変わりゆく駅向こう側を
しどけなくも憂いながら

コチラ側が
荒波に飲み込まれないことを
心の底から祈りながら

コレからも
よろしくオナシャスと

この世のアリガタミを
噛みしめているワケなのです







「ハシゴマン」京成線~立石・町屋・堀切菖蒲園~ [DVD]
アニプレックス


dancyu(ダンチュウ) 2018年5月号「美味下町。」
プレジデント社


Comment

秀苑@中野新橋 「餃子&五目ソバ」

2019-02-16 09:10:28 | ラーメン 中野区
最近なにかと
機会の多い中野新橋周り

それでは
ではでは
ということで




お気に入りのジョグコースで
おそらく多分
2万回は通り過ぎている街中華

全く気にならない時代から
モーレツに気になる時代を迎えながら




そして
お店に入って始めて分かる
地元民オンリーの
激ユルのイキフン

いつものおっさんたちが
いつもの一杯を啜っているとみました




鳥の唐揚げ
なのに
トリスープ とか

鶏で通せばイイのに
なんつてまた
要らないことばかりに目が行きます




んー
普段なら迷わず五目
ってとこだけど

このドユルのイキフンってば
塩系は実に危険なヨカン

お湯が出てきそうな
オソロシイまでのデジャビュー

味噌や広東やカレーあたりに
逃げておくのが定石だというのに




餃子を待つ素振りで
熟考タイムを削っていきます




いやしかし
ウキウキにウェイクミーダウンな
雑然としたカウンターを眺めていると

ほら
ギザのピラミッドの配置が
オリオン座と一致する 的に




カウンターの調味料と
同じ配置の餃子が出てきました

宇宙人はいますね きっと

もしかして
厨房の中にいたり とか




いやしかし
大方の期待を裏切って
ちゃんと焼けていてオドロキです

しかもコレ
干しエビINなのか
魚介が香って二度オドロキ

ってな頃合いで
そろそろ覚悟で
五目を発注してみれば




ズバリ
ドビンゴなイキフンの
クリアがスギていそうな一杯登場




なんたる透明度

およそ2分後に
醤油の小瓶をかけ回している
ワタクシが見通せるほどに
実にロー気味のブリックスであります




ユー!!エンミプリーズ!!

なぜか
ダシ濃度の低いラーメンのときは
エンミまで低かったりするのは
街中華あるあるということでよろしいか




いやしかし
このスープを取るお店が
よくぞこの麺を選んできたなという

ポロサツにも通じる
プリプリの中細縮れ




乗らないプースーを
弾き飛ばしながら




伸びも知らずに
優雅に泳いでおるわ




途中まで包丁を入れて
最後はちぎり取ったようなカマボコも
ユーエンミーと叫んでおるわ

ということで

ちょろ~ん
ちょろり~ん
ちょんちょろり~ん


もひとつオマケに
ちょろりろり~ん

ええい
コショウのパンチも加えたれ




ということで
なんとか今日も
ヤリ遂げることができました

いやしかし
隣のおっさんの
もやしプリタツ
湯気に溢れた味噌ラーメンが

いろいろと
「足りていそう」で
なんだかとてもズルいのでした




やっぱココは
お味噌もイイけど

カレーだったかなー!!

なんだか
このユルさは
またがありそうな
ユルさだったりするので

未来のオレに向けて
叫んでおくことにしましょうよ








オリオン座 & カシオペア座 星座チャームセット パウダートレーディング
パウダートレーディング

Comment