栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2024-2025」

6/12~16の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2024-06-20 14:07:47 | 共有クラブ

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2022)』で栗山求が推奨したアンデスビエント(牝3歳)が水曜川崎11Rの関東オークス(Jpn2・ダ2100m)を勝ちました。

★グリーンファーム愛馬会
父ドレフォン
母アンデスクイーン(タートルボウル)
牝 募集価格:4000万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2021105387/
母アンデスクイーンは7年前に当企画で推奨した馬でした。現役時代にエンプレス杯(Jpn2)など3つのダート重賞を制覇。Dyhim Diamond≒アンデスレディー2×3(Night Shift≒ノーザンテースト3×4、Green God≒ペルースポート5×4を併せ持つ)が配合的な核心です。本馬の父ドレフォンは昨年のファーストシーズンサイアーチャンピオン。初年度産駒から皐月賞馬ジオグリフを出しました。同馬の母アロマティコと、アンデスクイーンの母レイナカスターニャは全姉妹なので、後者にドレフォンを交配して誕生した本馬は、ジオグリフとほぼ4分の3同血といっていいでしょう。また、父ドレフォンの直系先祖であるStorm Birdは、本馬の母方にあるNight Shift、ノーザンテーストと配合構成がよく似ているので、Storm Bird≒Night Shift≒ノーザンテースト5×4・5となり、母の配合的核心部分を継続することになります。ジオグリフと配合が似ているとはいえ、母がダート重賞勝ち馬ですから、おそらくダート向きに出る可能性が高いだろうと思います。(栗山)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2023)』で望田潤が推奨したクレーキング(牡2歳)が土曜東京6Rの新馬戦(ダ1400m)を勝ち上がりました。

★シルクホースクラブ
父ナダル
母クインアマランサス(アグネスタキオン)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2022104743/
牡 募集価格:3500万円
母クインアマランサスもピック馬でしたが、キングカメハメハ×アグネスタキオンらしい硬い脚元でダ1800で3勝をあげました。そこに幻のKダービー馬ナダルが配されて、A.P.Indy4×4とLiable≒Kingmamboのニアリークロス3×3のクロス。A.P.Indy的な柔らかさや伸びやかさも受け継いで、大きな馬ですがダートを悠然とストライドで走りそうなイメージです。母より脚元が丈夫そうに見えるのも大型馬だけに好感。ダ1800で母以上の活躍を見込んでいいでしょう。(望田)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2022)』で望田潤が推奨したウィンターガーデン(牝3歳)が土曜京都2Rの未勝利戦(ダ1800m)を勝ち上がりました。

★キャロットクラブ
父リアルインパクト
母リッチダンサー(Halling)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2021105857
牝 募集価格:3000万円
名繁殖リッチダンサーの娘で、コントラチェック、ムーンクエイク、バウンスシャッセ、フロアクラフトなどの妹。本馬は父がリアルインパクトに替わりましたが、ヴィートマルシェ21同様、父があまり強く自己主張していないぶん、牝系の長所がストレートに表現されたような好マイラーに見えます。配合的にみても、リッチダンサー(Northern Dancer5×3)はアウトブリードの種牡馬と合うので、リアルインパクトでもおかしなところはありません。本格化は古馬になってからかもですが、桜花賞路線に乗ってほしい素材です。(望田)

■土曜東京9R三浦特別 カニキュル(POG・栗山)
■土曜京都10R保津峡S ブラックブロッサム(一口・望田&栗山、POG・望田)

----------

1月に「パーフェクト種牡馬辞典(2024~25)」の枠組みが概ね決まったとき、巻頭の新種牡馬枠4頭にナダルが入らないと知ってビックリしたんですが、たしかに初年度産駒の頭数順だと5番目になってしまうんですよね…

そのぶん血統屋の一口ピック(2023)では4頭、POG書籍でも3頭、あと競馬道OnLineの「新種牡馬厳選POG好配合馬リスト」でも3頭ナダル産駒を取り上げております(ファーストシーズン予想も○)



