映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ツリー・オブ・ライフ

2011年08月28日 | 洋画(11年)
 『ツリー・オブ・ライフ』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。

(1)『イングロリアス・バスターズ』で快演を披露したブラッド・ピットや『ミルク』のショーン・ペンらが出演し、またカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した作品でもあることから、随分と期待を込めて見に行ってきました。
 ですが、こちらが思っていた映画とは大違いの内容です。

 この映画は、ビッグバンから現在の人類に至る大きなマクロの流れと、その中でのブラピ一家という個別的なミクロの展開が、ミックスしています。
 前者についていえば、様々の実に美しい映像が映し出されますし、後者の方も、父親のオブライエン(ブラッド・ピット)を中心とする一家5人が生活する姿が、まさに中流の生きかたそのもののように描き出されていきます。

 とはいえ、しばらく見ているうちに、ミクロのブラピ一家の内実は、むしろどこにでもありそうなものではないか、その意味でかなり抽象的ではないか、またマクロの流れに関する映像は、普段NHKTVのドキュメンタリー番組などでよく見かけるものと大差ないのではないかと思えてきて、全体としてこの映画になかなか乗り切れないものを感じてしまいます。
 それに、例えば、冒頭にヨブ記からの引用(注1)が掲げられ、すぐその後で、人の生き方には二通りあるなどということがジェシカ・チャステインによって述べられ(注2)、ラストでもコラールが歌い続けられるといったように、各場面が宗教的なもの(特にキリスト教)に強く関連付けられているような感じがするものの(注3)、キリスト教のことなど普段あまり考えたこともないクマネズミには、どうしても違和感を拭い去ることはできません。

 下記の(3)で述べる要因(クマネズミの愛好するクラシック・ギター!)から★一つ追加はいたしますが、クマネズミとしては、全体としてそれほど優れた作品と言えないのではないかと思いました。


(2)でも、そう簡単に言い切ってしまえない何かが、本作品にはあるようにも思います。
 それが何だか結局はよくわからないものの、もう少し詳しく見ていきましょう(以下は、感想というよりも、むしろ作品内容をなぞっているだけの単なるメモ書きにすぎません)。

イ)まず、ブラピ一家についてです。
 この一家の出来事としては、最初に唐突に、19歳になった次男が亡くなったという知らせを、ジェシカ・チャステインが受け取って不安に駆られる場面が描かれます。



 さらに、その連絡が飛行場にいるブラピに入りますが、あまりのことに、彼はその場に座り込んでしまいます(注4)。


 次いで、大人になった長男ジャックショーン・ベン)が登場します〔以降のブラピ一家に関する映像は、おそらくはジャックの回想の中のものではないか、と考えられます(注5)〕。



 現在のジャックは、一方で、第一線の建築家として忙しく活躍しているものの(注6)、他方で、自分がいまそこに存在すること自体に懐疑を持っているようです。
 そして、そういう思いを彼に抱かせる根源的な原因が、どうやらジャックとその父親との関係にあるようなのです。というのも、回想しながらチェックするとでもいうように、ジャックの幼い時分の家族の様子が、何回となく画面に映し出されるからですが。

 まず、母親のジェシカ・チャステインが妊娠して、赤ん坊が生まれ、洗礼を受け、両親と子供たちは楽しげに戯れたり、というように、家族を巡っていろいろな物事が典型的に進行します。
 ただ、暫くしてジャックが少年になると、父親のブラピはジャックに対し、返事の際は「Yes,sir」と言え、というように、いろいろ口煩く注意をするようになります。
 果ては、今部屋に流れている曲の名前を訊ねたりもするのです(でも、そんな子供に、「ブラームスの交響曲第4番」を当てさせるのは、やり過ぎと言うものでしょう!)。

 ソウしたことが度重なって、ジャックは父親に対して酷い敵愾心を抱くようになります(その背景の一つには、音楽的才能のある次男R.L.が、自分より優しい扱いを父親から受けているとのヤッカミもあるようです。そういう気持ちの表れとして、上記の次男の死亡の知らせを聞くシーンが、最初に描き出されているのかもしれません)。

 他方で、ブラピの方にも理屈はあります。世の中で成功するには、強い意志が必要なのだ、音楽家になろうとしてなれなかった自分のようになるな、云々というわけです〔ここには、息子に何かを伝えたいとする父親の姿勢がうかがわれ、それは邦画でも見かけるところです―このブログのこの記事の(3)などをご覧下さい〕。



 しかしそうはいっても、自分に出来ないことを子供に強いるなんて、と思うのが普通でしょう。
 ジャックは、他の家に忍び込んで、その家の主婦の下着を盗んだりするなど、いろいろな悪さをするようになります。

 そうこうするうちに、ブラピは、27件もの特許申請しているにもかかわらず敗訴が続き、さらに悪いことには、勤務していた工場が閉鎖されて職を失ってしまいます。
 こうなると、ブラピは、無力感にとらわれるとともに、これまで自分が思いあがっていたことに気が付き、逆に、自分に誇れるものは子供たちだけだ、と言うようになります。

 ここで突如として、映画は現在のジャックに戻り、それも荒涼とした岩山をさ迷う姿なのです。



 さらには、そこに立てかけてある木の門をくぐり抜けます。すると、突然、いろいろな人々がジャックの周囲を歩きだし、なんとその中には、昔のブラピ一家も混じっているではありませんか(注7)。



 さらに画面は変わって、再び、現代建築のビルの中にいるジャックに戻ります。

 ジャックから見たように描き出されているブラピ一家の様子については、次のようにもいえるのでしょうか。すなわち、家族のためによかれと情熱をこめてブラピがしたことが、逆に裏目に出てしまい、家族から反目を買うことになってしまうものの、やはり結局は皆がそれぞれ許し合い、そして今の自分はそれでかまわないのだという思いに至る、というように。

ロ)こうした一家の背景となるものが、ビッグ・バンから現在にまで至る大自然の大きな変化といったものでしょう。
 まず、巨大な星雲が爆発し、火山から溶岩が流れ出て、水蒸気爆発しているようです。
 それから、ユタ州のキャニヨンのような荒涼たる地表が現れ夜明けを迎えたりする一方で、海の中では、海藻が大きく揺れる中、クラゲとかウミウシのようなものが蠢いていたり、恐竜が現れるかと思うと、サメとかエイが泳ぎ、血液が血管を流れるうちに、心臓も鼓動し出します。
 全体として、ビッグバンから生命の誕生、そして人類までの道のりが(途中、大隕石が地球に衝突しますが、これによって恐竜などが絶滅したのでしょう)、混沌としたたくさんのイメージの集合でもって、かなり抽象的に描き出されている、といえるのではないかと思います。

 ビッグバンからの進展が、地球科学で想定されているような一直線のものとして描き出されるのではなく、このように様々な変形を凝らし複雑に入り組んだものとして映し出されると、それはそれで随分と興味をひかれます(尤も、恐竜のCGは余計でしょうが←数少ない観客サービスでしょうか?)

ハ)こうしたマクロの大自然の動きと、先のミクロのブラピ一家の暮らしとを、ある意味でつなぎ合わせる接点となっているのが、何回も映し出される森の描写ではないでしょうか(それと、海中の藻も)?
 ただ、その際専ら焦点を当てられるのは、西欧的な垂直に天に伸びる樹木から形成される森であって、アジア的な風にそよぐ柔らかい森の光景ではありませんが(この映画で風にそよぐのは、大きな花が咲いている木の場合です)。

ニ)ということで、あと何回か本作品を見て、細部に今少し目を向けることができるようになれば、いろいろ議論できるようになるかもしれませんが、さりとて、わざわざそんなことをしようという気も今のところ起きてこないといった感じです。

 それでも、俳優達は頑張っているなと思いました。
 ブラッド・ピットは、口やかましく様々なことを言い募り、自分の思う方向に家族をもっていこうとする権威主義的な父親ながらも、実のところは家族のことを深く愛している人物という大層困難な役を巧みに演じていると思いましたし、ショーン・ベンが演じる長男ジャックも、映画の中では殆ど会話のシーンがなく、専らその醸し出す雰囲気で気持ちを表さなくてはならないという、これも難役ながら、説得力ある演技力でこなしています。さらには、クマネズミには初めてのジェシカ・チャスティンも、プラピに振り回されながらも、どこまでも優しく子供達に接する母親役としてうってつけだなと思いました(本作品を制作したテレンス・マリック監督による未公表の次回作にも、出演しているようです)。


(3) この作品では、音楽が欠かせない要素になっていると考えられます。
 マクロのシーンでは、スメタナの「モルダウ」やベルリオーズの「レクイエム」などが使われ、ミクロのシーンでは、元々音楽家の道を志していたことから、ブラピが、教会のオルガンでバッハの「トッカータとフーガ」を弾いたり、自宅のピアノでモーツアルトのソナタを弾いたりする場面があるだけでなく、驚いたことに次男はクラシック・ギターを練習してもいるのです!
 さらに次男が、テラスでレスピーギの「シチリアーナ」を爪弾いていると、それを聞きつけた父親のブラッド・ピットが、ピアノで低音部分を弾きだし、綺麗な二重奏となっています(注8)。
 また、エンドロールでは、最初のうち、F.ソル(このブログの昨年4月17日の記事をご覧ください)のギター曲の「月光」(Op.35-22)が流れたりします。

 おそらく、ブラピ一家の様子が描かれている1950年代は、今と違ってクラシック・ギターに対する一般の関心がズッと高かったころではないかと思われます(注9)。
 そして実際には、次のような事情もあるとのことです(注10)。
 すなわち、テレンス監督(注11)には、音楽的な才能を持った弟ラリー・マリックがいました。ただ、20代の前半でスペインのギタリスト、アンドレス・セゴビアに弟子入りしたものの(注12)、思ったほど上達しないことに落ち込んで、自殺してしまったようなのです(1968年)。

 むろん、そんな実話があろうとなかろうと映画を見る上で何の足しにはなりませんが、こうした人を寄せ付けなさそうに思える映画に対する突破口としては、興味が惹かれるエピソードではないでしょうか。


(4)福本次郎氏は、「カメラは彼らの姿を散文的にスケッチしていくが、隅々にまで精密な美しさと静謐な躍動感が行きとどいたしっとりとした映像は、ストーリーを頭で理解するのではなく、心で感じ取ることを観客に要求する。今まで見た記憶がない、ため息が漏れる圧倒的な映像体験だった」として90点もの高得点をつけています。
 また、渡まち子氏も、「キューブリックの「2001年宇宙の旅」にも似て、哲学的な物語とめくるめく映像美の間に、生きるとは何かという問いが封じ込められている。混迷する現代に生きる観客それぞれの心の中に浮かび上がってくるのは、その問いの答えではなく、より良い人間でありたいという祈りなのかもしれない」として70点をつけています。



(注1)「わたしが地の基をすえた時、どこにいたか。もしあなたが知っているなら言え」(第38章第4節)と、「かの時には明けの星は相共に歌い、神の子たちはみな喜び呼ばわった」(第38章第7節)。〔口語訳旧約聖書

(注2)冒頭で、母親が、“生きる道には二つある。世俗の道と神の恩寵の道。前者は、周りに愛があろうとも、利己的・威圧的で自分の意志に人を従わようとするが、後者は、不幸なこと、人に疎まれることをおそれない。自分は、後者を選んだ”といったような意味合い(大体ですが)のことを述べたりします。
 実際には、彼女は次のように述べているようです。
 There are two ways through life. The way of nature and the way of grace. You have to choose which one you will follow. …….
(例えば、このサイトの記事の初めの方を参照)

(注3)そもそも、タイトルの「The Tree of Life」からして、旧約聖書の創世記第2章からの引用のようです〔アメリカ標準訳 (1901年版)〕。
 And out of the ground made Jehovah God to grow every tree that is pleasant to the sight, and good for food; the tree of life also in the midst of the garden, and the tree of the knowledge of good and evil.

 さらに、様々のマクロの映像と一緒に、「主よ、なぜです。あなたはどこに。」とか、「あなたにとって、私たちとは?答えてください」、「あなたに縋ります」、「嘆きをきいて」などといった問いかけの言葉などが挿入されたりします。

 ただ、キリスト教とこの映画の各場面との関連性についていろいろと探り出したとしても、それは部外者による単なる解説に過ぎず、だから何なのかという思いに囚われてしまうので、これ以上の追求は控えることと致します。

(注4)次男が死んだのは、1970年代前半と推定され、当時はベトナム戦争の末期でもあることから(まだ18歳以上の男子に対する徴兵制が設けられていました)、その戦争で死んだとも考えられますが、映画では何も説明されません〔本文の(3)をも参照してください〕。
 なお、ブラピは、「あいつに謝る機会がなかった」、「みじめな思いをさせた、自分が憎い」などと自分を責めますが、なんとなく『オカンの嫁入り』で、桐谷健太が、自分のせいで祖母が亡くなってしまったとして、「何よりも悲しいのはもう会って謝れなくなってしまったことだ」、と言っていたのに通じるのかな、などと密かに思ったりしました。

(注5)といっても、例えば、上記の飛行場におけるブラピの映像が誰の視点によるものなのかは、判然としませんが。
 また、最後の方の場面で、ジャックの前に現れるたくさんの人の中にブラピ一家が混じっていて、かつその中に幼いころのジャック自身がいるとなると、これがジャックの回想なのかどうかよくわからなくなってきますが。

(注6)全面ガラスで覆われた超近代的なビルが立ち並ぶビルのオフィスで、ジャックは仕事をしていますが、そうした建築物をズッと小型化したものが、映画『クロエ』の舞台となっているキャサリンの自宅とはいえないでしょうか〔同映画に関する記事の(3)をご覧ください〕?

(注7)もしかしたら、天国への入口なのかもしれませんが、映画では、次男の死以外の死は明示的に描かれていませんし、なにより、なぜブラピ一家は何十年も前の姿なのか、そしてそこになぜ少年時代のジャック自身が入っているのか、よくわからないことだらけです。

(注8)このサイトの記事を参照。

(注9)1944年、51歳の時に、セゴヴィアはニューヨークに転居し(62歳でマドリッドに定住するようになるまで)、充実した演奏活動を行うようになりました。そういうことが、当時のラリーの背景にあるのではと推測されます。

(注10)たとえば、このサイトの記事を参照。
 ただ、こちらの記事によれば、元々の出典は、ジャーナリストのピーター・ビスキンド〔ドキュメンタリー映画『イージー・ライダー☆レイジング・ブル』の原作者(?〕)の書いたものによるようです。
 なお、同記事によれば、テレンス・マリックは3人兄弟で、テレンスが一番上で、2番目が自殺したラリー、3番目がクリスで、オクラホマ州で石油生産を行っていたときに自動車事故に遭遇したとのこと。

(注11)テレンス・マリック監督は、大変な寡作で、これまでに本作を除き4本しか制作していません。



 ちなみに、プロデュースも手掛けており、そのうちの1本が例の『アメイジング・グレイス』とのこと!

(注12)本文のすぐ前で触れたソルの「月光」は、沢山あるソルの練習曲の中からセゴヴィアが選んだ20曲(『セゴビア編による ソルの20の練習曲』)の中に入っています。




★★★☆☆



象のロケット:ツリー・オブ・ライフ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (63)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランスフォーマー3 | トップ | この愛のために撃て »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よく判りませんでした (KGR)
2011-08-28 22:50:05
結局全体として何を言いたいのはよく判らない映画でした。

宗教的背景なのか、死生観なのか、個人的な経験、あるいはそれらのすべてなのか、
全員に分かってもらわなくていい、判る人だけ判ればいい、
そんな映画でした。

「理解でなく感じろ」なんて「燃えよドラゴン」じゃあるまいし、
圧倒的な映像体験とは到底思えません。
「金返せ映画」とまでは言いませんが、何だかなぁ映画でした。

Unknown (これは)
2011-08-30 02:38:48
ヨブ記を絵解きした映画ですので
読んでいないと意味がわからないと思います
意味とは? (クマネズミ)
2011-08-30 06:23:45
「これは」さん、わざわざコメントしていただき有り難いとは思いますが、「注3」で申し上げましたように、「キリスト教とこの映画の各場面との関連性についていろいろと探り出したとしても、それは部外者による単なる解説に過ぎず、だから何なのかという思いに囚われてしまうので、これ以上の追求は控え」ました。
要すれば、「ヨブ記を絵解きした映画」について、さらにその意味を解説しても何の意味もありませんから!
(さらには、映画の冒頭で引用される「わたしが地の基をすえた時、どこにいたか」が、この映画で持つ意味合いなど、言わずもがなのことでしょうし)
ちなみに、「ヨブ記」は、岩波文庫などで簡単に入手出来ますし、ネットでもその全文を簡単に見ることが出来ます。そして、短いものですから、読むこと自体は簡単なことです。でも、だからなんだとおっしゃるのでしょうか?
Unknown (これは)
2011-09-02 02:58:33
少々長くなりますがご容赦下さい

先日の私のコメントの意図を説明いたしますと
一つ目のコメントのKGBさんが
『結局全体として何を言いたいのはよく判らない映画でした。』
と書かれていたので
KGBさんはひょっとしてヨブ記を読んでいない方かなと思って
「ヨブ記を絵解きした映画ですよー」
(映画が言いたいことはヨブ記と同じですよー)
(読まないと意味が分かりにくい不親切な映画ですよー)
と軽い気持ちで言ってみたつもりでした
言葉足らずな書き方だったようでどうもすみません

ところで私はこの映画には「ヨブ記を絵解きした映画」という以上の意味など無いと思っていますが
『「ヨブ記を絵解きした映画」について、さらにその意味を解説』することも
無意味ではないと思います(「なぜヨブ記を題材にするのか」とか)
とはいえ映画について語ることは所詮
『部外者による単なる解説』か「部外者による単なる感想」に過ぎないとも思いますので
『だから何なのかという思いに囚われ』ない真に意義ある語りなど存在していないとも考えますが…

最後の『だからなんだとおっしゃるのでしょうか?』というご質問の意図がよくわかりませんが
もしかすると私がクマネズミさんに対して「ヨブ記ぐらい読んどけよ」という意味のコメントをした
と思われたのだとしたら前記の通り全くそういう意図はありませんでした
ヨブ記は簡単に読めてとても面白いことはもちろんよく知られていますし
私もそのことを決して否定していません

私のコメントが不愉快なものであったら大変失礼いたしました
映画レヴューとは? (クマネズミ)
2011-09-02 06:07:41
お早うございます。
「これは」さん、懇切なコメントをいただきありがとうございます。
クマネズミの方は、当初いただいたコメントを、まさに「ヨブ記ぐらい読んどけよ」という意味内容だと受け取って、返事のコメントとしました。
今回いただいたコメントで、そうではないことがよく分かりました。

ただそうだとしたら、余計なことかもしれませんが、先ず「これは」さんは、KGRさんのブログ「ITニュース、ほか何でもあり」にコメントされるべきではなかったか、と思います。
ここでもう少し事情を申し上げると、クマネズミはKGRさんの8月28日のコメントに対し、KGRさんのブログのコメント欄において、「もしかしたら映画が言いたかったことの一つは、冒頭に掲げられるヨブ記からの引用文「わたしが地の基をすえた時、どこにいたか」にあるのではないかな、おまえらは神のなす事に文句を言うが、こんな壮大な宇宙を造ったのはおまえらではなく私なんだぞということで、卑小なオブライエン一家と圧倒的な宇宙誕生などが比べられているのではと思っています」云々と申し上げております(8月29日)。
なお、その翌日(8月30日)に、「これは」さんからコメントをいただきました。

また、「『「ヨブ記を絵解きした映画」について、さらにその意味を解説』することも無意味ではない」とあります。
ですが、仮に「「ヨブ記」を絵解きした映画」としたら、それを解説することは「解説」の「解説」であって、それはツマラナイことではないかと思い、さらには、キリスト教に詳しいナドレックさんなら、すでに7月26日の記事で「ヨブ記」を取り上げているので、この映画についても必ずやご自分のブログ「映画のブログ」に記事を書かれるにちがいないと思い、いずれにせよ門外漢が屋上屋を重ねるまでもないのではと考えた次第です(実際にも、ナドレックさんは、8月29日に記事掲載されています)。

さらに、「映画について語ることは所詮『部外者による単なる解説』か「部外者による単なる感想」に過ぎないとも思いますので『だから何なのかという思いに囚われ』ない真に意義ある語りなど存在していないとも考えます」とあります。
ただ、クマネズミがコメントで申し上げたのは、そんな一般論ではなく、“キリスト教に対して全くの部外者”であるクマネズミが、今回の映画について、キリスト教的な観点から解説しても空しい思いに囚われてしまう、という個別的な感想です。
〔これはあくまでもクマネズミの個人的な感想ですから、ナドレックさんの今度の記事についても、「だから何なのか」などと言いたくなってしまうものの、コメントすることは控えています〕
ですから、今回の映画についても、キリスト教に関係しそうな部分は出来るだけ避けながら、「『部外者による単なる解説』か「部外者による単なる感想」に過ぎない」ものをブログに書き込んでいる次第です(とはいえ、観客は映画にとって「部外者」でしょうか?)。
ですから、「これは」さんにおっしゃられるまでもなく、それが「真に意義ある語り」であるはずもなく、いつも「だから何なのかという思いに囚われ」てばかりいますが(とはいえ、「真」とは「意義」とは何でしょうか?)!

最後に、「『だからなんだとおっしゃるのでしょうか?』というご質問の意図がよくわかりません」とあります。
「これは」さんが引用された文章は、疑問文というよりもむしろ反語であって、「読んだからといって映画の持つ意味が分かるということでもないのではないか」といったような意味合いです(とはいえ、ここら辺りになると、「読む」とか「分かる」、「意味」などといった言葉に込めるものの違いから、議論が錯綜すると思われるので、これ以上は申し上げません)。

なお、前回いただいたコメントは、言い放しの無責任なものなのかな、と思って、そんな感じで対応してしまったのですが、今回いただいたコメントからすれば、「これは」さんは、ご自身でブログを作成されていらっしゃるのではないかと推測されます。
次回は、是非、「これは」さんのブログのURLをご教示いただければと思います。
知恵の樹 (馬須樹)
2011-09-07 00:04:43
  本作が『旧約聖書』の「ヨブ記」を踏まえたものとされ、また、「創世記」に見える生命の樹と知恵の樹がエデンの園の中央に生えていたことが題名につながるとされる。洋の東西を問わず、「樹」が人生や歴史の運行に影響するという思想があって、東洋では『山海記』等に太陽が昇り沈むという巨木の話が伝えられる。中国本土の東と西の遥か遠い所に扶桑、若木(建木)と呼ばれる恐ろしく高い木があって、それを伝って日が天に昇り、また天から降ったとされるのである。この扶桑が日本列島の異称ともされて、平安期には『扶桑集』『扶桑略記』という書も作られた。
 ところで、信仰心もなく、キリスト教徒も縁遠い私が、始めて知恵の樹すなわち「ツリー・オブ・ノリッジ」の名を目にしたのが、競馬の世界であり、アメリカ短距離レースの王者「ドクターフェイガー(Dr. Fager)」の子に「Tree Of Knowledge」(1970年米国産)がおり、この馬もまたなかなかの名馬でハリウッド・ゴールドカップという大レースに勝っている。当時はセンスの良い名前だと思っていたが、これはたんに旧約聖書を知らなかっただけの話だったか。
はじめに映画と無関係の話をしたが、2011年5月のカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールをとった本作は、上記キリスト教の記事を踏まえたもので、そうした知識のない異教徒にとっては、まるでチンプンカンプンの代物である。家長としての権威を振りかざす暴君の父が主人公の一人で、信仰深い母がおり、これら全てに反発する長男がもう一人の主人公ということで、長男の追憶的断片的にストーリーが展開するから、その独りよがりの物語ともいえよう。私には、父親も家族思いの結構良い父親ではないかとも思われる部分があるから、長男の反発も無知に因るものもあるのではないかと感じる。

  総じて映画にあまりストーリー性がないうえ、よく分からない恐竜まで画面に出てきて、かつ、長男の受けとめ方に対しても、共感がとても持てません。このため、ストーリーがより退屈で、映画が長々しく感じた事情にあります。本作のような映画を否定するつもりは毛頭ありません。娯楽作品として映画を観る者にとっては、こういう映画もあるのだよ、ということを知るうえでは、貴重な体験でした。無知な者が批判をするつもりもなく、ただ日本人の受けとめ方の一つを示しただけですが、これで、また「知恵の樹」の果実を一つ食べたことになるのかもしれません。あと、映像が全体的に美しいものでした。
宗教との関わり (クマネズミ)
2011-09-07 21:52:10
「馬須樹」さん、コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、キリスト教関係の知識の乏しい「異教徒」の日本人にとっては、こうした作品にどう対処したらいいのか困惑してしまいます。
ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』を読んで、面白いことは面白いと思う反面、「大審問官」などのわからなさにも悩まされるのと同じ感じと言ったらいいのでしょうか。
ヨブ記などとの関連性などを詳細に解説しているブログも見かけますが、確かにそれで知識は得られるものの、でもだからどうなのと言いたくなってしまいます。
Unknown (Quest)
2012-05-05 02:34:47
難解な映画でした。
ここはこう解釈する、とか、ここはこういう意味だ、というような訳注みたいなものを全力で拒否するようなパワーのある作品だったと思いました。

圧倒的な映像表現で視覚と聴覚を包み込む、という映画が本質的に持っているような魅力を再確認させてくれたような気がしました。

余り評価出来ませんが (クマネズミ)
2012-05-07 05:29:32
「Quest」さん、わざわざTB&コメントをありがとうございます。
確かに、「訳注みたいなものを全力で拒否」して「圧倒的な映像表現で視覚と聴覚を包み込む」ような作品といえる側面を持っているのかもしれません。
ただ、エントリ本文で申し上げましたように、個別的なミクロの展開に関しては、「各場面が宗教的なもの(特にキリスト教)に強く関連付けられているような感じが」し、信者であれば様々に解釈するのではないかと思われ、マクロ的な映像も「普段NHKTVのドキュメンタリー番組などでよく見かけるものと大差ないのではないか」とも思われましたが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

63 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ツリー・オブ・ライフ (LOVE Cinemas 調布)
本年度カンヌ国際映画祭パルムドール授賞作品。現代に生きる主人公が人生の曲がり角にたったとき、子供の頃の家族や兄弟との暮らしを回想する。出演はブラッド・ピット、ショーン・ペンのハリウッドを代表するスターたち。ピットが厳格な父を、ショーンが成人した長男を...
*ツリー・オブ・ライフ* (Cartouche)
    1950年代半ばの中央テキサスの小さな田舎町。幸せな結婚生活を送るオブライエン夫妻と、彼らの子供である3人の兄弟。父は、信仰に厚く、男が成功するためには“力”が必要だと考えている厳格な男。母は、自然を愛で、子供たちに対しては精いっ...
劇場鑑賞「ツリー・オブ・ライフ」 (日々“是”精進! ver.A)
人生を、見つめ直しませんか・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108120004/ The Tree Of Life (Original Motion Picture Soundtrack) posted with amazlet at 11.08.09 Tree of Life Lakesh...
ツリー・オブ・ライフ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) 眠い!とにかく眠くなった(爆)
ツリー・オブ・ライフ/ブラッド・ピット、ショーン・ペン (カノンな日々)
カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた『ニュー・ワールド』のテレンス・マリック監督の作品です。予告編を観ると壮大なドラマという感じなんですけど、そのお話の中身は複雑そ ...
[映画『ツリー・オブ・ライフ』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆正直、きつかったなぁ。  最初の30分間くらい、延々と「宇宙/地球/生命創造」のイメージ画像が続く。  「物語」で進んでくれているわけじゃないので、退屈なことこの上ない。  でも、恐竜時代のトコでは、妙にCGに金をかけた恐竜描写がある^^  退屈だが、...
ツリー・オブ・ライフ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人間とは何者か、神は何処にいるのか・・・・? 「ツリー・オブ・ライフ」は、商業映画デビュー以来38年で、発表した作品は僅かに5本という、超寡作な異才テレンス・マリックの6年ぶりの新作である。 二世代...
『ツリー・オブ・ライフ』 (こねたみっくす)
この世界は全て神様の気まぐれで出来ている。ゆえに人の死に答えを求めても無駄である。 寡作で知られるテレンス・マリック監督が第64回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した ...
ツリー・オブ・ライフ (Akira's VOICE)
天地創造。生々流転。  
『ツリー・オブ・ライフ』 (beatitude)
若い頃に弟に死なれたジャック(ショーン・ペン)は、仕事で成功し中年にさしかかった今も、子ども時代のトラウマに囚われていた。1950年代半ば、中央テキサスの田舎町で暮らしていた10代のジャック。夢のように美しい風景に包まれていながら、彼の生活は、強権的な父親(...
試写会「ツリー・オブ・ライフ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/7/28、よみうりホール。     ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン * 頑固、亭主関白な親父(ブラッド・ピット)、 優しくて寛容な母親(ジェシカ・チャステイン)には、 3人の息子がいました。 二男は若くして(19歳で)死ん...
「ツリー・オブ・ライフ」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:The Tree Of Life)今年観た映画の中で、一番つまらない。ただ、ネット上での本作に対する否定的評価を見ると“意味不明で分かりにくい”といったものが散見されるが、私は決してそうは思わない。作者の意図しているものは大方は理解できる。しかし問題なのは...
『ツリー・オブ・ライフ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ツリー・オブ・ライフ」 □監督・脚本 テレンス・マリック □キャスト ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン■鑑賞日 8月13日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★(5★満点、☆は0.5)<感想>...
ツリー・オブ・ライフ (こんな映画見ました~)
『ツリー・オブ・ライフ』---THE TREE OF LIFE---2010年(アメリカ)監督:テレンス・マリック 出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン 、ジェシカ・チャステイン 、フィオナ・ショウ、ハンター・マクラケン、ララミー・エップラー 、タイ・シェリダン 「天....
ツリー・オブ・ライフ (あーうぃ だにぇっと)
7月25日(月)@よみうりホール。 いよいよ公開が近づいてきた問題作(笑)。
「ツリー・オブ・ライフ」 万物の理 (はらやんの映画徒然草)
テキサスのとある家族の生活を描きながら、人とは、生命とは、宇宙(世界)とは何か、
ツリー・オブ・ライフ (佐藤秀の徒然幻視録)
宇宙の一生と人間の一生 公式サイト。原題:THE TREE OF LIFE。テレンス・マリック監督、ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャスティン、カリ・マチェット、ジョアンナ・ ...
ツリー・オブ・ライフ (as soon as)
美しき河よモルダウの 青き水面は今もなお 流れに優しく陽はそそぎ さざなみはいつも歌うたい 岩にあたりしぶきあげて渦を巻く この旋律はなじみの深いもので 合唱曲として歌ったことがある しかし歌...
ツリー・オブ・ライフ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
109シネマズ名古屋のエグゼクティブシートで初日に鑑賞してきました。予告で観た時から、寝る系統の作品であることはあらかじめ予想していたんですが・・・でも果敢に挑む自分を褒めてあげたい(どこが?) 寝そうな要因としてはBBCのネイチャードキュメンタリーぽい映像...
ツリー・オブ・ライフ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE TREE OF LIFE】2011/08/12公開 アメリカ 138分監督:テレンス・マリック出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン、フィオナ・ショウ、ハンター・マクラケン、ララミー・エップラー、タイ・シェリダン 父さん、あの頃の僕はあなたが嫌い....
ツリー・オブ・ライフ(The TREE of LIFE) (シネマクマヤコン)
ブラッド・ピットが厳格な父親役をやっているドラマです。ショーン・ペンがブラピの長
映画レビュー「ツリー・オブ・ライフ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
The Tree Of Life (Original Motion Picture Soundtrack)◆プチレビュー◆伝説の監督テレンス・マリックの世界観が炸裂する映像詩。家族とその存在意義を地球の起源まで遡って問いかける。 【70点 ...
『ツリー・オブ・ライフ』 (ラムの大通り)
(原題:The Tree of Life) ----この映画、スゴくヒットしてるとか。 でも、途中で退席する人も多いんだって? 「うん。 どうやらカンヌでパルム・ドール賞受賞ということと、 ブラッド・ピット、ショーン・ペンという ふたつの要素で集客しているらしい。 でも、なにせ...
「ツリー・オブ・ライフ」 (てんびんthe LIFE)
「ツリー・オブ・ライフ」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 2011-059 騙されたとか騙されないとかそんなレベルではなく、好きか嫌いか? 又は受け入れられるかできないか。 そういった受け入れ方を左右される作品でした。 キリスト教という宗教色も強いですが、幸...
映画「ツリー・オブ・ライフ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ツリー・オブ・ライフ」観に行ってきました。……しかしいきなりで何なのですが、この映画、製作者達が一体何をテーマにしたかったのかすらも意味不明な作品構成です。一応公...
「ツリー・オブ・ライフ」:壮大さと催眠効果 (大江戸時夫の東京温度)
カンヌのパルムドール(最高賞)に輝く映画『ツリー・オブ・ライフ』は、相変わらずと
★ツリー・オブ・ライフ(2011)★ (Cinema Collection 2)
涼しい風をポチッ THE TREE OF LIFE  <タイトルの「ツリーオブライフ」とは、旧約聖書の創世記にある 「生命の樹」になぞらえたもののようです> 父さん、あの頃の僕は あなたが嫌いだった… 上映時間 138分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公...
*『ツリー・オブ・ライフ』* (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:アメリカ映画、テレンス・マリック監督、ブラッド・ピット、ショーン・ペン、 ジェシカ・チャスティン、フィオナ・ショウ、 ハンター・マクケラン出演。
「ツリー・オブ・ライフ」 (prisoner's BLOG)
よくここまでハリウッド的あるいは一般的文法を使わず、独自の文体を通したことに恐れ入る。 一方でここまでやらなくてもいいのではないかとも。 監督のテレンス・マリックがハーバード大学の哲学科を出ているせいか哲学的な作品かと思ったら、瞑想的と言ったほうがいい....
『ツリー・オブ・ライフ』(2011) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: THE TREE OF LIFE 監督: テレンス・マリック 出演: ブラッド・ピット 、ショーン・ペン 、ジェシカ・チャスティン 、フィオナ・ショウ 、ハンター・マクケラン 公式サイトはこちら。 TOHOシネマズデイにつき行って参りました。 子どもたちは「トラン....
ツリー・オブ・ライフ / THE TREE OF LIFE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click カンヌ映画祭で、パルムドール受賞 「シン・レッド・ライン」のテレンス・マリック監督/脚本×ブラッド・ピット×ショーン・ペン ブラピは製作にも参加。 maru♪ちゃんのお誘いで試写にて鑑...
テレンス・マリック監督『ツリー・オブ・ライフ』Nature : Grace、FATHER : MOTHER、Micro : Macro… (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。『地獄の逃避行』『天国の日々』『シン・レッド・ライン』『ニュー・ワールド』と全作品が挙げられるぐらい寡作テレンス・マリック監督の最新作『ツリー・オブ・ライフ』。出演はブラッド・
ツリー・オブ・ライフ (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第233回「賞賛は時として難解な作品に贈られる」 この作品がカンヌ映画祭でパルムドール(最優秀作品賞)を獲得していなかったとしたら、おそらく私は別の作品を観ていたでしょう。それにしてもこんなに観たい作品の少ない月は珍しいですね。今夜は「ツリー・オブ・ラ...
【ツリー・オブ・ライフ】 (日々のつぶやき)
監督:テレンス・マリック 出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン  父さん、あの頃の僕は、あなたが嫌いだった 「仕事で成功しているジャック、中年と言われる年代になり、過去の自分を振り返る。 のどかな田舎で弟二人と両親と暮らしていたジャック、一見平和
ツリー・オブ・ライフ (風に吹かれて)
地球の歴史のごくごく一部のある家族公式サイト http://www.movies.co.jp/tree-lifeカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作製作: ブラッド・ピット他監督・脚本: テレンス・マリ
生命の不思議。『ツリー・オブ・ライフ』 (水曜日のシネマ日記)
第64回カンヌ国際映画祭で最高賞「パルムドール」を受賞した作品です。
ツリー・オブ・ライフ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
名匠テレンス・マリックが脚本・監督を担当した、旧約聖書の創世記の世界感と1950年代の強権的父親を持った家族の物語が融合された映画だ。説明的セリフが一切ないので、映像から伝わってくる事象を理解しながら物語についていく必要がある。生命の系図(The tree of life...
「ツリー・オブ・ライフ」みた。 (たいむのひとりごと)
まるで芸術作品のような映画。この映画は、感想としてわかったような事を書きたくないと思う作品。ただひたすら自分が感じたことをモヤモヤと考えるだけで、その考えが纏まらないから書けないとも言える。とても簡単
ツリー・オブ・ライフ (映画と本の『たんぽぽ館』)
命と思いを受け継ぎながら・・・                * * * * * * * * 予想どおり、ちょっと難物の作品でした。 不覚にも、ちょっぴり居眠りもしてしまったのですが・・・ でも、今になって思い起こすといろいろと考えさせられる部分が・・...
『ツリー・オブ・ライフ』 ('11初鑑賞109・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 8月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 12:50の回を鑑賞。
初日は金曜日 (まぜごはん)
先週は日曜日(7日)に働いたのでその代休を金曜日(12日)にもらいました。 朝イチに歯医者さんへ行きクリーニングしてもらい、その後映画に行くことに。 金曜日と言えば「上映最終日」初日は土曜日というイメージがあるのですが、最近は金曜日から上映の映画もある....
ツリー・オブ・ライフ (迷宮映画館)
テレンス・マリック節、全開!
唯一無二の (笑う学生の生活)
19日のことですが、映画「ツリー・オブ・ライフ」を鑑賞しました。 ブラット・ピット、ショーン・ペン カンヌ パルムドール受賞作 と 話題作ですが・・・ 何より テレンス・マリック監督の新作ということ まさに、監督色が強い 一筋縄ではいかない作品でした 正直 全...
ツリー・オブ・ライフ (心のままに映画の風景)
厳格な父親(ブラッド・ピット)、愛情溢れる母親(ジェシカ・チャステイン)に育てられた長男のジャック・オブライエン(ショーン・ペン)は、人生の岐路に立ち、自らの少年時代に思いをはせる――。 1950...
ツリー・オブ・ライフ (そーれりぽーと)
ブラピ×ショーン・ペン『ツリー・オブ・ライフ』を観てきました。 ★ 無駄に壮大過ぎて、ついていけなかった。 父と息子の人間関係だけに絞ってくれたらかなり面白いヒューマンドラマだったんだけど、どうでも良いシークエンスとナレーションが多すぎて眠いわ帰りたい...
ツリ―・オブ・ライフ(2011)■□THE TREE OF LIFE (銅版画制作の日々)
父さん、あの頃の僕はあなたが嫌いだった… 8月16日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。 2011年のカンヌ国際映画祭でみごとパルム・ドールに輝いた、あのテレンス・マリック監督作品です。テレンス・マリック作品は「シン・レッド・ライン」だけ鑑賞していま...
ツリー・オブ・ライフ (Diarydiary! )
《ツリー・オブ・ライフ》 2011年 アメリカ映画 - 原題 - THE TRE
『ツリー・オブ・ライフ』 Godとの対話 (Days of Books, Films )
The Tree of Life(film review) テレンス・マリックの
ツリー・オブ・ライフ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ブラッド・ピットとショーン・ペンというハリウッドを代表する2大演技派スターが初共演を果たし、今年のカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールに輝いた話題作!監督を務めるのは ...
ツリー・オブ・ライフ 最後まで堪えてちゃんと観た・・・・ε-(;ーωーA フゥ… (労組書記長社労士のブログ)
 1か月ぶりの映画だ、観たい映画がこの間無かった。 【=46 -8-】 予告編で観ているとどんな映画なのかは解らなかった、しかし本年度カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いているということもあり期待値は高い!  かつて父が望んだように仕事で成功を収めたジャック....
いのちを巡る物語~『ツリー・オブ・ライフ』 (真紅のthinkingdays)
 THE TREE OF LIFE  オブライエン家の長男ジャック(ショーン・ペン)は二人の弟とともに、厳格な 父(ブラッド・ピット)と慈愛に満ちた母(ジェシカ・チャスティン)に育てられた。 都会で...
『ツリー・オブ・ライフ』 (・*・ etoile ・*・)
'11.07.25 『ツリー・オブ・ライフ』(試写会)@よみうりホール yaplog!で当選! いつもありがとうございます。これは見たかった! シネ通かSHOWBIZで紹介された時の映像、大好きな「モルダウ」が感動的に美しかったから。試写状届いた時はガッツポーズだった(笑) *...
「ツリー・オブ・ライフ」壮大な反抗期 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ロンドンで最後にできたフリーな1日。 貴重な1日をどう過ごそうか? 勿論、ずっと忙しくて行けなかった映画だよね~ 貴重なロンドン最後を飾った映画は、カンヌ映画祭で最高賞を取った「ツリー・オブ・ライフ」 はてさて・・・
ツリー・オブ・ライフ (映画の話でコーヒーブレイク)
カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた本作。 カンヌ映画祭で賞を獲得した作品って・・・いま一つよくわからない難解なものが多くって。 本作はどうなんかなぁ?と思いつつ、鑑賞。 隣に座った母娘がうるさくって・・・劇場マナー映像からエンディングが流れるまで、 ....
『ツリー・オブ・ライフ』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
   「The Tree of Life」 ブラッド・ピット×ショーン・ペン×テレンス・マリック。 それ聞いただけでもワクワクするのに、 さらにカンヌ映画祭でパルムドール ときたらもう絶対観たーい! ありがたいことに 東京独女スタイル から試写会のご招待をい...
「ツリー・オブ・ライフ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Tree of Life」 2011 USA オブライエンに「イングロリアス・バスターズ/2009」のブラッド・ピット。 ミセス・オブライエンにジェシカ・チャスティン。 ジャック(中年)に「イン・トゥ・ザ・ワイルド/2007」「ミルク/2008」のショーン・ペン。 祖母に「ブ...
映画:ツリー・オブ・ライフ 宗教観を語った内容に、感性が合うか合わないか、がポイントか (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
カンヌ映画祭パルムドール受賞作品。 評判が天地のように別れていたので、DVDスルーしようと思っていた。 すると「抽象的な映像が多いから、DVDだとつらいかも」という話もあって、新宿での公開最終日に駆け込み(汗) オープニングで、旧約聖書のヨブ記38章の4節が引....
ツリー・オブ・ライフ (とりあえず、コメントです)
『シン・レッド・ライン』のテレンス・マリック監督最新作です。 実は『シン・レッド・ライン』も『天国の日々』未見で、この監督さんの作品を観るのは初めてです。 噂通りの映像美と、何でも感じられるようでいて答えのない問いかけのような展開に圧倒されました。
『ツリー・オブ・ライフ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ツリー・オブ・ライフ 』 (2011)  監  督 :テレンス・マリックキャスト :ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン、フィオナ・ショー、ハンター・マクラケン、ララミー・エ...
映画『ツリー・オブ・ライフ』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-53.ツリー・オブ・ライフ■原題:The Tree Of Life■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:138分■鑑賞日:8月27日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督・脚本:テレンス・マリック□撮影監督:エマニュエル・ルベツキ□美術...
ツリー・オブ・ライフ (銀幕大帝α)
THE TREE OF LIFE/11年/米/138分/ドラマ/劇場公開 -監督- テレンス・マリック -製作- ブラッド・ピット -脚本- テレンス・マリック -出演- ◆ブラッド・ピット…オブライエン 過去出演作:『イングロリアス・バスターズ』 ◆ショーン・ペン…ジャック ...
他に類を見ない趣味的ながら野心作 『ツリー・オブ・ライフ』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:テレンス・マリック出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペンアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 2点
【映画】ツリー・オブ・ライフ…前半5分で寝て安眠を楽しむ…みたいな映画なのかもな。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日、2012年9月29日(土曜日)は、アップルストアで新型のipod touchを予約 本当はもっと前に予約する筈だったのですが、刻印で悩み続けて昨日まで…悩んだ結果の刻印は名前と生年月日だけだったりもするんですけどね 本日、2012年9月30日(日曜日)は、ホテルアルモニ...