栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2021-2022」

「一口好配合ピック」栗山がインゼルから4頭、ノルマンから2頭ピック

2021-10-14 15:08:37 | 共有クラブ

おかげさまで今年も好評をいただいている「一口馬主好配合馬ピックアップ(2021~22)」ですが、本日栗山求が‎インゼルサラブレッドクラブから4頭、ノルマンディーオーナーズクラブから2頭ピックしました
望田のピックはもうしばらくお待ちください…ノルマンは18日までには必ずピックします
http://miesque.com/c00077.html

Poetic Flare、Mischevious Alex、ヴァンゴッホと輸入種牡馬は3頭目ですかね





コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

配合大喜利「名牝系のUnbridled's Song肌、ヴェルナッツァの来春の配合相手」

2021-10-13 16:10:46 | 配合論

クリソベリルの引退種牡馬入り&ポエティックフレア導入の報にバタバタしておりますが、ひとまず公式発表を待ちましょうか

オーナーの許可を得たので、久々に当ブログで配合大喜利をやります



お題となる繁殖牝馬ヴェルナッツァは米国産で不出走
これまでの産駒にはホスト(牡、父ファルブラヴ、JRA3勝、南関3勝など)、カレン(牝、父ディープブリランテ、JRA2勝)などがいます
1歳は父バゴの牡(先月のセプテンバーセールで616万円で落札)、当歳は父ミッキーアイルの牝、そして現在はディーマジェスティを受胎中





牝祖NumberはNureyevと3/4同血の妹でジェイドロバリーやNumerousの母として知られ、おなじみのSpecialにさかのぼる名牝系
ディープインパクト系との配合で大成功しているUnbridled's Song肌というのも魅力のひとつで、父ディープブリランテのカレンが走ったし、私も少しアドバイスさせていただいたんですが、ミッキーアイル、ディーマジェスティと、ここ2年ディープインパクト系が交配されているのは多分に意図的なものです





写真は当歳のミッキーアイル牝(藤沢牧場にいます)でなかなかよさげな馬ですが、この名血名牝系のヴェルナッツァに来年何を種付けすべきか、というのが今回のお題となります

締切は年内いっぱいですかね、いい案があればこのエントリのコメント欄にどしどし書き込んでください

オーナーも血統大好きで、ヴェルナッツァが入手できそうと聞いてすぐさま日高に駆けつけて即決したような方なんで、皆さまの案を見るのを楽しみにしてます(・∀・)よろしくお願いします

あと近いうちにもう一つ、面白い題材で大喜利をやる予定ですのでそちらもよろしくということで

コメント (50)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10/4~11の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2021-10-11 15:04:31 | POG

■『ディープインパクト好配合リスト(2021)』で望田潤と栗山求がダブル推奨したコマンドライン(牡2歳)が土曜東京11RのサウジアラビアRC(G3・芝1600m)を勝ちました。

○コマンドライン(牡、母コンドコマンド)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019105194/
アルジャンナの全弟で、母コンドコマンドはスピナウェイS(米G1・ダ7F)に、母母Yearly Reportはデラウェアオークス(米G2・ダ8.5F)などに勝った。母はSeattle Slew5×3・5だから、伸びのある体型でナスキロ柔いストライドで走る配合といえる。アルジャンナのように大箱1800路線でクラシックロードを歩んでもらいたい。(望田)

◎コマンドライン(牡・母コンドコマンド)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019105194/
サンデーサラブレッドクラブで募集価格1億4000万円。毎日杯(G3)と東京スポーツ杯2歳S(G3)で2着となったアルジャンナの全弟。母コンドコマンドは2歳牝馬によって争われるスピナウェイS(米G1・ダ7f)を勝った。母の父Tiz Wonderfulは近い世代にTiznow、Storm Cat、Mr.Prospectorを抱えているのでコントレイルの2代母 Folklore(米2歳牝馬チャンピオン)と配合構成が酷似している。全兄アルジャンナよりも馬格があり、馬体重は500kgを優に超える。鈍重さが表れなければおもしろい。(栗山)

■『望田潤のPOG好配合馬リスト(2021)』で推奨したラズベリームース(牝2歳)が土曜東京3Rの未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がりました。

ラズベリームース(牝・父ルーラーシップ・母ワイルドラズベリー)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019105572/
セレクトで5720万円で落札。ミッキーワイルド(父ロードカナロア)の3/4同血の妹で、Nureyev≒Fairy King5×3やNijinsky7×5など緩い父母相似配合も同じ。母ワイルドラズベリーはローズS2着。ベッラレイアなども出るマリスターの牝系で、この牝系とキンカメ系もカフナやトウシンモンステラなど実績十分。ルーラーシップ×ファルブラヴはテトラドラクマなどJRA出走8頭中6頭が勝ち馬。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2020)』で栗山求が推奨し、『ディープインパクト好配合リスト(2021)』で望田潤と栗山求がダブル推奨したレッドランメルト(牡2歳)が日曜東京3Rの未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がりました。

★東京サラブレッドクラブ
父ディープインパクト
母クイーンズアドヴァイス(Orpen)
牡 募集価格:6800万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019104981/
アルゼンチンのリーディングサイアーとなった Orpen は、ブルードメアサイアーとしても非凡な実績を残しつつあります。Danzig系でNatalmaクロスを持ち、Ribot系の血を挟むという血統構成はデインヒルと似ており、血の質はデインヒルほど重くないところが日本での好成績に結びついていると思われます。日本に輸入された繁殖牝馬は、マルペンサとポーレンがいずれも成功しており、「ディープインパクト×Orpen」の組み合わせはサトノダイヤモンド(有馬記念、菊花賞)と同じ。なおかつ、2代母の父がサザンヘイローなので、同馬と血統構成の8分の7まで同じです。母クイーンズアドヴァイスは南米アルゼンチンでオクレンシア賞(G3・芝1000m)を勝ちました。中距離馬だったマルペンサ(サトノダイヤモンドの母)に比べると距離適性が短めなので、本馬はマイルから中距離に向くタイプでしょう。(栗山)

◎レッドランメルト(牡、母クイーンズアドヴァイス)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019104981/
母クイーンズアドヴァイスはオクレンシア賞(亜G3・芝1000m)勝ち馬で、Orpen×サザンヘイローというのは名繁殖マルペンサ(サトノダイヤモンド、リナーテ、サトノジェネシスの母)と同じ。つまり本馬はサトノダイヤモンドと7/8同血配合になる。こちらのほうがOrpenのマイラーっぽさも強く、1800ぐらいがベストになりそう。Orpenの肌も優秀なので。(望田)

◎レッドランメルト(牡・母クイーンズアドヴァイス)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019104981/
東京サラブレッドクラブで募集価格6800万円。「ディープインパクト×Orpen×サザンヘイロー」なので、サトノダイヤモンド(有馬記念、菊花賞)と8分の7まで血統構成が同じ。母クイーンズアドヴァイスは芝1000mのオクレンシア賞(亜G3)の勝ち馬なので、サトノダイヤモンドよりもスピード型に出そうだ。母方にサザンヘイローが入るパターンは、他にダービー馬マカヒキが出ており、父との相性は抜群。マイルから中距離あたりが良さそう。(栗山)

■月曜ロンシャン7Rフォレ賞3着 エントシャイデン(ディープ・望田)
■水曜大井11R東京盃3着 レッドルゼル(一口・望田&栗山)
■土曜東京11RサウジアラビアRC2着 ステルナティーア(POG・望田)
■日曜東京7R1勝クラス ドンナセレーノ(POG・望田)
■日曜東京11R毎日王冠3着 ポタジェ(ディープ・栗山)
■日曜東京12R2勝クラス ケイアイターコイズ(POG・望田)

----------

ダノンキングリーは共同通信で◎にしたときから東京1800最強説だし、シュネルマイスターも弥生賞で◎にしたときにKingmanより重厚になっているので1800ベストだろうと書いておきましたが、ともにベストパフォを出せる舞台で安田の再現のような叩き合いに
1800なら高速巡行でいくんだという川田の意図と、Highest Honorはこうやって差すんやでというルメールの意図が、まさにゴール前で交差したような毎日王冠やったかと





上のように母系にTiznowをもつディープインパクト産駒の成績が相変わらず素晴らしいのですが、何度も書いているようにSir Ivor≒Incantationのニアリークロスがニックスの根拠





ラズベリームースはデビュー戦はスタートが悪く追い込み届かずも、使うごとに前向きで前がかりになってきたのはファルブラヴ肌らしいところ
ステルナティーアも超スローでちょっと噛み気味になったぶん、コマンドラインが行ったところで呼応できなかったのを祐一は悔やんでました
「父キンカメ系、母父or母母父ファルブラヴ」という配合パターンはNureyev≒Fairy Kingの3/4同血クロスになり、この配合はJRA出走45頭中23頭が勝ち馬で、以下のようにカナロアでもルーラーでもよく走ってます



ジャスパーグレイトはカフェファラオなどで成功している「UnbridledとLady Be Goodのニックス」(Charedi≒Lady Be Goodのニアリークロス)なのでPOGでは当然マーク、ただ同じ森厩舎のケルンコンサートもLady Be Good牝系なのでまさにこのパターンで、父がちょっとマイナーなぶんケルンのほうをPOGではピックしてみたんですが(^ ^;)ジャスパーも走りそうな馬すね





あとシダーが新馬勝ちしたので、タルマエジンスキー(Nijinskyクロスのホッコータルマエ産駒は走る)の最新データを



以下はホッコータルマエ産駒のJRA収得賞金上位10頭ですが(色塗りがNijinskyクロス)、地方の稼ぎ頭ギャルダル(②東京ダービー)とディアリッキー(②東京プリンセス賞)もタルマエジンスキーです

コメント (12)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日曜のボツ予想~オルフェ×フレンチが気になる東京ダ1400

2021-10-10 09:38:56 | 血統予想

昨日行われたスプリングチャンピオンS(豪G1・芝2000m)はディープ産駒Profondoが完勝
母がDanzig3×4というのが豪仕様っぽいですが、3代母はA.P.Indyと3/4同血ですな



グリチャCは1400のフルゲートながら行く馬が少ないので◎ヘリオス
欅は33.9-11.5-36.5の前傾で、先行勢総崩れのなか唯一掲示板に残っており、このシャンランの牝系はAureole魂もよく伝えるのですが、揉まれず先行ならオープン特別では地力上位を示しました
ちなみに母系にフレンチデピュティが入るオルフェーヴル産駒にはマルシュロレーヌやアルドーレなどがおり、芝[7-21-10-140]ダ[25-23-21-175]と、ノーザンテーストとフレンチデピュティのパワーがONになりやすい配合といえます





で、東京最終もオルフェ×フレンチで◎アコルドエール、これもダートに振れたのは順当といえますが、フォルテピアノの仔だし毎度行きっぷりがいいので、この1400への短縮はちょっと狙ってみたいなと

三田はデゼル全妹オヌールはディープ×Darshaanらしいフレンチ斬娘なので、阪神内回りなら◎シルバーエースの好位流れ込みにひねってみますか
ワールドエース×Sea the Starsというドイツ牝系同士の配合で、中距離のスタミナはあるが揉まれ弱いというドイツ血統らしさはあって、距離延長で揉まれず先行ならしぶといという前走の勝ち方、ここも少頭数最外で力は出せそう



NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」では毎日王冠と京都大賞典と戎橋Sを予想していますので、日曜もよろしくお願いします(競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」は栗山さんの担当)


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop
 http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

コメント (63)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

土曜のボツ予想~開幕週・芝1200良・内枠

2021-10-09 10:11:20 | 血統予想

オパールはAureole魂疑惑のサヴォワールエメとタマモメイトウが多頭数内枠、とはいえ開幕週だけにやっぱりイン狙いで入りたい…ということで◎ダイメイフジ○ヴェントヴォーチェ
下は芝1200良で1~3枠を引いたときの戦績ですが、インを器用に立ち回ってというのはこの馬の穴パターンのひとつ



他のレースはこれから考えますが、NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」ではサウジアラビアRCとりんどう賞と東京12Rを予想していますので、今週もよろしくお願いします(競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」は栗山さんの担当)


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop
 http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

コメント (61)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10/2,3の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2021-10-05 15:06:15 | POG

■『望田潤のPOG好配合馬リスト(2021)』で推奨したレヴァンジル(牡2歳)が土曜中山4Rの未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がりました。

レヴァンジル(牡・父ドゥラメンテ・母トゥリフォー)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019105315/
母トゥリフォーはFrankelの娘でオマール賞(仏G3・芝1600m)勝ち馬。Nureyev≒Sadler's Wellsの3/4同血クロスはタイトルホルダーやアスコルターレと同じで、ドゥラメンテ産駒で大物を一本釣りするなら、まずはヌレサドクロスで攻めるのが王道だろう。全体に重厚すぎるぐらいの中距離血統だが、タイトルホルダーのようにスタミナを活かすレースで。(望田)

■土曜中京6R1勝クラス ヴォワドアンジェ(POG・望田)
■土曜中山11R秋風S レッドフラヴィア(一口・栗山)
■日曜中京12R2勝クラス フルヴォート(一口・望田)



レヴァンジルはタイトルホルダーに似たタイプやと思ってるんで、新潟外のスローではジリジリ差して3着でしたが、距離延びて前に行ければこれぐらいは
Nureyev≒Sadler's WellsとMill ReefとBlushing Groomのクロスがあるのでストライドはナスペリ的で、東京2000がベストコースですかね



上表はJRA出走のキタサンブラック産駒で、色塗りは母系にSir Gaylord≒Secretariatの血をもつもの、つまりSir Gaylord≒Secretariatのクロスをもつもの

これをみるとキタサンブラック産駒においてSir Gaylordのクロスはある程度有効といえそうですが、特にSir Ivorのクロスやニアリークロス(Sir Gaylord+Tom Foolの組み合わせ)にすると更に確率が上がるんですね


※Gone Westを経由するSir Ivor≒Secrettameやアフリートを経由するSir Ivor≒Venetian Jesterのニアリークロスは出走なし

ディープインパクトとブラックタイドの最も大きな違いは、Sir Ivor的なしなやかで俊敏な斬れがONになっているかいないかだということは何度か書いていますが、キタサンブラックの産駒においてSir Ivorのクロスが成功しているというのは面白くて、いわばディープ的体質に振ることで成功しているといえるのではないかと

コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第55回スプリンターズS&第100回凱旋門賞回顧~Sir Gaylordなモーリス、スプリントの頂点に

2021-10-04 11:51:14 | 血統予想

スプリンターズS
◎11.ジャンダルム
○14.ダノンスマッシュ
▲13.アウィルアウェイ
△16.モズスーパーフレア
今年もモズスーパーとビアンフェが出てくるのでHペース必至。スプリントG1は前傾ラップなら非サンデーが強いというのが持論だが、今年はあえて母父サンデーサイレンスのジャンダルムでいってみたい。
母ビリーヴはスプリンターズと高松宮に勝った短距離女王で、本馬の他にもフィドゥーシア、ファリダット、エリシェヴァとオープン級のスプリンターを産んでいる。その母グレートクリスティーヌは猛烈な父母相似配合で、ダンジグのスプリントを強力に伝える繁殖牝馬。ビリーヴがサンデーサイレンス直仔ながら超前傾ラップの高松宮記念を先行して勝ったのは、ダンジグ的な資質が強い頑強スプリンターだったからに他ならない。
ジャンダルムはPOGでも推奨したようにビリーヴの仔の中で最も配合が良いとほめてきたし、初の1200戦だった春雷Sの完勝を見てのとおり、ここにきて本当に母ソックリのスプリンターに完成してきた。セントウルも出遅れなければ多分勝っていたという内容。またまた出遅れる可能性は覚悟の上で、スプリンターズは出られれば◎だとそのときから決めていた。「1/4サンデーサイレンス」なのだけど「1/2ビリーヴ」なのだから、前傾ラップのスプリンターズでも◎が打てる。
非サンデーで古馬になって頑強さを増してきたダノンスマッシュ、ジャスタウェイ産駒らしく今がピークかという上昇を見せるアウィルアウェイ、そしてビアンフェが早めに引いてくれればモズスーパー、ここまでで。

----------

例によってNETKEIBAの全頭血統解説より1~3着を

ピクシーナイト
母ピクシーホロウはJRA3勝。3代母シンコウエンジェルの産駒にダノンカモン、クィーンズバーン、ワイルドソルジャーが、孫にウキヨノカゼがいる。父モーリスは初年度からルークズネストやシゲルピンクルビーなどを輩出。536キロの大型で、春はシンザン記念を逃げ切るなどマイルの先行でならしたが、ここ2戦は短の差しで連続好走。1分6秒の高速決着にも対応したが、モーリス産駒だし時計や上がりがかかったほうがより差しやすいか。(距離◎スピード○底力○コース◎)



レシステンシア
母マラコスタムブラダはフィルベルトレレナ大賞典(亜G1・芝2200m)勝ち馬で、本馬の他にもグラティアスやミッキーブラックを産んでいる優秀な繁殖だ。3代母プルマは亜2歳女王。2~3歳時はマイルのHペース先行でならしたが、古馬になって体重が30キロ近く増えてパワーアップし短距離にシフトしてきた。今は1400がベスト距離とみるが、好位差しにも回れるし、ここも崩れは考えにくい。1200だと時計はかかったほうがいいだろう。(距離○スピード○底力◎コース◎)



シヴァージ
セプターS(英G3・芝7F)2着Mise En Roseの甥で、母母Buy the BarrelはアレールデュポンディスタフS(米G2・ダ8.5F)勝ち。父First SamuraiはStorm Cat系で北米2歳G1のホープフルSとシャンペンSに勝った。Storm Cat系のスプリンターという体つきで、短距離の差しがすっかり板につき、シルクロードSは外伸び馬場も味方に大外一気で重賞初制覇。スプリンターにしては柔いのでダッシュがつかないが、時計がかかれば圏内に突っ込む。(距離○スピード○底力○コース○)



コメント欄にも書いたように、パドックが一番良かったのはレシステンシアで、馬体の張りなど前走以上でしたね

そしてメイケイエールは相変わらずチーターのようなしなやかな身のこなしで、一頭だけスプリンター然としない歩きで周回してました

「モズスーパーとビアンフェがガンガン行って、今年も超前傾ラップだろう」という大方の予想に反し、レースラップでいうと前後半33.3-33.8

出来がもう一つに見えたビアンフェが無理しなかったのと、松若くんは離して単騎になるとペースを上げないきらいがあるので、1200のG1としてはペースが上がらないまま直線へ

レース上がり2Fが11.3-11.4、このゴール前のラップ11.4はスプリンターズS史上最速で、ダノンスマッシュが伸びない!という悲鳴があちこちから聞こえてきましたが、ほとんどの馬が11.3ぐらいの脚で上がっているので伸びてないように見えるだけで、直線ではみんないい脚使ってるんですよね

こうなると内外の差が大きいので、インの3~5番手をとった3頭がそのまま1~3着で、外差しはかなり苦しかったというべきですが、ピクシーナイトで前後半33.7-33.4、レシステンシアで33.9-33.5とともに後傾ラップですから、1400質のレースになったともいえるでしょう

レースラップ33.9-33.7をレッドファルクスが差し切った17年の7人気3着ワンスインナムーン、34.1-34.0をストレイトガールが差し切った15年の11人気2着サクラゴスペル、京王杯SCや朱鷺Sでペストパフォーマンスを出すような1400馬が後傾ラップで流れ込めるレースだったといえ、だからこの1~3着が阪神Cの結果だといっても全く違和感ないのでは

モズスーパーフレアのベストレースは32.8-34.4で走破した19年スプリンターズS(タワーオブロンドンの2着)やと思っていますが、こういう前傾ラップで6Fを走破して強いのがピュアスプリンターやと常々書いています

スプリンターはスプリンターらしいレースをすべきで、スプリンターらしいラップを刻むべきで、テン乗りのルメールが32.3-34.8で楽々と逃げ切った19年オーシャンSもベストレースのひとつ

そんなわけで1400質のレースになり、好位インをとった1400型が上位を独占したわけですが、どう見てもスプリンター体質ではないメイケイエールが外差し勢最先着の4着と好走したのも、もちろん池添が何とかなだめて巧く乗ったのが大きいのですが、キーンランドCよりも1400質のレースになったからというのもあるでしょう

ピクシーナイトの福永祐一はフワッと出すと、内に速い馬がいないので思惑どおりイン3番手に寄せていき、直線はスルスルと抜け出して後続に2馬身差の完勝も完勝

デビュー戦からずっと手綱を取りつづけ、マイルの逃げ馬だったのを距離短縮を進言して差しを覚えさせ、何でもできる馬に仕上げて迎えた大一番でパーフェクトな騎乗ですから、しかも母父がキングヘイローですから会心すぎるでしょう

父モーリスは初年度産駒からG1勝ち馬を輩出、それがスプリンターズSになるとは思いませんでしたが、母父キングヘイローは高松宮記念勝ち、母母父サクラバクシンオーは歴史的名スプリンターで名スプリント種牡馬、母母母父オジジアンはDamascus系の突進型でエイシンワシントンの父、母方には優秀なスプリンターを出せる血が流れています



キングヘイローはDrone≒Halo≒Sir Ivorのニアリークロス3×2・3で、90年代においては最先端といえる才気溢れるスピードの持ち主で、その才気を短距離でもマイルでも2000でも見せつけましたが、才気が溢れすぎてダービーでは暴走気味に逃げてしまい、若き福永祐一の苦い思い出として何度も語られてきたレースですね

そんなスピード豊かな母ピクシーホロウですが、そのスピードの質がキングヘイローもサクラバクシンオーも軟質で、それがRoberto系パワーマイラーのモーリスの相手としてよかったのだろうと思います



今のところJRA重賞を勝っているモーリス産駒はピクシーナイト、シゲルピンクルビー、ルークズネストの3頭ですが、シゲルピンクルビーとルークズネストはどちらも母系にSadler's WellsとGrand LodgeとShirley Heightsをもつというかなり似た配合パターンで、Grand LodgeはSecretariat≒Sir Gaylord3×3なんですよね

Grand LodgeはセントジェイムズパレスSなどに勝った名マイラーですが、Roberto×Sadler's Wellsのパワーマイラーのモーリスは、Sir Gaylord≒Secretariatのクロスをもつしなやかマイラーの血を引く繁殖との配合で成功しており、またRiverman≒Mill Reef(Shirley Heightsの父)やRiverman≒Gonfalon(オジジアンの母)のニアリークロスを施すことでも成功しています

ようはモーリスを、スピードを落とさず、ナスキロ柔くした配合が成功しているといえるのではないかと

----------

凱旋門賞
◎15.スノーフォール
○11.ハリケーンレーン
▲7.クロノジェネシス
△1.トルカータータッソ
△2.ディープボンド
クロノジェネシスは凱旋門賞馬バゴの産駒だし、父譲りのハイペリオン的な持続力と頑強さに溢れる走りでロンシャンの道悪でも楽しみだが、12Fよりは10Fの馬だと思うので、あまりヘビーな馬場になると12Fベストで道悪の鬼のような欧州馬にやられてしまう心配も。ディープボンドはサーアイヴァー的なしなやかさで走るだけに、ロンシャンの道悪は苦にするかもしれない。スノーフォールは小さなディープ牝駒だが、ヴェルメイユの負け方をみると上がり特化よりはタフなレースになったほうが末脚の持続力が活きるタイプか。道悪になったここ2年の凱旋門は、ヴァルドガイストにインスウープとドイツ血脈を引く馬大駆けしている。ハリケーンレーン(母父シロッコ)は見た目に道悪は巧そうだし、トルカッタータッソは何といってもアレグレッタの全姉妹クロス3×4が圧巻。アレグレッタは生粋のドイツ血統で、娘のアーバンシーは重の凱旋門を勝ちガリレオやシーザスターズを産んだ名繁殖。日本馬の応援も込めて、この5頭で組んでみたい。



凱旋門は勝ち馬Torquator Tassoの素晴らしい血統表、Alya=Allegrettaの全姉妹クロス3×4について少し

Allegrettaは重の凱旋門賞を大穴で勝ったUrban Seaと英2000ギニーのキングズベストを産んだ名繁殖で、Urban SeaはGalileoとSea the Starsを産んだスーパー名繁殖ですが、Allegretta自身がAralia≒Almyra3×2で、AraliaはMorganetteの牝馬クロス5・5×5・5、MorganetteはArd Patrick(英ダービー,独名種牡馬)とGaltee More(英三冠)を出した名繁殖



笠シショーの配合史的考えにおいて、全きょうだいクロスや3/4同血クロスをふつうのクロスよりも評価するのは、優れた全きょうだいクロスや3/4同血クロスが生じてしまうほどに優れた名牝名繁殖の血を含んでいるからに他ならないのだ
といういつもの台詞で締めたいと思います

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日曜のボツ予想~タールタンのように

2021-10-03 10:04:03 | 血統予想

ポートアイランドは◎プリンスリターン
緩い父母相似配合でわりと素直に父似で、ストロングリターンをやや締まり強くジリっぽくしたような大箱ベター1800寄りマイラーという評はデビュー当時から変わらず
ここはフォックスの単騎でペースが落ち着きそうなので、松山くんがその直後ぐらいにつけるんじゃないかと





中京最終はヴァルキュリアとフルヴォート、キャロのピック馬2頭の殴り合いの様相ですが、フルヴォートは前走のレースぶりをみると1600~1800のほうがレースが楽そうな
ヴァルキュリアは配合的にもタールタン型のTapitやと思うので、ベストの1400でゲートをちゃんと出て爆発してもらいたい

NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」ではスプリンターズSとサフラン賞と凱旋門賞を、競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」ではスプリンターズSを予想していますので、日曜もよろしくお願いします


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop
 http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

コメント (100)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

土曜のボツ予想~メジャーの行った行った

2021-10-02 10:22:51 | 血統予想

台風一過で中山芝はどんどん乾いていきそうですが、まあでも秋風は中山マイルで稍重なら△ラインハイトより◎ハーモニーマゼランで



▲オパールシャルムはダイワメジャー×タイキシャトルですからレーヌミノルと同じ配合で、マイルならもっと楽な逃げになりそうでヒモ穴の期待はこれですかね

NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」ではシリウスSと芙蓉SとききょうSを、競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」ではシリウスSを予想していますので、今週もよろしくお願いします

http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop
 http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

コメント (68)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする