瀬戸際の暇人

皆が安全に暮らせますように

愛の公開日誌その26

2006年07月31日 21時26分44秒 | ワンピース
――ほ~た~るの~ひ~か~ぁり♪


皆様、長らくお付合い頂き、有難う御座いました。
当店にて1ヶ月の間行って参りましたナミ誕も、本日で終幕の運びと相成り…


……って、8/6迄やるって言ってなかったっけ~??と言われそうですが。(汗)


企画自体は本日で終了、8/1~8/6は『アンコール・アワー』と称しまして、四条さんトコのナミ誕に投稿・発表して頂いた作品をUPする積りでして。

当初はフザケタ短編でも~と考えてたんすが、ネタもちっと捏ねればお話になりそうかな~と思い直しまして…来年ナミ誕用にとっとく事に決定しました~。
勝手ばっかですんませ~ん。(汗)


1ヵ月間振り返ってみて……楽しかったですね~~。(しみじみ)
企画っつっても好きな事好きな様に喋ってただけで、楽ちんでしょうがないものだったんすが。(御免)
そんなんでも遊びに来て下さった方には申し訳無くも有難うと言いたい。


本当、嬉しかったです。(礼)


こんなトコにリンク繋いで下さったマサムネ師匠、真牙さん、かるらさん、minさん、rokiさん、四条さん、こむぎさん、のおさんには、お礼を言っても言い足りないくらいです。(礼)(追記、minさん…詳しくは述べませんが、夜11時前に此処にお出で頂いてたら…失礼しました!!←土下座)

お陰様で毎日物凄い沢山の皆様にお出で頂きました…


そんな沢山の皆々様方の前で、私ったら何てハシタナイ真似を!!!…と、己の1ヵ月間して来た言動を恥らい悔いてみたり。


これが本当の『愛の後悔日誌』。(←あ、やっぱりそういうオチ?)


来年はこちらから率先して、リンク繋がせて頂きに、皆様の元お伺いに参る所存。
妙な気遣いして、却ってお手を煩わせる方が失礼じゃないかと考えた訳で。(苦笑)


まだまだ企画続けられる方も多いですが、本日で企画終了される方もいらっしゃいますね~。


終了される方には「お疲れ様でした」。

願わくば作品は直ぐに下ろさんといて欲しいです。
企画運営中いっぱいいっぱいで、むしろ終了した今からゆっくり回ろうって方も多いでしょう。

…実は私もそうなんです、御免なさい。(汗)
後1ヵ月間は下ろさないで~出来る事なら~。(それかなるべく直ぐに上げて~)

等と我儘承知で言ってみたり…けど本音だよ。


まだまだ頑張るよ~と仰る方には「頑張って下さい!」の一言を。
毎日小話1話更新されてる方もいらっしゃって、本当に凄いよな~と感心するばかり。


さてさて、8/6迄は『アンコール・アワー』、8/7以降は全くワンピース以外の話題にガラリと変ります。
そりゃワンピース好きだから偶に話出したりもするでしょが、今月みたく大々的にはしない積り。
ワンピース話期待してこちらに遊びに来て下さった方には御免なさい。
また来年7月にやる積りなんで、宜しければ遊びに来て下さいね~と言っとく。


そうですね…来年もまた今年とおんなじ様な調子で、タイトル『愛の公開資産』って事で!

…来年なっても覚えてたら、本当にこの企画タイトルで行こう。(笑)


んで、折角沢山の人にお出で頂いてる内に、ちょいと宣伝させて貰おうかと。(笑)


↓のは去年12月~3月迄、此処で連載してたルナゾ小説(?)です。
現代パラレル(?)で、「ルフィゾロナミが、『長崎ハウステンボス』に2泊3日で旅行したら~??」っつう設定の元書いた物也。

「何でそこで『長崎ハウステンボス』が出て来るんだよ??」と言われそうですが…まぁ、自分が好きだからです。(照笑)

ああ、『長崎ハウステンボス』ってのは、オランダを模して長崎県に造られたテーマパークっつうか、規模的に最早『王国』。

すんごく綺麗な所ですよ~v


ちなみに『ルナゾ』っつうのは『ルフィ×ナミ×ゾロ』の三角関係を表してます。
…真ん中のキャラを、挟んだキャラが好いてます~っつう感じ?

↓の作品の場合、むしろ3人揃って思い合ってる感じですが…。

『何度も廻り合う その1』  『何度も廻り合う その2』  『何度も廻り合う その3』
『何度も廻り合う その4』  『何度も廻り合う その5』  『何度も廻り合う その6』
『何度も廻り合う その7』  『何度も廻り合う その8』  『何度も廻り合う その9』
『何度も廻り合う その10』  『何度も廻り合う その11』  『何度も廻り合う その12』
『何度も廻り合う その13』  『何度も廻り合う その14』  『何度も廻り合う その15』
『何度も廻り合う その16』  『何度も廻り合う その17』  『何度も廻り合う その18』
『何度も廻り合う その19』  『何度も廻り合う その20』  『何度も廻り合う その21』
『何度も廻り合う その22』  『何度も廻り合う その23』  『何度も廻り合う その24』
『何度も廻り合う その25』  『何度も廻り合う その26』  『何度も廻り合う その27』
『何度も廻り合う その28』  『何度も廻り合う その29』  『何度も廻り合う その30』
『何度も廻り合う その31』  『何度も廻り合う その32』  『何度も廻り合う その33』
『何度も廻り合う その34』  『何度も廻り合う その35』  『何度も廻り合う その36』
『何度も廻り合う その37』  『何度も廻り合う その38』  『何度も廻り合う その39』
『何度も廻り合う その40』


…無駄に40話も有る長い話ですが(汗)、お読み頂ければ幸いで御座います。(礼)


で、読んだ後で「『長崎ハウステンボス』ってどんな所だろ~?」と興味が湧きましたら……此処からが重要なんですが、


こちらの↓公式サイトを覗いて観て下さいませ!!

『ハウステンボス公式サイト』(ブクマにも入ってるよ)


…「お前はそこの営業担当か!?」と怒られそうですが(汗)……でもワンピファンなら気に入る場所なんじゃ~ないかなと思うのだ。(笑)


まぁそんな所で、皆様…さ~よぉ~な~ら~♪(また8/6に挨拶する気では居ますが…)



【おまけの呟き】…来週アニメコナン、あの『ハウステンボスの花嫁』再放送するそうで…。
内容は正直あんまりだけど(汗)、ハウステンボスの風景が観られるのは嬉しいから、多分また観るだろう…。(←哀しきハウステンボスフリーク)        
コメント (7)

愛の公開日誌その25

2006年07月30日 16時54分39秒 | ワンピース
――チャ~ラララ~ラララ♪

――チャ~ラララ~ラララ♪

――チャラッチャッチャッチャッチャッチャ♪


――風が~呼んでるぜ~♪(イェイ!!イェイ!!イェイ!!)

――俺を~呼んでるぜ~♪(イェイ!!イェイ!!イェイ!!)



ル)「俺の名前は馬場ルフィ!!
   普通のゲーム好きな小学4年生だったけど、或る日大安売りしてたゲーム『ワンピース』を手に入れクリアしたら、いきなりTVから女の子が出て来て、異世界『グランドライン』に連れてかれちまった!!
   俺を連れて来た女の子の名前は『ビビ』…異世界『グランドライン』のお姫様で、俺が実は伝説の勇者、『モンキー・D・ルフィ』だと言って来たんだ!!
   …何だか解らない内に、復活した妖神を倒す旅に連れてかれちまったけど、これは俺が主役の器である以上避けられない運命!!
   うぉぉ~!!俺は今猛烈に…!!」


――スカーン!!!


