栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2018-2019」

亀に丸乗り(2)

2010-08-31 15:16:37 | 血統予想

先週もカネトシディオスが古町特別を快勝、三面川特別ではハウオリが2着、プティプランセスも4着に追い込んでいて、相変わらず新潟外1600~1800mのキンカメは走りまくってます

これで今夏のキンカメ産駒の新潟外1600~1800mの成績は(9.4.0.13)で、勝率34.6%、連対率50.0%、単回値312円、複回値127円

今週の特別登録をみると、キンカメ産駒はこれだけいました
出雲崎特別(外1800m)…ヴィーヴァブーケ、キョウジ、セブンライターズ、フライバイワイヤー
新潟2歳S(外1600m)…キッズニゴウハン、クリーンエコロジー、モアグレイス

亀に丸乗り
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/d8f1d596e059f9ee00119b4dbfb34560

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟記念回顧~ヒガシさんへの懺悔も込めて

2010-08-31 12:42:53 | 血統予想

スペシャルウィーク+ナスキロのストレッチランナー

日曜新潟11R 新潟記念
 ◎はサンライズベガで注トウショウシロッコも引いていたのですが、勝ったナリタクリスタルはノーマーク…。予想コメントは以下の通りです。
 「野芝100%の平坦で長い直線での追い比べ。グレイソヴリンやプリンスリーギフトの柔らかな斬れがモノを言うレースで、外2000mになってからの過去9年の勝ち馬はこのどちらかの血を必ず引いている。◎は昨年の2着馬で、父の母父がグレイソヴリン系トニービン。母父がシアトリカルだからアドマイヤフジのように粘っこい先行馬だが、祖母がシアトルスルーの柔らかさを伝えるのでより緩慢でダラッとした走りをする。直線が長いと追って追ってジワジワ加速できるので、新潟外回りなら今年もチャンスは十分だろう」
 ナリタクリスタルを軽視したのは、「血統クリニック」でも書いたように「祖母がレイズアネイティヴ3×3など米スピードが強く、微妙に2000mより1800mがベターに思える」というのが主な理由ですが、前半スローとはいえ11.4-11.1-11.0-12.0秒と残り4Fからペースアップする流れを、斬れないがバテない持続型のサンライズベガ(昨年の2着馬)と叩き合って最後まで抜かせなかったのですから、2000mが長いということは全くないですね。
 振り返ってみるとこの馬は、東京と外回りコースでは(2.2.0.1)で、1800m以上に限定すると(2.1.0.0)、ようするに広く直線の長いコースの中距離戦ではスリーロールスにしか負けていなかったのですね。
 配合パターンは、母父ペンタイアの母父ミルリーフと、4代母の父ボールドビダーがいわゆる「ナスキロ」血脈で、スペシャルウィークにこういうナスキロ血脈をもってくると、ブエナビスタやリーチザクラウンのようなストライド走法のストレッチランナーが出やすいのです。
 長い直線でいい脚を持続できる特長を、4角手前から仕掛けることで十二分に引き出した幸騎手も好プレーでした。
 トウショウシロッコはいつも書くようにナスキロ的な斬れとリファール的な粘りを兼備しているぶんどっちつかずで、長い直線でタメ差ししても小回りで捲ってもあと一歩が足りないですね。今日も展開はハマッてるんですが…。
 メイショウベルーガもフレンチにドローンが入るナスキロ配合で根はストレッチランナーで、今日は4角手前で置かれてしまったぶん届かずでした。
 スリーオリオンはサンライズベガの直後から叩き出しましたが最後は同じ脚色。母がミシル×クラウンドプリンスですからオペラハウスに柔らかさを補った配合というほどではなくて、この馬はむしろ急坂小回り向きのパワー型だと思いますよ。

※馬券総合倶楽部「血統レース分析」より

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スーパークリークで得意満面やったあの頃

2010-08-30 14:43:10 | 配合論

何人かで食事となると、鮮魚がダメとか辛いのがダメとか、そういうややこしい人が一人はいるもので、だから無難な所に行くしかなくなるわけですが、昨夜は何でも食らう馬券オヤジ3人で、このメンツならということで南1東2の「ホルモン中毒」へ

名前通りの牛豚ホルモン専門店で、煙と脂にまみれて黙々と焼き続け食い続けます~

リードヴォー(牛の胸腺で仔牛にしかない希少部位)ってのが初めて食ったんですけど美味かったな~

--------

ノーアテンションは牝系がドイツで父系がNijinskyという、当時血統をかじり始めた学生くんにとっては「これぞステイヤーやん!」と感情移入しやすい血統で、そして期待通りにインターメゾ牝馬との間に、名ステイヤーのスーパークリークを送り出しました
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1985104409/

学校でも競馬場でもよくつるんでいたEと、学食の日替り定食3日分を賭けて、菊花賞のアトサキやったのが懐かしい思い出です

Eはヤエノムテキで、私はもちろんスーパークリークでした

菊花賞の翌週、日替わりのシーフード定食をほおばりながら

「ワッハッハ、イエローゴッドを菊花賞で買ったらアカンわ~。血統知ってる人はみんなスーパークリーク本命やったで~」

…今思い出しても得意満面やったなあ~(^ ^;)

栗山さんがブログでグリーングラスとの比較を書いていましたが(下記参照)、Grey Sovereign、Hornbeam、Rockefellaのトライアングルはトニービンもそうなんですよね~(カンパラの3代母はRockefellaと同血)
「スーパークリーク死亡」
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/08/post-01a6.html

Grey SovereignにHyperion的スタミナをアウトブリードするという手法で、スーパークリークやトニービンやタマモクロスが出た時代だったのです

母のナイスデイはHornbeamとRockefellaを通じるHyperion3×4で、これはマーベラスクラウンやGrand Flotilla(ハリウッドターフH)の母モリタ(ニュージーランドオークス馬)と同じで、そのことを週刊競馬通信のコラムで書いてJCを◎マーベラスクラウンで当てて、あのときもやっぱり得意満面やったなあ~(^ ^;)

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もGrey Sovereign…やなかったんかい!

2010-08-30 10:15:01 | 血統予想

新潟11R 新潟記念
◎5.サンライズベガ
○4.スマートギア
▲10.イケドラゴン
△2.ホワイトピルグリム
△3.メイショウベルーガ
×9.バトルバニヤン
×16.アルコセニョーラ
注6.トウショウシロッコ
注7.スリーオリオン
野芝100%の平坦で長い直線での追い比べ。グレイソヴリンやプリンスリーギフトの柔らかな斬れがモノを言うレースで、外2000mになってからの過去9年の勝ち馬はこのどちらかの血を必ず引いている。◎は昨年の2着馬で、父の母父がグレイソヴリン系トニービン。母父がシアトリカルだからアドマイヤフジのように粘っこい先行馬だが、祖母がシアトルスルーの柔らかさを伝えるのでより緩慢でダラッとした走りをする。直線が長いと追って追ってジワジワ加速できるので、新潟外回りなら今年もチャンスは十分だろう。

札幌9R キーンランドC
◎10.ワンカラット
○1.ビービーガルダン
▲3.ベストロケーション
△2.ローレルゲレイロ
×9.ピサノパテック
注16.トシギャングスター
◎はフェアリーキングのパワーと粘着力で走るタイプだけに洋芝は向く。逃げ先行馬が揃ったし、真ん中の枠の中団差しから入りやすい。▲もクロフネ産駒のパワー型で1200mなら洋芝の少し時計がかかる決着がベター。1枠2頭を見ながら乗れるのは楽だ。

小倉9R 不知火特別
◎8.ドリームガードナー
○2.スマートジェネシス
▲3.ハーリカ
△4.サバース
×6.アンプレシオネ
◎はミスプロ系×サンデー系の配合によくいる動きが緩慢なタイプで瞬発力に欠ける。だからここ2走のような上がりの競馬は合わない。シンザン記念2着、鳴尾記念3着、ディセンバーS2着とオープンでの好走はいずれもゴール前12秒台の持続戦。ここは逃げ先行が揃ったし、少し上がりがかかってきた今の小倉なら上がり12秒を想定できる。

札幌8R クローバー賞
◎3.トラストワン
○8.ロビンフット
△4.エーシンジャッカル
△6.ビービーマキシマス
×1.サクラベル
もう一度◎でいきたい。函館2歳は落鉄の影響で行きっぷりが悪すぎた。1400mベストとみているのでこの距離もOK。○もスプリンターではなくマイラーだから距離延長はプラスだろう。

--------

先週は◎は(3.1.1.2)で、着外は前がカベで追えなかったグローリーシーズと予想外のスローだったドリームガードナーだけで、まあ◎については自分なりにベストを尽くしたと思いますが、両重賞はヒモで失敗…

特にナリタクリスタルはヒガシさんとのやり取りで、「母系に米スピードが強いので1800m>2000mではないか」と書いて消してしまったので後味悪いです…

アドマイヤベガのワンツーだったら、今年もやっぱりトニービンでしたなあ~で大団円だったんですがね~(^ ^;)

しかしワンカラットは洋芝は鬼で、デキも絶好で、唸りながら捲ってしまったので先行2頭の後ろにいたビービーガルダンは行き場がなくなってしまいました

まあレースは生き物で常にそういうアヤがついて回るので、なかなか1着から3着まで実力通りに入線しないわけで、だからこそ面白い部分もあるわけですが、だからといってギャラをもらって能書きを売っている人間が、アヤ狙いで闇雲に振り回してもしょうがないと思うんですよね~

少なくとも◎に関しては然るべき理由をもって打たないといけないし、筋を通して然るべきところに◎を打っていれば好配もひっかかったりするもんです

野芝100%の新潟記念と、Princely GiftやGrey Sovereignの「レトロな斬れ」
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/a9075ff6a63445ee867b9814ea625dba

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜のボツ予想

2010-08-29 11:16:53 | 血統予想

札幌10Rは人気の一角ですがラブフールでいいんじゃないですかね~
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2007103423/
ゼンノロブロイ×エルコンでミスプロのクロスですが、母はリトルアマポーラの半姉でエルコンが持つSpecial=Lisadell4×3・4にLyphardやPetingoを合わせていて、ようするにFair Trialが多いのです
この馬は新潟外1600m、京都外1800m、阪神外1800mと直線の長いコースばかりを使われていて、しかも後方から追い込む競馬ばかりをしているので小回りコースがどうかと思われる方もいるでしょうが、脚捌きは明らかに母のFair Trialクロスの影響が強く、あの手先だけで走るピッチ走法なら小回りをスイスイ捲る脚もあるはずで、私はむしろ小回り向きの馬だと思いますよ~

札幌スポニチは先行有利内枠有利の1500m戦で、ハナを切ってしまえばメジロチャンプのAureole魂(Aureole≒ハイハット5×5)に火がつくかもという期待が高まりますが、中館さんが競ってくるかもしれないし、テン乗りのメスナーが引っかかってしまう可能性もあるんですよね…

月岡温泉はワールドコンパスでもう一丁…といきたいところですが、揉まれ弱い気性ですから外枠のほうが乗りやすいんですよね~
外にスーパーウーマンやミクルといった速い馬がいるだけに、この枠はちょっと微妙かなあと…被せられたらもう前に出ようとしないですからねえ…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も外回りはキンカメ祭りでしたなあ…

2010-08-28 20:56:27 | 血統予想

新潟9R 古町特別
◎17.カネトシディオス
○5.ニシノホウギョク
△1.ショウナンアルディ
△8.インペリアルマーチ
×13.ワクワク
×14.ディアエンデバー
注2.トーセンポセイドン
注18.ニシノマルス
キンカメ産駒は今夏の新潟芝外回りで(9.3.0.13)というもの凄い数字。先週もダブルレインボーが穴をあけた。◎も柔らかなストライドは平坦で長い直線向きで、スローの前残りのシンザン記念でも上がり最速で追い込んで5着。+24キロでも太くなかったし、ここは狙いすましての遠征だろう。前走でHペースの前崩れをよく粘った○が相手。母系のワイルドリスクの影響が強くこれも広いコース向きのストライドで走る。 

新潟10R 三面川特別
◎11.スマートシルエット
○13.マイティースルー
▲10.プラージュ
△8.プティプランセス
△14.ハウオリ
×5.メジロスプレンダー
×9.シェリルピンク
注1.テクニカルラン
注7.ホクレレ
◎の前走は時計だけでなく勝ちっぷりも圧巻。半兄に米芝G1馬がおり素質はオープン級だろう。ここも気分良く先行ならアッサリとみる。相手は◎▲△を本線に。  
 
小倉10R 博多S
◎10.グローリーシーズ
○6.シングライクバード
▲11.マッシヴエンペラー
△4.リッカロイヤル
△5.スカイリュウホー
×2.ジェントルフォーク
×7.シゲルタック
注1.ザサンデーフサイチ
注8.ワンダームシャ
◎は母がサンデー×アリダーだからイシノサンデー的で、そこにファルブラヴなら本質は内回り小回り向きの捲りだろう。阪神の外回りでも好走しているのは能力が高いからで、3走前は中京でブラストダッシュを捲って競り勝った。○も追い込み脚質=外回り向きと思われがちだが、母系にロベルトが入るので小回りでも器用に捲ってくるということは前々走◎にしたときにも書いた。これが相手。

--------

スカイリュウホー浜中は向正面で一気に先団に押し上げて、本命馬グローリーシーズの外に横付けして外への進路を絶ち、結果グローリーは馬群の真っただ中で最後まで追えないまま終了、そして自身はちゃっかり3着ゲット
なるほど、50近く勝ってるだけのことはあるんやなあ~と思いましたね…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

例によってボツ予想を

2010-08-28 10:58:01 | 血統予想

朱鷺Sは札幌からの輸送もなにするものぞ…で◎ショウナンアルバで書いていたのですが、アップ直前に取り消しで戦意喪失(^ ^;)
ステラリードに手を出してみたい気はあるのですが自信なし…

小倉7Rはオンフルールを狙ってみたいですね~
ひいきにしているクイーンリザーブの娘で、上のストラテジーやラベにもよく泣かされてきましたが(^ ^;)、このきょうだいに共通するのが馬群を嫌う揉まれ弱さで、ここはハナに行けるようなら一発あって不思議はないかと…
距離もこれぐらいあったほうが息を入れて逃げられるんじゃないかと…

阿寒湖特別は傑出馬不在で、母父のNever Bend的La Troienne的硬さが出ていて夏の北海道戦に実績があるクロカンブッシュか、前走は馬群の中で脚を余したパッシングマークが面白いかなあ~とも思うのですがこれも自信なし…
サブコンシャスは小回りをグルグル回るレースがどうかなあと…

札幌最終はこれまた輪をかけて難解
あくまでパドックの気配を見てからですが、素質馬アイアムマリリンの激走がないかなあ…と
イレ込んで馬体の増減が激しく折り合いにも難しさがありますが、だからこそ滞在競馬の休み明けが狙い目ではないかと…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

亀に丸乗り

2010-08-27 17:40:26 | 血統予想

先週◎ダブルレインボーの10万馬券を逃したのは痛恨でしたが、キンカメ産駒は今夏の新潟芝外回りで(9.3.0.13)、単回値は300円を超えていて、単勝全頭買いでも掛け金が3倍になってしまうというもの凄さ…

ちなみに外1600~1800mに限定すると、(8.3.0.10)とさらに数字は良くなり単回値は350円を超えます

で、土曜に外回りに出てくるキンカメは以下の4頭

1Rケージースペシャル
9Rカネトシディオス
10Rハウオリ,プティプランセス

取捨は自己責任でお願いします(^ ^;)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新潟芝2200mのレコ勝ち

2010-08-27 17:13:10 | 血統予想

三面川特別で一本かぶりになりそうなスマートシルエットですが、前走の2.11.6のレコ勝ちは時計だけでなく、直線だけでちぎった勝ちっぷりが衝撃的でした

筆者が調べたところ、現コースになってからの新潟芝内2200m戦で、2分12秒を切って勝った例は下の4つしかありません

09年佐渡特別 テンシノゴールド(2.11.9)
08年阿賀野川特別 オウケンブルースリ(2.11.9)
08年萬代橋特別 デストラメンテ(2.11.9)
02年オールカマー ロサード(2.11.7)

ちなみにデストラメンテは08年阿賀野川の2着馬でもあり、また07年,08年と萬代橋を連覇していて、新潟内2200mでは(2.1.0.0)、オウケンブルースリにしか負けていないという新潟内2200mマスターでもあります(残念なことに、中山が改修工事でもやらない限り、新潟内2200mでオープン競走が行われることはないですが…)

血統は、半兄MagistrettiがマンノウォーSに勝ちアーリントンミリオン2着の米芝トップホースで、祖母Bat Prospectorはダミスターの全妹
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2007102946/

まあ配合的にはこれといったクロスやニックスはないのですが、ファルブラヴ×Deputy Ministerからイメージされる力馬っぽさは微塵もなくて、動きがしなやかで走るフォームがいいですね~

少なく見積もっても、デストラメンテ以上には出世しそうな馬です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野芝100%の新潟記念と、Princely GiftやGrey Sovereignの…(2)

2010-08-26 14:36:17 | 血統予想

前回のエントリで「野芝100%の外回り新潟記念は、Princely GiftとGrey Sovereign持ちが好走する」と書きましたが、過去9年の勝ち馬は漏れなくこのどちらかの血を(ヤマニンアラバスタは両方)持っていました

となると、既好走組はともかく、新顔で要チェックと思われるのがイケドラゴンですかね~
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2005104785/

ニューイングランドは母がWoodmanの妹で母系はDanzigやBusanda≒StrikingやSwapsのパワーが強いのですが、この馬は母がPrincely Gift3×4で、祖母がMy Babu≒Ambiorix3×4、Tourbillon5・5×5・6で、柔らかくて緩慢なストライド走法はこの母方譲りだと考えられます

そもそもこの馬は、中山で1000万下を勝ち上がるまでは東京専門のような使われ方をしていたほどで、俊敏に加速できないので、目黒記念のように直線が長いコースをダラダラダラダラ流れ込むのが理想なのです

実際、直線長いコースで4角3番手内で回ってきたときは、
10.5.30 目黒記念2着(東京2500m)1-1-1-1
10.2.20 調布特別4着(東京2000m)2-2-3
09.6.14 500万下1着(東京1800m)5-3-3
08.8.30 500万下2着(新潟外2000m)3-3-2-2
と、すべて好走しているのです

ちなみにPrincely Giftの血をクロスで持つ主な活躍馬には、コスモバルク、サンライズマックス、メジロマイヤー、サイレントハンター、ブルーショットガン、ブルーイレヴン、マイネルリマーク、イイデライナー、マイネレーツェル、コスモプラチナ、サウンドバリヤー、カゼニフカレテ、ゴールデンロドリゴなどがいます

七夕賞は3着サンライズベガ、4着バトルバニヤン、5着トウショウシロッコ、6着イケドラゴンまで同着・クビ・クビの大接戦でしたが、また同じ52キロで、新潟外回りに替わるプラスを見込めば、この着順はひっくり返っても何ら不思議はないと思うんですよね~

野芝100%の新潟記念と、Princely GiftやGrey Sovereignの「レトロな斬れ」
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/a9075ff6a63445ee867b9814ea625dba

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加