栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2021-2022」

10/16,17の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2021-10-19 10:05:50 | POG

■『ディープインパクト好配合リスト(2020)』で栗山求が推奨したアカイトリノムスメ(牝3歳)が日曜阪神11Rの秋華賞(G1・芝2000m)を勝ちました。

○アカイトリノムスメ(牝・母アパパネ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2018104903/
ジナンボー(新潟記念-2着、小倉大賞典-3着)、ラインベック(東京スポーツ杯2歳S-3着、ホープフルS-4着)の全妹。母は牝馬三冠に加えて阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)とヴィクトリアマイル(G1)を勝った名牝。「ディープ×キングカメハメハ」はワグネリアンやデニムアンドルビーをはじめ多くの活躍馬が出ているニックス。上は気性的に難しいところが垣間見えるので、牝馬に替わってそのあたりが懸念されるところではあるが、問題なければ重賞級だろう。(栗山)

■『望田潤のPOG好配合馬リスト(2021)』で推奨したバルムンク(牡2歳)が日曜阪神1Rの未勝利戦(ダ1400m)を勝ち上がりました。

バルムンク(牡・父ヘニーヒューズ・母グロッタアズーラ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019101236/
セレクションセールで4070万円で落札。ドンフォルティスの全弟で、近親にミスティックアイズなどが出る牝系。これは育成時からちょくちょく見てますが、馬っぷりは全兄より上とずっと言われてました。ヘニーキセキはドンフォルティスやプロミストリープなどが出ているが、母系にSeattle Slewをもつヘニー産駒もスマートアルタイルなどが出て勝馬率50%とよく走る。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2020)』で栗山求が推奨したウインマーベル(牡2歳)が日曜新潟2Rの未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がりました。

★ウインレーシングクラブ
父アイルハヴアナザー
母コスモマーベラス(フジキセキ)
牡 募集価格:1400万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019100213/
ウインジェルベーラ(函館2歳S-2着)、ウインアイルビータ(現1勝)、ウインオーサム(現未勝利)の全弟です。母コスモマーベラスはターコイズS(OP)を2連覇したほか愛知杯(G3)で2着という成績を残しました。その一方で、母としては気性的な難しさを伝えるところがあり、ウインオーサムは去勢されています。本馬は動画を見るかぎりそうした点は見られません。ただ、現時点では後肢の力が弱いように感じます。そのあたりが値段の安さにつながっているのかもしれません。「アイルハヴアナザー×フジキセキ」は連対率38.0%、1走あたりの賞金額338万円というニックス。Last Cause≒Millicent4×5が利いている可能性があります。5月8日生まれなので成長の余地があり、後肢の踏み込みの甘さが改善してほしい――という期待込みではありますが、この値段ならそんなギャンブルを許容してもいいのではないかと思います。芝・ダート兼用のスプリンターでしょう。(栗山)

■土曜新潟9R1勝クラス ミスビアンカ(一口・望田&栗山)
■土曜東京10R白秋S スカイグルーヴ(一口・望田)
■土曜新潟12R飛翼特別 クルークヴァール(POG・望田)
■土曜阪神12R2勝クラス ヴァルキュリア(一口・望田&栗山)
■日曜阪神7R2勝クラス ヴォワドアンジェ(POG・望田)
■日曜阪神8R2勝クラス スペースクラフト(POG・望田)



土曜東京で新馬勝ちしたライラックは、ブラックホール(父ゴールドシップ)やミラクルブラッド(父ドリームジャーニー)の妹で、ステイゴールド系×ヴィーヴァブーケはハズレなし
下記のようにステイゴールドとブルーリッジリバー(桜花賞2着)はサンデーサイレンスとノーザンテーストとWorden≒Le Fabuleuxが共通するので、ニックスの根拠としては有力ではないかと







ちなみに「血統表中にステイゴールドとフジキセキを併せ持つ馬」を検索してみた結果が上表ですが、長打力は出てますかね…Wild Risk激気性でウワーッと行く馬も何頭かいますな
あとよく書いている話ですが、ステゴ系×キンカメ系はナスペリオン的ストライドがONになりがちなので、オルフェ産駒でもわりと大箱向きに出やすいですよね

コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする