映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

宇宙人ポール

2012年01月21日 | 洋画(12年)
 『宇宙人ポール』を渋谷シネクイントで見ました。

(1)コメディタッチのSF物ながら、なかなか評判がいいというので、見に出かけた次第です。実際にも、実に楽しい作品でした。

 イギリスからやってきたSF作家クライブニック・フロスト)とイラストレーターのグレアムサイモン・ペッグ)が、有名な「ネバダ州エリア51」を走っているときに、突然、ポールと名乗る宇宙人に出会ってしまいます。



 ポールは、60年前の1947年に、ワイオミング州に不時着した宇宙船に乗っていて、その時にアメリカ政府に捕まってしまい、以来ズット秘密基地にいて、様々な面で人間を手助けしてきました。ところが、それも最終段階となって、いよいよポールの超能力を入手すべく、脳を解剖する予定が組まれ(注1)、そんなことになったら生きてはおれませんから、ポールは、基地内部の支援者の協力を得て、基地を逃げ出して元の星に帰ろうとしているというわけです。

 後ろから、ポールを追跡する特別捜査官らが追っかけてくるので、クライブとグレアムの2人は、乗っていたRV車にポールを匿いながら、彼が目的とする場所(元いた惑星から救出隊がやってくる場所)に急ぎます。

 特別捜査官のゾイルは、間抜けな部下2人を使って執拗にポールを追ってきますが、実はビッグ・ガイ(『エイリアン』のシガーニー・ウィーヴァーが演じています)の指令に従っています。



 さらに、実は、……(注2)。

 もう一人の追手は、クライブとグレアムと宇宙人ポールの3人が泊まったモーター・プールの経営者モーゼス。というのも、ひょんなことからポールの姿を見てしまったモーゼスの娘ルースクリステン・ウィグ)を、口封じのために、3人は誘拐してきてしまったからです。
 おまけに、モーゼスは熱烈なキリスト教ファンダメンタリストであって、宇宙人の存在はおろか、進化論なども信じず、それは娘のルースにも強烈に浸透しています(注3)。
 そこで、ポールはルースの考えを破壊するだけでなく(注4)、見えなかった左目も治療してしまいます。

 逃げるのがルースも加わって4人、それを追うのもモーゼスが加わって4人、それに……(注5)、というわけでシッチャカメッチャカになりますが、サア上手くポールは救出隊に遭遇でき、元の惑星に戻ることができるでしょうか、……。

 こうした全体の流れの中で、細部の詰めも十分に行われている感じです。
 例えば、グレアムとクレイブとの関係。2人は無二の親友ですが、イラストレーターのグレアムの方が、SF作家のクライブよりもオープンマインデッドな人物として描き出されています。
 すなわち、宇宙人ポールに初めて出会った時、クライブの方は気絶してしまいますが、グレアムは、ポールの話に耳を傾けます。
 その上、ポールを受け入れることに対して、目が覚めたクライブは余りいい顔をしません。
 また、ルースは、クライブを差し置いてグレアムと恋仲になってしまいます。

 グレアムに扮するサイモン・ペッグは、『ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル』でもユーモラスな役を演じていて、緊張感あふれる映画にとってまさに息抜き的な存在でしたが、この作品では本領発揮、『パイレーツ・ロック』で太ったDJ役だったクライブを演じるニック・フロストと、息のあった凸凹コンビを組んでいます。




(2)こんなことは申すに及ばないものの、全体的には、昨年見た『SUPER 8/スーパーエイト』によく似ています。
 そちらでは、宇宙船が不時着したのは1958年とされ、また宇宙人の外見もマッタク異なっているものの(それに、そちらでは自分で宇宙船を作り直して帰還しますが、本作では救助隊がやってくるのです)、長期間拘束された宇宙人が、囲いを破って逃げ出して、元の星に帰還するという粗筋はほぼ同一です。
 ということは、本作は、私のようにスピルバーグ・オタクではない者にも大層面白い作品ながら、スピルバーグのSF物などに造詣が深ければ深いほど様々な発見があるわけで(注6)、なおかつ、全体がコメディタッチで描かれているのですから、堪えられないに違いありません。

(3)渡まち子氏は、「逃避行スタイルのロード・ムービーは、映画ファンを夢中にさせるパロディと、小粋なセンスの感動が詰まった快作。何より、いろいろと問題はあっても、やっぱりアメリカという国への愛を表明する、勇気あるメッセージを感じるのだ」として75点をつけています。



(注1)宇宙人ポールに言わせれば、「長い間客だと思っていたら、実は囚人だった」わけです。

(注2)実は、ゾイル特別捜査官は、宇宙人ポールの逃亡を援助した基地内部の者であって、ビッグ・ガイの襲撃を撃退します。

(注3)ルースは、ダーウィンを神が撃っているところを描いたTシャツを着ていますし、ポールを見ると「悪魔!」と言って騒ぎ、果ては「アメージング・グレイス」を歌い始めます。

(注4)ポールは、『ツリー・オブ・ライフ』で描かれたようなビッグ・バン以降の宇宙の生成に関する情報を、念力でルースの脳内に注入するのです。

(注5)最後には、追手の元締めのビッグ・ガイがヘリコプターで現れますし、もう一方には、60年前に宇宙人が不時着するのを見ていたタラというお婆さんがいます。ポールの乗っていた宇宙船は、タラの愛犬ポールの上に不時着してしまったのです。それで、タラは宇宙人を助けますが、それを恩に着た宇宙人は、タラを伴って故郷の惑星に戻ろうとします。

(注6)たとえば、劇場用パンフレットに掲載されている町山智浩氏のエッセイ「眼からウロコの『宇宙人ポール』」をどうぞ。





★★★☆☆



象のロケット:宇宙人ポール

コメント (1)   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
« ミラノ、愛に生きる | トップ | 写真展二つ »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凸凹コンビ (KGR)
2012-01-22 09:55:38
「タンタンの・・・」でも一緒に出てましたね、声ですけど。
それぞれの個性が生きて面白かったです。
サイモン・ペグの驚きの顔とか(鳥食った時の)見事でした

コメントを投稿

58 トラックバック

宇宙人ポール/PAUL (LOVE Cinemas 調布)
『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』のサイモン・ペッグとニック・フロストが主演と脚本を務めたSFコメディ。ポールという名前の宇宙人と、オタクの青年2人がアメリカ大陸のミステリースポットを旅してゆく。ポールの声を『50/50 フィフティ・フィフ...
『宇宙人ポール』をユナイテッドシネマ豊洲3で観て、あははははふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★おもろい。欠点がない、ような気がする】 おもろい。 欠点がない、ような気がする。 まあ、オタクが主役で、その描かれ方がちゃんとしてる映画は 前提 ...
宇宙人ポール (映画感想メモ)
それは、突然過ぎる、未知との遭遇。 いい加減あらすじ 宇宙オタクなイギリス人のク
宇宙人ポール  監督/グレッグ・モットーラ (西京極 紫の館)
【出演】  サイモン・ペッグ  ニック・フロスト  クリステン・ウィグ  セス・ローゲン(ポールの声) 【ストーリー】 1947年、ワイオミング州に怪しい飛行物体が落下した。そして60年後、イギリス人のSF作家クライヴとイラストレーターのグレアムは、アメリカ・サン....
宇宙人ポール (あーうぃ だにぇっと)
宇宙人ポールを下町コメディ映画祭で観てきた。 9月18日@浅草公会堂。 席が最前列でちと疲れた。 上映前にイベントがあった。 内容はそこそこ良かったんだけど長い。(笑) 終映後に一杯やって帰ろうかと思っていたけど疲れたのでやめた。
『宇宙人ポール』 (こねたみっくす)
たまには冒険もいいもんだ。でも死んだ鳥なんか食えるかよ! オヤジ臭い宇宙人とイギリス人ヲタク2人の星を越えた友情に、そして60年という時間を越えた元少女と人情味ある宇宙人 ...
宇宙人ポール/サイモン・ペッグ、ニック・フロスト (カノンな日々)
予告編を見て一目惚れです。これは絶対に観ようと思っていました。かなりいい感じのB級臭はもちろんのことSF映画ファンにたまらない感じのオマージュとパロディ要素に期待大の作品 ...
映画「宇宙人ポール」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/12/21、ユナイテッドシネマ豊洲。 サイモン・ペグ、ニック・フロスト、セス・ローガン(声)、ジェイソン・ベイトマン。 ** サンディエゴのコミコン会場にやってきた、イギリス人でSFオタクの作家、 クライヴ・ゴリングス(ニック・フロスト)と、 そ...
「宇宙人ポール」 (prisoner's BLOG)
イギリスからアメリカに来た宇宙人オタク二人組が、当局に監禁されていた本物の宇宙人に会う、数々のUFO目撃談とか映画テレビが、実は彼をモデルにしていたのでした、という人をくった話に、オタクネタが絡む。 「未知との遭遇」や「Xファイル」といった誰でも知っている....
宇宙人ポール (佐藤秀の徒然幻視録)
宇宙人はつらいよ 公式サイト。原題:PAUL。グレッグ・モットーラ監督、サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー、ブライ ...
「宇宙人ポール」こうでなくっちゃ! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
どうせ「エリア51」から逃げ出した宇宙人もので、しかもスピルバーグをリスペクトするなら、こうでなくっちゃ! 笑いあり涙ちょびっとあり、ジョークのセンスもなかなかのもの。 したまちコメディ映画際の『映画秘宝まつり』で上映。 久しぶりに面白い映画を観たyo☆
2011年9月18日 『宇宙人ポール』 浅草公会堂 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
今日は、したまちコメディ映画祭(通称:したコメ)で、『宇宙人ポール』 を鑑賞してきました チケットは自分で取ったんではありませんが、twitterでつぶやいたらどうですか? と易しくお声掛けしていただき、譲っていただきました。 (@mattuankoさんありがとうござい...
宇宙人ポール (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) リトル・グレイの異色キャラが微笑ましい(笑)
『宇宙人ポール』 (映画批評_気ままにツラツラと・・)
今日はお待ちかねの第4回したまちコメディ映画祭の 映画秘宝まつり第三弾で『宇宙人ポール』を鑑賞してきました。 したまちコメディ映画祭と映画秘宝がタッグを組んで 今年で3回目なのですが、一昨年が『ハングオーバー』 昨年が『キック・アス』を日本最速で上...
「宇宙人ポール」:幾つ分かるかSF映画ネタ (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:グレッグ・モットーラ 出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト 米国2010年 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ」などで、一部で(?)有名コンビ、サイモン・ペッグ&サイモン・ペッグによるSFネタ、UFOネタ満載のコメディ。 B級以上でも...
「宇宙人ポール」 これこそスピルバーグLOVE、宇宙LOVE (はらやんの映画徒然草)
「ショーン・オブ・ザ・デッド」、「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」の
■宇宙人ポール (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第252回「SF好きのSF好きによるSF好きのための映画」 やけに今年は異星人の登場する映画が多い年でした。「スカイライン-征服-」「世界侵略:ロサンゼルス決戦」と・・・そして今年を締めくくるのは「宇宙人ポール」です。これだけ異星人の登場する作品が多く...
グレッグ・モットーラ監督 「宇宙人ポール」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
あけましておめでとうございます。 稚拙なブログですが… 本年もまた、宜しくお願いしますm(__)m 早速、今年一番最初のレビューですが 新年ですから、楽しい映画が良いなぁ~と言うことで、この映画を観てきました。 オフィシャルサイト⇒http://www.paulthe...
宇宙人ポール (映画と本の『たんぽぽ館』)
アメリカの荒野にはUFOがよく似合う                      * * * * * * * * 「未知との遭遇」や「E.T.」など、名作SF映画作品へのオマージュを捧げつつ、 心沸き立つ冒険と友愛の物語。 イギリスからさえない青年コンビ、ク...
「宇宙人ポール」 (みんなシネマいいのに!)
 1977年の「未知との遭遇」、1978年(日本では本国より1年遅れ)の「スター
宇宙人ポール (だらだら無気力ブログ!)
期待通りで面白かった!
宇宙人ポール (Memoirs_of_dai)
スピルバーグ先生登場!? 【Story】 SFオタクのイギリス人青年、クライブ(ニック・フロスト)とグレアム(サイモン・ペッグ)は、念願だったコミックの祭典「コミコン」とアメリカ中西部のUFOスポット...
宇宙人ポール (うろうろ日記)
映画館で見ました。オタク風のイギリス人がコミコンのためにアメリカに渡り、ついでに
『宇宙人ポール』 ('12初鑑賞2・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 1月2日(月・祝) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 14:30の回を鑑賞。
宇宙人ポール / PAUL (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」で人気のコンビ、 サイモン・ペッグ&ニック・フロストが主演と脚本を務めたSFコメディーで帰って来た 全米で今年の3月公開。日本ではしたコメ映画祭で秋に上...
宇宙人ポール (こんな映画見ました~)
『宇宙人ポール』---PAUL---2010年(アメリカ)監督:グレッグ・モットーラ 出演:サイモン・ペッグ 、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン 、クリステン・ウィグ 、シガーニー・ウィーヴァー 、セス・ローゲン (声)ポール アメリカのコミック業界最....
宇宙人ポール・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ナードに栄えあれ。 スティーブン・スピルバーグによって生み出された、SF映画史上の金字塔「未知との遭遇」「E.T.」に影響された映画関係者は数多い。 この夏に公開された「SUPER 8/スーパー・エイト」も...
「宇宙人ポール」:よく出来てます。笑えます。 (大江戸時夫の東京温度)
映画『宇宙人ポール』、面白いです。サイモン・ペッグニック・フロストという英国人コ
『宇宙人ポール』 (ラムの大通り)
(原題:PAUL) 「いやあ。これは聞きしに勝るオモシロさ。 70年代SF、とりわけ『未知との遭遇』に心を奪われた人は必見の作品だね。 冒頭から、あの映画そっくりの風景が、そのまんまの雰囲気で出てくるし、 しかも今年公開された『SUPER8 スーパーエイト』と同じくブ....
宇宙人ポール (心のままに映画の風景)
SFオタクのイギリス人青年、クライブ(ニック・フロスト)とグレアム(サイモン・ペッグ)は、念願だったコミックの祭典「コミコン」とアメリカ中西部のUFOスポットを巡る旅を楽しんでいた。 途中、ネバダ...
「宇宙人ポール」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・米=仏=英合作/ユニバーサル=配給:アステア、パルコ 原題:Paul 監督:グレッグ・モットーラ 脚本:ニック・フロスト、サイモン・ペッグ 製作:ニラ・パーク、ティム・ビーバン、エリック・
宇宙人ポール (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「宇宙人ポール」監督:グレッグ・モットーラ(『アドベンチャーランドへようこそ』出演: サイモン・ペッグ(『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『タンタンの冒 ...
宇宙人ポール (風に吹かれて)
SFオタクの夢かなう公式サイト http://www.paulthemovie.jp1947年、アメリカ、ワイオミング州のムーアクロフト。そこで暮らす幼い少女は、ある夜、怪しい光を放つ飛行物体が、愛犬
宇宙人ポール(2010)★☆PAUL (銅版画制作の日々)
 ヒッチハイクしてきたのは…なんとエイリアン!?友情は星を超える! 評価:=90点 わあ~このコンビものがとても好きなんです!それに+人間みたいな宇宙人ポールが絡んで最高で~す! ただコミックオタクとかにはまったく興味もないしそのあたりはよくわ....
「宇宙人ポール」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
ツボにハマった。 どこが? わからん。このユルい感じの宇宙人にしてやられたとしか、言いようがない。 頭でっかちの、つるっぱげ。「未知との遭遇」の宇宙人がそのままじっちゃんになったような容貌。 古今東西SF映画に出てくる宇宙人の典型。 こいつが、品は悪いわ....
映画:ポール Paul オフビート系のくせに「モテキ」に対抗できる、今年有数のコメディか?! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
SFオタクなイギリス人青年×2人、クライブ(ニック・フロスト)とグレアム(サイモン・ペッグ=MI4の100倍いい)がアメリカのUFOスポットを巡るロードムービー。 ところが宇宙人ポールに出会っちゃうことで、一気に派手な展開に... この宇宙人ポールの個性がと...
宇宙人ポール☆独り言 (黒猫のうたた寝)
『ショーン・オブ・ザ・デッド』で出会ったあの二人組を年末にかけて頻繁に見かけているような気がします。サイモン・ペッグとニック・フロスト主演のSFオタクと宇宙人のロードムービー・・・ベースは勿論コメディ(笑)その宇宙人・・・よく登場するグレイタイプ。本来は無...
宇宙人ポール (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「宇宙人ポール」監督:グレッグ・モットーラ(『アドベンチャーランドへようこそ』出演: サイモン・ペッグ(『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『タンタンの冒 ...
映画・宇宙人ポール (読書と映画とガーデニング)
2010年 イギリス=アメリカ原題 PAULB級SF映画だと思って観ましたが、意外や意外おおいに笑い楽しみましたA級まではいかなくてもBプラス級くらいの評価ありではないかしらイギリス人SF作家・クライブとイラストレータ・グレアムの二人は少年時代からの夢だったア...
宇宙人ポール (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のコンビ、サイモン・ペッグ、ニック・フロストが脚本、主演を兼任したSFコメディ。地球にやって来てから60年間、アメリカ政府に拘 ...
『宇宙人ポール』 (beatitude)
1947年、アメリカ、ワイオミング州のムーアクロフト。そこで暮らす幼い少女は、ある夜、怪しい光を放つ飛行物体が愛犬に向かって墜落してくるのを目撃した……。この不可解な出来事から60年。イギリス人のSF作家クライヴ(ニック・フロスト)とイラス...
『宇宙人ポール』 (・*・ etoile ・*・)
'11.12.18 『宇宙人ポール』@シネクイント 今はなきshowbiz countdown で紹介されててスゴイ見たかった! したコメで特別上映されて、行きたかったのだけど、気づいた時にはチケ完売 シネクイントで先行上映されるということで行ってきたー★ ココにも書いたけど、シネ...
宇宙人ポール (ダイターンクラッシュ!!)
2011年12月31日(土) 16:55~ シネ・リーブル池袋1 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『宇宙人ポール』公式サイト (キャスト/スタッフの紹介がスクロールしない・・・。) これを観なければ年を越せないということで、イギリスの親友コンビ...
宇宙人ポール (とりあえず、コメントです)
サイモン・ペッグ&ニック・フロスト主演のコミカルなロードムービーです。 先に観た友達が楽しいよと言っていたのでチャレンジしてみました。 相変わらずちょっとブラックでしたけど、思わず吹き出してしまうようなゆるーい展開が楽しい作品でした(^^)
映画:「宇宙人ポール」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年2月3日(金)。 映画:「宇宙人ポール」。 【監  督】グレッグ・モットーラ 【脚  本】サイモン・ペッグ 、ニック・フロスト 【音  楽】 デイヴィッド・アーノルド 【字  幕】種市譲二 【キャスト】 サイモン・ペッグ (Graeme Willy)・...
宇宙人ポール (hikodj's blog)
【hikodj's blog更新】宇宙人ポールの感想。俺も田舎で宇宙人と酒飲みながら大麻吸いたいよ。面白かったよー!
宇宙人ポール (新・映画鑑賞★日記・・・)
【PAUL】 2011/12/23公開(宇都宮:2012/02/11) アメリカ PG12 104分監督:グレッグ・モットーラ出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー、ブライス・ダナー、ジョン・キャロル・リンチ、シガーニー・....
「宇宙人ポール」 (Con Gas, Sin Hielo)
イギリスから来た男たち。 UFOオタクの男二人と妙に地球慣れした宇宙人・ポールの珍道中。 この設定だけで期待感を抱くが、仕掛け人がS.ペッグとN.フロストの「あの」コンビなのだから、もっと何かありそうと思わずにいられない。 主人公のクライヴとグレアムは英国か...
宇宙人ポール (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
宇宙人ポール '10:イギリス ◆原題:PAUL ◆監督:グレッグ・モットーラ ◆出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー ◆STORY◆1947年、ワイオミング州に怪しい飛行物体が落下した。そして60年後、イギ...
宇宙人ポール (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
宇宙人ポール '10:イギリス ◆原題:PAUL ◆監督:グレッグ・モットーラ ◆出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー ◆STORY◆1947年、ワイオミング州に怪しい飛行物体が落下した。そして60年後、イギ...
宇宙人ポール (銀幕大帝α)
PAUL/10年/米/104分/SFコメディ/PG12/劇場公開(2011/12/23) -監督- グレッグ・モットーラ 過去監督作:『スーパーバッド 童貞ウォーズ』 -脚本- *サイモン・ペッグ *ニック・フロスト -出演- *サイモン・ペッグ…グレアム 過去出演作:『スタ...
宇宙人ポール (いやいやえん)
サイモン・ペッグとニック・フロストのコンビが帰ってきましたよ! SF作家とイラストレーターの二人がコミコンの帰りにUFO関連の観光地巡りをしていたところ、なんと宇宙人と遭遇。ポールと名乗るその彼はめちゃく
宇宙人ポール (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「今年なんばあわんだった ホットファズ!!」 「今年一番っつ
宇宙人ポール (Paul) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 グレッグ・モットーラ 主演 サイモン・ペッグ 2011年 アメリカ/イギリス映画 104分 コメディ 採点★★★★ そのむかしの宇宙人っていえば、子供心にトラウマを植え付けさせられたフラットウッズモンスターや、警官が撮影したとかいうアルミホイルを巻き付け...
宇宙人ポール  PAUL (映画の話でコーヒーブレイク)
DVDの発売を待ってました。 サイモン・ペグのファンなんです。 最近は「スター・トレック」や「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコール」など ハリウッド大作にも出演しています。 しかし「ショーン・オブ・ザ・デッド」のおバカコメディーなんだけど何だか....
宇宙人ポール (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 1947年、アメリカ、ワイオミング州のムーアクロフト。 そこで暮らす幼い少女は、ある夜、怪しい光を放つ飛行物体が 愛犬に向かって墜落してくるのを目撃した……。 この不可解な出来事から60年。イギリス人のSF作家クライヴ (ニック・フロスト)とイラスト...
宇宙人ランゴ (Akira's VOICE)
「宇宙人ポール」 「ランゴ」 
【映画】宇宙人ポール…コミコンと宗教がツボ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告から… 2013年2月21日(木曜日)には、修理に出していた車が戻ってきました 既に代車に慣れて、自分の車の操作でチョイチョイ悩むのは困りモノです 2013年2月23日(土曜日)は、朝から一人で山口県の理髪店まで散髪に行ってきました。 凄く天気が良かった...