ル)「いいてェェ~~!!!」
ビ)「ちょぉっとルフィ~~!!!
   何時までもくっちゃべってないでよ!!
   初っ端から長々と説明してたら、皆読む気無くして逃げちゃうでしょォォ!!」
ル)「何だよビビ~!!俺は主役の務めとして、初めての人にも粗筋解って貰える様、親切に説明してやってたんじゃねェ~か~!!」
ロ)「そうですよビビ~。
   次回予告と冒頭のナレーションを読むのは主人公の務めだと、日本アニメーションのお約束事として決められてるんですから~。」
ビ)「ロビンお姉様は黙ってて!!
   そんなの最近じゃ、別にナレーション担当の声優さん雇って任せてる方がポピュラーよ!!
   大体ね~、これ迄の粗筋だとか言って、長々~と前回のフィルム流して説明入れるなんて…はっきり言って手抜きじゃない!!
   製作現場がヤバイ状況だって、視聴者に暴露してるようなもんだわ!!」
ロ)「これこれ~いけませんよビビ~。
   ヒロインがそんな内幕明かす様な事を告ってわ~。」


ゾ)「ハァ~ッハッハッハァ!!!」


ロ)「まぁ…この、会話の流れを無視した、空気読んでない笑い声は…」
ビ)「ロロノア・ゾロ!!!」
ル)「ちくしょぉ!!!ま~た鬱陶しく出やがった!!!」

ゾ)「…ルフィ…主役面してられるのも此処までだ…同人界の人気じゃあ、俺より遥か下のマリアナ海溝だってェのに、散々調子こいて居やがって…!!」
ル)「煩ェ~!!!
   そんな下じゃねーだろ馬ァ鹿!!
   大体、お子様人気入れたら、俺の方が未だずっとずっとずっとずっと上じゃねェかァァ!!!」
ゾ)「へっっ!!イイ年した女共と野郎共からの人気は俺の方が高ェんだよ!!
   兎も角、今日こそ主役の座から引き摺り降ろしてやっから、座布団退けて覚悟してやがれェェ!!!」
ナ)「ちょっとゾロ!!
   私達の役目は主役の座がどうとかじゃなくって、伝説の勇者を亡き者にする事なんだって…いいかげん解って頂戴よ!!」
ゾ)「いいから黙って下がってろナミ!
   今日こそおめェのアシスト無しで、ちゃちゃっとあいつをぶった斬ってやるからよォ。

   …ルフィ……番組企画設定書に守られ、長らく安穏と主役で居られたてめェの命運も………ゾロゾロ年貢の納め時だぜェェ!!!!」



―――…シーーーーーーン…―――



ゾ)「………何だよ…?何で誰も笑わないんだよ?…笑えよ!!皆笑えよォォ…!!」(←チャキチャキチャキーン!!と刀3本振り回しつつ)
ナ)「…ちょっ!!ちょっとゾロ!!
   刀向ける相手違っっ!!やっっ!!止めっ…服切れちゃ…いっやァ~~ん!!!」
ゾ)「笑えよ!!!早く笑えよ皆!!!笑いやがれっつってんだろオラァァ!!!」
ナ)「あっ!!あっ!!駄目ェ!!止めて!!許して…!!素っ裸になっちゃ…!!
   …ああんもう!!何でいっつもこうなるのよ~~!!!?」
ゾ)「…いいから皆…わ~~ら~~え~~~~!!!!!



ル)「今日も馬鹿な敵が自滅して、有耶無耶の内に勝利しちまった俺!!
   これも俺が主役の器である証だよな!!
   よぉ~し!!この調子で世界を救って…伝説の英雄なってモテモテ目指すぜー!!!
   うぉぉ~!!!俺は今…猛烈に熱血している~~!!!!



【完】



…見事に小話出来ちまったよ。(笑)

元ネタ、『NG騎士 ラムネ&40』…ドキドキスペース編はちょい無理有るけど、ハラハラワールド編は結構合う気がします。
つか大分忘れちゃってんで、歌詞が合ってるかどうかとか不安…どっか間違ってたらゴメン。(←CD持ってんだから調べろよ)(汗)

カマシた駄洒落が受けないとマシンガン乱射する『ダ・サイダー』がゾロってのは、案外合うんじゃないかと思ってしまった。(笑)
…ゾロファンの方、洒落と受け取って、軽く流して下さいませ。(汗)
ナミが『レスカ』っつうのは、個人的には合ってないと思うんですが、前半のダ・サイダー&レスカの関係と、ゾロとナミとの関係は近い気もしないでもないという。(後半は完全に恋人同士になっちゃってたからね~)
ビビ=『ミルク』っつうのが1番合わないかと。
何よりビビとロビンが姉妹関係って、2人の因縁考えるとかなし複雑な気分になるよな。(笑)
『タマQ』のキャスティングにかなり悩んで、結局出さなかったんだけど…出来るとして……チョッパー…??(汗)

まぁでも1番合ってるな~と思ったのは『ココア』=ロビンだろう。
絵で描いた通り、ズバリまんまの嵌り役ですがな!!(笑)
コメント (2)

自分の耳には『ボボロ』と聞える。

2006年07月29日 13時47分46秒 | 漫画&アニメ
「お化け屋敷に住むのが、お父さんの子供の頃からの夢だったんだ。」


俺も同じ夢追ってたよ、お父さん。(笑)


唐突で済みませんが、今日は企画休んでトトロ話。
だって昨夜トトロ観ちゃったんだもん、しょうがないじゃん。(←居直り)


好きなんだよ『となりのトトロ』。
いいかげん30回以上観てるけど観ちゃうんだよトトロ。
特に小トロが好きなんだよトトロ。
あの餅みたいな体が美味しそうなんだよトトロ。
でも中トロも好きなんだよトトロ。
大トロも可愛いよねトトロ。
何だか鮨の話してる気分になって来たよトトロ。
トトロトトロとなりのトトロ。
何時かは貴方の住む街へ行くかもしれませんってそれはルンルン。


子供の頃御近所さんと共に、田舎の貸し別荘行った事有るんですが。
それが『べっそう』言うよりどうにも『ぶっそう』って言いたくなる様なボロ屋敷でして。
崖の近くに建ってて電気ガス水道全く通って無し。
しょうがないから火を熾して釜で飯炊いて。
風呂も薪焚いて沸して入って。
水は庭に有った井戸水使って。
夜は電気無いから早々と眠り。
けど星が降る様で、見詰ていると吸込まれそうで。
子供だったからお気楽に遊んでただけで、楽しかった思い出しか残ってないけど。
親達は散々だったらしい。
サバイバルライフ大好きだった爺ちゃんが、蜂の子取って来て炒めて、自分等に食え食えと頻りに勧めておった。
バターみたいな味わいで滋養が取れて良いぞうとか言って……しかし流石に食う勇気は無かった。
後日談として聞いた事にゃ、この物騒な別荘に宿泊予約入れたのは、爺ちゃんだったらしい。
2泊した後、台風の影響で雨が激しく降る中、車乗ってほうほうの体で帰った。
2日後…此処等付近で大規模な土砂崩れが発生したっつうニュースを聞いた。
何だかとってもギリギリだったらしい。(笑)


都会っ子故、田舎の生活に憧れる。
こう言うと田舎を舐めんじゃねェと怒られそうだが。
学校が長く休みになると、自分の田舎の奥秩父に遊びに行くのが楽しみだった。
当時田舎の家の裏手は採石場で、大小様々な形した石がゴロゴロ転がっとった。
花崗岩とか見付けたよ。
採石場の横には小川が流れてて、傍で花火したり焚火したり。
近くに何故か窓辺に何時も銀杏の種が落ちてる家が在ってね。
そこから取って来ては、火で炙って皆して食べた。
今考えるとあれ、落ちてたんじゃなく、天日に干す為置いてあったんだろうな~……泥棒して御免なさい。(汗)


水の張った田んぼは綺麗、まるで鏡の様に空を映してる。
雨が降ると蛙が煩いくらい鳴いていた。

空家探険したり、鍾乳洞探険したり、蟻の巣暴いて蟻に噛み付かれたり、報復としてアリジゴクに蟻落したり、けど可哀想だから掴まる寸でで助けたり(←なら最初からすんなよ)、ザリガニ捕りしたり、地蜘蛛探しに縁の下潜ったり……思い出しても幸せな時間だったと思う。


……なんてね。
そうじゃなくって、本当は子供の頃だって嫌で辛い事沢山有った。
思い出は何時だって美しい。
悪い記憶は意識して思い出さないだけ。(笑)


トトロには昔の日本の「良かった」って部分しか映ってない。
昔暮しの辛い部分は全く排除して作られている。
この映画の後、同じジブリ作品の『思ひ出ぽろぽろ』観ると…自分の田舎への甘い幻想を衝かれる様で痛く感じたり。


けどやっぱり私はこの作品が好きだなぁ。(勿論『思ひ出ぽろぽろ』も大好きです…ジブリ作品全体から選ぶなら、トトロ以上に好きだったり)
冷静に考えると『私の夏休み日記』なんですけどね。(笑)
良いんでないかい?
足を止めて、美しい思い出に浸る時が有っても。


この映画で自分が最も好きなシーン。

雨の中のお稲荷さん。

…雨中のお稲荷さんって、確かに迫力有って恐いんですよ。
見詰てるとぞわぞわぞわ~と、鳥肌立つものが有ったりする。
そんな神秘的な雰囲気が、絵に良く出ているよな~とね。


この映画で自分が最も好きなキャラ。

お婆ちゃん。

声優さんの演技の巧さが、キャラを立たせてる大きな要因かと。
「いやいやいや~!!」って迫る場面…如何にも昔のお婆ちゃんっぽい!


巧いと言えば、メイちゃん役の『坂本千夏氏』!

実に子供らしい泣き方で素晴しい。
キャッツアイで3人姉妹の末っ娘役演じてた方ですが…子供役やらせたら、彼女以上に巧い方はそうそう居ない。
声優さんの演技も、アニメを名作とする重要な要素じゃないかとね。(←言外に何かを含んでいる)
コメント (2)

愛の公開日誌その24

2006年07月27日 20時59分36秒 | ワンピース
――チャーンチャーン♪

――チャーンチャーン♪

――チャンチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャチャ…♪


――つっかまえってぇマイ・ハッピネス♪

――恋は不っ思っ議っ色っマイ・ハッピネス♪


ワ~イ♪私、香月ナミ!!11歳!!

将来は一流マジシャンになるのが夢なの!!

でもねェ、ゲンゾウお父さんや、ベルメールお母さん、生意気な弟ルフィは、「不器用な私には無理だ」って、いっつも笑うのよ!!

まったく失礼しちゃうんだから!!

でも私、諦めない!!

何時かきっと、観客に夢を与える素敵なマジシャンになって、憧れのステージ『グランドライン』でマジックショーを開くんだ!!

その日の為に毎日くれはお婆ちゃんの主宰するマジック劇団にお手伝い行ってたんだけど…或る日…不思議な鏡から飛び出して来る光を見付けたの!!


「…お前…俺の事が見えるのか?」
「うん!見えるよ!」
「そうか、俺は鏡の妖精、チョッパー!…俺の姿が見えるお前に、願いを叶える魔法を授けてやるよ!」
「願いを叶える魔法…?」
「そうだ!今から呪文を教えてやるから良く聞けよ!!……って、おい!!ちゃんとこっち見て聞けよ!!」
「だって…光が眩しくて目を開けてらんないよ~!!」
「ちぇっ…しょうがねェなァ!…じゃあ……この姿なら良いだろ!?」


目を開けたそこには、動くトナカイの縫ぐるみがチョコンと立ってたの!!


「わぁ~あ…可っっ愛いvv」
「ちょっ!!おい!!馬鹿止めろっっ!!抱き締めてんじゃねェよこのっ!!お前が眩しいって言うから、縫ぐるみの中入ってやったんだからな!!可愛いなんて言われたって…う、嬉しくないぞコンニャロー♪♪」


感情表現が下手なトナカイの縫ぐるみ(←トナカイじゃねェ!!)から貰った魔法のタクトで、私は大人に…夢だった一流美人マジシャンに大変身!!


パラリン・リリカル・パラポラ・マジカル~!!


お婆ちゃん達のステージに飛入り出演、偶然観ていたTVプロデューサーのワポルさんとその助手サンジさんの眼鏡に適って、忽ちTV出演も決定!!やったー!!

けど、私の正体は皆には秘密!

だってバレたらマジック嫌いのゲンゾウお父さんに怒られちゃうもん!!

…え?

じゃあ変身したら、何て名乗ってるのかって?

えへへ♪それはね…!


「やれやれ…初対面だってェのに…どうやら俺は、随分嫌われてるらしいな。」
「…助けてくれた事には感謝してるわ!」


…あ、こいつの名前は『結城ゾロ』!!

お婆ちゃん家に居候しに来た嫌な奴!!

初めて会った時から人の事、子供扱いしてさ!!

自分が高校生で、ちょっとくらい大人だからってさ!!

折角マジック上手なクセに、マジックは嫌いだなんて!!

高校で剣道部入って、将来は一流の剣士になるんだって…馬っ鹿みたい!!

戦ってばっか居て、怪我ばっかりしてさ!!

何考えてるかちっとも解んない朴念仁なんだから!!

……でも、ちょっと良い所も有るんだ…。

何時もさり気無~く助けてくれるし…

私が悩んだりしてる時も…ちゃんと気にしてくれる…。

弟のルフィもすっごく懐いてて…面倒見は良いみたい。

悪い奴じゃあないかもね、うん!


「じゃ、私、急いでるから!…バイクで送ってくれて有難う!!」
「あ、おい!!…あんた、名前何て言うんだ?」
「私の名前は香……ううん!私の名前は……マジカルナミ!!」

「………マジカルナミ…か。」


夢色いっぱいに始まった私のストーリー……『魔法のスター マジカルナミ』!!

皆!!これから宜しくね!!


――何時か♪

――2人~の胸に♪

――咲かせた~い♪

――ファンタジー♪




………何を書いてんだ…俺は。(崩)




元ネタ、『魔法のスター マジカルエミ』……懐かしいだけでなく、微妙にマイナーな作品なんで、あんま知らないって人のが多い気がする。(汗)

実は今『GYAO』で全話配信してたりしますが。(ttp://www.showtime.jp/usen/animation/ ←頭にh付けて下さい)

第1話だけなら、会員なれば無料で観られる。
面白いですよ、特に最終3話は、TVアニメ史に残る感動作じゃないかと。
「夢は自分の力で叶えてこそ意義が有る」なんて、有り勝ちな説教臭いラストじゃなく、「夢は自分の力で叶えた方が面白いと思うよ」って〆方が良かったなと。

今観ても素晴しく美しい作画、丁寧な日常描写……日本アニメが到達した金字塔の1つではないかと。
非常に淡々と話が進むので、作風に慣れるまでちょっと時間掛かるかもしれませんが。
自分も再々放送観てから、嵌った口なんで。(笑)


…や、私、この作品の営業担当してる訳じゃないですが。(苦笑)


アニメでサンジ×ナミ的関係は結構多いけど、ゾロ×ナミ的関係は案外少ない気がします。

理由は恐らく、表現が難しくなるからじゃないかと。
オーバーアクションで心情吐露するキャラのが、アニメで表現し易く製作者に喜ばれるんでないかな~。

「ママ4の大介&なつみが似てないか~?」って意見を以前伺いましたが(笑)…2人が成長して大人になったら似た関係なるかもしれない。(笑)


ゾロとナミの関係をどう解釈するかによっても、答え違って来る気がしますが…。

自分が探した限り、「似てるかな~?」と思えたのが、『マジカルエミ』に出て来る『香月舞』と『結城将』の関係でして。

最終的に何か有るよな関係じゃないんですがね~、どっちかっつうと兄妹関係みたく終るっつう…当初の予定では良い仲になる予定だったらしいっすが。(笑)

ボクシング馬鹿の朴念仁、けど本当に困ってる時悩んでる時はさり気にフォローしてくれる兄貴分。(そういや最初出て来た時、道に迷ってたんだよな…)
生意気で我儘、夢に向う姿が妙に危なっかしくて、つい応援してしまう妹分。

…2人の間に流れる空気が、な~んとなく似てるかな~と……勿論個人的主観ですから!(照笑)



……だから何を真剣に語ってんだ…俺は!!(頭抱)



そんな所で本日のテーマはお終い。(汗)




で、突然ですが、明日はブログお休みしま~す。
『となりのトトロ』観るからね。(笑)

余談ですが、自分が好きな宮崎作品ベスト3――

1)カリオストロ
2)紅の豚
3)トトロ

――こんな所で。(笑)
コメント (7)

愛の公開日誌その23

2006年07月26日 20時56分42秒 | ワンピース
――手~の平~の~そよ~風~が♪

――光の中~きら~きら~踊り出~す♪

――下~ろし~立~て~の笑顔~で♪

――知らない~人~にも~お早うって言え~たの~♪


坂の途中に在る木造二階建ておんぼろアパート、『一片館』。

そこの五号室に住む浪人生『五代サンジ』は、新しく入った若く美しい管理人に恋をする。


彼女の名前は…『音無ナミ』。


……結婚半年にして最愛の夫を亡くした、未亡人で在った。


連れて来た愛鹿(←無理有り過ぎ)に、最愛の夫『チョッパー』の影を重ね、愛しげに呼ぶ彼女。(←旦那さん、何人だったんですか?)


彼女の中で、未だ生き続けている……亡き夫との思い出。


――思い~出~溢れ~出~し~ても~♪

――私の~元気~負~け~ないで~♪

――平気!涙が乾いた後に~は♪

――夢への~扉~が有~る~の~♪

――悩んで~ちゃ~行けない~♪


届かない手に、募るジレンマ。

月日は巡り、春…。

七転八倒てんやわんやの末、三流とはいえ漸く大学に進学出来たサンジ。

新入コンパでの帰り道、悪友『坂本ウソップ』に発破を掛けられ、酒に酔った勢いから、彼女への溢れる愛を近所中に吐露してしまう。


ウ)「い…言うんだな!?本っ当~~~~に言うんだな!!?」
サ)「……いい…言う!!!絶対言う!!!ひょうこそ言う!!!おおお俺のかのひょへの誠意を…かのひょと…世界に向けて叫ぶひょだ…!!!




――御町内の皆様!!!!

私こと五代サンジは、管理人さんが好きであります!!!

ナミさん……好きじゃあああああああああああああああああああああ!!!!!


ナ)「サ…サンジ君…!!」

ウ)「い…言えたじゃないか!!!…ひゃんと言えたじゃないかお前!!!…良かった!!…ひゃんと言えるか…俺はもう心配で心配で~…!!!」(←電柱縋って咽び泣きしつつ)


――そうよ!

――優しく友達迎える~様に~笑~うわ~♪

――きぃっと~約束~よ~♪


ナミとサンジを軸に、奇妙なアパート住人達を交えて紡がれる、純愛ロマンティック・コメディー。

辿り着けるか、愛の終着駅…!!


――不意に~悲しみはやって来~るけ~ど♪

――仲良く~なぁって~みせ~る~わ~♪

――だぁって~約束~よ~♪


…貴方も坂の途中で、愛を見付けて下さい。



え~いきなし始めて引いた方も多いでしょうが(苦笑)……7/30迄、「この漫画・アニメをワンピキャラでやるなら~?」みたいなプチパロディ企画をやろうかと………実はこれがリンク渋った理由の50%位を占めてたり。(自分にもなけなしの羞恥心ってもんが有るんですよ~)(汗)

元ネタ知らなきゃ笑えもしない微妙な企画ですが、まぁどうぞ宜しければお付合い下さいませ~。


そんで「むしろサンジは『三鷹』でしょう」って方も多いかもしれんが、私は『五代』のがイメージ的に合うかな~と。

ファンから見たサンジのイメージって、真っ二つに分かれてる気がする。
「女扱いの巧い、気障な色男」か、「女に弱くヘタレで気の好い男」か…わたしゃ後者のイメージが強いんですよ。

そういや原作では女相手でも普通に話してんですよねぇ…女相手だと御丁寧口調なる思われてるのは、アニメからのイメージなんでしょね~。


同じ下宿ものとしちゃ、『ラブひな』なんてのもどうでしょうかね??


――主人公『浦島サンジ太郎』は、女の子にちっともモテない二浪青年。

家から追い出され、仕方なく祖母の経営する温泉旅館を頼るが、何とそこは女子寮に変ってい、その名も羊荘…通称『メリー荘』と呼ばれていた!

そこで何故か有耶無耶の内に管理人となってしまったサンジ太郎。

同居人は全て若く可愛い女性ばかり。

サンジ太郎のウハウハハーレム薔薇色の…もといドタバタ受験茨道は始まった。


・浦島サンジ太郎…二浪、趣味は女の子とのプリクラ集め。
            幼い頃、初恋のコと交した約束を守る為、東大合格を目指している。
            特技は女の子から手作り弁当を貰った事が無いのを馬鹿にされない為、毎日ダミー手作り弁当を作ってる内、
            知らず知らず上達してしまった料理(←ちょっと情けない)
            女にモテナイ筈だったが、羊荘に入って以来、嘘の様に何故かモテモテ。
            サンジファンの方、洒落ですんで本気で怒らんといて下さい。(汗)

・成瀬川ナミ…羊荘の住人、サンジ太郎同様、東大合格を目指す受験生。
         但し現役、模試でTOPを取る程頭が良い。
         近眼故、学校ではガリ勉眼鏡を掛けてるが、実は物凄く可愛くスタイルも抜群。
         ヒロインの宿命からか、何故か毎回脱がされる。
         その度にサンジ太郎を天までぶっ飛ばす力技を見せる。
         助平と文句を言いつつも、その実サンジ太郎の事が好きらしい。
 
・前原カヤ…同じく羊荘の住人。
        内気で病弱、奇特にもサンジ太郎に憧れる少女。
        健気な恋心を胸に秘めつつも、憧れの先輩ナミとサンジ太郎の仲を応援している。

・青山たしぎ…同じく羊荘の住人。
         剣道の達人で曲がった事が大嫌い、生真面目な性格の美少女。
         当初は軟弱助平なサンジ太郎を目の敵にしていたが、次第に恋心を抱くようになって行った。


……何だか自分で書いてて腹立って来たな。(苦笑)

ロビンちゃんがキャスト悩む所だけど、強いて言うなら『はるかさん』かな~?
んでビビちゃんは『むつみさん』辺り??


ああ、タイトルは『ラブめり』って事で。(笑)


下宿ネタなら、『陽あたり良好』なんかも有る。

この場合ルフィ=『高杉勇作』、ナミ=『岸本かすみ』でルナミになるな~。

んで女ったらしのナルシスト、『美樹本伸』はサンジだね。(サンジファンの方、あくまで洒落ですんで…)        
コメント (2)

愛の公開日誌その22

2006年07月25日 21時47分31秒 | ワンピース
本日のお絵描きテーマ、『ニコナミ』でダーティペア。(また懐かしいネタを…)
私の中では2人とも『ユリ』タイプなんですが…どっちもユリで描いたんじゃ絵にならないんで、髪型でナミ=『ケイ』、ロビン=『ユリ』としてみた。
…と来れば、2人に日々仕事を渡して始末書を返される『グーリー主任(アニメ版)』は、ゾロだな。(笑)

LOG BOOKおまけ漫画に出て来るドン・ゾロシア…部下に頗る恵まれない姿を観てて、ああ、グーリー主任を連想するな~とね。(笑)
片や指令以外の仕事(金庫破り)に勤しみ、片や裏切って命取ろうとする……何だか泣けて来ちゃいますね。(笑)


え?ニコナミで萌えなシーン??
有りますよ~、けどニコナミでダーティペアさせてみたかったんだも~ん。(照笑)
私が萌えるニコナミシーン、それは33巻313話の――


ナ)「え~~ん、もーあいつらキライ。」(←嘘泣きしつつ)

ロ)「ルール上問題無くても、また『海賊の美学』に反するみたいね。」


――この時のロビンちゃんの、背中に回した手がエッチだなと。

てゆーか何故背中に手を回すんだロビンちゃん!?(笑)

…ビビが同じ事したとしても、エッチに思えないんですがね~。(笑)


そいじゃこっから昨日の続きで~す!


【37巻】

・349話…チョッパー、角で突いて、落下する瓦礫から助ける、+1
・349話…ガレーラの社員(名前は知らない)、上階から落されたナミを腕に抱いて連れて来る、+1


…この時のガレーラ社員の行動をどう判断するか迷ったんですが……助けた訳ですから、悪意は持ってなかったんじゃないかとね。
ガレーラ社員って、皆気が良さそうだし。


【38巻】

・359話…早く皆を探すのよと、チョッパー(←重症負って気絶)をチョップで叩起す、+1
・361話…パウリー、高波に襲われる駅構内から、ナミ(と駅員さん達)を担いで逃げる、+1
・363話…ルフィ、迫り来るアクア・ラグナから、ナミの体に腕巻き付け逃げる、+1
・364話…表紙でウソップと共に人力飛行機で飛ぶ、+1
・364話…ルフィ、ナミを担いで橋を渡る、+1
・364話…ゾロを笑うルフィの顔を、「あんたも同類だ」っつってぎゅっ!!と引張る(伸び伸び)、+1


【39巻】

・376話…「絶対許さねェぞロビン!!!」と叫ぶルフィに、「何でやねん!」とツッコミの張り手、+1


【40巻】

・379話…チョッパー、表紙でビギニ姿のナミの太腿を枕にして寝る、+1


【41巻】

・399話…ルフィの伸ばした腕に抱えられ、全員で海列車に飛び乗る、+1


【42巻】

・405話…表紙で、可憐な助手ナミフィアちゃん、ルフィロボの上に乗る、+1


【37~42巻迄の結果発表】

・チョッパー…+3   ・ガレーラ社員…+1   ・パウリー…+1
・ルフィ…+6     ・ウソップ…+1


……そ~れでは最終的結果発表~!!(ジャンジャッジャッジャッジャ~~ン♪)


第1位はルフィ!!54ポイント!!!

流石主人公!!……まぁナミから最もボコられてる奴とも言える訳で。(笑)
所謂1つのドツキ愛?…や、一方的にドツカレてるだけだけどね。(笑)
さながら夏美ちゃんに日々ボコられてるケロロ軍曹の如し。

栄えある第1回ナミ関わりスキンシップ王って事で、取敢えずは目出度い!!
何が目出度いかは知らんが、兎も角も目出度い!!!(笑)

――賞品は出ないが、おめでとう船長~~♪♪


続いて第2位はゾロ&ウソップ!!15ポイント!!!

…結局は同率でした~。
ゾロは前半の貯金が生きましたね。
これから抜かれるかも知れんが、現在刊行されてるコミックス迄は同率2位です。(S条さん、安心した?)(笑)


第3位はサンジ!!13ポイント!!!

イラストで結構隣に居たりする事多いしね、巷で言われてる程関わりが少ない訳じゃないらしいです。(←何気に失礼)


以下順位――

・第4位…ビビ&チョッパー(11ポイント
・第5位…ベルメール(8ポイント
・第6位…ゲンゾウ&アイサ(6ポイント
・第7位…ドクター&くれは(←あ、どっちも医者だ)(3ポイント
・第8位…ロビン&ブードル(2ポイント
・第9位…ノジコ、クロッカス、ブロギー、アマゾン、貸しブル屋の親父、ガレーラ社員、パウリー、(1ポイント


…アバウトに調査したものだし、何がどうとか言いたい訳でも無いんで、結果見て真面目に気にしないで下さいね~!(笑)



私信

S牙さんへ…丁寧な御感想有難う御座いました!(礼)
        大変嬉しかったですv
        お礼メールは少々お待ち下さいませ~。

Kるらさんへ…え!?良いんですか!?(笑)
         勿体無きリンク紹介を、どうも有難う御座いました!(礼)
コメント (2)

愛の公開日誌その21

2006年07月24日 21時01分38秒 | ワンピース
本日も新しくブクマに入れさせて頂いたサイトさんの紹介から参ります。


ワンピース同人小説を発表されている、のおさんのナミ誕サイト、『みかん箱(小)』さん……この(小)を付ける辺りがナイスじゃないかと。(笑)

主にゾロ×ナミ小説を執筆されてる方ですが、他にも多種多様なカプジャンル小説を揃えておられる。(詳細はサイト内の『FIRST』をお読み下さいませ。)

私はナミが好きなんで、どうしてもナミに注目してしまいがちなのですが(照笑)、のおさんの作品に関してはゾロに注目してしまう。
或る時はアルコール依存症の肺結核患者だったり、また或る時は腕利き外科医だったり、そしてまた或る時は明日無き欲望野郎だったり、そしてまた或る時は飼主に忠実な仔犬だったりする。
キューティハニー七変化もびっくりなチェンジっぷりに、脳内に響く「変るわよんv」といった中井氏声。(想像してみよう)
普通こんだけキャラ設定変えりゃあ無理を感じたりするもんですが、何故かどのゾロもゾロらしく思えるから不思議思議。
巧みな文章力も勿論ですが、人物設定・描写に説得力が有るからではないかと…ワンピファンなら安心して読める作品を執筆される方ですv

ナミ誕期間も残す所後1週間ですが、のおさん、どうぞ宜しくお願い致します~。(礼)


…結局ブクマ入れさせて貰うんだったら、もっと早くに入れりゃあ良かったのに~と、自分でも思わなくも無いんですが……皆さん今更入れて済みません…。(汗)
ブクマ入れるの躊躇した理由…これにはしょうもない下らない気遣いが働いての事でして……まぁ、敢えて語らず。(苦笑)


此処等で強制終了話題変更…今回お絵描きテーマは『チョナミ』…どっちかっつうと『ナミチョ』か?…昨日のもむしろ『ナミビビ』か??……まぁ、良いか~。(←いいかげん)(苦笑)
毎度似てねー模写絵ですんません。
…中途半端な模写ってこの上なく下手になるね……チョッパーの顔気持ち悪くして御免。(汗)


チョ)「………」(←ドクトリーヌの親心を知り、じ~~~んと感動しつつ)

ナ)「素敵な人ね…」


この時のチョパを見詰るナミの表情が、とても優しくて好きだった。
自分が長い事孤独に戦って来た経験からか、ナミは他人の孤独に非常に敏感で優しいと思う。
チョッパー勧誘時からそうだったが、仲間になったばかりのチョッパーへの気遣い方は、本当に母親の様な温か味を感じた。
ビビに対しても、ロビンに対してもそう。
孤独と戦って来た人は、他人の孤独に敏い……これは現実世界でもそうだと思うのだ。
また、子供時代に人に愛され育てられて来た経験も、彼女の財産として生きてるんではと。
愛されて来たからこそ、愛し方が上手いんですよ。

…ロビンが或る意味幼い少女のままってぇのは……愛が足りなかったからだろうな~~と……哀しく思う。(学者さん達が居たとはいえ…)
本編で鼻をぐすぐす鳴らしながら泣いてたロビンは、とても大人の女性には思えなかった。

ナミとは違う意味で大好きで、気懸かりなキャラなんだ、実は。(照笑)
どのくらい好きかってぇと、今度のロビン誕に『チビロビプチ祭』をしたいもんだと考えてるくらい。(笑)

勿論ナミは別格で好きなんだけど、続いてロビン・くいな・たしぎと…この3人にはそれぞれ強い拘りを感じている自分でした。(だから何だって聞かれると困るが…)



はい、こっからは昨日の続き~!
今回は31~36巻迄。


【31巻】

・中表紙…チョッパー、ぎゅっと抱っこされる、+1
・293話…表紙にて、サンジの肩に手を置く、+1


…この時の表紙って、尾田っちなりのサンジへの気遣いっつうかサービスっつうかが見て取れる様な気がしたり……や、サンジファンから「サンジの扱いがあんまりや!!!」みたいな悲痛な叫びが、この当時多く聞かれたからじゃ~ないか??なんてな…。(笑)


【32巻】

・296話…ナミにしがみ付き、ウェイバーで発進するルフィ+1
・300話…アマゾン婆さんと手を繋いでレッツ・ダンシング、+1
・301話…深夜こっそりナミを起すルフィ+1
・301話…そっちこそ声がデカイとルフィの頭を叩く、+1
・302話…本買ってと強請るチョッパーの頬掴んであっちょんぷりけ、+1


【33巻】

・306話…ウソップと共にルフィの顔をグーでぐりぐり、+1
・313話…ロビンお姉様の胸に抱かれて泣く(←嘘泣き)、+1
・313話…臨戦態勢のゾロサンジの間に割って入って止める、+1


【34巻】

・321話…チョッパーを枕にして眠る、+1
・322話…呑気に食い物に寄って来るルフィの顔をむにっと掴む、+1
・322話…美食の街に向おうと言うルフィにツッコミ叩き、+1
・324話…貸しブル屋の親父の発言にツッコミ叩き、+1
・327話…盗まれ掛けた2億ベリーの件で、ウソップと共にルフィの顔を引張る(伸び伸び)、+1


【35巻】

・328話…身も心も傷付いたウソップを抱き起す、+1


【36巻】

・338話…造船ドッグから、ルフィに掴まり脱出、+1
・340話…ルフィ、ナミを抱いて急降下、+1
・340話…橋の下、ゾロと共にルフィをベンチにして座る、+1


【31~36巻結果発表】

・チョッパー…+3   ・サンジ…+2   ・ルフィ…+10
・アマゾン…+1   ・ロビン…+1   ・ゾロ…+1
・貸しブル屋の親父…+1   ・ウソップ…+1


……圧倒的にルフィが多いっつうか…空島終盤から向う、良く一緒に居たからなぁ。


【1~36巻総合結果】

・ルフィ…+48   ・ゾロ……+15   ・ウソップ……+14
・サンジ……+13   ・ビビ……+11   ・チョッパー……+8
・ロビン……+2   ・ブードル……+2   ・ゲンゾウ……+6
・ベルメール……+8   ・ドクター……+3   ・ノジコ……+1
・クロッカス……+1   ・ブロギー……+1   ・くれは……+3
・アイサ……+6   ・アマゾン……+1   ・貸しブル屋の親父……+1


…2位以下が肉迫して参りました!!!

…ゾロ、ウソップ、サンジ……2位になるのは誰か、こうなって来ると正直読めなくなって来たわ~。
何つうか…意外……つまりルフィ以外の皆は、案外平等にボコられて居るって事だろうか?
ナミさんは博愛主義者だからな~???(笑)


――続きは明日、追って報告する!!!(←特命リサーチ風に)
コメント (3)

愛の公開日誌その20

2006年07月23日 15時31分37秒 | ワンピース
え~今回も先ず、新しくブクマに入れさせて頂いたサイトさんについて。

ワンピース大好きで特にナミ大好きな四条さんのお送りするナミ誕企画サイト、『ナミ誕生日2006』。
~7/28迄、ナミ愛たっぷりな投稿作品を募っておられまして、実は自分も投稿してたりする。(照)
四条さん御自身の作品も有ります…主にゾロ×ナミという関係を軸にして作品創作、非常にテンポ良く読み易い文章を書かれるお方です。
キャラクターの心理描写が卓越されてる…ワンピースが好きだと言う方、是非御一読を。

2つ目はワンピース同人小説投稿サイト、『投稿部屋』。
此処も四条さんが運営されてまして、広くワンピースの同人小説を募っておられる。
既に膨大な作品が展示されてます…自分の処女作なんかも実は置いて頂いてたり。(照)
運営人の四条さんがゾロ×ナミ好きという事もあって、ゾロ×ナミ小説が特に多いですが、別にカプ&ジャンルに、これと言った決りは無いそうです。
ワンピースが好きだぁ~という方…その迸る熱意を文章で表現してみないか!?

3つ目はやはしワンピース大好きでゾロ大好きvゾロ×ナミ大好き~vvなこむぎさんの企画するナミ誕サイト、『LOVE+GIRL』。
こちらでも~7/29迄、ナミさんの『笑顔』をテーマに、投稿作品を募集されて居られます。
ナミさんの笑顔が大好きだという方、是非遊びに行ってみて下さい!花綻ぶ様に素敵な笑顔ばかりですよv
こむぎさんという方、文章も巧いが漫画も巧い。
原作ワンピース絵の持つ色気を実に良く表現されておられる絵かと。
特に現在ナミ誕に合せて描かれてる連載漫画が凄い!
文章にしろ漫画にしろ、世界構築力が有るんだろうな~と感心してしまう。

もう1つ……かなり前にブクマに入れさせて頂いてたんだけど、記事で紹介してなかった企画が有りました。
師匠、失礼な弟子で御免!(汗)……私のナミ愛師匠にして恋敵にして悪友(何時も御迷惑懸けてます)の、マサムネ師匠が企画するナミ誕サイト。
その名も『ナミ・フィ・アモーレ』!!
今年社会人デビューして暇が中々取れないってぇのに、俺がやらなきゃ誰がやる!?とばかりに命を張って立ち上げた企画です。
ナミファンの総本山にして最後の砦、本館は今年7/3で何と御執念、あいや5周年!!
ナミ誕会場で開催するは、ハイセンスなナミコレ・イラストショー、ナミファンならば必見です!!
師匠~、お忙しいでしょうが、バトンガール待ってますから~!!(後、明日のダウトの続きも…)(笑)


…意見コロコロ変えて申し訳無いが、結局こちらがリンクに気付いた時点で、皆さんブクマに入れさせて頂きました、御免なさい。(苦笑)
悩んだ時はストレートに物事考えよと言うし(←そうか?)…貼って頂くならこちらも貼るのが筋ってもんでしょうと。
繋ぐのは8/6迄~なんて言ったりもしましたが……もう何を今更な気がして来たし(苦笑)……そんな訳でナミ誕企画サイトさんは企画が終了する迄、それ以降も何らかの形でリンク貼って頂いてる場合は、こちらでも本館に繋ぎ直させて頂きます。(礼)

それで何か問題有りましたら、どうぞお知らせ下さいませ。

長らくグダグダ言って来て申し訳有りませんが、リンク問題これにて(強制)終了~!!!


今回お絵描きテーマは『ビビナミ』。

ビ)「――だけど、あいつらがこの島へ来たのは、元はといえば私が……痛い!!!

ナ)「そういう事は言わないの!!」

ギュッッ!!と頬抓りながらのシーンが、私的ビビナミ萌え。
ビビナミっつっても、この2人の関係に於いては、変な意味全くナッシング。(笑)
本当に仲の良い姉妹愛で御座いました。
過去の自分を見る様な感じだったんだろうけど…ナミにとって……しかしナミって基本的に女の子に優しいよな。
「美人は同姓に優しい」って言うからな~。(笑)(←私が知る限り、この見方はかなり鋭い)

『リトルガーデン編』は好きなんですよね~、自分が挙げる名場面って、この編に集中してる気がする。
戦い方が物凄くチームワーク発揮してるからじゃないかと…アラバスタ以降の各自タイマン張っての戦い方も嫌いじゃないけど、好みで言うならリトルガーデン編みたいなチーム戦が好きです。


ではでは、こっからは木曜からの続きで、25~30巻迄のチェック~!


【25巻】

・228話…病人相手に鉄拳振り下ろさんとするナミを必死で止めるウソップ+1
・231話…がしっと盾に…もとい背中に縋られるサンジ+1


【26巻】

・238話…普通のルートじゃなかった事を知り、ルフィの胸倉掴んでガクガク言わせる、+1
・238話…自分の言った台詞真似て自慢するウソップの口を抓る、+1
・238話…変な騎士から渡された笛を吹こうとするルフィを、首絞めて止める、+1
・239話…コニスをナンパするサンジの耳を抓る、+1
・242話…早く此処から逃げようとルフィの腕(伸び伸び)を引張る、+1
・242話…ルフィ、邪魔だから船行ってろと突き飛ばす、+1
・243話…聖域に足踏み入れようと考えてるルフィのデコを連続ど突き回し、+1
・243話…命の次はお金、じゃその次は俺だねvと聞かれてサンジに裏拳、+1
・245話…蔓に掴まり飛ぶナミを、手で受け止めるロビンお姉様、+1


【28巻】

・259話…エネルに黒焦げにされたサンジの体に手をやる、+1
・264話…黒焦げで倒れたウソップサンジを引き摺る(そして身を盾にされる)、+1


【29巻】

・267話…空の海に飛び込んだアイサを助ける、+1
・267話…そこへウワバミ登場、アイサ、ナミの腰に掴まりウェイバー乗って逃げる、+1
・269話…ナミ、アイサと抱き合う、+1
・270話…気絶したアイサの背中を叩いて起す、+1
・270話…変な騎士を攻撃しようとするアイサの頭を叩いて叱る、+1
・271話…ウワバミの中でルフィと再会、鼻をグイグイ引張る、+1
・271話…尻から出ようと言うルフィに怒りの平手、+1
・271話…それでも尻から出ようと言うルフィに怒りのチョップ、+1
・273話…重症のチョッパーを抱いて隠れる(そして身を盾に…)、+1


【30巻】

・284話…ウソップに「助けてくれ」と言われてツッコミの平手、+1
・284話…「助けに来たのはあんたじゃないのか!?」とウソップの胸倉掴んで追求、+1
・285話…島雲に頭から突っ込んだウソップの両足抱えて引っこ抜き、+1
・285話…アイサ、ナミに会えて喜び、抱き付く、+1


【25~30巻結果発表】

・ウソップ…+6  ・サンジ…+5  ・ルフィ…+8
・ロビン…+1   ・アイサ…+6  ・チョッパー…+1


……アイサが多いですね~、ナミに懐いてたからな~。
個人的好みですが、1人くらい麦藁クルーに子供が居ると良いよなと思う…そんでナミに懐いてると凄く嬉しい。(願望)


【1~30巻迄の総合結果】

・ルフィ…+38   ・ゾロ…+14   ・ウソップ…+13   
・サンジ…+11   ・ビビ…+11   ・チョッパー…+5
・ロビン…+1   ・ブードル…+2 ・ゲンゾウ…+6
・ベルメール…+8 ・ドクター…+3 ・ノジコ…+1
・クロッカス…+1 ・ブロギー…+1 ・くれは…+3
・アイサ…+6


……2位争いが激化して参りました!!(笑)
思ったよりも(←どうゆう意味だ?)サンジが健闘してて意外。

予断を許さない展開に無駄にドキドキしつつ、続きはまた明日~♪
コメント (5)

愛の公開日誌その19

2006年07月20日 21時09分36秒 | ワンピース
リンクの事なのですが…繋いで頂く分にはお構い無くっつか、こちらは大喜びでして。(照笑)
此処のコメント欄にリンク貼って「繋ぎました~」とでも書き込んで下されば、こちらからもブクマに入れさせて頂きます。
…逆に私の方からは繋いで欲しくないっつうんであれば、挨拶も無く勝手に繋いで頂いちゃって結構です。(笑)
見ての通り雑記ブログなんで、却ってこちらから繋げられると困る~って方も多いんじゃないかと。

どっちにしろワンピ記事メインで書いてくのは8/6迄なんで…8/7~は本当~に偶にしか書かない予定ですんで……良くお考えの上、どうぞ宜しくお願い致します。(礼)

そんなトコでこ○ぎさん……どうでしょうか?(笑)


んで三度(あれ?四度?五度??)ブクマにナミ誕企画サイトさんを入れさせて頂きました。
『ワンピース』ゾロナミメイン同人サイト、『CARRY ON』さんのナミ誕企画、『蜜月』です。
管理人はrokiさん…度々此処にコメント頂いてる方です、何時もどうも有難う御座います。(礼)

主にゾロナミ小説を書かれておいでですが、毎週の感想(叫び)が楽しくて、毎回楽しみに読ませて頂いています。
この『毎週の感想』はワンピファンであれば、誰でも楽しく読める記事です。
小説も…文章の巧さも然る事ながら、原作世界を出来るだけ崩さずに書かれる姿勢が素晴しいかと。
作品への愛と特にナミへの愛を強く感じます。(笑)
……同じナミファンって事で勝手にシンパシー感じたりして、ちょくちょく遊びに行ってます…済みません。(笑)

改めましてどぞ宜しくです~。



といった所で今回お絵描きテーマは『サンナミ』。
シャンプー=ナミ、サンジ=ムース……似てない?(猫とアヒルだし~)

「ナミさんはおらの嫁じゃ~!!」
「……しつこい男は嫌いね!」――な~んてなv(笑)

…や、サンナミで萌えシーンが無いって訳じゃないんですよ。(汗)
ただお絵描きの用意してた時には、未だ萌えシーン収録された単行本が出てなかったのな。


自分が萌えるサンナミシーン…それは42巻、403話。

サ)「…!!別に…死にてェとは思わねェ。……ただ…ハァ…女は蹴ったらいかんもんだと叩き込まれて育った。だから………たとえ死んでも俺は女は蹴らん…!!!!
ナ)「馬鹿ね…馬鹿!!逃げ出す事も『騎士道』に反するのなら…せめてそっちは捨てなさいよ!!無駄に死ぬ事は話が別よ!!――それとあんたの『騎士道』…少し見直したわ。

…この後「え…今…『惚れ直した』って」と続けるサンジがらしいっつか(大笑)、サンジの中では本気で『サンジ×ナミ』なんだな~って。(っつかレディ全員×サンジ?)(笑)

初めてじゃないですかねぇ?サンジが自分のポリスーを面と向ってナミにぶつけるのも、ナミがサンジのポリスーを認めるのも。
わたしゃ結構サンナミ…と言うよりサンジ→ナミが好きなんですが…だってナミファンだから、その気持ち良く解るんでね。(照)

サンジってあくまで『女』としてナミ見てるんすよ。
他男連中は『女』ってだけでなく、時には『妹』や『姉』や『母』の様にナミを見てる様な気がするけど、サンジだけは変らずナミを『女』として見ている。
だからこそナミも『男』としてサンジを突き放してる…あの『君』付けにはそうゆう意味も篭ってるんじゃないかな~と。(単に語呂が良いからじゃねぇかとも思うが←笑)


はい、それではこっから昨日の続き~♪


【19巻】

・169話…ウソップとともに喚くルフィの頭をバシ!!と叩く、+1
・176話…ビビとともに溺れたウソップの体を岸に上げる、+1


【20巻】

・177話…ルフィなら大丈夫だと、心配するビビを引止める、+1
・179話…心配気なビビの頭を小突く、+1


【21巻】

・190話…ゾロ、ナミの首根っこ掴んで引き倒す、+1


【22巻】

・199話…ゾロ(←重症人)、ナミをおんぶする、+1
・204話…チョッパー、ナミを背に乗せて走る、+1


【23巻】

・209話…反乱を止めるよう、ゾロサンジの胸を叩く、+1
・209話…ウソップの肩に手を置き涙ぐむ、+1
・213話…食堂でフィーバーするルフィに飛ばし過ぎだと鉄槌、+1
・213話…テーブルの上で踊るチョッパーにちょっかい、+1
・213話…大浴場で背中を流すビビ+1
・216話…ビビに応えようとするルフィの口を塞ぐ、+1
・216話…ビビの為に黙って別れようと、ルフィの背を押す、+1


【24巻】

・221話…溺れたルフィを平手で叩起す、+1
・222話…「も~!ウソップったら馬鹿な事言わないで~v」ってな風に、笑顔で肩を叩く、+1
・223話…食べた爆弾林檎を吐出せと、ルフィの首絞めハードシェイク、+1
・223話…ルフィの顔引っ掴んで歩かせる、+1
・225話…傷付いて倒れたルフィに手をやる、+1
・225話…傷付いたルフィゾロ引き摺って店を出る、+1


【19~24巻結果発表】

・ルフィ…+9
・ウソップ…+3
・ビビ…+3
・ゾロ…+4
・チョッパー…+2
・サンジ…+1


……あ、今回クルーのみだ。


【1~24巻迄の総合結果】

・ルフィ…+30
・ゾロ…+14
・ウソップ…+7
・サンジ…+6
・ビビ…+11
・チョッパー…+4
・ブードル…+2
・ゲンゾウ…+6
・ベルメール…+8
・ドクター…+3
・ノジコ…+1
・クロッカス…+1
・ブロギー…+1
・くれは…+3


……意外だ…未だゾロが2位だなんて…!!(…つまりそんだけナミからボコられてるとも言えるか…)(笑)

既に自分の注目は2位争いだったり(だって1位はどうせ決まってるし~)。
無駄に盛上りつつ、続きは待て次回!!


あ、突然ですが明日明後日はブログお休みします。
野球のオールスター休みって事で。(笑)
コメント

愛の公開日誌その18

2006年07月19日 21時51分07秒 | ワンピース
再び唐突ですが、ブクマにゾロ×ナミ同人ノベルサイト、『鳥小屋』さんを入れさせて頂きました。
ゾロ×ナミ…つまりゾロとナミが恋人同士だったら~?という想定の元、同人ノベルを書かれていらっしゃる。(原作同様、恋愛描写無の作品も多数展示しておられます。)

上記想定に対して「馬鹿~~ん」とか「駄目~~ん」とか「あは~~ん」とか感じちゃった方は、御訪問控えられて下さいませ。(笑)

非常に素晴しい小説ばかりです…何より原作『ワンピース』への愛を感じる。
キャラクターが限り無く原作に近く感じられるんですよね。
最初ナミ誕企画『蜜柑狩,06』の方にリンク繋がせて頂こうと考えたんですが……かるらさん曰く「そろそろ企画終了する予定なんで~」との事でしたので、勝手ながら本館の方に繋がせて頂く事にしました…御免、かるらさん。(笑)


それと『ナミさん川柳2006』さんも、ブクマに入れさせて頂きました。
こちらはサンジ×ナミ同人サイト『ホットみかん』さんのナミ誕企画で、サイト管理人はminさん。
サンジ×ナミ…サンジとナミが恋人同士だったら~?という想定の元、美麗なイラスト(すんごい綺麗なんだ~v)や甘く優しい小説を本館では発表されておられます。

この想定に対しても「やだ~~ん」とか「いか~~ん」とか「もぉ~~ん」とか感じた方は御訪問お控え下さいって、それはもう良いから。(汗)

『ナミさん川柳2006』の方は特にサンナミが好き~って方でなくても楽しく閲覧出来ますよ~。
ナミさんテーマに川柳詠んで投稿しよう!!って企画ですんで、腕に覚え有るワンピファンはレッツトライ!!


といった所で今回テーマ『ウソナミ』について~♪




ウ)「…たとえ何時の日か何もかも失って、無人島で一人死の瞬間を迎えたとしても…俺は俺の人生を誇り、こう言って死ぬのだ!!

俺は『勇敢なる海の戦士ウソップだ!!!!』……………ってな!!!」

ナ)「はいはい…じゃ、早く頼れる戦士になってくれる?」

ウ)「おう…よし。(汗)」


自分が萌えるウソナミシーンはこれ。
ズルズル引き摺られつつの会話ってのがまたナイス。(爆笑)
っつか首絞まるんじゃねェ?大丈夫かウソップ??(笑)


ウソップが弱音吐くのって、大概ナミに対してな気がする。
やっぱりね…男連中相手だと、同じ男としての意地からか……悔しくて言いたくないんだろうなと。
吐いても「文句有るか!?こんにゃろー!!」みたいに、逆切れ風味なの。(笑)
ウソップと同じく腕っ節強くないナミとは、お互い理解出来る部分が多いんでしょう。

ナミも「自分は力無いから~」みたいな相談するのはウソップ相手なんですよね。
理解出来る分、他男連中に対して以上に、ナミはウソップを気に懸けてる気がします。

……しかしあれだね~、今のウソップエピソード読んでると、『オズの魔法使い』思い出して仕方ないんですが。(笑)
尾田氏、あの作品好きで読んでたみたいだし。(イラスト描いてるくらいだ)
ウソップが気弱なライオンなら、ナミはドロシー??


そんじゃ此処等で、また昨日の続き~♪


【13巻】

・113話…決闘中のルフィゾロを、左右パンチで撃沈、+1
・113話…そしてルフィゾロの首根っこ掴んで吊し上げ、+1
・113話…それでも暴れるルフィゾロの頭に鉄槌、+1
・113話…つい口を滑らしたビビの胸倉掴んで、+1
・113話…落ち込むナミの背中をビビが宥める、+1
・113話…ビビに早く船に乗るよう、肩を掴んで叫ぶ、+1
・113話…イガラム死す(←や、本当は死んでなかったけど)、涙堪えるビビを抱締め、+1
・114話…ビビのデコを指でどすっ!と突く、+1
・117話…表紙で、巨人のブロギーが組んだ腕に乗る、+1


【15巻】

・128話…しょげるビビの頬をぎゅっと抓る、+1
・130話…ルフィが額に手を当て熱を測る、+1
・130話…倒れたナミに肩を貸すビビ+1
・133話…ナミをおんぶするサンジ+1
・133話…寝込んでるナミの頬を、ルフィがペチペチ叩いて起す、+1
・133話…ルフィに宜しく頼むと手を叩くナミ、+1
・133話…ルフィ、ナミをおんぶする、+1


……この時のおんぶって直には肌触れてないじゃ~んってな気もしますが、まぁこれはおまけで。(←段々判断するのが面倒臭くなって来ているらしい…)(苦笑)


【16巻】

・中表紙…ルフィの頭に凭れるナミ、+1
・139話…くれは、指でデコの熱を測る、+1
・139話…くれは、ナミの服をたくし上げる、+1
・139話…くれは、ぐったりと倒れていたナミを抱き起す、+1
・140話…チョッパー、ナミの手をチョン…と触る、+1


【17巻】

・150話…ジャケットをボロボロにしたルフィの頭に怒りの鉄拳、+1
・150話…どうしてボロボロになったのか、ルフィの肩を叩いて尋問、+1
・152話…気絶したサンジの足を、ビビと共に引き摺る、+1
・153話…気絶してるサンジの体をソリに乗せる、+1
・154話…カルーがゾロのせいで氷漬けになった事に腹を立て頭に鉄拳、+1
・154話…サンジの「非常食発言」に怯えて逃げようとするチョッパーを抑えて、+1


【18巻】

・162話…水を多量に口含んだルフィに鉄槌、+1
・166話…悔し涙を流すビビを宥めて、+1


【13~18巻結果発表】

・ゾロ…+4
・ルフィ…+11
・ビビ…+8
・ブロギー…+1
・サンジ…+3
・くれは…+3
・チョッパー…+2


……ルフィは勿論なんですが、ビビが多いですね~。
やっぱ同じ女の子って事で、気安く絡め易かったのだろうって誰が?(笑)


【1~18巻迄の総合結果】

・ルフィ…+21
・ゾロ…+10
・ウソップ…+4
・サンジ…+5
・ビビ…+8
・チョッパー…+2
・ブードル…+2
・ゲンゾウ…+6
・ベルメール…+8
・ドクター…+3
・ノジコ…+1
・クロッカス…+1
・ブロギー…+1
・くれは…+3


……意外だ!!!ゾロが2位だなんて!!!(←どういう意味だ)(笑)


ウソップが+4ってのも意外。

拙い、読み誤ったか!?……巻き返しに期待しよう。(笑)


そんじゃまた次回~♪
コメント (3)