そんなに食うなら走らんと

食道楽(ラーメン中心)とカロリー消費(ランニング中心)の葛藤の日々

Bonnsch@ドイツ ボン 「わんこビール再び」

2007-03-30 05:23:16 | 海外で飲み食い
Essen ~ Frankfurt と周って
次に向かったのは



モクレンも満開な
「Bonn」という街



でっかい教会も有名らしいのですが


この街で一番のウリは




じゃじゃじゃじゃ~~ん



「ベートーベン発祥の地」
ということかしら



彼の家も保存されておりますな


ということで


ノルマを果たしたので




とりあえず




お疲れちゃ~~~ん


こればっか




飲み屋のネーチャンと
話し込むこと小一時間


今夜のディナー向きな
ヨサゲなお店の情報をゲッツ


飲み屋の主人から
飲み屋の情報をゲッツという
正しいのか正しくないのかわからんマナーで



とりあえず一軒目のオススメで



カンパ~~イ


そして二軒目のオススメで



カンパ~~イ  ってな


教えてもらったものは
骨までしゃぶりたおす


これぞ日本の
ヨッパなマナーでございます


さて



この二軒目のお店
「Bonnsch」と呼ばれ
まさにBonnの名物とのこと


ちょいとにごり目の
トロリととろけるビールが絶品なのですが


一杯が200mlと
かなりな控えめサイズ


これじゃ注文がメンドイね
と思っていると


なんとこのお店も
デュッセルのあの店同様
「わんこビール」のお店でして


空いたらオートマティカリーな
とても快適な作法




これじゃ
私も酔っちゃうわ  って




なかば(゜д゜lll)泥酔ですがな






さて
ここでも「Eisbein」を所望してみると



おっと
初めてのパターン


「アイスバイン」

その名の由来は
このニコゴリが塩の結晶に見えるから とか
すね肉の骨をスケート靴につかったから とか
いろいろ説があるらしいですが



こんなパターンもあるわけですね


確かに
骨抜きになっちゃうほど
ビールにピターリ



大量のポテツと



プレッツェルが一緒に来ちゃえば
ここでも二人で一皿で十二分


昼過ぎから飲み続けていれば
酔っ払うにも十二分



この間の日曜から
再び夏時間なドイッチュランド



8時過ぎでも明るい
幸せな季節がやってきたようです
Comment   Trackback (1)

「刃物の街 だったはずですが」@ドイツ ゾーリンゲン

2007-03-30 05:11:00 | 海外で飲み食い


ステキな夜明けを眺めながら



ドイツな朝食をキメ
向かったのは



「ゾーリンゲン」という街


ゾーリンゲンといえば
「刃物」みたいな


さわるものみな
傷つけちゃう みたいな



街中刃物だらけで
ヘビメタ仕様になっていることを予想し
防具に身を包み向かった我らですが






「刃物」のはの字も見かけない
まったりゆっくり
マイルド地方都市といった風情



ネオナチの攻撃に備えて
バタフライナイフの一つでも購入


なんて思ってましたが



ねえねえ
どこが刃物の街なのよ?





は?


昔のことなんですけど  ってな




唯一ハケーンした



刃物の街である(だった?)証拠


実に
スーベニアショップの一軒も見当たらない
この肩透かし



代わりといっては何ですが
街中ブロンズ像で一杯だったのが
とても印象的






「ねえねえ 足の爪切ってくれな~い?」


「ふざけたこと言ってると 抜くよ!! とか
 




「ねえねえ 手の臭い嗅いでみる?」


「スカシ 目にしみますね 何食ったの?」 ってな



結局
お目当ての
刃物ゲッツはならずでしたが





とりあえず飲んじゃいます


お約束ですから



さて
ドイッチュランドのデパートでは



イースターに備えて
盛り上がりを見せておりますが


いつにも増して肉を食い漁る
敬虔なクリスチャンである我々は


この休みに便乗して
早めのGWをゲッツな算段


浮かれ気分に喝を入れるため
たまにはマジメなスポットで
歴史を体感しようと



「アウシュビッツ」巡礼決定



現地で日本人ガイドさんをお願いしているのですが
ガイドさんのメールから抜粋するに



「ミュージアムへの入場は
 13歳以上が適当であるとされています。
 入場禁止ではありませんが
 お子さまへの影響はご両親さまの責任としてください。」



お子様への影響とな(゜д゜lll)?



オレ様にも重大な影響を及ぼしそうな
悪い予感がビンビンしますが



ドイツ キールから
ポーランド クラコフ往復
全行程2500km超の
ロングドライブ


アウシュビッツにそのまま収容されずに
無事帰還できたら

またここでお会いいたしましょう
Comments (8)

Zum Grauen Bock@ドイツ フランクフルト 「アルもアリウル」

2007-03-29 07:25:57 | 海外で飲み食い
ガッツリと



ドイツな朝食をキメて向かったのは



「Frankfurt」


来ちゃいましたね
その距離600km超


南ドイツにも
とうとう踏み込み始めました~よ



ゲーテよりも

私にとっては
「クララの家」 なこの街

一度は降り立ってみたかったわけですが



ゼーゼマン邸の代わりに





「三越」ハケーン




しかるに


どこぞの空港の免税店な風情
ジャージな我らは無言ではじかれているような


軽く期待した
「日本食ゲッツ」ならず


早々に回避して





高級ブランドショップ街


停まっている車もスーペリオール



我らも






マイカー


実はどんな高級車より
一番機能的 と


チャリンカーのみぞ知る
この事実






一番の繁華街と思えるあたりで
遅めの昼食をエンジョイしていると



デモ隊現る


警官もわんさと押し寄せ
ものものしい雰囲気ですが


どうやら
「毛皮反対」なデモですな


そのうち数十人が
あるお店の前に群がり
強烈に声を張り上げながら抗議開始


おそらく中に
毛皮なマダムがいたと思われ


警察官が割って入ってましたが


これが中世だったりしたら
そのまま血祭りで火あぶりな悪寒


ヨーロピアンに潜在する
そんな凶暴性を垣間見ることが
たまにあったりして



さて
軽くヨッパで乗った



こんな路面電車

「リンゴ酒電車」と呼ばれていますが



中で名物の「リンゴワイン」を飲みながら
街中を約1時間のラウンドトリップ
こりゃ楽し


電車の適度な揺れと
ずーーっと効いている酒にもってかれて
意識もだんだんおぼろげに・・・



眠い目をこすりながらも


次に向かうは



また酒場


「ア・ル・チュ・ウ」の
「ア・ル・チュ」ぐらいまで来ている悪寒


そして



また「アップルワイン」


かなりクセがあるので
水で割られて出てきますが
それでも結構ムズめな味


正直
コレが名物なのはちょいとわからんですが



そこも早々に切り上げ


向かうは





また酒場

「ア・ル・チュ・ウ・カ・ク・ジ・ツ」の悪寒


日本の「飲み歩き」な作法が
いつの間にか戻ってしまっている悪寒もプラスですが





間違い(゜∀゜)ない!!


同じ酔うならなら
やっぱこっちでしょ




お初の「レバークヌーデルンズッペ」
これを食べたかった



美味いじゃ (゜д゜lll) ないっスカ!!


噂どおり
これはストロングで美味


万人ウケとは言いにくいですが
レバ好きにはタマランのでは




そして
メインとの間にはさんでみた


これまた
ドイツではお初な



「タルタルステーキ」



ただのひき肉に生卵  ってな


果たして「ステーキ」と言えるのか


そもそもこれが
「料理」といえるのか


300gは超えそうなひき肉塊
潤滑させるのに
卵一つじゃ心もとなく



さっきのレバースープが大活躍


我ながらナイスなアイデア


まあ
それなりに楽しみましたが


こればっかりは
ちょいと人には勧められんかもね



おっと



何か刺さって出てきましたが





ドーーー(゜∀゜)ーーーン!!



このお店でマストな
「ドイツ盛り合わせ」


マイケルも
お店の5代目店主の自家製ですってよ



思わず骨もエレクト




うーーん
これぞドイッチュランド


アンチ野菜で肉と芋


ドイツの正しい形です


メタボへの片道切符です




と そこで

ちょいとマジメな話


日本人が海外で外食 となると
あれこれマナー的な前知識がちらついて
あれこれ格好も付けたくなる気もしますが


EU的な外食では
スープとか前菜とか
キャパ的に余計なわけで


アブノーマルな私が言うのもなんですが


ノーマルな日本人には
二人で一皿のメインで十分  



海外ガイドブックに
一番求められている情報って


結局現地のお店の
細かい各論じゃなくて


一見さん向けの
総論じゃないのかなと


そんな
配慮のあるガイドブックが
あると良いのですけどね


実に半年ぶりに
日本製のガイドブックを見ながら旅して
ライターのバイアスを体感


初心者のこと考えないで
ドイツ慣れした
あなたのプランを書かれても・・・


そんなとこが
排他的な日本人の
一番ヤなとこかもしれませんね


もう
日本のガイドブックとは
オサラバをキメた夜ですが




フランクな近代的風景は
どこか新宿の風景をカブらせますな



こんな風景を
ドイツで初めて見た気がします


同じく発展を続けながらも
シビアな雰囲気のベルリンとは違った


「温暖気候」な雰囲気の
まさにドイツ登竜門な街ではありますね
Comments (3)

Rathaus Keller@ドイツ キール 「ギャートルズ+α」

2007-03-28 07:06:54 | 海外で飲み食い
やっとこ

春(゜∀゜)ですね!!




と思ったら


急に雪が降り出したりする
そんなところです 
Kielって



先日も


この空
ヤヴァいかな~どうかな~~
と恐る恐る走り出すと


案の定
ミゾレ降ってきますがな


それも
一粒が5mmほど
かなりなサディスティック空模様


これってミゾレじゃなくて
「ヒョウ」って言うのかも



いつもなら
折れそうになりそな
実にショパーイ空模様なわけですが



レミオロメンなぞを聞きつつ
ハイテンションなオサーンは


粉~~~雪~~~ と


絶叫しながら
至極ご満悦


ドイツの粉雪は
顔に当たるらしいです




繰り返されるハイトーンなサビに

もう無理ッスよ~ って


ハッと横を見ると


雨宿りをしていた小学生集団
全員がコチラを凝視



チュ~~~ッス!!
と走り去りましたが




こうして東洋の神秘が
EU若年層に埋め込まれていくわけで





さて
そんな夜のご褒美に
ドイツでは常識?な
「市役所下の飲み屋さん=Rathaus Keller」にチャレンジ


Kielのソレは実に初めてですが





(゜д゜lll)

スンゴイ煙なんですけど


その喫煙率に
毎度驚かされるドイッチュランドですが


基本的にジコチューなドイツ人
「分煙」と「アウトバーンの速度制限」は
最後の最後まで折れないとみましたよ



まあ



飲み始めちゃうと
どーでもよくなってきますがね


さて
何を食うかと言えば



「ギャートルズ肉」


最近は
見つけたら
とりあえず頼んでみることにしてますよ
「アイスバイン」



揚げてショパーに仕立てたカロリアスな脂身が
この店における
「こだわりの一手間」でしょうかね


メタボ学的にはリジェクトですが
ジョグの後ならアクセプトですよ





この辺は
もちアクセプトでも




この辺は
一応リジェクトという
限りなく心細いバインド付きですけどね



しかるに


この日は
こともあろうか



「シュニッツェル」まで・・・


そして
付けあわせが




芋というオマケ付き



心ある栄養士さんは
気絶でもしかねない
この栄養過多





美味いからオケー    か(゜д゜lll)?



しかるに
ドイツのシュニッツェル


カツ的には
とっても禁欲的な気もしますがね



山盛りのキャベツを横目に


コッテリソースをドロリと絡めた
ロースな分厚いカツの
脂身側を半分かじって一呼吸


固めに炊いたご飯をかきこみ
ほとばしる脂を口内でmixな悦楽を
赤出汁のナメコ汁あたりで流し込む


そんな
ジャパンな「カツ作法」に比すると
実に文化がスタックしていると感じなくもないですが


まあ
優越感にひたりつつ
うるさいことは言いますまい


言ってますけどね







術後



そぎ落とされた身の部分は
確実にコチラ側にチャージされていると思われ


これぞ「質量保存の法則」


「粉雪」絶叫分の消費カロリーが
少しでも効いていてくれることを祈るばかりです


サビを2000回ぐらい繰り返しても足りませんけどね
Comment (1)

敦煌酒楼@ドイツ エッセン 「チキンなカレーとか」

2007-03-28 05:41:21 | 海外で飲み食い
「Essen」という街に行ってきました


ドイツ語で
Essen = Eat なわけで
それこそ期待も高まるというものですが



実に
何も見るものが無い街だったり



ここまで何も無いのも珍しいぐらい



しいて言えば






コレぐらいかしら


それも
「宝物館」に
ポツンとコレだけ・・・





何か?


いえね


軽く怖いんですけど



しょうがないので



中華でもessenしちゃいましょうかね



とりあえず





trinkenですけどね






あまりの迫力に唖然な春巻


春ではなくて
「真夏」級のサイズですがな





美味いじゃ (゜д゜lll) ないっスカ!!


モチっとなガワに
もやしがINしたお初なタイプ


これはイイ





まあこれは
どこで食べても大差なく美味い
「牛肉野菜炒め」


コチラの中華は
牛肉・豚肉・鶏肉・鴨・七面鳥あたりが
4-5種類の調理法で順列組み合わせに


それも炒めものになると
どの味頼んでもあんまり違いが無いような


安心の裏に
飽きが来やすいのも事実



ということで


普段見かけない
「チキンなカレー」
なんぞを頼んでみましたが





そう来ましたか


チキンなフライに
カレーソースなタイプね




う(◎o◎)ま~~~!


体に悪そうなものほど美味いのは
この世の鉄則とも言えましょう


さて
お腹もイパーイになって
散策を再会するも





ここまで見所が薄い街も
そうそうあるまいて



しかたがないので
オートマティカリーに
ショッピングタイムになっちゃいますが




美味そうなクッキーを





ハケーン(゜∀゜)!!!!


軽く10個ほど購入するも


¥1500(゜д゜lll)


軽くトラップに引っかかった感のある
とってもヒマな昼下がり
Comments (4)