角館草履の『実演日記』

〓袖すり合うも多生の縁〓
草履実演での日々の出会いには、互いに何かしらの意味があるのでしょう。さて、今日の出会いは…。

角館草履のあしがるタイプ。

2017年11月11日 | 実演日記









以前ご紹介しました、かつての日本で身分の低い足軽が履いた草履。身分にとらわれない織田信長や西郷隆盛も愛用したと伝えられます。

先ツボが草履の先端についているため、足指で草履の前部を掴む形になります。これが「浮指」を改善する効果と共に、外反母趾で足指の掴む力が衰えている方のお役に立てればと願っているところです。

西宮家角館草履実演席にて、お試しいただくご用意が整いました。どうぞお訪ねください♬
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2018年1月1日からの新価格です。

2017年11月02日 | 製作日記



お知らせしておりましたように、原材料の値上げを受けまして、来年元日より価格を改定いたすこととなりました。
本年12月31日までにご注文をいただければ、納品が元日を過ぎても現在の価格でお届けします。

尚、「角館草履のおしゃれ足袋」と「携行用巾着袋」につきましては、発売から日が浅いことを考慮し価格変更は行いません。

事情ご賢察のうえご理解賜りますよう、謹んでお願いを申し上げますm(__)m
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする