日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



一度死んだシリーズが「復活」というだけでは言い足りない、極めて優れた「リ・イマジネーション」。
(どう死んじゃったかは、2006-10-12アップ「コンテンツの成長と衰退を考えさせられる ~ ENTERPRIZE 最終回(STARTREKシリーズ)」を読んでいただければ良いかな?)


主人公二人のぶつかり合いからドラマがヒートアップし、運命に突き動かされる。
それは彼らを形成してきたバックヤードがしっかり描かれることで成立している。

この結果、初代シリーズにそれほど思い入れのない私でも一気に引き込む磁場があった。
正直にカミングアウトすると、デブのくせに恥にも思わず、あちこちにしゃしゃり出てくるワィリアム・シャトナーが大嫌いである(ああ危険発言....)
そんな私にとって、今回のカークは過去感じたことない魅力に満ちあふれていた。
冒頭でパイク氏が言う、starfleetから失われた「資質」を体現する人物として。
そしてそれは現在 21世紀の状況にあてはまるところに、この映画のうまさがあるように思う。


次の制作も決定したとのことで、もう楽しみになっている自分が(笑)
ジーン・ロッテンベリーも目を細めているに違いない。
せっかく過去のしがらみから開放感されたのだから(違うタイムラインに突入。これも狙いのような?)次はもっと自由に、21世紀のさらに今らしい、リ・イマジネーションに強く期待したい!


追記:5/29そして6/6に、朝日新聞の夕刊でのこの映画の映画評(クソ)についてコメントしています。
   そちらもぜひご覧いただきたい!

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )



« ipod touchをP... 読後評:グリ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (らぷらす)
2009-05-31 21:06:26
はじめまして。こんにちは。
今回は、歴代のスタートレックの映画と比べて、戦闘シーンも迫力あったし、ドラマの部分も見ごたえありましたね。
あと2~3回観たくなりました。

 
 
 
こんばんは (象のロケット)
2009-06-01 00:09:07
TB有り難うございます。
当方よりgooへのTBは通りませんが
記事は大切に反映させて頂きます。

 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2009-06-01 10:02:33
追記しましたが、選手金曜5/26の朝日新聞夕刊に載っていたこの映画の評論みましたか?

あまりにピントはずれな内容に憮然としてしまいました。
どう思われますか?
 
 
 
Unknown (piaa)
2009-06-02 23:41:21
はじめまして、こんばんわ。
TBだけ先にとばして失礼いたしました。

私もすでに次回作が楽しみになってます。
今回出てこなかったクリンゴンにぜひ大暴れしてほしいと思います。その場合どんなクリンゴンが出てくるかという楽しみもありますしね。

シャトナーのカークは完全に死んじゃったのでさすがにもう出番はないでしょう。
 
 
 
コメントどうも! (onscreen)
2009-06-06 12:35:22
次、どうなるのでしょうね~

個人的には、クリンゴンも確か49隻船を失っているので、
早めに交流を深めてもらって、次にいってもらった方が
いいかなとは思います。

一方、「さらば宇宙戦艦ヤマト」のラスト全然違う件、全く同感です。
あれの公開時、私はひとり「あれは神風特攻」を正当化している、と
憤慨して、まわりの顰蹙を買ってました(笑)
 
 
 
TBありがとうございました (きぬのみち)
2009-06-06 16:24:23
当方からもトラックバックさせていただきました。
次回作も楽しみですね。
私はENT案外好きだったもので、「アーチャー提督」あたりを鍵に、あの時代とのつながりの部分などを描いてもらえればな、などと思いました。
 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2009-06-06 17:44:54
<アーチャー提督」あたりを鍵に、あの時代との
<つながりの部分などを描いてもらえれば

なるほど~ そんな展開もありえなくないですね(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集