「森の学舎」の日々のできごと

学習塾「森の学舎」の日々のできごとや、“おかさん”の感じたことなどをつづっていきます。

35度を超える盛夏、学び舎は大入り満員。

2019-08-13 20:49:04 | 学舎

8月10日までの3週間。

学び舎の夏期講習の前半戦が終了しました。

朝10時から夜9時までの中3生。

午前中の小学生、4時30分から6時までの中学生の自習、夜7時から9時までの中1.2生の数学・英語。

どれも例年になく大盛況でした。

中には机が足りなくなり2~3個もの机を追加したりしました。

 

当然のことながら人数が増えればそれだけ賑やかになります。

しかし今年は、歯止めをなくし賑やかになり過ぎることもなく3週間が無事終了しました。

実のある学習が続けられています。

 

毎日繰り広げられている「知的Game」でも、記録が続々と登場しています。

片や2ヶ月くらい滞っていた、1シリーズの最終難関をクリアーする生徒が出てくれば、

それに刺激を受け、難関の2シリーズの54番をクリアーする子も出ました。

コメント

のうりょう 肝試し

2019-08-13 20:22:39 | 学舎

8月6日(火)、夕方6時45分から「肝試し」が行われました。

今回は中学3年生たちの協力(ボランティア)により、いつも以上に悲鳴があちこちで起きる事態となりました。

 

 ← ボランティアの中3生。

 

場所は松戸市にある「根木内城址公園」。

小中学生16名が参加してくれました。

 

薄暗い提灯を下げて、一人または二~三人で城址公園の城跡にある霊験あらたかな「おみくじ」(↓)を引いてくるというのがルール。

  

ただいたるところに刃物を持った怪人 ↓ や、

木の上から水や怪しげな声を発する妖怪、

木陰から水風船をぶつけてくる悪魔などがいて、一向に気を抜くことができません。

そしてそれらの難関を経て一安心たところに立つ、長い黒髪を垂らしたサダコに声を掛けられ最後の悲鳴。

 

という具合に、みんな大きな叫び声などを挙げてものすごく喜んでくれました。

長い「夏期講習」に一区切りをつける、夏の夜の楽しいイベントとなりました。

 

コメント

百日紅がまだ咲きません。

2019-08-04 21:01:09 | 学舎

19年目を迎えている「森の学舎」ですが、庭にある百日紅の二本が二本とも一つも花をつけません。

一昨日撮った写真がこれです。↓

いつもならピンク色の花をたくさんつけて庭に賑わいをもたらしてくれるのですが、今年は全くです。

ここのところ34度くらいの真夏日が続いていますが、7月は雨曇りが多く涼しい日が続いていました。

人間以上に植物の方がその影響をいっぱい受けているようです。

 

自宅に植えていたオクラ数本も、五日前くらいまでは小さな花と小さな実をつけるだけでしたが、暑くなった昨日一昨日くらいから急激にその実を大きくするようになってきました。

 

学び舎の百日紅もこれから花をつけ100日くらいの間きれいな紅の花を見せてくれるのでしょうか?

しばらく観察していきたいと思います。

 

コメント

トカゲの赤ちゃん。卵から目の前で孵った。

2019-08-04 18:55:20 | 学舎

8月1日。庭に生えているミョウガを採取しようとしたら、ミョウガの根元に白い1cm弱の白い球が6つ。

まさかとは思いながらも、「これはトカゲの卵ではないか?」と

手に取って空いたプリンカップに一つ一つ・・・・、2つ目までは何ともなかったのですが、・・・。

3つ目を手に取ったところ急に卵が割れ中から5㎝くらいの黒いトカゲの赤ちゃんが飛び出して逃げて行ってしまいました。

 

これがプリンカップに入れたトカゲの卵です。↓

 

その後5つの卵を持ち帰ったところ、その日のうちにもう一匹が孵化しました。

それがこれです。↓ 小さいけれど立派なトカゲです。

 

 

小さな水槽に卵があった場所の土や草など、そしてお水を入れて一晩おくと、翌朝にはもう2匹誕生していました。

小学生たちに見せた後、庭の卵があったところに逃がしてあげました。

 トカゲの卵を見つけたいと1年前くらいから思っていたので本当にうれしかったです。

コメント

7月はジャンボシャボン玉つくり、8月は肝試し(?)、9月はペットボトルロケットカー競争(?)

2019-07-17 12:25:41 | 学舎

7月は6日に「ジャンボシャボン玉つくり」を行いました。

外で大きなシャボン玉を作るとともに、室内で「シャボン玉ドーム」に入るイベントを行いました。

何とか全員がシャボン玉の中に入る体験ができました。

 

そして、8月です。

昨年までは、向小金小学校裏にて蛍観察ができたのですが、今年は沼のすぐ隣が宅地化されてしまい見ることがでくなってしまいました。

そこで今年は、根木内城址公園にて「肝試し」を行おうかと考えています。

 

そして、その次の9月は「ペットボトルロケットの打ち上げ」ではなく「ペットボトル水ロケットカー競争」を行おうかと考えています。

ペットボトルロケットの打ち上げには広々とした土地が必要ですが、それらが近くになくなってしまい打ち上げができません。

そこでペットボトルロケットに車輪を付けて地面を走らせる競争にしようかと思います。

こちらも平らで長い距離の場所が必要ですが、探せば何とかなんるかなと思われます。

 

コメント

地上3mからの眺め。

2019-07-17 12:01:55 | 学舎

5月だったかに植えたヒマワリがすくすくと育っています。

途中強風などによって何本かは倒れてしまいましたが、それでも7本くらいは健康で、そのうちのいくつかは花をつけ始めました。

 

学び舎では今年小学生を対象に、ヒマワリの背丈が最高でどれだけ伸びるかクイズを行っています。

“おかさん”の予測で2m20cmと出したのがよくなかったのか、大きく予想した子でさえ2m中間くらいでした。

しかし、この天候不順の中、なぜかヒマワリは大きく成長し、身長測定したところ3mを少し超えるくらいにまでなっていました。

 

そんな3m超のヒマワリを、地上3m目線で撮ってみました。↓

長い棒にカメラを括り付け、セルフタイマー方式で撮影しました。

ギリギリ“おかさん”が持って3mくらいの棒を使用したので、こんな写真となりました。

 

今度はもっと長い棒を使い、まるでドローンで撮影したような画像を撮りたいと考えています。

 

このヒマワリのすぐ横では蝶が咲いたヒマワリの花で真剣に食事をしていました。

よっぽど食糧難(花が少ない)なのか周りを気にせずごちそうに食いつらいていました。

コメント

右見て、左見て、ゆっくり、ゆっくり。(雨降りの中のカタツムリ)

2019-07-17 11:52:17 | 学舎

 

小雨が降る中、目の前をカタツムリがのんびりとお散歩。

 

今年は雨が多いのでカタツムリやナメクジ、ダンゴムシなどには都合がよいようです。

 

一方、学び舎の庭で毎年3カ月近く咲き続ける「百日紅(サルスベリ)」は、今年はまだこんな状態です。

花は一つも咲いていません。ちょっと遅すぎるような気がします。

 

今日も久々の晴れ予報が外れ、雨こそ降っていないけれど、どんよりとしたままです。

太陽の紫外線から体を守り、太陽のエネルギーを上手に使いこなす植物たちにとっては災難続き(?)です。

コメント

学び舎近くの浅間神社にてカエルと・・・。膝の痛みがほとんどなくなりました。

2019-07-15 10:08:44 | 学舎

夏休みを来週に控え、少し忙しくなってきました。

そんな忙しさを今朝の散歩で出会ったカエルが忘れさせてくれました。

10分くらいじっとしたままのカエルやほかの生き物たちを眺めてゆったりとした気分になれました。

瞬きもせず、よく見るとお腹が膨らんだりへこんだりしていました。

 

この池にはほかに、鯉や金魚などもいました。

以前は見かけなかったので、誰かが放棄したものだと思われます。

 

6月の「まつど あそぼうよ」で少し右ひざを痛めてしまいました。

すぐに治るだろうと考えていましたが1週間くらい経ってもまだビッコでしか歩けませんでした。

そこでネットで調べた運動を行ったところ、すぐに改善が見られました。

NHKの「ためしてガッテン」というところの情報でしたが、本当に助かりました。

 

膝が痛かった3週間、「年を重ねるとやがてこうなっちゃうのかな?」、あるいは「このままこうなっちゃうのかな?」という不安が頭をよぎっていました。

しかしそうではなく、とりあえずは原状復帰できたようなので、ほっと一息です。

 

コメント

スイカの受粉作業。

2019-07-15 09:56:33 | 学舎

植物の多くは花を咲かせると、花に寄ってきた虫が媒介して受粉します。

学び舎で今年栽培しているスイカもてっきりその仲間だろうと思っていました。

しかし、違うらしいです。

 

そもそも小玉スイカの花は小さくてあまり大きく開きません。

それにすぐに萎んでしまいます。

このため、蝶々や蜂などの虫による受粉は稀になってしまうようです。

 

仕方がないのでここ2~3日、“おかさん”がその受粉作業を肩代わりしています。

ただ、私が学び舎に行くのは午後が多いため、受粉には不向きなようです。

それでも、黄色い小さな花(多分下部が膨らんでいないので雄花)をちぎっては、白い大きな花をつけたスイカの花にくっつけています。

果たしてうまくいくのやら。

もう少し観察が必要なようです。

 

こちらは地面を張って成長しているスイカの花です。↓

 

上の花を、天高くそびえたって咲いているスイカの花にくっつけてあげています。

 

コメント

ヒマワリが咲きました。スイカは一つも実をつけません。

2019-07-08 12:25:23 | 学舎

学び舎に植えたヒマワリくん達の一部が花を咲かせました。

 

ただ、大輪の花を期待していたのですが、直径10cmくらいの小型のものばかりでした。

 

一方、スイカですが大きな葉をつけ、天まで届きそうな勢いですが、実は一つもできていませんでした。

花がたくさん咲いたのでいくつもの実ができると期待していたのですが、予想はまったく外れてしまいました。

これからいくつかなることを期待して待ちたいと思います。

 

コメント