栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2019-2020」

土曜のボツ予想~短距離向きカナロア牝駒

2019-08-31 09:06:40 | 血統予想

札幌スポニチは◎フォレブルート
母プリームスはフジキセキ×フレンチデピュティでダートで3勝、こういうWar Relic≒Eight Thirty≒Good Example的な牝馬にカナロアを配すると、締まりの強い体質と伸びのない体型がONになりやすく、つまり短距離やダートに振れやすいです



そもそもカナロア牝駒は短距離に振れやすいのですが、アンヴァルは母父フレンチデピュティ、アンフィトリテは母がフジキセキ×トキオリアリティー、クインズチャパラは母父クロフネ、サラドリームは母母父Unbridled's Song、あと牡ですが日曜の小倉2歳に出るテーオーマルクスは母がフレンチデピュティ×フジキセキですね
HBCの前半3F11.9-10.4-11.0(33.3)はかなり速いので、ここなら鼻歌交じりでハナを切れるだろうと

NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」では札幌2歳Sと日高特別と新潟1Rを予想していますので、今週もよろしくお願いします(競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」は栗山さんの担当です)
さてこれから競馬場へ、2歳S見てきます


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

コメント (18)

「一口好配合ピック」キャロットから栗山が11頭ピック

2019-08-29 17:12:51 | 共有クラブ

おかげさまで今年も好評をいただいている「一口馬主好配合馬ピックアップ(2019~2020)」、昨日キャロットクラブから栗山が11頭ピックしましたのでよろしくお願いします
http://miesque.com/c00061.html

私は9/6の募集場見学ツアーに参加しますので、そこで実馬を確認したあと9/9にはピックしますので、もう少しお待ちください m(_ _)m

現在シルク(16)、キャロット(11)、ジーワン(10)、東サラ(6)、グリーン(4)、ウイン(3)、ユニオン(2)、友駿(1)、ラフィアン(1)、あとノルマン4次から2頭、計56頭ピックしています

今週の新馬は土新5バルバレスコ(一口)、土新6エイシンバッカス(POG)、日小5ヴェルトライゼンデ(POG)、Yarn=Preach3×3のバッカスは坂路動いて戸崎、人気になりそうやん…

コメント (9)

8/21~25の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2019-08-26 10:00:11 | 共有クラブ
『一口馬主好配合馬ピックアップ(2017)』で望田潤と栗山求がダブル推奨し、『望田潤のPOG好配合馬リスト(2018)』で望田潤が推奨したマイネルメーア(牡3歳)が水曜名古屋9Rの名古屋CCライム賞(JRA交流競走)を勝ち上がりました。

★ラフィアンターフマンクラブ
父ゴールドアリュール
母パシフィックベル(アフリート)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104224/
牡 募集価格:2800万円
母パシフィックベルはフラガラッハなどを産んでいる名繁殖スキッフルの半妹にあたり、産駒はメジロシーゴー(JRA3勝)、メジロチャンプ(JRA3勝)などコンスタントに走っています。ゴールドアリュール×アフリートはランウェイワルツやサイモントルナーレなどと同じで、Nureyevのクロスはクリソライトやシルクフォーチュンなどと同じ。全体としてもゴールドアリュールのダート馬として満点に近い配合パターンといえます。実馬も何度か見せていただきましたが、ダートのマイラーとしてオープンを狙える芯の強さを感じました。安くない募集価格ですがイチオシしたい馬です。(望田)
【10月12日追記】
母パシフィックベルはパワー型のスピード配合なので、父ゴールドアリュールといかにも合いそうな繁殖牝馬です。本馬はNureyev3×3。同じ配合からシルクフォーチュン(根岸S、プロキオンS、カペラS)が出ているので問題ないでしょう。Nureyevはゴールドアリュールと相性が良好です。母は近い世代にMr.Prospector、Northern Dancer、Shoot a Lineを併せ持っているので、ダート向きの名種牡馬サンダーガルチ(米二冠馬でバトルラインの半兄)とよく似た配合構成です。「ゴールドアリュール×サンダーガルチ」の組み合わせからは今年のユニコーンS(G3)を勝ったサンライズノヴァが出ています。どこをどう切っても好配合なので、確実に走ってくるでしょう。(栗山)

