栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2021-2022」

1/25,26の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2020-01-27 20:48:01 | 共有クラブ

『一口馬主好配合馬ピックアップ(2018)』と『望田潤のPOG好配合馬リスト(2019)』で望田潤がダブル推奨したヴァンタブラック(牡3歳)が土曜京都6Rの新馬戦(ダ1800m)を勝ち上がりました。

★シルクホースクラブ
父ブラックタイド
母プチノワール(Singspiel)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105527/
牡 募集価格:5000万円
ローブティサージュの半弟で、ブレイニーランの同血の弟で、母プチノワールはアサクサデンエンと同血の間柄で、ヴィクトワールピサやスウィフトカレントなども近親。黒くて大きいブラックタイド産駒で見映えしますが、母父Singspielの重厚さも感じられ、キタサンブラック+ガンコというのが褒め方としては最高ですかね。それほど瞬間的な速い動きはできないでしょうが、Halo3×4・5らしく脚捌きには無駄がなく、先行してしまえば馬格と持続力にモノを言わせて惰性で押し切れるはず。(望田)

ヴァンタブラック(牡・父ブラックタイド・母プチノワール)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105527/
ローブティサージュやブランノワールの半弟で、ブレイニーランの同血の弟。母プチノワールはアサクサデンエンと同血の間柄でヴィクトワールピサも近親。黒くて大きいブラックタイド産駒で見映えしますが、血統表を見てこんな感じの馬だったらいいな…というイメージどおりの馬です。キタサンブラック+ガンコというのが褒め方としては最高ですかね。先行してしまえば馬格と持続力で押し切り。

『一口馬主好配合馬ピックアップ(2018)』で望田潤が推奨したエレガントチャーム(牝3歳)が日曜中山5Rの未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がりました。コメントは以下のとおり。

★ジーワンサラブレッドクラブ
父ルーラーシップ
母オリエントチャーム(サンデーサイレンス)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105011/
牝 募集価格:3000万円
ペルシアンナイトの半妹で、クィーンチャームやオリエントワークスとは父系(Kingmambo~キングカメハメハ)も同じ3/4同血の間柄。母父サンデーサイレンスを1/4異系とし、残りの3/4でNureyev~Northern Dancerをクロスするのも上記2頭と同じ。他にNijinsky7×5やMill Reef≒Shoshanna6×5もあり、全体としてルーラーシップとニキーヤのナスペリオン的なナタの斬れを融合させた配合になっています。体型や歩きを見てもそのイメージどおりで、重厚なストライドで走る大箱向きの中距離馬でしょう。東京でも上がりだけの競馬だと踏み遅れてしまう危惧はありますが、ここはスケールと成長力に期待。一昨年ピックしたウラヌスチャーム以上の手応えはあります。(望田)

土曜中山9R呉竹賞 セラン(POG・望田)
水曜大井11RTCK女王盃2着 アンデスクイーン(一口・栗山)



昨夜は血統センター勢と「ふる里 札幌総本山店」で蛍の光が流れるまで飲んでましたが、サクラローレルの話題にはならなかったな…モガンボとかステートリードンの話で盛り上がった瞬間はありましたが(^ ^;)

サクラローレルの同世代にはマヤノトップガン、ヤマニンゼファー、マチカネフクキタル、アブクマポーロなどBlushing Groomの血を引く名馬が多くて、揃いも揃って若いころは気性が若くて荒削りで、このまま未完の大器で終わってしまうのかなあ~というところから突然本格化してトップホースにのぼり詰め、本格化して完成したBlushing Groomは変幻自在で行っても差しても華麗に勝つのでみんなワクワクさせてくれたもんです



<96年中山記念に出てきたときは11年キャプテントゥーレのように「お待たせしました、ついにジェニュインの単勝を、生涯一ガツーンと買うときがやってまいりました」と書いたんですが、内からスルスル抜け出した忍者をド迫力の追い込みでねじ伏せたのは、ついに本格化を迎えたサクラローレルでした>(望田bot)

忙しすぎるので昔話もほどほどにしときますが、あのときの中山記念のサクラローレルには腰が抜けましたね、あああ太っさんがいつか化けると言ってたのはこれやったんかと、細かいことはいいんだよ!名馬なんだからねじ伏せるんだよ!というド迫力の勝利にへなへなと腰が抜けました

母方のTourbillon系の血のちょっと異常な力強さが表現されていたという点ではメジロマックイーンなんかとも似てて、たしかに全盛期のローレルなら凱旋門でも面白いことになったんじゃないかとは思いますね

コメント (13)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日曜のボツ予想~Robertoなハーツです

2020-01-26 10:42:52 | 血統予想

札幌に戻ってからすでに千喜に2回行ってますが、小倉で美味いゴマサバ食ってきたと自慢すると「はいはいウチの金華サバ食ってから言ってくださいよ(笑)」とハナで笑われました




昨夜は日本一の押し寿司をりろんちさんと

若駒は◎シルヴェリオ
シルヴァースカヤの息子でシルバーステートやヘンリーバローズの3/4弟で、母方のRobertoやTom Rolfeの影響が強い走り
ハーツクライ産駒でもこのようにRoberto的なものがある程度表現された馬は、タイムフライヤー、グレイル、サトノクロニクル、シャドウディーヴァなどなど内回りを捲れるのだ…といういつものやつですね
内2000でシュタルケが動かしていくケイバは合うイメージなので、2→3→1と2→1→3だけ買って観戦



他のレースはこれから考えますが、NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」と競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」ではAJCCと東海Sと若竹賞を予想していますので、日曜もよろしくお願いします


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

コメント (46)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

土曜のボツ予想~外からヒバリが飛んでくる

2020-01-25 10:08:56 | 血統予想

配合診断と種牡馬辞典のお仕事が重なる1~2月は毎年繫忙期なんですが、今年は本当に青ざめるほどの忙しさで、まあけっきょく生産者さんも馬主さんも、けっこうギリギリまで種付けってなかなか決めないんですよね…だから今ごろに集中するというね…
でも一昨日は某国際G1ホースの祝勝会、今日はりろんちさんが札幌に来るので千喜に黄金の鯖寿司を予約済で、明日はサラ血チームとふるさと飲みかな、忙しくても飲みの約束だけは断りません(・∀・)



中山最終は長休明けなのでパドックを見てからですが、スプリングSでステルヴィオ、エポカドーロ、マイネルファンロンの4着に食い下がった▲パールドバイ
Dubawi×ダイワメジャーのイメージどおりの体つきや走りで、タフな中山マイルはピッタリで息がもてばアッサリかなと



萌黄はこのメンバーなら◎ヒバリの素質が一枚上のはず
康太だとたぶん後ろからいって外回すでしょうが、カリカリしたエピファ牝馬やしそれでいいと思うんでね

NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」と競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」では岩清水Sと東雲賞と呉竹賞を予想していますので、今週もよろしくお願いします


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

コメント (31)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やっぱりキズナはStorm Catだった

2020-01-23 18:03:32 | 配合論
日曜は博多に移動してヤンチャ同級生と美味いクエ食ってきました…50すぎのオッサン二人ですが、締めの雑炊までペロッといけます(・∀・)







「馬格と肉付きに恵まれ、性格はうるさいぐらい前向き」というのが、キズナの初年度産駒のだいたいの評判やったんですが、これはつまり、Storm Cat的な要素がよく伝わっている証左やと思うんですよね

それは配合的にも裏付けがあって、キズナの配合というのは、ディープインパクトとPacific Princess牝系の黄金配合(Burghclereのニアリークロスが主な根拠)ばかりが注目されますが、AlzaoとStorm Catを通じてNorthern DancerとSir Gaylord≒SecretariatとAttica≒First RoseとRoman≒Chop Chopをクロスしていて、母キャットクイルはStorm CatとDamascusを通じてEight Thirty≒Speed Boatのニアリークロスを持つので、Storm Catの血脈構成を全てクロスした配合といえるわけです









そしてキズナの活躍産駒(2勝以上)の血統表をみると、ほとんど全てがNorthern DancerとナスキロとTom Fool≒Attica≒First Rose(≒Flaring Top≒Spring Run)とEight Thirty≒Good Example≒War Relicのクロスを持っていることがわかります(Chop Chop的な組み合わせはクロスが容易なので省略)



キズナ活躍産駒とその母系に入る血


ビアンフェだけは母系にナスキロ血脈が入らないのですが、ディープ×Unbridled's Songの黄金配合ですから、必殺のSir Ivor≒Cequillo≒Incantationのニアリークロスがあります

あまりにも多忙なので血統表とデータの羅列にとどめておきますが、ようは種牡馬キズナはStorm Catをよく伝えて大成功している、ということですね
コメント (13)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1/18,19の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2020-01-20 17:28:45 | POG
『一口馬主好配合馬ピックアップ(2018)』で望田潤が推奨したリーディングパート(牝3歳)が日曜中山5Rの未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がりました。

★キャロットクラブ
父ハービンジャー
母タイトルパート(アグネスタキオン)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105410/
牝 募集価格:1600万円
3代母Her LadyshipはPolish Precedent×Mill Reefのニックス配合で仏オークス2着。孫にNHKマイルのメジャーエンブレムが出ます。そこにハービンジャーが配されて、クロスがDanzig4×5とBlushing Groom6×4ですから、先日札幌2歳Sを制したニシノデイジーと似た配合といえますね。ちなみにハービンジャー×アグネスタキオンで母母にMill Reefの血が入るパターンはJRAに2頭が出走し、前記ニシノデイジーに現役2勝ジャックローズとともに活躍中。ハービンジャーらしいナスペリオン的柔らかさのある動きで、そこをDanzigクロスや母父アグネスタキオンで緩すぎない程度に締めたバランスがいいです。上級の芝中距離馬だと思います。(望田)

『望田潤のPOG好配合馬リスト(2019)』で推奨したピンシャン(牡3歳)が土曜京都1Rの未勝利戦(ダート1200m)を勝ち上がりました。

ピンシャン(牡・父Speightstown・母Beauty and Light)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017110120/
近親にパーソナルエンスンS(米G1・ダ10F)のIcon Projectやタイキジリオンなどが出る牝系。母はUnbridledとGreat Aboveという魅力的な組み合わせ。Speightstown&森厩舎といえばマテラスカイでおなじみのコンビで、しかも本馬も母系にHerbagerの血が。坂路で猛時計を叩き出し、ダ1200新馬で圧倒的人気に応えてくれる。(望田)

『望田潤のPOG好配合馬リスト(2019)』で推奨したワールドウインズ(セン3歳)が日曜京都2Rの未勝利戦(ダート1800m)を勝ち上がりました。

ワールドウインズ(セン・父ルーラーシップ・母エイジアンウインズ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017104093/
母エイジアンウインズはヴィクトリアマイル勝ち。産駒は今のところパッとしないが、ルーラーシップとの配合はKingmambo≒サクラフブキ3×3(Mr.ProspectorとNorthern DancerとSpecialとRibotが共通)とMill Reef≒Marston's Millの3/4同血クロス6×4で、フジキセキのところだけNorthern Dancerが入らない「3/4Northern Dancerクロス」。ルーラーはマイラー牝馬との配合が成功するので、今度こその期待で。(望田)

土曜中山11RニューイヤーS ジャンダルム(POG・望田)
日曜中山11R京成杯2着 スカイグルーヴ(一口・望田)
日曜中山11R京成杯3着 ディアスティマ(ディープ・栗山)

--------

スカイグルーヴは血統どおりの長手でしなやかなストライドで走る中距離馬で、NETKEIBAの血統解説では以下のように書きました

母アドマイヤセプターはドゥラメンテの全姉で京阪杯2着。母母アドマイヤグルーヴはエリザベス女王杯勝ち。3代母エアグルーヴは名牝名繁殖。そこにエピファネイアでサンデーサイレンス4×3とSadler's Wellsズ≒ヌNureyev4×5だから配合も満点に近い。母を長手でしなやかにした中距離馬で、デビュー戦は持ったままの大楽勝。オープン級の素質は疑いないが、走りはいかにも東京向きで、またエピファ産駒だけに揉まれたときにどうなのか。

エピファネイアも急坂内回りでは[1-1-1-2]でしたが、スカイグルーヴも2000なら明らかに東京>中山で、あのケイバで勝ちきってしまえばエピファのラジオNIKKEIやドゥラメンテの皐月賞と同じで器と性能の勝利と言えたのですが、だからまあ負けて強しというか、同じメンツで東京でやったらふつうに楽勝するんじゃないかというぐらいの内容やったと思いますけどね



上のように母系にHerbagerの血を引くSpeightstown産駒は高確率で走っていて、POG書籍でピンシャンとニルカンタテソーロをピックした理由はほとんどそれだけと言ってもいいぐらいで、どっちも媒体ではあんまり取り上げられてなかったような記憶が

まあSpeightstownはほっといてもBold Ruler+Princequillo+Tom Foolなスピードを高確率で伝えるので、もうこれ以上同じようなスピードを重ねる必要はあまりなくて、むしろSpeightstownが持つほとんど唯一の欧スタミナな血、Gone Westの牝祖Mixed Marriageですね、この血をいじくると大物が出ているのはアドマイヤムーン産駒なんかと似た傾向で、たとえばマテラスカイは母母父がSharpen Up系なのでMixed Marriage5×6ですね





で、Mixed Marriageの母Persian MaidとHerbagerは、上のようにPradda≒Fairway=Pharos、Vasthi≒Vanille、Solario、Son-in-Lawが共通するなかなかニアリーな関係で、つまりHerbagerをもってくるとSpeightstownの希少な欧州A級血脈を刺激することができるわけで、これが薄いながらもニックスの根拠と言えるのではないかと

Phalaris
Fairway=Pharos
└△
 └Anchora
Phalaris
Pladda
└△
 └Anchora

Sans Souci
Vasthi
Vaya
 ┌Sans Souci
┌○
Vanille
Vaya
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『競馬血統年鑑2019』発売開始

2020-01-20 10:34:47 | お知らせ

(以下栗山ブログからコピペ)
6年前に初めて世に出た世界初の“競馬血統年鑑”。その最新刊が完成しました(7冊目です)。
http://miesque.com/c00063.html

著者は『覚えておきたい日本の牝系100』(スタンダードマガジン)、『覚えておきたい世界の牝系100』(主婦の友社)、『一から始める!サラブレッド血統入門』(KADOKAWA)などでおなじみの平出貴昭さん(サラブレッド血統センター)。中央、地方、海外の2019年の重賞結果を「血統」から徹底的に振り返ります。

たとえばJRA重賞なら、日付順、父系順、路線順、ファミリーナンバー順という各パートに再構成し、2019年の成績&血統をカラーで色分けした詳細表示で振り返れるようになっています。各項目すべて血統表を見ることができます。



地方競馬、海外競馬も同様です。たとえば、2019年のGalileo産駒のG1勝ち馬を調べたい場合、この本を見れば一発で分かるだけでなく、各馬の血統表も見ることができます。海外でいまどんな血統が流行っているのか、種牡馬ごとの成功する配合パターンがこの本によって簡単に把握できるというわけです。各国別リーディングサイアー表、父系図も完備しています。



著者による各項目の解説文も必見。個人的に仕事で活用することも多く、正直、これがないと困ってしまうほどです。血統に関心のある方、いや、すべての競馬ファンにお奨めしたいデジタル時代の究極の血統年鑑です。1200円。
http://miesque.com/shopping.html
…………………………………………………………………………
2018年版 http://miesque.com/c00053.html
2017年版 http://miesque.com/c00046.html
2016年版 http://miesque.com/c00039.html
2015年版 http://miesque.com/c00033.html
2014年版 http://miesque.com/c00027.html
2013年版 http://miesque.com/c00018.html

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

土曜のボツ予想~中山マイルならば

2020-01-18 09:22:51 | 血統予想

木曜から小倉に前乗りしたものの、専ら宿に引きこもって配合診断と種牡馬辞典のお仕事に追われております…土日は競馬場で打ってきます(・∀・)雨は上がったかな
あとノルマンディー二次からのピックは、栗山さんも私もひとまずなしということで…もうしばらく様子見もできそうなので



ニューイヤーは◎ジャンダルム
オータムHも◎やったのでコメントをそのまま流用
<ファリダットやフィドゥーシアの下で、母ビリーヴは高松宮とスプリンターズに勝った短距離女王。本馬は父が北米リーディングサイアーのKitten's Joyに替わり、きょうだいの中で最も配合が良いとほめてきた。センスの良さでクラシック路線でも好走をつづけたが、母方の血や体型からしてもマイラーと言うべきだろう。機動力型なのでマイル戦でも大箱だと脚の使いどころが難しいが、中山マイルでダメだったらいよいよ買うところがない>

NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」では愛知杯と紅梅Sと菜の花賞を予想していますので、今週もよろしくお願いします(競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」は栗山さんの担当です)


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

コメント (32)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1/11~13の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2020-01-14 14:46:46 | 共有クラブ

『ディープインパクト好配合リスト(2019)』で望田潤と栗山求がダブル推奨したサンクテュエール(牝3歳)が日曜京都11Rのシンザン記念(G3・芝1600m)を勝ちました。

サンクテュエール(牝、母ヒルダズパッション)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105485/
ジークカイザーやヴェルテアシャフトの全妹で、母ヒルダズパッションはバレリーナS(米G1・ダ7F)勝ち馬で、Nureyev≒Sadler's Wellsの3/4同血クロス4×3とSecrettame≒Sir Ivorのニアリークロス3×4。兄たちはPOGでも一口でもピックしてこなかったが、ヒルダズパッションの仔は牝のほうが走りそうなイメージもあるので、ここで指名してみたい。機動力ある1800型だろう。(望田)

サンクテュエール(牝・母ヒルダズパッション)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105485/
キャロットクラブで募集価格8000万円。ジークカイザー(1600万下)、ヴェルテアシャフト(1000万下)の全妹、Yoshida(米G1ウッドワードS/父ハーツクライ)の4分の3妹。母ヒルダズパッションはバレリーナS(米G1・ダ7f)など5重賞を制し、ガルフストリームパークのダート7ハロンのトラックレコード(1分20秒45)を樹立した。スピード馬だがNureyev≒Sadler's Wells4×3という重厚な4分の3同血クロスが核となっており、それが自身の競走能力の基盤でありYoshidaのような一流馬を出せる繁殖能力の担保ではないかと思われる。全兄2頭は重賞クラスに届いていないが、母の能力が高いのでもっと上のクラスの競走馬を出せる可能性は十分ある。牝馬なので兄よりも柔らかく出ればおもしろい。(栗山)

『一口馬主好配合馬ピックアップ(2018)』で望田潤が推奨したスペロデア(牝3歳)が月曜京都3Rの新馬戦(ダ1800m)を勝ち上がりました。

★ノルマンディーオーナーズクラブ(二次)
父エスポワールシチー
母サクラフォルトゥナ(サウスヴィグラス)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017101700/
牝 募集価格:1000万円
母サクラフォルトゥナはJRA1戦1勝。サウスヴィグラスの産駒らしくダ1200mでデビュー勝ちを飾っています。そこにゴールドアリュールの代表産駒でダートの大レースを勝ちまくったエスポワールシチーが配され、体つきなどは母方の影響も強くダートのスプリンターとして上級に出世するとみました。エスポワールシチー産駒は母系にMr.Prospectorの血を引く配合が走っており(ショーム、メモリーコウ、マイネルオスカル、コーナスフロリダなど)、フォーティナイナー系との配合も羽田盃のヤマノファイトなどが出ています。(望田)

『一口馬主好配合馬ピックアップ(2018)』で望田潤が推奨したセレンディピア(牡3歳)が月曜中山1Rの未勝利戦(ダ1200m)を勝ち上がりました。

★ノルマンディーオーナーズクラブ(4次)
父フレンチデピュティ
母キシュウグラシア(フジキセキ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017106640/
牡 募集価格:1960万円
Deputy Minister系×フジキセキ系はカネヒキリ、ミラクルレジェンド、ホワイトフーガなどが出た有名なダート黄金配合。当クラブにおいてもルールソヴァール(フレンチデピュティ×フジキセキ)とシークエル(クロフネ×フジキセキ)の2頭ともJRA勝ち馬となっています。また岡田牧雄・昭利氏名義の所有馬でも出走3頭中2頭がJRA勝ち馬で、岡田スタッドの生産馬ではサウンドトゥルー=ルールソヴァール、シークエル、ファイティングピサと、これまた出走4頭全てJRA勝ち馬となっています。ダート向きの力馬っぽさをよく表現できる配合で、こういうタイプを仕上げて使い込む手腕は牧雄氏の右に出るものはいないと言ってもいいでしょう。本馬は代々の配合もよく、実馬も特に欠点は見当たらないので、この高確率なデータと実績を信用できるとみました。(望田)

『望田潤のPOG好配合馬リスト(2019)』で望田潤が推奨したリョウガ(牡3歳)が月曜中山3Rの未勝利戦(ダ1800m)を勝ち上がりました。

リョウガ(牡・父Dubawi・母ジェニーリンド)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017110022/
フリートストリートの半弟。Dubawi×Singspielの組み合わせは30頭に満たない出走数から、Left Hand(ヴェルメイユ賞)、Too Darn Hot(デューハーストS)、Old Persian(ドバイシーマクラシック)、Wuheida(BCフィリーアンドメアターフ)と4頭のG1馬が出ている注目のスーパーニックスだ。Zomaradah≒In the Wingsのニアリークロスがその根拠で、日本でもモルジアナ(4勝)、ティップトップ(3勝)と出走2頭とも上級。(望田)

日曜中山8R500万下 アメリカンツイスト(一口&POG・望田)
月曜中山11RフェアリーS3着 ボレンティア(一口・栗山)

--------

これでノルマン3歳世代のピックは、アブレイズヒーロー、セレンディピア、スペロデア、ミーハディビーナと全部勝ち上がりました(・∀・)よかったよかった



セレンディピアはフレンチデピュティ×フジキセキの砂黄金配合でもちろん実馬もチェックしてのピックでしたが、牧雄さんがセリで落としたフレンチデピュティ産駒というだけである程度信が置けますよね
以下のようにフレンチデピュティの血を引くノルマン馬はなかなか高確率で走っており、フレンチの力馬っぽさを受け継いだダート馬を見出し育てる手腕は日本一と言ってもいいかと(ちなみにサウンドトゥルーやリッカルドも岡田スタッド産で、ゴールドドリームはノーザン産で吉田勝己氏名義ですがレックスプロの所有)







コメントに書いたようにリョウガを推奨したのはDubawi×Singspielの黄金配合に他ならず、上のようにZomaradah≒In the Wingsのニアリークロスがその根拠
このニアリークロスはJRA出走5頭中4頭が勝ち馬(3頭が準オープン馬)と日本でも高確率で成功しており、ティップトップとモンテグロッソは3/4同血ですが、Dubawiだけでなくモンテロッソでも成功しています

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『日本のG1馬父系図1932-2019』

2020-01-14 09:26:06 | お知らせ

以下、栗山ブログよりコピペ

平出貴昭さんの電子書籍『日本のG1馬父系図1932-2019』が発売されました。昨年発売された『日本のG1馬父系図』の最新版で、2019年のレースを追加したものです。
http://miesque.com/c00062.html



対象レースは、1984年以降にG1格付けされたJRA24レースにビクトリアCを加えた25レースと、地方で行われたダートグレード競走のG1/Jpn1・11レースの計36レース。延べ1358頭の膨大な父系図になりました。さらに今回からは、日本調教の海外G1馬延べ43頭も対象としています。



巻末には過去レースの勝ち馬一覧を、概要とデータ(JRAのみ)付きでまとめました。日本の競馬史、血統史を学ぶのに最適なデータです。ぜひオススメです!
http://miesque.com/shopping.html



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

月曜のボツ予想~良血ディープ対決、ヒモ穴はハービン×キンカメのイン差し

2020-01-13 10:25:53 | 血統予想

先ほどノルマンのピック馬セレンディピアが勝ちましたが、もちろん血統表だけでなく馬もチェックしての推奨ですが、牧雄さんが落としたフレンチデピュティ×フジキセキ、というだけである程度信用置けますよね、お家芸というかね(・∀・)
その勢いでハッシーとこのキンシャサ×クロフネの初ダを狙ったら全然ダメでしたが…



京都最終は▲アルテラローザvs▲ディープインラヴ、レディアルバローザvsラヴアンドバブルズ、良血ディープの対決が楽しみなレース
よく書いている持論ですが、たとえばクロウキャニオンやマンデラやウィキウィキなんかは、ディープインパクトとの配合では牡のほうが競走馬として成功しやすい、というのが私の考えです(ディープ×ヒルダズパッションは牝のほうが走るという読みでPOG指名しましたが)



今の京都の馬場ならば、△アドマイヤリーブラのイン差しと△コパノケネディーの逃げがヒモで有力ですかね

他のレースはこれから考えますが、NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」と競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」ではフェアリーSと寿Sを予想していますので、月曜もよろしくお願いします


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

コメント (52)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする