日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 (注:ギリギリ核心にはふれていないものの、以下の文章はかなりネタバレしています)

 

 

 

 

 

初めて観た時には、薄らボンヤリしていた認識。

それがあとでもう一度映画を観ることでハッキリすることがある。

 

前回この映画を観た時の感想は、

 <見ている最中、次のようなコトバが次々と湧き上がってきた。

 <「執着とは」

 <「狡猾とは」

 <「殺人衝動が起こる瞬間とは」

 <「直しようがない厄介な性癖とは」

 

 <個人的にとても勉強になっている事件を彷彿させるエピソードの連続に唸り続けた。

 

 

その後に出会った本が、「サイコパス」

 

読後評:サイコパス 当ブログのような経験者が再認識する衝撃の内容、は未経験のうちに読んで知っておくべき。  

 

まずタイトルの「サイコパス」という言葉に驚くわけだが、2度目の鑑賞で全てが氷解。

主演のうちの1人、◯◯は、サイコパス!

 

本の「サイコパス」の定義(以下、引用)

・外見は魅力的で社交的

・トークやプレゼンテーションも立て板に水で、抜群に面白い

・だが関わった人はみな騙され、不幸のどん底に落とされる

 

なぜ関わった人が不幸になるかというと…

・他人の痛みに共感をおぼえない

・病的な嘘つき

・ウソがバレても、むしろ自分の方が被害者であるかのようにふるまう

・性的にも奔放であるため、色恋沙汰のトラブルも絶えない

 

 

主演のうちの1人◯◯は、上記の状況にピタリあてはまる。

 

・他人の痛みに共感をおぼえない

・病的な嘘つき

・ウソがバレても、むしろ自分の方が被害者であるかのようにふるまう

 →主演女優がアル中だということをいいことに、悪いことは全て彼女のせいに。

 →主演女優が2人めの妻に言う「○○はウソが凄くうまいの」

 

・性的にも奔放であるため、色恋沙汰のトラブルも絶えない

 →2度の結婚そして2度の浮気。

 →会社をクビになった理由は、会社の異性に手当たり次第に手をつけたから…

 

 

<当ブログが心当たりが、あった(汗…)

<ここ数年、好まざるも闘わざる得なかった「狡猾な相手」今でさえ 吐き気を覚える(マジ)

<孤独な闘いだったが幸い、すでに完了している(ヤレヤレ)

 

 マサカ マサカ! 対峙せざるえなかった特殊な人物が、パターンで語れるとは!

 

結論:同じ映画でも、その後の知識獲得の結果、再見で明確に「コトバ化」で定義できることがある(汗)



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 【FIFA U-20ワ... スマホ・タブ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (atts1964)
2017-05-24 16:57:46
お酒を飲むと何も覚えていない人がいます。私の友人も許容量を超えるとそうなんですが、気楽なもんだと思っていましたが、今作はそれが仇になりましたね。
悪いやつは何でも利用するんですね。
いつもTBありがとうございます。
 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2017-05-25 11:39:39

そうです、悪い人は何でも利用するんです(汗)

一番怖いのは実は、

<性的にも奔放であるため、色恋沙汰のトラブルも絶えない

だと思ってます。

口説きは
<・外見は魅力的で社交的
<・トークやプレゼンテーションも立て板に水で、抜群に面白い

なため、感心してしまうほどの熱意らしいんですが、

< ・他人の痛みに共感をおぼえない

ため、切る時は態度が180度変わり、バッサリ!

だそうです。
恐ろしや...
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集