角館草履の『実演日記』

〓袖すり合うも多生の縁〓
草履実演での日々の出会いには、互いに何かしらの意味があるのでしょう。さて、今日の出会いは…。

咲かずの四月が終わりました。

2013年04月30日 | 地域の話




今日の草履は、彩シリーズ22cm土踏まず付き〔四阡四百円〕
4月22日の「今日の草履」を逆にした配色です。同じ二種類の布地でも、若干イメージが変わるものですね。ベースにシーチング無地を使ったデザインはなかなかの人気で、これからもたびたび編んでみましょう。

寒かった4月も今日で終わり、暦は5月へと移ります。トップページの実演スケジュールを更新しました。ゴールデンウィークが明けたところで一呼吸入れるつもりでしたが、片岡鶴太郎展の最終日5月19日まで休まず続けることにしました。鶴ちゃん人気は大したものですよ。

それにしても4月を見送るまで桜が咲かないとは、角館人の多くが予想しなかったでしょう。明日も明後日も気温が低いですから、見頃はいよいよ大型連休最終にずれ込みそうです。気温と天候によっては、連休明けも桜が残るんじゃないですかね。

さてこうした場合、人の動きはどうなるのでしょう。例年満開の角館には、一日20万人を超える人出があります。でもそれは週末や祝日と重なるのがひとつの条件ですから、ゴールデンウィーク後の平日ではどうなりますか。まして桜目的のバスツアーもありません。

自然が人間の都合に合わせる話などありませんが、角館の桜を取り巻く人々の善後策を言えば、満開が3日から6日の間に収まることでしょうね。
あえて桜たちに言いたいですよ。いつか必ず咲くのなら、それは『今でしょー!』。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

桜色が目前です。

2013年04月29日 | 地域の話




今日の草履は、彩シリーズ23cm土踏まず付き〔四阡六百円〕
エンジと紺の組み合わせは角館草履の定番といえます。メリハリがしっかり利いて、男女共にお勧めしていい配色と思います。今日の草履は23cmですから、メリハリの利いた女性にお似合いでしょうか。

ゴールデンウィーク前半三連休が終わりました。今日は17℃まで上がりましたが、昨日までの寒さは4月末とは思えませんでしたよ。おかげで桜の開花は大きく進んでいません。
それでも武家屋敷通り樺細工伝承館前の枝垂れ桜が、数輪花を開かせました。

ゴールデンウィークに入り、お客様の人数も日を追うごとに増えています。ということは、「桜ざんねん」の声も比例して多くなるわけです。
西宮家の田町側向かいに、新潮社記念文学館があります。その建物沿いに後ろへ回りこむと、一本だけ5分咲きほどの桜があるんですね。今日のところお教えできる桜はこの一本です。

昨日の閉店後、檜木内川堤沿いの露店を訪ねてみました。知人のお店二箇所に立ち寄り話を聞きましたが、桜はない気温は低いで、ここまでの商いは極めて低調とのこと。わが家一食分の買い物をしたところで、気休めにしかなりませんでした。桜のあるなしで、角館の商いは大きく変わるんですね。

明日からの三日間は平日、天気も良いとはいえません。大きく期待がかかるのは5月3日からの四連休ですね。満開の桜に天気も上々となれば、武家屋敷通りと檜木内川堤はまさにお祭り騒ぎとなるでしょう。

例年満開の角館には、一日20万人を超える人出があります。どうぞお気をつけてお越しくださいませ。桜色に染まる角館が、もう目の前まで来ています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

草履職人はサービス業。

2013年04月25日 | 実演日記




今日の草履は、彩シリーズ23cm土踏まず付き〔四阡六百円〕
ベースに無地、組み合わせにプリント柄という配色デザインを、この冬だいぶ編みました。ここまでのところなかなかの人気で選ばれていきます。自分が履いた状態で見下ろしたとき、プリント柄の緒が見えるところにひとつの魅力があるようです。

先日のブログに触れたNHKの朝ドラ「あまちゃん」は、ずいぶん高い視聴率を維持しているそうですね。テレビ番組にさほどの執着がない私でさえ、欠かさず見たいと思っています。視聴率の高さは想像できますよ。

昨日の放送でも耳に残る台詞がありました。観光客が見守る中で、主人公のアキは未だにウニを獲ることができません。そこで先輩海女が、海中でアキにウニを持たせます。アキが獲ったウニとは言えないまでも、観光客は歓声を上げて喜ぶんですね。しかしアキは、『それは騙していることだ』と抵抗します。

そんなアキへ海女の長老である祖母が言った言葉、『海女はサービス業だっ』。
観光客は、若い女の子のアキが獲ったであろうウニだからこそ喜ぶ。お客様に喜んでもらうのが海女の仕事と思えば、それは「ウソも方便」ということでしょう。ウソが良いというのではなく、パフォーマンスは即ちサービスという意味ですね。

未だ桜のない角館にも、すでに大勢のお客様がお越しです。初めてお会いするお客様は、角館草履の配色や実演そのものに感心してくださいます。『面白いものを見せてもらったよ。ありがとう!』の言葉もいただきました。

草履職人、草履実演もまた「サービス業」と心得ております。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

山口と秋田はおともだち。

2013年04月24日 | 実演日記




今日の草履は、彩シリーズ22cm土踏まず付き〔四阡四百円〕
赤と青紫の組み合わせは、これまでの例で珍しいように思います。対照的でなかなか綺麗ですね。プリントの桜花が、一足早い満開の角館を思い起こさせます。

やはり昨日から平年並みの気温に戻りました。今日は雨に変わったものの、気温は高めに推移しています。桜の開花に天気はあまり関係なく、あくまで気温のようです。この雨でも間違いなく開花に向かっているでしょう。ほんとにあと数日というところまで来ました。

山口県萩市からお越しのおばさまふたり旅。草履実演を見つけると、『あっ、これを履くと体にいいって、テレビで言ってたわよ』。昨日の朝でしたか、NHKの番組で部屋履き草履の健康効果を紹介していたようですね。
そんな後押しも手伝ってか、おふたり仲良くお気に入りの配色をお選びくださいました。

萩市といえばかつての長州藩。NHK大河ドラマは、いよいよ薩摩藩と長州藩が手を組みました。主人公の山本八重は明治以降の活躍が大きいですから、おそらくドラマはすぐに戊辰戦争へと移るでしょう。

おばさまたちとそんな話もしたいと思ったのですが、『あたしは歴史が得意じゃないのよぉ。福島の会津へ行ったら、萩の名前を出しちゃダメよって友達に教えられたわ』。
あまりに真剣に言うので、思わず吹き出してしまいました。

『秋田藩は薩長側の味方ですから、大手を振って歩いていいですよ』と笑うと、おばさまたちは『まっ、そうなのっ。良かったわ~』。
次は弘前公園へ向かうというおばさまたち。弘前藩も薩長側ですから、おばさまたちの旅も安泰でしょう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お年寄りが訪ねたい観光地。

2013年04月22日 | 実演日記




今日の草履は、彩シリーズ24cm土踏まず付き〔四阡八百円〕
紺系でまとめた配色は、24cmで編むことが少なくありません。それは男性でも女性でも可能性のあるサイズだからなんですね。色で男女分けする時代でないことは今さらですが、特に紺色は性別と無関係な気がします。

今日の角館も風の寒い一日でした。それでも日が差す室内は、温室状態でほど良い暖かさです。角館の桜たちも、しばらく温室に入れたい気分ですよ。今日も「桜ざんねん旅」のお客様が多数ご来店でした。

ご年配且つ少人数の旅では、現地のタクシーを貸切利用するお客様が少なくありません。そうした場合に巡る観光スポットは、ドライバーさんの裁量次第になります。自由に行き先を決められるということは、逆にそのドライバーさんのセンスを問われることにもなるのでしょう。

お客様に中高年の女性が含まれる場合、西宮家へお連れするドライバーさんが複数います。客観的に見て妥当な選択ですね。趣のある敷地内の散策は、ご高齢でも歩くのに無理のない広さです。米蔵の品揃えは中高年の女性に支持されていますし、私の草履実演も好きな方には話のタネになりますからね。

今日も横浜市からのおばさまおふたりが、地元のタクシーに連れられてお越しでした。うちのおひとりが杖をご利用でしたから、さすがに徒歩での散策は無理だったのでしょう。おばさまは角館草履を気に入ってくださり、『ちょっと足が悪いから、家の中で草履を試してみますよ』。

世の中の高齢化は、これからますます顕著になります。こちらのおばさまのように健康100点満点ではないお年寄りの旅行は、これからもっと増えるでしょうね。そんな旅行企画を専門に行っている会社を、過去にテレビで見たことがありました。

「お年寄りが訪れたい観光地」に角館の名前が挙げられるためには…。
高齢化率日本一の秋田県だからこそ、考えてみる価値がありそうな気もします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

桜に代わる思い出。

2013年04月21日 | 実演日記




今日の草履は、彩シリーズ24cm土踏まず付き〔四阡八百円〕
同じ柄の色違いを組み合わせました。赤と紺は相性もいいですし、金色を含むプリントに豪華さも感じます。「美しさ」ではそれなりの評価がいただけるんじゃないですかね。

いよいよ「角館桜まつり2013」が開幕しました。ただし桜はひとつも咲いていません。それどころか寒くてストーブが消せませんよ。今日の最高気温は4℃か5℃しかなかったでしょう。檜木内川堤沿いの花見露店も、寂しいオープンを迎えました。

対して「桜ざんねん旅」は、日に日にその人数を増やしています。静岡市からお越しの母娘旅。『最初は4月30日でホテルを予約していたんだけど、関東が早く咲きすぎたでしょ。だから日にちを繰り上げたのよぉ』。
あらら、日にちを変えなければ間違いなく桜が観られましたねぇ。

多くの方が異口同音におっしゃるのは、やはり関東の早咲きです。例年角館の見頃がほぼゴールデンウィークに差し掛かるのを、なんらかの情報で知ってはいるんです。でも記憶に新しい関東の早咲きが、どうしても先入観になるのでしょう。『今年は早いと思ったんだよねぇ』の言葉が実に多いです。

そんな中で、東京からお越しのおばさまひとり旅。『桜がないのは残念でしたけど、一度来たいと思っていた角館に来られて良かったですぅ』。
横浜市からお越しの女性ふたり旅。『桜はなくても温泉が良かったし、角館の街並みは素敵でした~』。

そして岩手県水沢市からお越しのご夫婦旅。『何度かここには来てるんだけど、詳しく草履を聞いたのは初めてだったよ』。ご夫婦揃ってお買い上げくださったのは、23cmと24cmの「金の草履」でありました。桜まつり期間中にはもしかしたら…と思っていた金の草履は、初日の昨日でなくなりました。

開花予想は28日です。あさって火曜日から気温が平年並みに戻りますから、おそらく予想日には咲き出すでしょう。それまでの一週間、「桜ざんねん旅」のお客様はさらに増えることになります。桜がない角館で、なにかひとつでも記念の出会いを祈りたいものです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

言葉遣いと職業。

2013年04月19日 | 実演日記




今日の草履は、彩シリーズ22cm土踏まず付き〔四阡四百円〕
ベースの和柄は赤紫と言えばいいのでしょうか、なかなかお洒落な趣があります。紫系は様々な配色の中でも人気が高く、女性であれば年齢問わずお好きな方がいますね。「今日の草履」は、どのような女性がお選びになるでしょうか。

当たり前ですが、実演席では日々初対面のお客様と多数出会います。これも当たり前ですが、初対面の方と初めて言葉を交わすときに、いきなり「タメ口」ということはありません。それはお客様の年齢と基本的に無関係です。

ただしお客様にしてみれば、草履を編んでいるおっさんに対して、ことさらに丁寧な言葉遣いや礼儀正しい行動を期待しているわけではないでしょう。ですから2、3分後には、お互いに気取らない程度の話し言葉になるのが珍しくありません。

昨日の夕方、東京からお越しのおばさま二人旅が立ち寄られました。うちのおひとりが定番配色①の22cmをご希望でしたが、あいにく昼のうちにお選びの方がいました。それでも自宅に在庫があるのは分かっていましたから、閉店後ご宿泊のホテルへお届けすることにしたわけです。

ホテルのフロントスタッフさんにお客様の名前を伝え、ロビーまで出てもらえるよう内線電話を依頼すると、『はい、かしこまりました。恐れ入りますが、ご用件をどうお伝えしましょうか?』。
『草履屋が来たと言ってくれれば分かりますよ』と言うと、早速電話してくれました。

『もしもし、○○様でいらっしゃいますか。ただいま草履屋さまがフロントロビーにお越しです』。

さすがは礼儀正しいホテルのスタッフさん、「草履屋さま」と呼ばれたのは初めてでしたね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新開花予想日。

2013年04月18日 | 実演日記




今日の草履は、彩シリーズ26cm土踏まず付き〔五阡二百円〕
こちらもベースの金色が神々しく映ります。辛子色を組み合わせたことで、一層シブさを感じますね。ナイスミドルか、お洒落な老紳士にお勧めでしょうか。

秋田県にもようやく桜前線の話題が届いたと思ったら、今日はなんとも寒い一日です。朝いっときだけの暖房…と思いきや、結局閉店まで消すことができませんでした。外から入って見えるお客様も、まず一番にストーブを目指します。冬の始まりがちょうどこんな感じですよ。

一昨日のブログで、にかほ市勢至公園の開花宣言をお伝えしました。今日にかほ市からおばさまお二方が遊びに見え、『早い木で三分咲き。この寒さで止まったべ』と言っていました。
秋田市からお越しのおばさまに千秋公園を訊いてみると、『まだもうちょっとだなぁ』。やはりここにきて足踏みのようです。

角館の最新開花予想日は、4月28日と出ています。地元民の肌感覚でも、おおむねそんなところじゃないでしょうか。そうなると見頃は5月上旬ですから、ほぼゴールデンウィークいっぱい桜が見られることになりますね。

予想通りであれば、今年の桜はより大勢の目を楽しませてくれることになります。けれども「桜ざんねん旅」は必ずあるもので、すでにここ数日そんなお客様のため息が聞かれだしました。

明日から西宮家で昼食を摂るツアーが目白押しです。開花予想日までの十日間、お客様のため息に誠心誠意応対したいと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

狙われないお母さん。

2013年04月17日 | 実演日記




今日の草履は、彩シリーズ25cm土踏まず付き〔五阡円〕
金色のベースが豪華でお洒落です。組み合わせを何色にするか少し考えたのですが、まずはエンジにしてみました。男性用で赤が含まれる配色は、これまず数多くの実績があります。「今日の草履」もきっとお選びの方がいらっしゃるでしょう。

2月16日の「今日の草履」でご紹介した金の草履は、23cmと24cmを一足ずつ今も展示してあります。お気に召すかどうかは別にして、この草履が実演席で目立つのは間違いありません。「金色を身につけると財運が上がる」と聞けば、確かに話題性はありますからね。

秋田市からお越しのおばさまお二人連れ。お二方とも比較的体格が良くて、声も大きく元気なお母さんという印象です。うちのおひとりが「金の草履」を見つけ、『あらっ、その草履はなんなの?』。財運が上がるかも…を説明すると、『これ以上財運が上がったら、誰かに狙われてしまうべっ、はははっ』。

その勢いがあれば、被害は未然に防がれるものと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

悩んだ末の笑顔。

2013年04月16日 | 実演日記




今日の草履は、彩シリーズ23cm土踏まず付き〔四阡六百円〕
和柄の煌びやかさとでも言うのでしょうか、なんとも美しい布地があるものです。まずはセオリー通りのエンジを組み合わせてみました。女性であれば年齢問わずお勧めできると思います。

秋田県で最も早く開花する、にかほ市勢至公園。昨日開花宣言が出されました。いよいよ秋田県にも桜前線が届いた第一報です。東北内陸部は仙台市あたりまで見頃が進んだ様子。やはり角館は25日頃の開花、30日頃からの見頃となりましょうか。

欧米外国人の男性と日本人の女性がお立ち寄りです。なぜかこの春は、外国人との出会いが続いていますね。お二人とも角館草履にとても高い関心をお寄せで、仲良く試し履きをされていました。

すると女性が、『カードは使えますか?』。一年に何度か訊ねられるのですが、草履コーナーだけは使えないんですね。残念そうなお顔に私も恐縮しました。
女性は草履の金額を確認して、『じゃあ、またにしますぅ』と西宮家をあとにされました。

夕方4時に近い頃でしたか。お二人が満面の笑顔で再度のお越しです。その嬉しそうなお顔を見ただけで、検討の末の「購入決定」が伝わりましたよ。すかさず今季初の『おかえりなさ~い』でお迎えしました。
こうしたお買い物に限らず、悩み考えた末に結論が出ると、人は笑顔になるもんですね。

米蔵二階で開催されていた「今昔きもとの古布の市」は、本日をもって終了しました。こちらのご主人と、現在の仕事に至った経緯をお互い披露し合ったのですが、多少なりとも悩んだ末の商売替えでした。
お互い元気に笑って働けるのは、悩み考え抜いた結論だからかもしれません。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする