栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2021-2022」

「一口好配合ピック」東サラから計12頭ピック&6/26,27の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2021-06-29 12:59:57 | 共有クラブ

先日スタートした「一口馬主好配合馬ピックアップ(2021~22)」ですが、本日栗山が東京サラブレッドクラブから7頭ピックしました
昨日望田が6頭ピックしており、1頭はダブルピックなので計12頭のピックとなります
http://miesque.com/c00077.html
現在ジーワンから10頭、東サラから12頭、あと19年産ですがノルマン3次から1頭ピックしていますのでよろしくお願いします

----------

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2020)』で栗山求が推奨したレッドベルアーム(牡2歳)が日曜阪神5Rの新馬戦(芝1800m)を勝ち上がりました。

★東京サラブレッドクラブ
父ハーツクライ
母レッドファンタジア(Unbridled's Song)
牡 募集価格:5600万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019105544/
「ハーツクライ×Unbridled's Song」は出走10頭中8頭が勝ち上がり、そのなかにはスワーヴリチャード(ジャパンC、大阪杯)を筆頭にアダムバローズ、カレンケカリーナ、トーホウアルテミスが含まれるというニックスです。本馬はレッドベルジュール(デイリー杯2歳S)、レッドベルローズ(フェアリーS-3着)、レッドベルディエス(クイーンC-5着)の下。これらはディープインパクト産駒で、「ディープ×Unbridled's Song」は無敗の二冠馬コントレイルを出したニックス。ただ、前述のとおりハーツクライとの相性も抜群なので、上と同じく重賞級の活躍が期待できます。(栗山)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2019)』で栗山求が推奨したジャンドゥーヤ(牝3歳)が土曜札幌4Rの未勝利戦(芝1500m)を勝ち上がりました。

★グリーンファーム愛馬会
父リオンディーズ
母ツルマルオトメ(タイキシャトル)
牡 募集価格:1500万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2018109101/
シンジュボシ(3勝クラス)やサムシングジャスト(アルテミスS-6着)の半妹。母ツルマルオトメはフェアリーS(G3)で5着と健闘したスプリンターで、「タイキシャトル×Storm Cat」はメイショウボーラーやレッドスパーダと同じ組み合わせ。このニックスの核心はNijinsky≒Storm Bird4×3ですが、本馬は父が持つ Nijinsky 6×5でこれを継続しつつ、Nureyev≒Sadler's Wells≒ウェルシュマフィン5・4×3という相似な血のクロスが施されています。これだけを見ると鈍重な印象も拭えませんが、Halo5×4で全体的な血統構成も軽めなので、むしろ好マイラーとなる可能性を感じます。(栗山)

■『ディープインパクト好配合リスト(2019)』で望田潤が推奨したインワンシティング(牡3歳)が日曜札幌2Rの未勝利戦(ダ1000m)を勝ち上がりました。

◎インワンシティング(牡、母パーソナルダイアリー)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2018105433/
母パーソナルダイアリーはMr.Prospector3×4とRelaunch3×4でデルマーオークス(米G1・芝9F)に勝った。デアリングタクトとも同牝系で、牝祖Banker's Ladyは北米G1を3勝。母系にTiznowが入るディープ産駒はコントレイルとアルジャンナの2頭しか出走しておらず、Tiznowの母父Seattle Songの母IncantationがSir Ivorとニアリーなので、Unbridled's Songの黄金配合と同じ理屈でニックスといえる。(望田)

■土曜阪神11R天保山S ピンシャン(POG・望田)
■土曜東京11R江の島S ラインベック(ディープ・栗山)



母系にTiznow(=Tizdubai=Tizamazing)をもつディープインパクト産駒は以下のように高確率で走っていますが、2歳にはすでに新馬勝ちのコマンドラインのほか、グランスラムアスク(牝,母ジェニサ)、ティズグロリアス(牝,母ティズトレメンダス)、リアド(牡,母タイタンクイーン)、ロールアップ(牝,母ティズウインディ)、そしてコントレイルの全弟サンセットクラウド(牡,母ロードクロサイト)がいますね



愛G1プリティポリーSに勝ったThundering NightsはSeeking the GoldとGreen DesertとSadler's Wellsのクロスですが、必殺のDubawi×In the Wingsのニックス(Zomaradah≒In the Wingsのニアリークロス)でもあるんですね



コメント (28)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第62回宝塚記念回顧~上がりのケイバでも、女傑は女傑

2021-06-29 08:41:38 | 血統予想

阪神11R宝塚記念
◎13.キセキ
○7.クロノジェネシス
▲2.レイパパレ
△1.ユニコーンライオン
クロノジェネシスは岩田望来が乗った調教でかかり気味になったようだが、そういうところのある乗り役だし、レースではルメールが乗るのだから問題にはならない。明朝に少し降る予報だが、良でも阪神2200である程度流れて持続戦になれば、レイパパレが強いといっても中心はクロノジェネシスだろう。
ユニコーンライオンの父ノーウェイネヴァーはヴェイグリーノーブルの血を引くだけに、産駒は逃げて大駆けする傾向があり、鳴尾記念の逃げ切りも直線後続を突き放しているからフロックではない。坂井瑠星としてはここもハナを主張して、逃げたらとても強い馬なのかもしれないという可能性に賭けたいところで、とすると下手にペースダウンして引っかかったレイパパレにつつかれるような愚行は避けたいだろう。後続がかからないぐらいのペースで少し離して逃げるのではないか。
追い切りが良く見えたのがキセキ。宝塚で2年連続2着しているように、中距離をワンペースなストライドで平均的なラップで駆け抜けて強い馬だ。祐一を乗せてゲート練習をやって、大外枠で最後に入るのでポンと出る可能性も低くないのでは。好位で平均ペースをグルッと回ってくれば今年も2着かもしれない。馬券は以下のように買ってみたい。

----------

例によってNETKEIBAの全頭血統解説より、リード文と1~3着馬を

サンデーの斬れよりヌレサドのパワーを重視
近年の連対馬をみると、Nureyev(クロノジェネシス、ミッキーロケット、マリアライト、キセキ、ワーザー、ドゥラメンテ)かSadler's Wells(リスグラシュー、マリアライト、ワーザー)をもつ馬が多い。梅雨時でタフな馬場になることが多く、しかも内回りコースで各馬早めに動いてロンスパ持続戦になりやすいため、サンデー系の斬れよりもNureyevやSadler's Wellsのパワーを重視したいレースだ。昨年もヌレサド持ちが掲示板を独占した。取り上げた馬でヌレサド持ちはアドマイヤアルバ、アリストテレス、キセキ、キングニミッツ、クロノジェネシス、シロニイ、モズベッロ、ユニコーンライオン

クロノジェネシス
母クロノロジストはフサイチリシャールやビーチサンバと同血の間柄で、本馬の他にもノームコアやハピネスダンサーを産んだ名繁殖。母母インディスユニゾンはフサイチエアデールの全妹にあたる。3歳秋から馬体充実して見る見る本格化し、昨年の宝塚は粘着力とパワーで歴史的な圧勝。秋天では東京のスローで鋭さ勝負になってもアーモンドに食い下がった。レース上がりが35秒以上かかったときは[4-1-1-0]で、タフなレースでの信頼度はここでも群を抜く。(距離◎スピード○底力◎コース◎)



ユニコーンライオン
モルニ賞(仏G1・芝1200m)勝ちThe Wow SignalやロックフェルS(英G2・芝7F)3着Miss Infinityの半弟で、仏1000ギニー馬Ta Ribも近親。父No Nay Neverはモルニ賞(仏G1・芝1200m)勝ち馬。母父High Chaparralは英愛ダービー馬でシゲルピンクダイヤなどの母父。全体にナスキロ血脈が強い配合で大箱向きのストライドで走るが、No Nay NeverはVaguely Nobleの血を引くせいか産駒は逃げると強い。鳴尾記念のようにハナなら侮れない。(距離○スピード○底力◎コース○)



レイパパレ
シャイニングレイの全妹で、ブラックシェルやアンコールプリュの姪。母シェルズレイはチューリップ賞とローズSで2着。母母オイスターチケットはファンタジーS3着。ディープインパクト×クロフネはステファノスやカワキタエンカと同じ。420キロの牝馬だが手先が強い走りで、むしろ急坂や道悪でパワーが更に活きるほど。無敗の6連勝は全てエンジンが違うという勝ちっぷりで、あとは重厚なスタミナ戦になってクロノと渡り合えるかだろう。(距離○スピード◎底力○コース◎)



鳴尾記念の逃げ切りが強かったユニコーンライオンがここはどんなペースでどんな逃げを打つのか、そこがまず焦点で、私はレイパパレがかからない程度に離して平均ペースで逃げるだろうと思ったんですが、川田も祐一も前をつつくというほどの意識はなかったようで、中盤弛んで60.0-12.4-58.5、上がり4Fが11.5-11.5-11.5-11.7と速くなりました

結果論でいうとレイパパレやキセキの持ち味を100%出せるレースにはならなかったかもですが、クロノジェネシスが取りこぼすとしたら20年大阪杯のようなスローになったときだろう…という頭も他の騎手にはあったかもしれず、しかし上がりのケイバでもこの完勝ですから、女傑は女傑だったと言うしかないですな

「コーナーで加速できなかった」と祐一がコメントしていたように、上がり4Fが速いケイバということは内回りのコーナーでの加速が求められるわけで、その点でいうとクロノジェネシスは内回り小回り[5-1-0-0]、豪快なアクションではなく小回りはきくほうなので、川田の直後という大好きなポジションを取ってしまえば、ルメールにとってはあとは楽というレースでした

有馬のときにも書きましたが、クロノジェネシスのパドックを見ていると、いわゆるマッチョな割れてる筋肉美というのではなくて、でも何が詰まってるのかよくわからんがとにかく中身はビッシリ詰まっているぞという体つきで、JCに来る欧州の一流馬がこんな感じやと思うんですが、ほんとに凱旋門賞が楽しみです(・∀・)

ユニコーンライオンは解説でも書いたように、No Nay Never産駒だからここでも逃げたら食い下がれそうな予感はあったんですが、それでも馬券では3着にしか塗れなかったですね(^ ^;)あそこからファイトバックするとはまさにAureole魂全開

No Nay Neverは早逝した名種牡馬Scat Daddy(ミスターメロディの父でもある)の代表産駒で、最有力後継と期待されて種牡馬入りし、初年度産駒からユニコーンライオンとTen Sovereignsを出して、今年はAlcohol Freeも大活躍中ですね



母母父がVaguely Noble直仔なので産駒は馬群があまり得意ではないようで、Ten SovereignsのミドルパークSとジュライCは途中からハナに立っての押し切りだし、Alcohol FreeもチェヴァリーパークSは逃げ切り、こないだのコロネーションCも終始馬群の外を走っての差し切りでした

日本でも以下のように、逃げたときのNo Nay Never産駒はなかなか高確率で穴をあけています



No Nay Neverの血統の優れた点をあげると、一つはヨハネスブルグとElusive Qualityが似たような組成で両者のスピードをよく活かした配合になっていること

そして一見するとスピード一辺倒のようで、Hawaii、No Robbery、Vaguely Noble、そしてGone Westに入るMixed Marriageと、有力なスタミナの血が絶妙のタイミングで投入されていること

しかもSadler's Wellsとデインヒルという欧州2大Northern Dancer系の血を引かないこと、主にこの三つですかね

だから上記代表産駒3頭がSadler's Wells=Fairy Kingやデインヒルを母系にもつのは順当といえるのですが、特にユニコーンライオンとAlcohol Freeは母系にSadler's Wells=Fairy Kingが入って、Hero's Honor≒Sadler's Wells(Fairy King)のニアリークロスになっているのもポイントかと


※Northern Dancer,Hail to Reason,Big Hurry=Bimelech,ハイインローが共通

タワーオブロンドンもElusive QualityとSadler's WellsとDarshaanで、サドラーの血を巧く増幅しつつ日本向き仕様にするには効果的な配合パターンといえそうで、となるとステイヤーのサトノクラウンにGone West系やFairy King系のスピードを入れるというのも有効手かもですね(ちなみにDawn Approach×ジョリージョコンドでファストアプローチが出ています)



ユニコーンライオンの場合はGone WestとKrisを通じるMixed Marriageのクロスもポイントですが(ちなみにAlcohol FreeはNo Robbery≒Intriguing6×6も鋭い)、モルニ賞(仏G1・芝1200m)など4戦3勝のThe Wow Signal(父Starspangledbanner)の下で、良血というだけでなく配合的バックボーンも確りした馬です

レイパパレは大阪杯以上のすごい出来に見えましたが、出来が良すぎてペースが緩んだところでなだめるのが大変という感じで、もっと全体的なスピードとパワーで圧倒というレースがしたかったでしょうが、今日のところは仕方ないですかね

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日曜のボツ予想~良ならハナ切らなくとも

2021-06-27 10:24:26 | 血統予想

ライラック賞は◎バルバレスコ
母ローマンエンプレスはヨークシャーオークス(英G1・芝12F)3着で、自身はNureyev≒Sadler's Wells5×2ですからカナロアでも中距離向きに出る配合
良なら前走のようなことはないだろうし、そもそもハナにも拘らないだろうから、先行馬が多くて人気もしないなら美味しいかも…と思ったらまさかの1人気なのでボツ予想となりました(^ ^;)



他のレースはこれから考えますが、NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」では宝塚記念と舞子特別とHBC賞を、競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」では宝塚記念を予想していますので、日曜もよろしくお願いします


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop
 http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

コメント (72)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

土曜のボツ予想は多忙のため…

2021-06-26 09:29:55 | 血統予想

ちょっと実家の用事があったのでしばらく帰省してたんですが、某最大セリに出る馬を見て回るために一昨日北海道に戻ってきて、今日からまたしばらく札幌住まいになりますが、月末までやることがいろいろあってボツ予想の時間がとれずm(_ _)m アグリが坂路で爆走したらしいですが新馬の追い切りもまだ見てないです…

NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」ではTVh賞と日野特別と東京12Rを、競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」では日野特別を予想していますので、今週もよろしくお願いします


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop
 http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

コメント (51)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

“東サラ”の本年度募集がスタート

2021-06-22 09:32:53 | 共有クラブ

“東サラ”こと東京サラブレッドクラブの本年度募集(20年産,先行募集)がスタートしています
https://www.tokyo-tc.com/h_list_kouma.html



今年も全募集馬の「配合診断」を栗山求と望田潤が書いていますので、出資検討の参考にしていただければ幸いです(各募集馬のWEBカタログにあります)

もちろんピックは二人ともやりますので、もうしばらくお待ちくださいm(_ _)m

コメント (14)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6/19,20の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2021-06-21 14:51:36 | POG
■土曜札幌10R利尻特別 ソーヴァリアント(POG・望田)
■日曜東京7R1勝クラス ルコルセール(一口・栗山)

日曜阪神新馬、一口ピックのルージュラテールはパドックを見てもだいたいイメージどおりの馬で「調教でもパドックでもダノンスコーピオンはちょっと可動が違う感じですが、ルージュもなかなかいい馬ですよ」とコメントしておきました

レースは上がりのケイバを番手からしなやかに抜け出して、これはどう見ても勝ちパターンというところをナデ斬られてしまい、やっぱりちょっとモノが違った感じ(^ ^;)

母レキシールーはカナダの年度代表馬でハリウッドダービー(米G1・芝9F)でカリフォルニアクロームの2着、ケイアイファームさんが繁殖セールで高額で落札し、輸入後は3年連続でロードカナロアが配されており、当初からカナロア用の有力な繁殖という狙いだったはずで、いきなりこんな馬が出たのは会心でしょう



母父Sligo BayはハリウッドターフC(米G1・芝12F)に勝ったSadler's Wells直仔で、レディバラード(交流重賞に勝ちダノンバラードの母となった)の半弟でもありこれもケイアイ御用達の名血

毎度同じことを書いていますが、カナロア産駒で近い世代に有力な全きょうだいクロスや3/4同血クロスを狙うならば、まずはNureyev≒Sadler's Wells=Fairy Kingのライン(サートゥルナーリア、ステルヴィオ)、次がトライマイベスト=El Gran Senorのライン(アーモンドアイ)、ほぼこの二択になります

またロードカナロアは1400ベストの短距離王だったので、種牡馬としてはフサイチパンドラ、シーザリオ、ラルケット、インダクティ、セコンドピアット、ファイノメナといった「中距離で成績を残した中距離血統の繁殖」との配合がよく成功しているのも順当

だからカナロアのためにサドラー系の中距離型の繁殖を買ってくるというのは、配合的にみても全く理にかなった考えといえるのです

今年のPOGはまずカナロア狙いだろうと書いてきましたが、アーモンドの活躍を見ての種付で繁殖レベルが高いだけでなく、レキシールーみたいな有力な中距離血統との配合が目立つんですよね





ソーヴァリアントは1勝クラスとはいえ強かったですね、上のように父オルフェーヴル×母父シンボリクリスエス×母母にSadler's Wells(Fairy King)というパターンはほんとに外しません

2歳にはオルフェ×ボリクリ×Sadler's Wellsはいないんですが、タイセイアンセムってのがオルフェ×ボリクリ×Nureyevで既に高橋義忠厩舎に入厩しております

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「一口好配合ピック」ノルマンディー3次から望田が1頭ピック

2021-06-21 09:21:33 | 血統予想
「一口好配合ピック」ノルマンディーオーナーズクラブの3次募集から、本日望田が1頭ピックしましたのでよろしくお願いします(2020年版と2021年版の両方にアップしています)

これで2019年生は、キャロット(21)、シルク(15)、ジーワン(11)、ノルマンディー(8)、東サラ(7)、ユニオン(5)、ロード(5)、ターファイト(4)、ラフィアン(4)、ウイン(3)、京サラ(2)、グリーン(2)、YGG(2)、ワラウカド(1)、ローレル(1)から計90頭のピックとなりました

次は東サラの本年度募集ですが、6/30正午がいちおうの締切ということで、6/28にはアップしますのでよろしくお願いします

栗山求・望田潤の「一口馬主好配合馬ピックアップ(2021)」
https://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/5848ea637009e6683ff8d28377fb88dc
栗山求・望田潤の「一口馬主好配合馬ピックアップ(2020)」
https://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/6e668464efadfe6147953e340773e45a

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日曜のボツ予想~やはり7F最強か

2021-06-20 09:43:20 | 血統予想

「ストライドでしなやかに加速するドレフォンは、6ハロン戦だと途中からジワッとハナに立つのだが、7ハロン戦は2戦2勝で最初から余裕綽々の先行で直線ちぎってしまう。あのしなやかさは短距離専科でもダート専科でもなく、1400中心に芝ダ兼用で、ディープインパクトやハーツクライの肌なら芝1600に、フジキセキやクロフネの肌ならダ1200に寄りやすいというイメージで」
と種牡馬辞典のレビューでは書いたんですが、土曜のフェズカズマの勝ち方なんてまさにそんなイメージやったんじゃないかと



町田は古馬になって軌道に乗ってきたハーツクライ産駒○ペレとルーラーシップ産駒▲ベスピアナイトが東京2400で更にの勢いですが、◎ライルは昨春東京2000で逃げて○とクビ差の2着、母父Flower AlleyにVaguely Nobleが入るだけに逃げたときは[1-2-1-1](着外はマイル戦)で、ここは他に行く馬も見当たらないだけにひと踏ん張りできそう

垂水は◎レッドフラヴィア
ダイワメジャーにGone WestとグルームダンサーとMill Reefが入ればだいたい黄金配合、外回りをしっかりストライドで走れる馬で、前走の内容も良かったです



他のレースはこれから考えますが、今日は阪神新馬が少数精鋭ハイレベルっぽくて楽しみすね(・∀・)
NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」ではユニコーンSとマーメイドSと東京12Rを予想していますので、日曜もよろしくお願いします(競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」は栗山さんの担当)


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop
 http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html

コメント (90)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

土曜のボツ予想~Never Bend肩の夏馬

2021-06-19 09:54:04 | 血統予想
相模湖は◎マサノアッレーグラ
血統表のとおりノーザンテーストとMr.Prospectorが強い1400体型でNever Bend肩、渋った馬場[2-1-1-0]6~9月[1-2-1-1]ですから、夏の洋芝1200で小銭を稼ぐマイネルラヴ産駒のイメージですな



好位で器用に立ち回れるタイプで、渋った馬場が巧くて、そして最内枠を引いたとなれば、Dコースでもまだインが悪い東京芝のギリギリのところを突いて直線先頭に

他のレースはこれから考えますが、NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」では米子SとSTV賞と青梅特別を予想していますので、今週もよろしくお願いします(競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」は栗山さんの担当)


http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=24&rf=umatop
 http://www.keibado.ne.jp/keibaguest/premiumservice/index_lp2.html
コメント (48)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「一口好配合ピック」がスタート&ジーワンから計10頭ピック

2021-06-16 21:35:01 | 血統予想

「血統屋」の看板コンテンツ「一口馬主好配合馬ピックアップ(2021~2022)」がいよいよスタートします
各クラブの募集開始に合わせて、まずは本日、ジーワンサラブレッドクラブから、栗山が5頭、望田が8頭、ダブルピックが3頭で計10頭ピックしていますので、今年もよろしくお願いいたします m(_ _)m
http://miesque.com/c00077.html

(以下栗山ブログからコピペ)
毎年恒例の企画「栗山求・望田潤の一口馬主好配合馬ピックアップ」を今年も開始いたします!
現3歳を扱った2020年版からもヴィクティファルス(スプリングS)、レッドベルオーブ(デイリー杯2歳S)、オーソクレース(ホープフルS-2着)など多くの活躍馬が誕生しました。今年も最新の知見・テクニックを総動員して走る馬を見つけ出します。評価する対象となるクラブは以下のとおり。全頭評価ではありません。

■ジーワンサラブレッドクラブ
■ウインレーシングクラブ
■キャロットクラブ
■京都サラブレッドクラブ
■グリーンファーム愛馬会
■サラブレッドクラブライオン
■シルクホースクラブ
■大樹レーシングクラブ
■ターファイトクラブ
■東京サラブレッドクラブ
■ノルマンディーオーナーズクラブ
■広尾サラブレッド倶楽部
■友駿ホースクラブ
■ユニオンオーナーズクラブ
■ラフィアンターフマンクラブ
■ロードサラブレッドオーナーズ
■ローレルクラブ
■YGGオーナーズクラブ
■ワラウカド

※代金のお支払いが済みますとブログはいつでもご覧いただけます。
http://www.miesque.com/shopping.html

これまでと同じく、栗山求と望田潤が「これは見込みがありそう」と思った馬を、評価用のブログに取り上げて配合面から論評する、というスタイルです。多くのクラブが存在するので、募集馬が発表されたクラブから徐々にやっていきます。取り上げたい馬がどうしても見当たらないというクラブはスルーすることもございますのでご了承ください。

よく言えば着々と、悪く言えばダラダラとやっていくロングラン企画ですので、お目当てのクラブの募集が始まったらお入りいただくという形でもまったく問題ありません。もっとも、早く入っても遅く入っても料金は変わりません(見放題で2980円)。出資候補馬の絞り込みに大きな役割を果たすことができると自負しております。

毎年右肩上がりにコンテンツ販売数が伸びているのは、ひとえに皆さまのご支援の賜物であり、心より感謝しております。今年もよろしくお願いいたします m(_ _)m
http://www.miesque.com/

※「Yahoo!メール」などのフリーメールをご使用の場合、購入確認メールが自動的に迷惑メールフォルダに仕分けされてしまう場合がございますのでご注意ください。携帯またはスマホをご利用の方は、PC発信メールの受信可否をご確認いただければ幸いです。「ezweb」は相性が悪いので、購買手続きをしたにもかかわらず購買確認メールが届かないという方はご連絡いただけましたら幸いです。IDとパスワードの入力は、コピー&ペーストではうまく行かない場合がございますので、手入力をお勧めいたします。

※クレジットカードをお持ちでない方でも、ネット専用のVisaプリペイドカード「Vプリカ」を利用してお求めいただけます。審査不要でどなたでも作ることができ、クレジットカードと同様にネット上の決済ができるという優れものです。「Vプリカ」はネットでもコンビニでも手続きをすればすぐに買うことができます。

1 Vプリカのアカウントを作る
2 Vプリカを購入し、発行コードを入力する
3 PayPalのアカウントを作る
4 PayPalのアカウントにVプリカのカード情報を登録する
5 血統屋ウェブサイトにおいてPayPalで決済する

このような流れで購買することが可能です。YouTubeなどにもわかりやすいご利用ガイドがございます。ぜひお試しくださいませ。
http://miesque.com/c00077.html

コメント (14)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする