そんなに食うなら走らんと

食道楽(ラーメン中心)とカロリー消費(ランニング中心)の葛藤の日々

とんぼ亭@船堀 「正月街中華」

2017-01-16 09:30:35 | ラーメン 江戸川区
近年ともなりますれば

1/4日からやっているラーメン屋は
むしろ選ぶのを困るほどなのに

一杯ヤリながらまったりする街中華は
かなりの移動を余儀なくされるほどに
難問中の難問

そう
特にコレ
船堀の出来事なら




って
ヤってる!!

「とんぼ亭」なんていう
奇印なネーミングのお店にしては
十二分スギるほどに
ヤリスギている




ちょっと眉をひそめられるような
そんな一瞬の間もなく
堂々登場の昼ビール




そうそう
オレたちは
スタートがまだの
正月モードのオレたちなんだから




壁に埋め尽くされたメニュー群から
酒飲みしかオーダー出来ないコーナー
なんてのを発見して

よどみなく
ウインナー炒めを発注してみると

まあ
敵もプロ中のプロ




よどみなく
シャウエッセンが登場という

コレ
ドイツに本家がありそうで
実は日本にしか存在しない

しかも
ドイツじゃなくて
ウィーンってばオーストリア

いや
ウィーンにも
コレはないだろ的
ジャパン限定ウインナーを




緑茶ハイで受け止める

コレコレ
コレこそが
日本の正月というもの


もう一品ぐらいイクかね

そうっスネ
ま そんなに重そうじゃないヤツ


スミマセーン!!
ニラ玉単品お願いしマッス!!



敵もプロ中のプロ




見たことのないニラ玉が
大盛りで登場という

ニラはもはや
もやしの色付けにしかなってないワケで

まあ
大島のあとじゃなければ
もれなくがっついてるんだろうけど


ってことで
そろそろ
ベロベロにならないうちに

ふーたーりーに
ひとつづつー
大切な

いや




二人でひとつの
大切なラーメン




ちょっとしたキキのイイ酸味が
いわゆる街中華フツーのやーつからは
ボール一個分だけ外角から攻め込むも




それでもコレ
ちゃんとストライク




溶けゆく海苔も
街中華におかれましては
一興ということで

ぼちぼちと
来たるイベントの算段をしながら

まったりと
正月休みの最後を
マンキツするオレたちでした




東京ノスタルジック街中華 (タツミムック)
辰巳出版


東京ノスタルジック大衆食堂 (タツミムック)
辰巳出版


愛しの街場中華 『東京B級グルメ放浪記』2 (光文社知恵の森文庫)
光文社


町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう (立東舎)
リットーミュージック


BRUTUS(ブルータス) 2016年 10/15 号 [町の中華]
マガジンハウス


Comment

大島@船堀 「正油&味噌」

2017-01-06 08:30:47 | ラーメン 江戸川区
すみれからは
彩未オンリーだったのが

すみれからは
大島へも暖簾が分けられたように




某イベントへ向けて
是非とも!!

その大島からのおすそ分けが
マジで是非とも
必要だったのかもしれません




「正油」の正しさに
オレ一人 アガりながら




CとEの間のアイツ
謹賀新年シャッターポールをキメながら




むう
迷っちゃうけれど
迷わないオレ




アイツが正しく味噌ならば




オレも正しく正油ってことで

なんだか
アイツのお陰様で
盛られていたのは気のせいか




味噌には生姜
ですよねー!!




東京っぽく
カスタマイズを入れているなんて
マメチを入れながらも




ウ (゚д゚lll) メ!!

兄貴スジに引けを取らない
ってなとこに落とすのを
憚られるほどの完全無欠




正油の方は
かつてのアレアレに比べると
ズイブンと黒を控えた設定
って




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

一口目から
興奮のルツボの奈落の深淵の奥の底へ

コイツはたまげた的
ココにはまだ心があった的

都内に置かれましては
既に酸化・腐食を果たしたはずの
純すみマインドだったけど




船堀にこそ豊平川が流れている

灼熱の寒風が吹き荒れていると

新年早々一発目の
DGRのその意味




AJTMAZMS!!
添えられた好意を
噛み締めながら




盛られた肉を
噛み締めながら




いろいろと
ご協力ありがとうございます
本当に感謝致します

某イベントに
森住製麺の黄色の縮れが
花咲くことを祈りながら




すみれ 札幌濃厚味噌 145g  1ケース(12個入り)
すみれ
日清食品


すみれ醤油ラーメン1食入り
株式会社森住製麺
株式会社森住製麺


すみれラーメン1食 味噌
株式会社森住製麺
株式会社森住製麺


Comment (1)

一本氣@小岩 「ラー麺+サービスこだわり味玉」

2010-09-10 08:59:10 | ラーメン 江戸川区
小岩が濃いわ


とか
まあ
暴れなさんな


こうやって
変換されちゃった
だけなんだから!!


って
むしろ
ナイスIME!!





迷ったね 実際


どの2軒にしようかな って
鬼のように


結局1軒は
新小岩にしてしまった
わけだけれど




その昔
隣の市川に
顔を灰色にしながら
2年ほど通っていた僕は


新小岩と聞くだけで
しんどいわって



ちょっとだけ
上手かったのでした


そして相変わらず
ファーラウェイなのでした





富士山ふもとの
パワースポット浅間神社
その分野に敏感な人には
鳥居をくぐるたびに
オクターブが上がる感じがする
とのことですが


江戸川から千葉方面に敏感な僕は
隅田川と江戸川を越えるたびに
オクターブが下がる感じがする
とのことでした



そうなんです




15分ぐらい待たされたって
ここで待たないわけには行かないぐらい



ここに至る時間と距離に
変えられるものなど


いまの僕には
あるわけがないのでした





やっと会えたね


どことなく
BOØWYマインドを
くすぐるコントラスト




寡黙にベースをはじく
松井常松を脳裏に浮かべながら





吟醸 (゜д゜lll) 家系!!




