栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2019-2020」

7/28,29日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2018-07-31 17:02:45 | POG

『望田潤のPOG好配合馬リスト(2018)』で推奨したグレイシア(牝2歳)が土曜新潟5Rの新馬戦(芝1400m)を勝ち上がりました。

グレイシア(牝・父ダイワメジャー・母クーデグレイス)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104465/
母クーデグレイスはローズS3着。ダイワメジャー×ホワイトマズルはトーセンベニザクラやダローネガと同じで、Halo≒Droneのニアリークロスに加えLady AngelaとEla-Mana-Mouが「HyperionとSwynfordとPretty Polly」で脈絡する黄金配合。本馬は母母父がトニービンなのもいい。(望田)

『ディープインパクト好配合リスト(2018)』で栗山求が推奨したコントラチェック(牝2歳)が土曜札幌1Rの未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がりました。

コントラチェック(牝・母リッチダンサー)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104880/
キャロットクラブで募集価格6000万円。バウンスシャッセ(重賞3勝)、フロアクラフト(オークス-5着)の4分の3妹。母リッチダンサーは日本で産んだ7頭中6頭が勝ち上がっており、確実性と大物感を兼ね備えた優れた繁殖牝馬。これだけの実績を残しているにもかかわらずディープインパクトと交配するのは今回が初めて。母方にFairy Kingを持つディープインパクト産駒はこれまで14頭がデビューして11頭が勝ち上がり、ハープスター(桜花賞など重賞4勝)、ジュールポレール(ヴィクトリアマイル-3着)、ファタモルガーナ(ステイヤーズS-2着3回)、トーセンブレス(フラワーC-2着)などコンスタントに活躍馬が出ている。芝中距離で大きなところを狙える器だろう。(栗山)

『望田潤のPOG好配合馬リスト(2017)キングカメハメハ編』で望田潤が推奨したローズベリル(牝3歳)が日曜小倉4Rの未勝利戦(ダート1700m)を勝ち上がりました。

ローズベリル(牝・母モルガナイト)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015105038/
ブラックスピネルやモーヴサファイアの半妹で、ダンビュライトやラブラドライトの姪で、名繁殖クリソプレーズも近親のキャサリーンパーの牝系。ラブラドライトとは父も同じ3/4同血の間柄。Mr.ProspectorとMill Reef≒Rivermanのクロスで、ストライドで走る方向にまとめた配合もよい。外1800mで斬れるタイプ。

日曜新潟4R障害未勝利 アヴニールマルシェ(ディープ・栗山)
日曜新潟8R500万下 モクレレ(ディープ・栗山)

--------

グレイシアは社台オーナーズで、募集馬見学ツアーに同行した馬主さんにもススメた馬です
こないだダイワリベラルを狙ったときのボツ予想でも書いたように、ダイワメジャー産駒におけるノーザンテーストのクロスはパワーに振れすぎるのか、ポメグラネイトやケイリンボスのようなダ短距離オープン馬が出ていて、芝上級のフロンティア、ダイワリベラル、レッドオルバース(以上トニービン)、ラクアミ(テスコボーイ)、タガノカムイ(ダイナサッシュ)なんかは、いずれも母系に有力なナスペリオンを持っているんですね







ダイワメジャーはナスキロ血脈を全く持たないので、ノーザンテースト的なパワー体質をほぐしてやるには、ナスキロよりナスペリオンが有力なのだろう、という仮説は成り立つかと(上のようにダイワメジャーの牝祖La Meninaがナスペリオン)

グレイシアもノーザンテーストが強い体型ではあるんですが、フロンティアと似てナスペリ柔さも感じられる体質で、体型のわりにストライドで走れるのがいいのではないかと

それと「ダイワメジャー×ホワイトマズルは前で受けて味がある血統や」とダローネガが走るたびに口を酸っぱくして言いつづけてきた私としては、気の張ったレースで先行したのもなかなか好感で、でもまあタイプとしてはフィリーズレビューでしょうね

コメント (2)

