瀬戸際の暇人

4月のテーマは「桜」です。

総合目次

2020年03月25日 20時53分50秒 | 総合目次
ようこそ!
ここは私が大好きなもの、主にハウステンボス、ワンピース、80年代アニメ、オカルトについて語るブログです。
↓に各カテTOP頁へのリンクを貼り付けていますので、興味が有りましたらちょいと覗いて下さいまし。
(※未だ工事中の為、繋いでないカテも在ります)
(※また自分が見てリピートに耐えられる物のみセレクト、全ての記事を繋いでる訳ではありません)(汗)


)ワンピース…愛すべき漫画『ワンピース』のキャラで書いた二次同人小説(?)を集めた目次。

(2)ハウステンボス冬の旅行記…2006年~2009年2011年~
)ハウステンボス秋の旅行記
)ハウステンボス夏の旅行記
)ハウステンボス初夏の旅行記
)ハウステンボス春の旅行記
                      …自分が長崎ハウステンボスを訪れた際の記録を季節毎に纏めた物。

)ハウステンボス雑感…ハウステンボスに関して語った記事色々。

)懐かしアニメ・漫画感想…主に80年代アニメについて。

)ミス・メリーのクリスマス雑学講座…謎の人ミス・メリーが紹介するクリスマスに纏わる雑学と、クリスマスソング。

10)百物語…4年に渡って発表した怪奇ミステリー劇場。

11)ただいまおかえり…他カテに分けようのない雑記、何故か那須旅行記が多い。

12)ミスド…ミスタードーナツで食べた商品のレビュー&写真

(13)アニソン…独断と偏見で選ぶ、歴史に残したい名OP&ED(歌詞は自分の耳に聴こえた通り)。



といった所で最新の記事はこちら↓
コメント (53)

桜橋~神田川の源流を訪ねて~その11

2019年04月24日 00時18分20秒 | ただいまおかえり(雑記)
前回に続いて神田川を遡り、架かる橋を数えて行きます。
今回紹介する橋写真の全て桜、桜、桜が溢れてます。

●下流から数えて48番目の橋…新堀橋 

 
前の瀧澤橋から極近い距離に架かる橋です。
近距離間隔で橋が架かるのは、この辺りに住宅や学校が密集してる為かと。


↑新堀橋下流側の眺め、瀧澤橋同様、この橋の両岸も桜の密集度が凄い。
左岸に建つ古アパートの雰囲気がまた良い、住人は毎年この時季になると、窓辺で花見の宴を開いてるかもしれない。
ふと一刻館の住人を思い出しました。
この神田川の記事が完結したら、途中なままのめぞんレビューを再開する予定。(汗)


↑新堀橋上流側の眺め。


↑新堀橋の近くに在る高田馬場分水路(吞口)、大雨が降って溢れた水は、この水路に流れ落ちる仕組みらしい。
高田馬場渓谷での洪水を食い止める安全対策なのですね。

●下流から数えて49番目の橋…せせらぎ橋 
「せせらぎ」と言う水の流れを表現する名の橋の正面には、都内の下水の安全を守る重要な施設が在ります。

 
☆せせらぎ橋傍の立ち寄りスポット…「せせらぎの里公苑
橋正面には東京都下水道局管轄、落合水再生センターの下水処理施設の上に造られた、約8千㎡もの広大な公園が在ります。
園内には人工的に造った小川に雑木林、花壇も有って住人憩いの広場になってます。
立ち寄りスポットとか言って、実際には未だ立ち寄ってないんですけど(汗)、外から眺めても広くて綺麗な公園です。


↑せせらぎ橋下流側の眺め。


↑せせらぎ橋上流側の眺め、写真を見て判るでしょうが、この橋の付近で神田川は大きく曲がります。

☆せせらぎ橋~小滝橋間の立ち寄りスポット…「珈琲専科ラ・フルール」

ここも未だ立ち寄ってはいないんですが(汗)…下流から歩いて来た場合、左側の遊歩道途中に、お洒落な雰囲気のカフェが在りまして、気になっております。
ネットで検索したところ、拘りの珈琲を出す店らしい、一度寄ってみたい。

●下流から数えて50番目の橋…久保前橋 
橋の正面には東京都下水道局管轄の施設、新宿区、中野区、渋谷区、豊島区、世田谷区、杉並区、練馬区の一部の下水を処理する、落合水再生センターが在ります。
桜のシーズンは、施設内公園に続く階段が、お花見用の展望台として利用されてたりする。

 

☆久保前橋傍の立ち寄りスポット…「落合水再生センター
…済みません、ここも実際には未だ立ち寄ってないです。(汗)
上で挙げた地区で出た下水を処理する施設で、写真に写る階段上がった先には、野球場やテニスコートまで備える落合中央公園が広がります。
隣のせせらぎの里公苑と合わせ、どんだけ広大な敷地なんだ。
都心の下水はここで綺麗にして、神田川に放流される他、西新宿や中野坂上地区のビルのトイレ用水や、渋谷川・古川に目黒川に呑川の浄化に役立てているとの事…今では花見の人気スポット目黒川が、元は汚ない川だったとは知らなかった。
神田川も以前は魚も泳がぬ死の川なんて言われてたっけ。
この施設のお陰で都心の川が美しく甦った事を知ると、この久保前橋の上で頭を垂れずに居られない。
施設内に広大な公園が造られた理由も、汚水処理の際に発生する悪臭や騒音を抑える為らしい。
下水処理施設の上に公園を整備した例は、落合水再生センターが国内初だそうです。
日本の下水道史に於いて画期的な名所は、神田川に架かる橋のたもとに在りました!




↑久保前橋下流側の眺め。


↑久保前橋上流側の眺め。

☆久保前橋~小滝橋間の立ち寄りスポット…寒天工房「讃岐屋」
 
え~ここも立ち寄り未だです、いいかげんにしろと言われそうですが(汗)
正確に表現するなら「立ち寄りたいスポット」ですね。(汗)
神田川沿いを歩いていて、店前の長い行列に出くわし、興味を惹かれました。
ネットで検索したところ、寒天を卸してる香川出身の老舗らしい。
満開時は花見ついでの客も加わり大行列になるとの事。
拘りの寒天で拵えた小倉あんみつに豆かんにところてんを食べてみたい。
春は桜あんみつ、冬はぜんざいがメニューに加わるとの事、みたらし団子なんかも売ってるようですね。
喫茶部は12時~16時半(ラストオーダー16時)迄、持ち帰りは11時~17時迄で、水曜が定休日だそうです。

●下流から数えて51番目の橋…小滝橋 
立派な造りの親柱。
橋の上を走る早稲田通りは、直ぐ側で諏訪通り・小滝通りと合流致します。
3本の大通りが合流する付近に架かる橋は、人通り・車通り共に激しい。

 
上流から歩いて来た場合に、新宿区立「神田上水公園」のスタート地点に架かる橋となります。

☆小滝橋~大東橋(下流から数えて54番目の橋)まで続く立ち寄りスポット…新宿区立「神田上水公園

神田川沿いの遊歩道に沿って整備された公園で、3つ先の大東橋まで約600m続きます。
公園内を流れる小川の水は、先の落合水再生センターで処理された物との事、あいにく小川が稼働する4月下旬~10月下旬外で、私が訪れた時は涸れ川でした。
そういえば文京区播磨坂の公園にも小川が造られてたけど、あれも地区で出た下水の処理水を活用してるのかも。


↑小滝橋下流側の眺め、前が見えない程の枝振り。


↑小滝橋上流側の眺め。

●下流から数えて52番目の橋…亀齢橋 
桜が咲いて綺麗だな、て由来では勿論無い。
だが漢字で表記されてなければ、真に受ける人は案外居たかも。(居ないか)

 
橋の歩道部に亀のパネルが埋め込まれてるとの事ですが、確認し忘れました…。


↑亀齢橋下流側の眺め。


↑亀齢橋上流側の眺め、正面に超高層タワーマンションが!


↑亀齢橋が架かる付近の神田川上水公園遊歩道。
公園と一体化している遊歩道の為、桜満開時季の人混みは物凄いです。

●下流から数えて53番目の橋…南小滝橋 
親柱が木製っぽいデザインです。(本物の木で造った様には見えないけど)

 
橋上には相変わらずギャラリーが発生してます。
流石にビニールシートを敷いての花見客が出現しない所に、周辺地域住民の自治能力の高さを感じる。


↑南小滝橋下流側の眺め。


↑南小滝橋上流側の眺め、段々近付く超高層タワーマンション。

●下流から数えて53番目の橋…大東橋 
この橋の親柱はシンプル且つ重厚な石造スタイル。

 
東中野駅に通じる橋の上には、大勢のギャラリーが居ました。

 
↑51番目の小滝橋より始まった神田川上水公園は、ここが終点。(下流から歩いて来た場合。上流から歩いて来た場合はスタート地点になる)
橋の上ではビニールシートを広げてなくても、公園内には通行人を物ともせずに敷いてる強心臓の方々がいらっしゃいました。


↑大東橋下流側の眺め。


↑大東橋上流側の眺め、桜並木の方は、この先まだまだ続きます。


【続】
コメント

国営ひたち海浜公園にて青の三重奏

2019年04月23日 01時08分02秒 | ただいまおかえり(雑記)
4月20日の土曜日、ツアーで国営ひたち海浜公園に行って参りました。
ネモフィラが咲く「みはらしの丘」は聞きしに勝る絶景、天気に恵まれ良い写真が撮れて大満足!

 

 

 

空の蒼、海の碧、そして花の青、トリプル・ブルー完成の奇跡!良い風景拝ませて頂きました♪
訪れた日は7分咲き位、それでもこんなに美しいのだから、満開時はどれ程になるのか?
今週訪れる予定の人はラッキーですな。

「みはらしの丘」の麓に広がる菜の花も綺麗でした。
「みはらしの里」と呼ばれるスポットで、風に翻る鯉のぼりと古民家が風景にアクセントを付けています。
  

 

  

 


ネモフィラの花1輪は極小さい物、それが沢山集まり、大勢の観光客を集める人気観光スポットを生み出すのだから、面白い。
外来種な為、実は管理に気を遣ってるのだろうなぁ。

「たまごの森フラワーガーデン」のチューリップも見事でした。
ゴッホの跳ね橋風の橋の周りには国内外より観光客が大集合、花だけでこんなにも人を呼ぶんだから羨ましい。
国営な為450円の安さで入場出来るのが良いんだろうな。
公園の総面積は350haとメチャクチャ広大、ハウステンボスの倍くらい広いんじゃ?
元は陸軍の飛行場だった場所だそう、地図持たずに入ったもんだから迷子になりかけた。(汗)

 

 

静峰ふるさと公園の八重桜も観に行ったけど、こちらは未だ見頃までは行ってなかった。
東京の八重桜が今、満開になるぐらいだもの、東京より北の茨城は、それより遅く開花するわな。
でも飛行機雲棚引く青空の下、蕾綻び始めの八重桜も可憐でしたよ。
 

 


↑おまけの守谷SAに建ってた守犬神社…御神体は蛙なのか?犬なのか?
コメント

ハウステンボス秋の旅行記(目次)

2019年04月23日 00時58分57秒 | ハウステンボス秋の旅行記
この頁はハウステンボス秋旅行記の目次です。
何分時期が経ってますんで、中には現在場内に無い場所や物、サービス等が存在します。
これから訪れる予定の方は、此処の記事だけでなく、公式サイトで確認する事をお勧めします。(汗)
尚、場内外飲食店の情報は、まったりさんの『ハウステンボス飲食店がいーど!』が詳しいですよ。



【08年10/19~21花の芸術祭、フォレストヴィラ】

(1)アフタヌーンティー (2)チェックイン (3)コテージ1階 (4)コテージ2階 (5)トロティネ&おもやい

(6)観光丸&セグウェイ (7)セグウェイ&ランチ (8)サンヴァンサン祭&土産 (9)アートガーデン1

(10)アートガーデン2 (11)花の芸術祭 (12)花のアレキサンダー広場 (13)ローズガーデン (14)フランベ


【2011年10/5~7ハロウィーン、ホテル・アムステルダム】

)入国&スリラーファンタジーミュージアム ()ストロープワッフルカフェ&麦わらカキ氷&トロティネ

)龍馬伝館&観光丸 ()観光丸&龍馬ちゅーりー ()ミニミニアペリティフ屋台

)チェックイン ()フォレストガーデン&ヨーロッパのハロウィーン飾り&ウォーターゲート~スネーク~

)スリラー・イルミネーション&プッチーニ特製ボロネーゼとポテトのグラタン&サニー号パフェ

)ア・クール・ヴェール&新ナッシュマルクト (10)アートガーデンのダリア (11)運河と橋&ホラーティー

12)運河と橋&ロードレーウ特製レモンステーキ&ブラックチェリーパイ

13)カナルクルーザー&ナイアンローデ城&キンデルダイク&ワンピレストラン&スイーツ屋台

14)ディオニソス&ゴッホ橋 (15)水門&オークラウンジ 

16)ホラースパークル&朝焼け&ア・クール・ヴェール&チリンチリンアイス&マリンターミナル (17)土産


【2018年9/9~11ハロウィーン、ウォーターマークホテル長崎】

)海キング&エクセルシオールのランチビュッフェ&海鮮と陶器の城

)ウェルカムエリア&ウォーターマークホテル長崎

)アムステルダム広場ステージでのミニオペラ&ヨーロピアン・ヴィレッジ・マーケット・プレイス

)光のアンブレラストリート&アトラクションタウンでのビール&ワイン祭&光のガーデン

)早朝の森と港&エクセルシオールのモーニングビュッフェ

)アドベンチャーパーク&花の大運河&ロボットの館

)吉翠亭の昼食&シュテーボ&ホテルアムステルダムの裏路

)アムステルダムシティ&カナルクルーズ ()光のパレス&ピノキオ

10)デ・ラウター桟橋から観る朝日 (11)エクセルシオールのモーニングビュッフェ&チョコラーテ
コメント

ハウステンボスで秋を見つける旅11

2019年04月22日 00時17分52秒 | ハウステンボス秋の旅行記
前回に続いてのハウステンボスレポ…夏の名残り惜しむ初秋に旅立ち、旅の覚え書きを冬から書き始め、筆を置く頃には春が終わる…移り変わる四季の速さたるや目が回りそう。(汗)
現在のハウステンボスに関しては、書きたい事が多過ぎて、一方であからさまに書くのを控えてる…非常に複雑な心情で居るのです。
前置きは程々にして、「ハウステンボスで秋を見つける旅」最終章、どうぞ御覧ください。


朝の散歩から帰り、目を覚ました友人と共に、ホテルのメインダイニング「エクセルシオール」にて、最後の朝食を頂きました。
2日続けての朝食ビュッフェ、なるべく昨日の朝食べたのと、違う物を選ぶよう意識する。

  
↑目覚めのドリンクは、グレープミックスグァバジュース。
汁物は、程好く甘いパンプキンスープに、クルトンを散らして。
昨日の味噌汁も大変美味しかったけど、今朝のパンプキンスープも美味しかった!
ハロウィーンが近い事でカボチャのスープが出たのでしょう


↑選んだ前菜は、右列上からスモークサーモン、ミートローフハムとピクルス、「すぼ巻き」と呼ばれる鯵蒲鉾…これは「藁すぼ」と呼ばれるストローの様な物で巻いて蒸し上げた、長崎平戸名産の蒲鉾だそうです。
更に中央列上から、つくね風さつま揚げの煮物、キビナゴの南蛮漬け、煮浸し…キビナゴの南蛮漬けは昨日も食べたけど、美味しかったんで今朝も選んでしまった。
それから左列上より海草サラダ、玉葱サラダ、豆サラダ。


↑そして朝食には欠かせない有機納豆。


↑今朝はパンにして、キャラメルバナナマフィン、パンプキンローフを選びました。
昔ハウステンボスに在ったベーカリーレストラン、「グーテン・アペティート」のバナナマフィン…美味しかったなぁ~~~~。
勿論同じ味ではないけど、懐かしい気持ちになりました。
パンは全体的に小ぶりで、主食というより、おやつ感覚で頂ける種類が多かったです。


↑メインはこのホテル自慢の、目の前で焼くオムレツに、めんたいソースをかけて。
ウォーターマークホテル長崎ハウステンボスは、このオムレツで楽天トラベル2018年度の「朝ごはんフェスティバル」、長崎エリア1位に選ばれたらしい。
ホテルヨーロッパやホテルアムステルダムも参加する中での1位受賞は凄いと思う。
実際、ウォーターマークホテル長崎ハウステンボスの朝食内容は、バラエティに富んでて、朝御飯に懸ける情熱を感じました。
余談になるけど、2018年度「楽天トラベル朝ごはんフェスティバル」ファイナルステージ6位受賞が、ハウステンボスホテルと同じく自分がよく行く、ホテルエピナール那須だったのも嬉しい。
エピナール那須の朝食も確かに美味しいです、またその内このブログでも記事に上げる予定。

…ウォーターマークホテル長崎ハウステンボスの話に戻ります。


↑ヨーグルトには、グレープフルーツ、キウイを添え、ストロベリーソースをかけました。

最後は昨日と同様、ミルクティーで〆…う~ん、少しは昨日の朝御飯との違い出せただろうか?(汗)
結局ビュッフェだと、変えようとは思っていても、自分が好きな物ばっか選んでしまいがちです。
旅行でも気に入って何度も行く様な場所だと、お気に入りの店や景色が出来てる為、帰宅後に撮影した写真を眺めると、変わり映えしない事に気付かされる。
あ、同じ様な写真、以前も撮ったなーって、今回も思ってしまった。


朝食後は荷物を纏めて宅急便で自宅に送り、10時にホテルをチェックアウト、そのままハウステンボス内のマリンターミナルから、10:50発の高速船に乗って、長崎空港を目指しました。
ウォーターマークホテル長崎ハウステンボスのスタッフの方々は本当に親切で、宿泊中はとても快適に過ごせました。
またハウステンボスを訪れる際は、ここかホテルヨーロッパに泊まりたい、ホテルアムステルダムやフォレストヴィラも久し振りに泊まってみたいなぁ。
ハウステンボスの現場で働いてる人達の殆どは、凄く頑張ってると感じます。
社長代理のパワハラで社員が大量に逃げ出してるとの文春記事読んだけど、パーク内各所のトイレが綺麗に清掃されてたり、スタッフが親切に対応してくださったりと、今回の旅で不快な目に遭う事は殆ど有りませんでした。
でも人手不足なのは肌で感じた、早朝、客をあまり見掛けない時でも、スタッフの姿は頻繁に見掛けていたのが、今回はどちらも目にする機会少なかった。
あの日或るスタッフさんに会って、「数年前の方がパーク綺麗でしたね」と言った時、嬉しそうに「解る人は解ってくれるんです!」と頷いた顔が忘れられない。
繰り返すけど、ハウステンボスの財産は、パーク完成後に育った森と、中世オランダの建物と、葡萄色の海…この3つを現代日本で揃える事は難しい。
非現実的空間を求めて世界を巡るインスタグラマーを惹き付ける要素充分なんです。
何処でも真似出来るアトラクション揃えるより、元から持ってる財産を活かして欲しい。
人材もね、ハウステンボスの為に長く働いてるスタッフさんは、ここの大事な宝です。
そんな人達が落胆して辞めてく様な場所にならないで。

 
↑港の花屋「Rose de Marche」の前を横切るカートタクシー。
店名は変わったけど、オープン時からずっと港町で営業してる花屋。
店前にズラッと鉢植え並べて水遣りする姿は、港町お馴染みの光景です。
カートタクシーは近年に仲間入りした場内乗り物、1人300円で場内の何処にでも連れてってくれます。


↑帰りの高速船の窓から観た、デ・ラウター桟橋上の灯台。
…やっぱり以前同じ様な写真撮った記憶が有る。

  
↑長崎空港では、今回ハウステンボスで買えなかった、松翁軒のチョコラーテを買いました。
革新的でありながら伝統を守る…私はこの松翁軒の「チョコラーテ」に経営の理想を見るのです、なんてな。


【完】
コメント

イースターケーキ

2019年04月21日 18時24分29秒 | ただいまおかえり(雑記)
今日はキリスト教圏で「イースター」と呼ばれる日、キリストの復活をお祝いするイベントだそうです。
日本ではキリストの復活に関係無く、卵や兎の飾り付けをして遊ぶだけの日になってますね。
致し方無い、欧米等とは違って、熱心なキリスト教徒少ないもの。
でもイースターエッグとか、デザイン的に可愛い♪
そんな訳で東京丸の内ブリックスクエアに在る「ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション」にて、イースターをモチーフにしたキュートなケーキを買って来ました…2017年の話ですが(汗)
オーナーのロブションがお亡くなりになって、お店がどうなるのか心配してましたが、変わらず営業なさっていて嬉しいです。
ここのケーキが最も美味しい。(※個人の感想です)
目玉焼きをモチーフにしてるケーキなんです、可愛いでしょう?
胡椒(かは不明)振ってまでいるのが細かい!
それに白身部分が二段に盛り上がってる、新鮮な卵なんだね。
味はチーズフロマージュ風味でした、目玉は杏だったと記憶している。
…何せ2017年に買って食べたケーキなんで(汗)、でも誰かに伝えたい可愛さだった為、時間を遡りブログにアップ致します。

あ、ハウステンボスレポは深夜にアップ予定です。
コメント

ミスドコレクション(目次)

2019年04月21日 00時27分32秒 | ミスド
このカテゴリーは最近ミスドにはまった自分が、ミスドで何を食べたかを記録する為に新設しました。
記事の日付は大体食べた日付ですが、違う場合も有、結構適当で御座います。(汗)
ちなみにこの目次頁の写真は、最近お洒落にリニューアルした勤め先近くのミスド、席ゆったり居心地抜群な為、最近は昼間に行くと席取りが大変。

)焼きマシュマロチョコレート・ストロベリー
)ポン・デ・クーベルショコラホイップ
)焼きマシュマロチョコのチョコアーモンド&ポン・デ・ダブルショコラ
)ドーナツポップ・ショコラミックス(バレンタインバージョン)
)ドーナツポップ・ホワイトショコラミックス&オイルカットドーナツ
)2017抹茶シリーズ&ドーナツポップ和風ミックス&ポン・デ・Jr.
)ミスタークロワッサンドーナツ・ブリュレ
)オイルカットドーナツ・豆乳ホイップサンド
)ハウスコラボ・カレードーナツシリーズ
10)立川立飛ららぽーと内のミスド
11)コットンスノーキャンディ2017バージョン
12)ベジポップ
13)2017ハロウィーンドーナツシリーズ
14)2017クレームブリュレドーナツシリーズ
15)ミスドゴハン
16)2017クリスマスドーナツシリーズ
17)au三太郎の日限定ドーナツ
18)2018鎧塚俊彦ショコラコレクション
19)ホットドッグ
20)夢のドーナツグランプリ
21)紅茶のマンナンスティック
22)2018抹茶シリーズ
23)2018クロワッサンドーナツ
24)2018夏麺&夏セイボリーパイ&ドーナツ
25)2018コットンスノーキャンディ&マンゴードーナツ
26)チーズタルドシリーズ
27)ひらけ!ここたま&ドラゴンボール超ドーナツ
28)2018クレームブリュレドーナツ
29)2018ハロウィーンドーナツ
30)五島軒コラボパイシリーズ
31)ポケモンクリスマス
32)2019ポケモン福袋
33)2019鎧塚ショコラコレクション
34)もっちりフルーツスティック
35)桜が咲くドドーナツ
36)2018冬パスタ&飲茶麺(2018秋~2019春迄販売)
37)2019抹茶シリーズ
コメント

ミスドコレクション37

2019年04月20日 01時49分47秒 | ミスド
夏も近付く八十八夜♪…にはちょっと早いけど、この時季ミスドで食べられる季節限定の味と言えばぁ?
抹茶本来のグリーンが爽やかな風を連れて来る、「抹茶スイーツプレミアム」!!
今年も京都宇治茶の老舗、「祇園辻利」とのコラボで、ほろ苦甘い抹茶ドーナツが勢揃い致しました!


↑「ポン・デ・ダブル宇治抹茶(151円)」…もちもち生地に宇治抹茶を練り込み、宇治抹茶チョコをコーティング。
抹茶をとことん堪能できる一品です。(←ミスドの説明文を引用)
…シンプル・イズ・抹茶、宣伝通り抹茶のほろ苦さを最も感じられる。
敢えてモデルチェンジする事無く、去年のまま出した点に、ミスドの自信が窺えます。
ミスド的にこれが「抹茶ドーナツ完全版」というわけでしょう。


↑「ポン・デ・宇治抹茶あずき(183円)」…宇治抹茶を練り込んだもちもち生地に、宇治抹茶ホイップと小豆餡をサンドし、和素材と相性の良いきな粉シュガーを塗しました。(ミスドの説明文をほぼ引用)
…きな粉+抹茶ホイップクリーム+小豆餡の組み合わせも、ミスド的に鉄板らしい。
抹茶ホイップクリームと小豆餡、どちらも甘いので、どっちかのみ使用するか、それこそクリームをチーズ味にするかした方が良いんじゃないかな?


↑「ポン・デ・宇治抹茶マスカルポーネクリーム(183円)」…マスカルポーネチーズクリームをサンドした宇治抹茶入りのもちもち生地に、宇治抹茶チョコとチョコクランチを添えました。(←ミスドの説明文を引用)
…これ、美味しい!(←マツコか)
チーズクリームと抹茶生地と抹茶チョコがベストマッチ…誰かが「チーズに合わない食べ物なんて無いのよ」なんて言ってましたが、このドーナツは本当に美味しいです。
チョコクランチがボロボロ剥がれ易いのは困りものですが…

 
↑「宇治抹茶あずきデニッシュ(216円)」…サクサクのデニッシュ生地に宇治抹茶ホイップと小豆餡をサンド、たっぷりのきな粉シュガーで上部を覆い、お洒落な抹茶スイーツに仕立てました。(←ミスドの説明文をほぼ引用)
…ドーナツから離れてデニッシュ、見た目からエクレアと思ってしまった。
シュー生地にしてクリームを詰める形にした方が食べ易かったかなあと思う。
デニッシュ生地は美味しいけど、食べてる間パリパリ層が剥がれて、人前では頂けない。(汗)
そこに加えてきな粉シュガー…食べ終わった後の皿が凄い有り様でした。

 
↑「宇治抹茶ティラミスデニッシュ(216円)」…サクサクのデニッシュ生地に宇治抹茶チョコとマスカルポーネクリームをサンド。
仕上げにココアパウダーで上部をたっぷり覆い、お洒落な抹茶ティラミスに仕立てました。(←ミスドの説明文をほぼ引用)
…こちらもメッチャ食べ難い…しかし美味しい!!今回発売した抹茶ドーナツの中で一番美味しいと感じた。
けれどティラミスを名乗るからには、珈琲で風味付けしたらもっと良かったかなと。

自分の味の評価は、宇治抹茶ティラミス>ポン・デ・宇治抹茶マスカルポーネクリーム>ポン・デ・ダブル宇治抹茶>宇治抹茶あずきデニッシュ=ポン・デ・宇治抹茶あずきの順。
何だかんだ全部美味しかったですが、それでも敢えて順番付けると…です。
尚、今回の5種は第1弾、5月10日~第2弾として宇治抹茶味のオールドファッションが3種発売されるそう。
その時にまた追記して、この記事上げますんで!
コメント

桜橋~神田川の源流を訪ねて~その10

2019年04月19日 02時55分02秒 | ただいまおかえり(雑記)
前回に続いて神田川を遡り、架かる橋を数えて行きます。
41番目の神高橋~47番目の瀧澤橋までの間は、川沿いに歩く事が出来ません。
初めて歩く人は少し道に迷うかもしれない。
その場合、新目白通りを軸に、突き当たる左角を片っ端に行くコースが解り易いけれど、ぶっちゃけ遠回り過ぎる。

●下流から数えて42番目の橋…清水川橋 
高田馬場駅早稲田口向かいの、手塚キャラ壁画横より細く続く、さかえ通り商店街を抜けて行く方が近道。
商店街途中で角を右に曲がれば清水川橋に出られ、更にそのまま直進すれば次に架かる田島橋まで行けます。

 
清水川橋を渡った先の「さかえ通り商店街」は、商店街と言うより昭和の飲み屋街な雰囲気。
夜はキャバレーや飲み屋の呼び込みが盛ん、風紀は悪いが懐かしい空気。


↑さかえ通り商店街の八百屋に居た猫。
八百屋や床屋といった一般の店も一応営業しています。


↑清水川橋下流側の眺め、川幅が急に狭くなるのが見て取れます。


↑清水川橋上流側の眺め。

●下流から数えて43番目の橋…田島橋 
さかえ通りへの出入口となる橋。

 
上流側には富士大学が建っている、そのせいか夜でも学生さんの通行が多いです。




↑田島橋下流側の眺め、直ぐ側に消臭剤で有名なエステーの本社が在ります。


↑田島橋上流側の眺め。

神田川から少し外れるけど、田島橋が架かる地点より新目白通りを横断、坂を上がってった所に在る「おとめ山公園」では、湧水を利用してヘイケボタルを飼育しているそう。
蛍が飛び交う昔の神田川の風景を再現する場所として人気が有ります。

●下流から数えて44番目の橋…東京富士大学構内橋 
富士大学の関係者しか日常渡れませんが、神田川に架かる橋としてカウント致します。

●下流から数えて45番目の橋…宮田橋 
下流より歩いて来た場合、田島橋から富士大学に沿って曲がるルートが解り易いかと…突き当たった左角から道へ入れば渡れます。

 
この辺りは学校が多く建つ事から、生徒が下宿する為のアパートも多い、最近はマンションも建設中です。
近くには図書館、コインランドリー、銭湯も在り、学生の為の街って雰囲気。


↑宮田橋下流側の眺め、所々桜が咲いてる。


↑宮田橋上流側の眺め、川の流れが緩やかに右へカーブしてますね。

●下流から数えて46番目の橋…落合橋 
嘗てこの橋が架かる辺りで高田馬場分水路と妙正寺川が合流、2本の川が落合う場所=「落合橋」と呼ばれる様になったとの事。
現在の妙正寺川は辰巳橋が架かる付近にて暗渠となり、神田川高田馬場分水路に吸収される形で消えてしまうそう。
神田川に架かる高田橋下で再び地上に出て、神田川に合流すると考えていたけれど、本流と交わる2本の流れは妙正寺川ではなく、高田馬場分水路を流れて来た神田川という事になるらしい。(こちらの記事を参考に致しました→http://toutoi-tokyo.blogspot.com/2012/11/blog-post.html)

 
下流から歩いて来た場合は、宮田橋と同じく、次に突き当たる角より道に入れば、落合橋を渡れます。
橋の両岸とも人が通れるスペースが殆ど無い為、橋下を撮影するのが難しい…私有地に入る訳にいかないので。(汗)


↑落合橋下流側の眺め。


↑落合橋上流側の眺め、右に左にクネクネ蛇行して行く川の流れ。

●下流から数えて47番目の橋…瀧澤橋 
この橋より上流、川沿いに歩ける遊歩道が復活!

 
更に両岸とも桜並木が復活、橋の上からの眺めは御覧の通り、大変美しい。
近くに日本語学校が建ってる関係で、春になると大勢の外国人が花見してます。

 
↑瀧澤橋下流側の眺め。



 
↑瀧澤橋上流側の眺め…どっちを観ても桜、桜、桜…満開を迎えると、正面が見えない位に覆われます。

コメント

桜橋~神田川の源流を訪ねて~その9

2019年04月18日 01時41分40秒 | ただいまおかえり(雑記)
前回に続いて神田川を遡り、架かる橋を数えて行きます。
早稲田より高田馬場へ。

●下流から数えて36番目の橋…高戸橋 
明治通り上に架かる橋。
明治通りと新目白通りとが交差する地点の側な事も有り、交通量が非常に多い場所です。

 
早稲田より走る都電荒川線は、高戸橋を渡って明治通りを下り、学習院下駅に向かう。
学習院下駅はその名の通り、日本の皇室所縁の学校、学習院の側に在ります。


↑高戸橋下流側の眺め、手前は都電が渡る鉄橋。
桜並木を背景に走る都電は絵になります。
或いは線路を折れ曲がる都電の車窓より、一瞬視界を埋める絶景を楽しむのも良い。
桜並木、外から観るか?乗って中から観るか?(パッと開いてー咲いった♪)


↑高戸橋上流側の眺め、下流側ほど華やかではないですが、こちらにも桜並木は続いています。
前方に架かるのは、次に向かう高田橋。
橋下の左側は神田川の本流、真ん中と右側口は高田馬場分水路の暗渠出口だそうです。

●下流から数えて37番目の橋…高田橋 
高戸橋から見て斜め隣の、新目白通りに架かる方の橋です。

 
↑こちらも見ての通り車の交通量が多い。
付近には大正製薬の本社が在る。
高田馬場付近って薬品系の会社が多いんですよ。


↑高田橋下流側の眺め、前方に高戸橋が見えます。


↑下流側は一部テラスの様に突き出た造りで、広々としています。


↑高田橋上流側の眺め、川床に下りられる階段が在ります。
普段は安全の為に出入口を封鎖しているもよう。

●下流から数えて38番目の橋…源水橋 
水車小屋と桜の図柄が入れられた欄干がお洒落。
昔この付近に在った村に水車が回ってて、その水力を工場の動力源にしていたとか…成る程それで「源水」なんだなと納得。

 
↑この橋の側にも階段テラスが設置されてます。


↑源水橋下流側の眺め、並木って程ではないけど、桜が数本植えてある。


↑源水橋上流側の眺め、高田馬場駅に近付く事から、歓楽街の色が交じり始めます。

●下流から数えて39番目の橋…戸田平橋 
名曲「神田川」を作詞した喜多條忠氏は、この橋の近くに建ってたアパートをイメージして、歌詞を書いたと言われています。(旧千登世旅館の隣に建ってたアパートとの話…現在はアパート・旅館共に無くなってます)
現在この辺りにはカレー等のエスニック料理店、居酒屋が多く建ち並んでいます。

 


↑戸田平橋下流側の眺め、上の写真の人達は、ここから桜を観ていました。


↑戸田平橋上流側の眺め、この橋の欄干にも桜がデザインされています。

●下流から数えて40番目の橋…高塚橋 
高田馬場付近に架かるからか、この辺りの橋には名前に「高」が付く事が多いです。
この橋の名の場合、豊島区「高田」と、新宿区「戸塚町」より、一文字ずつ取ったのだそう。
高田馬場エリアは豊島区と新宿区が入り交じる地域なのです。

 


↑高塚橋下流側の眺め、欄干に鳩が一羽留まってました。


↑高塚橋上流側の眺め、次の神高橋と共に、鉄橋が見えます。

●下流から数えて41番目の橋…神高橋 
嘗ての「高田馬場渓谷」出口地点に架かる橋。

 
橋から上りがきつい方へ真っ直ぐ進むと、高田馬場駅早稲田口に到ります。(逆方面に進むと新目白通りに出る)
長閑な神田川周辺から、高田馬場駅前の歓楽街に出ると、ギャップを物凄い感じる。
ちなみに高田馬場駅早稲田口前には、手塚治虫キャラ大集合の壁画が描かれてます。
また、JR高田馬場駅の発車メロディーが鉄腕アトムなのは有名かと。
高田馬場には手塚プロダクションが在る、その縁から壁画や発車メロディー等で手塚作品を推してるらしい。


↑神高橋下流側の眺め。

 
↑この神高橋下流側では、5月5日の子供の日が近付くと、鯉のぼり(with吹き流し)が群れをなして泳ぐ。
…つっても観たのは2017年5月の事で、地域恒例の季節イベントかは未確認です。(汗)


↑神高橋上流側の眺め、渓谷と呼ばれるのも納得の風景。
昔は水害多発地点だったとか…今でも大雨が降った後の激流には、恐怖を覚えます。
写ってないけど、この橋の上流側左にも、川床へ下りる階段と共に、親水テラスが設置されている。
やはり普段は封鎖されていて、下りれない様になってますけど、丸石が敷かれたテラスを、橋の上から観る事が出来ます。

神高橋上の鉄橋を走るのは西武新宿線、その反対側をJR線が走ります。


↑神高橋~清水川橋間を緩やかなカーブを描いて走る西武新宿線。


↑神高橋~清水川橋間を直線に走るJR山手線。


コメント