栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2022-2023」

1/29,30の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2022-01-31 13:13:56 | 共有クラブ

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2020)』で望田潤と栗山求がダブル推奨し、『望田潤のPOG好配合馬リスト(2021)』で望田潤が推奨したブラックブロッサム(牡3歳)が日曜中京6Rの新馬戦(芝2000m)を勝ち上がりました。

★シルクホースクラブ
父キタサンブラック
母ポーレン(Orpen)
牡 募集価格:2000万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019104600/
ポレンティアやムーンライトナイトの3/4弟で、母ポーレンはパークイクスプレスS(愛G3・芝8F)勝ち馬。その父Orpenは良血のDanzig系マイラーでマルペンサ(サトノダイヤモンドやリナーテなどを産んだ名繁殖)の父でもあります。Orpenの肌は優秀ですが、ポーレンの場合牡は大きく出すぎて結果が出ておらず、本馬もまだ大きくなりそうな心配は少なからずあります。しかしながらいかにもHaloクロス馬らしい良い動きをするし、キタサンブラック産駒は母父にスプリンターやマイラーの血を入れる配合が成功しやすいとみているので、配合全体も吟味した上でピックしました。機動力と先行力ある好中距離馬だと思います。(望田)
【8/2追記】
現3歳のポレンティア(父ハーツクライ/フェアリーS-3着)は当企画で推奨した馬で、弟もそれに劣らぬ好配合馬なので取り上げたいと思います。母ポーレンはパークエクスプレスS(愛G3・芝8f)を勝った実績があり、母の父Orpenは2歳時に芝6ハロンの仏G1を勝ったDanzig系のスピードタイプです。Orpenの母Bonita Francitaは名牝Coup de Folieと4分の3同血。ディープインパクトはCoup de Folieと相性抜群です。「ディープインパクト×Orpen」の組み合わせからサトノダイヤモンド(有馬記念、菊花賞)が出たように、ディープインパクトの全兄の息子キタサンブラックも、Orpenを抱えた繁殖牝馬と結果を出すのではないかと思われます。父はサクラバクシンオーを抱えているので、それとニックスの関係にあるNijinskyを持つのもいいでしょう。芝向きの中距離タイプ。(栗山)

ブラックブロッサム(牡・父キタサンブラック・母ポーレン)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019104600/
ポレンティアやムーンライトナイトの3/4弟で、母ポーレンはパークイクスプレスS(愛G3・芝8F)勝ち。その父Orpenは良血のDanzig系マイラーで、名繁殖マルペンサ(サトノダイヤモンドやリナーテなどの母)の父でもある。キタサンブラック産駒は母父にスプリンターやマイラーの血を入れる配合が成功するとみているので、今年はこれでいきたい。機動力ある中距離馬。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2020)』と『望田潤のPOG好配合馬リスト(2021)』で望田潤が推奨したバハルダール(牡3歳)が土曜小倉1Rの未勝利戦(ダ1700m)を勝ち上がりました。

★ジーワンサラブレッドクラブ
父Pioneerof the Nile
母ラナモン(Sky Mesa)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019110015/
牡 募集価格:3600万円
母ラナモンはナタルマS(米G2・芝8F)勝ち馬で、Mr.Prospector=Search for Goldの全きょうだいクロス4×3・5。そこにアウトブリードのPioneerof the Nileが配された緊張→緩和がまずいいですね。母系にStorm Catが入るのはPioneerof the Nileの代表産駒American PharoahやClassic Empireと同じで、実馬も走りそうなエンパイアメーカー系中距離馬の雰囲気です。ダ中距離でオープン。(望田)

バハルダール(牡・父Pioneerof the Nile・母ラナモン)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019110015/
G1レーシングで池江厩舎所属。父Pioneerof the Nileは北米で大成功したエンパイアメーカー系でAmerican Pharoahの父。母ラナモンはナタルマS(米G2・芝8F)勝ち馬でMr.Prospector=Search for Goldの全きょうだいクロス4×3・4をもつ。そこにアウトサイダー血脈が強いアウトブリードのPioneerof the Nileが配された緊張→緩和の教科書的配合。ダ1800を揉まれず先行で強そう。(望田)

■土曜中京10R茶臼山高原特別 ロードプレジール(一口・望田&栗山)
■日曜中京7R1勝クラス ファーストソリスト(一口・望田)



キタサンブラックのものすごい底力の源はというと、一つは母母オトメゴコロがTulyarとWordenという名血を通じてもつ「Stafaralla=SindとBlandfordとSt.Simon」の組み合わせのクロスで、そこにLady Angela3×2のノーザンテースト、そしてウインドインハーヘアを通じてWild RiskとSolarioとPretty PollyをもつBustedが配されて、なるほどキタサンブラックってのはBustedとTulyarとWordenが走っていたのだというね





とするとキタサン産駒の配合を考える場合、この組み合わせを活かすサブクロスもあったほうがいいだろうという考えもあって、どうせならWorden≒Le Fabuleuxのニアリークロスにするのがベターじゃないか…というのもブラックブロッサムをピックした理由の一つです





ちなみにイクイノックスもシルクのピック馬ですが、これも母父マイラーでかつWorden≒Le Fabuleux7×6をもつので、ようするに配合の大枠が似ているんですよねこの2頭は(上は母シャトーブランシュの血統表)

「ダ1800を揉まれず先行で強そう」と書いたバハルダールですが、やはり砂をかぶると行きっぷりが悪くそれで取りこぼしがつづいていて、今日も大人気になってるけど内枠やしどうなんやろ~と見ていたら、向正面で難なく外に出せてそこからは捲るだけ



ホンマにエンパイアメーカーってやつはこんな気性を脈々と伝えますが、リフレイムもエンパイア×Tapitというだけでややこしそうなイメージで(^ ^;)、あれもようは周りに馬がいなければ気分よく走れるんやと思うんですよね

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日曜のボツ予想~相似配合、母はオークス馬

2022-01-30 10:39:06 | 血統予想

東京最終はルメールの○カーディナルにかぶってますが、ダイワメジャーの牝系でハービンジャー×ハーツクライのイメージどおりのジリ脚持続ストライドで、上がり勝負なら少しずつ着実に成長中の◎ドンナセレーノが差せるとみて◎→○→3着はパドックを見て





オークス馬ヌーヴォレコルトの娘でNureyev5×4、Mr.Prospector4×5、そしてトライマイベスト≒Aviance5×5の父母相似配合

NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」では根岸SとシルクロードSとセントポーリア賞を予想していますので、日曜もよろしくお願いします(競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」は栗山さんの担当)


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop
http://www.keibado.ne.jp

コメント (66)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

土曜のボツ予想…は後ほど

2022-01-29 10:42:35 | 血統予想

すんません配合診断&種牡馬辞典で激忙のシーズンが今年もやってまいりまして、ボツ予想はこれから中継見ながら何か考えます(^ ^;)

NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」ではクロッカスSと白富士Sと白梅賞を予想していますので、今週もよろしくお願いします(競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」は栗山さんの担当)


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop
http://www.keibado.ne.jp

コメント (45)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1/22,23の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2022-01-26 11:44:19 | 共有クラブ

年末年始は京都、それから東京経由で札幌に戻ってきましたが、ナスキロは噂にたがわぬ名店でした(・∀・)





とはいえ東京で予定されていた飲み会はほとんど中止or縮小で、けっきょく某馬主宅でバゴ尊師(元板前)の手料理をいただくことに





■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2020)』で栗山求が推奨したスペクトログラム(牡3歳)が土曜小倉1Rの未勝利戦(ダ1700m)を勝ち上がりました。

★シルクホースクラブ
父ドレフォン
母ケアレスウィスパー(フジキセキ)
牡 募集価格:3000万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019105186/
トーセンバジル(香港ヴァーズ-3着、京都大賞典-2着)の半弟で、母ケアレスウィスパーは関東オークス(G2)2着馬。名門クラフティワイフのファミリーに属し、近親にはカンパニー、トーセンジョーダン、センテリュオ、ヒストリカルをはじめ多くの重賞勝ち馬がいます。母ケアレスウィスパーは「フジキセキ+Crafty Prospector」ですから皐月賞馬イスラボニータと同パターン。フジキセキの2代母Marston's Millが持つWar Relic≒Eight Thirty4・4×4のニックスを、In Reality(War Relic 3×3)クロスによって継続しています。父ドレフォンに含まれるBaby Zip(Ghostzapperの母)は In Realityの孫で、War Relic≒Eight Thirty5・5×5。母ケアレスウィスパーに施された前述の配合上のキーポイントを強化しています。それに加えてフジキセキとDeputy Ministerのニックスも併せ持つので、完成度の高い好配合馬だと感じます。ダート向きのマイラー。(栗山)

■土曜中京4R1勝クラス ジレトール(一口・望田)



ドレフォン×フジキセキがダートに振れるだろうということは昨年の種牡馬辞典でも予想しておきましたが、その根拠は栗山求ちゃんがスペクトログラムの推奨コメントで書いているとおりで、以下のようにドレキセキは高い勝ち馬率を誇りますが勝ち鞍全てがダートです




これと同じ理屈でイスラボニータもフレンチデピュティ~Deputy Ministerのラインをもってくるとダートに振れるだろうと予測しておきましたが、ダートで[2-1-0-0]のアイヴォリードレスは母父クロフネですね

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日曜のボツ予想~リオンクリスエス、エピジャンポケ

2022-01-23 09:30:50 | 血統予想

中京5は◎シュティル
前走も狙いましたが、スローの前残りを馬群を捌くのに手間取りながら追い込み3着、脚はまだ余ってました
ここは少頭数なのがまずありがたいし、今んとこ単勝15倍なら期待値は高いといえるのでは
エピファネイア×キングカメハメハが成功したのと同じ理屈で、リオンディーズ×シンボリクリスエスはもっと走っていいと思ってます





西尾は◎フローズンスタイルの単騎逃げで
エピファネイア×ジャングルポケット×マンハッタンカフェ全妹ですから距離は長いほうがいいし、直線で真ん中に持ち出して追えばそうそう差せないのでは

NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」ではAJCCと東海Sと若竹賞を、競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」ではAJCCを予想していますので、日曜もよろしくお願いします


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop
http://www.keibado.ne.jp

コメント (58)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

土曜のボツ予想~A級配合のカナロア

2022-01-22 09:57:18 | 血統予想

長篠は◎エルカスティージョ
母はアヴェンチュラやトールポピーの全妹で、母父が中距離本格派で、クロスがトライマイベスト=El Gran Senor5×4とNureyev5×4ですから、まさにカナロアが一発大物を出すパターン



細身で重厚なストライドで、道中の追走を見ても内1400→外マイルで更に末脚に威力を増しそうだし、もうオープン入りしていい馬でしょう

NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」では初富士Sと若駒Sと萌黄賞を、競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」では若駒Sを予想していますので、今週もよろしくお願いします


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop
http://www.keibado.ne.jp

コメント (29)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1/15,16の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2022-01-17 11:13:55 | POG

ノルマンディーの二次募集ですが、望田のピックはなしです(栗山ぶんはもうしばらくお待ちを)

■『ディープインパクト好配合リスト(2020)』で望田潤と栗山求がダブル推奨したヨーホーレイク(牡4歳)が日曜中京11R日経新春杯(G2・芝2200m)を勝ちました。

◎ヨーホーレイク(牡、母クロウキャニオン)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2018105012/
おなじみディープ×クロウキャニオンで、カミノタサハラ、マウントシャスタ、ボレアス、ストーンリッジ、ベルキャニオン、ラベンダーヴァレイなどの全弟。この配合は牡のほうが走る説なので今年も取り上げます(クロウキャニオンはVaguely Nobleの血を引くので、牡のほうがスタミナが伝わりやすく牝はサイズが出にくい傾向)。去年のほぼコピペですんません…。(望田)

◎ヨーホーレイク(牡・母クロウキャニオン)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2018105012/
ボレアス、マウントシャスタ、カミノタサハラ、ベルキャニオン、ラベンダーヴァレイ、クリアザトラック、ストーンリッジと、重賞1~5着の実績を持つ全きょうだいは7頭に達する(ボレアスとカミノタサハラは重賞勝ち)。「ディープ×フレンチデピュティ」はショウナンパンドラ、マカヒキ、アンジュデジールなど活躍馬が目白押し。Caerleon、Vaguely Nobleも父と相性がいい。本馬はきょうだいのなかでも出来がいいと評判なので重賞級の活躍が期待できる。(栗山)

■『望田潤のPOG好配合馬リスト(2021)』で推奨したショウナンハクラク(牡3歳)が土曜中京5Rの未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がりました。

ショウナンハクラク(牡・父Frankel・母ショウナンアデラ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019110001/
母ショウナンアデラは阪神JF勝ち馬。Frankel産駒はソウルスターリングもグレナディアガーズもタニノフランケルも母がG1勝ち馬で(モズアスコットの母はG2勝ち)、オールラウンドなだけにわりと相手繁殖のキャラを素直に出す種馬といえる。本馬はSadler's Wells≒Nureyev3×5など配合も良いので、ショウナンアデラの息子らしく芝1600~2000で活躍してくれるだろう。(望田)

■日曜小倉3R1勝クラス ルーリング(一口・栗山)



オニャンコポンはホープフルで◎にしたように、エイシンフラッシュ産駒としては満点に近い好配合だとほめてきたし、ヴィクトワールピサは母父として優秀にちがいないと言いつづけてきたし、なのにここで走られてしまって予想的にはガックリでしたが、小島茂師のコメントが「今回は差しに回ってみたい」というものだったので、揉まれてしまうとホープフルの二の舞かなあ~という予感しかなかったですね私は…

ホープフルも3角すぎまでは外4でいい感じやったんですが、サトノヘリオスに一気に捲られて前に出られると、もう戦意喪失というか抜き返そうとはせず、サトノが伸びないので一緒に沈んでいったという負け方でした

昨日も4角では馬群の中やったのでどうかなと思って見てたんですが、戸崎ロジハービンが豪快に捲ったときにスペースが出来て外に持ち出せたのが大きく、あの形だと俄然ヤル気を出すので直線の伸びは素晴らしかった



Kingmambo≒サプレザのニアリークロス3×2は、Nureyev≒Sadler's Wellsの3/4同血クロスとGraustark=His Majestyの全きょうだいクロスを含むだけにみごとだし、エイシンフラッシュ×ヴィクトワールピサで中距離×中距離ですが、母母サプレザはマイルCSに毎年やってきた一流マイラーなので「1/4マイラー」

トモの蹴っぱりがRound Table的なのはこのサプレザ(Round Table5×4)の影響で、だから中山のコーナリングが抜群というタイプではないのですが、昨日はうまくいきました

ちなみにシャリオドールは今サトノクラウンを受胎中で、これはこれで狙いすましましたかね、今年産まれるのが楽しみすね(・∀・)


コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日曜のボツ予想~母はDanzig系スプリンター

2022-01-16 10:43:36 | 血統予想

門司はダートで連勝中の◎ホールシバン、パイロ産駒でMr.ProspectorとSeattle Slewのクロスですが、母サマリーズ(全日本2歳優駿とクラスターC勝ち)がDanzig系のスプリンターなのでローカル1700で小脚がきくタイプ、W5は一頭通過でよろしくお願いします





ジャニュアリーはHペース必至ですが、アポロビビは軽い馬場のほうが斬れるタイプなので◎スマートアルタイルで
母母のネームヴァリューはPOでもってた懐かしい馬ですが、ヘニーヒューズにSeattle SlewとIn Realityをもってきて母はGraustark3×4、後駆がいかにもRoberto的に頑強で、中山のパサパサを力強く追い込んでくるイメージ

NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」では日経新春杯と京成杯と中山12Rを予想していますので、日曜もよろしくお願いします(競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」は栗山さんの担当)


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop
http://www.keibado.ne.jp

コメント (34)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

土曜のボツ予想~冬の中山、リオン×クロフネのトライアングルで

2022-01-15 10:18:31 | 血統予想

中山8はクリーンスレイトはStorm Cat×A.P.Indyでいかにも東京稍重向きのストライド、これが人気ならば冬中山ダ血統で穴狙いといきたいところ
ザッとメンバーを見渡すと、リオンディーズ×クロフネでNureyev≒Sadler's WellsとMr.ProspectorとRobertoが揃い踏みの◎ジュンキリタップが現在13人気



リオンディーズ×クロフネといえば昨年1月中山の黒竹賞をティアップリオンが勝っているし、本馬も昨年1月の中山ダ1800戦でホウオウルパンの2着があり、揉まれず先行ならここでもやれそうな予感が

NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」では愛知杯と紅梅Sと菜の花賞を予想していますので、今週もよろしくお願いします(競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」は栗山さんの担当)


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop
http://www.keibado.ne.jp

コメント (55)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1/8~10の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2022-01-11 10:54:32 | 共有クラブ

京サラの募集がスタートしていますが、今日明日中にはピックするつもりですのでしばしお待ちを…
ノルマンディー二次も締切をにらんで、来週前半までには全部チェックします

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2020)』と『望田潤のPOG好配合馬リスト(2021)』で望田潤が推奨したキングズソード(牡3歳)が月曜中山6Rの新馬戦(ダ1800m)を勝ち上がりました。

★ユニオンオーナーズクラブ
父シニスターミニスター
母キングスベリー(キングヘイロー)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019103943/
牡 募集価格:1800万円
キングズガードの全弟で、母キングズベリーはNorthern Dancer4×4・5とSquander4×4を持ちJRAで3勝をあげました。シニスターミニスターは強いクロスを持たないので、強いクロスを持つ繁殖との配合が成功しやすく、インカンテーションの母はNative Dancer4・5×5、ヤマニンアンプリメの母はTurn-to4×4、マイネルバサラの母はNorthern Dancer3×4です。またSquanderと3/4同血のPast Exampleはインカンテーションの母系にも入るので、シニスター産駒としても信頼度の高い配合といえます。全兄より長いところに向きそうなイメージですが、これも馬の出来はいいので、ダ1800で上級~オープンは計算できるでしょう。(望田)

キングズソード(牡・父シニスターミニスター・母キングスベリー)
キングズガードの全弟で、母キングズベリー(JRA3勝)はNorthern Dancer4×4・5とSquander4×4。シニスターミニスターは強いクロスを持たないので、強いクロスをもつ繁殖との配合が成功しやすい。インカンテーションの母はNative Dancer4・5×5、ヤマニンアンプリメの母はTurn-to4×4だ。全兄より長いところに向きそうなイメージだが、馬の出来はこれもいいです。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2020)』で望田潤が推奨したロードヴァレンチ(セン3歳)が土曜中山2Rの未勝利戦(ダ1800m)を勝ち上がりました。

★ロードサラブレッドオーナーズ
父エスポワールシチー
母アンダルシア(アルカセット)
牡 募集価格:1500万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019103507/
母アンダルシアはJRA上級馬をコンスタントに産んでいる繁殖で、その父アルカセットはKingmambo系のJC勝ち馬。父エスポワールシチーは活力あるゴールドアリュール系で、繁殖にあまり恵まれていないわりにはに中央地方で活躍馬を出しています。インペリシャブルやショームなどNureyev≒Sadler's Wellsのクロスも成功しており、Nureyevの血脈構成をクロスしているアルカセット肌との配合も良いと思います。ニキーヤやブライアンズタイムやKingmamboのパワーの血がよく活きていて、フリオーソ×アルカセットという似たような配合で準オープン馬ミスズフリオーソが出ていますが、あれに近いイメージですかね。成長力と底力に富むダート中距離馬で、上級で息の長い活躍を期待できます。冬の中山ダートに強そう。(望田)

■土曜中京11RすばるS ピンシャン(POG・望田)
■土曜中山12R2勝クラス ヴィオリーナ(一口・望田&栗山、ディープ・望田)
■日曜中京10R新春S グレイイングリーン(ディープ・望田)
■日曜中京11Rシンザン記念3着 レッドベルアーム(一口・栗山)





キングズソードは「全兄より長いところ向きでダ1800で上級」、ロードヴァレンチは「冬の中山ダートに強そう」と推奨コメントで書いたのですが、どちらも人気やったので馬券にはしませんでした(^ ^;)

キングヘイロー肌の活躍が目立つ昨今ですが、キングスベリーは名血Squanderの4×4をもっており、SquanderはBusanda≒Better Self2×3でPrincequilloとEight Thirtyを引くので、A.P.IndyとDeputy Ministerをもつシニスターミニスターとの配合は決まりますよね



ロードヴァレンチは父エスポワールシチーがゴールドアリュール×ブライアンズタイム、母父アルカセットがNureyev≒Niniski3×2ですから、私がよく言う「NureyevとRobertoとMr.Prospectorの砂黄金トライアングル」で、このNashua≒Nantallahパワーを増幅するトライアングルは冬の中山ダートで強いことは以前から指摘しています

1月中山に行われるダ1800のOP特別ポルックスSは、22年21年とダノンスプレンダーが連覇しましたが、父系がKingmamboで母父がRobertoなので典型的なトライアングル配合ですよね





またハナ差2着に激走した14人気クレスコブレイブはゴールドアリュール産駒で母父がMr.Prospector系、クロスがNureyev≒Sadler's Wells3×3

3着にも15人気エイコーンが突っ込んできましたが、これ昨年のポルックスでもダノンスプレンダーの2着やったんですよね…父フリオーソがRoberto×Mr.Prospector×Nureyevのトライアングルで、自身はMr.Prospector3×5・5

ちなみに私はブライアンズタイム×ゴールドアリュール×ジェイドロバリーのドリュウの人気のなさに目がくらんでしまい、もっと人気薄が2着3着にきて唖然とするしかなかった(^ ^;)クレスコもエイコーンもお手馬やのになにやっとるんだか…

コメント (11)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする