栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2022-2023」

11/19,20の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2022-11-22 17:35:08 | 共有クラブ

すいません相変わらずやることが山積みで、しかも昨日から名古屋~東京と移動してきて、マイルCS回顧もまだ手をつけていない状況ですm(_ _)m というわけで今週も報告のみで…

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2020)』で望田潤と栗山求がダブル推奨し、『望田潤のPOG好配合馬リスト(2021)』で望田潤が推奨したセリフォス(牡3歳)が日曜阪神11RのマイルCS(G1・芝1600m)を勝ちました。

★ジーワンサラブレッドクラブ
父ダイワメジャー
母シーフロント(Le Havre)
牡 募集価格:4000万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019104462/
母シーフロントはフランスで走り、重賞勝ちこそないもののジャンロマネ賞(仏G1・芝2000m)で4着という成績があります。母の父Le Havreは仏ダービー馬で、アヴニールセルタン、ラクレッソニエール(いずれも仏二冠牝馬)、プールヴィル(フィリーズレビュー)などの父。異系の血で構成されながら日本の高速馬場にも適性があるため、ブルードメアサイアーとして注目の存在です。スイートピーS(L)を勝ったデゼルも母の父がLe Havreでした。本馬の父はダイワメジャー。母方にBlushing Groomを持つ同産駒はメジャーエンブレム、コパノリチャード、ロジチャリスをはじめ多くの活躍馬が誕生しています。母はフランス産馬ですが、アメリカ血統の要素も濃く、高速馬場のスピード勝負にも十分対応可能でしょう。芝向きのマイラーとして期待できます。(栗山)
6/19追記
母シーフロントはベルトランデュブルイユ賞(仏G3・芝1600m)3着。母父Le Havreは仏ダービー馬でプールヴィルの父でデゼルの母父。Halo≒Red Godのニアリークロス3×5・6・6、母父Le HavreがLe FabuleuxやOcarinaやCrepelloを引く中距離本格派ですから、ダイワメジャー黄金配合に認定できます。歩きにしなやかさと重厚さがあり、こういうメジャー産駒はNHKマイル路線で期待していいでしょう。(望田)

セリフォス(牡・父ダイワメジャー・母シーフロント)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019104462/
母シーフロントはベルトランデュブルイユ賞(仏G3・芝1600m)3着。母父Le Havreは仏ダービー馬でデゼルの母父。Halo≒Red Godのニアリークロスを重ねつつ、母父がLe FabuleuxやOcarinaやCrepelloを引く中距離本格派というダイワメジャー黄金配合。早々と入厩して乗り込まれているが、メジャーにしては肉付きがガチムチしてないのがいいと思う。NHKマイルまで期待したいマイラー。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2021)』で栗山求が推奨したパルクリチュード(牝2歳)が日曜福島6Rの新馬戦(ダ1700m)を勝ち上がりました。

★キャロットクラブ
父Gun Runner
母グローバルビューティ(Global Hunter)
牝 募集価格:2600万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020103361/
5月21日と遅生まれなので、現時点で401kgという馬体にはまだ成長の余地があります。とはいえ、父Gun Runnerは平均以下のサイズだったので、これから500kgまで増えることもないでしょう。父はケンタッキーダービー(米G1)で3着となったように、早い時期から頭角を現しましたが、本格化したのは3歳秋以降。ブリーダーズCクラシック(米G1)やペガサスワールドC(米G1)を含め、4歳6月からG1を5連勝し、年度代表馬に選出されました。種牡馬成績も優秀で、初年度産駒がデビューして間もないにもかかわらず、すでにG2勝ち馬を2頭出し、現時点で米2歳種牡馬ランキングの首位を走っています。日本でも外国産馬のグランアプロウソ(といっても母は日本で走ったフィドゥーシアですが)が芝1200mの新馬戦を快勝して1戦1勝です。母グローバルビューティは芝血統で、南米アルゼンチンで芝2000mのG1を勝ちました。2代母Kiwi Girlは、ストラヴィンスキー≒Starlyte Girl1×1といってもいい強度の父母相似配合。したがって、その娘グローバルビューティは繁殖牝馬としてもおもしろい存在です。ダート専用ではなく芝でもそれなりにやれそうです。中距離がベストでしょう。(栗山)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2021)』と『POG種牡馬別好配合馬リスト(2022)』で望田潤がダブル推奨したスキルヴィング(牡2歳)が土曜東京2Rの未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がりました。

★キャロットクラブ
父キタサンブラック
母ロスヴァイセ(シンボリクリスエス)
牡 募集価格:3400万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020103722/
半兄ヴァーンフリート(父リオンディーズ)につづくピックです。シンボリクリスエスはNorthern Dancerの血を全くもたないので、その娘はキングカメハメハやオルフェーヴルなどNorthern Dancer系の強いクロスをもつ種牡馬との配合で成功しています。Lyphard4×4のキタサンブラックとの配合も方向としては悪くないでしょう。とはいえ、キタサンブラック×シンボリクリスエスだと巨大でややもっさりした中距離馬のイメージもあるのですが、そこは泣く子も黙るソニンク牝系。歩かせるとHaloクロス馬らしい体質や牝系由来の俊敏さも感じさせる身のこなしなのはさすがで、「3/4Northern Dancerクロス」「1/4マイラー」の好中距離馬にまとまった感があります。(望田)

スキルヴィング(牡・父キタサンブラック・母ロスヴァイセ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020103722/
サンデーサイレンス3×4で「3/4Northern Dancerクロス」「1/4シンボリクリスエス」というオーソドックスな好形。キタサンブラック×シンボリクリスエスだともっさり巨大な中距離馬というイメージだが、そこは泣く子も黙るソニンク牝系。Haloクロスらしい体質や、牝系由来の俊敏さを感じさせる身のこなしを見せている。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2021)』で望田潤が推奨したハチメンロッピ(牡2歳)が日曜東京1Rの未勝利戦(ダ1400m)を勝ち上がりました。

★ターファイトクラブ(当歳)
父キンシャサノキセキ
母メイショウユウゼン(タイキシャトル)
牡 募集価格:2200万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2001100575/
カッパツハッチの全弟で、関東オークス3着シラヤマヒメの半弟で、ローマンエンパイアの甥。母メイショウユウゼンはCosmah4×4、Nijinsky≒Storm Bird4×3、Round Table5×4と強力な父母相似配合。そこにアウトブリードのキンシャサノキセキをもってきた好配合です。またキンシャサノキセキ×タイキシャトルはJRAに9頭が出走し、モアナ(5勝)、ヴァニラアイス(現役3勝)、アスクジョーダン(現役3勝)など6頭が平地で19勝をあげており、信頼度の高い配合といえます。いかにも芝スピードタイプに完成しそうで実馬も出来もいいですね。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2021)』と『POG種牡馬別好配合馬リスト(2022)』で望田潤がダブル推奨したハンベルジャイト(牝2歳)が日曜阪神1Rの未勝利戦(ダ1400m)を勝ち上がりました。

★キャロットクラブ
父ジャスタウェイ
母ココシュニック(クロフネ)
牝 募集価格:2200万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020103367/
母ココシュニックはJRA3勝で、ステファノスをはじめJRA出走産駒7頭中6頭が勝ち馬となっている有能な繁殖。そこにジャスタウェイで、IIcecapade4×5など緩い父母相似配合になりました。ポイントは3代母の父Chief's Crownで、ハーツクライ×Chief's Crownはヌーヴォレコルトなどが出た有名なニックスですが、ジャスタウェイ×Chief's CrownもJRAに9頭が出走し、ヴェロックス、マスターフェンサー、ラブミーファイン、ベルヴォーグなど5頭が勝ち馬となっており、トニービンのナスペリオンを活かす配合として依然有力t。ジャスタ産駒らしい長手の体型ですが、母方のパワーも適度に表現されていてあまり緩さがないのがいいですね。わりと早期から動けそうな大箱向きの中距離馬=女ヴェロックスのイメージでピックします。(望田)

ハンベルジャイト(牝・父ジャスタウェイ・母ココシュニック)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020103367/
母ココシュニックはステファノスをはじめ出走産駒7頭中6頭が勝ち馬となっている有能な繁殖。ハーツクライ×Chief's Crownはヌーヴォレコルトなどが出た有名なニックスだが、ジャスタウェイ×Chief's Crownもマスターフェンサーやヴェロックスなどよく走っている。使い出しも早そうで、一口ピックしたときの“女ヴェロックス”のイメージのまま順調にきてます。(望田)

■土曜阪神7R1勝クラス プレミアスマイル(一口・栗山)
■土曜東京11R東京スポーツ杯2歳S2着 ダノンザタイガー(POG・栗山)
■土曜東京11R東京スポーツ杯2歳S3着 ハーツコンチェルト(一口・望田&栗山)
■日曜阪神7R1勝クラス ラクスバラディー(一口&POG・望田)
■日曜福島9R磐梯山特別 マイネルメサイア(一口・栗山)
■日曜阪神9R2勝クラス カラフルキューブ(一口・栗山&POG・望田)
■日曜東京11R霜月S ドライスタウト(一口・望田)

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「一口好配合ピック」ノルマンから計5頭ピック

2022-11-09 15:47:01 | 共有クラブ

UMAUMAさんにて「望田潤の血統解体新書 サトノクラウン」を書いていますので、ご一読いただければ幸いです
https://umauma-shop.com/blogs/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E8%A8%98%E4%BA%8B

おかげさまで今年も好評をいただいている「一口馬主好配合馬ピックアップ(2022~23)」ですが、ノルマンディーオーナーズクラブから栗山が3頭、望田が2頭、計5頭ピックしていますのでよろしくお願いします

現在キャロットから18頭、シルクから18頭、ジーワンから16頭、東サラから14頭、ユニオンから7頭、ノルマンディーから5頭、ウインから4頭、京サラから4頭、インゼルから3頭、ターファイトから3頭、ラフィアンから3頭、ロードから3頭、YGGから3頭、グリーンから2頭、DMMから2頭、ライオンから2頭、ワラウカドから1頭ピックしています
http://miesque.com/c00085.html

