日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



観に行った理由は簡単。
先日アップした、遂にDVD化される「スローターハウス5」(2009-04-11)の中のあるワードがこの中に埋め込まれていると知って、急に観たくなったのだ。(ああ単純)


アメリカの70年代後半~80年代。
あの時代に書かれた、世間から隠されたスーパーヒーローたちの物語。

ということでシーンごとに、アメリカのあの時代・政治を思い出しつつ、頭の中で変換しながら観なければならない。
そこが日本人がついていきにくいところ。
どのアメコミもなじみがない点でハンディがあるが、この作品では特に大きい。


とはいいつつ、どのスーパーヒーローも個性的かつ妙に人間くさく、他にない味がある。

例えば、狂言廻しの主役ロールシャッハ。
母子家庭に生まれ、売春婦である母とからんだある事件をきっかけに歪んだヒーローに。
瞬間瞬間に刻々と変化するフェイスマスク。
それはそのまんまロールシャッハ・テスト!

映画化が困難とされてきた理由も、話の進行につれ良く理解できる。
クライマックスでは地球を離れたり、スケールが異様に拡大し、これで収拾つくのかハラハラするくらい(笑)
納得性は低いが、「そおかあ~今の平和が維持されているのも、こういう見方もあるのか」くらいの楽しみ方はできる。
同じ2時間半でも、「ダークナイト」とは全く違うヒーローものだった!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 16 )



« テレビ:NHK ... 読後評:市場... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
『ウォッチメン』 (Sweet*Days**)
監督:ザック・スナイダー  CAST:パトリック・ウィルソン、ジャッキー・アール・ヘイリー 他 世界で起きてきた歴史的な出来事の陰...
 
 
 
劇場鑑賞「ウォッチメン」 (日々“是”精進!)
「ウォッチメン」を鑑賞してきました1980年代後半に発表されたアメリカの人気グラフィック・ノベルを驚異のビジュアルで実写映画化したヒーロー・ミステリー。世界中で起きた歴史的事件の陰で<監視者>として活動し、“ウォッチメン”と呼ばれたスーパーヒーローたち...
 
 
 
ウォッチメン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ザック・スナイダー監督、パトリック・ウィルソン、ジャッキー・アール・ヘイリー、ビリー・クラダップ、マリン・アッカーマン、マシュー・グード。1980年代後半のアメコミの映画化。1940年代の「ミニットマン」の第2世代のヒーロー「ウォッチメン」が節目節...
 
 
 
ウォッチメン/マリン・アッカーマン、ビリー・クラダップ (カノンな日々)
原作はグラフィック・ノベルらしいんです。でもそのグラフィック・ノベルって何?というレベルなんですけど、とりあえず予告編は面白そうだし160分という超大作なところも期待大。でも一番惹かれたのはスマイル・バッヂなんですよね。子供の頃はピース君って呼んでた記憶...
 
 
 
映画「ウォッチメン」試写会@東商ホール (masalaの辛口映画館)
 今回は東京ニュース通信社営業局主権の試写会だ。スポンサーのトカラトミーさんと西武トラベルさんからの恒例のプレゼント抽選会があっての上映だ。司会はフリーアナウンサー・黒宮千香子さんと、ゲストに「ラブヒゲ危機一髪」のキャンペーンガール・ラブヒゲガール(宮...
 
 
 
『ウォッチメン』 (めでぃあみっくす)
面白い。眠い。見飽きた。説明不足。ややこしい。哲学的。でも面白い。そんな不思議な映画でした。アメコミものでありながら唯一SF界の最高賞ヒューゴー賞を受賞しただけあって、確かに面白い作品ではあるのですが、全く予備知識のない私には厳しい部分もちらほら。できれ...
 
 
 
ウォッチメン (5125年映画の旅)
平和のために戦うと同時に、世界の歴史の影で暗躍してきたウォッチメンと呼ばれるヒーロー達。歴史が変わり、その活動を終えたウォッチメンの一人が何者かによって暗殺された。覆面のヒーロー・ロールシャッハは、それがヒーローを狙った連続殺人事件であると感じ、独...
 
 
 
ウォッチメン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
単純なアメコミ映画とは一線を画す深みがある。ニクソンが長期政権を握っている、現在とは違う世界。その裏側には歴史的事件を見守ってきたヒーロー集団“ウォッチメン”の存在があった。だがヒーローの一人が殺される事件が発生し、ある陰謀が炙り出されること...
 
 
 
ウォッチメン (ダイターンクラッシュ!!)
4月5日(日) 18:25~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1300円(川崎の金券屋で前売りを購入) パンフレット:700円(買っていない) 『ウォッチメン』公式サイト グラフィック・ノベル専用監督ザック・シュナイダーの「300」に続く作品。 DCのコミックが原作のヒーロー物...
 
 
 
「ウォッチメン」みた。 (たいむのひとりごと)
馴染みが薄いアメコミの『ウォッチメン』。予告編から一般的なアメコミヒーローものと異なる雰囲気を感じていたが、これほどまでに暴力的で、性描写の多い作品だとは思ってもいなかった。まったく容赦のないボキボキ
 
 
 
2009-43『ウォッチメン』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-43『ウォッチメン』(更新:2009/03/29) * 評価:★★★★☆ 誰が 「ウォッチメン」を 見張るのか? 予告編、観ていて気になった作品です。 ロールシャッハ(ジャッキー・アール・ヘイリー)が...
 
 
 
映画日記りぼーん『ウォッチメン』 (CHEAP THRILL)
昨夜は会社の同僚の結婚式の二次会に参加。 …とは言うものの、大半が会社の同僚なので、会社の飲み会と変らず。 9時半過ぎに終わる。予定では家で休むつもりだったが、新宿で『ウォッチメン』を見ることにした。 アメコミにサスペンスとほんのり...
 
 
 
No.191 ウォッチメン (気ままな映画生活)
この映画って、過去に見た映画に似ている・・・ 観賞後にあの映画を思い出した。 同じくアメコミ映画だけど、全米でタイタニックに次ぐ 歴代興業収入2位となったあの映画。
 
 
 
mini review 09387「ウォッチメン」★★★★★★★★★☆ (サーカスな日々)
『300 <スリーハンドレッド>』を手掛けたザック・スナイダーが、映像化不可能といわれていた同名グラフィック・ノベルを映画化したミステリー超大作。数々の歴史的事件にかかわってきたヒーローが次々と殺されていく裏で、世界を揺るがす壮大な陰謀劇が展開する。出演は...
 
 
 
ウォッチメン ▲57 (レザボアCATs)
『ダークナイト』以降のアメコメ原作映画、なんて言えるのかな、と。さすがアメコミ原作モノ、世界観の構築がすごく奥深い。「映画化するのに最も難しいアメコミ」と言われた作品だったらしい。だが、出来たものはこのように、『300 <スリーハンドレッド>』の監督らしい...
 
 
 
ウォッチメン (我が頭に巣くう映画達)
51点 2009年のアメリカ映画で、 監督は「300」、「エンジェル ウォーズ」のザック・スナイダー、 主演はジャッキー・アール・ヘイリーです。 舞台は冷戦中のアメリカ。 長年世界の平和を守るため戦...
 
 


 
編集 編集