「一口好配合馬ピック」シルクから計19頭ピック

2018-07-31 09:06:39 | 共有クラブ

おかげさまで本年も好評をいただいている「一口馬主好配合馬ピックアップ(2018)」、シルクホースクラブから栗山求が8頭、望田潤が14頭ピックし、ダブルピックが3頭なので計19頭のピックとなります
今年のシルク募集馬はツアーにも参加してジックリ見せてもらいましたが、全体にオープン級や上級が粒ぞろいという印象で、けっきょく14頭もピックすることになりましたがこれ以上は削れないです
現在シルク(19)、東サラ(7)、ジーワン(6)、ユニオン(3)、ラフィアン(3)、ウイン(2)、友駿(1)から計41頭ピックしています
http://www.miesque.com/c00052.html

栗山求・望田潤の「一口馬主好配合馬ピックアップ(2018)」
https://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/08dafcc45ec8de908733613184a62875

コメント (4)

シルクのピック、取り急ぎラインナップだけ先に

2018-07-30 09:56:18 | 共有クラブ

ツアーで実馬も見せてもらって、シルクの一口ピックがやっと決定、今年は望田だけで14頭のピックになります
ただしこれから支度して出かけなければならず、推奨コメントを書く時間がすぐにはとれないので、「シルクホースクラブ(望田潤ピック暫定版)」と題して、取り急ぎ14頭のラインナップだけ先にアップしてあります
今夜には推奨理由も追記しますので、お待たせして申し訳ないですがよろしくお願いしますm(_ _)m

コメント (12)

日曜のボツ予想~真夏のBest in Show

2018-07-29 09:04:26 | 血統予想

土曜はシルクのツアーヤリがエゲツなすぎて、バスの中では移動のたびに歓声と拍手が湧き上がってましたが(^ ^;)、ピックは月曜にやりますのでよろしくお願いします
事前に血統表や動画を見てチェック入れてたのはだいたい実馬も良かったし、最近はそこらへんの乖離は少なくなってきてるなあ…とは思いますね(精度が上がったとは言ってません)

今日はこれから札幌競馬場に出向くので、ボツ予想はポプラ特別だけ
ヴォカツィオーネはカジノドライヴ×キングカメハメハでBest in Showの牝馬クロス4×7、このクロスを持つカジノドライヴ産駒は以下のように高確率で走っていますが、月別成績を見てのとおり夏場に非常に良績があります







ヴォカツィオーネは典型的なラトロ肩で、こういう前駆のつくりになりやすいので夏場の成績が良い、という解釈は可能で、太目残りを叩き、外枠もいいと思うのでここから

NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」ではアイビスサマーダッシュとクイーンSと道新スポーツ賞を予想していますので、日曜もよろしくお願いします

コメント (12)

土曜のボツ予想~母父父Lear Fanの機動力

2018-07-28 08:30:34 | 血統予想

TVhは有力馬が外枠を引いたので、ノリがインで立ち回りそうな◎ショウナンマルシェで
戦歴を見てのとおり中団あたりから差すケイバもできるし、母父LabeebはLear Fan産駒でハリウッドダービー(米G1・芝9F)勝ち、小回りはきくほうです



小倉7は◎クルークヴァール
逃げ馬としてならしたクィーンズバーンの息子で、どうも馬群に入るとよくないように見えるので、この大外枠から揉まれず先行なら力は出せるかと

NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」では羊ケ丘特別、北海道150年記念、国東特別、あと日曜のアイビスサマーダッシュとクイーンSの予想も入稿していますので、今週もよろしくお願いします
さてこれから支度してシルクのツアーへ

コメント

競馬道OnLineプレミアム予想「今週のBLOOD穴ライズ!」7/28,29

2018-07-27 10:07:58 | 血統予想

3月に発売された『パーフェクト種牡馬辞典 2018-2019』(自由国民社)の関連企画として、同書の編集を担当した競馬道OnLineのサイトにて、「栗山求、望田潤 今週のBLOOD穴ライズ!」という新コーナーがスタートしています


http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

7/28,29は栗山求の担当。よろしければご覧ください(前夜18時に入稿します)
NETKEIBAの「厳選予想 ウマい馬券」は通常どおり、1日3Rアップします
http://yosov3.netkeiba.com/

今週の新馬は土曜新潟5Rグレイシア(POG)、土曜札幌5Rアルママ(POG)、日曜札幌5Rシェーングランツ(POG)、レッドヴィータ(POG)、日曜札幌は現地観戦なので楽しみす(・∀・)
ちなみに同じレースにいるレッドエンヴィーは東サラですが、レッドヴィータは紅露純氏名義で東サラではなく、ただしレッドヴィータの姉レッドミュールは東サラでした(や…ややこし)
昨夜アルママの追い切り映像が流れてましたが、この動きなら新馬ぐらい勝てるんやないかと思いましたよ(・∀・)

土曜はシルクのツアーに参加するので、たぶんボツ予想は休みます
日曜はシルク民たちと競馬場で打つので、札幌のレースだけ一生懸命予想します(^ ^;)あ、重賞二つは金曜のうちにシッカリ予想しときますよ



Justifyは天性のスピードで圧倒しつづけていた馬で、タフネスでも群を抜いていたAmerican Pharoahとは違って、スピードで押し切れないレースでは脆さも見せたはずで、戦績に傷をつけないまま種牡馬入りできたのは幸運というべきかなあ…と
天性のスピードと魅惑のニアリークロスは種牡馬としても魅力で、Tapitの娘との配合ではYarn=Preach≒Voodoo LadyをPulpit4×3という無理のない濃さのクロスで累進できるわけで、競走馬としてより種馬として“出るべくして出た”配合だろうと思います

コメント

雑感18/7/24

2018-07-24 13:01:52 | POG

「シルクのピックはいつですか?」という問い合わせが多いのですが、私は土曜のツアーに参加するので、それを見てから月曜(7/30)夕方までにピックしたいと思っていますので、よろしくお願いします

◆ジャスタウェイ

アウィルアウェイが芝1200で新馬勝ちを決めた日は社台系クラブのツアーに参加していて、「さっそく新馬勝ち!ジャスタウェイ産駒が登場です」のアナウンスに「いやいや…アウィルアウェイは8割ぐらいウィルパワーの手柄でしょう」とブツブツ突っ込んでたんですが、アドマイヤジャスタとアドマイヤポラリスの牡2頭は、デビューしたジャスタ産駒の中ではかなり父似じゃないかと思いますね



私があちこちで見せてもらったジャスタ産駒は、全体に体の線がきれいで、ボリューム的にはもう一つという印象を残すんですが、それはジャスタウェイの長所はある程度の確率で伝わっているということでもある

アウィルアウェイはトキオリアリティー系の牝馬らしく短距離でうなっていて、エイシンゾーンはセントルイスガールの孫でStorm Catが強いマイラー、勝ち上がったジャスタ牝駒は母系のスピードが表現されているように見えます





ラブミーファインも母ヤマノラヴは道営デビューでラベンダー賞に殴り込み3着、体型や動きからこちらの影響も強いとみれば、函館の芝短距離2歳戦は全体に低レベルで推移したと思われるだけに、1800組の短縮に注目できるのではないか、とレース前にもコメントしておきました

ディープ産駒が人気になった日曜中京の新馬も、配合的にはハーツクライ×Unbridled's Songの黄金ニックスを持つアドマイヤポラリスが注目だと書いておきましたが、惜敗でしたが芝2000でそれらしいレースぶりでした





つまりですね、中距離配合の牡はちゃんと父親似で芝中距離でそれらしく斬れて、母マイラーの牝はそちらの資質も強く短距離~マイルに難なく対応していて、そういう意味で新種牡馬ジャスタウェイ思ったよりやるなあ…というのがここまでの印象ですね

あとラブミーファインはChief's Crownとフジキセキとテスコボーイ、アウィルアウェイはNureyevとMill Reef、アドマイヤジャスタはFairy King、有力なナスペリオンをもってくるのはやはり有効手といえそうです

コメント (5)

7/21,22の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2018-07-23 23:00:06 | POG

『一口馬主好配合馬ピックアップ(2017)』と『望田潤のPOG好配合馬リスト(2018)』で望田潤が推奨したウィクトーリア(牝2歳)が日曜函館5Rの新馬戦(芝1800m)を勝ち上がりました。

★シルクホースクラブ
父ヴィクトワールピサ
母ブラックエンブレム(ウォーエンブレム)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104836/
牝 募集価格:2800万円
秋華賞馬ブラックエンブレムはOur Emblem≒ヘクタープロテクターのニアリークロス2×2が光る配合で、繁殖としても優秀とみてブライトエンブレムもアストラエンブレムもピックしてきました(ただしディープインパクトとの配合は、やや“軟”な方向へ振れすぎた気もしてピックしていません)。本馬は父がヴィクトワールピサに替り、Mr.Prospector~ナスフリートの継続クロス、Donatello~Pretty Polly=Mirandaの継続クロス、そしてAmbiorix≒My Babuのニアリークロスと、両親のツボを押さえた配合。牝馬なのでナスフリート的しなやかさが強い中距離馬でしょうが、この配合ならば非力なことはないでしょう。ヴィクトワールピサもフィリーサイアーな面があるだけに、期待を裏切ることはないとみました。(望田)

◎ウィクトーリア(牝・父ヴィクトワールピサ・母ブラックエンブレム)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104836/
兄のアストラエンブレムやブライトエンブレムにつづくPOG&一口ピックでのダブル推奨。ブラックエンブレムはOur Emblem≒ヘクタープロテクター2×2のニアリークロスを持ち、秋華賞を勝っただけでなく繁殖としても有能だ。ヴィクトワールピサとの配合も“ナスフリート”を基調とした成功パターンだから期待していいだろう。(望田)

土曜中京9R中京2歳S アドマイヤマーズ(POG・望田)
土曜福島10Rいわき特別 レッドイグニス(一口・栗山)
日曜中京7R500万下 レッドヴェイロン(一口・望田)
日曜中京11R中京記念2着 ロジクライ(POG・望田)

--------

アドマイヤマーズが新馬を勝ったときに「メジャーエンブレムと似た輪郭のダイワメジャープラチナ配合で、上がり2F特化(10.7-11.0)で大苦戦というのもなるほどメジャーエンブレムっぽい」と書きましたが、中京2歳は47.2-47.5と緩まず流れたので大楽勝でした

メジャーエンブレムはドスローの上がり11.1-11.2のアルテミスSでデンコウアンジュにビュンと差されてしまい、つづくJFは46.9-47.6と流れて4角先頭で圧勝、これとアドマイヤマーズの新馬辛勝→中京2歳楽勝は重なるものがありますよね

直線半ばからストライド全開で後続を突き放したように、大跳びなので大箱ワンターン向きでもあるでしょうが、距離は2000までOKと私はみています

これで母ヴィアメディチの名繁殖ぶりも明らかになったといえますが、それは母系に入るMachiavellianの優秀さとも言え、Haloは日本ではサンデーサイレンスの父として専ら認知されていますが、実は繁殖牝馬の父として母系に入って極めて優秀な血でもあるのです



「今年の2歳はヴィクトワールピサ牝駒の当たり年や!」と宣言してPOG書籍ではピサ牝馬を4頭もリストイン、ところがフタを開けてみると牡ばかりポンポン勝ち上がるので心中複雑やったんですが、ひとまずウィクトーリアは期待どおりの勝ちっぷりでした(・∀・)これまでの産駒の中では、最もブラックエンブレムに似ているんじゃないですかね

ヴィクトワールピサ産駒としてもブラックエンブレム産駒としても合格点レベルの配合やと思っていますが、ただ一つ不満をいえば、ブラックエンブレムが持つ魅惑のニアリークロス、Our Emblem≒ヘクタープロテクター2×2を最大限に活かすという意味では、これまで配されてきた種牡馬たちはいずれもベストの相手とまではいえないかなと





ようするにこのニアリークロスの最大のキモであるNumbered Account=プレイメイトの全姉妹クロス(名繁殖の3/4同血クロスを持つ名繁殖の全姉妹クロス)を活かすという点においては、ヴィクトワールピサでもネオユニヴァースでもダイワメジャーでもディープインパクトでも十分とはいえないと思うのです

これまでの産駒では父オルフェーヴルのマルーンエンブレムが唯一「War AdmiralとLa Troienne」のクロスを継続した配合になっていますが…どうなんですかね、社台SSならキンカメ系とかハービンジャーとかモーリスとか、非SS系の種馬のほうが合うようにも思いますが

唯一の懸念材料は逃げて楽勝してしまったことで、母系にVaguely Nobleの血を引き、兄のアストラエンブレムもブライトエンブレムもちょっと馬群を嫌がるようなところは見受けられるだけに、馬群に入るとAureole魂逆噴射の可能性はあるかもです

コメント (5)

日曜のボツ予想~イチゴにも△を

2018-07-22 09:26:57 | 血統予想

まずはお詫びと訂正から…函館2歳Sの予想はウマい馬券と競馬道OnLineに入稿済ですが、私のケアレスミスでイチゴミルフィーユの印がスコーンと抜けておりますm(_ _)m
函館の2歳短距離はあんまりレベル的にパッとしないし、ここなら配合も素質も上位にランクされる馬やと思うし、そしてこういうミスをやらかしたときはだいたい馬券に絡むもんで(^ ^;)、ここで追記しておきます

福島TVオープンは○タイセイサミットと▲テオドールが有力やと思うし△マサハヤドリームも外差しのきく平坦1800なら小倉大賞典ぐらい走るでしょうが、これらより1キロ重いのも承知の上で◎ダイワリベラルにひねってみたいです
ダイワメジャー×トニービンでノーザンテーストのクロスですから中京記念に出るフロンティアと似た配合ですが、この馬については「お尻が小さくてマイラー然としないし、母母スマイリングカットがBramalea≒Beautillionの3/4同血クロス3×4だから、ベストは小回り1800だろう」とずっと書いてきました



実際小回り内回りの1800は[1-2-1-0]とオール馬券内、小回り1800を最後に走ったのが15年スピカS(中山内1800)で、このときは先行してモーリスの2着でした
その後オープン入りしてからは中山マイルでたまに好走するという競走生活を2年半ほど送ってきましたが、Hyperion過多ともいえる配合でまだ衰えはないとみれば、タフな馬場の福島1800というのは待望の条件なので、7歳夏にしてベストパフォを叩き出す可能性はあるのでは

ちなみにダイワメジャーのノーザンテーストクロスはパワーに振れすぎるのかポメグラネイトやケイリンボスのようなダ短距離オープン馬が出ていますが、芝上級のフロンティア、ダイワリベラル、レッドオルバース(以上トニービン)、ラクアミ(テスコボーイ)、タガノカムイ(ダイナサッシュ)は、いずれも母系に有力なナスペリオンを持っているんですね
ダイワメジャーはナスキロ血脈を持たないので、ノーザンテーストのクロスでパワーに振れた体質をほぐすにはナスキロよりナスペリオンが有力なのかもしれません(ダイワメジャーの牝祖La Meninaがナスペリオン)

松前は◎レイエンダが素質上位すぎるし、ウインドインハーでもレディブロンドの分枝はTom Fool的機動力が強いので小回りOK
相手も○カリビアンゴールドはステゴ×Cape Crossで洋芝2000ズンドバだし、☆フリージングレインもレンの牝系らしいRoberto捌きで小回りなら機動力を存分に発揮するでしょうが、3着に塗りたいのが△エルリストン
マンカフェにNever Bendが入ってRibotのクロス、配合通りの立ち肩パワー体質で、ストライドが伸びないのでもともと小回り2000はいいんですが、そんなタイプですから夏馬でもあると思うのでね

他のレースはこれから考えますが、NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」では中京2Rと中京記念と函館2歳Sを予想していますので、日曜もよろしくお願いします

コメント (61)

土曜のボツ予想~ハーツ×Robertoを捲るハーツ×Roberto

2018-07-21 09:14:45 | 血統予想

ハーツクライ産駒といえども全部が全部トニービン的ナスペリオン的東京向きストライドで走るわけではなく、たとえば母系にRobertoが入ると、タイムフライヤーやグレイルのように内回りを捲る脚質にもなるのだ…ということは今春のクラシックロードでも力説してきました





いわきの◎レッドイグニス(母父Sri Pekan)と○トーホウアイレス(母母父ブライアンズタイム)もそんなタイプで、だからイグニスもアイレスも捲りのきく内回り小回りで狙ってきましたが、内が荒れてきた福島1800なら2頭の捲り合いに、メイショウサムソン×Miswaki(父スタミナ×母スピード)で小回り1800の先行ではまず崩れない△シャララ、◎○→◎○△で組みたいです

横津岳は◎コマノジャスパ
前走も狙いましたが夏リストらしい上昇ぶりで、私が見たなかでは一番ノヴェリストに一番似ているかな、あの勝ちっぷりならここでも



他のレースはこれから考えますが、競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」とNETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」では中京1Rと中京2歳Sと函館日刊スポーツ杯を予想していますので、今週もよろしくお願いします

コメント (40)