美味いじゃ (゜д゜lll) ないっスカ!!


ある意味
漢の世界の
家系のラインとはいえ




毛むくじゃらが
オカマ語で暴れるのとは対極の


イケてる女が
イナセにフォーレターワード


実にカッコいい
磨かれ抜いた
一杯の中に




お待たせゴメンね的
サービス味玉が
これまたカッコよく
光っていたのでした



念願の一杯と
一期一会を無事果たし


ああこれで
もうココに
思い残すことはない!!


そう言い切りたいのとは
うらはらに


小岩にはますます
ラ的な発展が
臭いまくっているのでした




やっぱり人間
勉強して臨むと
イイコトが続くわけで


そして
イイコトを
続けたくもなって


ステキな2杯を
キメたあとは




帰りの思い出づくりを
してみることにしてみました




今日のこの高さにも
一期一会だと思いながら




ただいま438m


438
438


上手いゴロを
思いつかないほどの
脱水だったのです





今日のこの日を
あの「三丁目の夕日」みたいに
懐かしく思う日が来るのか


セピアになれないほど
カラフルな休日
だったけど

Comment (1)

一燈@新小岩 「半熟味玉(塩)芳醇香味そば」

2010-09-04 10:26:22 | ラーメン 江戸川区
平日休みの
前日の翌日は
たいがいまだ
キいていることが多くて


ゆれる脳髄
風に身をまかせながら


近場の愛をもとめて
べんてん
めとき
悩んだ挙句


そして気づくと
中本を啜っていたりして



とかく
二日酔い
デブ出不精


汚水は
下に向かって
流れるのでした


ヒューマンとして
終わっていることが
多いのでした






負けちゃダメだ!!


圧して
新小岩まで
やってきておきながら
駅前のイージーに
負けちゃダメだ!!




並んで
いるんだね


知らなかったよ
空がこんなに青いなんて



というか
なんだおまい
変な帽子に
妙なメガネ


そんなメガネは
塩沢トキかあゆぐらいにしか許されないって
伊集院も言っていたのに


なんだおまい
これ見よがしに
聞こえよがしに
その「通」ぶった
べしゃりは おい



この中が見える小さい窓
このお店は間違いないよ とか



うる (゜д゜lll) さい!!


死んで (゜д゜lll) しまえ!!


おまいのウンチクなんて
だあれも聞きたくない!!


オレの事前イメージ
壊さないでくれ!!



遠くに
離れてくれて
ヨカッタ


ああ
危ないところでした
お水をそっちに
こぼしてしまいそうでした



おい
トキめがね




キミに語れる一杯では
ないのだよ
コレは




もちろん
僕にも
語れる一杯では
ないのだけれど




美味いじゃ (゜д゜lll) ないっスカ!!


ギューーーン!!
ってした


遠くまで
ギューーーン!!
って見えた感じ


あわせ鏡の
奥の方まで
ギューーーン!!
ってそんな感じ


この手の淡麗
最初弱くて
中パッパ


最後のトータルで
満足できるよう
「じんわり」沁みる
的なのが多いところ


一口目から




ギュー (゜д゜lll) ーーン!!




味変アイテムで
も一度




ギュー (゜д゜lll) ーーン!!


ビジュアル的
雰囲気的に
似てる
似てると
思っていたけど


やっぱり
似てるには意味があると


あとで学んで
大きくなりました




そう
パーツの一つから
位置的バランスから
量的バランスから
なにからなにまで


ここまで磨かれ尽くした
ラーメン一杯って




本当にいいものを
みんなで安価にシェアできる


本当に幸せな食事なんだなと



ただ
言うなれば


トキめがねとは
シェアしたくなかったと


ただ
そういうことに
なるわけです

Comment

カネス酒場@一之江 「超激レトロ ラーメン居酒屋」

2010-06-21 10:44:22 | ラーメン 江戸川区
へぇ
じゃあ
お店始めて
どのくらいになるんですか?





80年かねぇ





大 (゜д゜lll) 正!!


92 (゜д゜lll) 歳!!


12歳から働いてますのん!?


いや
ツッコミどころは
そこでいいのか
間違ってないのか オレ




戦時中の配給の話とか
拝聴しながら




生き仏に
軽々しく




ホッピーお替り
お願いしマッス!!


間違ってないのか オレ




ハイボールよりも
箸と箸立て




3が無いに
とどまらず




ヘッドが
緑って


点くのか コレ


炎の向こうに
戦火とか
見えたりしないか コレ




福寿江ぐち
レトロを語っていた
オレがいた




大貫
最古を喜んでいた
オレがいた




体感温度は




超激 (゜д゜lll) 最古!!




驚きの
統一価格




なんだか
水戸黄門がすすっている風景までが
脳裏に流れてきて




美味いじゃ (゜д゜lll) ないっスカ!!


なんだか水っぽくて
なんだかカチョーっぽいけど


なんだかすべてが
脳内シミュレーションの
そのままのようで





なによりこの丼
背中のススケ具合が
国宝級


って




違う (゜д゜lll) お店!?


そこにもきっと


僕たちの知らない
過去の塊が
あるはずで

Comments (3)