栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2019-2020」

今週の新馬戦

2014-07-31 17:23:59 | POG

日曜新潟5Rショウナンアデラ(デ)
日曜新潟6Rサザナミ(デ)、プレシャスメイト(ス)
日曜札幌5Rトーセンビクトリー(キ)、マイネルプロンプト(ク)
キ…「望田潤のPOG好配合リスト キングカメハメハ編」 ス…「望田潤のPOG好配合リスト ステイゴールド編」 デ…「ディープインパクト好配合リスト」 ク…「一口クラブ好配合ピック」

ショウナンアデラとサザナミは配合パターンもよう似てるんですが、「Northern Dancerクロスのパワーマイラーを母や母父とする牝馬」というのはディープPOGの王道(・∀・)

コメント (6)

「一口好配合ピック」グリーンから1頭ピック

2014-07-31 15:10:21 | 共有クラブ

先ほど「一口馬主好配合馬ピックアップ」グリーンファーム愛馬会から1頭ピックしました~
これからターファイト、友駿、東サラ、キャロット、シルク、ノルマンディーと、受付スタートに合わせてピックしていく予定です

札幌は今年一番の暑さで、もうさっきからビールが飲みたくて仕方ない(^ ^;)
今日は山芋があるのでフワトロお好み焼きでもつくろうかな(・∀・)

栗山求・望田潤の「一口馬主好配合馬ピックアップ(2014-2015)」が今年もスタート!
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/91ee59d9a34fc4535de14253cf34837f

コメント

「2歳勝ち馬評価」4頭更新&先週の雑感~ハービンジャーのスイートスポット

2014-07-29 14:25:09 | 配合論

先ほど「望田潤の2歳勝ち馬評価」先週ぶんを4頭更新しました~

種牡馬ハービンジャーについては、Northern Dancer4・6×4・5を持つだけにNorthern DancerについてOUTな牝馬との配合が望ましく、だからキングカメハメハやエルコンドルパサーと同じで母父サンデーサイレンスが有効な逃げ道になるだろう…ということをまず書いてきました

そしてもう一つ、キングカメハメハが高速芝向きの大物を出すのにラストタイクーンのナスキロ+Tom Foolを使って成功したように、ハービンジャーの場合はShareef Dancerの母が持つ「Tom Fool+ナスキロ」を増幅することが、パワー型すぎるデインヒル系を高速馬場向きにカスタマイズする有効な手段ではないか…ということも下記エントリで書いておきました

Shareef Dancerの母Sweet AllianceはAttica≒Tom Fool2×2

┌○┌Sir Gallahad
│└△
Attica
│┌Pharamond
└△
 └△
  └Alcibiades

 ┌Pharamond
┌○
│└Alcibiades
Tom Fool
│┌Bull Dog
└△

これまでJRAで出走したハービンジャー産駒は9頭いて全[2.2.1.8]、この馬券に絡んだ4頭、ジャズファンク(母父サンデーサイレンス)、スワーヴジョージ(サンデーサイレンス)、トーセンバジル(フジキセキ)、アキトオリオン(サンデーサイレンス)はいずれも母父が非Northern Dancerのサンデー系で、つまり母がNorthern Dancerに対してOUT

ジャズファンクはパドックで一見するとおおおデインヒル兄貴が歩いとるわいという骨格ですが、動かすと身のこなしが柔らかくて脚捌きに無駄がなくて手先が軽く俊敏で、直線でインからスルスル抜け出してくる脚はTom Foolそのもので、なるほどShareef Dancerをいじくったら、こんなにTom Fool的な体質脚質のハービンジャーも出るんやなあ…と
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2012104772/

血統表をご覧いただいきたいですが、Shareef DancerとCaerleonのところでNorthern DancerとSir Ivor≒Foreseerのクロスになっているのがポイントでしょう

 ┌Turn-to
┌○┌Princequillo
│└△
Sir Ivor
│┌○┌Sir Gallahad
└△└△
 │┌Pharamond
 └△

 ┌Princequillo
┌○
Foreseer
│ ┌Turn-to
│┌○
└△└△┌Sir Gallahad
 │ └△
 │  ┌Pharamond
 └△┌○
  └△

〈とりあえずサンデー系との配合ではSir Ivor≒Haloのニアリークロスになりますがこれだけでは心許なく、ニアリーSir Ivorな血、つまり「ナスキロ+Tom Fool的な組み合わせ」がもう一本ほしいところ
DroneとかCaerleon(Foreseer)とかStorm Cat(Terlingua)とか、A.P.Indy(Weekend Surprise)とかGone West(Secrettame)とかアフリート(Venetian Jester)とか、ダイワメジャーが醤油かけて美味そうに食ってる血はハービンジャーもだいたい好物やと思います(・∀・)〉

「2歳勝ち馬評価」先週ぶんを3頭更新&雑感少し
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/d3141f5cd2e67897df13fb31fd7abb1d

ちなみにShareef Dancerを持つ日本での活躍馬にはアドマイヤタイシ・ディサイファ兄弟、サドンストーム・ティーハーフ兄弟、ワールドインパクト、メイショウドンタク、ランヘランバ、マコトプリジャールなどがいますが、Sweet Allianceの「Tom Fool+ナスキロ」のいじり方をチェックしてみるとなかなか通じるものがあって面白い(・∀・)

スワーヴジョージは母母がNureyev×Sharpen UpなのでLady Juror的小脚でピッチを上げることには成功していますが、体質はかなりパワー型なので高速芝で斬れる脚を使えるかどうかがカギでしょう

トーセンバジルは3代母クラフティワイフのところにSecretariat×Tom Foolの組み合わせがあるのでShareef Dancerいじり配合で、ハービンジャー産駒にしては軽さもあるほうなのかもしれないですが、これもデビュー戦の内容はちょっとジリっぽかったかな

アキトオリオンは母母父Septieme CielがSeattle Slew系なのでShareef Dancerをいじってはいるのでですが、ジャズファンクやトーセンバジルほどの説得力には欠けるというべきでしょう

というわけで、「ハービンジャーのスイートスポットはShareef Dancerではないか」説がますます有力になってきたジャズファンクの新馬勝ちでした

新種牡馬といえば先週はバトルプラン産駒とヴァーミリアン産駒も中央初勝利、マイネルシュバリエは追い出すと実にしなやかなストライドで加速して、スローの逃げ切りですがゴール前は押さえる余裕でしかもまだまだ加速する脚色

バトルプランはニューオーリンズ(米G2・ダ9F)など北米6戦4勝、エンパイアメーカー×Flanders(BCジュヴェナイルフィリーズなど実質5戦5勝の名牝)という良血で、Mr.Prospector4×3とNorthern Dancer4×4を持つので父ほど配合の受けは広くないものの、父よりもしなやかな体質で本馬のような芝馬も出せるタイプではないかと書いてきましたが、今年の新種牡馬の中でもちょっと穴っぽい存在ではあります

おそらくエンパイアメーカーよりも芝向きの産駒の割合は高く、ダートは東京や中京の勝ち鞍が多くなりそうな予感

日曜の芝1200mを圧勝したノットフォーマルはヴァーミリアン×マンハッタンカフェでサンデーサイレンス3×3ですが、Kingmambo≒Majestic Princeのニアリークロス3×5でPasadoble≒Alleged5×5でもあります

このKingmambo≒Majestic Princeのニアリークロスにはサッカーマム(レディルージュやリラコサージュなどの母)、フェニックスバード(ダイワバーバリアンやストロングガルーダなどの母)、レディアルバローザ、トミケンアルドール、アーリーアメリカンなどがおり、またKingmambo≒クラウンドプリンス(Majestic Prince全弟)にはアンバルブライベンやミヤジエムジェイやイッシンドウタイやウインレックスなどがおり、両者のパワーがONになりやすいので短距離やダートに振れやすく洋芝や道悪も巧い、というニアリークロスですね

ノットフォーマルは距離短縮で一変しましたが、たしかにアンバルブライベンやミヤジエムジェイと重なるイメージの馬ではありますな

アッシュゴールドはきょうだいの中では最もノーザンテーストに似た体型体質ではないか…と書いてきましたが、動かすとソコソコストライドも伸びるので、まあ今回だけで断を下すのは早計やと思いますが、とりあえず“頑強タマモホットプレイ”と名づけて見守りたい(・∀・)

コメント (3)

クロペリオンよりも高打率なクロサンデーミスプロブサンダ(な、長い…)

2014-07-28 16:10:46 | 配合論

NETKEIBA「重賞の見どころ」(毎週月曜18時更新)では重賞競走の登録馬の中から、上位人気に支持されそうな馬について血統解説を書いています

今週はアイビスサマーダッシュとクイーンSの有力どころを3頭ずつ書いていますが、その原稿を書いているときに調べたネタで、直接馬券に関係ないものをここで紹介

アンバルブライベンの持つKingmambo≒クランドプリンス2×3のニアリークロス(Raise a NativeとNasrullah≒Royal ChargerとFlower Bowl≒Your Hostessが共通)についてまたまた洗いなおしていたら、サッカーマムもKingmambo≒Majestic Prince1×4を持つんですが(Majestic Princeはクラウンドプリンスの全兄)、これまで配合されてきた種牡馬の顔ぶれを見るとなかなかニヤリとさせられるものがあって、というのもブライアンズタイム(2回)、Swain、ワイルドラッシュ、マンハッタンカフェと、GraustarkやAlleged持ちの種牡馬が明らかに狙って選択されており(ネオユニヴァースやヴィクトワールピサも配されていますが)、つまりGraustarkをクロスしたりAlleged≒Pasadobleをクロスしたりすることで、Kingmambo≒Majestic Princeをいじってやろう…という狙いがうかがえるのですな(・∀・)

セイコーライコウのように「クロフネ×サンデーサイレンスで、母母のところにMr.Prospectorが入る」配合パターンには以下の既出走馬26頭がいますが、2勝以上をあげている馬(印◎)は全て母母のところにBusandaやBlue Eyed MomoやBusherといった「War AdmiralとLa Troienne」の組み合わせをもっています(印B)

一方で1勝馬(印○)や未勝利馬(印なし)群には、母系に「War AdmiralとLa Troienne」を持たない馬がけっこういるんですね

◎フサイチリシャールB
◎ブラボーデイジーB
◎セイコーライコウB
◎サイオンB
◎マデイラB
◎マイネルクロップB
◎アラフネB
◎ボンバルディエーレB
◎ミッキーオリーブB
○アカネイロB
○アドバンスペリー
○アラマサクロフネB
○ヴェルフェン
○クレバーオーロラ
○クロノロジストB
○プライマリーコードB
○マーベラスビジン
アプリカーレB
インプロージョン
グラスミント
ザナイトビフォーB
スクーデリアピサB
ピンクシャドウB
フェスティヴラン
フサイチワイバーンB
マイネルガリオン

「クロフネ×サンデー×ミスプロで母母にWar AdmiralとLa Troienneあり」は18頭中13頭が勝ち馬(勝ち上がり率72%)でうち半数の9頭が2勝以上をあげていることになり、これはクロペリオンほど一発大物は期待できないにしてもなかなか高確率なパターンと言うべきでしょう

一方「クロフネ×サンデー×ミスプロでWar AdmiralとLa Troienneなし」は8頭中4頭が勝ち馬で、2勝以上ゼロということになります

ちなみにクロフネ×サンデーの勝ち上がり率は211頭出走112頭勝ち馬で53%でした

コメント (1)

7/26,27の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2014-07-28 11:24:31 | 共有クラブ

■土曜中京3R未勝利戦 ベルフィオーレ(ディープ・栗山)
■土曜中京9R渥美特別 タイセイドリーム(ディープ・栗山)
■日曜福島8R500万下 ディスキーダンス(POG・望田)
■日曜中京11R中京記念3着 マジェスティハーツ(一口・栗山)

ディスキーダンスは福島2600mをひと捲りでしたが、ほんとにエリシオは肌に回ると、牡馬にはスタミナを伝えるんですよね~

キングジョージは英オークス馬Taghroodaが差し切って4戦4勝、3歳牝馬の勝利は38年ぶりの快挙とのこと

凱旋門賞は牝馬の斬れがモノをいうことも多いのですが、キングジョージはハーツクライがヘロヘロになったようにもっとタフネスが要求されるレースですから、たしかに快挙といえるかも

詳しくは下記栗山ブログへGOですが、父Sea the Starsが持つForeign Courier≒Hopespringseternalのニアリークロス3×3にDarshaanを合わせていて、なかなか重厚に斬れますな~
http://www.pedigreequery.com/taghrooda

まあ斬れると言ってもスローのJCで11.5-11.5では上がれないでしょうが、上がり12.0-12.0なら野太く斬れつづけるという牝馬やと思います

キングジョージ6世&クイーンエリザベスSは Taghrooda~栗山求の血統BLOG
http://kuriyama.miesque.com/?eid=1300

コメント

日曜の重賞回顧~58キロ、古豪の貫禄

2014-07-27 17:16:02 | 血統予想

中京11R 中京記念
◎5.フラガラッハ
○7.ブレイズアトレイル
▲9.クロフネサプライズ
△14.ミッキードリーム
このレースを連覇中の◎は体型やフォームは父デュランダルにはあまり似ておらず、母スキッフルがジャングルポケットと同じトニービン×ヌレイエフでここからナタの斬れ味を受け継いでいる。昨年の2着馬△もキングカメハメハ×トニービンだからヌレイエフとトニービンの組み合わせを持ち、開催最終週のタフな馬場の芝マイル戦ではこのナタの斬れがモノを言うのだろう。今年は更にハンデを背負うが、最近は中距離でも折り合ってひと脚使えるようになっており、今なら中団のインぐらいで我慢して差す競馬ができるのではないかと思うし、追い切りの動きは絶好に見えた。○はダイワメジャー産駒だが母系のカロの影響でなかなか重厚に斬れるから、今の時計がかかり力の要る馬場はピッタリ、▲もチューリップ賞圧勝の外マイルはベストで、マイネルラクリマの近親でクロフネ×トニービンなら今の馬場も合う。 

札幌11R エルムS
◎2.ブライトライン
○3.ソロル
このレースはエスポワールシチー、ランフォルセ、オーロマイスター、トーセンブライト、メイショウトウコンと、ロベルトとスペシャルを併せ持つ馬が強いレースで、この組み合わせは小回りコースを捲るようなパワーをオンにするのでそれも頷けるものがある。今年のメンバーでは○が父シンボリクリスエス(ロベルト系)、母がゴールドアリュールの全妹(母父ヌレイエフ)だからランフォルセと似た配合でエスポやオーロを逆さまにしたような配合パターンで、中山の重でオープンを勝っているように小回り向きの機動力もあるので有望だ。札幌は土日とも雨予報で今日も最終レースの時計が速かったが、こういう軽い馬場は芝ダ兼用の◎にとっては大歓迎で、昨年はインのポケットに入って仕掛けが遅れてしまったが、今年はモアオバーの番手が取れればうなりながら捲ってしまうだろう。ローマンは58を背負うしジェベルはもう少し距離が欲しいから、この◎○に絞ってみたい。

--------

フラガラッハは最近は2000mでも折り合って差せるようになっていて、距離適性が中距離にシフトしつつあるのかもという疑念はたしかにありましたが、2000mでも折り合うのだからマイルならある程度出していけるのではないかという読みもできたし、実際ゲートが開いてちょっと出していっても折り合いはスムーズで、しかしちょっと折り合いが付きすぎるぐらいで向正では早くも高倉くんが気合いをつけるシーン、結局追走に楽なところがないまま直線大外に持ちだすのが精一杯でした

ミッキードリームは今年も惜しい2着で、下記エントリで書きましたが、これで母系にトニービンを持つキンカメ産駒(Special≒Severn BridgeのニアリークロスとHornbeamのクロス)の中京芝マイル成績は[2.3.1.1]、複回値は400ぐらいになったのかな?(^ ^;)

サダムパテックは“穏やかリーチザクラウン”と一言コメントで書いたように、「サンデー×Seattle Slew×ミスプロ」らしいストレッチランナーで、ここ3年馬券に絡んだのが京都外1400m、京都外1600m、東京1400m、不良馬場の安田記念でもゴール前はソコソコ目立つ伸びで、ここは58キロを背負うも格で差し切ったという勝ち方

「サンデー×Seattle Slew×ミスプロ」がなぜストレッチランナーになりやすいのかというと、背中や胴や脚が長くなりやすいのと体質が細身で柔らかくなりやすいからで、リーチザクラウンも気性がおかしくなる前はきさらぎに勝ちダービーと神戸新聞で2着と外回りでは高値安定でした

3着マジェスティハーツもハーツクライ×ボストンハーバー×Storm Cat×Fappianoですから「サンデー×Seattle Slew×ミスプロ」で、“緩慢ショウナンマイティ”と名づけましたが母がマイラーなので長いところよりは1800mぐらいがベストかもですね

エルムSは不良馬場で勝ち時計1.41.9はコースレコードにコンマ2秒差、4角では4番手以下の集団の手応えが一様に悪く、結果は行った行ったに近い決着になりましたが、クリノスターオーは揉まれるとダメな馬なので、4角で一気に捲ってくる馬がいなかったのは幸い(ローマンとインカンテーションの捲りはそれほど速くない)

まあでもローマンレジェンドは一昨年エスポワールシチーと叩き合ったときが良で1.42.2、完全復活なればこれぐらい走れる馬ではあります

母パーソナルレジェンドはこれまで産駒が5頭出走してミラクルレジェンド(12勝)、ローマンレジェンド(10勝)、アーバンレジェンド(3勝)、アムールレジェンド(1勝)の4頭が計26勝(全てダート)をあげているという砂の名繁殖

Northern Dancer4×3、Raise a Native5×5、Spring Run≒Tom Fool5×6などをクロスする父母相似配合で自己主張が強く、種が何であれDeputy MinisterとStorm Birdのパワーを確実に伝える繁殖といえるでしょう

そこに強いクロスを持たないスペシャルウィークやフジキセキを配して成功したのも、緊張→緩和のセオリーどおりといえます

軽い馬場ならば今年こそブライトラインが捲りきってしまうと思ったのに、あの手応えで無抵抗で後退していくとは何があったのかさっぱりわからんですが、ソロルはシンボリクリスエス×ゴールドアリュール全妹の血統どおり2000mベストの中距離馬で、1700mでこの高速決着になるとさすがにスピード負け、動きたいタイミングでことごとく動けずに直線もちょっと窮屈になってました

というわけで、58キロでも6歳の古豪が貫禄をみせつけた両重賞でしたが、古豪といえば私の母校も夏の甲子園出場を決めてました(・∀・)

中京芝1600mの中京記念は、毎年トニービン+Nureyevの支配下にある
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/8c66633c639ddc8b77af8231d2bcaadf?fm=entry_awc

コメント (2)

日曜のボツ予想~札幌1500mのイン差しを狙う開幕週日曜

2014-07-27 10:27:01 | 血統予想

福島テレビOPは○レッドレイヴンと▲セイルラージの小回り1800m三本勝負、今回はセイルにノリが乗ってくるので人気が急接近しておりますが(・∀・)、◎マウントシャスタはきょうだいの中でもフレンチデピュティが強く、宝塚で荒れたインを立ち回って見せ場をつくったようにパワーと機動力が持ち味
とはいえマイルのHペースでバキューンと弾けるタイプではなく、1800mは[3.1.0.1]着外は長休明けで2着はヒストリカルと叩き合った毎日杯、福島1800mでベストパフォーマンスを出せる下地はあります
大穴は一昨年の2着△ドリームバスケットかな(・∀・)

香嵐渓はホワイトマズル譲りのナスキロ柔さが中京ダ向きの◎ピンポンと、フレンチデピュティ×フジキセキの黄金配合でボルキロ柔さもあるので東京1400mでパフォーマンスを上げてきた○アンジュシュエット、前は速いとみてこの1点で

羊ケ丘は開幕週インベタの1500m戦、○プレミアムブルーと▲マイネルメリエンダはこの内枠を活かせる先行力があるし馬場が渋ってもOKで、たぶん幸が行って松岡がその直後で行った行ったも十分
札幌は先ほど少し晴れ間も出ましたがこれからまた降る予報で現在稍重、重まで悪化するようならば◎スリーアルテミスの食い込みを狙ってみる手はあるかと
1400mでも楽に好位に行ける脚はあるので、○▲が行くということはその直後のスイートスポットを取れるのはおそらくこの馬、ゼンノロブロイ産駒でMr.Prospector≒Raise a Cup4×3・4、そしてマイニングとトワイニングを通じるMr.Prospectorと「War AdmiralとLa Troienne」のクロスでもあり、ラトロ肩で掻き込みの強い走りは実績どおりの道悪巧者、そして夏の洋芝で浮上するタイプでもあるかと
ダンツミュータントとラシンフィランテBold Ruler的に手先が軽くてタフな馬場は得意ではないので、道悪のマイルで穴をあけたことがある△サクラキングオーを拾いたいところで、△タガノエンブレムは内枠の岩田なので押さえざるをえないです(^ ^;)

札幌7の芝1500m戦も○マイネルブルズアイと▲ミッキールドラはどちらも洋芝向きのタイプだけに、内枠からの先行で残り目十分
◎マコトサダイジンは重の京都内1600mでインからラディウスを差し切って新馬勝ち、母母がマイサクセションがステラマドリッドと3/4同血で、ダイヤモンドビコーやセイリオスなど小回りのAlydar捲りが真骨頂の牝系、ここは函館リーディングジョッキーのイン差しに期待しました

「No.1予想」では中京記念を、「馬券総合倶楽部」では中京記念とエルムSを予想していますので、そちらもよろしくお願いします

コメント (57)

中京2歳Sボツ予想

2014-07-26 20:05:40 | 血統予想

今さらですが独ダービー圧勝Sea the Moonについて少し…マクラ用に書いてあったテキストを放置してたので(^ ^;)

配合のポイントは父Sea the StarsにおけるAllegretta(Aralia≒Almyra3×2)、母母SacarinaにおけるBravour(Alchimist≒Arjaman2×3)、そして自身の代におけるMonsun(Kaiserkrone=Kaiseradler4×4)とドイツ血脈の凝縮を代々1/4異系に使っていることで、一方でSea the StarsはForeign Courier≒Hopespringseternal3×3(ナスキロ+Tom Fool+War Admiral+La Troienne)、SacarinaはThong=Ridan5×2と、Green DesertやSadler's Wellsのキーとなる組み合わせもちゃんと増幅している、というところですかね~
http://www.pedigreequery.com/sea+the+moon2

日替わり定食のメニューでたとえるとGreen Desertが塩サバでMiswakiが玉子焼きでSadler's Wellsがポテトサラダで、あとは美味しいご飯があればOKということで、しかしなかなかエエ米使ってますという配合です(・∀・)

体質は父譲りでなかなかナスキロ柔いので、差しに回れれば斬れる脚を使えそうなイメージもありますが…

土曜の中京芝は2Rフラッシュバイオ7着(432キロ)、5Rアッシュゴールド6着(426キロ)、10Rダンスディレクター3着(432キロ)、12Rフェルメッツァ7着(438キロ)と小さな1人気馬が裏切りまくりで、渥美特別なんかは馬体重の重い3頭で上位独占で、内も外も荒れていてどこを通っても同じで根本的なパワーが要求される馬場になっていると考えるべきでしょう

中京2歳はテイケイラピッドとドルメロは1600mは少し長い感があるだけに、人気の筋でしょうが◎ペガサスボス○ケツァルテナンゴで

ペガサスボスはディープ産駒ですが馬格はあるし、母父ダイナガリバーで多少タフな馬場でもOK、桜花賞馬ファイトガリバーを少ししなやか体質にした1800m型で、母父がHyperion4・5×4、母母がFair Trial4×4、父がHalo≒Sir Ivor2×4、特別なことはやってませんが父と母の持ち味はちゃんと受け継いでなかなか弱点の少ない馬です

ケツァルテナンゴは母がNorthern Dancer≒Icecapade4・5×4、父の母がNorthern Dancer2×3、父の父SmadounはNorthern Dancerなしの5代アウトで1/4異系、チチカス産駒でこの母ならば今の馬場はピッタリ

「No.1予想」では中京記念を、「馬券総合倶楽部」では中京記念とエルムSを予想していますので、そちらもよろしくお願いします

コメント (8)

土曜のボツ予想~ウインフェニックスを捲るNureyev≒Sadler's Wells

2014-07-26 10:42:18 | 血統予想

いわきは○ウインフェニックスは母父アグネスデジタルの男馬ですからマイラーにはならずヤマニンキングリー的に1800~2000mベスト、▲トーセンアルニカはアイムユアーズの妹で母父エルコンの女馬でSadler's Wells≒Nureyev3×4・5ですから小回り向きの機動力型ですが、こちらは父サムソンなので俊敏さでは姉に見劣り理想は渋った馬場、☆ユッカマウンテンは1800mも守備範囲のマイラーでFair Trial的な体質走りなので中山と小回りでは常に安定、△ダイワアクシスは母父トニービンでノーザンテーストのクロスですからダイワメジャーでもパワーと粘りに寄った脚質、アドマイヤツヨシはどちらかというと広いコース向きで、ガチバトルは1800mよりは2000mがベターかな、先行勢の動向が微妙で大知がそれらを突つくケースや脩が強気に勝ちにいくケースは十分考えられ、となると◎オメガキングティーの中団捲りでいく手はあるのでは
同血のセレナビアンカはHornbeam≒Sunsetのナタの斬れで走るので東京でよく狙ってますが、こちらはNureyev≒Sadler's Wells3×3にタキオンとTom Foolの機動力で走るタイプで、母の機動力で捲って父のHyperionで粘るというタイプ、だから全3勝を中山マイルであげていますがチャキチャキのマイラーにも見えないので、最終週福島1800mの捲りで狙ってみたいなと…ジャングルポケットもSpecial系のクロスにするとコロナグラフとかジャングルテクノとかジャンパルジャンのような機動力型が出ますからね~

白河はフルールシチーは1400mベストのバクシンオーとみているので(中京芝1200mの緩ペースで1400m型が好走するのはよくあること)、となると入り口は○シーブリーズライフか◎ジーニマジックか、パンパンの高速馬場なら前者ですが、最終週で少し時計もかかり外捲りもきくのならば後者の粘着力で
母系にSir Ivorと「HyperionとDonatello」が入るダイワメジャー黄金配合で、母はウインドインハーヘアと3/4同血でもあります

渥美はここも「○タイセイドリームを倒して菊花賞へ行こう!」という活きのいい3歳に注目したいところで、メンバー的にスローが濃厚なので後ろの▲ビップレボルシオンよりも前の◎エイシンハドソンで
エーシンモアオバーの全弟で硬肉豊富な大型馬でたしかにパワー型ではあり、すみれではスローに落としすぎて1,2着馬に直線早々と交わされてしまいましたが、残り200mからまたファイトバックしはじめてゴール板を過ぎたところで差し返していて、中京のパワー勝負ならば○も▲もスパッと斬れる脚はないだけに押しきれるのではないかと
で、いつもいうことですが△アニマトゥールは行ってしまえば一発あるんですが、松山くんはダルマ先生に怒られるから押さえるんやろうなあ…ということで和田の先行にしました

知多は◎ダンスディレクターは脚長で外1400mベストだけに阪神内1400mでは乗り難しかったですが、中京なら前走の競馬でOK
逆にシンデレラボーイは母父Alydar系のパワーで先行捲るのでこれは阪神内1400mベスト、ホッコーサラスターは平坦向き疑惑があり、相手はMr.Prospectorのクロスが体型走りに表現されていて1400mで本格化してきた○ミッキーラブソング、あと▲ザラストロ☆ガイヤースヴェルトを厚めに

桶狭間は夏に弱いということでこの猛暑が心配で、パドックを見てからですが◎タイセイマスタングは母がナスキロのクロスで柔らか体質のゴルア産駒ですから中山1200mはちょっと忙しく、東京と中京の1300~1400mでは[1.2.0.1]、中京ダ1400mでは[1.1.0.0]でともに10人気での激走

札幌の特別はこれから考えますが、うちも雨がパラパラきましたよ~

「No.1予想」では札幌競馬場グランドオープン記念を、「馬券総合倶楽部」では札幌競馬場グランドオープン記念と中京8Rを予想していますので、そちらもよろしくお願いします

コメント (55)

今週の新馬戦

2014-07-24 17:13:11 | POG

土曜中京5Rアッシュゴールド(ス)
日曜福島5Rホーチャム(ス)
日曜中京5Rトーホウバード(ス)
ス…「望田潤のPOG好配合リスト ステイゴールド編」

今週は「ステイゴールド編」から3頭デビューしまますが、アッシュゴールドは体つきを見た限りではきょうだいの中で最もノーザンテースト4×3がONになっているような印象で(坂路で好時計を叩き出すのもそのイメージと符合する)、そのあたりは追い切りの動きを見て確認したいところ

ホーチャムはアイリフォーリスと3/4同血、トーホウバードはトーホウシンバルの全弟で、どちらもステゴ産駒としてはセカンドベストのパターンというか、去年でいうとコウエイタケルとかウェーブゴールドとか、あのへんに近い狙いですな(・∀・)

あと新馬の出馬表をザッと見てて、目についたのが土曜札幌5Rのアトリエ

父ディープスカイも母フォーティカラーズもMiss Carmieにさかのぼる同牝系で、Chief's Crown≒ダンジグカラーズ3×2、Six Crowns≒Carmelize≒All Rainbows4・4×4
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2012105798/

全兄キャンバスは今のところ不発に終わっておりますが、ディープスカイのチーフベアハート的セックスバイアスからして、妹はスプリンター~マイラーではないかと

生産者がディープスカイの生産者でもある笠松牧場さん、というのがいいではないですか(・∀・)

コメント (19)