Soignee(Dashing Blade)
├スタセリタ(Monsun)…仏オークスほか、ソウルスターリングやシェーングランツの母、スターズオンアースの母母
├Salicorne(Agaron)
│└Sauterne(Kingman)ムーランドロンシャン賞-仏G1
└Speralita(Frankel)
 ├Noble Truth(Kingman)ジャージーS-英G3、②ジャンリュクラガルデール賞-仏G1
 └Sparkling Plenty(Kingman)仏オークス-仏G1

仏オークスはSparkling Plenty、上のようにSoigneeの娘とKingmanがニックスなのはもちろん偶然ではなくて、Soigneeの父Dashing Bladeの母父がSharpen UpなのでもれなくSharpen Upのクロスになります



何度も書いてますが、Kingman産駒は名牝Rafha(Mixed Marriage≒Sunset Gun4×4)の血を活かした配合が成功しており(Kingman自身がMixed Marriage6×6)、Persian KingはKris=Diesis4×4、ElmalkaはSharpen Up5×3、SauterneはSharpen Up5×5、KinrossはSharpen Up5×3、シュネルマイスターはKris4×5ですね

コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「一口好配合ピック」ジーワンから計17頭ピック

2024-06-19 15:49:37 | 共有クラブ

今期もスタートした「一口馬主好配合馬ピックアップ」、ジーワンサラブレッドクラブから栗山が11頭、望田が9頭、ダブルピックが3頭なので、計17頭ピックしております。よろしくお願いします
「一口馬主好配合馬ピックアップ(2024~2025)」がスタート
https://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/45ec6c6634cd3a48c26a5bf34c3a7758

コメント (7)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「一口好配合ピック」東サラから計13頭ピック

2024-06-15 23:18:33 | 共有クラブ

今期もスタートした「一口馬主好配合馬ピックアップ」、先ほど東京サラブレッドクラブから栗山が9頭、望田が6頭、ダブルピックが2頭で計13頭ピックしましたのでよろしくお願いします
次はジーワンですが、6/19が締切なのでその2~3日前にはアップします

「一口馬主好配合馬ピックアップ(2024~2025)」がスタート
https://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/45ec6c6634cd3a48c26a5bf34c3a7758

コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「一口馬主好配合馬ピックアップ(2024~2025)」がスタート

2024-06-11 16:05:47 | 共有クラブ

血統屋の看板コンテンツ「一口馬主好配合馬ピックアップ(2024~2025)」が今年もスタートします
まずは6/17正午受付スタートの東サラからですね、これは6/16までにはピックします
次は6/20締め切りのジーワン、これは募集馬見学ツアーに参加して実馬も見てきました。今年もよろしくお願いいたします m(_ _)m
http://www.miesque.com/c00101.html

(以下栗山ブログよりコピペ)
毎年恒例の企画「栗山求・望田潤の一口馬主好配合馬ピックアップ」を今年も開始いたします! 今年も最新の知見・テクニックを総動員して走る馬を見つけ出します。全頭評価ではありません。
これまでと同じく、栗山求と望田潤が「これは見込みがありそう」と思った馬を、評価用のブログに取り上げて配合面から論評する、というスタイルです。多くのクラブが存在するので、募集馬が発表されたクラブから徐々にやっていきます。取り上げたい馬がどうしても見当たらないというクラブはスルーすることもございますのでご了承くださいませ。
よく言えば着々と、悪く言えばダラダラとやっていくロングラン企画ですので、お目当てのクラブの募集が始まったらお入りいただくという形でもまったく問題ありません。もっとも、早く入っても遅く入っても料金は変わりません(見放題で2980円)。
ちなみに、現段階ではまだ推奨馬はございませんので、評価用のブログは白紙状態です。これからボチボチ書き込んでいきます。出資候補馬の絞り込みに大きな役割を果たすことができると自負しております。
今年で14年目。毎年右肩上がりにコンテンツ販売数が伸びているのは、ひとえに皆さまのご支援の賜物であり、心より感謝しております。今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
http://www.miesque.com/

■ジーワンサラブレッドクラブ
■ウインレーシングクラブ
■キャロットクラブ
■京都サラブレッドクラブ
■グリーンファーム愛馬会
■サラブレッドクラブライオン
■シルクホースクラブ
■大樹レーシングクラブ
■ターファイトクラブ
■東京サラブレッドクラブ
■ノルマンディーオーナーズクラブ
■広尾サラブレッド倶楽部
■友駿ホースクラブ
■ユニオンオーナーズクラブ
■ラフィアンターフマンクラブ
■ロードサラブレッドオーナーズ
■ローレルクラブ
■YGGオーナーズクラブ
■ワラウカド

※代金のお支払いが済みますとブログはいつでもご覧いただけます。
http://www.miesque.com/shopping.html

※「Yahoo!メール」などのフリーメールをご使用の場合、購入確認メールが自動的に迷惑メールフォルダに仕分けされてしまう場合がございますのでご注意ください。携帯またはスマホをご利用の方は、PC発信メールの受信可否をご確認いただければ幸いです。「ezweb」は相性が悪いので、購買手続きをしたにもかかわらず購買確認メールが届かないという方はご連絡いただけましたら幸いです。IDとパスワードの入力は、コピー&ペーストではうまく行かない場合がございますので、手入力をお勧めいたします。

※クレジットカードをお持ちでない方でも、ネット専用のVisaプリペイドカード「Vプリカ」を利用してお求めいただけます。審査不要でどなたでも作ることができ、クレジットカードと同様にネット上の決済ができるという優れものです。「Vプリカ」はネットでもコンビニでも手続きをすればすぐに買うことができます。

1 Vプリカのアカウントを作る
2 Vプリカを購入し、発行コードを入力する
3 PayPal のアカウントを作る
4 PayPal のアカウントにVプリカのカード情報を登録する
5 血統屋ウェブサイトにおいて PayPal で決済する

このような流れで購買することが可能です。YouTubeなどにもわかりやすいご利用ガイドがございます。ぜひお試しくださいませ。

コメント (4)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5/25,26の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2024-05-30 13:43:52 | 共有クラブ

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2022)』で栗山求が推奨したアンジョルラス(牡3歳)が土曜京都5Rの未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がりました。

★サラブレッドクラブライオン
父キズナ
母ラビルキン(Indygo Shiner)
牡 募集価格:2800万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2021106682/
キズナを父に持つ牡馬は、現時点で芝92勝、ダート95勝と、芝とダートの成績が拮抗しています。母ラビルキンは南米アルゼンチンで4つの短距離重賞(芝1勝、ダート3勝)を制覇し、シウダッドデブエノスアイレス大賞(亜G1・ダ1000m)ではクビ差2着と健闘しました。同国の名門ケブラダ牧場の生産馬で、同じ牧場で誕生した本邦輸入繁殖牝馬ラリズ(ヒシイグアスの母)と血統構成がよく似ています(ラビルキンとラリズの母がほぼ同血)。母ラビルキンはA.P.Indy系のIndygo Shinerを父に持ち、キズナを父に持つ牡馬はパワー型に出やすいので、本馬はダート向きに出る可能性が高いのではないかと思われます。重厚かつ野性味あふれる馬体からもダート路線で出世が期待できます。(栗山)

■日曜東京9Rむらさき賞 ジェイパームス(POG・望田)
■日曜京都12R渡月橋S サトノペルセウス(ディープ・栗山)

----------

今のところ芝で2勝しているレイデオロ産駒は以下の6頭で、1800で勝ったのはミナデオロの白百合が初やったんですが、これが前後半48.5-12.4-45.6というなかなかのスロー

以下のようにレイデオロ産駒の芝2勝目は、いずれも前半や中盤がかなりペースダウンしていて、ようするに道中かなりゆったりと追走できるレースばかりなのがわかりますが、これがレイデオロTTサイアー説の根拠の一つだということは何度か書いてきました

サンライズアース(すみれS=阪神芝内2200):12.6-10.6-11.3-12.7-13.0-13.3-12.0-11.5-11.2-11.8-12.0
ミナデオロ(白百合S=京都外1800):13.0-11.5-11.8-12.2-12.4-11.9-11.7-10.8-11.2
アドマイヤテラ(1勝C=東京芝内2000):12.9-11.3-12.6-12.9-13.1-12.8-12.7-11.7-11.3-11.5
トロヴァトーレ(葉牡丹賞=中山芝内2000):12.6-11.2-12.4-12.7-12.8-12.2-12.1-11.7-11.3-11.4
ダイシンアポロン(山吹賞=中山芝外2200):12.7-11.3-12.5-13.0-12.9-12.9-12.4-12.1-11.6-11.8-11.9
ペッレグリーニ(セントポーリア賞=東京芝1800):13.4-11.6-12.1-12.8-12.7-12.5-11.9-10.7-11.1

サンライズアースのダービーも前半は後方でゆったり追走、3~4角で外々を回って押し上げていって、あれでもバテずに4着に踏みとどまっているというね、こういう長い距離でゆったり追走で走りつづけられるスタミナというのが、日本ではステイヤーとカテゴライズされるものだろうと(ちなみにサンライズアースはダービーでもゴール後400mぐらいの地点では2着に上がっていました)

数年後には「ステイヤーズSはオルフェとレイデオロを買っとけ」みたいな格言が出来上がってるかもですな



ディープインパクトがTTなのは公表されていますが、仮にレイデオロやレガレイラもTTだとしたら、ウインドインハーヘアTT説が有力ではないか、とも思うわけです

コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5/11,12の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2024-05-15 13:46:26 | 共有クラブ

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2020)』で栗山求が推奨したウインマーベル(牡5歳)が土曜東京11Rの京王杯スプリングC(G2・芝1400m)を勝ちました。

★ウインレーシングクラブ
父アイルハヴアナザー
母コスモマーベラス(フジキセキ)
牡 募集価格:1400万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019100213/
ウインジェルベーラ(函館2歳S-2着)、ウインアイルビータ(現1勝)、ウインオーサム(現未勝利)の全弟です。母コスモマーベラスはターコイズS(OP)を2連覇したほか愛知杯(G3)で2着という成績を残しました。その一方で、母としては気性的な難しさを伝えるところがあり、ウインオーサムは去勢されています。本馬は動画を見るかぎりそうした点は見られません。ただ、現時点では後肢の力が弱いように感じます。そのあたりが値段の安さにつながっているのかもしれません。「アイルハヴアナザー×フジキセキ」は連対率38.0%、1走あたりの賞金額338万円というニックス。Last Cause≒Millicent4×5が利いている可能性があります。5月8日生まれなので成長の余地があり、後肢の踏み込みの甘さが改善してほしい――という期待込みではありますが、この値段ならそんなギャンブルを許容してもいいのではないかと思います。芝・ダート兼用のスプリンターでしょう。(栗山)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2022)』と『POG種牡馬別好配合馬リスト(2023)』で望田潤がダブル推奨したルージュシュエット(牝3歳)が土曜京都1Rの未勝利戦(ダ1800m)を勝ち上がりました。

★東京サラブレッドクラブ
父Curlin
母ダンシングラグズ(Union Rags)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2021105640/
牝 募集価格:5000万円
母ダンシングラグズはアルシバイアディーズS(米G1・ダ8.5F)勝ち馬。Northern Dancer4・5×4、Secrettame≒Terlingua4×3などクロスがうるさめなので、アウトブリードのCurlinとは配合的に合います。力強い馬体と動きは牝馬とは思えず、この募集価格ですがダートのオープンを狙えるとみてピック。ちなみにCurlin産駒はJRAに18頭が出走し12頭が勝ち馬となっていますが、母系にStorm Catの血を引く場合はJRAに8頭が出走しヴォアドアンジェ(現役3勝)など7頭が勝ち馬となっています。(望田)

ルージュシュエット(牝・父Curlin・母ダンシングラグズ)
母ダンシングラグズはアルシバイアディーズS(米G1・ダ8.5F)勝ち。Northern Dancer4・5×4、Secrettame≒Terlingua4×3などクロスがうるさめで、アウトブリードのCurlinとはいい感じ。母系にStorm Catの血を引くCurlin産駒はJRAに8頭が出走し6頭が勝ち馬。牝に限ればヴォアドアンジェ(3勝)、エーシンエポナ(3勝)、デュアラブル(2勝)と3頭とも勝ち馬。(望田)

■『POG種牡馬別好配合馬リスト(2023)』で栗山求が推奨したダイヤモンドレイン(牝3歳)が土曜京都5Rの未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がりました。

ダイヤモンドレイン(牝・父サトノダイヤモンド、母シーウィルレイン)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2021105577/
ダノントルネード(京都新聞杯-2着)の半妹。母シーウィルレインが勝ったゴールデンスリッパーS(豪G1・芝1200m)は、豪2歳短距離王者決定戦で、世界最高賞金額の2歳戦でもある。父サトノダイヤモンドはスタミナと晩成傾向がある種牡馬なので、Bletchingly4×4を持つ母のスピードと早熟性は好ましい。(栗山)

■土曜新潟8R1勝クラス アニトラ(一口・望田)
■日曜新潟6R1勝クラス ウィルフルネス(一口・望田)
■日曜東京7R1勝クラス ベルウェザー(一口・望田)



ニューイヤーズデイ×ハーツクライのニューバラードが勝ち上がり、上のように「元旦トニー」は予想どおり高アベレージで勝ち上がっていますが、特に母系にNureyevを併せもつケース(★)は出走5頭とも勝ち上がっています

元旦トニーはHelen Streetとトニービンの血脈構成が似ているのがニックスの根拠で、TroyってのはHornbeamとFair Trialですから、Nureyevを加えることでよりナスペリオン的な方向に舵を切った配合になるといえますかね



100%配合の「元旦トニーエフ」はニューイヤー×ルーラーシップやニューイヤー×ドゥラメンテやニューイヤー×ジャングルポケットでお手軽に実現できまっせ(・∀・)

ちなみに2歳の「元旦トニーエフ」を検索してみたら4頭いましたが、馬名が元旦すぎた

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4/13,14の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報&『裏・配合パズル2024』

2024-04-17 13:18:17 | 共有クラブ

主要な父と、相性のいい血(ニックス)を考察した血統同人誌『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ。その姉妹版にあたる最新作『裏・配合パズルでアタリはわかる 2024』が発売になっています

昨年よりもさらにボリュームアップし、全203ページの労作です。客観的な数値により良し悪しを判断されているので、曖昧さやごまかしがありません

そして何より、ニックスに該当する2歳馬、1歳馬をすべて掲載しているのが嬉しいですね。自分で調べる手間が省けます。もちろん「母馬INDEX」付きです。2歳馬はPOG、1歳馬は一口馬主の馬選びでお役立てるはずです
http://miesque.com/c00099.html



■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2022)』で栗山求が推奨したハリウッドブルース(牡3歳)が土曜阪神2Rの未勝利戦(ダ1200m)を勝ち上がりました。

★京都サラブレッドクラブ
父カリフォルニアクローム
母ハニーパイ(サウスヴィグラス)
牡 募集価格:1000万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2021104514/
母ハニーパイはエーデルワイス賞(Jpn3・ダ1200m)の勝ち馬。初仔のサトノユニゾン(父シニスターミニスター)はJRAで3勝クラスまで出世しました。グランド牧場の生産馬ですが、現在は前谷武志さんの牧場に繋養されています。父カリフォルニアクロームは米年度代表馬に輝いた大物ですが、産駒成績はもうひとつです。アメリカで走った産駒のなかで現時点で最もハイレベルな実績を残している馬はCilla。プライオレスS(米G2・ダ6ハロン)を制し、フリゼットS(米G1・ダ8ハロン)で3着となりました。同馬は、父カリフォルニアクロームの母Love the Chaseが持つ「Dance Number≒Polish Numbers2×2」を継続する形で、Not for Love≒Mutakddim3×3という相似な血のクロスを持ちます。本馬の配合はこれと似たような構造で、Dance Number≒Polish Numbers≒アサティス4・4×3。これぐらい大胆な配合のほうが、カリフォルニアクローム産駒は動いてくれるのではないかと思います。5月生まれなので、現在408kgの馬体はまだまだ成長するはずです。ダート中距離タイプ。(栗山)

■土曜阪神9R明石特別 ショウナンアデイブ(ディープ・望田&栗山)
■日曜阪神6R1勝クラス ログラール(一口・栗山)



ハリウッドブルースの勝利により、アイスリンディ、カリフォルニアと合わせて、カリフォルニアクローム×サウスヴィグラスはJRA出走全て勝ち上がり

ずっと言いつづけてることですが、サウスヴィグラスやサクラバクシンオーのような短距離の肌こそ中距離の種を配すべきで、特にダートは先行力や機動力が重要なので「父中距離×母父短距離」の配合が成功しやすいのです

ミッキーヌチバナがG3アンタレスSに勝ってダノンレジェンド産駒がJRA重賞初制覇、その配合のポイントは以下に書いておりますが、アウトサイダー父系のアウトブリードなので、クロスがうるさい繁殖との配合に向いています
https://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/b7c67b82bb73dac759aa5be6795a47d4



前走3勝Cで2着しオープン入り目前のダノンセシボンも、母ダノンボンジュールはMr.Prospector4×3、Glorious Song5×3、Northern Dancer5×4・5ですね

昨年からスタートしたネクストスターにおいてはトラジロウが門別を、ダヴァンティが金沢を制し、オスカーブレインが門別で3着、トゥールリーが佐賀で3着、仕上がり早く2歳戦に強いのもダノンレジェンドのセールスポイント

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4/4~7の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2024-04-11 15:58:20 | 共有クラブ

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2022)』で望田潤が推奨したレッドセニョール(牡3歳)が日曜中山4Rの未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がりました。

★東京サラブレッドクラブ
父リアルインパクト
母ポルケテスエーニョ(Medaglia d'Oro)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2021105779/
牡 募集価格:1800万円
ミスエルテの甥で、母母ミスエーニョはデルマーデビュータントS(米G1・AW7F)勝ち。その母父ヘネシーは日本で成功しているStorm Cat系で、母系にStorm Catをもつリアルインパクト産駒はラウダシオン、イプシランテ、ギブミーラブなどJRA出走11頭中7頭が勝ち馬と高確率で走っています。母系にStorm CatとA.P.Indyが入ってSir Ivorをクロスして、全体に"柔"な方向に振っているのがリアルインパクト産駒として◎。5月生のリアパク牡駒ですから、これから幅が出てマイラーらしい肉付きになってくるでしょう。(望田)

■木曜園田11R兵庫女王盃3着 サーマルソアリング(一口&POG・望田)
■土曜阪神11R阪神牝馬S2着 ウンブライル(POG・栗山)
■土曜中山11RニュージーランドT2着 ボンドガール(POG・栗山)
■日曜福島12R1勝クラス ラスハンメル(一口&POG・栗山)

下記は3歳世代のJRAリーディングトップ10ですが、こうしてみるとリアルスティールのセコンドクロップ頑張ってて、まあ新種牡馬予想のときに「ダートいけるし自己主張も強そうでアベレージは出るはず」と書いていたので驚きはないですが、勝ち馬率43.4%は何気にすごい

3歳世代リーディング(勝ち馬率)
キズナ 98602.9万円(37.9%)
エピファネイア 90504.1万円(30.4%)
スワーヴリチャード 60191.4万円(31.9%)
モーリス 54088.0万円(32.1%)
ロードカナロア 50933.9万円(36.8%)
ドレフォン 48631.0万円(31.7%)
ダイワメジャー 47086.9万円(22.4%)
リアルスティール 44958.4万円(43.4%)
ニューイヤーズデイ 36928.1万円(40.0%)
ブリックスアンドモルタル 35146.2万円(20.2%)

「母系にA.P.Indyが入るリアルスティール産駒が走ってますよね」という話を土曜にしてたんですが、リアルスティールってのはディープインパクト×Storm Catの黄金配合で、この配合はSir Ivor≒Terlinguaのニアリークロス由来のしなやかストライドが最大の特長





ただリアルスティールはMiesqueの直系でもあり、ラヴズオンリーの仔はみんな独特の立ち肩で(私はRibot肩と呼んでますが)、リアルスティール産駒も前捌きが硬いように見えるタイプが多いですよね

Miesque様が走ってる映像があれば一目瞭然ですがもうバリバリのRibot肩で、マイルの女王といってもすごい快速牝馬というよりは力強く掻き込んでねじ伏せるように差し切ります

だから産駒はこのRibot肩をもう少し柔らかくほぐして鈍角にするような配合が成功しているといえ、その場合Sir Ivor≒Terlinguaのニアリークロスに同じような「ナスキロ+トムフール」的組み合わせの有力スピード血脈を合わせる、というのが有効だと

フォーエバーヤング(UAEダービー他)…母にWeekend Surprise
レーベンスティール(セントライト記念)
オールパルフェ(デイリー杯)…Alzao≒リリズム4×6
ドナベティ(②ファンタジーS)…母にWeekend Surprise
チカッパ(昇竜S)…Storm Cat3×5

重賞連対orオープン勝ちの産駒は、レーベンスティール以外はいずれも、Sir Ivor≒Terlingua的な(「ナスキロ+Tom Fool」的な)クロスやニアリークロスを重ねており、まあレーベンスティールは母父トウカイテイオーがまだ別次元の柔らかさを伝えるのでね

コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3/30,31の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報&望田がノルマンディー3次から1頭ピック

2024-04-04 11:18:15 | 共有クラブ

先ほどノルマンディーオーナーズクラブ(3次募集)から、望田が1頭ピックしましたのでよろしくお願いします(キャロット追加募集のピックはなしです。栗山のピックもなしです)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2020)』で望田潤と栗山求がダブル推奨し、『望田潤のPOG好配合馬リスト(2021)』で望田潤がしたパラレルヴィジョン(牡5歳)が土曜中山11Rのダービー卿CT(G3・芝1600m)を勝ちました。

★キャロットクラブ
父キズナ
母アールブリュット(マクフィ)
牡 募集価格:5000万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019105065/
母アールブリュットは英2000ギニー馬マクフィの娘で、現役時は芝1500~1800で活躍しました。マクフィは肌に回って優秀な血とみているので、アールブリュットも初仔から注目しておきたいです。キズナとの配合も及第点がつけられるもので、母父のマイラーっぽさも強い体型ですから、先日の札幌2歳Sで奮闘したバスラットレオンと似たイメージを持っています。(望田)
【9月8日追記】
母アールブリュットは現役時代に3勝クラスまで出世したマイラー。母の父マクフィは「Dubawi×Green Desert×Irish River」という名血だけに、個人的にブルードメイアサイアーとして成功するのではないかと考えています。母はGreen DesertとSadler's Wellsを併せ持つ欧州血統。この組み合わせを持つキズナ産駒といえば、7月の札幌新馬戦(芝1800m)を2馬身半差で逃げ切り、続く札幌2歳S(G3)で3着となったバスラットレオンがいます。また、母方にRobertoを持つパターンもキズナ産駒の平均を上回る成績を残しています。ヨーロッパ血統に由来する粘りを武器とし、大レース向きの底力も感じさせます。芝向きの中距離タイプでしょう。(栗山)

パラレルヴィジョン(牡・父キズナ・母アールブリュット)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019105065/
メートルダールの甥で、母アールブリュットはJRA4勝(芝1200~1800)。母母イグジビットワンはパオロメザノッテ賞(伊G3・芝2000m)などに勝った。マクフィは肌に回ってよさそうで、アールブリュットも初仔から注目したいし、キズナとの配合も及第点がつけられる。母父のマイラーっぽさも強い体型だから、バスラットレオンに近いイメージで。(望田)

■土曜メイダン8R ドバイシーマクラシック2着 シャフリヤール(ディープ・栗山)
■土曜メイダン8R ドバイシーマクラシック3着 リバティアイランド(POG・栗山)
■日曜阪神5R1勝クラス テラメリタ(POG・栗山)



パラレルヴィジョンは前走ニューイヤーSを快勝したときに「なんやお前…中距離馬と思ってたらいつの間にバスラットレオンになってたんや!」と思わず突っ込んだんですが、よく考えたらピックしたときにはバスラットレオンになると書いてたんですね(^ ^;)

パラレルとバスラットは母系にGreen DesertとSadler's Wellsが入る点が共通しますが、このパターンは以下のようにJRA出走4頭全て活躍、牡もめちゃんこ走るキズナの黄金配合のひとつ



キズナといえばStorm Cat≒ロイヤルアカデミーのニアリークロスをもつキズナ産駒が最近よく走ってますが(下表参照)、サンライズジパングもリビアングラス=インザモーメントもStorm Cat的なスピードで走るマイラーではなくて、長いところでしぶといタイプに出ているのは面白いですね





コメント (4)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3/23,24の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2024-03-27 19:52:51 | 共有クラブ

■『POG種牡馬別好配合馬リスト(2023)』で望田潤が推奨したパシフィックハイ(牝3歳)が日曜阪神5Rの未勝利戦(芝1600m)を勝ち上がりました。

パシフィックハイ(牝・父キタサンブラック・母デロングスター)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2021105141/
母デロングスターはダ短距離で3勝をあげたが、ヴィクトワールピサの肌だし繁殖としては更に楽しめそう。本馬はサンデーサイレンス~Haloのクロスを重ねつつ、ウインドインハーヘアとオトメゴコロとMuch Too Riskyの底力の血が脈絡し合い、母母アイアムルビーからは北米スピードを補って(1/4マイラー)、キタサンブラック産駒としてはかなり高得点な配合になった。(望田)

■土曜阪神11R毎日杯2着 ノーブルロジャー(一口・望田)
■日曜中京12R鈴鹿特別 ロードフォンス(一口・望田)



毎日杯を快勝したメイショウタバルは、ゴールドシップ産駒でサンデーサイレンス3×4とNorthern Dancer6・6×5・6・6ですが、

The Minstrel≒Nijinskyの3/4同血クロス5×5
ノーザンテースト≒ノーザンアンサーのニアリークロス5×5(Northern DancerとWindfieldsとSir Gallahad=Bull DogとWrack)
ノーザンテースト≒Vice Regentのニアリークロス5×4(Northern DancerとVictoriana)

と、5本のNorthern Dancerのラインをいずれも3/4同血orニアリークロスでまとめているのが一つポイントですかね

ただ実馬やレースをみると、脚長でしなやかな身のこなしはこのクロスのイメージとは異なり、メイショウタバルってのは毎日杯もつばき賞も外回りの4角手前から下るところでのスピードの乗りがものすごくて、あそこで後続を突き放してしまうのが圧巻ですよね

「脚長でしなやかで、前駆のいい走りで、下る力がすごい」というのは明らかにSir Gaylord的で、サイレージはSir Gaylord的前輪駆動を伝える牝系なのかもしれんなあ…そういやこの牝系に京都の鬼がいたなあ…



メイショウタバルの母メイショウツバクロの半兄、つまりタバルの伯父にあたるメイショウカンパク(父グラスワンダー)は、全6勝のうち5勝が平坦(京都2小倉2福島1中京1)

6勝目の京都大賞典がベストパフォーマンスで、5勝目が準オープンの八坂Sでこれが京都外1800、どちらも京都外の下りで惰性をつけてもうすでに何頭か抜きながら差してくるんですよね

土曜の阪神芝は重馬場でしたが内から乾いていって、ラチ沿いがグリーンベルト化していた疑惑がたしかにありますが、仮にタバルが走ってたところだけ稍重だったとしても、毎日杯を1.46.0で走破しノーブルロジャーに6馬身差というだけでなかなか破格の内容にはちがいない

問題はこの内容を、中山内2000や東京2400にそのままスライドできるのかどうか、下りの加速があまりにもすごいだけにそこを思案してしまいます(ちなみに桜花賞と皐月賞は、NETKEIBAの動画番組で注目馬を取り上げて解説します)



「オーストラリアの朝日杯」総賞金500万豪ドルのゴールデンスリッパーS(豪G1・芝1200m)は豪最大の種牡馬選定レースともいえ、最大の種牡馬選定レースが2歳の芝1200戦というのがさすがDanzig王国、さすがCC修羅の国というべきですが、今年は牝馬のLady of Camelotが勝ちました

父のWritten Tycoonは豪リーディングサイアーでDark Angelと同じくNorthern Dancer傍系トライマイベストの父系で、自身は5代アウトで母Party MissがMy Babu4×4

Lady of Camelotの母Miss DebutanteはNorthern Dancer4・5×5・6ですから、Northern Dancerクロスについての緊張→緩和というオーソドックスな好形といえます

Miss Debutanteは他にも重賞勝ち馬を2頭産んでいる優秀な繁殖で、その母More Than Realの全姉Miss Always Readyの仔がレックスで供用中のパレスマリス産駒ストラクター(BCジュヴェナイルターフ)で、ストラクターの母方は有力な豪短距離牝系なのです

コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする