栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2021-2022」

11/23~28日の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2021-11-30 18:52:24 | POG

「馬産地ニュース」でむらもっちゃんが紹介してくださいました(・∀・)まだyoutubeで見れるみたいなのでのぞいてみてください

胆振軽種馬農協青年部チャンネルで「血統に関するWEBセミナー」を配信
https://uma-furusato.com/news/entry-59082.html
https://youtu.be/3WxqWlRVOPc

村本浩平さんは馬産地に根ざして活動している唯一のライターといっても過言ではなく、長年かけて築いたグループや日高における人脈はそりゃもう半端ではないので、飲みの席にいたらいつも間違いなく楽しい会になるのです
村本エピソード聞きながら飲んでるだけで楽しいので、馬主さんとかと札幌で会食してたら「むらもっちゃん呼んでよ~」となるんですよね(・∀・)

ぼちぼち各スタリオンから来年の種付料が発表になっていますが、以下の配合大喜利、まだまだ募集中ですのでよろしくお願いしますm(_ _)m

母娘二代配合大喜利~PreachとYarnなヤエノリバーちゃんの配合相手
https://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/6db939939db6b62668c60b7c38942489
配合大喜利「名牝系のUnbridled's Song肌、ヴェルナッツァの来春の配合相手」
https://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/1abbafc47ca36a0698ab99550143a0b1

-----------

■『ディープインパクト好配合リスト(2019)』で望田潤が推奨したコントレイル(牡4歳)が日曜東京11RのジャパンC(G1・芝2400m)を勝ちました。

◎コントレイル(牡、母ロードクロサイト)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017101835/
バーンフライの3/4弟。ディープインパクト×Unbridled's Song(アジアンミーティア)はJRAに27頭が出走し21頭が勝ち馬で、ダノンプラチナ、ダコール、ブランボヌールなどが出ているニックス。ノースヒルズのお家芸ともいえる配合だ。母ロードクロサイトはFappiano3×4とIncantation4×5を持つので、このニックスの根拠(Sir Ivor≒Cequillo≒Incantationのニアリークロス)を更に増幅した形。斬れるマイラー。(望田)

■『望田潤のPOG好配合馬リスト(2018)』で推奨したエイティーンガール(牝5歳)が日曜阪神12Rの京阪杯(G3・芝1200m)を勝ちました。

エイティーンガール(牝・父ヨハネスブルグ・母センターグランタス)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2016103143/
母母センターライジングは現フローラS勝ち。ヨハネスブルグ×アグネスタキオンはJRAに14頭が出走しテンクウなど9頭が勝ち馬と高確率で、母系にヘクタープロテクターを引くヨハネスブルグ産駒もリッパーザウィンなど3頭出走で2頭勝ち馬。ブリーズアップセールで1188万円落札なら、これは即戦力の期待。(望田)

■『ディープインパクト好配合リスト(2021)』で望田潤と栗山求がダブル推奨したサリエラ(牝2歳)が日曜東京6Rの新馬戦(芝1800m)を勝ち上がりました。

○サリエラ(牝、母サロミナ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019105207/
サラキアやサロニカの全妹でサリオスの3/4妹。母サロミナは独オークス(独G1・芝2200m)勝ち馬でKronzeuge≒Astraのニアリークロス4×4をもつ。母父Lomitasは独リーディングサイアー。現時点では小ぶりな印象だが、全姉2頭もデビュー当時は430ソコソコで走っていたし、成長力に富む血統なのでそこに期待。オークスに間に合えば楽しめそう。(望田)

○サリエラ(牝・母サロミナ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019105207/
シルクホースクラブで募集価格7000万円。サラキア(府中牝馬S、有馬記念-2着、エリザベス女王杯-2着)、サロニカ(エルフィンS)の全妹で、サリオス(朝日杯FS、毎日王冠、サウジアラビアロイヤルC)の4分の3妹。母サロミナは独オークス馬で、2代母ともども独3歳牝馬チャンピオンという名牝系に属している。母方にデインヒルとNijinskyを併せ持つパターンは、アデイインザライフ、プリモシーン、サトノアーサー、エバーブロッサムなど多くの活躍馬が出ている。(栗山)

■火曜浦和10R浦和記念3着 ヴェルテックス(一口・望田&栗山、POG・望田)
■土曜東京12R2勝クラス クリーンスイープ(一口・望田&栗山、POG・望田)
■日曜阪神9R白菊賞 ルージュラテール(一口・望田)
■日曜阪神10R立雲峡S ラヴユーライヴ(ディープ・望田&栗山)
■日曜東京11RジャパンC3着 シャフリヤール(ディープ・栗山)



上のようにUnbridled's SongはLucky Pulpit(カリフォルニアクロームの父)とニアリーな関係で、だから私はディープ肌やUnbridled's Songもち牝馬との配合で芝重賞を勝つカリクロ産駒が出て不思議ないと思ってるし、そこがカリクロが日本で成功するかどうかのカギになるだろうとも
10月のジェサミンS(米G2・芝8.5F)に勝ったCalifornia Angelは、まさにここを狙った配合をしているので意を強くしているところです





エイティーンガールはパカラの長老・庄野宏志さんの愛娘で、POGでこれをプッシュした根拠はヨハネスブルグ×アグネスタキオンの成績が良いからに他ならないのですが、ヘニーヒューズ×アグネスタキオンもよく走ることで有名ですよね
このヘネシー系とタキオンのニックスは、Hawaiiとアグネスレディーの血脈構成が似ていること、両者の底力の血を増幅していることで主に説明できます

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第41回ジャパンC回顧~胸いっぱいの東京2400

2021-11-29 13:38:20 | 血統予想

東京12RジャパンC
◎2.コントレイル
○7.オーソリティ
▲9.アリストテレス
△4.シャフリヤール
△12.サンレイポケット
×5.キセキ
×6.グランドグローリー
今年のJCは逃げ馬不在で、ダッシュは鈍くてもジワジワとスピードに乗っていけば2角までにキセキがハナに立つとみたい。キセキの逃げならば緩急はつかず、途中であまりペースダウンすることはなく比較的ワンペースで流れるのではないか。
コントレイルは一週前にCWでピッシリやって、今週は坂路で持ったままで好タイム。この調教の動きや中間の馬体写真を見ると、2400仕様にキッチリつくってきた感がある。大阪杯のころはマイラーっぽい肉付きになってきた印象もあっただけに、ラストランでこの仕様につくれるのはさすがの厩舎力。ベストは2000だが、これなら昨年以上に走れるとみて◎。
オーソリティは父がオルフェーヴルで、母ロザリンドはエピファネイアの全妹。日本産馬としては最高に奥がある中距離血統といえる。オルフェーヴル×シンボリクリスエス×スペシャルウィーク×サドラーズウェルズだから中距離×中距離×中距離×中距離で、こういう配合は母母がマイラーのエフフォーリアやデアリングタクトと比較すると開花や完成が遅くなりがちだ。逆にいうと成長力では上回るともいえ、半年ぶりで+12キロで出てきたAR共の勝ち方がよく、自信を深めてルメールを確保しての参戦。この血統らしい揉まれ弱さは見受けられるが、ここはふつうに出れば2~3番手で運べるだろう。逆転含みの○。
シャフリヤールはアルアインの全弟で2000ベストだが、兄よりもディープインパクト的なしなやか体質なのでダービーを差し切った。ここはキセキの超平均ペースでダービーのような一瞬のビュンを使えるかどうかで、追い切りがよく上昇気配を感じるアリストテレスや、先行策を匂わすサンレイポケットなども押さえたい。外国馬で東京で可能性があるとしたら、ガリレオの男馬よりは牝馬のグランドグローリーだと思うが…。

----------

例によってNETKEIBAの全頭血統解説から1~3着馬を

コントレイル
母母Folkloreは北米2歳女王。北米3歳最強Essential Qualityも近親。母系にUnbridled's SongとStorm Catが入り、母はUnbridled≒Jeano2×3とIncantation4×5だからド真ん中のディープ黄金配合だ。秋天は上がり33秒0で斬れたが、ゴール前は前と同じ脚色に。とはいえ、東京コースは最も末脚を爆発できる舞台には違いない。今は1800~2000がベスト距離だろうから、昨年よりスローになってほしい。(距離○スピード◎底力◎コース◎)



オーソリティ
アーデンフォレストの半弟で、エピファネイア、リオンディーズ、サートゥルナーリアの甥で、母母シーザリオはオークス馬で名繁殖。オルフェーヴル×シンボリクリスエスはエスポワールと同じで母母にSadler's Wellsが入るのも同じ。父をシンボリクリスエス的に少し長手にした体型で、東京芝は[3-1-0-0]。血統的にも大箱長距離戦には自信をもつ。シーザリオ牝系だからあまり揉まれ込むとよくないか。ここも好位でスンナリ運びたい。(距離◎スピード○底力◎コース◎)



シャフリヤール
アルアインやダノンマジェスティの全弟で、母ドバイマジェスティはBCフィリー&メアスプリント(米G1・ダ7F)勝ち。母父Essence of Dubaiはスーパーダービー(米G2・ダ9F)などに勝った。アルアインよりもディープインパクト的な体質でしなやかで俊敏で、こちらのほうが斬れ勝負の脚質だ。ベストは全兄同様2000だろう。神戸新聞杯は不良馬場が応えたというべきで、ここはエフフォーリアを差し切ったダービーのように良で上がりのケイバが希望。(距離○スピード◎底力○コース◎)



コメント欄にも書いておきましたが、パドックを見た感想としては、

コントレイル…完ぺきに2400仕様に仕上がった
オーソリティ…成長を感じたAR共から更にバンプアップ
アリストテレス…大賞典を叩いて良化顕著
サンレイポケット…気配や体つきはこれが一番。過去最高の出来
グランドグローリー…美人で品があっていい繁殖になりそう。この身のこなしなら東京向き
シャフリヤール…思ったより気配が薄いかな?

逃げ馬不在で、スタートが決まればキセキがハナに立つのでは…というのが大方の予想でしたがスタートがイマイチで、気合いが乗っていたアリストテレスの武史が仕掛けてハナへ

逃げるのは初めてなので1角手前で物見をしたのか外に逃避しかけ、そのときに逆手前になってしまいペースダウンして向正面へ

ストレッチランナーのキセキが動くならここしかないですから、和田は敢然と外に出して大きなストライドで全馬を交わしてハナに立ち、後半1000mのレースラップは11.6-11.6-11.7-11.6-11.5-12.2、ヨーイドンの上がりのケイバではなく後半1000mのロンスパ戦に

「完ぺきなレースができましたが、坂を上がってから疲れてしまった」とルメールが言うように、オーソリティ×エピファネイア全妹で、スタミナ十分なオーソリティでも最後苦しくなるぐらいのロンスパ戦ではありました

揉まれ弱さがあるエピファネイアの甥を、先行集団から少し離れた好位で馬群に入らずかつ馬場のいいところという理想のポジションへと導いたのはさすがで、1角のアクシデントに冷静に対処した川田シャフリヤールがその直後につけ、その直後に祐一コントレイル、その直後にクリスチャンのグランドグローリー、ここまで一直線の隊列で直線まで向かったのもさすがでした

この隊列に内から弟鮫サンレイポケットが加わっての追い比べ、各馬力を出し切ったいいレースでしたが、それだけにコントレイルの2馬身圧勝は文字どおり脚力の違い

「究極に仕上がった」と矢作先生がおっしゃるように、中間のフォトパや一週前のCWや今週の坂路を見ても、無駄な肉を全て削ぎ落して2400仕様につくってきた感がありました

大阪杯のときに「ちょっとマイラーっぽい肉付き体質に寄ってきてるんじゃないか」と書いたんですが、引退レースで東京2400を全身運動でしなって走れる仕様に仕上げきったこの厩舎力たるや

「今までのジョッキー人生のすべてをあの馬に注ぎ込みましたし、それに応えてくれました」

ゴールインの瞬間は「あああヨンレイポケットやあ…」と半泣きやったんですが(^ ^;)、もうすっかり大ベテランのおっさんジョッキーになってしまった福永祐一が、馬上で号泣しはじめたのをみたら胸がいっぱいになってしまいました

某若手騎手は平場はよう勝つけど、重賞ではイマイチやなあ…という話になって、「まあオープン馬のほうが、走る馬のほうが乗り難しいからね…でもそういう馬に乗らないと上手くならないから」

高性能ゆえに乗り難しいキングヘイローとエピファネイアで大一番で失敗して、我々馬券を買う側には祐一じゃ御せないから降ろせ降ろせと言われつづけて、そんな苦汁をなめつづけながらいつの間にか誰もが認める大ジョッキーになっていた

今年はキングヘイローの肌でスプリンターズを鮮やかに勝ち、エピファネイアの甥を差し切って男泣き、まだ44歳やのになんかもう集大成のような一年になっとるなあ…と

今年は海外から有力な馬がきてくれたし、やっぱり東京2400っていいコースやと、いいレースが見れるコースやと実感できた、胸いっぱいの第41回ジャパンCでした

シャフリヤールはコント同様ベストは2000で、2400の持続戦の経験値はないに等しいだけに最後苦しくなったといえるし、それでも一瞬ビュンときて3着ですから、さすがエフフォーリアを差したダービー馬という脚は見せてくれました

サンレイポケットはまさに勝負がかりという仕上げで、鮫島克駿も勝負を賭けてポジションとって、ベストパフォーマンスを叩き出してみせましたが、私の周りもみんなサンレイのパドックが素晴らしいと言っていて、レース後はみんなヨンレイポケットや~と嘆いてました(^ ^;)

グランドグローリーはしなやかなフランス牝馬で、JCで外国馬が好走するならこんなタイプだろうという読みはできましたが、下のように血統表もなかなか艶やか、パドックで引いてた女子もこれからクリスチャンと六本木デートでも行くんかいなというぐらい艶やかでした(・∀・)


(Sir Ivorってフィリーサイアーで母系に入ってええんやなあ…と改めて実感できる血統)

コントレイルはPOGのイチオシ馬で、新馬勝ちしたときから何度も配合をほめて説明しているので、そのあたりは下記リンクを参照してください

第87回日本ダービー回顧~お家芸の集大成、ダコールの上にも10年
https://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/01b88f8a68e4c2122191b0bb79e55588

5/30,31の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報
https://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/50467f8b28a231c0e6c43fc3fb99a0c7

第80回皐月賞回顧~お家芸の集大成、規格外のぶっこ抜き
https://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/b982c08eee9fb7037fd99f8a244b4ba3

一言でいうと「ディープインパクトと相性の良い北米血脈を、絶妙なニアリークロスでまとめあげた配合」ですから、産駒の代では欧州方面に振るのがまずは本道、こないだのIBBAのセミナーでもそんな話になりましたが、KingmanやFrankelの肌とかそういう方向ですかね

あとロードクロサイトはダート上級を次々産んでいるほどにUnbridled≒Jeano2×3のパワーをよく伝える繁殖なので、キズナのようにダートのオープン級も出す種馬でしょう

思い出のレースを一つあげるならば…やっぱり東スポ杯ですかね、2歳11月にあれだけ頑強に東京1800を走破するディープ産駒というのは、こんなに早く頑強になれるディープって空前絶後やったと思います

コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日曜のボツ予想~フリオーソ×フォーティナイナー

2021-11-28 10:17:33 | 血統予想

カノープスは◎エイコーン、フリオーソ×フォーティナイナー系はタイキフェルヴールやヒカリオーソが出た黄金配合
ダ1900はシリウス3着など[2-1-1-0]、ダ2000は東京大賞典5着、つまり1900以上はオール好走で、半年ぶりを叩いて阪神2000良で変わりそう





東京芝はちょっとタフなので、オリエンタルは社台のディープ×スタセリタ、欧風重厚ディープの◎スパングルドスターの本格化に一票…グランオフィシエは本質的には1800型やと思うんですよね

NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」ではジャパンCと京阪杯とベゴニア賞と白菊賞を、競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」ではジャパンCを予想していますので、日曜もよろしくお願いします


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop
 http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

コメント (97)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

土曜のボツ予想…はまたお休みで

2021-11-27 10:04:05 | 血統予想
すんません他にやることが多くて、土曜の予想がはかどっておりません…日曜は頑張ってやります m(_ _)m
京都2歳とカトレアだけ予想しましたが、ボツ予想は休みで、ここのコメント欄に何か書き込みます

NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」では京都2歳SとカトレアSを、競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」では京都2歳Sを予想していますので、今週もよろしくお願いします


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop
 http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html
コメント (84)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

母娘二代配合大喜利~PreachとYarnなヤエノリバーちゃんの配合相手

2021-11-26 00:21:29 | 配合論

久しぶりに配合大喜利やります~名血ツァーリーナの配合相手を考えよう!
https://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/4cbedab3fc63bed2db3c80fc55665f00

この大喜利によりヨハネスブルグを配されたツァーリーナは翌年娘を産み、ヤエノリバーと名づけられたその牝馬はJRAで4戦するも掲示板もないままで、前肢に故障を発症し、この夏に引退することになりました

そのときに上野さんと「ヤエノリバーどうしましょうか…繁殖としても魅力ある血統なんやけどなあ…」という話をしてて、オーナーの厚意で無償で譲っていただけることになったので、ならば仔を何頭かとってみようかと有志数人に声をかけ、繁殖として共有という形でチームが発足しました(・∀・)







配合種牡馬は最終的には私が決めますが、来年は初仔ということもあり、あまり高い種は付けないつもりです

産駒は基本的には売る方針で、共有したりクラブに入れたりということはしない予定なので、配合種牡馬のチョイスに際しては当然そのあたりも考慮します



写真は8月にこっちに帰ってきたばかりのヤエノリバーですが、薄手でみるからにトモが非力で、歩かせてもユラユラという感じで、あ~この後駆はRound Tableやなあ…

Yarn=Preachの3代母MonarchyはRound Tableの全妹で、そこにBold Rulerですからボルキロ柔いんですが、それが後ろの非力さ緩さとしてヤエノリバーちゃんに伝わったようで、ダート血統なんですが体つきや歩きを見ると芝馬みたいなんですよね(^ ^;)



無敗の三冠馬Justifyとどこがどう違ったんやろう…と考えてもあまりにも違いすぎて頭をひねるばかりですが(^ ^;)、マイルCSの回顧でも書いたように、PulpitにUnbridledやIn Realityの頑強さを補ってTapitが出たことと、Justifyの母父GhostzapperのDeputy Minister×Relaunch×Tri Jetという頑強さ、ここらをヒントにするならば、ダート馬を狙うならばエンパイアメーカーの頑強さをONにするような方向でしょうかね



いっぽうでこんなにRound Table的ならば、芝に振ってみる手もあるのではないかという考えもひとつあって、そろそろチームで議論しながら配合相手を絞り込んでいこうかなと思ってるんですが、ここはブログ読者のみなさまのお知恵も拝借しようということで、母娘二代・ヤエノリバー配合大喜利を公募することにしました(・∀・)よろしくお願いしますm(_ _)m

あと下記のヴェルナッツァ大喜利、すでに沢山の案をいただいておりますが、こちらもまだまだ受付中ですのでよろしくお願いしますm(_ _)m

配合大喜利「名牝系のUnbridled's Song肌、ヴェルナッツァの来春の配合相手」
https://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/1abbafc47ca36a0698ab99550143a0b1

コメント (46)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする