完全無欠の「初老男」日記

ついに「完全な初老男」に昇格、引き続きよろしくお願いします。

ダメだこりゃ・・・・。     ~サッカー日本強化試合 vsマリ戦~

2018年03月23日 | スポーツ


私は初老男である。




ベルギーで行われている強化試合を見ている。




vsマリ戦である。





ワールドカップイヤーであることを実は忘れていた。




そうである。




冬のオリンピックがある年は「ワールドカップ」があるのである。





すでにワールドカップに出場するのが「当たり前」になっている日本代表であるが・・・。






沈滞気味であると感じるのは私だけだろうか?






私からすると「いまだに『本田』でもあるまい」って思っている。






世界のサッカーにおいては余程のスーパースターを除いては、20代前半の選手が中心にならない国はサッカーの強国にはなり得ない。






しかも正式メンバーの選考がかかっているゲームのためか、日本代表選手の動きが硬いな~~~って思ってたら「PK」を取られて失点。






解説の松木さんも言っているが・・・。






正式メンバーに入るために「失敗したくない」という意識の強い日本代表の選手たちは、思い切ってプレーできていない。






その上、マリの選手たちの身体能力(伸びる脚)に戸惑うばかり。







PKを取られたプレーも、体験したことのない「間合い」で起きたミスに見える。






しかし、言い訳はできない。







こうしたことに「アジャストできません」なんてことは代表選手が言っていいわけがない。







後半になっても、他の国との対戦のように「相手の足が止まる」ことはないと思わなければならない。








なんたって「アフリカ勢」なのだから。






と言っていたら、当の本田が投入された。







「残念ながら」彼が入って、その前よりゲームが落ち着いて見える。







こうした浮ついたときには、彼の特徴が生きる。









いま、中島がシュートを打った。後半38分になって日本代表初めてのシュート・・・。







なんといってもマリの選手の、ボールキープ力が日本代表より数倍良い。






元々日本の個の能力は、世界的に言えば残念ながら「低い」と言わざるを得ないが。。。。








後半アディショナルタイムで中島のゴール。








ラストプレイでの同点ゴール。







・・・・・評価のむずかしいゲームだなぁ・・・。







最後のプレーでの得点が象徴しているのだが。






こうした身体能力の高いチームには





              「慌てさせる」




                        ことが一番効果的だ。






このゲームでマリの選手が慌てたのは今のゴールに絡んだプレーだけだったように見える。









まあ、負けなくてよかった。






今回も最後までお付き合いいただきありがとう。これを読んでいる皆さんも、今の日本代表の実力を的確に判断しますように。







               May






ワールドカップ本番には、頑張ってほしいなぁ。





ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
« あえて言うことにする。  ... | トップ | 多分・・・もう「嫌」になっ... »

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事