マイネルメーア(牡・父ゴールドアリュール・母パシフィックベル)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104224/
メジロシーゴー、メジロチャンプ、メガポリゴンの下。母父がMr.Prospector系でクロスがNureyev3×3というのはゴールドアリュール産駒の成功パターンだ。ガッチリ筋肉質の短距離体型で、2歳の早期からダ短距離をビュンビュン逃げてアフリート魂全開だろう。(望田)

『一口馬主好配合馬ピックアップ(2017)』で栗山求が推奨したレッドシルヴァーナ(牝3歳)が土曜小倉6Rの未勝利戦(ダ1700m)を勝ち上がりました。

★東京サラブレッドクラブ
父ロードカナロア
母シルバーフォックス(母の父クロフネ)
牝 募集価格:2600万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104499/
全姉に2歳未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったレッドシャーロットがいます。母シルバーフォックスはトリップ(ジャパンダートダービー-2着、弥生賞-2着)の全姉、2代母ビーポジティブはトゥザヴィクトリーの全妹でクイーン賞(G3・ダ1800m)の勝ち馬、という良血です。新馬戦を勝ったトゥザフロンティア(1戦1勝)とは父が同じで母同士が全姉妹なので、ほぼ4分の3同血といえる関係です。いまのところロードカナロア産駒はSpecial牝系、Hyperion血脈の強いもの、Ribot血脈、Prince Johnなど、重厚さを増す配合が成功しています。本馬はNureyev5×3でHyperion色の強い配合構成なので、成功パターンに当てはまります。芝向きのスプリンター~マイラーとしてコンスタントに稼いでくれそうです。(栗山)

『望田潤のPOG好配合馬リスト(2018)』で望田潤が推奨したマイサンシャイン(牡3歳)が土曜札幌3Rの未勝利戦(ダ1700m)を勝ち上がりました。

マイサンシャイン(牡・父ゴールドアリュール・母フラッテローザ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104832/
母はフリオーソの全妹。母系にRobertoとMr.Prospectorが入るのはコパノリッキーと同じ。Mr.ProspectorとNureyevが入るのはクリソライトと同じ。紛れもないゴルア黄金配合で、全姉ゴールドステップは未勝利に終わったが、待望の牡だから砂の大器の期待が膨らむ。帝王賞を3連覇ぐらいしても驚けない血統だ(帝王賞は期間外ですね)。(望田)

日曜新潟8R500万下 グラマラスライフ(POG・望田)

--------

マイネルメーアはサマーセール前にレイクヴィラさんちで見せてもらって、ゴールドアリュール×アフリートでAureole≒ハイハット7×5だからおそらく馬群ダメだろうけど、ゴルア黄金配合でこの出来ならば期待できるんじゃないかと言ってたんですよね
だからレイク勢と顔を合わすたびに「メーアなかなか走らんですねえ…」「もうハナに行くしかないんかなあ…」みたいなのが挨拶代わりになってましたが(^ ^;)、ここまで[1-0-1-5]でハナ切ったときは[1-0-1-0]、今後はダッシュ力に磨きをかけるか、あるいは番手でも我慢できる精神力を身につけていくか、ですかね





マイサンシャインもようやく勝ち上がりましたが、オジオコPOGでゴルア枠はこれとクリソベリルで迷って、この二択を間違わなければ連覇やったのに…と悔しがっても後の祭り(^ ^;)
まあスキッフルの牝系もフリオーソ産駒も概ね晩成なので、これからの成長には大いに期待しています

何度か書いてるネタですが、ゴールドアリュールはVaguely Nobleを引くのでスマファル師匠のように逃げると異常に頑張るような気性の産駒が多く、「ダートで逃げたときの勝率ランキング(2015年以降,出走50以上)」では第4位ですね

コメント

日曜のボツ予想~夏場の1400、単騎逃げ

2019-08-25 10:22:26 | 血統予想

新潟は昨夜けっこう降ったようで現在稍重発表
朱鷺は▲メイソンジュニアはSir Gaylordが多い配合で、古馬になってから好走したのは、バーデン3着も下関1着も平坦で自身の上がり35秒で間に合うレース
ここもそんなレースになりそうなので食指が伸びますが、オッズを見ると更に人気がない◎ツーエムマイスターに更に食指が



パラダイスで◎にしたときのコメントがそのまま使えるのでコピペすると「1400で逃げたときは[3-2-1-4]、重のSTV賞(札幌1500)を逃げ切ったことがあり、また母がNever Bendのクロスなので6~9月[3-2-1-1]の夏馬でもある。去年は仲秋で◎を打ったのが改心だったが、トミケンは外枠なら番手でOKなのでここはハナ切れるとみて狙う」
○ショウナンライズは外枠なのでここもパラダイスのように番手でかわいがってくれそうで、ひとまずこの3頭中心で組みたいです



千歳は◎ロードラナキラ
未勝利勝ちが京都内1400稍重で相手がメイケイダイハードとミトノアミーゴですから、1勝クラスならなかなか威張れる実績
そこから条件が合わないレースを使われつづけて成績はあがっていませんが、母がHalo3×3で自身はスカーレットブーケ≒Storm CatのニアリークロスとIn Realityのクロスなので、カナロア産駒でも締まりの強い体質でパワーと機動力で走るマイラー
雨が降ったりやんだりの札幌1500というのは未勝利勝ちと酷似した条件といえるので、メイケイダイハードと叩き合ったぐらいのパフォーマンスは期待できるかと

他のレースはこれから考えますが、NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」と競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」では新潟2歳SとキーンランドCとWASJ第4戦を予想していますので、日曜もよろしくお願いします

http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

コメント (39)

土曜のボツ予想~Bold Rulerな差し

2019-08-24 09:37:58 | 血統予想

西海は◎ルタンブル
エイシンフラッシュ産駒には珍しく馬群OKのタイプで、わりと長手の体型なんですがBold Ruler的な無駄のない捌きで走るので、小倉2戦2勝の秘密はこのあたりではないか、と



他のレースはこれから考えますが、NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」と競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」ではWAJ第1戦、WAJ第2戦、ルスツ特別を予想していますので、今週もよろしくお願いします


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

コメント (15)

「一口好配合ピック」グリーンから計4頭ピック

2019-08-23 08:57:52 | 共有クラブ
おかげさまで今年も好評をいただいている「一口馬主好配合馬ピックアップ(2019~2020)」、グリーンファーム愛馬会から栗山が2頭、望田が2頭ピックしました
http://miesque.com/c00061.html
現在シルク(16)、ジーワン(10)、東サラ(6)、グリーン(4)、ウイン(3)、ユニオン(2)、友駿(1)、ラフィアン(1)、あとノルマン4次から2頭、計45頭ピックしています
次はキャロットですね、6日金曜のツアーに参加するので、ピックは9日月曜になると思います





サマーセールに顔出してたついでに、ヨハネスブルグ×ツァーリーナに会ってきました
薄い牝馬ですが体の線がきれいで、東京ダ1400ベスト、芝もいけそう、まあだいたい血統どおりのイメージですかね、馬主さんも決まって来年の中央デビューが待たれます
一足先にデビューしたニシノレオニダス(Yarn=Preach3×4)が荒削りながらも能力を見せているし、エイシンバッカス(Yarn=Preach3×3)も入厩済で坂路でなかなか動いてるので、ますます楽しみになりましたね~と上野さんと盛り上がっとります(・∀・)
こちらはツァーリーナとリーチザクラウンの当歳牡



インターナショナルSの予想は今夜、このエントリのコメント欄にでも書き込みますかね、今度はシュヴァルグランはもうちょっとやれると思ってますが

日曜はブラストワンピース(父ハービンジャー)が札幌記念を完勝、5Rではホウオウピースフル(父オルフェーヴル)が新馬勝ち、ツルマルワンピースが名繁殖ぶりを見せつけた一日でした
3歳のヴィクトリアピース(父ヴィクトワールピサ)も2戦1勝で、違う種で出走産駒3頭とも新馬勝ちというのも素晴らしい



ツルマルワンピースの配合を改めて解説すると

トライマイベスト=El Gran Senor4×3
Mill Reef≒Millicent5×5
Raise a Native4×5
Graustark6×4

父キングカメハメハがNorthern Dancer4×4・6
母母エラティスがNative Dancer4×4
母父フジキセキはアウトブリードでNorthern Dancerなし

 ┌Nasrullah
┌○
Mill Reef
└Milan Mill
  ┌Nasrullah
 ┌○
┌○
Millicent
└Milan Mill

「全きょうだいクロスと3/4同血クロス」「3/4と1/4」「緊張と緩和」、笠理論の根本をこの一枚の血統表で全て語れます
いつも書くように、名馬よりも名種牡馬や名繁殖に名配合は多いもので、ブラストワンピースではなくツルマルワンピースをつくるのが血統屋のお仕事なんですよね
コメント (7)

8/15~18の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2019-08-19 10:01:05 | 共有クラブ
昨夜は「ふる里札幌総本店」にて、社台コーポレーション細田さん、社台スタリオン三輪さん、そして栗山求ちゃんと、4人で5時間ぐらい飲んでましたかね、いや濃い5時間でためになる話や面白い話ばかりでしたが、そのうちブログでも何かに包んで小出しにしていきます(・∀・)



『一口馬主好配合馬ピックアップ(2015)』で栗山求が推奨したアンデスクイーン(牝5歳)が木曜門別のブリーダーズGC(Jpn3・ダ2000m)を勝ちました。

★グリーンファーム愛馬会
父タートルボウル
母レイナカスターニャ(キングカメハメハ)
牝 募集価格:1000万円
http://www.jbis.or.jp/horse/0001191098/pedigree/
母レイナカスターニャは1勝馬ながらアロマティコ(秋華賞-3着、エリザベス女王杯-3着)の全妹にあたるので、繁殖牝馬として期待できる存在です。本馬の父は新種牡馬タートルボウル。現役時代にジャンプラ賞(仏G1・芝1800m)とジョンシェール賞(仏G3・芝1600m)を勝ち、種牡馬としては Lucayan(仏1000ギニー)、French Fifteen(クリテリウム国際、英2000ギニー-2着)などを送り出しており、現1歳世代が日本における初年度産駒となります。母は「キングカメハメハ×サンデーサイレンス」で、父はMr.ProspectorもLa Troienne も、もちろんサンデーサイレンスも持たないので、日本が誇るこの良血の組み合わせは新しい活力としてインパクトが大きいでしょう。それでいて、Night Shift≒ノーザンテースト3×4、Green God≒ペルースポート5×4(Dyhim Diamond≒アンデスレディー2×3といってもいいでしょう)という相似な血のクロスを持ちます。父の成功パターンは現時点では手探りの部分がほとんどですが、手堅く走ってくるのではないかと思わせる構造を孕んでいます。1000万円ならば乗ってもいいかなという気がします。芝向きの中距離タイプでしょう。(栗山)

『一口馬主好配合馬ピックアップ(2018)』で栗山求が推奨したボレンティア(牝2歳)が土曜札幌5Rの新馬戦(芝1500m)を勝ち上がりました。

★シルクホースクラブ
父ハーツクライ
母ポーレン(Orpen)
牝 募集価格:2000万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105144/
母の父Orpenは2歳時に芝6ハロンの仏G1を勝ったDanzig系のスピードタイプで、サトノダイヤモンドの母の父でもあります。Orpenの母Bonita Francitaは名牝Coup de Folieと4分の3同血で、Bonita Francitaの父Devil's BagはGlorious Songの全弟。したがって、Coup de FolieとGlorious Songを併せ持つハルーワスウィート(シュヴァルグランの母)と似ています。また、Coup de FolieとDanzigを併せ持つドリームモーメント(ロジクライの母)とも似ています。さらに、2代目にDanzigとDevil's Bagを並べている点はヴァーチュ(ワンアンドオンリーの母)とそっくり。適正距離が長めのハーツクライは母方にスピードが欲しいタイプでもあり、これを満たしているOrpenとは好相性を示すのではないかと思います。母はパークエクスプレスS(愛G3・芝8f)の勝ち馬。1600~2400mの幅広いレンジで活躍しそうです。(栗山)

日曜札幌11R札幌記念3着 フィエールマン(ディープ・栗山)

--------

前にノーザンに馬見せてもらいにいったときに、アンデスクイーンのチームでもある西園先生と空港A-3厩舎の東谷さんと昼飯食いながら、「アンデス知り合いが何人か持ってるんですけど、いつも一生懸命走るし、勝つときはほんとに感動的な勝ち方しますよね~」という話をしてたんですが、わりと淡白な性格が多いタートルボウル産駒らしからぬ毎度毎度の頑張りは、ノーザンテースト譲りの勝負根性というべきでしょう



タートルボウルは父も母も自身も強いクロスを持たないのであまり自己主張の強い種馬ではなく、海外での代表産駒French Fifteen(英2000ギニー2着,母はHabitat4×3)とLucayan(仏2000ギニー,母Northern Dancer4×4・5)、日本での代表産駒トリオンフ(母Northern Dancer4×4)とアンデスクイーン(母Northern Dancer5・5・7×4)、いずれも母が血量4×4以上の強いクロスを持っています
2歳では函館2歳2着のタイセイビジョンがいますが、これも母ソムニアがNorthern Dancer5×4・5・6ですね

そうそうグリーンのピックは今週中にはやります



コメント (2)

日曜のボツ予想~オルフェ×Monsunが気分よく

2019-08-18 10:09:51 | 血統予想
阿賀野川は3歳2頭がが人気、○プランドラーはなかなか弱点の少ない中距離馬ですが、ここは緩まず流れて持続戦になりそうで、「Hyperion+Lyphard」的にしぶとい◎ホウオウサーベルが好位から踏ん張るとみました
私が見た最もLyphard的な馬はバブルガムフェローかもしれないですが、前受けのまさに正攻法で秋天を勝たせたのが蛯名でしたね



西部スポニチも3歳2頭の一騎打ちというオッズで、たしかにどちらもオープン級やと思いますが、ディープとDarshaanのイメージどおりの脚長しなやかストライドで差す○ゴータイミングよりも、オルフェ×Robertoのイメージどおりの走りでコーナー4つ中距離で更にパフォーマンス上げそうな◎アンドラステ、という結論
オルフェ×Monsunですから前走の挙動をみてのとおり難しい気性のようですが、Worden≒Le Fabuleux気性がONになって押さえがきかなくなってる△タガノアスワドがここも58秒で離して逃げるとなると、離れた番手で59秒でハナ切ってるような展開なら気分よく走ってくれるのではないかと





小樽は◎パラーティウム
8/11と7/27の平場の再戦というメンバーですが、そこでハナ切っていた馬や先行していた馬がけっこう抜けたので前有利とみれば、ここ3走芝部分でのダッシュが光るこの馬に狙いが
パッと見Gone West的なスプリンターという感じで、芝1200で更にパフォ上げられるイメージもあります

他のレースはこれから考えますが、NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」と競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」では札幌記念と北九州記念とクローバー賞を予想していますので、日曜もよろしくお願いします

http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html
コメント (34)

土曜のボツ予想~ Never Bend肩の夏馬

2019-08-17 09:02:31 | 血統予想

マイネルダビテ(87年共同通信杯)があのシンザンを超えて、JRA重賞勝ち馬の最長寿記録を更新…というニュースが
以下のパカラさんちの記事では「岡田スタッドの窮地を救ったマイネルダビテ」というエピソードが読めます
牧雄さんと総帥と土井さんで競った「新和ダービー」が、マイネルダビテとコスモダビンチとヤマニンアーデンの3頭立てだったというのもすごい話(・∀・)

【牧場の歴史 vol.03】岡田スタッドグループ編
https://pacalla.com/article/article-2371/





サラブレッドの長寿記録を更新中だったシャルロット(競走名アローハマキヨ)は先日40歳で死亡しましたが、前にも書いたように、長寿のサラブレッドってHyperionやGainsboroughのラインの血が強いことが多いと思うんですよね

チャイナロックは29歳で死んだ年も種付をつづけていたという逸話があり、シンザンはGainsborough4×4だし、Lady Angela3×2のノーザンテーストも33歳まで生きました

--------

日本海は◎ステイパーシスト
ステイゴールド×アグネスデジタルですから小脚がきく配合で、全4勝が内回り小回り
また桜花賞馬オグリローマンの孫でブレイヴェストローマンからNever Bend肩を受け継いだ夏馬でもあり、6~9月は[2-0-0-1]で着外はG2セントライト
札幌2600の阿寒湖でリッジマンを、新潟内2400の出雲崎でカレンラストショーを負かしており、「夏場の小回り芝中距離」というカテゴリでは準オープン勝ち負けまで期待できる実績の持ち主、○バレリオとステゴ丼が本線でしょう



オグリローマンといえば、稲葉さんちのシュンプウサイライとシーザシーの大喜利は年末まで絶賛受付中ですので、何か名案が浮かんだらよろしくお願いしますm(_ _)m

札幌は夜中降りましたが大したことない低気圧で、今は晴れ間も出ており特別の頃には良まで乾くかと
石狩は渋った馬場もこなしそうな○フォルコメンが圏内にはきそうですが、芝でも連対実績があり距離もマイルあたりが合いそうな▲ハッピーゴラッキーと、道営3歳では4~5番手評価も、ヤマニンセラフィム牝駒はJRAのデータでは芝向きで、母系からも芝1500でパフォーマンスを上げそうな予感がある◎ミスシェーンハイト、この2頭を絡めて穴狙いといってみるかと



他のレースはこれから考えますが、NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」と競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」では札幌日刊スポーツ杯と新発田城特別と小倉2Rを予想していますので、今週もよろしくお願いします


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

コメント (21)

8/10,11の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2019-08-12 16:45:01 | POG
『ディープインパクト好配合リスト(2015)』で栗山求が推奨したミッキーグローリー(牡6歳)が日曜新潟11R関屋記念(G3・芝1600m)を勝ちました。

ミッキーグローリー(牡・母メリッサ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2013103999/
セレクトセール当歳で落札価格6800万円。母メリッサは北九州記念の勝ち馬。父はスプリントタイプの繁殖牝馬と相性がよく、「ディープインパクト×ホワイトマズル」はスマートレイアーと同じ。アルザオ≒ダンシングブレーヴ3×3が光る。「父ディープインパクト、2代母の父トニービン」という構成もハープスターをはじめ成功例が多いパターンなので信頼性が高い。気性面の問題さえなければ芝向きのマイラーとして大成できそうだ。(栗山)

『ディープインパクト好配合リスト(2019)』で望田潤と栗山求がダブル推奨したサンクテュエール(牝2歳)が日曜新潟6Rの新馬(芝1600m)を勝ち上がりました。

サンクテュエール(牝、母ヒルダズパッション)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105485/
ジークカイザーやヴェルテアシャフトの全妹で、母ヒルダズパッションはバレリーナS(米G1・ダ7F)勝ち馬で、Nureyev≒Sadler's Wellsの3/4同血クロス4×3とSecrettame≒Sir Ivorのニアリークロス3×4。兄たちはPOGでも一口でもピックしてこなかったが、ヒルダズパッションの仔は牝のほうが走りそうなイメージもあるので、ここで指名してみたい。機動力ある1800型だろう。(望田)

キャロットクラブで募集価格8000万円。ジークカイザー(1600万下)、ヴェルテアシャフト(1000万下)の全妹、Yoshida(米G1ウッドワードS/父ハーツクライ)の4分の3妹。母ヒルダズパッションはバレリーナS(米G1・ダ7f)など5重賞を制し、ガルフストリームパークのダート7ハロンのトラックレコード(1分20秒45)を樹立した。スピード馬だがNureyev≒Sadler's Wells4×3という重厚な4分の3同血クロスが核となっており、それが自身の競走能力の基盤であり Yoshida のような一流馬を出せる繁殖能力の担保ではないかと思われる。全兄2頭は重賞クラスに届いていないが、母の能力が高いのでもっと上のクラスの競走馬を出せる可能性は十分ある。牝馬なので兄よりも柔らかく出ればおもしろい。(栗山)

『ディープインパクト好配合リスト(2019)』で栗山求が推奨したカトゥルスフェリス(牝2歳)が日曜新潟5Rの新馬(芝1800m)を勝ち上がりました。

◎カトゥルスフェリス(牝・母ステファニーズキトゥン)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105387/
サンデーサラブレッドクラブで募集価格8000万円。母ステファニーズキトゥンはブリーダーズCフィリー&メアターフ(米G1・芝9.5f)など米G1を5勝した芝の名牝で、Robertoクロスを持つKitten's Joy産駒、というニックス配合から誕生した。Kitten's Joyは芝向きでありながら北米リーディングサイアーとなった名種牡馬。母は血統構成が重厚でありながら末脚が切れたところが良く、この種の配合にありがちな鈍重さはないだろう。ディープインパクトはIntikhabと相性が良く、少ないサンプルからダノンプレミアム、サトノラーゼンといった活躍馬が出ている。本馬の2代母Unfold the RoseはIntikhabと配合構成が似ているのでおもしろい。芝向きの中距離タイプでクラシック向きの底力に恵まれている。(栗山)

日曜札幌10RHTB賞 カウディーリョ(一口・望田)

--------

カトゥルスフェリスは母がRoberto4×4にSadler's WellsにMr.Prospectorで自身はSir Ivor≒Terlingua5×5・5ですから機動力抜群で、脚捌きも半分Robertoという感じですからフラワーCとかクイーンSに向いたイメージですかね





サンクテュエールもEl Prado経由で母がNureyev≒Sadler's Wells4×3、自身はSir Ivor≒Secrettame5×4・5なので配合パターンは似ていて、こちらはまさにディープとEl Pradoのイメージで、動きが俊敏で無駄がなくてスローでビュンと反応できるタイプです

ちなみに母系にEl Pradoの血を引くディープインパクト産駒は、概して俊敏で気がいいからやと思いますが、新馬戦は[9-1-2-5]とメチャメチャ走るので、ちょっとばかり強い勝ち方をしても大騒ぎするのはまだ早いですぞ…と釘も差しておきましょうか(・∀・)
以下は新馬勝ちしたディープ×El Prado9頭の2戦目ですが、垢抜けた勝ち方で次走もだいたい人気に祭り上げられるんですが裏切りまくっとります(^ ^;)

ジークカイザー…若竹賞1着(4人気)
ブラゾンダムール…黄菊賞10着(1人気)
ヴェルテアシャフト…ゆきやなぎ賞9着(1人気)
ダイワギャバン…水仙賞4着(1人気)
ルヴォルグ…東スポ杯9着(1人気)
イルヴェントドーロ…エルフィンS6着(6人気)
キスラー…すみれS6着(3人気)
カトゥルスフェリス…
サンクテュエール…

カウディーリョはパドックで実馬を見るのを楽しみにしてたんですが、う~ん春とあんまり変わっとらんなあ…相変わらず牡馬にしてはペラく映るなあ…と
でも返しを見ると評価一変というか、ああこれはオープンにいく馬の動きやと思わせる
ポトリザリス牝系の男馬ですから俊敏に斬れる感じではなくて、バーンと弾けて圧勝するわけでもないんですが、未完成丸出しの体つきで渋く勝ちを重ねて5戦3勝ですからまだまだ奥はあるだろうと
コメント (6)