次はウイン二次ですかね、来期の配合診断がドドドドドッときてますが(^ ^;)、20日までには必ずアップしますのでよろしくお願いします

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10/29,30の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2022-11-03 12:52:28 | 共有クラブ

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2020)』で望田潤と栗山求がダブル推奨したイクイノックス(牡3歳)が日曜東京11Rの天皇賞・秋(G1・芝2000m)を勝ちました。

★シルクホースクラブ
父キタサンブラック
母シャトーブランシュ(キングヘイロー)
牡 募集価格:4000万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019105219/
母シャトーブランシュはマーメイドS勝ち馬で、トニービンやAllegedやNureyev譲りのナタの斬れを武器とした重厚な差し馬でした。そこにキタサンブラックだとやや重すぎるきらいはあるのですが、母父がマイラーのキングヘイローなので全体の配合形やバランスは良いです。Lyphard5・5×4とHalo4×4のクロスで、母父のスピードで先行し父と牝系のスタミナで粘る中距離馬にうまく出たのではないかと思います。父同様の成長曲線にも期待できるので、古馬になって更に楽しめる馬でもあります。(望田)

【8月2日追記】
母シャトーブランシュは現役時代にマーメイドS(G3)を勝ったほか、ローズS(G2)でも2着と健闘しました。ディープインパクトとダンシングブレーヴはニックスですが、これはディープインパクトの母の父 Alzao とダンシングブレーヴが相似な血であることが理由です。母の父キングヘイローはDrone≒Halo≒Sir Ivor3×2・3という異様な凝縮を持っており、父の父ブラックタイドはHalo≒Sir Ivor2×4。血統構成はかなり近いので、両者2~4代目ぐらいの適度な距離に配置されたとき、最大の効果を発揮するのではないかと思います。本馬はその条件にあてはまり、なおかつ、ブラックタイドとキングヘイロー以外の部分が異系色の強い血で構成されているので好ましいでしょう。さらに、サクラバクシンオーとキングヘイローの組み合わせも実績十分(ローレルベローチェ、キタサンミカヅキなど)。芝向きの中距離タイプ。(栗山)

■『POG種牡馬別好配合馬リスト(2022)』で栗山求が推奨したラヴェル(牝2歳)が土曜東京11RのアルテミスS(G3・芝1600m)を勝ちました。

ラヴェル(牝・父キタサンブラック・母サンブルエミューズ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020103390/
ナミュールの半妹。サンデー3×3だが、父はHalo~サンデーサイレンスのラインと相性良好なので問題なく、ダンシングブレーヴが入るのもいい。ダンシングブレーヴの母の父DroneはHaloと相似な血で、父キタサンブラックの代表産駒イクイノックス(東京スポーツ杯2歳S、皐月賞2着)は、Halo とダンシングブレーヴを併せ持つキングヘイローを母の父に持つ。(栗山)

■金曜船橋10R秋の山スプリント エルズリー(一口・望田&栗山)
■土曜東京8R1勝クラス カトゥルスフェリス(ディープ・栗山)
■土曜東京11RアルテミスS2着 リバティアイランド(POG・栗山)

すんませんJBBA種牡馬や海外セリ案件などに追われまくっていて、4角で一杯の手応えなので、今回は結果報告のみでm(_ _)m
JBCも何も考えてないです(^ ^;)とりあえずルゼル応援

コメント (42)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10/22,23の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2022-10-26 09:49:32 | 共有クラブ

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2020)』で望田潤と栗山求がダブル推奨し、『望田潤のPOG好配合馬リスト(2021)』で望田潤が推奨したセリフォス(牡3歳)が土曜東京11Rの富士S(G2・芝1600m)を勝ちました。

★ジーワンサラブレッドクラブ
父ダイワメジャー
母シーフロント(Le Havre)
牡 募集価格:4000万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019104462/
母シーフロントはフランスで走り、重賞勝ちこそないもののジャンロマネ賞(仏G1・芝2000m)で4着という成績があります。母の父Le Havreは仏ダービー馬で、アヴニールセルタン、ラクレッソニエール(いずれも仏二冠牝馬)、プールヴィル(フィリーズレビュー)などの父。異系の血で構成されながら日本の高速馬場にも適性があるため、ブルードメアサイアーとして注目の存在です。スイートピーS(L)を勝ったデゼルも母の父がLe Havreでした。本馬の父はダイワメジャー。母方にBlushing Groomを持つ同産駒はメジャーエンブレム、コパノリチャード、ロジチャリスをはじめ多くの活躍馬が誕生しています。母はフランス産馬ですが、アメリカ血統の要素も濃く、高速馬場のスピード勝負にも十分対応可能でしょう。芝向きのマイラーとして期待できます。(栗山)
6/19追記
母シーフロントはベルトランデュブルイユ賞(仏G3・芝1600m)3着。母父Le Havreは仏ダービー馬でプールヴィルの父でデゼルの母父。Halo≒Red Godのニアリークロス3×5・6・6、母父Le HavreがLe FabuleuxやOcarinaやCrepelloを引く中距離本格派ですから、ダイワメジャー黄金配合に認定できます。歩きにしなやかさと重厚さがあり、こういうメジャー産駒はNHKマイル路線で期待していいでしょう。(望田)

セリフォス(牡・父ダイワメジャー・母シーフロント)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019104462/
母シーフロントはベルトランデュブルイユ賞(仏G3・芝1600m)3着。母父Le Havreは仏ダービー馬でデゼルの母父。Halo≒Red Godのニアリークロスを重ねつつ、母父がLe FabuleuxやOcarinaやCrepelloを引く中距離本格派というダイワメジャー黄金配合。早々と入厩して乗り込まれているが、メジャーにしては肉付きがガチムチしてないのがいいと思う。NHKマイルまで期待したいマイラー。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2021)』で望田潤が推奨し、『POG種牡馬別好配合馬リスト(2022)』で望田潤と栗山求がダブル推奨したメリオルヴィータ(牝2歳)が土曜東京1Rの未勝利戦(ダ1600m)を勝ち上がりました。

★ジーワンサラブレッドクラブ
父ダイワメジャー
母メリオーラ(Starspangledbanner)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020102591/
牝 募集価格:2000万円
母メリオーラはヴェルツィエーレ賞(伊G3・芝2000m)2着。ダイワメジャーにRahyとデインヒルとWilkesとLe FabuleuxとBustedが入る黄金配合で、母が中距離で走ったのもいいですね。半姉メリトクラシー(父シルバーステート)は先日芝1200の新馬戦を快勝。母父StarspangledbannerがジュライCなどに勝った欧チャンピオンスプリンターなので、マイラーというよりは早期回収が望める1400型でしょう。フィリーズレビューが大目標。(望田)

メリオルヴィータ(牝・父ダイワメジャー・母メリオーラ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020102591/
母メリオーラはヴェルツィエーレ賞(伊G3・芝2000m)2着。ダイワメジャーにRahyとデインヒルとWilkesとLe FabuleuxとBustedが入る黄金配合で、母が中距離で走ったのもポイント。母父StarspangledbannerがジュライCなどに勝った欧チャンピオンスプリンターだから、ゆくゆくは短距離に寄ってきそうだが…。早期回収期待の1400型でFレビュー大目標。(望田)

メリオルヴィータ(牝・父ダイワメジャー・母メリオーラ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020102591/
母方のBlushing Groomは父ダイワメジャーと相性抜群で、この組み合わせからメジャーエンブレム、セリフォス、コパノリチャード、マテンロウオリオンなど多くの活躍馬が誕生している。母の父Starspangledbannerは豪と英でG1を制した名スプリンター。そのスピードを受けた本馬は、仕上がりが早く芝1200~1600mで強い。(栗山)

■『POG種牡馬別好配合馬リスト(2022)』で望田潤が推奨したサトノクローク(牡2歳)が日曜阪神3Rの未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がりました。

サトノクローク(牡・父サトノクラウン・母トーコーユズキ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020106667/
新種牡馬サトノクラウンからも1頭。本馬はクレヴァーパッチの下で、叔母アドマイヤスコールはJRA3勝。サトノクラウン×ディープインパクトはしなやかな中長距離配合だが、母母ピンクプルメリア(JRA5勝)がCaerleon産駒のマイラーなのでバランスはとれている。アドマイヤスコールもマイラーですからね。マイルにも対応できるサトノクラウン産駒。(望田)

■土曜東京9RアイビーS チャンスザローゼス(POG・栗山)
■土曜新潟11R北陸S ルピナスリード(一口&POG・望田)



「うちの繁殖にカラヴァッジオつけてみたいんやけど」案件がドドドッときておりまして(^ ^;)、申込締切が近づいているのでまずはそちらを優先してるところ

まずいえることは、カラヴァッジオってのは父がMr.Prospector4×2とStorm Bird≒Nijinsky4×3、母がIntentionally4×4とThe Axe4×4でNorthern Dancerなし、自身は強いクロスをもたないという配合パターンなので、クロスのうるさい繁殖との配合で母の部分を1/4異系的に使うのがまとまりやすいだろうと



代表産駒の母をみても、まあ21年産までは欧州のガリンヒル的な繁殖との配合が多いので当然ではあるんですが、みんなNureyev≒Sadler's WellsやNorthern Dancerのクロスが強いです(22年産から北米での繋養)

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10/15,16の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報&ロードから計3頭ピック

2022-10-19 09:44:56 | 共有クラブ

おかげさまで今年も好評をいただいている「一口馬主好配合馬ピックアップ(2022~23)」ですが、ロードサラブレッドオーナーズから栗山が1頭、望田が2頭、計3頭ピックしました

現在キャロットから18頭、シルクから18頭、ジーワンから16頭、東サラから14頭、ユニオンから7頭、ウインから4頭、京サラから4頭、インゼルから3頭、ターファイトから3頭、ラフィアンから3頭、ロードから3頭、グリーンから2頭、DMMから2頭、YGGから2頭、ライオンから2頭、ノルマンディーから1頭、ワラウカドから1頭ピックしています
http://miesque.com/c00085.html

10/20追記:望田がYGG二次から1頭ピックしました

----------

■土曜新潟1R障害未勝利 アストラエンブレム(一口&POG・望田、一口・栗山)
■土曜新潟6R1勝クラス マイネルオーサム(一口・望田)
■土曜東京7R1勝クラス ダノンティンパニー(ディープ・栗山)
■日曜新潟9R粟島特別 グランスラムアスク(ディープ・望田&栗山)
■日曜阪神7R1勝クラス サンセットクラウド(ディープ・望田&栗山)
■日曜阪神9RもみじS ウンブライル(POG・栗山)



ウンブライル強かったすね、もうラルケットはキンカメ系つけときゃ間違いない感じですが、言うまでもなくこの組み合わせはNureyev≒Fairy Kingの3/4同血クロスになります

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「一口好配合ピック」インゼルから計3頭ピック

2022-10-17 01:11:44 | 共有クラブ

おかげさまで今年も好評をいただいている「一口馬主好配合馬ピックアップ(2022~23)」ですが、インゼルサラブレッドクラブから栗山が2頭、望田が2頭、ダブルピックが1頭で計3頭ピックしました

現在キャロットから18頭、シルクから18頭、ジーワンから16頭、東サラから14頭、ユニオンから7頭、ウインから4頭、京サラから4頭、インゼルから3頭、ターファイトから3頭、ラフィアンから3頭、グリーンから2頭、DMMから2頭、YGGから2頭、ライオンから2頭、ノルマンディーから1頭、ロードから1頭、ワラウカドから1頭ピックしています
http://miesque.com/c00085.html

あとは望田のロードですが、20日までにはピックしたいと思っていますのでよろしくお願いします

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10/3~10の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2022-10-11 15:37:06 | 共有クラブ

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2017)』で望田潤と栗山求がダブル推奨したレッドルゼル(牡6歳)が水曜大井11Rの東京盃(Jpn2・ダ1200m)を勝ちました。

★東京サラブレッドクラブ
父ロードカナロア
母フレンチノワール(フレンチデピュティ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016105188/
牡 募集価格:2000万円
母フレンチノワールはサウンドトゥルーと同じフレンチデピュティ×フジキセキの砂黄金配合で、準オープンまで出世したダート馬。そこにロードカナロアが配されてNureyev5×5とIn Reality5×6のクロスですから、カナロア産駒にしてはわりと締まりの強い体質です。前捌きなどちょっとゴトゴトしているぐらいで、あまり優雅なストライドで走れるタイプではないでしょうが、そのぶんダートOKのパワーも兼備しており、短距離馬向きの筋肉をつけてくる安田隆厩舎にも合ったタイプとみました。芝ダ兼用1400mベストという私の見立てが正しければ、稼ぎ場所には困らない馬でしょう。(望田)
【8月2日追記】
母フレンチノワールは現役時代にダートで4勝。「フレンチデピュティ×フジキセキ」という組み合わせなのでDeputy Ministerとフジキセキのニックスを持っており、繁殖牝馬としても期待できます。「ロードカナロア+フレンチデピュティ+サンデーサイレンス+Nureyev」という配合構成はレッドシャーロット(2戦1勝)とよく似ています。現時点でSpecial牝系とロードカナロアは抜群の相性なので、Nureyevを持つ点はとくに強調できます。母の父フレンチデピュティの影響を感じさせる筋肉量豊富な馬体はスプリンター~マイラーとして大きな期待を抱かせます。牡馬で2000万円ならお買い得といえるのではないでしょうか。(栗山)

■『POG種牡馬別好配合馬リスト(2022)』で栗山求が推奨したグランヴィノス(牡2歳)が月曜阪神5Rの新馬戦(芝2000m)を勝ち上がりました。

グランヴィノス(牡・父キタサンブラック・母ハルーワスウィート)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020103522/
ヴィルシーナ、ヴィブロス、シュヴァルグランの半弟。キタサンブラック産駒は Halo、Sir Ivor、Droneが入った配合が走っているが、母ハルーワスウィートはHalo3×4なので成功パターンに当てはまる。Nureyevが入るパターンもイクイノックスが出るなどアベレージが高い。母が19歳時の産駒である点がどうかだが、稀代の名牝に年齢は関係ない。(栗山)

■月曜ロンシャン7Rフォレ賞3着 エントシャイデン(ディープ・望田)
■日曜東京6R1勝クラス リンクスルーファス(一口・望田)
■日曜東京10R神無月S ルコルセール(一口・栗山)
■月曜東京7R1勝クラス ポルトヴェッキオ(POG・望田)



ひと月前ぐらいに下記エントリで「今のところサトノクラウン産駒は牝が短距離~マイルでよく走っていて、牝駒にはジョコンダⅡのスピードがよく伝わっているようだ。いっぽう牡駒は父似で、ジリっぽく2着3着を重ねる中距離馬が多いのでは」と書きました
https://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/b87cfefb3809a6de8a70d4749d023be1

上はJRA既出走のサトノクラウン産駒一覧(3着以上があるもの)で、下は現時点での牡牝の距離別成績です

●距離別成績(牡)


●距離別成績(牝)


こうしてみると、牡はそもそも1600m以下の出走自体が少なくて、2歳秋の時点でこんなに偏るというのは、見るからに父似の中距離型が多いのだろうと

あとこれは予想されたことですが、ダートは[0-0-0-8]で掲示板ゼロ、あんまり適性はなさそうな…

まあ「牝馬が走る」イコール「肌に回っていい」という見方もできるわけで、たしかにサトノクラウン肌は字面的にも成功しそうですから、種牡馬サトノクラウンが血を遺していくためには「牝はマイルで手堅く、牡は中距離で一発」という傾向は良きことなのだろうと思いますね

コメント (11)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「一口好配合ピック」ワラウカドから1頭ダブルピック

2022-09-29 12:00:11 | 共有クラブ

おかげさまで今年も好評をいただいている「一口馬主好配合馬ピックアップ(2022~23)」ですが、本日ワラウカドから1頭ピックしました(栗山、望田とも同じ馬をピックしています)

現在キャロットから18頭、シルクから18頭、ジーワンから16頭、東サラから14頭、ユニオンから7頭、ターファイトから3頭、ラフィアンから3頭、ウインから2頭、グリーンから2頭、DMMから2頭、YGGから2頭、ノルマンディーから1頭、ワラウカドから1頭ピックしています
http://miesque.com/c00085.html

次はライオン、京サラ、インゼルの順になりますかね、先行募集等に間に合うようアップしていきますのでよろしくお願いします

コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

9/24,25の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2022-09-26 16:57:19 | 共有クラブ

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2021)』で望田潤が推奨したルクルス(牡2歳)が日曜中京4Rの新馬戦(ダ1200m)を勝ち上がりました。

★インゼルサラブレッドクラブ
父ハーツクライ
母チリエージェ(サクラバクシンオー)
牡 募集価格:5600万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020101635/
スプリント路線で大活躍したハクサンムーンや、バーバリアンクラシック(独G3・芝2000m)勝ちWarring Statesの半弟。母チリエージェもJRA5勝で芝短距離で活躍しました。父ハーツクライ×母父サクラバクシンオーの組み合わせはJRAに19頭が出走し、インビジブルレイズ(現役6勝)、マッシヴランナー(平地4勝)、アフランシール(現役4勝)など10頭が勝ち馬となっており、7頭が2勝以上をあげています。短距離で活躍したバクシンオー牝馬にハーツクライを配した無理のない成功しやすい配合形で、馬の出来も水準以上に見えるので、上記3頭のような息の長い活躍を期待しています。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2021)』で望田潤と栗山求がダブル推奨し、『POG種牡馬別好配合馬リスト(2022)』で望田潤と栗山求がダブル推奨したバロッサヴァレー(牝2歳)が日曜中京5Rの新馬戦(芝2000m)を勝ち上がりました。

★シルクホースクラブ
父ハーツクライ
母ピラミマ(Unbridled's Song)
牝 募集価格:4500万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020103553/
ジャパンC(G1)と大阪杯(G1)を勝ったスワーヴリチャードの全妹。母の父Unbridled's Songは米チャンピオンサイアーですが、ブルードメアサイアーとしても非凡で、コントレイル、ダノンプラチナ、トーホウジャッカル、エーシントップなど多くの活躍馬を出しています。ディープインパクトとのニックスが有名ですが、ハーツクライとの組み合わせも優秀で、スワーヴリチャードの他に、ナスノシンフォニー(ホープフルS-5着)、カレンケカリーナ(OP)、アダムバローズ(若葉S、若駒S)などを出しています。現2歳のレッドベルアーム(1戦1勝)もいずれは重賞戦線で活躍するでしょう。本馬は父ハーツクライとニックスの関係にあるSeattle Slewが入るのも好ましく、動きのしなやかさも目を惹きます。全兄スワーヴリチャード級とは言わないまでも、重賞レベルには十分行けるだけのポテンシャルを秘めていると思われます。(栗山)
(8/3追記)
名繁殖ピラミマの娘で、スワーヴリチャードやエマノンの全妹で、ナンヨーカノンやルナシオンやルナステラの3/4妹で、バンドワゴンの半妹。母系にUnbridled's Songをもつハーツクライ産駒はJRAに22頭が出走し12頭が勝ち馬(うち8頭が3勝以上)となっており、他にもアダムバローズ、カレンケカリーナ、アフランシールといった活躍馬が出ていて、打率と飛距離を兼ね備えたニックスとして知られます。馬の出来も(ピラミマ仔はだいたい良く見せるのですが)文句なしでしょう。ピックしないわけにはいかない馬です。(望田)

バロッサヴァレー(牝・父ハーツクライ・母ピラミマ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020103553/
スワーヴリチャードやエマノンの全妹で、ナンヨーカノンやルナシオンやルナステラの3/4妹で、バンドワゴンの半妹。母系にUnbridled's Songをもつハーツクライ産駒は、JRAに25頭が出走し14頭が勝ち馬、うち8頭が3勝以上をあげている。打率と飛距離を兼ね備えたニックスで、馬の出来も文句なしだろうと(ピラミマ仔はいつも良く見せるのですが…)。(望田)

バロッサヴァレー(牝・父ハーツクライ・母ピラミマ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020103553/
ジャパンC(G1)と大阪杯(G1)を勝ったスワーヴリチャードの全妹。「ハーツクライ×Unbridled's Song」は勝ち上がり率が高く、なおかつスワーヴリチャードをはじめ多くの活躍馬を出しているニックス。父とニックスの関係にあるSeattle Slewが入るのも好ましい。単に活躍馬の全妹というだけでなく、配合的な裏付けがあるので信頼できる。(栗山)

■『POG種牡馬別好配合馬リスト(2022)』で望田潤が推奨したスマラグドス(牡2歳)が日曜中山5Rの新馬戦(芝2000m)を勝ち上がりました。

スマラグドス(牡・父ハーツクライ・母エメラルドスター)
母エメラルドスターはチャートウェルフィリーズS(英G3・芝7F)勝ち。「母系にデインヒルとNijinskyが入り、かつ母がRibotのクロスをもつ」ハーツクライ産駒はJRAに12頭が出走し、サリオス、アロハリリー、ワーケア、サトノアイなど9頭が勝ち馬。栗毛でデインヒルが強いルックスも小型サリオスっぽい雰囲気だし、厩舎的にも早期から動けそうなハーツ産駒だ。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2021)』で望田潤が推奨したロードフォンス(牡2歳)が土曜中京2Rの未勝利戦(ダ1400m)を勝ち上がりました。

★ロードサラブレッドオーナーズ
父ロードカナロア
母オーシュペール(ダイワメジャー)
牡 募集価格:3800万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020100145/
JRA5勝のオープン馬ロードアクアの全弟で、白山大賞典2着ロードレガリスの甥で、母オーシュペールはJRA3勝。本馬はミスタープロスペクター4×4、Storm Bird≒ノーザンテーストのニアリークロス4×4、Nureyev≒Sadler's Wellsの3/4同血クロス5×4など父母相似配合になっていて、競走能力を示した両親の相似配合ですから信頼度が高い配合と言うことができます。Nureyev≒Sadler's Wellsの3/4同血クロスもカナロア産駒としてはベストな狙いです。適度に締まりがある体質で、本馬も短距離~マイルで全兄のように活躍できるとみてピックします。(望田)

■『POG種牡馬別好配合馬リスト(2022)』で栗山求が推奨したエゾダイモン(牡2歳)が土曜中京3Rの未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がりました。

エゾダイモン(牡・父ハーツクライ・母メジロツボネ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2020103794/
グローリーヴェイズ(香港ヴァーズ2回)の半弟。3代母は牝馬三冠馬メジロラモーヌで、母メジロツボネはアンビヘイヴィング≒クリアアンバー4×4を持つ名配合。ディープインパクトからハーツクライに父が替わり、中長距離向きのスタミナがさらに強化された。本格化するのは古馬になってからだと思われるが、2歳6月に出走を予定しているように意外に仕上がりが早い。ホープフルS(G1)を狙う路線を歩めるかもしれない。2000m以上の大レースでで優れた能力を発揮するだろう。(栗山)

■土曜中京7R1勝クラス ルージュスティリア(一口・栗山)
■日曜中山6R1勝クラス パウオレ(一口・栗山)



最近のハーツクライ産駒は母方のデインヒルが表現されて、早期から後駆の緩さがあまりなくて中山で動けるタイプが活躍していますが(でないとクラシックに間に合いにくいともいえる)、スマラグドスもわりとそういうタイプで手先が強くて中山で好位で立ち回れるぶん、サトノクラウンに似た重厚ストライドで走るポーラライツに対してポジショニングとコーナリングでアドバンテージを得ての勝利だったかと



ちなみに推奨コメントでも書いた「母系にデインヒルとNijinskyが入り、かつ母がRibotのクロスをもつ」ハーツクライ産駒は上のとおり

なかなかの鉄板パターンなのでサトノアイちゃん、グランシエロ、スマラグドスと毎年POGで狙ってます(他に2歳では母キャッチザカクテルのジャスティンビーチがこのパターン)



ルクルスはセレクションセールで見たときから母チリエージェが強い馬やなあ~とは思ってたんですが、芝1400デビュー予定を延ばしたとのことで、走りを見てもダ1200よりは芝1400のほうが合っているだろうとは思いますね

バロッサヴァレーは背中も脚も長くてナスペリオン的ストライドでズドーンズドーンという走りで、これはいかにも東京中距離向きの正統派ハーツ

一口ピックですが、インゼルは先行募集締切(10/23)の何日か前にはアップします
ライオンは10/1から募集スタートですが、募集馬の詳細が発表され次第とりかかるつもりです

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

北枕鳩三郎&望田潤の京サラ募集馬セレクトプロジェクト

2022-09-22 14:06:10 | 共有クラブ

以下、京都サラブレッドクラブHP「お知らせ」より
https://kyoto-tc.jp/cn

さて2021年産馬募集、企画を実施させていただきます。
「北枕鳩三郎セレクト」
twitter、サラブレ、netkeiba等で大活躍中、コアなファンから絶大な支持を誇るパドック馬見の達人、あの「北枕鳩三郎」氏に募集馬監修を依頼、本年度サマーセールにて北枕氏完全セレクトで2頭を落札致しました。

募集No.6
スカイウォリアー2021
父:ベストウォーリア
牡 2021年4月10日生 栗毛
募集総額:900万円(全500口)
一口価格:1.8万円
入厩予定:栗東:中尾秀正厩舎



募集No.10
ハッピーディレンマ2021
父:レインボーライン
牡 2021年5月14日生 鹿毛
募集総額:600万円(全500口)
一口価格:1.2万円
入厩予定:栗東:佐々木晶三厩舎



北枕氏はこれまで約29年間パドック最前列で様々な名馬をご覧になって来られました。現在も精力的に全国の競馬場へ臨場され、特にクラシック戦線に重要なレースは欠かさず現地で各馬の馬体をチェックされています。現場での実馬チェックにこだわり、現役馬はもちろんのこと、セレクトセール・サマーセール ・一口馬主クラブのツアーへの参加等、これまでにご覧になられた1歳馬は数え切れないほどです。そんな北枕氏に全てをお任せし、セレクトいただいたのが上記2頭です。それぞれの馬への北枕氏ご見解はカタログ内”コメント”をご参照くださいませ。

北枕鳩三郎氏から、このプロジェクトに関してご挨拶がございます。
「サマーセールの上場馬は5日間で約1300頭。時間的な制約もあるため、その全頭すべてをチェックするには、良し悪しを瞬時にジャッジする判断力が求められます。長い間、競馬場のパドックで培ってきたのは、その日の勝ち馬を当てることだけでなく、競走馬がふとした瞬間に見せる所作やちょっとしたしぐさから素質を見抜くことでもありました。セリ会場では、人よりもたくさんの馬を見て、たくさん歩いてもらって、多くのバイヤーの隙を突くことで良駒を予算内で落札することに成功しました。大手牧場の良血馬にも引けを取らないくらいの素質馬です。自信を持ってオススメできます。私自身も京都サラブレッドクラブさんの会員として、しっかり出資させていただきます。低価格で出走回数も多く、また収支の面でも期待値が高いとなれば、セカンドクラブとしても、クラブの今後の伸びしろを含めて魅力がたっぷり! 一緒に喜びを、そして、楽しみを共有しましょう」

もう1つ企画を実施させていただきます。
「望田潤セレクト」
皆様ご存知、当クラブ募集馬配合診断コメントでおなじみの血統評論家「望田潤」氏に募集馬監修を依頼、本年度サマーセールにて望田氏に配合からセレクトいただいた渾身の1頭を落札致しました。

募集No.13
ウマヤノニウシ2021
父:リーチザクラウン
牝 2021年4月30日生 芦毛
募集総額:850万円(全500口)
一口価格:1.7万円
入厩予定:美浦・中川公成厩舎



望田氏にはサマーセール上場馬の中から、配合面で特筆すべき馬をセレクトいただき、現地にてクラブスタッフと共に実馬チェック後、候補馬の中から予算内で1頭落札を致しました。望田氏の信条でもある”次の世代へ繋がる配合を”という観点から、牝馬を、また繁殖牝馬としても楽しみな血統馬の選定をしていただきました。望田氏ご見解はカタログ内”コメント”をご参照くださいませ。

望田潤氏から、このプロジェクトに関してご挨拶がございます。
「京都サラブレッドクラブさんは毎年募集馬をサマーセールにて購入されていますが、今年は新たな試みとして、望田が血統からチョイスした馬を何か落としてみようか…という企画を打診され、面白そうなので参画させていただきました。京都サラブレッドクラブさんもクラブとしての歴史を重ねていくに連れて、募集された牝馬が繁殖として牧場に帰り、その仔がまたクラブで募集されるというようなサイクルになってくるでしょう。それが一口クラブの楽しさの一つだと思っています。そんなわけで、私がチョイスするならば競走馬としてはもちろん、繁殖牝馬としても魅力ある血統の牝馬がいいだろう…ということで話は決まりました。上場馬のなかから何頭かピックアップし、実馬を北枕鳩三郎さんやクラブスタッフの方にも見てもらった上で、これならばということで落札していただいたのがウマヤノニウシ21です。詳しい血統解説は募集ページを参照いただくとして、手前味噌ながらなかなか魅力的な牝馬を落とせたのではないかと思っています。本馬が競走生活を終えて繁殖入りするときには、会員の皆様と一緒に配合相手について考えるのも一興でしょう。そんな楽しみが広がるような活躍を期待しています。よろしくお願いいたします」

サマーセールには私も同行し、上場馬をチェックしながら、達人北枕さんの馬見の極意をあれこれご教授いただきました(・∀・)
21年産は10/3(月)12:00より先行募集開始、何卒よろしくお願いいたします
あと10/2の募集馬見学ツアー、私も同行させていただくことになりましたのでそちらも楽しみにしています(・∀・)

追記
すでに募集各馬のプロフィール詳細も公開されており、今年も私が血統解説を担当しておりますので(グランデファーム産馬は衣斐御大が自ら解説されています)、出資の参考にしていただければ幸いです


https://kyoto-tc.jp/club/index

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする